Cisco Broadband Access Center DPE CLI リファレンス Release 4.0
索引
Index
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

Index

C

CLI アクセス

デフォルトのパスワード

イネーブル  1-4, 1-6

ログイン  1-4, 1-6

リモート ホストから  1-6

ローカル ホストから  1-4

CLI の起動と停止  1-6

CLI へのアクセス

DPE のコマンド モード  1-4

デフォルトのパスワード

イネーブル  1-4, 1-6

ログイン  1-4, 1-6

リモート ホストから  1-6

ローカル ホストから  1-4

CLI ヘルプ

詳細なヘルプ機能  2-7

部分的なヘルプ機能  2-7

D

DHCP、プロビジョニング グループの設定  3-6

DOCSIS 共有秘密情報

クリア  3-4

設定  3-4

DPE 構成のコマンド

「構成コマンド」を参照

DPE の再起動  3-13

DPE のリロード  3-13

F

FQDN

インターフェイス、プロビジョニングの設定  3-18

インターフェイス、プロビジョニングのディセーブル化  3-19

FTP

利用可能な発信バンドルの表示  7-3

G

generateSharedSecret.sh ツール  4-9

H

help

オプションの表示

すべて  2-7

部分的  2-7

K

KDC

セキュリティ キー

KeyGen ツール  4-7

設定  4-7

L

log level  6-8

P

PacketCable 構成コマンド

MTA 設定ファイルの暗号化

イネーブル化  4-6

ディセーブル化  4-6

RDU セキュリティ キー  4-10

SNMP タイムアウトの設定  4-10

SNMP プライバシー ポリシーの設定  4-8

SNMP ログの表示  4-11

イネーブル化  4-5

クローニング サポート  4-9

セキュリティ キー

KDC、設定  4-7

RDU、設定  4-9

RDU、ディセーブル化  4-10

ディセーブル化  4-5

デバッグ  4-2

デバッグのイネーブル化

netSNMP サービス  4-2

SNMP  4-4

安全な登録サービス  4-3

登録詳細カテゴリ  4-3

デバッグのディセーブル化

netSNMP サービス  4-2

SNMP  4-4

安全な登録サービス  4-3

登録詳細カテゴリ  4-3

R

RDU サーバ

送信元インターフェイスのクリア  3-11

送信元インターフェイスの設定  3-11

送信元ポートのクリア  3-12

送信元ポートの設定  3-12

ポートの設定  3-10

RDU セキュリティ キー  4-9

S

show コマンド

CPU 使用状況の表示  2-11

DPE キャッシュ内のファイルの表示  2-16

DPE 設定の表示  3-28

DPE にキャッシュされているデバイス構成の表示  3-25

DPE プロセスの表示  3-27

DPE ホスト名の表示  2-12

IP 設定の表示  2-12

IP ルーティング テーブルの表示  2-13

SNMP ログの表示  4-11

使用可能なディスク領域の判別  2-12

使用可能なメモリの表示  2-14

ソフトウェア バージョンの表示  2-16

プロセスの統計の表示  3-27

利用可能なコマンドの表示  2-10

利用可能な発信バンドルの表示  7-3

ログ エントリの表示  6-9

SNMP

PacketCable

タイムアウトの設定  4-10

ログ ファイル、表示  4-11

UDP ポート、設定  5-10

エージェント、起動  5-9

エージェント、停止  5-9

エージェント プロセス、リロード  5-8

コミュニティ

アクセスの削除  5-3

アクセスの設定  5-2

システム ロケーション

クリア  5-8

指定  5-7

システム接点

クリア  5-4

指定  5-3

通知

情報、指定  5-6

情報、リトライの指定  5-6

トラップ、指定  5-7

ホスト

削除  5-5

指定  5-4

SNMP エージェントのコマンド

DPE ロケーション

クリア  5-8

設定  5-7

コミュニティ アクセス

クリア  5-3

設定  5-2

システム接点

クリア  5-4

設定  5-3

通知

情報、指定  5-6

情報、リトライの指定  5-6

トラップ、指定  5-7

プロセスの起動  5-9

プロセスの停止  5-9

プロセスのリロード  5-8

ホスト

削除  5-5

指定  5-4

リスニング UDP ポートの設定  5-10

リスニング UDP ポートの変更  5-10

syslog  6-2

T

TACACS+

サーバ タイムアウトの設定  2-18

サーバ暗号キー、設定  2-17

サーバの設定  2-17

設定済みサーバの削除  2-18

~について  2-3

リトライ回数の設定  2-18

Telnet

サーバへの接続  1-4

接続の終了  2-6

ユーザの認証

リモート TACACS+  2-3

ローカル  2-3

Telnet 接続の終了  2-6

TFTP

キャッシュ内のファイルの表示  2-16

転送用のブロックサイズ

イネーブル化  3-21

ディセーブル化  3-21

要求者の IP アドレスの確認

イネーブル化  3-23

ディセーブル化  3-23

読み取り要求

イネーブル化  3-20

ディセーブル化  3-20

TFTP サービス

イネーブル化  3-22

ディセーブル化  3-22

ToD サービス

イネーブル化  3-24

ディセーブル化  3-24

U

UDP ポート、指定  5-10

アクセス

デフォルトのパスワード

イネーブル  1-4, 1-6

ログイン  1-4, 1-6

リモート ホストから  1-6

ローカル ホストから  1-4

暗号キー、TACACS+ サーバの設定  2-17

イネーブル モード

「コマンド モード」を参照

インスタンス

PacketCable サービス  4-2

TFTP サービス  3-20

ToD サービス  3-24

インターフェイス

Network Registrar

~用のイネーブル化  3-15

~用のディセーブル化  3-15

プロビジョニング

イネーブル化  3-16

ディセーブル化  3-17

プロビジョニング FQDN

クリア  3-19

設定  3-18

エージェント

「SNMP」を参照、SNMP エージェントのコマンド

エラー メッセージ

DPE ポート  3-5

ライセンスのない DPE  2-1

音声技術

「PacketCable 構成コマンド」を参照

共有秘密情報

DOCSIS のクリア  3-4

DOCSIS の設定  3-4

設定  3-13

クローニング サポート

イネーブル化  4-9

ディセーブル化  4-10

構成コマンド

DPE 設定の表示  3-28

DPE の起動  3-14

DPE の再起動  3-13

DPE の停止  3-14

DPE プロセスの表示  3-27

DPE 用の RDU サーバの設定  3-10

RDU 用の送信元インターフェイスの設定  3-11

RDU 用の送信元ポートの設定  3-12

RDU 用の送信元インターフェイスのクリア  3-11

TFTP

イネーブル化  3-22

ディセーブル化  3-22

転送用のブロックサイズのイネーブル化  3-21

転送用のブロックサイズのディセーブル化  3-21

要求者の IP アドレスの確認、イネーブル化  3-23

要求者の IP アドレスの確認、ディセーブル化  3-23

ローカル ファイル システムの読み取り要求、イネーブル化  3-20

ローカル ファイル システムの読み取り要求、ディセーブル化  3-20

インターフェイス

Network Registrar 拡張用のイネーブル化  3-15

Network Registrar 用のディセーブル化  3-15

プロビジョニング FQDN のクリア  3-19

プロビジョニング FQDN の設定  3-18

プロビジョニングのイネーブル化  3-16

プロビジョニングのディセーブル化  3-17

キャッシュのクリア  3-3

共有秘密情報

DOCSIS、クリア  3-4

DOCSIS、設定  3-4

設定  3-13

デバイス構成の表示  3-25

プロビジョニング グループ、セカンダリ

クリア  3-9

設定  3-8

プロビジョニング グループ、プライマリ

クリア  3-7

設定  3-6

ポート番号の設定  3-5

コマンド

aaa authentication  2-3

clear bundles  7-2

clear cache  3-3

clear logs  6-2

debug dpe cache  6-3

debug dpe connection  6-3

debug dpe dpe-server  6-4

debug dpe event-manager  6-4

debug dpe exceptions  6-4

debug dpe framework  6-5

debug on  6-6

debug service packetcable netsnmp  4-2

debug service packetcable registration  4-3

debug service packetcable registration-detail  4-3

debug service packetcable snmp  4-4

debug service tftp ipv4 | ipv6  6-6

disable  2-4

dpe docsis shared-secret  3-4

dpe port  3-5

dpe provisioning-group primary  3-6

dpe provisioning-group secondary  3-8

dpe rdu-server port  3-10

dpe rdu-server source ip  3-11

dpe rdu-server source port  3-12

dpe reload  3-13

dpe shared-secret  3-13

dpe start  3-14

dpe start | stop  3-14

dpe stop  3-14

enable  2-4

enable password  2-5

exit  2-6

help  2-7

interface ip pg-communication  3-15

interface ip provisioning  3-16

interface ip provisioning fqdn  3-18

log level  6-8

no debug  6-7

no debug dpe cache  6-3

no debug dpe connection  6-3

no debug dpe dpe-server  6-4

no debug dpe event-manager  6-4

no debug dpe exceptions  6-4

no debug dpe framework  6-5

no debug dpe messaging  6-5

no debug service packetcable netsnmp  4-2

no debug service packetcable registration  4-3

no debug service packetcable registration-detail  4-3

no debug service packetcable snmp  4-4

no debug service tftp ipv4 | ipv6  6-7

no dpe docsis shared-secret  3-4

no dpe provisioning-group primary  3-7

no dpe provisioning-group secondary  3-9

no dpe rdu-server source ip  3-11

no interface ip pg-communication  3-15

no interface ip provisioning  3-17

no interface ip provisioning fqdn  3-19

no service packetcable enable  4-5

no service packetcable registration encryption enable  4-6

no service packetcable snmp key-material  4-10

no service tftp ipv4 | ipv6 allow-read-access  3-20

no service tftp ipv4 | ipv6 blocksize  3-21

no service tftp ipv4 | ipv6 verify-ip  3-23

no snmp-server community  5-3

no snmp-server contact  5-4

no snmp-server host  5-5

no snmp-server inform  5-7

no snmp-server location  5-8

no snmp-server udp-port  5-10

no tacacs-server host  2-18

password  2-8

service packetcable enable  4-5

service packetcable registration encryption enable  4-6

service packetcable registration kdc-service-key  4-7

service packetcable registration policy-privacy  4-8

service packetcable show snmp log  4-11

service packetcable snmp key-material  4-9

service packetcable snmp timeout  4-10

service tftp ipv4 | ipv6 allow-read-access  3-20

service tftp ipv4 | ipv6 blocksize  3-21

service tftp ipv4 | ipv6 enabled  3-22

service tftp ipv4 | ipv6 verify-ip  3-23

service tod ipv4 | ipv6 enabled  3-24

show bundles  7-3

show clock  2-9

show cpu  2-11

show device-config  3-25

show disk  2-12

show dpe  3-27

show dpe config  3-28

show hostname  2-12

show ip  2-12

show ip route  2-13

show log  6-9

show memory  2-14

show running-config  2-15

show tftp files  2-16

show version  2-16

show コマンド  2-10

snmp-server community  5-2

snmp-server contact  5-3

snmp-server host  5-4

snmp-server inform  5-6

snmp-server reload  5-8

snmp-server udp-port  5-10

snmp-server location  5-7

snmp-server start | stop  5-9

support bundle cache  7-3

tacacs-server retries  2-18

tacacs-server timeout  2-18

tacacs-server host  2-17

uptime  2-19

コマンド モード

特権  1-4

プロンプト  1-4

ログイン  1-4

サービス インスタンス

PacketCable  4-2

TFTP  3-20

ToD  3-24

システム コマンド

CPU 使用状況の表示  2-11

DPE のイネーブル化  2-4

DPE のディセーブル化  2-4

IP 設定の表示  2-12

IP ルーティング テーブルの表示  2-13

TACACS+ サーバ

削除  2-18

設定  2-17

タイムアウトの設定  2-18

リトライ回数の設定  2-18

Telnet 接続の終了  2-6

キャッシュ内の TFTP ファイルの表示  2-16

現在の設定の表示  2-15

システム パスワードの変更  2-8

システムの稼動時間の表示  2-19

ソフトウェア バージョンの表示  2-16

ディスク使用状況の表示  2-12

認証

リモート TACACS+ ユーザ  2-3

ローカル ユーザ  2-3

パスワードのイネーブル化  2-5

ヘルプの表示  2-7

ホスト名の表示  2-12

利用可能なコマンドの表示  2-10

システムの管理および監視

「システム コマンド」を参照。

詳細な CLI ヘルプ機能  2-7

情報、SNMP 通知の指定  5-6, 5-7

セキュリティ キー

KDC  4-7

クリア  4-10

設定  4-9

タイムアウト、SNMP サービスの設定  4-10

注意、デバッグ  4-2, 6-6

デバッグ

イネーブル化

TFTP 転送のデバッグ ロギング  6-6

イベント マネージャのデバッグ ロギング  6-4

キャッシュのデバッグ ロギング  6-3

接続のデバッグ ロギング  6-3

フレームワークのデバッグ ロギング  6-5

メッセージのデバッグ ロギング  6-5

例外のデバッグ ロギング  6-4

注意  6-6

ディセーブル化

TFTP 転送のデバッグ ロギング  6-7

イベント マネージャのデバッグ ロギング  6-4

キャッシュのデバッグ ロギング  6-3

サーバのデバッグ ロギング  6-4

接続のデバッグ ロギング  6-3

フレームワークのデバッグ ロギング  6-5

メッセージのデバッグ ロギング  6-5

例外のデバッグ ロギング  6-4

デバッグ ロギングの前  4-2

ロギングのイネーブル化  6-6

ロギングのディセーブル化  6-7

デバッグ コマンド、PacketCable

イネーブル化

netSNMP サービス  4-2

SNMP  4-4

安全な登録サービス  4-3

登録詳細カテゴリ  4-3

ディセーブル化

netSNMP サービス  4-2

SNMP  4-4

安全な登録サービス  4-3

デフォルトの DPE パスワード  1-4, 1-6

トラップ、SNMP 通知の指定  5-6, 5-7

トラブルシューティング

バンドル

キャッシュ  7-3

クリア  7-2

発信の表示  7-3

バージョン

現在のソフトウェアの表示  2-16

バンドル

クリア  7-2

現在のキャッシュ、バンドル  7-3

利用可能な発信の表示  7-3

ファイル転送プロトコル

「FTP」を参照

部分的な CLI ヘルプ機能  2-7

プライバシー ポリシー  4-8

プロビジョニング インターフェイス

FQDN

クリア  3-19

設定  3-18

イネーブル化  3-16

ディセーブル化  3-17

プロビジョニング グループ

セカンダリ

クリア  3-9

設定  3-8

プライマリ

クリア  3-7

設定  3-6

ライセンス

インストール  1-2

~について  1-2

入手  1-2

ライセンスのない DPE  1-2

ライセンスのない DPE  2-1

ロギング

「ログ システム管理のコマンド」を参照

ログ システム管理のコマンド

デバッグのイネーブル化  6-6

TFTP 転送  6-6

イベント マネージャ  6-4

キャッシュ  6-3

サーバ  6-4

接続  6-3

フレームワーク  6-5

メッセージング  6-5

例外  6-4

デバッグのディセーブル化  6-7

TFTP 転送  6-7

イベント マネージャ  6-4

キャッシュ  6-3

サーバ  6-4

接続  6-3

フレームワーク  6-5

メッセージング  6-5

例外  6-4

ログ エントリの表示  6-9

ログ レベルの設定  6-8

ログの削除  6-2

ログ ファイルの削除  6-2