Cisco Broadband Access Center for Cable アドミニストレータ ガイド
管理者のユーザ インターフェイスに ついて
管理者のユーザ インターフェイスについて
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

管理者のユーザ インターフェイスについて

管理者のユーザ インターフェイスの設定

管理者のユーザ インターフェイスへのアクセス

ログイン

ログアウト

管理者のユーザ インターフェイスのアイコンについて

管理者のユーザ インターフェイスについて

この章では、Broadband Access Center(BAC)管理者のユーザ インターフェイスにアクセスする方法と、そのインターフェイス自体について説明します。この章では次のトピックについて説明します。

「管理者のユーザ インターフェイスの設定」

「管理者のユーザ インターフェイスへのアクセス」

「管理者のユーザ インターフェイスのアイコンについて」

「管理者のユーザ インターフェイスの使用方法」では、このユーザ インターフェイスを使用して管理作業を実行する方法を説明します。Device Provisioning Engine(DPE)へのアクセス、監視、および制御で使用する CLI コマンドについては、『 Cisco Broadband Access Center DPE CLI Reference, Release 3.0 』に説明があります。

管理者のユーザ インターフェイスの設定

管理者のユーザ インターフェイスを使用する前に、 adminui.properties ファイルの内容を確認してください。このファイルには、インターフェイスの動作を指定する各種のコントロールが含まれています。

テキスト エディタを使用してこのファイルを開き、必要な機能を実行するようにその内容を変更できます。変更を完了して保存し、このユーザ インターフェイスを再起動すると、すべての変更が有効になります。

管理者のユーザ インターフェイスを起動するには、次のように入力します。

# etc/init.d/bprAgent tomcat start
 

管理者のユーザ インターフェイスを停止するには、次のように入力します。

# etc/init.d/bprAgent tomcat stop
 

このユーザ インターフェイスは、 adminui.properties ファイルにあるオプションを使用して設定できます。これらのオプションは、BAC の設定によって制御するか、 BPR_HOME/rdu/conf ディレクトリにある adminui.properties ファイルで定義します。

構成パラメータは次のとおりです。

/adminui/port:RDU のリスニング ポートを指定します。デフォルトでは、このポート番号は 49187 です。

/adminui/fqdn:RDU を実行するホストの完全修飾ドメイン名を指定します。デフォルトでは、この値はホストの FQDN です。たとえば、bac_test.ACME.COM です。

/adminui/maxReturned:検索結果の最大件数を指定します。デフォルトでは、この数は 1000 です。

/adminui/pageSize:1 ページに表示される検索結果の件数を指定します。この数は 25、50、または 75 に設定できます。デフォルト値は 25 です。

/adminui/refresh:リフレッシュ機能をイネーブルにするか、ディセーブルにするかを指定します。デフォルトでは、このオプションはディセーブルになっています。

/adminui/extensions:BAC での拡張の使用をイネーブルにするか、ディセーブルにするかを指定します。拡張を使用すると、BAC の動作を強化したり、新しいデバイス テクノロジーのサポートを追加したりできます。デフォルトでは、拡張の使用はイネーブルになっています。

/adminui/maxFileSize:BAC にアップロードされるファイルの最大サイズを指定します。デフォルトでは、このファイル サイズは 10 MB です。

/adminui/refreshRate:画面がリフレッシュされるまでの時間の長さ(秒数)を指定します。デフォルトでは、この値は 90 秒です。このオプションの値を設定する前に、/adminu/refresh オプションがイネーブルであることを確認してください。

/adminui/timeout:アイドル セッションがタイムアウトになるまでの時間の長さ(秒数)を指定します。デフォルトでは、この時間は 300 秒に設定されています。

/adminui/noOfLines:このユーザ インターフェイスに表示される rdu.log または dpe.log の、最後の行番号を指定します。デフォルトでは、表示される行数は 250 です。

/adminui/noOfFiles:表示されるトラブルシューティング ログ ファイルの数を指定します。デフォルトでは、表示できるファイルの数は 1 です。一度に表示できるファイルの最大数は 5 です。

例15-1 adminui.properties ファイルのサンプル

/adminui/port=49187
/adminui/fqdn=doc.cisco.com
/adminui/maxReturned=1000
/adminui/pageSize=25
/adminui/refresh=disabled
/adminui/extensions=enabled
/adminui/maxFileSize=10000000
/adminui/refreshRate=90
/adminui/timeout=300
/adminui/noOfLines=250
/adminui/noOfFiles=1

管理者のユーザ インターフェイスへのアクセス

管理者のユーザ インターフェイスには、BAC アプリケーションの URL にアクセスできる任意のコンピュータからアクセスできます。

ログイン

このユーザ インターフェイスには、管理ユーザ、読み取り/書き込みユーザ、または読み取り専用ユーザとしてログインできます。「ユーザ管理」で説明するとおり、実行可能な機能は各ユーザ タイプで異なりますが、ユーザ インターフェイスには同じ方法でアクセスします。

管理者のユーザ インターフェイスにアクセスするには、次の手順に従います。


ステップ 1 Web ブラウザを起動します。

表15-1 は、この BAC リリースでサポートされるブラウザのリストを示しています。

 

表15-1 ブラウザのプラットフォーム サポート

プラットフォーム
サポートするブラウザ

Windows 2000(Service Pack 2)

Internet Explorer 6.0 以降

Windows 2000、Windows XP、Solaris、Linux

Mozilla 1.7.3

ステップ 2 次の構文を使用して、管理者の場所を入力します。

http://machine_name/
 

machine_name:Regional Distribution Unit(RDU)を実行しているコンピュータを示します。


HTTP over SSL(HTTPS とも呼ばれる)を使用して管理者のユーザ インターフェイスにアクセスするには、https://machine_name/ と入力します。


サーバ側の管理アプリケーションは、コンピュータ ポート上で実行されます。デフォルトでは、このポート番号は次のとおりです。

HTTP over TCP の場合:80

HTTP over SSL の場合:443

メイン ログイン ページ(図15-1)が表示されます。

図15-1 ログイン ページ

 

ステップ 3 デフォルトのユーザ名(admin)とパスワード(changeme)を入力します。

a. 初めてログインする場合は、Change Password 画面が表示されます。新しいパスワードを入力して、確認します。


) ログインした RDU サーバの FQDN が User Login 領域に表示されます。


ステップ 4 Login をクリックすると、Main Menu ページ(図15-2)が表示されます。


) ページの上部にあるリンクを使用して、新しい BAC ライセンスを追加してください。このページでは、使用許諾を得たテクノロジー ライセンスを入力できます。詳細については、「Broadband Access Center の設定」を参照してください。



 

図15-2 Main Menu ページ

 

ログアウト

BAC からログアウトするには、次の手順に従います。


ステップ 1 ページの右上にある Logout をクリックします。

ステップ 2 確認ダイアログが表示されます。OK をクリックします。

User Login ページ(図15-1)に戻ります。


 

管理者のユーザ インターフェイスのアイコンについて

BAC 管理者のユーザ インターフェイスには、特定の機能を実行するときに使用できるアイコンがあります。 表15-2 は、これらのアイコンを示しています。

 

表15-2 管理者のユーザ インターフェイスのアイコン

アイコン
説明

 

このアイコンには次の役割があります。

View Details アイコン:特定のデバイスまたはファイルの詳細を表示できます。

Operations アイコン:特定のデバイスでの操作を実行できます。

 

 

Delete アイコン:特定のオブジェクトを削除します。

 

 

Export アイコン:特定のファイルの内容をクライアントのコンピュータにエクスポートします。

これらのアイコンは、管理者のユーザ インターフェイスで実行する手順に関する項で使用されています。次の項があります。

「管理者のユーザ インターフェイスの使用方法」

「Broadband Access Center の設定」