Cisco Broadband Access Center for Cable インストレーション ガイド Release 2.7.1
Network Registrar コンフィギュレー ション ファイルの例
Network Registrar コンフィギュレーション ファイルの例
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 571KB) | フィードバック

目次

Network Registrar コンフィギュレーション ファイルの例

DOCSIS モデムおよびコンピュータ用のサンプル スクリプト

DOCSIS モデムおよび PacketCable MTA 用のサンプル スクリプト

Network Registrar コンフィギュレーション ファイルの例

この付録では、この BAC に含まれるコンフィギュレーション ファイルの例を示します。このファイルは、BAC インストール中に使用するファイルの典型的な例です。

サンプルの設定スクリプトをコピーし、BAC の実装作業に使用できます。1 つは DOCSIS モデムおよびコンピュータ用で、もう 1 つは DOCSIS モデムおよび PacketCable MTA 用です。

DOCSIS モデムおよびコンピュータ用のサンプル スクリプト

このサンプル設定 nrcmd スクリプト( bpr_cnr_hsd_sample_config.nrcmd )は、フェールオーバーで保護された複数ホスト構成における DOCSIS モデムおよびコンピュータの高速データ展開のために使用します。このスクリプトは、 BPR_HOME/cnr_ep/samples ディレクトリにインストールされています。

このスクリプトを作成するための前提条件は、次のとおりです。

DHCP プライマリ サーバ IP アドレス:192.168.0.32

DNS プライマリ サーバ IP アドレス:192.168.0.32

このサンプル スクリプトでは、以下が定義されます。

プロビジョニング済みクライアント クラスのスコープ選択タグ オブジェクト

プロビジョニング済み DOCSIS モデムおよびコンピュータのクライアントクラス オブジェクト

プロビジョニング解除デバイスおよびプロビジョニング済みデバイスのポリシー オブジェクト。唯一の違いは、プロビジョニング解除デバイスには DNS サーバが指定されていないことです。

プロビジョニング解除およびプロビジョニング済み DOCSIS モデムおよびコンピュータのスコープおよびスコープ ポリシー オブジェクト

ディセーブル化された TFTP サーバ

このスクリプトを実行するには、Network Registrar の nrcmd プログラムで、次のように入力します。

# NR_HOME/usrbin/nrcmd -N username -P password -b < bpr_cnr_hsd_sample_config.nrcmd
 

NR_HOME ― Network Registrar インストール ディレクトリ(デフォルト インストール ディレクトリは /opt/nwreg2 )のあとに、システムにインストールされた Network Registrar バージョンに応じて /regional または /local ディレクトリを付加したものを指定します。

username ― ユーザ名を指定します。

password ― パスワードを指定します。

DOCSIS モデムおよび PacketCable MTA 用のサンプル スクリプト

このサンプル設定 nrcmd スクリプト( bpr_cnr_pktcbl_sample_config.nrcmd )は、DOCSIS モデムおよび PacketCable MTA の高速データ展開の場合に使用します。フェールオーバーで保護された複数ホスト構成も使用され、スクリプトは BPR_HOME/cnr_ep/samples ディレクトリにインストールされます。

このスクリプトを作成するための前提条件は、次のとおりです。

DHCP プライマリ サーバ IP アドレス:192.168.0.32

DNS プライマリ サーバ IP アドレス:192.168.0.32

このサンプル スクリプトは、「DOCSIS モデムおよびコンピュータ用のサンプル スクリプト」のオブジェクトと同様なオブジェクトを定義します。

このスクリプトを実行するには、Network Registrar の nrcmd プログラムで、次のように入力します。

# NR_HOME/usrbin/nrcmd -N username -P password -b < bpr_cnr_pktcbl_sample_config.nrcmd
 

NR_HOME ― Network Registrar インストール ディレクトリ(デフォルト インストール ディレクトリは /opt/nwreg2 )のあとに、システムにインストールされた Network Registrar バージョンに応じて /regional または /local ディレクトリを付加したものを指定します。

username ― ユーザ名を指定します。

password ― パスワードを指定します。