Cisco Broadband Access Center for Cable CLI リファレンス Release 2.7
Broadband Access Center for Cable コマンドライン インターフェイスの概要
Broadband Access Center for Cable コマンドライン インターフェイスの概要
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Broadband Access Center for Cable コマンドライン インターフェイスの概要

DPE コマンドライン インターフェイスへのアクセス

ハードウェア CLI へのアクセス

Solaris CLI へのアクセス

リモート ホストからの Solaris DPE へのアクセス

ローカル ホストからの Solaris DPE へのアクセス

コマンドの使用方法

コマンドライン インターフェイスの構成

Broadband Access Center for Cable コマンドライン インターフェイスの概要

この章では、DPE で使用する CLI コマンドについて詳細に説明しています。コマンドライン インターフェイスの起動方法と停止方法、およびハードウェア Device Provisioning Engine(DPE)の場合と Solaris DPE の場合で異なる点を取り上げます。

このマニュアルで説明されている CLI は、DPE-590 デバイスと DPE-2115 デバイスの両方で使用されます。これらのハードウェア DPE で使用されるコマンドと Solaris DPE で使用されるコマンドは異なる場合があります。それぞれのタイプの DPE で使用されるコマンドについては、「コマンドの使用方法」を参照してください。

DPE コマンドライン インターフェイスへのアクセス

コマンドライン インターフェイスへのアクセス方法は、ハードウェア DPE と Solaris DPE とで異なります。ハードウェア DPE にアクセスするには、Telnet を使用するか、または実際の DPE デバイスのコンソール ポートにアクセスします。Solaris の CLI には、ポート 2323 に Telnet 接続している場合にのみアクセスできます。

ハードウェア CLI へのアクセス

DPE-590 または DPE-2115 のいずれかを使用している場合、コンピュータをハードウェア DPE のシリアル コンソール ポートに接続する必要があります。接続したら、次の手順を実行します。


ステップ 1 コンピュータと DPE 間の Hyper Terminal 接続を開始します。接続されると、DPE パスワードを入力するように求められます。

ステップ 2 DPE パスワードを入力して、必要な CLI 操作を続行します。


デフォルトの DPE パスワードは changeme ですが、このパスワードは、BACC 管理者のユーザ インターフェイスを開始するために使用するパスワードとは異なります。



 

Solaris CLI へのアクセス

Solaris Device Provisioning Engine のコマンドライン インターフェイスには、リモート ホストまたはローカル ホストのいずれかからアクセスできます。

リモート ホストからの Solaris DPE へのアクセス

リモート ホストから Solaris DPE のコマンドライン インターフェイスにアクセスするには、次のコマンドを実行します。

telnet remote-host-name 2323

ローカル ホストからの Solaris DPE へのアクセス

ローカル ホストから Solaris DPE のコマンドライン インターフェイスにアクセスするには、次のいずれかのコマンドを実行します。

telnet localhost 2323
 

または

telnet 0 2323
 

Solaris CLI に対して Telnet 接続できない場合、CLI が実行されていないことが考えられます。そのときは、次のコマンドを使用して CLI サーバを起動する必要があります。

/etc/init.d/bprAgent start cli


CLI にアクセスしたら、操作を続行する前に DPE パスワードを入力する必要があります。

コマンドの使用方法

CLI コマンドの中には、ハードウェア DPE と Solaris DPE の両方で使用できるものがあります。一方、そのいずれかでしか使用できないものもあります。個々のコマンドでサポートされている DPE は、それぞれのコマンドの説明で適切に示されています。また、このサポート状況は 表1-1 でも簡単に確認できます。

 

表1-1 DPE/CLI コマンドのサポート

コマンド
DPE
サポート
コマンド
DPE
サポート
コマンド
DPE
サポート

aaa authentication

両方

no debug dpe event-manager

両方

show dpe

両方

clear bundles

両方

no debug dpe exceptions

両方

show dpe config

両方

clear cache

両方

no debug dpe framework

両方

show hostname

両方

clear logs

両方

no debug dpe messaging

両方

show interface ethernet <0...1> config

ハードウェア

clock set

ハードウェア

no debug dpe netsnmp

両方

show interface ethernet <0...1> stats

ハードウェア

debug dpe cache

両方

no debug dpe registration

両方

show interface ethernet <intf0|intf1> config

Solaris

debug dpe connection

両方

no debug dpe registration - detail

両方

show interface ethernet <intf0|intf1> stats

Solaris

debug dpe dpe-server

両方

no debug dpe snmp

両方

show ip

両方

debug dpe event-manager

両方

no debug dpe tftp

両方

show ip route

両方

debug dpe exceptions

両方

no docsis shared-secret

両方

show log

両方

debug dpe framework

両方

no dpe provisioning-group primary

両方

show log last <1....9999>

両方

debug dpe messaging

両方

no dpe provisioning-group secondary

両方

show log run

両方

debug dpe netsnmp

両方

no ip default-gateway

ハードウェア

show memory

両方

debug dpe registration

両方

no ip domain-name

ハードウェア

show packetcable snmp log

両方

debug dpe registration - detail

両方

no ip name-server

ハードウェア

show packetcable snmp log last <1..9999>

両方

debug dpe snmp

両方

no ip route

ハードウェア

show packetcable snmp log run

両方

debug dpe tftp

両方

no ntp server

ハードウェア

show running-config

両方

debug on

両方

no packetcable

両方

show syslog

ハードウェア

disable

両方

no packetcable registration encryption

両方

show syslog last

ハードウェア

docsis shared-secret

両方

no packetcable snmp key-material

両方

show syslog run

ハードウェア

dpe port

両方

no snmp-server community string [ro|rw]

両方

show tftp files

両方

dpe provisioning-group primary

両方

no snmp-server contact

両方

show version

両方

dpe provisioning-group secondary

両方

no snmp-server host

両方

snmp-server community string [ro|rw]

両方

dpe rdu-server(ホスト)

両方

no snmp-server inform

両方

snmp-server contact

両方

dpe rdu-server(IP)

両方

no snmp-server location

両方

snmp-server host

両方

dpe reload

両方

no snmp-server udp-port

Solaris

snmp-server inform

両方

dpe shared-secret

両方

no syslog log-server

ハードウェア

snmp-server location

両方

dpe start

両方

no tacacs-sever <host>

両方

snmp-server reload

両方

dpe stop

両方

no tftp allow-create-dirs

両方

snmp-server start

両方

enable

両方

no tftp allow-override

両方

snmp-server stop

両方

enable password

両方

no tftp allow-read-access

両方

snmp-server udp-port

Solaris

exit

両方

no tftp allow-write-access

両方

support bundle cache

両方

no tftp verify-ip

両方

support bundle state

両方

help

両方

ntp server(ホスト)

ハードウェア

support daemon ftp enabled

ハードウェア

host(ホスト)

ハードウェア

ntp server(IP)

ハードウェア

support daemon telnet enabled

ハードウェア

host(IP)

ハードウェア

packetcable enable

両方

syslog log-server

ハードウェア

hostname

ハードウェア

packetcable registration encryption

両方

syslog mode both

ハードウェア

interface ethernet <intf0|intf1> provisioning enabled

Solaris

packetcable registration kdc-service-key

両方

syslog mode local

ハードウェア

interface ethernet <intf0|intf1> provisioning fqdn <fqdn>

Solaris

packetcable registration policy-privacy

両方

syslog mode remote

ハードウェア

interface ethernet 0...1 ip address

ハードウェア

packetcable snmp key-material

両方

tacacs-server retries

両方

interface ethernet 0...1 ip enabled

ハードウェア

packetcable snmp timeout

両方

tacacs-server timeout

両方

interface ethernet 0...1 provisioning enabled

ハードウェア

password

両方

tacacs-sever <host>

両方

interface ethernet 0...1 provisioning fqdn

ハードウェア

ping(ホスト)

ハードウェア

tftp allow-create-dirs

両方

ip default-gateway

ハードウェア

ping(IP)

ハードウェア

tftp allow-override

両方

ip domain-name

ハードウェア

poweroff

ハードウェア

tftp allow-read-access

両方

ip name-server

ハードウェア

reload

ハードウェア

tftp allow-write-access

両方

ip route

ハードウェア

show bundles

両方

tftp verify-ip

両方

log level

両方

show clock

両方

traceroute(ホスト)

ハードウェア

no debug

両方

show commands

両方

traceroute(IP)

ハードウェア

no debug dpe cache

両方

show cpu

両方

upgrade

ハードウェア

no debug dpe connection

両方

show device-config

両方

uptime

両方

no debug dpe dpe-server

両方

show disk

両方

コマンドライン インターフェイスの構成

BACC CLI は、次の機能グループで構成されています。各章では、それぞれのグループについて詳しく説明しています。

「システム コマンド」

「サポートとトラブルシューティングのコマンド」

「Device Provisioning Engine 構成のコマンド」

「ログ システム管理のコマンド」

「PacketCable 音声技術のコマンド」

「SNMP エージェントのコマンド」