Cisco Broadband Access Center for Cable CLI リファレンス Release 2.7
PacketCable 音声技術のコマンド
PacketCable 音声技術のコマンド
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

PacketCable 音声技術のコマンド

コマンド

debug dpe netsnmp

no debug dpe netsnmp

debug dpe registration

debug dpe registration-detail

no debug dpe registration

no debug dpe registration-detail

debug dpe snmp

no debug dpe snmp

no packetcable

packetcable enable

packetcable registration encryption

no packetcable registration encryption

packetcable registration kdc-service-key

packetcable registration policy-privacy

packetcable snmp key-material

no packetcable snmp key-material

packetcable snmp timeout

show packetcable snmp log

PacketCable 音声技術のコマンド

この章では、Broadband Access Center for Cable(BACC)の Device Provisioning Engine(DPE)の PacketCable 音声技術を管理および監視するために使用できるコマンドライン インターフェイス(CLI)コマンドについて詳細に説明しています。

コマンド

ここでは、DPE の PacketCable(音声技術)機能に作用するコマンドについて説明します。次のようなコマンドがあります。

「debug dpe netsnmp」

「no debug dpe netsnmp」

「debug dpe registration」

「debug dpe registration-detail」

「no debug dpe registration」

「no debug dpe registration-detail」

「debug dpe snmp」

「no debug dpe snmp」

「no packetcable」

「packetcable enable」

「packetcable registration encryption」

「no packetcable registration encryption」

「packetcable registration kdc-service-key」

「packetcable registration policy-privacy」

「packetcable snmp key-material」

「no packetcable snmp key-material」

「packetcable snmp timeout」

「show packetcable snmp log」

「show packetcable snmp log last <1..9999>」

「show packetcable snmp log run」


) どのデバッグ コマンドを使用する場合も、DPE のデバッグをイネーブルにしておく必要があります。この機能をイネーブルにするには、debug on コマンドを実行します。


debug dpe netsnmp

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、DPE で実行されている PacketCable SNMP サービスの詳細なデバッグをイネーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

debug dpe netsnmp コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# debug dpe netsnmp
 

debug dpe netsnmp コマンドの使用例を次に示します。

dpe# debug dpe netsnmp
%OK
 

no debug dpe netsnmp

このコマンドは、DPE で実行されている PacketCable SNMP サービスの詳細なデバッグをディセーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no debug dpe snmp コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no debug dpe snmp
 

no debug dpe netsnmp コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no debug dpe netsnmp
%OK
 

debug dpe registration

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、DPE で実行されている PacketCable のセキュアな登録サービスのデバッグをイネーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

debug dpe registration コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# debug dpe registration
 

debug dpe registration コマンドの使用例を次に示します。

dpe# debug dpe registration
%OK
 

debug dpe registration-detail

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、デバッグ メッセージの PacketCable 登録詳細カテゴリをイネーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

debug dpe registration-detail コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# debug dpe registration-detail
 

debug dpe registration-detail コマンドの使用例を次に示します。

dpe# debug dpe registration-detail
%OK

no debug dpe registration

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、DPE で実行されている PacketCable のセキュアな登録サービスのデバッグをディセーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no debug dpe registration コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no debug dpe registration
 

no debug dpe registration コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no debug dpe registration
%OK
 

no debug dpe registration-detail

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、デバッグ メッセージの PacketCable 登録詳細カテゴリをディセーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no debug dpe registration-detail コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no debug dpe registration-detail
 

no debug dpe registration-detail コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no debug dpe registration-detail
%OK
 

debug dpe snmp

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、DPE で実行されている PacketCable SNMP サービスの詳細なデバッグをイネーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

debug dpe snmp コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# debug dpe snmp
 

debug dpe snmp コマンドの使用例を次に示します。

dpe# debug dpe snmp
%OK

no debug dpe snmp

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、DPE で実行されている PacketCable SNMP サービスの詳細なデバッグをディセーブルにするときに使用します。

このコマンドをライセンスのない DPE で実行した場合は、次のようなメッセージが表示されます。

This DPE is not licensed. Your request cannot be serviced.
Please check with your system administrator for DPE licenses.

) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no debug dpe snmp コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no debug dpe snmp
 

no debug dpe snmp コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no debug dpe snmp

%OK

no packetcable

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PacketCable サービスをディセーブルにするときに使用します。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no packetcable コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no packetcable
 

コマンドを入力すると、PacketCable 音声技術のサポートが DPE 上でディセーブルになります。このコマンドを使用したときは、このコマンドの後に dpe reload コマンドを実行して DPE を再起動することで変更内容を有効にする必要があります。詳細については、「dpe reload」を参照してください。

no packetcable コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no packetcable
%OK (Requires DPE restart "> dpe reload")

packetcable enable

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PacketCable サービスをイネーブルにするときに使用します。PacketCable をイネーブルにするには、次の作業を行う必要があります。

FQDN のインターフェイスを少なくとも 1 つ設定し、プロビジョニングをイネーブルにします。

KDC サービス キーを設定します。詳細については、「packetcable registration kdc-service-key」を参照してください。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

packetcable enable コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# packetcable enable
 

コマンドを入力すると、PacketCable 音声技術が DPE 上でイネーブルになります。このコマンドを使用したときは、このコマンドの後に dpe reload コマンドを実行して DPE を再起動することで変更内容を有効にする必要があります。詳細については、「dpe reload」を参照してください。

packetcable enable コマンドの使用例を次に示します。

dpe# packetcable enable
%OK (Requires DPE restart "> dpe reload")

packetcable registration encryption

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、MTA 設定ファイルの暗号化をイネーブルにするときに使用します。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

packetcable registration encryption コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# packetcable registration encryption
 

packetcable registration encryption コマンドの使用例を次に示します。

dpe# packetcable registration encryption
%OK

no packetcable registration encryption

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、MTA 設定ファイルの暗号化をディセーブルにするときに使用します。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no packetcable registration encryption コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no packetcable registration encryption
 

no packetcable registration encryption コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no packetcable registration encryption
%OK

packetcable registration kdc-service-key

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、KDC と DPE との間の通信に必要なセキュリティ キーを生成および設定するときに使用します。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。ハードウェア DPE では、コンソール モードでのみ使用できます。


 
シンタックスの説明

packetcable registration kdc-service-key コマンドを入力するときは、次の構文を使用する必要があります。

dpe# packetcable registration kdc-service-key <password>
 

この <password> は、任意に作成するパスワードで、長さは 6 ~ 20 文字です。


) このコマンドで入力するパスワードは、KDC の設定時に Keygen ツールで入力したパスワードと一致している必要があります。KeyGen ツールの使用方法については、『Cisco Broadband Access Center for Cable Administrators Guide』を参照してください。


コマンドを入力すると、セキュリティ キーが生成されます。このコマンドを使用したときは、このコマンドの後に dpe reload コマンドを実行して DPE を再起動することで変更内容を有効にする必要があります。詳細については、「dpe reload」を参照してください。

packetcable registration kdc-service-key コマンドの使用例を次に示します。

dpe# packetcable registration kdc-service-key ciscosystems101
%OK (Requires DPE restart "> dpe reload")

packetcable registration policy-privacy

この CLI コマンドは、MTA 通信における SNMP プライバシーの施行に関するカスタマー ポリシーを設定するときに使用します。0 の値を入力すると、MTA では SNMP-v3 のプライバシー オプションが選択されます。0 以外の値を入力すると、プロビジョニング サーバによって SNMPv3 のプライバシー オプションが特定のプロトコルに設定されます(現在は DES に制限されています)。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

packetcable registration policy-privacy コマンドを入力するときは、次の構文を使用する必要があります。

dpe# packetcable registration policy-privacy <value>
 

入力する内容は次のとおりです。

<value>:カスタマー ポリシーを表す 0、または 0 以外の値を入力します。次のような値があります。

0:MTA でプライバシー オプションが選択されることを示します(プライバシーがオプションである場合)。

1:デフォルトの値です。ポリシーが施行されることを示し、すべての MTA でプライバシーが使用されます。プライバシーが使用されない場合、MTA は起動しません。

32:プライバシーが存在しないことを示します。

33:すべてのデバイスでプライバシーがイネーブルになっていることを示します。

このコマンドを使用したときは、このコマンドの後に dpe reload コマンドを実行して DPE を再起動することで変更内容を有効にする必要があります。詳細については、「dpe reload」を参照してください。

packetcable registration policy-privacy コマンドの使用例を次に示します。

dpe# packetcable registration policy-privacy 1
%OK (Requires DPE restart “> dpe reload”>

packetcable snmp key-material

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、RDU とのセキュアな通信に必要なセキュリティ キーを DPE で生成および設定するときに、コンソール モードで使用します。RDU とのセキュアな通信チャネルは、PacketCable SNMPv3 のクローニング サポートにのみ使用されます。


) コマンドライン ツール generateSharedSecret.sh を使用して、RDU 上に同じキーを設定する必要があります。このツールは <BACC_HOME>/rdu/bin ディレクトリにあります。このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。ハードウェア DPE では、コンソール モードでのみ使用できます。


 
シンタックスの説明

packetcable snmp key-material コマンドを入力するときは、次の構文を使用する必要があります。

dpe# packetcable snmp key-material <password>
 

この <password> は、任意に作成するパスワードで、長さは 6 ~ 20 文字です。


) この CLI コマンドを実行した後、変更内容を有効にするために DPE をリロードする必要があります。


このコマンドを使用したときは、このコマンドの後に dpe reload コマンドを実行して DPE を再起動することで変更内容を有効にする必要があります。詳細については、「dpe reload」を参照してください。

packetcable snmp key-material コマンドの使用例を次に示します。

dpe# packetcable snmp key-material ciscosystems101
%OK (Requires DPE restart "> dpe reload")

no packetcable snmp key-material

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、SNMPv3 サービス キーをクリアして、SNMPv3 のクローニング サポートをオフにするときに使用します。セキュリティ上の理由から、このコマンドは Telnet セッションの使用時には利用できません。また、コンソール モードからのみ設定可能です。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

no packetcable snmp key-material コマンドを入力するときは、次のように入力するだけです。

dpe# no packetcable snmp key-material
 

コマンドを入力すると、SNMP キー関連情報が使用不可になります。このコマンドを使用したときは、このコマンドの後に dpe reload コマンドを実行して DPE を再起動することで変更内容を有効にする必要があります。詳細については、「dpe reload」を参照してください。

no packetcable snmp key-material コマンドの使用例を次に示します。

dpe# no packetcable snmp key-material
%OK (Requires DPE restart "> dpe reload")
 

packetcable snmp timeout

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PacketCable SNMP サービスで、SNMP の SET オペレーションに対する応答の待機時間(秒単位)を動的に設定するときに使用します。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

packetcable snmp timeout コマンドを入力するときは、次の構文を使用する必要があります。

packetcable snmp timeout <time>
 

<time> は、PacketCable SNMP サービスの待機時間を秒単位で示します。デフォルトの値は 10 秒です。

packetcable snmp timeout コマンドの使用例を次に示します。

dpe# packetcable snmp timeout 15
%OK

show packetcable snmp log

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PacketCable SNMP プロビジョニング サービスの最新のログ エントリを表示するときに使用します。このログには、一般的な PacketCable SNMP プロビジョニング サービス、および MTA プロビジョニングのエラーや重大な問題のロギングに関する情報が含まれます。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


show packetcable snmp log コマンドの使用例を次に示します。

dpe# show packetcable snmp log
Error [SS_MSG] 2003-03-18 14:30:44,000 - SNMP Service Tracing Set To 400
...

) ここでは、出力例の一部のみ紹介しています。


show packetcable snmp log last <1..9999>

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PacketCable SNMP ログ ファイルの中から、指定された数の行を表示するときに使用します。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


 
シンタックスの説明

このコマンドを入力するときは、次の構文を使用する必要があります。

show packetcable snmp log last <1..9999>
 

<1..9999> は、表示するログ ファイルの行数を表します。

show packetcable snmp log last コマンドの使用例を次に示します。

dpe# show packetcable snmp log last 1
Error [SS_MSG] 2003-03-18 14:35:44,000 - SNMP Service Tracing Set To 800

show packetcable snmp log run

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、最新の PacketCable SNMP サービスのログ ファイルを表示するときに使用します。コマンドが中断されるまでの新しいログ メッセージもすべて表示されます。


) このコマンドは、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できます。


show packetcable snmp log run コマンドの使用例を次に示します。

dpe # show packetcable snmp log run
Press <enter> to stop.
 
2003 12 17 11:43:43 CDT: %CSRC-5: Notification DPE: Device Provisioning Engine starting up
2003 12 17 11:43:44 CDT: %CSRC-6: Info DPE: Attempt to connect to RDU dpe failed;
2003 12 17 11:43:44 CDT: %CSRC-6: Info TFTP: Ready to service requests
 
Stopped.