Cisco Broadband Access Center アドミニストレータ ガイド Release 4.0
索引
Index
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

Index

A

adminui.properties ファイル  11-1

AIC Echo、イネーブル化  6-22

API の使用例

「使用例」を参照

audit.log  10-5

B

BAC  14-2

BAC の設定

DHCP 基準  13-15

基準の削除  13-16

基準の修正  13-16

基準の追加  13-15

DNS サーバの SRV レコード  7-29

FQDN、自動生成  13-32

形式  13-32

検証  13-33

プロパティ  13-33

例  13-33

IPv6 サポート  6-13

BAC のリース クエリー  6-20

BAC をリレー エージェントとして使用するリース クエリー  6-20

イネーブル化  6-13

ワークフロー  3-4, 3-5, 6-19

RDU、DPE 上での SNMPv3 クローニング  7-30

鍵関連情報  7-30

鍵生成  7-30

RDU 装置拡張、管理  13-27

新しいクラス、作成  13-28

カスタム拡張ポイント、インストール  13-29

表示  13-29

カスタム プロパティ  13-6

「プロパティ階層」も参照

サービス クラス  13-2

クラスの追加  13-2

削除  13-5

修正  13-3

デフォルト  13-7

CableHome WAN  13-7

DOCSIS  13-8

Network Registrar 拡張  13-9

PacketCable  13-11

RDU  13-12

STB  13-14

コンピュータ  13-8

システム  13-12

ファイル、管理  13-18

静的ファイルとテンプレート ファイルの比較  4-6

ファイルのエクスポート  13-22

ファイルの削除  13-22

ファイルの置換  13-21

ファイルの追加  13-19

ファイルの表示  13-20

プロビジョニング データ、パブリッシング  13-30

データストアの変更  13-30

プラグイン設定、変更  13-30

ライセンス、管理  13-23

ライセンス キー、管理

ライセンスの削除  13-25

ライセンスの修正  13-25

ライセンスの追加  13-25

backupDb.sh tool  15-5

bundleState.sh  16-11

C

CableHome

オプションのサポート  B-21

設定  8-1

DPE  8-5

Network Registrar  8-4

RDU  8-4

WAN のデフォルト  13-7

プロビジョニング

説明  1-3

フロー(図と表)  8-1

プロビジョニング、ノンセキュア

チェックリスト  3-11

CableHome の設定

DPE  8-5

Network Registrar  8-4

RDU  8-4

プロビジョニング フロー  8-1

CableLabs コード検証証明書階層

CA 証明書  16-31

サービス プロバイダー証明書  16-33

証明書失効リスト  16-33

製造業者証明書  16-32

要件  16-30

ルート CA 証明書  16-31

CableLabs 証明書信頼階層  16-20

MTA デバイス  16-22

製造業者証明書  16-23

デバイス証明書  16-23

ルート証明書  16-22

運用上の補助証明書

KDC 証明書  16-27

PacketCable サーバ証明書  16-28

配信機能(DF)証明書  16-28

サービス プロバイダー  16-24

CA 証明書  16-25

CA 証明書、ローカル システム  16-26

ルート証明書  16-25

証明書、検証  16-21

captureConfiguration.sh  16-11

changeNRProperties.sh ツール  14-11

CISCO-BACC-DPE-MIB  10-10

CISCO-BACC-RDU-MIB  10-10

CISCO-BACC-SERVER-MIB  10-10

CISCO-NMS-APPL-HEALTH-MIB  10-10

cos/docsis/file/1.0、1.1、2.0、3.0  6-12

CPE のプロビジョニング

DUID と MAC アドレスの比較  4-5

構成の生成  4-6

静的ファイルとテンプレート ファイルの比較  4-6

説明  4-9

デバイス オブジェクト モデル  4-2

デバイス オブジェクトの関連付け(表)  4-3

デバイス サポート  4-1

デバイスから検出されたデータ  4-4

IPv4(表)  4-4

IPv6(表)  4-5

管理者のユーザ インターフェイスから表示  4-5

プロパティ  6-16

デバイス設定ワークフロー

更新  4-13

初期、事前プロビジョニング  4-10

初期、セルフプロビジョニング  4-10

登録モード

混在  4-9

説明  4-9

標準  4-9

無差別  4-9, 4-14‐4-21

ローミング  4-9

プロパティ階層  4-7

無差別アクセス権  4-14

ワークフロー

構成の更新  4-13

初期設定、事前プロビジョニングされたデバイス  4-10

初期設定、セルフプロビジョニングされたデバイス  4-10

D

Data Over Cable Service Interface Specification

「DOCSIS」を参照

Device Provisioning Engine

「DPE」を参照

DEX API バージョン 1  6-16

DEX API バージョン 2  6-16

DHCP

DUID  4-5

Network Registrar and  16-13

Network Registrar と  2-13

v4 と v6 の比較  2-13

基準のデフォルト、設定  13-15

基準の削除  13-16

基準の修正  13-16

基準の追加  13-15

リース クエリー ポート  6-20

DHCP Unique Identifier

「DUID」を参照

DHCP の動的ポート  6-20

disk_monitor.sh ツール  14-13

DNS

Network Registrar と  2-14

DNS サーバの SRV レコード、設定  7-29

DOCSIS

/cos/docsis/file/1.0、1.1、2.0、3.0  6-12

IPv6

DHCP オプション  6-15

アドレス指定  6-14

イネーブル化  6-13

シングルとデュアル スタック  6-15

設定ワークフロー  6-19

説明  1-2, 6-13

属性とオプション  6-15

プロビジョニング ワークフロー  6-5

リース クエリー  6-19

MIB、動的 DOCSIS テンプレートによる使用  6-9

オプションのサポート  B-2

共有秘密情報  2-11

説明  1-2

デフォルト、設定  13-8

動的設定 TLV  6-10

バージョンのサポート  6-11

バージョンの動的選択  6-11

設定ファイル  6-12

プロビジョニング ワークフロー

DHCPv4  6-2

DHCPv6  6-5

ワークフロー チェックリスト  3-6

DOCSIS 共有秘密情報

「DSS」を参照

DOCSIS の設定

DOCSIS バージョンの動的選択  6-11

DPE TFTP IP 検証  6-10

IPv6 サポート

DHCPv6 オプション  6-15

アドレス指定  6-14

機能と利点  6-13

検出されたデータのプロパティ  6-16

システムでイネーブル化  6-13

シングルとデュアル スタック  6-15

属性とオプション  6-15

リース クエリー  6-19‐6-23

ワークフロー  3-4, 3-5, 6-19

動的設定 TLV  6-10

トラブルシューティング  16-11

バージョンのサポート  6-11

プロビジョニング フロー  6-2

ワークフロー  3-6

DOCSIS バージョンの動的選択

設定ファイル  6-12

説明  6-11

DPE

DOCSIS 共有秘密情報の設定  2-11

DSS

説明  2-11

リセット  2-11

RDU との同期  2-8

SNMP エージェント  10-10

SNMPv3 クローニング、設定  7-30

鍵関連情報  7-30

鍵生成  7-30

TACACS+、および DPE 認証  2-7

クライアント設定  2-8

特権レベル  2-8

TFTP サーバおよび  6-10

ToD サーバ  2-11

アラート  A-3

サーバ、詳細の表示  12-23

サーバの状態  2-8

詳細の表示  12-23

設定

CableHome  8-5

SNMPv3 クローニング  7-30

説明  2-6

ライセンス キー  2-7

ログ ファイル

説明  10-8

表示  10-8, 11-2, 12-25

ワークフロー チェックリスト

IPv4  3-3

IPv6  3-4

dpe.log  10-8

DSS

説明  2-11

リセット  2-11

DUID

MAC アドレスとの比較  4-5

自動 FQDN 生成  13-32

説明  4-5

デバイスのトラブルシューティング  16-3

E

embedded Service/Application Functional Entities

「eSAFE」を参照

eSAFE  4-1

Ethereal、トラブルシューティング  16-16

F

FQDN、自動生成

形式  13-32

検証  13-33

説明  13-32

プロパティ  13-33

例  13-33

G

GUI

「管理者のユーザ インターフェイス」を参照

K

KDC

BAC のアーキテクチャ、および  2-14

サービス キーの検証  14-10

証明書  7-9

検証  14-4

作成  14-3

証明書、PKCert.sh ツールによる管理

PKCert ツールの実行  14-3

検証  14-4

作成  14-3

デバッグ出力のログ レベルの設定 14-5

デフォルト プロパティ  7-7

複数レルムのサポート

設定  7-11

説明  7-10

ディレクトリ構造(表)  7-11

テンプレート、オーサリング  7-26

ライセンス  7-9

KeyGen ツール

サービス キーの検証  14-10

使用方法  14-9

L

L2VPN

オプションのサポート  B-2

仕様  6-1

テンプレートの例  5-6

M

MAC アドレス、デバイスのトラブルシューティング  16-3

MIB

CableHome、および SNMP VarBind  5-8

DOCSIS、および SNMP VarBind  5-7

Euro PacketCable、および PacketCable の設定  7-34

PacketCable、および SNMP VarBind  5-8

SNMP エージェント、および MIB のサポート  10-10

TLV 38、および MIB のサポート  7-32

ベンダー固有、追加  5-12

N

Network Registrar

API バージョン  6-16

CableHome の設定  8-4

DHCP  2-13

DNS

SRV レコード、設定  7-29

説明  2-14

アーキテクチャ  2-13

拡張ポイント、詳細の表示  12-27

拡張ポイントのアラート  A-6

辞書  6-15

応答  6-15

環境  6-15

通知  6-15

要求  6-15

詳細の表示  12-27

説明  2-13

DHCP  2-13

DNS  2-14

属性  6-16

デフォルト、設定  13-9

ログ ファイル  10-9

ワークフロー チェックリスト

DHCPv4 用  3-4

DHCPv6 用  3-5

Network Registrar の設定

DHCPv4 ワークフロー  3-4

DHCPv6 ワークフロー  3-4

DNS サーバの SRV レコード  7-29

および CableHome  8-4

デフォルト  13-9

Network Registrar のデフォルト、設定  13-9

Network Registrar のログ  10-9

NRProperties.sh ツール、使用方法  14-11

O

organizationally unique identifier

「OUI」を参照

OUI  5-5

テンプレート(例)  5-5

P

PacketCable

BAC プロパティ、DHCP オプションへのマッピング

Option 122  C-2

Option 177  C-3

説明  C-1

Basic  1-2

SNMP v2C の通知  7-32

TLV 38 および MIB のサポート  7-32

チェックリスト  3-9

プロビジョニング ワークフロー  7-31

eMTA プロビジョニング、トラブルシューティング

コンポーネント  16-12

主要な変数  16-14

Euro PacketCable

MIB、設定  7-34

説明  7-33

チェックリスト  3-8

KeyGen ツール、使用方法  14-9

MTA、SNMPv3 クローニング、および

鍵関連情報  7-30

鍵生成  7-30

PKCert.sh ツール、使用方法  14-3

Secure  1-2

チェックリスト  3-7

プロビジョニング ワークフロー  7-2

オプションのサポート  B-20

サービス キー、生成  14-9

証明書信頼階層  16-20

CableLabs サービス プロバイダー  16-24

MTA デバイス証明書  16-23

MTA デバイス証明書階層  16-22

検証  16-21

コード検証  16-30

失効  16-30

説明  1-2

デバイスの詳細、表示  12-9

デフォルト、設定  13-11

トラブルシューティング

シナリオ  16-16

ツール  16-16

ログ  16-15

ワークフロー チェックリスト  3-7

Basic PacketCable  3-9

Euro PacketCable  3-8

Secure PacketCable  3-7

PacketCable での eMTA プロビジョニング、トラブルシューティング

コンポーネント

DHCP サーバ  16-13

DNS サーバ  16-13

KDC  16-13

PacketCable プロビジョニング サーバ  16-13

組み込み型 MTA  16-12

コール管理サーバ  16-14

主要な変数

MTA 設定ファイル  16-15

証明書  16-14

スコープ選択タグ  16-15

PacketCable の設定  7-1

eMTA プロビジョニングのトラブルシューティング

関係するコンポーネント  16-12

シナリオ  16-16

主要な変数  16-14

ツール  16-15

Euro PacketCable

MIB、設定  7-33

説明  7-33

FQDN、自動生成  13-32

PacketCable Basic

説明  1-2

プロビジョニング フロー  7-31

PacketCable Secure

KDC、複数レルムの設定  7-10

KDC プロパティ  7-7

説明  7-2

プロビジョニング フロー  7-2

サービス キー、KeyGen ツールによる生成  14-9

自動 FQDN 生成  13-32

証明書信頼階層  16-33

証明書信頼階層、証明書失効  16-30

デフォルト  13-11

PacketCable プロビジョニングのトラブルシューティング  16-12

コンポーネント

DHCP サーバ  16-13

DNS サーバ  16-13

eMTA  16-12

KDC  16-13

コール管理サーバ  16-14

サーバ  16-13

主要な変数

MTA 設定ファイル  16-15

証明書  16-14

スコープ選択タグ  16-15

PKCert.sh ツール、使用方法  14-3

KDC 証明書

検証  14-4

作成  14-3

実行  14-3

デバッグのログ レベルの設定  14-5

R

RDU

設定、および CableHome

MIB  10-10

runCfgUtil.sh、実行  5-24

SNMP エージェント  10-10

SNMPv3 クローニング、設定  7-30

鍵関連情報  7-30

鍵生成  7-30

アラート メッセージ  A-2

拡張、管理

新しいクラス、作成  13-28

カスタム拡張ポイント、インストール  13-29

表示  13-29

構成、生成  2-3

サーバの詳細、表示  12-31

サービス レベル、選択  2-4

詳細、表示  12-31

設定、および CableHome

WAN-Data  8-4

WAN-MAN  8-4

設定ファイル ユーティリティ、実行  5-24

説明  2-3

データベース、移行  15-10

データベースの移行  15-10

デバイス構成、生成  2-3

デフォルト、設定  13-12

テンプレート  5-2

ログ ファイル  10-4

audit.log  10-5

rdu.log  10-4

setLogLevel.sh ツール、使用  10-5

troubleshooting.log  16-3

デフォルトのログ レベル  10-5

表示  10-4, 11-2, 12-31

ログ レベル ツール、使用  10-5

現在のログ レベル、表示  10-7

設定  10-6

ワークフロー チェックリスト  3-2

RDU の設定

CableHome

WAN-Data  8-4

WAN-MAN  8-4

デフォルト  13-12

ワークフロー チェックリスト(表)  3-2

rdu.log  10-4

recoverDb.sh ツール  15-6

restoreDb.sh ツール  15-7

RNG-200 eSTB  1-4, 4-1

runCfgUtil.sh script、実行  5-24

S

setLogLevel.sh ツール  10-6

SnifferPro、トラブルシューティング  16-16

SNMP

RDU 上でのクローニング、DPE

PacketCable eMTA(使用例)  D-44

設定  7-30

snmpAgentCfgUtil.sh ツール  10-11

SNMP 通知タイプ、指定  10-15

SNMP の連絡先、新規設定  10-15

SNMP リスニング ポート、指定  10-14

開始  10-13

コミュニティ、削除  10-13

コミュニティ、追加  10-12

設定、リスト  10-15

停止  10-14

場所、変更  10-14

ホスト、削除  10-12

ホスト、追加  10-11

TLV

MIB を使用しない、追加  5-11

ベンダー固有の MIB を使用した、追加  5-12

v3 クローニング、RDU、DPE 上での設定

鍵関連情報  7-30

鍵生成  7-30

エージェント

BAC のアーキテクチャ、および  9-5, 10-10

MIB サポート  10-10

開始  10-13

設定  10-11

停止  10-14

SNMP エージェント

「SNMP」を参照

snmpAgentCfgUtil.sh

エージェント コミュニティの削除  10-13

エージェント コミュニティの追加  10-12

エージェント ポートの設定  10-14

エージェントの設定の表示  10-15

エージェントの場所の変更  10-14

通知タイプの指定  10-15

ホストの追加  10-11

連絡先の設定  10-15

startDiagnostics.sh  16-6

statusDiagnostics.sh  16-6

STB

RNG-200  1-4, 4-1

デフォルトの設定  13-14

stopDiagnostics.sh  16-6

syslog アラート

「アラート メッセージ」を参照

T

troubleshooting.log  16-3

U

uBr、定義  4

V

verifyDb.sh tool  15-6

W

WAN-Data デフォルト、構成  13-7

WAN-MAN デフォルト、設定  13-7

アーキテクチャ  2-1

DPE  2-6

DOCSIS 共有秘密情報  2-11

RDU との同期  2-8

TACACS+ 認証  2-7

TFTP サーバ  2-10, 6-10

ToD サーバ  2-11

サーバの状態  2-9

ライセンシング  2-7

KDC  2-14

KDC のデフォルト プロパティ  7-7

証明書  2-14, 7-9

複数レルムのサポート  7-10

ライセンス  2-14, 7-9

MIB  10-10

Network Registrar  2-13

DHCP  2-13

DNS  2-14

RDU  2-3

構成の生成  2-3

サービス レベル、選択  2-4

SNMP エージェント  9-5, 10-10

管理者のユーザ インターフェイス  2-15, 9-4

登録モード

混在  4-9

標準  4-9

無差別  4-9

ローミング  4-9

  4-9

プロセス ウォッチドッグ  9-2

プロビジョニング グループ

機能  2-17

静的、動的プロビジョニング  2-16

説明  2-16

ロギング  2-17, 10-2

重大度のレベル、設定  10-3

重大度のレベル(表)  10-2

ログ ファイル  10-4, 10-8, 10-9, 16-3

ログ ファイル、循環  10-4

ログのレベルおよび構造  10-2

アラート メッセージ  A-1

内容

DPE  A-3

Network Registrar 拡張  A-6

RDU  A-2

プロセス ウォッチドッグ  A-5

メッセージ形式  A-1

移行、RDU データベース  15-10

インクルード ファイル  5-3

ウォッチドッグのアラート  A-5

エージェント、SNMP

MIB サポート  10-10

snmpAgentCfgUtil.sh ツール、使用  10-11

使用するサーバの監視  10-10

説明  10-10

オプションのサポート

CableHome  B-21

DOCSIS  B-2

PacketCable  B-20

音声テクノロジー

「PacketCable」を参照  1-2

外部ファイル、管理  13-18

エクスポート  13-22

削除  13-22

置換  13-21

追加  13-19

表示  13-20

概要

機能と利点  1-4

サポート対象のテクノロジー  1-2

製品  1-1

拡張、RDU  13-27

拡張ポイント

「Network Registrar」を参照

カスタム プロパティ

設定  13-6

説明  4-8

無差別モードのデバイス  4-21

管理者のユーザ インターフェイス

DHCP 基準、管理

削除  13-16

修正  13-16

説明  13-15

追加  13-15

RDU 拡張、管理  13-27

新しいクラスの作成  13-28

カスタム ポイントのインストール  13-29

必要なポイント(表)  13-27

表示  13-29

アイコンについて  11-6

インターフェイスの起動、停止  11-1

カスタム プロパティ、設定  13-6

「プロパティ階層」も参照

検索結果、設定  12-9

検出されたデータ、表示  12-10

「検出されたデータ」も参照

サーバ、監視

DPE  12-23

Network Registrar 拡張  12-27

RDU  12-31

統計情報  10-17

プロビジョニング グループ  12-29

サービス クラス

削除  13-5

修正  13-3

説明  4-3, 13-2

追加  13-2

設定、インターフェイス  11-1

説明  2-15, 9-4

デバイス、管理

関連付けと関連付け解除  12-17

検索  12-5

構成の再生成  12-16

詳細の表示  12-10

説明  12-5

リセット  12-18

レコードの削除  12-15

レコードの修正  12-15

レコードの追加  12-14

デフォルト、構成

CableHome WAN-Data  13-7

デフォルト、設定

CableHome WAN-Data  13-7

CableHome WAN-MAN  13-7

DOCSIS  13-8

Network Registrar  13-9

PacketCable  13-11

RDU  13-12

STB  13-14

コンピュータ  13-8

システム  13-12

説明  13-7

ノード、管理

削除  12-22

修正  12-21

詳細の表示  12-22

追加  12-20

ノードでのデバイスの検索  12-21

ノード タイプ、管理

削除  12-20

修正  12-19

追加  12-19

ノードへの関連付けおよび関連付け解除  12-22

ファイル、管理  13-18

エクスポート  13-22

削除  13-22

置換  13-21

追加  13-19

表示  13-20

プロビジョニング データ、パブリッシング  13-30

プラグイン設定の修正  13-30

プラグインのイネーブル化  13-30

プラグインのディセーブル化  13-30

ユーザ、管理

削除  12-4

修正  12-4

説明  12-2

追加  12-3

ライセンス、管理  13-23

削除  13-25

修正  13-25

追加  13-25

ログアウト、インターフェイス  11-6

ログイン、インターフェイス  11-3

管理者のユーザ インターフェイスのアイコン  11-6

機能、概要  1-4

共有秘密情報

DSS(DOCSIS Shared Secret)

DPE  2-11

説明  2-11

リセット  2-11

設定ファイル ユーティリティおよび  5-30

検出されたデータ  4-4

IPv4 デバイスから(表)  4-4

IPv6 デバイスから(表)  4-5

プロパティ  6-16

BAC 4.0 以前(表)  6-16

BAC 4.0 内、DHCPv4(表)  6-17

BAC 4.0 内、DHCPv6(表)  6-18

高度な概念

「ツールと高度な概念」を参照

コード検証証明書階層、PacketCable  16-30

CA 証明書  16-31

コード検証証明書の要件  16-30

サービス プロバイダー証明書  16-33

製造業者証明書  16-32

ルート CA 証明書  16-31

コード検証証明書の要件  16-30

コンピュータのデフォルト、設定  13-8

サーバ、監視とトラブルシューティング  16-6

bundleState.sh  16-11

startDiagnostics.sh  16-6

対話モード  16-7

非対話モード  16-8

statusDiagnostics.sh  16-9

stopDiagnostics.sh

対話モード  16-10

非対話モード  16-10

サーバ、表示  12-23

DPE  12-23

Network Registrar 拡張  12-27

RDU  12-31

プロビジョニング グループ  12-29

「サーバ」も参照、監視とトラブルシューティング

サーバ状態のバンドル  16-11

サービス キー、PacketCable  14-9

サービス クラス

「サービス クラス」を参照

サービス クラス、管理

概要  4-3

設定  13-2

クラスの削除  13-5

クラスの修正  13-3

クラスの追加  13-2

サポート対象の RFC  1-3

サポート対象の標準  1-3

システム デフォルト、設定  13-12

自動 FQDN 生成  13-32

証明書信頼階層、PacketCable  16-20

MTA  16-22

製造業者証明書  16-23

デバイス証明書  16-23

ルート証明書  16-22

サービス プロバイダー  16-24

CA 証明書  16-25

CA 証明書、ローカル システム  16-26

ルート証明書  16-25

証明書の検証  16-21

補助証明書

KDC  16-27

PacketCable サーバ  16-28

配信機能  16-28

使用例

API クライアントの作成  D-1

CableHome WAN-MAN の機能の取得  D-58

PacketCable eMTA 上での SNMP クローニング  D-44

PacketCable eMTAの差分プロビジョニング  D-46

イベントを使用した RDU 接続の監視  D-34

オプティミスティック ロッキング  D-50

加入者の帯域幅、一時的なスロットリング  D-53

加入者のディセーブル化  D-11

既存のモデムの交換  D-28

既存のモデムの修正  D-16

サービス クラスを使用したデバイスの検索  D-42

事前プロビジョニング

CableHome WAN-MAN  D-54

PacketCable eMTA  D-43

設定ファイルを使用した DOCSIS モデム  D-48

無差別モードでの最初のアクティベーション  D-26

モデムおよびセルフプロビジョニングされたコンピュータ  D-13

説明  D-1

セルフプロビジョニング

CableHome WAN-MAN  D-59

NAT を使用した最初のアクティベーション  D-30

無差別モードでの最初のアクティベーション  D-20

モデム、固定標準モードのコンピュータ  D-6

追加

NAT を持つモデムの背後の新しいコンピュータ  D-31

固定標準モードでの新しいコンピュータ  D-9

無差別モードの 2 台目のコンピュータ  D-29

デバイスの詳細情報の取得  D-35

デフォルトのサービス クラスを使用した検索  D-40

登録解除、加入者のデバイスの削除  D-17

ファイアウォール設定を持つ CableHome  D-56

別の DHCP スコープへのデバイスの移動  D-32

ベンダー プレフィックスを使用したデバイスの検索  D-42

無差別モードでのモデムの一括プロビジョニング  D-24

ロギング

イベントを使用したデバイス削除  D-33

イベントを使用したバッチ完了  D-35

シングル スタック  6-15

診断ツール、使用方法  16-6

bundleState.sh  16-11

startDiagnostics.sh  16-6

対話モード  16-7

非対話モード  16-8

statusDiagnostics.sh  16-9

stopDiagnostics.sh  16-10

対話モード  16-10

非対話モード  16-10

製品の概要  1-1

設定のワークフローとチェックリスト(表)  3-1

技術のワークフロー  3-6

CableHome  3-11

DOCSIS  3-6

PacketCable、Basic  3-9

PacketCable、Secure  3-7

コンポーネントのワークフロー  3-2

DPE チェックリスト、IPv4  3-3

DPE チェックリスト、IPv6  3-4

Network Registrar チェックリスト、DHCPv4  3-4

Network Registrar チェックリスト、DHCPv6  3-5

RDU チェックリスト  3-2

設定ファイル ユーティリティ、使用  5-23, 5-24

DOCSIS バージョンの動的選択、設定  6-12

PacketCable Basic フロー、有効化  5-37

テンプレート処理、テスト

外部テンプレート ファイル  5-29

ローカル テンプレート ファイル  5-28

ローカル テンプレート ファイルと共有秘密情報の追加  5-30

テンプレートの追加  5-25

バイナリ ファイル

外部、表示  5-36

出力、指定  5-34

テンプレート ファイルへの変換  5-26

ローカル、表示  5-35

マクロ変数

CLI から指定  5-32

デバイスの指定  5-33

注意、~に関する

cnr_ep.properties ファイル、プロパティ インスタンスの設定  C-1

DHCP オプション、Network Registrar 内の設定  3-4

DSS、プロビジョニング グループに複数を設定  2-11

KDC 証明書、欠落または未インストール  2-14, 7-9

KDC ライセンス、コピー  7-9

カスタム プロパティ、削除  13-6

サービス クラス、追加

CableHome  13-3

DOCSIS モデム  13-3

PacketCable デバイス  13-3

デバイス ID に基づくデバイスのトラブルシューティング  16-3

テンプレート ファイル、削除  13-22

評価ラインセンス キー、ネットワークでの展開  13-23

ツール  9-6

bprAgent、使用  9-2

changeNRProperties.sh、使用方法  14-11

disk_monitor.sh、使用方法  14-13

KeyGen、使用方法  14-9

PKCert.sh、使用方法  14-3

RDU ログ レベル、使用  10-5

setLogLevel.sh、使用  10-5

snmpAgentCfgUtil.sh、使用  10-11

診断、使用方法  16-6

bundleState.sh  16-11

startDiagnostics.sh  16-6

statusDiagnostics.sh  16-9

stopDiagnostics.sh  16-10

設定ファイル ユーティリティ(runCfgUtil.sh)、使用  5-23

ツールと高度な概念  14-1

disk_monitor.sh ツール  14-13

KeyGen ツール  14-9

NRProperties.sh ツール  14-9

PKCert.sh ツール  14-3

KDC 証明書、検証  14-4

KDC 証明書、作成  14-3

実行  14-3

デバッグのログ レベルの設定  14-5

RDU ログ レベル ツール

現在のログ レベル、表示  10-7

設定  10-6

snmpAgentCfgUtil.sh ツール  10-11

SNMP エージェント、開始  10-13

SNMP エージェント コミュニティ、削除  10-13

SNMP エージェント コミュニティ、追加  10-12

SNMP エージェント、停止  10-14

SNMP エージェントの設定、リスト  10-15

SNMP エージェントの場所、変更  10-14

SNMP 通知タイプ、指定  10-15

SNMP の連絡先、新規設定  10-15

SNMP リスニング ポート、指定  10-14

ホスト、削除  10-12

ホスト、追加  10-11

設定ファイル ユーティリティ  5-23

PacketCable Basic フロー、有効化  5-37

実行  5-24

ツールの使用方法  5-23

テンプレート処理のテスト、外部ファイル  5-29

テンプレート処理のテスト、ローカル ファイル  5-28

テンプレート処理のテスト、ローカル ファイルと共有秘密情報の追加  5-30

バイナリ ファイル、外部、表示  5-36

バイナリ ファイル、テンプレート ファイルへの変換  5-26

バイナリ ファイル、ローカル、表示  5-35

バイナリ ファイルへの出力、指定  5-34

マクロ変数、CLI 経由の指定  5-32

マクロ変数、デバイスの指定  5-33

マルチベンダーをサポートするための TLV 43 の生成  5-39

デバイス ID に基づくデバイスのトラブルシューティング  16-3

設定  16-3

デバイスの表示  16-4

ノードへのデバイスの関連付け  16-4

テンプレート ファイル、作成

OUI 修飾子  5-5

SNMP VarBind  5-7

インクルード  5-3

インスタンス修飾子  5-5

オプション  5-4

オプションのサポート  B-2, B-20, B-21

コメント  5-3

定義オプション、符号化タイプ  5-15

文法(表)  5-2

マクロ変数  5-9

ディスク領域、監視  14-13

データベース

「データベース管理」を参照

データベースの管理

RDU、移行  15-10

障害復元力  15-1

ディスク領域

要件  15-4

容量不足、対処  15-4

場所、変更  15-9

バックアップと回復  15-5

回復  15-6

バックアップ  15-5

復元  15-7

ファイル  15-2

DB_VERSION  15-3

自動ログ管理  15-3

ストレージ  15-2

トランザクション ログ  15-2

履歴ログ  15-3

デバイス ID、トラブルシューティング  16-3

デバイス オブジェクト モデル

概要  4-2

関連付け(図)  4-2

関連付け(表)  4-3

デバイス サポート  1-4

デバイス データ モデル

「デバイス オブジェクト モデル」を参照

デバイス管理  12-5

コントロール  12-9

説明  12-13

デバイス構成、再生成

構成の再生成  12-16

説明  12-16

デバイスの関連付けと関連付け解除  12-17

デバイスの検索  12-5

デバイスの削除  12-15

デバイスの修正  12-15

デバイスの詳細、表示  12-10

デバイスの追加  12-14

デバイスのトラブルシューティング  16-3

デバイスのリセット  12-18

デバイスのプロビジョニング

「CPE のプロビジョニング」を参照

デバイス配備

登録モード  4-9

混在  4-9

標準  4-9

無差別  4-9

ローミング  4-9

無差別アクセス権  4-14

デフォルト、構成

CableHome WAN

WAN-Data  13-7

デフォルト、設定  13-7

CableHome WAN  13-7

WAN-MAN  13-7

DOCSIS  13-8

Network Registrar  13-9

PacketCable  13-11

RDU  13-12

STB  13-14

コンピュータ  13-8

システム  13-12

デュアル スタック  6-15

テンプレート ファイル、作成  5-2

SNMP TLV  5-11

MIB を使用しない、追加  5-11

ベンダー固有の MIB、追加  5-12

SNMP VarBind  5-7

CableHome MIB  5-8

DOCSIS MIB  5-7

PacketCable MIB  5-8

オプションのサポート

CableHome  B-21

DOCSIS  B-2

PacketCable  B-20

定義オプション、符号化タイプ  5-15

BITS 値の構文  5-22

OCTETSTRING の構文  5-22

文法  5-2

OUI 修飾子  5-5

インクルード ファイル  5-3

インスタンス修飾子  5-5

オプション  5-4

コメント  5-3

マクロ変数  5-9

登録モード

混在  4-9

標準  4-9

無差別  4-9

ローミング  4-9

登録のモード  4-9

ドメイン ネーム システム

「DNS」を参照

トラブルシューティング

bundleState.sh、使用方法  16-11

PacketCable 設定用ツール  16-15

PacketCable での eMTA プロビジョニング

コンポーネント  16-12

シナリオ  16-16

主要な変数  16-14

ツール  16-15

ログ  16-15

アラート メッセージ  A-1

DPE のアラート  A-3

RDU のアラート  A-2

ウォッチドッグのアラート  A-5

メッセージ形式  A-1

サーバ状態、サポート用のバンドル  16-11

診断ツール  16-6

bundleState.sh  16-6, 16-11

startDiagnostics.sh  16-6

statusDiagnostics.sh  16-9

stopDiagnostics.sh  16-10

デバイス、デバイス ID の使用方法  16-3

サンプル ログ出力  16-5

診断モードのデバイスの表示  16-4

トラブルシューティングのための設定  16-3

ノードへのデバイスの関連付け  16-4

デバイス診断  16-3

ノードへのデバイスの関連付け  16-4

ノード、管理  12-19

削除  12-22

修正  12-21

詳細、表示  12-22

説明  12-20

追加  12-20

ノード タイプ  12-19

削除  12-20

修正  12-19

追加  12-19

ノード タイプからノードへの関連付けおよび関連付け解除  12-22

バックアップと回復、データベース  15-5

「データベース管理」も参照

プロセス ウォッチドッグ

アラート  A-5

コマンド(表)  9-2

コマンドライン、使用  9-2

説明  9-2

プロパティ階層

概要  4-7

カスタム プロパティ  4-8

テンプレートとの比較  4-7

無差別アクセス権  4-15

プロビジョニング グループ

概念  2-16

機能

説明  2-17

表示  12-24, 12-28, 12-30

詳細、表示  12-29

プロビジョニング データ、パブリッシング  13-30

データストアの変更  13-30

プラグイン設定、変更  13-30

プロビジョニングの使用例、API  D-1

ベンダー固有の MIB、追加  5-12

無差別アクセス権

設定(表)  4-14

設定、プロパティ  4-16

説明  4-14

デバイス構成を生成  4-15

プロパティ階層  4-15

無差別モード  4-9

ユーザ インターフェイス

「管理者のユーザ インターフェイス」を参照

ユーザ、管理  12-2

削除  12-4

修正  12-4

タイプ

管理者  12-2

読み取り/書き込み  12-2

読み取り専用  12-2

追加  12-3

ライセンス、管理  13-23

KDC  7-9

説明  13-23

ライセンスの削除  13-25

ライセンスの修正  13-25

ライセンスの追加  13-25

ライセンス キーのアップグレード  13-24

ライセンスの削除  13-25

リース クエリー  6-19

IPv6 使用例  6-22

自動設定  6-19

イネーブル化とディセーブル化  6-19

説明  6-19

設定  6-20

説明  6-19

送信元 IP アドレス  6-19

デバッグ  6-22

リレー エージェントとしての BAC の設定  6-20

AIC Echo、イネーブル化  6-22

IPv4  6-20

IPv6  6-21

レイヤ 2 バーチャル プライベート ネットワーク

「L2VPN」を参照

ロギング

BAC のアーキテクチャ、および  2-17, 10-2

RDU ログ レベル ツール、使用  10-5

重大度のレベル(表)  10-2

重大度のログ レベル、設定  10-3

ログ ファイル

DPE  10-8

Network Registrar  10-9

RDU  10-4

循環  10-4

トラブルシューティング  16-3

ログ レベル ツール、使用  10-5

ログのレベルおよび構造  10-2

ログ レベル ツール、使用  10-5

設定  10-6

ログ レベルの表示  10-7

ログアウト  11-6

ログイン  11-3