Cisco Broadband Access Center for Cable アドミニストレータ ガイド Release 2.7
索引
A
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

A

ATA 186 のデフォルト、設定  10-8

ATA 188 のデフォルト、設定  10-10

B

BACC(BAC)、定義  1

BACC の機能、概要  1-1

BACC の使用方法  9-1‐9-28

サーバ、表示  9-21‐9-28

DPE、リスト  9-21

Network Registrar 拡張ポイントのリスト  9-24

RDU の詳細  9-27

プロビジョニング グループ、リスト  9-26

デバイス、管理  9-5‐9-17

Manage Devices ページ  9-5

コントロール  9-6

削除、デバイス  9-15

説明  9-14

デバイス構成、再生成  9-16

デバイスの関連付けと関連付け解除  9-16

デバイスの検索  9-8

デバイスの修正  9-15

デバイスの詳細、表示  9-9

デバイスの追加  9-14

デバイスの登録解除  9-17

デバイスのリセット  9-17

ノード、管理  9-18‐9-20

削除  9-20

修正  9-20

詳細、表示  9-20

追加  9-19

ノードに対するノード タイプの関連付けと関連付け解除  9-20

ノード タイプ、管理  9-18

削除、ノード タイプ  9-19

修正、ノード タイプ  9-19

追加、ノード タイプ  9-18

ノードに対するノード タイプの関連付けと関連付け解除  9-20

ユーザの管理  9-2‐9-4

削除、ユーザ  9-4

修正、ユーザ  9-3

新規ユーザの追加  9-2

BACC の設定  10-1‐10-41

DHCP 基準  10-25‐10-26

基準の削除  10-26

基準の修正  10-26

基準の追加  10-25

FQDN、自動生成  10-40‐10-41

形式  10-40

検証  10-41

プロパティ  10-40

例  10-41

RDU および DPE 上での SNMPV3 クローン作成  10-39

キー関連情報  10-39

キーの生成  10-39

RDU 拡張、管理  10-34‐10-35

新しいクラス、作成  10-34

カスタム拡張ポイント、インストール  10-34

表示  10-35

SRV レコード、Network Registrar DNS サーバの  10-38

外部ファイル、管理  10-27‐10-31

ファイルのエクスポート  10-31

ファイルの削除  10-31

ファイルの置換  10-30

ファイルの追加  10-28

ファイルの表示  10-29

カスタム プロパティ  10-7

サービス クラス  10-2‐10-6

クラスの追加  10-3

削除  10-5

修正  10-4

デフォルト  10-8‐10-24

ATA 186 のデフォルト  10-8

ATA 188 のデフォルト  10-10

CableHome WAN Defaults  10-10

Computer Defaults  10-13

DOCSIS Defaults  10-14

Network Registrar Defaults  10-16

PacketCable Defaults  10-18

設定オプション、選択  10-8

プロビジョニング データ、パブリッシング  10-36‐10-37

データストアの変更  10-36

プラグイン設定、変更  10-37

ライセンス キー、管理  10-32‐10-33

ライセンスの修正  10-33

ライセンスの追加  10-33

C

CableHome

WAN Defaults、設定  10-10

WAN-Man Defaults、設定  10-12

設定  6-1‐6-4

Device Provisioning Engine  6-4

Network Registrar  6-3

RDU  6-3

ノンセキュア プロビジョニング フロー  6-2

プロビジョニング

サポート  1-3

チェックリスト(ノンセキュア)  3-14

CableHome の設定  6-1‐6-4

DPE  6-4

Network Registrar  6-3

RDU  6-3

CableLabs サービス プロバイダー証明書信頼階層  5-22

運用上の補助証明書  5-25

PacketCable サーバ証明書  5-26

鍵発行局(KDC)証明書  5-25

配送機能(DF)証明書  5-26

サービス プロバイダー CA 証明書  5-23

ルート証明書  5-22

CMTS(ケーブル モデム ターミネーション システム)

共有秘密情報、定義  4

定義  1

Configuration メニューについて  8-6

D

Devices メニューについて  8-6

DHCP

Network Registrar、および~  2-12

基準のデフォルト、設定  10-25‐10-26

基準の削除  10-26

基準の修正  10-26

基準の追加  10-25

状態、および DOCSIS 設定  4-6

disk_monitor.sh ツール  12-54

DNS(ドメイン ネーム システム)、Network Registrar、および~  2-12

DOCSIS(Data Over Cable Service Interface Specification)

DOCSIS ネットワークのトラブルシューティング  4-5

機能  4-4‐4-5

DOCSIS 1.0、1.1、2.0 のサポート  4-5

動的設定 TLV  4-4

共有秘密情報、定義  4

高速データのサポート  1-2

設定  4-1‐4-32

ネットワーク層以上  4-6‐4-9

ワークフロー、完全な  4-1‐4-3

ワークフロー、チェックリスト  3-7

定義  1

DOCSIS の設定

ネットワーク層以上

DHCP 状態  4-6

ToD 状態  4-7

セキュリティ アソシエーション状態  4-7

設定ファイル状態  4-8

動作状態  4-9

登録状態  4-8

プライバシー状態の確立  4-8

ワークフロー

完全な  4-1‐4-3

チェックリスト  3-7

DPE(Device Provisioning Engine)

BACC のアーキテクチャ、および~

dpe.log ファイル、表示  2-24

ログ  2-22

dpe.log ファイル、表示  2-24

DSS、および~  2-9

DSS のリセット  2-10

SNMPV3 クローン作成、設定  10-39

キー関連情報  10-39

キーの生成  10-39

Solaris DPE のアラート  A-3

DPE-1-102  A-3

DPE-1-104  A-3

DPE-1-109  A-3

Solaris DPE のチェックリスト  3-4‐3-5

TACACS+、および DPE 認証  2-7

クライアント設定  2-8

特権レベル  2-8

TFTP サーバ、および~  2-9

サーバの割り当て  2-8

種類  2-6

Solaris DPE  2-7

ハードウェア DPE(Device Provisioning Engine)  2-6

設定  6-4

説明  2-6

定義  1

ハードウェア DPE のチェックリスト  3-3‐3-4

ライセンス キー  2-7

リスト

現在登録されている DPE  9-21

サーバ  8-6

DSS(DOCSIS 共有秘密情報)、および DPE

DSS のリセット  2-10

説明  2-9

DSTB、定義  2

E

Ethereal、パケット キャプチャ ツール  5-12

Euro-PacketCable

音声サービスのサポート  1-2

サポート、および KDC  2-15

設定  5-6

F

FQDN(完全修飾ドメイン名)

自動生成  10-40‐10-41

形式  10-40

検証  10-41

プロパティ  10-40

例  10-41

定義  2

G

GUI(「管理者のユーザ インターフェイス」を参照)

I

IP アドレス、定義  2

ISP、選択  11-3

K

KDC(鍵発行局)

BACC のアーキテクチャ、および~  2-14‐2-17

Euro-PacketCable のサポート  2-15

証明書  2-16

デフォルトの KDC のプロパティ  2-14

複数領域のサポート  2-17

ライセンス  2-16

証明書、管理  12-42‐12-44

PKCert ツールの実行  12-42

検証  12-44

作成  12-43

定義  2

Keygen ツール  12-47‐12-48

M

MAC アドレス、定義  2

MIB

BACC のアーキテクチャ、および~  2-18

CableHome、および SNMP Varbind  12-7

DOCSIS、および SNMP Varbind  12-6

DPE SNMP エージェント、および MIB サポート  2-19

Euro-PacketCable と PacketCable の音声設定  5-7

PacketCable、および SNMP Varbind  12-7

TLV 38 と MIB のサポート  5-6

MSO、定義  2

MTA(メディア ターミナル アダプタ)

製造業者 CVC、および DOCSIS  5-21

定義  2

N

NAT(ネットワーク アドレス変換)、定義  2

Network Registrar

DHCP、および~  2-12

DNS、および~  2-12

DNS サーバの SRV レコード、設定  10-38

SRV レコード、DNS サーバの、設定  10-38

アーキテクチャ  2-12‐2-13

拡張ポイントのアラート  A-5

NR_EP-1-106  A-5

NR_EP-1-107  A-5

NR_EP-6-108  A-5

NR_EP-6-109  A-5

NR_EP-6-110  A-5

拡張ポイントのリスト  9-24

サーバ、リスト  8-6

設定  6-3

説明  2-12‐2-13

DHCP、および~  2-12

DNS、および~  2-12

リース予約  2-13

デフォルト、設定  10-16

リース予約  2-13

ワークフロー チェックリスト  3-6

Network Registrar の設定  6-3

SRV レコード、DNS サーバの  10-38

デフォルト  10-16

ワークフロー チェックリスト  3-6

NR、定義  2

NRProperties.sh ツール  12-45‐12-46

NTP、定義  2

P

PacketCable

BACC プロパティ、DHCP オプションへのマッピング  B-1‐B-3

オプション 122 と BACC プロパティの比較  B-2

オプション 177 と BACC プロパティの比較  B-3

MTA、SNMPV3 クローン作成、および~  10-39

キー関連情報  10-39

キーの生成  10-39

音声サービスのサポート

Euro-PacketCable  1-2

ノンセキュア  1-2

標準  1-2

デフォルト、設定  10-18

RDU Defaults  10-20

xGCP Gateway Control Protocol Defaults  10-24

システム デフォルト  10-22

ワークフロー チェックリスト  3-8‐3-14

Euro-PacketCable  3-12

PacketCable  3-8

ノンセキュア PacketCable  3-10

PacketCable 音声設定  5-1‐5-31

eMTA プロビジョニング、トラブルシューティング  5-8‐5-11

基本変数  5-10

コンポーネント  5-8

Euro-PacketCable の MIB  5-7

Euro-PacketCable  5-6

PacketCable BASIC  5-5‐5-6

SNMP v2C 通知  5-6

TLV 38 と MIB のサポート  5-6

PacketCable のセキュアな  5-2‐5-4

PacketCable のフロー  5-2

証明書信頼階層  5-17‐5-31

CableLabs サービス プロバイダー  5-22

MTA デバイス証明書  5-21

MTA デバイス証明書階層  5-19

検証  5-18

コード検証  5-28

失効  5-28

トラブルシューティングのシナリオ  5-13‐5-16

トラブルシューティングのツール  5-12

Ethereal、SnifferPro など  5-12

ログ  5-12

PacketCable の eMTA プロビジョニング、トラブルシューティング  5-8‐5-11

基本変数  5-10

MTA 設定ファイル  5-11

証明書  5-10

スコープ選択タグ  5-11

コンポーネント  5-8

Call Management Server  5-10

DHCP サーバ  5-9

DNS サーバ  5-9

PacketCable プロビジョニング サーバ  5-9

鍵発行局  5-9

組み込み型 MTA  5-8

PacketCable の証明書信頼階層  5-17‐5-31

MTA デバイス証明書  5-21

MTA デバイス証明書階層  5-19

MTA 製造業者証明書  5-20

MTA ルート証明書  5-19

検証  5-18

PacketCable の設定  5-1‐5-31

Euro-PacketCable  5-6

PacketCable BASIC  5-5

SNMP v2C 通知  5-6

TLV 38 と MIB のサポート  5-6

PacketCable のセキュアな  5-2

証明書信頼階層  5-17‐5-31

CableLabs サービス プロバイダー証明書階層  5-22

MTA 階層  5-19

MTA デバイス証明書  5-21

コード検証証明書階層  5-28

証明書失効  5-28

証明書の検証  5-18

トラブルシューティング、eMTA プロビジョニング  5-8, 5-11

基本変数  5-10

コンポーネント  5-8

トラブルシューティングのシナリオ  5-13‐5-16

トラブルシューティングのツール  5-12

Ethereal、SnifferPro など  5-12

ログ  5-12

PKCert.sh ツール  12-42‐12-44

KDC 証明書、検証  12-44

KDC 証明書、作成  12-43

実行  12-42

R

RDU(Regional Distribution Unit)

SNMPV3 クローン作成、設定  10-39

キー関連情報  10-39

キーの生成  10-39

アラート  A-2

BPR-RDU-4-1140  A-2

RDU-1-101  A-2

RDU-1-103  A-2

RDU-1-111  A-2

RDU-1-115  A-2

エラー メッセージ  A-6‐A-9

AddReservation: AX_ETIME  A-8

AddReservation:FORWARD_FAILED  A-7

AddReservation: INVALID_OBJECT  A-8

AddReservation: INVALID_PARENT  A-7

AddReservation: INVALID_SECOND_PARENT  A-7

AX_EIO  A-9

AX_EPIPE  A-9

OBJECT_EXISTS  A-6

RemoveReservation: NOT_FOUND  A-7

Selection-criteria exclusion tags ignored  A-8

拡張、管理  10-34‐10-35

新しいクラス、作成  10-34

カスタム拡張ポイント、インストール  10-34

表示  10-35

詳細、表示  9-27

設定、および CableHome  6-3

WAN-Data  6-4

WAN-Man  6-3

説明  2-4‐2-5

構成の生成  2-4

サービス レベル選択  2-5

フェールオーバー  2-5

定義  3

データベースの移行  7-8

リスト  8-6

ログ  2-22

ログ レベル ツール  12-39‐12-41

現在のログ レベル、表示  12-41

使用方法  12-39

設定  12-40

ワークフロー チェックリスト  3-2

S

Servers メニューについて  8-6

SnifferPro、パケット キャプチャ ツール  5-12

SNMP

PacketCable eMTA 上でのクローン作成(使用例)  C-41

SNMP エージェント

開始  12-51

コミュニティ、削除  12-51

コミュニティ、追加  12-50

設定、リスト  12-53

停止  12-51

場所、変更  12-52

snmpAgentCfgUtil.sh コマンド  12-49

SNMP 通知タイプ、指定  12-53

SNMP の連絡先、新規設定  12-52

SNMP リスニング ポート、指定  12-52

ホスト、削除  12-50

ホスト、追加  12-49

SNMPV3 クローン作成、RDU および DPE 上での設定  10-39

キー関連情報  10-39

キーの生成  10-39

SRV レコード、Network Registrar DNS サーバの、設定  10-38

SUI(サンプル ユーザ インターフェイス)

BACC のアーキテクチャ、および~  2-24

サンプルの sampleui.properties ファイル  11-12‐11-14

設定  11-1‐11-14

ISP、選択  11-3

開始および停止  11-2

管理者アクセス レベル  11-4

技術者ログイン、使用方法  11-3

サービス クラス  11-3

サンプルの設定オプション  11-3‐11-4

無差別モード  11-3

説明  11-2

SUI の設定  11-1‐11-14

加入者プロビジョニングの例  11-5‐11-7

標準の顧客宅内機器登録  11-5

無差別モードの顧客宅内機器登録  11-6

管理者プロビジョニングの例  11-8‐11-11

アカウントの検索  11-8

アカウントの保守  11-9

サンプルの sampleui.properties ファイル  11-12‐11-14

サンプルの設定オプション  11-3‐11-4

ISP、選択  11-3

管理者アクセス レベル  11-4

技術者ログイン、使用方法  11-3

サービス クラス  11-3

無差別モード  11-3

T

TFTP、定義  3

TLV、定義  3

ToD 状態、DOCSIS 設定のための確立  4-7

Trivial File Transfer Protocol、定義  3

Type Length Value、定義  3

U

uBr、定義  3

uBR7246 デバイスとデバッグ コマンドに関する注意  4-7, 4-19

Users メニューについて  8-7

管理者  8-7

読み取り/書き込みユーザ  8-7

読み取り専用ユーザ  8-7

V

VoIP、定義  3

X

XGCP、定義  3

アーキテクチャ  2-1‐2-24

DPE  2-6

DSS、および~  2-9

TACACS+、および DPE 認証  2-7

TFTP サーバ、および~  2-9

サーバの割り当て  2-8

種類  2-6

ライセンス キー  2-7

KDC  2-14‐2-17

Euro-PacketCable のサポート  2-15

証明書  2-16

デフォルトの KDC のプロパティ  2-14

複数領域のサポート  2-17

ライセンス  2-16

MIB  2-18

Network Registrar  2-12‐2-13

DHCP、および~  2-12

DNS、および~  2-12

リース予約  2-13

RDU  2-4‐2-5

構成の生成  2-4

サービス レベル選択  2-5

フェールオーバー  2-5

エージェント  2-19‐2-21

BACC エージェント  2-20

SNMP エージェント  2-19

管理者のインターフェイス  2-24

サンプル ユーザ インターフェイス  2-24

説明  2-2

登録モード  2-3

混在モード  2-3

標準モード  2-3

無差別モード  2-3

ローミング モード  2-3

プロビジョニング グループ  2-11

ロギング  2-22‐2-24

DPE のログ  2-22

dpe.log ファイル、表示  2-24

アラート メッセージ  A-1‐A-5

Network Registrar 拡張ポイントのアラート  A-5

NR_EP-1-106  A-5

NR_EP-1-107  A-5

NR_EP-6-108  A-5

NR_EP-6-109  A-5

NR_EP-6-110  A-5

RDU のアラート  A-2

BPR-RDU-4-1140  A-2

RDU-1-101  A-2

RDU-1-103  A-2

RDU-1-111  A-2

RDU-1-115  A-2

Solaris DPE のアラート  A-3

DPE-1-102  A-3

DPE-1-104  A-3

DPE-1-109  A-3

アラート、定義  3

エージェントのアラート  A-4

AGENT-3-9001  A-4

AGENT-3-9002  A-4

AGENT-3-9003  A-4

AGENT-6-9004  A-4

AGENT-6-9005  A-4

メッセージ形式  A-1

エージェント、BACC アーキテクチャ

エージェント、定義  3

エージェント、BACC のアーキテクチャおよび~  2-19‐2-21

BACC エージェント  2-20

監視対象プロセス  2-20

コマンドライン  2-20

DPE SNMP エージェント

MIB サポート  2-19

SNMP エージェント  2-19

エージェントのアラート(「エージェントのアラート」を参照)

エラー メッセージ、RDU  A-6‐A-9

AddReservation: AX_ETIME  A-8

AddReservation:FORWARD_FAILED  A-7

AddReservation: INVALID_OBJECT  A-8

AddReservation: INVALID_PARENT  A-7

AddReservation: INVALID_SECOND_PARENT  A-7

AX_EIO  A-9

AX_EPIPE  A-9

OBJECT_EXISTS  A-6

RemoveReservation: NOT_FOUND  A-7

Selection-criteria exclusion tags ignored  A-8

音声サービスのサポート  1-2

Euro-PacketCable  1-2

PacketCable  1-2

PacketCable、ノンセキュア  1-2

オンライン状態

online、online(d)、online(pk)、online(pt) 状態  4-26

トラブルシューティング  4-10

外部ファイル、管理  10-27‐10-31

エクスポート  10-31

削除  10-31

置換  10-30

追加  10-28

表示  10-29

概要

BACC  1-1‐1-3

機能と利点  1-1

サポート対象の技術  1-2

加入者プロビジョニングの例  11-5‐11-7

標準の顧客宅内機器登録  11-5

新しいケーブル モデムと新しいコンピュータ  11-5

既存のケーブル モデムと新しいコンピュータ  11-6

既存のコンピュータの ISP、変更  11-6

無差別モードの顧客宅内機器登録  11-6

新しいケーブル モデムと新しいコンピュータ  11-7

既存のケーブル モデムと新しいコンピュータ  11-7

監査ログ、定義  4

管理者のユーザ インターフェイス  8-1‐8-8

BACC のアーキテクチャ、および~  2-24

アクセス  8-2

スクロール  8-8

ナビゲート  8-5

Configuration メニュー  8-6

Devices メニュー  8-6

Main Menu  8-6

Nodes メニュー  8-7

Servers メニュー  8-6

Users メニュー  8-7

メニュー バー  8-5

ログアウト  8-4

ログイン  8-2

管理者プロビジョニングの例  11-8‐11-11

アカウントの検索  11-8

IP アドレスによる  11-8

MAC アドレスによる  11-8

アカウント番号による  11-8

アカウントの保守  11-9

アカウントの削除  11-11

新しいアカウント、登録  11-9

ケーブル モデム、管理  11-10

コンピュータ、管理  11-10

サービス クラス、管理  11-9

共有秘密情報

DSS(DOCSIS 共有秘密情報)

DHCP、および~  2-9

説明  2-9

リセット  2-10

設定ファイル ユーティリティ、および  12-31

定義  4

クライアントクラス、定義  4

ケーブル モデムの状態、トラブルシューティング  4-10‐4-32

DHCP

init(d)  4-18

init(i)  4-20

reject(pk) と reject(pt)  4-29

TOD 交換

init(t)  4-23

オプション ファイル転送開始

init(o)  4-25

オフライン  4-11

オンライン  4-10

登録

reject (c)  4-32

reject (m)  4-31

レンジング プロセス

init(r1)、init(r2)、および init(rc)  4-16

構成の生成、定義  4

高度な概念(「ツールと高度な概念」を参照)

コード検証証明書階層  5-28

CableLabs コード検証 CA 証明書  5-29

CableLabs コード検証ルート CA 証明書  5-29

CVC の全般的要件  5-28

サービス プロバイダー コード検証証明書  5-31

証明書失効リスト、CVC の  5-31

製造業者コード検証証明書  5-30

顧客宅内装置、定義  4

サーバ、表示  9-21‐9-28

DPE、リスト  9-21

RDU の詳細  9-27

プロビジョニング グループ、リスト  9-26

サービス クラス

SUI の設定サンプル  11-3

管理、管理者プロビジョニングの例  11-9

設定  10-2‐10-6

クラスの削除  10-5

クラスの修正  10-4

クラスの追加  10-3

サービス クラス(「サービス クラス」を参照)

削除可能ログ、定義  4

冗長性、定義  4

冗長ログ、定義  4

証明書失効  5-28

使用例

PacketCable eMTA 上での SNMP クローン作成  C-41

PacketCable eMTA の差分プロビジョニング  C-43

イベントを使用した RDU 接続の監視  C-32

オプティミスティック ロッキング  C-46

加入者の帯域幅、一時的なスロットリング  C-48

加入者のディセーブル化  C-8

加入者のデバイスの登録解除と削除  C-13

既存のモデムの交換  C-24

既存のモデムの修正  C-12

事前プロビジョニング

CableHome Wan-Man  C-49

PacketCable eMTA  C-39

動的設定ファイルを使用した DOCSIS モデム  C-45

無差別モードでの最初のアクティベーション  C-21

モデムおよびセルフプロビジョニングされたコンピュータ  C-10

取得

CableHome Wan-Man のデバイス機能  C-53

ベンダープレフィックスに一致するデバイス  C-37

使用例について  C-1‐C-2

セルフプロビジョニング

CableHome Wan-Man  C-55

NAT を使用した最初のアクティベーション  C-26

固定標準モードでのモデムとコンピュータ  C-3

無差別モードでの最初のアクティベーション  C-16

追加

NAT を持つモデムの背後への新しいコンピュータ  C-29

固定標準モードでの新しいコンピュータ  C-6

無差別モードでの 2 台目のコンピュータ  C-25

デバイスの詳細情報の取得  C-34

デフォルトのサービス クラスを使用した検索  C-35

ファイアウォール設定を持つ CableHome  C-51

別の DHCP スコープへのデバイスの移動  C-30

無差別モードでの 100 個のモデムの一括プロビジョニング  C-19

リース予約の使用例  C-58

BACC が CCM を使用しないときに送信済みバッチが失敗する  C-65

BACC が CCM を使用するときに送信済みバッチが失敗する  C-65

BACC からのデバイスの削除  C-64

新しいデバイスに対する古いデバイスの IP アドレスの割り当て  C-61

サービス プロバイダーの IP アドレスを使用したデバイスのオンライン化  C-58

同一の IP アドレスを使用したデバイスのリブート  C-63

予約の削除と新しい IP アドレスの割り当て  C-62

予約の削除と再作成  C-60

リース予約の影響を受ける API コール  C-58

ロギング

イベントを使用したデバイス削除  C-31

イベントを使用したバッチ完了  C-33

静的設定ファイル、定義  5

セキュリティ アソシエーション状態、および DOCSIS 設定  4-7

設定のワークフローとチェックリスト  3-1‐3-14

技術のワークフロー  3-7‐3-14

CableHome プロビジョニング(ノンセキュア)  3-14

DOCSIS のチェックリスト  3-7

PacketCable のチェックリスト  3-8‐3-14

コンポーネントのワークフロー  3-2‐3-6

DPE のチェックリスト  3-3‐3-4

Network Registrar のチェックリスト  3-6

RDU のチェックリスト  3-2

Solaris DPE のチェックリスト  3-4‐3-5

設定ファイル、定義  5

設定ファイル ユーティリティ、使用方法  12-25‐12-38

PacketCable BASIC フロー、有効化  12-38

外部テンプレート ファイルの解析  12-29

実行  12-25

使用方法  12-27

テンプレート ファイルの解析と共有秘密情報の追加  12-31

バイナリ ファイル、外部、表示  12-37

バイナリ ファイル、テンプレート ファイルへの変換  12-27

バイナリ ファイル、ローカル、表示  12-36

バイナリ ファイルの出力、指定  12-35

マクロ変数、CLI での指定  12-32

マクロ変数、デバイスの指定  12-33

ローカル テンプレート ファイルの解析  12-28

設定ファイル状態、および DOCSIS 設定  4-8

選択タグ、定義  5

対象読者、このマニュアルの  xv

タプル、定義  5

注意

意味  xvii

項目

BACC DHCP のオプション設定  3-6

BACC_HOME/kdc ディレクトリ  2-16

cnr_ep.properties ファイル  B-1

DOCSISModem サービス クラス、追加  10-4

DSS、複数、単一のプロビジョニング グループ内  2-9

KDC 証明書、欠落  2-16

kerb auth nomTimeout、maxTimeout、および maxRetries  B-2

MAC アドレスによるデバイスのトラブルシューティング  12-55

uBR7246 デバイスとデバッグ コマンド  4-7, 4-19

カスタム プロパティ、削除  10-7

サンプル ユーザ インターフェイス  2-24, 11-1

ディスク容量の要件の数値  7-4

テンプレート ファイル、削除  10-31

評価ライセンス キーを使用したネットワーク展開  10-32

ツールと高度な概念  12-1‐12-55

disk_monitor.sh ツール  12-54

Keygen tool  12-47‐12-48

MAC アドレスによるデバイスのトラブルシューティング  12-55

NRProperties.sh ツール  12-45‐12-46

PKCert.sh ツール  12-42‐12-44

KDC 証明書、検証  12-44

KDC 証明書、作成  12-43

実行  12-42

RDU ログ レベル ツール  12-39‐12-41

現在のログ レベル、表示  12-41

使用方法  12-39

設定  12-40

snmpAgentCfgUtil.sh コマンド  12-49

SNMP エージェント、開始  12-51

SNMP エージェント コミュニティ、削除  12-51

SNMP エージェント コミュニティ、追加  12-50

SNMP エージェント、停止  12-51

SNMP エージェントの設定、リスト  12-53

SNMP エージェントの場所、変更  12-52

SNMP 通知タイプ、指定  12-53

SNMP の連絡先、新規設定  12-52

SNMP リスニング ポート、指定  12-52

ホスト、削除  12-50

ホスト、追加  12-49

設定ファイル ユーティリティ  12-25‐12-38

PacketCable BASIC フロー、有効化  12-38

外部テンプレート ファイルの解析  12-29

実行  12-25

使用方法  12-27

バイナリ ファイル、外部、表示  12-37

バイナリ ファイル、テンプレート ファイルへの変換  12-27

バイナリ ファイル、ローカル、表示  12-36

バイナリ ファイルの出力、指定  12-35

マクロ変数、CLI での指定  12-32

マクロ変数、デバイスの指定  12-33

ローカル テンプレート ファイルの解析  12-28

テンプレート ファイル、作成  12-2‐12-23

DOCSIS オプションのサポート  12-12

PacketCable オプションのサポート  12-23

SNMP Varbind  12-6

定義済みオプションの符号化タイプ  12-9

文法  12-2

マクロ変数  12-7

ノンセキュア CableHome オプションのサポート  12-23‐12-24

ディスク領域、監視  12-54

データベースの管理  7-1‐7-8

RDU データベースの移行  7-8

障害復元力について  7-1

ディスク容量の要件  7-4

対処方法  7-4

~に関する注意  7-4

場所、変更  7-8

バックアップと回復  7-5‐7-7

回復  7-6

バックアップ  7-5

復元  7-7

ファイル  7-2‐7-3

DB_VERSION  7-3

自動ログ管理  7-3

ストレージ  7-2

トランザクション ログ  7-2

履歴ログ  7-3

デバイス管理  9-5‐9-17

Manage Devices ページ  9-5

コントロール  9-6

削除、デバイス  9-15

説明  9-14

デバイス構成、再生成  9-16

デバイスの関連付けと関連付け解除  9-16

デバイスの検索  9-8

デバイスの修正  9-15

デバイスの詳細、表示  9-9

デバイスの追加  9-14

デバイスの登録解除  9-17

デバイスのリセット  9-17

テンプレート ファイル、作成  12-2‐12-23

DOCSIS オプションのサポート  12-12

PacketCable オプションのサポート  12-23

SNMP Varbind  12-6

CableHome MIB  12-7

DOCSIS MIB  12-6

PacketCable MIB  12-7

定義済みオプションの符号化タイプ  12-9

BITS 値の構文  12-11

OCTETSTRING の構文  12-11

テンプレート ファイルの定義  5

文法  12-2

インクルード ファイル  12-3

インスタンスの修飾子  12-5

オプション  12-4

コメント  12-3

マクロ変数  12-7

動作状態、および DOCSIS 設定  4-9

動的設定ファイル、定義  5

登録状態、および DOCSIS 設定  4-8

トラブルシューティング

DOCSIS ネットワーク  4-5

PacketCable 音声設定のシナリオ  5-13‐5-16

PacketCable 音声設定のツール  5-12

Ethereal、SnifferPro など  5-12

ログ  5-12

PacketCable の eMTA プロビジョニング  5-8‐5-11

基本変数  5-10

コンポーネント  5-8

アラート メッセージ  A-1‐A-5

RDU のアラート  A-2

Solaris DPE のアラート  A-3

エージェントのアラート  A-4

メッセージ形式  A-1

ケーブル モデムの状態  4-10‐4-32

DHCP

init(d)  4-18

init(i)  4-20

reject(pk) と reject(pt)  4-29

TOD 交換

init(t)  4-23

オプション ファイル転送開始

init(o)  4-25

オフライン  4-11

オンライン  4-10

登録

reject (c)  4-32

reject (m)  4-31

レンジング プロセス

init(r1)、init(r2)、および init(rc)  4-16

デバイス、MAC アドレスによる  12-55

ネットワーク オペレータ、定義  5

ネットワーク タイム プロトコル、定義  5

ネットワーク管理者、定義  5

ノード、管理  9-18‐9-20

Nodes メニューについて  8-7

削除  9-20

修正  9-20

詳細の表示  9-20

説明  9-19

追加  9-19

ノード タイプ  9-18

削除  9-19

修正  9-19

追加  9-18

ノードに対するノード タイプの関連付けと関連付け解除  9-20

バックアップと回復、データベース  7-5‐7-7

パブリッシング、定義  5

表記法、このマニュアルの  xvii

プライバシー状態の確立、および DOCSIS 設定  4-8

プロビジョニング API、定義  6

プロビジョニング グループ

説明  2-11

定義  6

リスト  8-6

プロビジョニング データ、パブリッシング  10-36‐10-37

データストアの変更  10-36

プラグイン設定、変更  10-37

マニュアル  xviii

この製品に関連する~  xviii

構成  xvi

対象読者  xv

使用されている表記法  xvii

マルチプル サービス オペレータ、定義  6

ユーザ、管理  9-2‐9-4

削除  9-4

修正  9-3

追加  9-2

ライセンス キー、管理  10-32‐10-33

ライセンスの修正  10-33

ライセンスの追加  10-33

領域、定義  6

領域名、定義  6

ロギング

BACC のアーキテクチャ、および~  2-22‐2-24

DPE のログ  2-22

dpe.log ファイル、表示  2-24

RDU のログ  2-22

ログ レベル、設定  2-23

ログのレベルおよび構造  2-22

アクティブ ログ、定義  3

削除可能ログ、定義  4

冗長ログ、定義  4

ログイン、BACC への  8-2