Cisco Broadband Access Center for Cable インストレーション ガイド Release 2.7.1
概要
概要
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 571KB) | フィードバック

目次

概要

製品概要

オペレーティング システム要件

Network Registrar の要件

BAC コンポーネント

インストール タイプ

概要

この章では、Cisco Broadband Access Center(BAC)の概要、および BAC のインストール前に検討する必要がある要素について説明します。

この章で取り上げる事項は次のとおりです。

「製品概要」

「オペレーティング システム要件」

「Network Registrar の要件」

「BAC コンポーネント」

「インストール タイプ」

製品概要

BAC は、スケーラブルな分散アプリケーションで、ブロードバンド サービス プロバイダーのネットワーク内にあるケーブル デバイスのプロビジョニング タスクと管理タスクを自動化します。BAC は、IP アドレス管理用の高速 DHCP サーバおよび DNS サーバが組み込まれた Cisco Network Registrar(CNR; Cisco ネットワーク レジストラ)とのインターフェイスを提供します。

BAC には冗長性やフェールオーバーなどの重要な機能があります。新しい環境または既存環境に BAC を統合するには、BAC の動作方法を制御できるプロビジョニング Application Programming Interface(API; アプリケーション プログラミング インターフェイス)を使用します。

BAC を拡張して、事実上あらゆる規模のネットワークに適合させることができます。BAC の分散アーキテクチャと集中管理は、ハイ アベイラビリティも実現しています。

オペレーティング システム要件

BAC は、Solaris 8 または 9 オペレーティング システムを実行している Sun SPARC コンピュータ上にインストールする必要があります。


) BAC をインストールする前に、Sun Microsystems サポート サイトから推奨パッチをダウンロードして、インストールする必要があります。
出荷時の BAC には、必要な Java Runtime Environment(JRE; Java ランタイム環境)が BPR_HOME/jre に格納されています。Sun Java Standard Edition またはシステムで利用可能な Sun Java Enterprise Edition を BAC と同時にインストールするかどうかを選択できます。


BAC を正常にインストールするための推奨 JDK 1.5.0_08 パッチは、システムで稼働する Solaris のバージョンに応じて、次のようになります。

Solaris 9 ― 表1-1 を参照

Solaris 8 ― 表1-2 を参照

 

表1-1 Solaris 9 用の JDK パッチ

パッチ
説明

113096-03

X11 6.6.1 OWconfig パッチ

112963-25

SunOS 5.9 リンカ パッチ

111711-16

C++ 用の 32 ビット共有ライブラリ パッチ

112785-57

X11 6.6.1 Xsun パッチ

111712-16

C++ 用の 64 ビット共有ライブラリ パッチ

113886-40

Solaris 用の OpenGL 1.3 パッチ(32 ビット)

113887-40

Solaris 用の OpenGL 1.3 パッチ(64 ビット)

 

表1-2 Solaris 8 用の JDK パッチ

パッチ
説明

112396-03

/usr/bin/fgrep パッチ

111111-06

/usr/bin/nawk パッチ

108987-18

patchadd および patchrm パッチ

112003-03

64 ビット Solaris 8 iso-1 または iso-15 ではフォントセットをロードできないという現象用パッチ

111310-01

/usr/lib/libdhcpagent.so.1 パッチ

108528-29

カーネル アップデートおよび Apache パッチ

108989-02

/usr/kernel/sys/acctctl および /usr/kernel/sys/exacctsys パッチ

112472-01

Lucida Sans Thai Typewriter の選択時、Font2DTest2 が打ち切られるという現象用パッチ

111308-05

/usr/lib/libmtmalloc.so.1 パッチ

112438-03

/kernel/drv/random パッチ

117000-05

カーネル パッチ

110386-03

RBAC 機能パッチ

111023-03

/kernel/fs/mntfs および /kernel/fs/sparcv9/mntfs パッチ

115827-01

/sbin/sulogin および /sbin/netstrategy パッチ

116602-01

/sbin/uadmin および /sbin/hostconfig パッチ

111317-06

/sbin/init および /usr/sbin/init パッチ

113648-04

マウント パッチ

109147-41

リンカ パッチ

108993-63

LDAP2 client、libc、libthread、および libnsl ライブラリ パッチ

119067-05

X11 6.4.1 Xsun パッチ

108921-25

CDE 1.4 dtwm パッチ

108434-22

C++ 用の 32 ビット共有ライブラリ パッチ

109326-18

libresolv.so.2 および in.named パッチ

108940-75

Motif 1.2.7 および 2.1.1 ランタイム ライブラリ パッチ

108435-22

C++ 用の 64 ビット共有ライブラリ パッチ

113886-40

Solaris 用の OpenGL 1.3 パッチ(32 ビット)

117350-43

カーネル パッチ

108773-26

IIIM および X Input & Output メソッド パッチ

113887-40

Solaris 用の OpenGL 1.3 パッチ(64 ビット)

Solaris 8 用の KDC パッチ

Solaris 8 に BAC コンポーネントの Key Distribution Center(KDC; 鍵発行局)を正常にインストールするために必要なパッチは、次のとおりです。

112438-01

109326-06

Network Registrar の要件

BAC をインストールする前に、次に示す Network Registrar の要件について理解する必要があります。

BAC 2.7.1 では、Network Registrar 6.2.3.2 以上の使用を推奨します。少なくとも、バージョン 5.5.12 をシステムにインストールしておく必要があります。


) 6.0.3 より前のバージョンの Network Registrar と BAC を組み合わせて実行すると、このリリースの特定の機能が使用できなくなります。


Solaris 8 または 9 が稼働するコンピュータに Network Registrar DHCP サーバをインストールする必要があります。

BAC のフェールオーバー構成では、フェールオーバー用の 2 台の冗長 DHCP サーバを設定する必要があります。

BAC をインストールしたら、フェールオーバー機能および BAC のインストール先ネットワークのトポロジを反映するように Network Registrar のスコープが設定されていることを確認します。Network Registrar サーバにフェールオーバーを設定する方法については、『 Cisco Network Registrar User's Guide , 6.2.1 』を参照してください。

BAC コンポーネント

BAC のインストールには、次のものが必要です。

Regional Distribution Unit(RDU)

RDU は BAC 構成のプライマリ サーバです。RDU は、BAC の中央データベースを保持しており、API からの要求を処理する唯一のエントリ ポイントです。

1 つまたは複数の Device Provisioning Engine(DPE)

DPE は、プロビジョニング情報と設定要求(コンフィギュレーション ファイルのデバイスへの転送など)をキャッシュします。DPE はプロビジョニング グループの主要コンポーネントで、デバイスの RDU とのやり取りをすべて処理します。

DPE は、IP アドレスの割り当てを制御する Network Registrar DHCP サーバと統合されています。複数の DPE が単一の DHCP サーバと通信できます。

DPE にはプロビジョニングを可能にするソフトウェアがプレインストールされていますが、初期設定の一部を実行する必要があります。


) このリリースでは、DPE-2115 ハードウェア DPE がサポートされています。DPE-2115 関連のインストール手順については、次の URL にある『Installation and Setup Guide for the Cisco 1102 VLAN Policy Server』を参照してください。
www.cisco.com/en/US/products/sw/secursw/ps2136/products_installation_and_configuration_guide_book09186a00801f0d02.html


KDC

KDC および DPE 登録サービスは、すべての音声テクノロジー Media Terminal Adapter(MTA)の認証を処理します。KDC が必要となるのは、音声テクノロジー処理をサポートするようにシステムを設定する場合のみです。

ラボ インストールを実行すると、KDC はラボ コンピュータにインストールされます。ただし、パフォーマンス上の理由から、コンポーネントをインストールする場合は、別のサーバに KDC をインストールしてください。

1 つまたは複数の Network Registrar サーバ

Network Registrar には、DHCP および Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)機能があります。Network Registrar 内に Dynamic DNS(DDNS)を実装すると、導入しなければならないサーバ数が増えます。

インストール タイプ


) BAC をインストールする前に、「BAC のインストール準備」で説明するインストール準備作業とチェックリストについて理解しておいてください。


このマニュアルでは、2 つのインストール タイプについて説明します。

コンポーネント ― BAC のコンポーネントを 1 つまたは複数インストールします(RDU、Network Registrar 拡張、1 つまたは複数の DPE、および KDC)。詳細手順については、「BAC のインストール」を参照してください。

ラボ ― ラボ環境で使用するための BAC をインストールします。BAC をネットワークに導入する前のデモンストレーションまたは評価用です。詳細手順については、「ラボ環境へのインストール」を参照してください。

BAC はインストール プログラムの GUI または Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)からインストールできます。