Cisco Broadband Access Center アドミニストレータ ガイド Release 4.0
設定テンプレートの管理
設定テンプレートの管理
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

設定テンプレートの管理

テンプレート ファイル:概要

テンプレート文法

コメント

インクルード

オプション

インスタンス修飾子

OUI 修飾子

SNMP VarBind

DOCSIS MIB

PacketCable MIB

CableHome MIB

マクロ変数

SNMP TLV

MIB を使用しない SNMP TLV の追加

ベンダー固有の MIB を使用した SNMP TLV の追加

定義済みオプションの符号化タイプ

BITS 値の構文

OCTETSTRING の構文

設定ファイル ユーティリティの使用方法

設定ファイル ユーティリティの実行

BAC へのテンプレートの追加

テンプレート ファイルへのバイナリ ファイルの変換

ローカル テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト

外部テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト

ローカル テンプレート ファイルのテンプレート処理のテストと共有秘密情報の追加

コマンドラインでのマクロ変数の指定

マクロ変数のデバイスの指定

バイナリ ファイルへの出力の指定

ローカル バイナリ ファイルの表示

外部バイナリ ファイルの表示

PacketCable Basic フローの有効化

マルチベンダーをサポートするための TLV 43 の生成

設定テンプレートの管理

この章では、Broadband Access Center(BAC)でサポートされる、デバイス構成およびデバイス管理用のテンプレートについて説明します。この章は、次の項で構成されています。

「テンプレート ファイル:概要」

「テンプレート文法」

「SNMP VarBind」

「マクロ変数」

「SNMP TLV」

「定義済みオプションの符号化タイプ」

「設定ファイル ユーティリティの使用方法」

テンプレート ファイル:概要

BAC が使用するテンプレートは、動的 PacketCable、DOCSIS、および CableHome ファイルを配備するときに役立ちます。テンプレートを使用して、読みやすい形式のテンプレート ファイルを作成し、迅速かつ簡単に編集することができます。テンプレートは、有効な PacketCable、DOCSIS、または CableHome ファイルを生成するときに使用する PacketCable、DOCSIS、または CableHome のオプションおよび値を表す ASCII テキスト ファイルです。BAC は .tmpl 拡張子を使用してテンプレート ファイルを識別します。サービス クラスでテンプレート ファイルを参照する前に、管理者のユーザ インターフェイスまたは Application Programming Interface(API; アプリケーション プログラミング インターフェイス)を使用して、ファイルとしてそのテンプレート ファイルを RDU に追加する必要があります。

BAC RDU コンポーネントをインストールするときに、いくつかのサンプル テンプレート ファイルが BPR_HOME/rdu/templates ディレクトリにコピーされます。

テンプレートを作成または編集するために必要なツールは単純なテキスト エディタだけですが、独自のテンプレート ファイルを作成する前に、次の情報を十分に理解しておく必要があります。

BAC プロビジョニングのフロー

DOCSIS 1.0、1.1、2.0、および 3.0 RFI の仕様

DOCSIS レイヤ 2 バーチャル プライベート ネットワークの仕様

PacketCable 1.0、1.1、および 1.5 の仕様

Multimedia Terminal Adapter(MTA; マルチメディア ターミナル アダプタ)デバイスのプロビジョニングの仕様

CableHome 1.0 の仕様

ケーブル デバイス用の SNMP MIB(DOCS-CABLE-DEVICE-MIB など)

テンプレート文法

テンプレートは、次の種類の文で構成されます。

「コメント」

「インクルード」

「オプション」

「インスタンス修飾子」

「OUI 修飾子」

comment 文で、テンプレートに説明を入れることができます。include 文で、他のテンプレートで使用するビルディング ブロック テンプレートを作成できます。オプションを使用して、説明のために PacketCable、DOCSIS、または CableHome の Type Length Value(TLV)を指定します。インスタンス修飾子を使用して、複合オプションを特定の個別 TLV にグループ化できます。OUI 修飾子を使用すると、ベンダー固有の情報を含めることができます。 表5-1 に、利用可能なテンプレート文法のオプションを示します。

 

表5-1 テンプレートの文法

オプション
説明

<comment>

::= #[ascii-string]

<include>

::= include "<filename.tmpl>"

<option-description>

::= option <option-num> [instance <instance-num>] [oui <oui>] <option-value>

<option-num>

::= <unsigned-byte>[.<unsigned-byte>]*

<option-value>

::= <well-defined-value> | <custom-value>

<well-defined-value>

::= <option-value-string>[,<option-value-string>]*

<custom-value>

::= <ascii-value> | <hex-value> | <ip-value> | <snmp-value>

<ascii-value>

::= ascii <ascii-string>

<hex-value>

::= hex <hex-string>

<ip-value>

::= ip <ip-string>

<instance-num>

::= <unsigned integer>

<template>

::= <template-statement>*

<template-statement>

::= <comment> | <include> | <option-description>

<snmp-value>

::= <snmpvar-oid>,<snmpvar-type>,<snmpvar-value>

コメント

コメントは情報のみを提供し、常にシャープ記号(#)から行末までの間に配置されます。例5-1 に、コメントの使用方法の例を示します。

例5-1 コメントの使用方法の例

#
# Template for gold service
#
 
option 3 1 # enabling network access

インクルード

インクルード ファイルを使用すると、似ているが少し異なるテンプレートの階層を構築できます。これは、多くのサービス クラスで共通のオプションを定義する場合に、複数のテンプレートでオプションを重複させる必要がなくなり、とても便利です。

単一のテンプレートで複数の include 文を使用できますが、テンプレートの中での include 文の位置は重要です。インクルード ファイルの内容は、テンプレートの中に include 文が見つかった場所で読み込まれます。インクルードするテンプレートは、使用する前にファイルとして RDU に追加する必要があります。テンプレートは RDU データベースにパス情報がない状態で格納されるため、インクルードするファイルには ../.. などの位置修飾子を含めることができません。例5-2例5-3 は、それぞれ、インクルード オプションの正しい使用方法と誤った使用方法を示しています。

例5-2 include 文の正しい使用方法

# Valid, including common options
include "common_options.tmpl"

例5-3 include 文の誤った使用方法

# Invalid, using location modifier
include "../common_options.tmpl"
 
# Invalid, using incorrect file suffix
include "common_options.common"
 
# Invalid, not using double quotes
include common_options.tmpl

オプション

PacketCable、DOCSIS、および CableHome の設定ファイルは、適切に符号化されたオプション ID と値のペアで構成されます。サポートされるオプションの形式には、定義済みとカスタムの 2 種類があります。

オプションを正しく定義するには、オプション番号と値が必要です。値は、オプション番号の符号化タイプに基づいて符号化されます。

カスタム オプションには、オプション番号、明示的な値の符号化タイプ、および値が必要です。

Option 43 などの複合オプションを使用するときは、インスタンス修飾子を使用して、TLV グループを指定できます。「インスタンス修飾子」を参照してください。

テンプレートで定義済みオプションのいずれかを指定するときは、値の値符号化を指定する必要はありません。定義済み符号化タイプの詳細については、「定義済みオプションの符号化タイプ」および 「DOCSIS オプションのサポート」を参照してください。

カスタム オプション(Option 43 など)を指定するときは、オプションの符号化タイプを指定する必要があります。利用可能な符号化タイプは、次のとおりです。

ASCII:ASCII タイプは、指定された任意の値を NULL ターミネータなしの ASCII 文字列として符号化します。値にスペースを含める場合は、二重引用符で囲む必要があります。

hex:値は有効な 16 進数で、各オクテットに正確に 2 文字入るようにする必要があります。値として 01 を指定した場合は、符号化で正確に 1 オクテットが使用されます。値として 0001 を指定した場合は、符号化で正確に 2 オクテットが使用されます。

IP アドレス:IP アドレス タイプでは、指定された任意の値が 4 オクテットに符号化されます。たとえば、IP アドレス 10.10.10.1 は 0A0A0A01 に符号化されます。

SNMPVarBind:SNMP OID 文字列、タイプ、および値。これらはそれぞれカンマで区切られます。

1 行に複数の値があるオプションでは、カンマを使用して値を区切ります。それぞれの値は別個に扱われるので、場合によっては値の 1 つを二重引用符で囲む必要がありますが、他の値を囲む必要はありません。複数の値を持つオプションの例として、Option 11(SNMP VarBind)があります。詳細については、「SNMP VarBind」を参照してください。

複合オプションを指定するときは、トップ レベル オプション(Option 4.1 を指定するときの Option 4 など)を指定する必要がありません。例5-4例5-5 は、それぞれ option 文の正しい使用方法と誤った使用方法を示しています。

例5-4 option 文の正しい使用方法

# Valid, specifying the number for well known option 3
option 3 1
 
# Valid, specifying the number for option 4 sub-option 1
option 4.1 1
 
# Valid, specifying a vendor option as hex
option 43.200 hex 00000C
 
# Valid, specifying a vendor option as ascii
option 43.201 ascii "enable log"
 
# Valid, specifying a vendor option as IP
option 43.202 ip 10.4.2.1

例5-5 option 文の誤った使用方法

# Invalid, using hex with incorrect hex separator
option 43.200 hex 00.00.0C
 
# Invalid, not using double quotes when needed
option 43.201 ascii enable log
 
# Invalid, not specifying IP address correctly
option 43.202 ip 10-10-10-1
 
# Invalid, specifying the description for option "Network Access Control"
option "Network Access Control" 1
 
# Invalid, specifying top level option
option 4

インスタンス修飾子

インスタンス修飾子は、複合オプションを特定の個別 TLV にグループ化するために使用します。例5-6例5-7 は、それぞれ、個別の TLV を作成する正しい方式と誤った方式を示しています。IOS コマンドを 2 つの個別のコマンドとして解釈するために、IOS DOCSIS モデムをイネーブルにする必要があります。

例5-6 正しい IOS コマンドライン入力

# Valid, each IOS command gets its own TLV
option 43.8 instance 1 00-00-0C
option 43.131 instance 1 ascii "login"
option 43.8 instance 2 00-00-0C
option 43.131 instance 2 ascii "password cable"

例5-7 誤った IOS コマンドライン入力

# Invalid, IOS commands are grouped into one TLV
option 43.8 00-00-0C
option 43.131 ascii "login"
option 43.131 ascii "password cable"
 
# Invalid, using instance on non-compound options
option 3 instance 1 1

) Option 43.8 の符号化タイプは、Organizationally Unique Identifier(OUI)です。例5-4 に示されている例とは異なり、このタイプは 00-00-0C 形式のみ受け入れます。


OUI 修飾子

OUI 修飾子は、Option 43 とそのサブオプションを使用して、マルチベンダーのサポートを強化します。

BAC 4.0 では、単一のテンプレートを使用して、多くのベンダーのさまざまな TLV 43 を指定できます。 例5-8 は、OUI 形式を XX-XX-XX として指定します。

FF-FF-FF:DOCSIS 一般拡張の符号化を指定するベンダー ID を示します。

00-00-0C:シスコ固有のケーブル モデム Option 43 とそのサブオプションを指定するシスコ ベンダー ID を示します。

例5-8 は、L2VPN のアップストリーム トラフィックを分類するためにケーブル モデム設定ファイルを使用する、L2VPN の BAC サポートを示しています。このテンプレートの内容を使用して、次のサブ TLV を生成できます。

OUI=FF-FF-FF を使用する、DOCSIS 一般拡張の符号化の 43.5.1 と 43.5.2.2。

OUI=00-00-0C を使用する、シスコ固有の Option 43 の 43.1。

ただし、DOCSIS の仕様に準拠するために、TLV 43 の最初の サブ TLV として次のいずれかを挿入する必要があります。

一般拡張情報を符号化するために DOSCIS 拡張フィールドを使用する場合は、0xFFFFFF。

シスコ固有の subTLV を生成する場合は、0x00000C。

例5-8 OUI 修飾子の正しい使用方法

# Upstream L2VPN Classifier Example
 
# This example shows how to classify upstream traffic from a specific CPE
# onto an upstream L2VPN service flow, in which other CPE attached to
# the cable modem forward to the non-L2VPN forwarder, as depicted below.
 
# This example also demonstrates that when using the DOCSIS extension
# field (TLV 43) to encode general extension information (GEI), you do
# not need to specify oui=FF-FF-FF. You only need to specify the OUI tag when
# general extension encoding is not used and vendor-specific encoding is used.
 
# Upstream L2VPN Classifier Cable Modem Config File
 
# (43) Per-CM L2VPN Encoding
# GEI (43.8) Vendor ID : 0xFFFFFF for GEI
option 43.8 instance 1 ff-ff-ff
 
# GEI (43.5) for L2VPN Encoding
# GEI (43.5.1) VPNID Subtype
option 43.5.1 instance 1 0234560003
 
# GEI (43.5) for L2VPN Encoding
# GEI (43.5.2) IEEE 802.1Q Format Subtype
# VLAN ID 25
option 43.5.2.2 instance 1 25
 
# Cisco Specific Vendor Option Encodings
# (43.8) Vendor ID : 00-00-0C (Cisco Vendor ID)
option 43.8 instance 2 00-00-0C
 
# Cisco Vendor Specific option (43.1)
# Static Downstream Frequency
# Frequency 402750000
option 43.1 instance 2 oui 00-00-0C 402750000
 
# Cisco Specific Vendor Option Encodings
# (43.8) Vendor ID : 00-00-0C (Cisco Vendor ID)
option 43.8 instance 3 00-00-0C
 
# Cisco Vendor Specific option (43.3)
# Update Boot Monitor Image
# image name (boot_monitor_image.bin)
option 43.3 instance 3 oui 00-00-0C boot_monitor_image.bin
 

例5-9例5-10 は、OUI 修飾子の誤った使用方法を示しています。

例5-9 OUI 修飾子の誤った使用方法

# Invalid, OUI tag needs to be present for each 43 suboption if/when general extension
# encoding is not used and vendor-specific encoding is used.
 
option 43.8 00-00-0C
 
option 43.3 boot_monitor_image.bin

例5-10 OUI 修飾子の誤った使用方法

# Invalid, when both OUI and instance modifier are used in authoring a template, # "instance" modifier needs to occur before "oui" modifier.
 
option 43.8 instance 1 00-00-0C
 
option 43.3 oui 00-00-0C instance 1 boot_monitor_image.bin

SNMP VarBind

DOCSIS Option 11、PacketCable Option 64、または CableHome Option 28 を指定するときは、Object Identifier(OID)を使用する必要があります。OID を含む MIB は、RDU がロードする次の MIB のいずれかに存在する必要があります。オブジェクトを一意に識別するために必要な数の OID を指定する必要があります。OID の名前または番号を使用できます。RDU は、次の MIB を自動的にロードします。

SNMPv2-SMI

SNMPv2-TC

CISCO-SMI

CISCO-TC

SNMPv2-MIB

RFC1213-MIB

IANAifType-MIB

IF-MIB

DOCSIS MIB

これらの DOCSIS MIB は、次の RDU にロードされます。

DOCS-IF-MIB

DOCS-BPI-MIB

CISCO-CABLE-SPECTRUM-MIB

CISCO-DOCS-EXT-MIB

SNMP-FRAMEWORK-MIB

DOCS-CABLE-DEVICE-MIB

DOCS-CABLE-DEVICE-MIB-OBSOLETE

CISCO-CABLE-MODEM-MIB

RDU にロードされる DOCS-CABLE-DEVICE MIB には、2 つのバージョンがあります。

DOCS-CABLE-DEVICE-MIB-OBSOLETE(実験的ブランチ)

DOCS-CABLE-DEVICE-MIB(mib2 ブランチ)

完全修飾された MIB OID(.experimental...)は常に、MIB OID を一意に識別します。

DOCS-CABLE-DEVICE-MIB のうち、完全修飾されていない MIB OID を使用する場合、MIB OID は常に、デフォルトで DOCS-CABLE-DEVICE-MIB に設定されます(DOCS-CABLE-DEVICE-MIB-OBSOLETE には設定されません)。

例5-11例5-12 は、それぞれ、完全修飾された MIB OID と完全修飾されていない MIB OID の使用方法を示しています。

例5-11 完全修飾された MIB OID

# Valid, uniquely identifying an OID
option 11 .experimental.docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevNmAccessTable.docsDevNmAccess
Entry.docsDevNmAccessStatus.1, Integer, 4
 

例5-12 完全修飾されていない MIB OID(デフォルトで DOCS-CABLE-DEVICE-MIB に設定される)

# Valid, NonFully Qualified MIB OID.
option 11 .docsDevNmAccessStatus.1, Integer, 4
 

配備中の DOCSIS CM が DOCS-CABLE-DEVICE-MIB-OBSOLETE を要求しない場合は、常に短縮形の MIB OID を使用できます。

PacketCable MIB

次の PacketCable(北米版)MIB が RDU にロードされます。

CLAB-DEF-MIB

PKTC-MTA-MIB

PKTC-SIG-MIB

PKTC-EVENT-MIB

CableHome MIB

次の CableHome MIB が RDU にロードされます。

CABH-CAP-MIB

CABH-CDP-MIB

CABH-CTP-MIB

CABH-PS-DEV-MIB

CABH-QOS-MIB

CABH-SEC-MIB

次の追加 MIB が必要ですが、BAC 製品の一部ではありません。

CABH-CTP-MIB には RMON2-MIB、TOKEN-RING-RMON-MIB が必要です。

CABH-SEC-MIB には DOCS-BPI2-MIB が必要です。

マクロ変数

マクロ変数はテンプレートで値として指定され、これを使用してデバイス固有のオプション値を指定できます。マクロ変数がテンプレートにあると、プロパティ階層でマクロ変数名が検索され、変数の値が代入されます。変数名はカスタム プロパティで、事前に RDU に定義します。スペースは使用できません。


) マクロ変数のカスタム プロパティを使用する場合は、DataType.STRING を使用する必要があります。


カスタム プロパティを定義すると、次のプロパティ階層で使用できるようになります。

デバイス プロパティ

プロビジョニング グループ プロパティ

サービス クラス プロパティ

DHCP 基準プロパティ

テクノロジー デフォルト(PacketCable、DOCSIS、CableHome など)

システム デフォルト

テンプレート パーサーは、階層の下から上にプロパティを検索し(最初はデバイス、次にサービス クラス)、テンプレート オプション構文に変換します。マクロ変数をサポートする構文は次のとおりです。

${var-name}:この構文は、単純な代入です。変数が見つからない場合、パーサーはエラーを生成します。

${var-name, ignore}:この構文では、変数値がプロパティ階層で見つからなかった場合、テンプレート パーサーはこのオプションを無視します。

${var-name, default-value}:この構文では、変数がプロパティ階層で見つからなかった場合に、デフォルト値が使用されます。

例5-13例5-14 は、それぞれ Option 11 の正しい使用方法と誤った使用方法を示しています。

例5-13 マクロ変数の正しい使用方法

# Valid, using macro variable for max CPE's, straight substitution
option 18 ${MAX_CPES}
 
# Valid, using macro variable for max CPE's, ignore option if variable not found
# option 18 will not be defined in the DOCSIS configuration file if MAX_CPES
# is not found in the properties hierarchy
option 18 ${MAX_CPES, ignore}
 
# Valid, using macro variable for max CPE's with a default value
option 18 ${MAX_CPES, 1}
 
 
# Valid, using macro variable for vendor option
option 43.200 hex ${MACRO_VAR_HEX}
 
# Valid, using macro variable for vendor option
option 43.201 ascii ${MACRO_VAR_ASCII}
 
# Valid, using macro variable for vendor option
option 43.202 ip ${MACRO_VAR_IP}
 
# Valid, using macro variable in double quotes
option 18 "${MAX_CPES}"
 
# Valid, using macro variable within a value
option 43.131 ascii "hostname ${HOSTNAME}"
 
# Valid, using macro variables in multi-valued options
option 11 ${ACCESS_CONTROL_MIB, .mib-2.docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevNmAccessTable.docsDevNmAccessEntry.docsDevNmAccessControl.1}, Integer, ${ACCESS_CONTROL_VAL, 3}
 
# Valid, using macro variable in an include statement
include "${EXTRA_TEMPLATE}"
 
# Valid, using macro variable in an include statement with a default value
include "${EXTRA_TEMPLATE, modem_reset.tmpl}"
 
# Valid, using macro variable in an include statement with a default value
include "${EXTRA_TEMPLATE, modem_reset}.tmpl"
 
# Valid, using macro variable in an include statement with an ignore clause
include "${MY_TEMPLATE, ignore}"

例5-14 マクロ変数の誤った使用方法

# Invalid, using macro variable as the option number
option ${MAX_CPES} 1
 
# Invalid, using macro variable with space in name
option 18 ${MAX CPES}

SNMP TLV

BAC は、Option 11 および 64 を使用して、動的テンプレート ファイルの SNMP TLV をサポートします。次のものが対象です。

DOCSIS:Broadband Access Center for Cable(BACC)バージョン 2.0 以降。

PacketCable:BACC バージョン 2.5 以降。

CableHome:BACC バージョン 2.6 以降。

これらのテンプレート ファイルの SNMP TLV の構文を検証する場合、BAC は SNMP TLV で参照される対応する SNMP OID を含む MIB ファイルを必要とします。テンプレートに、MIB で検出できない SNMP OID を備えた SNMP TLV が含まれている場合、SNMP TLV は構文エラーを生成します。

次の各項では、MIB を使用しない SNMP TLV、またはベンダー固有の MIB を使用した SNMP TLV の追加方法について説明します。

MIB を使用しない SNMP TLV の追加

RDU で MIB をロードしなくても、動的設定ファイル(DOCSIS、PacketCable、CableHome)に SNMP TLV を追加できます。次の方法を使用すると、RDU 設定の拡張から、DOCSISOptionFactory インターフェイスを使用して機能にアクセスできます。

public OptionValue createOptionValue(OptionSyntax syntax, String optionNumStr, String[] optionValueList)
 

上記の方法では、public OptionSyntax.SNMP 列挙値を、OID、Type、Value という値のセットを含む optionValueList と組み合せて使用できます。

RDU 動的設定テンプレートから、次の構文を使用して、RDU MIB に対して検証されていない SNMP TLV を指定します。

option option-number snmp OID, Type, Value

例:

# DOCS-CABLE-DEVICE-MIB:
option 11 snmp .docsDevNmAccessIp.1,IPADDRESS,192.168.1.1
 
# Arris vendor specific SNMP TLV (OID numbers only, mix names/numbers)
option 11 snmp .1.3.6.1.4.1.4115.1.3.1.1.2.3.2.0, INTEGER, 6
option 11 snmp .enterprises.4115.1.3.1.1.2.3.2.0, INTEGER, 6
 
# NOTE: trailing colon required for single octet
option 11 snmp .1.3.6.1.2.1.69.1.2.1.6.3, STRING, 'c0:'
 

表5-2 は、利用可能な SNMP 変数タイプの名前です。

 

表5-2 SNMP 変数タイプ

IETF 標準の SMI データ タイプ
SNMP API の名前

Integer32

INTEGER

Integer(Enumerated)

INTEGER

Unsigned32

UNSIGNED32

Gauge32

GAUGE

Counter32

COUNTER

Counter64

COUNTER64

Timeticks

TIMETICKS

OCTET STRING

STRING

OBJECT IDENTIFIER

OBJID

IpAddress

IPADDRESS

BITS

STRING

たとえば、SMI Integer32 タイプを指定する場合は、Integer32 および INTEGER タイプが利用可能です(大文字と小文字は区別されません)。

OCTET STRING タイプの場合は、OCTET STRING、OCTETSTRING、または STRING タイプがすべて利用可能です。

カスタム SNMP TLV テンプレート オプションを使用して、任意の SNMP TLV(RDU MIB に存在するものを含む)を指定することができます。カスタム SNMP TLV エラー チェックはあまり厳しくないため、誤ったスカラー/テーブルの参照は検出されません(たとえば、OID 名における .0 と .n の区別)。

ベンダー固有の MIB を使用した SNMP TLV の追加

MIB を RDU に追加すると、テンプレートで人間が判読可能な SNMP OID を使用できるようになり、さらに、マクロ変数に SNMP TLV 値を使用できるようになります。

BACC 2.6 以前

使用する SNMP OID に対応する MIB を保持している場合、MIB ファイルを BAC RDU に追加できます。MIB を追加後、新しい MIB で参照される SNMP OID を使用する SNMP TLV が認識されます。

新しい MIB を RDU に追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 新しい MIB ファイルを BPR_HOME/rdu/mibs ディレクトリにコピーします。

ステップ 2 /docsis/mibs/custom/mibList プロパティを次の場所にコピーします。このプロパティ値には、MIB ファイル名のカンマ区切りリストが含まれます。

a. rdu.properties ファイル。このファイルは、RDU と管理者のユーザ インターフェイスが使用します。このファイルは BPR_HOME/rdu/conf ディレクトリにあります。

b. api.properties ファイル。このファイルは設定ファイル ユーティリティ(runCfgUtil.sh ツール)が使用します。


api.properties ファイルは、BAC のインストール処理では作成されません。このファイルは、初めて使用するときに任意のテキスト エディタを使用して手動で作成する必要があります。このファイルは BPR_HOME/rdu/conf ディレクトリに置いてください。

api.properties ファイルには、/docsis/mibs/custom/mibList が含まれます。これは、Arris embedded MTA(eMTA)で使用できる MIB のセット用に設定されます。


ステップ 3 /etc/init.d/bprAgent restart rdu コマンドを使用して、BAC プロセス ウォッチドッグ経由で RDU を再起動します。

次の例では、ARRIS MTA を設定するためにテンプレートで使用する追加の ARRIS MIB について説明しています。

Arris ベンダー固有の SNMP TLV 使用すると仮定します。

option 11 .ppCfgMtaCountryTemplate.0, INTEGER, 9

次の MIB ファイルが利用可能になります。

ARRIS-MIB

ARRIS-CM-CAPABILITY-MIB

ARRIS-CM-DEVICE-MIB

ARRIS-MTA-DEVICE-MIB

PACKETPORT-MIB

MIB ファイルを BPR_HOME/rdu/mibs ディレクトリにコピーし、次のプロパティを api.properties ファイルと rdu.properties ファイルに挿入する必要があります。

/docsis/mibs/custom/mibList=ARRIS-MIB,ARRIS-CM-CAPABILITY-MIB,ARRIS-CM-DEVICE-MIB,ARRIS-MTA-DEVICE-MIB,PACKETPORT-MIB


 

BACC 2.7 以降


) BACC 2.7 以降では、/docsis/mibs/custom/mibList プロパティは、/snmp/mibs/mibList に名前が変更されています。


使用する SNMP OID に対応する MIB を保持している場合、MIB ファイルを BAC RDU に追加できます。MIB を追加後、新しい MIB で参照される SNMP OID を使用する SNMP TLV が認識されます。

新しい MIB を BAC RDU に追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 BAC 管理者のユーザ インターフェイスを起動します。

ステップ 2 ナビゲーション バーで、 Configuration > Defaults をクリックします。

ステップ 3 表示される Configure Defaults ページの左ペインにある System Defaults リンクをクリックします。

ステップ 4 MIB List フィールドの末尾に新しい MIB の内容を貼り付けます。

ステップ 5 Submit をクリックします。


 


) バージョン 2.7 以降では、MIB の解析ツールは強化されています。その結果、以前はエラーなしで解析されていた MIB のバージョンで時々エラーが返されるようになりました。エラーが発生し、新しい MIB を編集することで解決できない場合は、Cisco Technical Assistance Center にお問い合せください。


MIB のロード順のデバッグ

一般に、ベンダーが提供するさまざまな MIB は、MIB 間の依存関係を満たすために特定の順番でロードする必要があります。ただし、多くの場合、ベンダーは正しいロード順を提供しないので、ユーザ自身が正しいロード順を決定する必要があります。この項では、BAC のデバッグ情報を使用して、MIB のロード順の問題を解決する方法について説明します。


) BAC 内の MIB のロード順は、次のプロパティにリストされている MIB の順番で設定されます。

/docsis/mibs/custom/mibList プロパティ(BACC 2.6.x 以前のリリースを使用している場合)。

/snmp/mibs/MibList プロパティ(BACC 2.7.x 以降のリリースを使用している場合)。


 

runCfgUtil.sh ツールを使用して、 api.properties ファイルで指定されているプロパティの正しいロード順を判断できます。runCfgUtil.sh ツールは、 BPR_HOME/rdu/bin ディレクトリにあります。


) この手順では、BACC 2.7.x 以降のリリースで使用する /snmp/mibs/MibList プロパティを参照します。2.6.x 以前のリリースを実行している場合は、 /docsis/mibs/custom/mibList プロパティを使用してください。



ステップ 1 api.properties ファイルを使用して Configure runCfgUtil.sh を設定し、このステップで説明されているのと同様の設定内容を使用します。 api.properties ファイルは、BAC トレースをイネーブルにし、MIB デバッグ情報をユーザ コンソールに送信します。

#
# Enable logging to the console
#
/server/log/1/level=Info
/server/log/1/properties=level
/server/log/1/service=com.cisco.csrc.logging.SystemLogService
/server/log/1/name=Console
#
# Enable trace categories
#
/server/log/trace/rduserver/enable=enabled
#
# The list of MIBs to be added.
#
/snmp/mibs/MibList=arrishdr.mib,arris_cm_capability.mib,arris_mta_device.mib,arris_sip.mib,arris_cm.mib,pp.mib,blp2.mib,dev0.mib,docs_evnt.mib,qos.mib,test.mib,usb.mib,snmpv2_conf.mib,rfc1493.mib,rfc1907.mib,rfc2011.mib,rfc2013.mib,rfc2233.mib,rfc2571.mib,rfc2572.mib,rfc2573.mib,rfc2574.mib,rfc2575.mib,rfc2576.mib,rfc2665.mib,rfc2669.mib,rfc2670.mib,rfc2786.mib,rfc2851.mib,rfc2933.mib,rfc 3083.mib
 

ステップ 2 runCfgUtil.sh をこのように設定し、ツールを実行して、Option 11 または Option 64(SNMP 符号化)を含んでいる任意のテンプレートを符号化します。ツールは、/snmp/mibs/MibList 内で指定されている MIB のロードを試み、MIB のロード エラーとともに完全なデバッグ情報をユーザ コンソールに送信します。

ステップ 3 エラー情報を使用して、MIB の全セットがエラーなしでロードされ、ファイルの符号化が成功するまで、/snmp/mibs/MibList 内で指定されている MIB の順番を変更します。

ステップ 4 正常なロード順を決定したら、使用している BACC のバージョンに基づき、このステップで説明されている手順を実行します。

BACC 2.7 以降

a. 管理者のユーザ インターフェイスから、 Configuration > Defaults をクリックして、System Defaults リンクをクリックします。

b. MIB List フィールドに、ロード順の情報をコピーします。

これで、RDU はベンダー提供の MIB を使用してテンプレートを符号化するように設定されます。


) RDU を再起動する必要はありません。

api.properties ファイルと MIB List フィールドでは、/snmp/mibs/mibList 文字列を使用してください。


BACC 2.6 以前

a. rdu.properties ファイルの /docsis/mibs/custom/mibList プロパティにロード順の情報をコピーします。このファイルは BPR_HOME/rdu/conf ディレクトリにあります。

b. /etc/init.d/bprAgent restart rdu コマンドを使用して、BAC プロセス ウォッチドッグ経由で RDU を再起動します。

これで、RDU はベンダー提供の MIB を使用してテンプレートを符号化するように設定されます。


 

定義済みオプションの符号化タイプ

表5-3 に、定義済み符号化タイプを持つオプションを示します。

 

表5-3 定義済みオプション符号化タイプ

符号化
入力

認可アクション

8 ビット符号なし整数または説明のための文字列。

認可を許可する場合の値は次のとおりです。

0

permit

認可を拒否する場合の値は次のとおりです。

1

deny

0
1
permit
deny

アクセス ビュー コントロール

8 ビット符号なし整数または説明のための文字列。

アクセス ビューの SNMPv3 Access View サブツリーを含める場合の値は次のとおりです。

1

included

アクセス ビューの SNMPv3 Access View サブツリーを除外する場合の値は次のとおりです。

2

excluded

1
2
included
excluded

アクセス ビュー タイプ

8 ビット符号なし整数または説明のための文字列。

読み取り専用アクセスをイネーブルにする場合の値は次のとおりです。

1

read-only

読み取りと書き込みアクセスをイネーブルにする場合の値は次のとおりです。

2

read-write

1
2
Read-only
Read-write

ActInact

8 ビット符号なし整数または説明のための文字列。

TLV をディセーブルにする場合の値は次のとおりです。

0

inactive

TLV をイネーブルにする場合の値は次のとおりです。

0

active

0
1
Inactive
Active

BitFlag8

8 ビット符号なし整数。出力は、値を表す 16 進数の文字列です。

0xFE

BitFlag32

32 ビット符号なし整数。出力は、値を表す 16 進数の文字列です。

0xFFFF0000

ブール値

0 は false、1 は true です。

0
1

Byte16

32 文字の 16 進数文字列で指定される 16 バイト。これは通常、ケーブル モデムと CMTS の MIC オプションを表すために使用されます。0x プレフィックスは使用できません。

なし。

BAC はケーブル モデムと CMTS MIC オプションのハッシュを自動的に計算します。

バイト

一連の 16 進数オクテット。各オクテットは 2 文字にする必要があります。

000102030405060708

CPE アクセス コントロール

8 ビット符号なし整数または説明のための文字列。

デバイス アクセス コントロールをディセーブルにする場合の値は次のとおりです。

0

ディセーブル

デバイス アクセス コントロールをイネーブルにする場合の値は次のとおりです。

1

イネーブル

0
1
Disabled
Enabled

DSC 分類子

8 ビット符号なし整数または DSC 分類子の文字列名。符号なし整数には次のものがあります。

0:DSC 追加分類子

1:DSC 置換分類子

2:DSC 削除分類子

0

EnableDisable

8 ビット符号なし整数または説明のための文字列。

ディゼーブルにする場合の値は次のとおりです。

0

ディセーブル

イネーブルにする場合の値は次のとおりです。

1

イネーブル

0
1
Disabled
Enabled
 

Inet アドレス ピア

1 バイトの InetAddressTypeCode。

1 は IPv4

2 は IPv6

この値の後に IPv4 または IPv6 インターネット アドレスが続きます。

その結果、この長さは IPv4 用が 5 バイト(1+4)、IPv6 用が 17 バイト(1+16)になります。

1,10.112.125.111
 
2,0:0:0:0:0:ffff:8190:3426

IP アドレス

ドット(.)で区切られた 4 つの符号なし整数 8。

10.10.10.1

IPv6 アドレス

IPv6 アドレス x:x:x:x:x:x:x:x を表す文字列。ここで、 x は、アドレスの 8 つの 16 ビット部分を表す 1 ~ 4 桁の 16 進数です。

2001:db8:0:0:8:800:200c:417a

IPv4 または IPv6 アドレス

IPv4 または IPv6 アドレスを表す文字列。

10.112.125.111
 
0:0:0:0:0:ffff:8190:3426

複数の IP アドレス

IP アドレスのカンマ区切りリスト。

10.11.12.13,10.11.12.14

複数の IPv6 アドレス

IPv6 アドレスのカンマ区切りリスト。

2001:db8:0:0:8:800:200c:417a,ff01:0:0:0:0:0:0:101

MAC アドレス

コロン(:)またはダッシュ(-)で区切られた 6 つの 16 進数オクテット。各オクテットは正確に 2 文字にする必要があります。コロンとダッシュを同時に使用することはできません。

00:01:02:03:04:05
 
00-01-02-03-04-05

MAC アドレスとマスク

コロン(:)またはダッシュ(-)で区切られた 12 のオクテット。各オクテットは 2 文字にする必要があります。コロンとダッシュを同時に使用することはできません。最初の 6 つのオクテットは MAC アドレスを表し、残りの 6 つは MAC アドレスのマスクを表します。

00:01:02:03:04:05:06:07:08:09:0A:0B
 
00-01-02-03-04-05-06-07-08-09-0A-0B

NoLV

タイプのみ。値や長さは含みません。

null

NVTASCII

ASCII 文字列。符号化文字列を NULL で終わることはできません。

This is an ASCII string

OID

SNMP OID 文字列。

sysinfo.0

OIDCF

SNMP OID 文字列とカンマで区切られた符号なし整数(0 または 1)。

sysinfo.0,1

OnOff

8 ビット符号なし整数。

TLV をオンにする場合の値は次のとおりです。

0

On

TLV をオフする場合の値は次のとおりです。

1

Off

0
1
On
Off

OUI

コロン(:)またはダッシュ(-)で区切られた 3 つの 16 進数オクテット。各オクテットは 2 文字にする必要があります。

00-00-0C

RFC868 時刻

RFC868 時刻を表す 32 ビット符号なし整数。出力は、 MM/dd/yyyy HH:mm:ss の形式の日付と時刻の文字列です。

0

("12/31/1899 19:00:00" を表します)

4294967295

("02/07/2036 01:28:15" を表します)

サービス フロー

8 ビット符号なし整数またはサービス フローの説明のための文字列。出力は次の内容を示すサービス フローです。

0:予約済み

1:未定義(CMTS の実装に依存)

2:ベスト エフォート

3:非リアルタイム ポーリング サービス

4:リアルタイム ポーリング サービス

5:任意の認可サービス アクティビティ検出

6:任意の認可サービス

0

SNMPVarBind

SNMP OID 文字列、タイプ、値。これらはそれぞれカンマで区切られます。有効な値は次のとおりです。

BITS

Counter

Counter32

Counter64

Gauge

Gauge32

INTEGER

Integer32

IpAddress

OCTETSTRING

OBJECTIDENTIFIER

Opaque

TimeTicks

Unsigned32


) OCTETSTRING は、末尾に NULL を含まない 16 進表記に変換される文字列(オクテット文字列など)または引用符で囲まれた 16 進表記('aa:bb:cc' など)です。


.experimental.docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevNmAccessTable.docsDevNmAccessEntry.docsDevNmAccessStatus.1, INTEGER, 4

SrvChangeAct

0 ~ 3 の範囲に限定された 8 ビット符号なし整数または SrvChangeAct の説明。説明のための文字列の出力は次のとおりです。

0:PHS ルールの追加

1:PHS ルールの設定

2:PHS ルールの削除

3:すべての PHS ルールの削除

0

サブタイプ

1 つまたは 2 つのカンマで区切られた符号なし整数 8。

12
12,14

転送アドレスとマスク

IPv4 の場合、ドット付き表記の 4 つのオクテット IP アドレスと、カンマ(,)で区切られたポート番号。

IPv6 の場合、次のようなドット付き表記または文字列です。

ドット付き表記の有効な IPv6 アドレスと、カンマ(,)で区切られたポート番号。

IPv6 アドレスを表す文字列と、カンマ(,)で区切られたポート番号。たとえば、 x:x:x:x:x:x:x:x ,1234 の場合、 x は、アドレスの 8 つの 16 ビット部分を表す 1 ~ 4 桁の 16 進数です。

IPv4
10.112.125.111,5678
 
IPv6
2001.db8.0.0.8.800.200c.417a,5678
 
2001:db8:0:0:8:800:200c:417a,5678
 

8 ビット符号なし整数

0 ~ 255

14

16 ビット符号なし整数

0 ~ 65535

1244

32 ビット符号なし整数

0 ~ 4294967295

3455335

8 ビット符号なし整数と 16 ビット符号なし整数

カンマで区切られた 1 つの符号なし整数 8 と 1 つの符号なし整数 16。

3,12324

8 ビット符号なし整数のペア

カンマで区切られた 2 つの符号なし整数 8。

1,3

3 ビット バイトの 8 ビット符号なし整数

カンマで区切られた 3 つの符号なし整数 8。

1,2,3

検証

8 ビット符号なし整数

検証をイネーブルにする場合の値は次のとおりです。

0

検証

検証をディゼーブルにする場合の値は次のとおりです。

1

Don't Verify


) Verify TLV の true と false の定義は、DOCSIS 1.1 の仕様(Option 26.11)と一致しています。


 
0 = verify
1 = don’t verify

ZTASCII

ASCII 文字列。符号化文字列は NULL で終わります。

This is an ASCII string

BITS 値の構文

BITS 型を使用する場合は、ラベル(「interval1 interval2 interval3」)または数値による位置(「0 1 2」)を指定する必要があります。ラベル値は 1 ベースで、ビット値は 0 ベースであることに注意してください。

ビット番号を使用する構文の例を示します。

option 11 .pktcSigDevR0Cadence.0,STRING,"0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14"
 

ラベルを使用するカスタマー オクテット文字列(FFFE000000000000)の構文を示します。

option 11 .pktcSigDevR0Cadence.0,STRING,"interval1 interval2 interval3
interval4 interval5 interval6 interval7 interval8 interval9 interval10
interval11 interval12 interval13 interval14 interval15"

OCTETSTRING の構文

OCTETSTRING は、末尾に NULL を含まない 16 進表記に変換される文字列(オクテット文字列など)または一重引用符で囲まれた 16 進表記('aa:bb:cc' など)です。

設定ファイル ユーティリティの使用方法

設定ファイル ユーティリティを使用して、PacketCable 1.0/1.1/1.5、DOCSIS 1.0/1.1/2.0/3.0、および CableHome のテンプレート ファイルと設定ファイルをテスト、検証、および表示できます。これらの作業は、独自の設定ファイルを正常に展開するために重要です。テンプレートの詳細については、「テンプレート ファイル:概要」を参照してください。

設定ファイル ユーティリティは、RDU をインストールしたときにのみ利用可能です。このユーティリティは BPR_HOME/rdu/bin ディレクトリにインストールされます。

符号化するテンプレート ファイルとデコードするバイナリ ファイルの両方が、設定ファイル ユーティリティを起動するディレクトリに存在する必要があります。

この項のすべての例では、RDU が運用中で、次の条件が適用されていることを前提にしています。

BAC アプリケーションは、デフォルトのホームディレクトリ( /opt/CSCObac )にインストールされています。

RDU ログイン名は admin です。

RDU ログイン パスワードは changeme です。


) この項の例では、一部が出力例にとって重要でない場合に、その部分を省略していることがあります。その場合は、例中のサマリーの直前に省略記号(...)を示しています。


この項では、次のトピックについて取り上げます。

「設定ファイル ユーティリティの実行」

「BAC へのテンプレートの追加」

「テンプレート ファイルへのバイナリ ファイルの変換」

「ローカル テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト」

「外部テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト」

「コマンドラインでのマクロ変数の指定」

「マクロ変数のデバイスの指定」

「バイナリ ファイルへの出力の指定」

「ローカル バイナリ ファイルの表示」

「外部バイナリ ファイルの表示」

「PacketCable Basic フローの有効化」

「マルチベンダーをサポートするための TLV 43 の生成」

設定ファイル ユーティリティの実行

次の手順と例で、「設定ファイル ユーティリティを実行する」というフレーズは、指定されたディレクトリから runCfgUtil.sh コマンドを入力することを意味します。設定ファイル ユーティリティを実行するには、 BPR_HOME/rdu/bin ディレクトリから次のコマンドを実行します。

runCfgUtil.sh options

利用可能な options は、次のとおりです。

-c secret :DOCSIS テンプレート ファイルを解析するときの CMTS 共有秘密情報を指定します。デフォルトの共有秘密情報を指定するには、- c cisco と入力します。

-cablehome :入力ファイルが CableHome ポータル サービス設定ファイルであることを示します。 -docsis または -pkt オプションと同時に使用することはできません。

-d :バイナリ入力ファイルをデコードします。 -e オプションと同時に使用することはできません。

-docsis :入力ファイルが DOCSIS 設定ファイルであることを指定します。このデフォルトを -pkt オプションと同時に使用することはできません。

-v version :使用している DOCSIS のバージョンを指定します。たとえば、DOCSIS 1.1 を使用している場合は、 -v 1.1 と入力します。バージョン番号を指定しない場合、コマンドはデフォルトで DOCSIS 2.0 を使用します。BAC がサポートする値は 1.0、1.1、2.0、および 3.0 です。

-e :テンプレート入力ファイルを符号化します。このデフォルトを -d オプションと同時に使用することはできません。

-g :DOCSIS、PacketCable、または CableHome バイナリ ファイルからテンプレート ファイルを生成します。

-h host:port :ホストとポート番号を指定します。デフォルトのポート番号は 49187 です。

-i device-id :テンプレート解析中にマクロ変数を代入するときに使用するデバイスを示します。たとえば、デバイス MAC アドレスが 1,6,00:00:00:00:00:01 の場合は、 -i 1,6,00:00:00:00:00:01 と入力し、デバイス DUID が 00:03:00:01:00:18:68:52:75:c0 の場合は、
-i 00:03:00:01:00:18:68:52:75:c0 と入力します。このオプションを使用するときは、 -u および -p オプションを使用して、それぞれユーザ名とパスワードを指定する必要もあります。 -m オプションと同時に使用することはできません。

-l filename :入力ファイルがローカル ファイル システムにあることを示します。たとえば、入力ファイルの名前が any_file の場合、 -l any_file と入力します。 -r オプションと同時に使用することはできません。

-loc :PacketCable のロケールを na (北アメリカ)または euro (ヨーロッパ)に指定します。デフォルトは na です。MTA が euro-MTA の場合は、ロケールを euro に設定する必要があります。

-m macros :マクロ変数のキーと値のペアを指定します。形式は key=value です。複数のマクロ変数が必要な場合は、key_1=value_1,,key_2=value_2 のように、キーと値のペアを 2 つのカンマで区切ります。 -i オプションと同時に使用することはできません。

-p password :RDU に接続するときに使用するパスワードを指定します。たとえば、パスワードが 123456 の場合は、 -p 123456 と入力します。

-o filename :解析したテンプレート ファイルをバイナリ ファイルとして保存します。たとえば、出力を op_file という名前のファイルに保存するには、 -o op_file と入力します。

-pkt :入力ファイルが PacketCable MTA 設定ファイルであることを示します。 -docsis オプションと同時に使用することはできません。

-r filename :入力ファイルが RDU に追加したリモート ファイルであることを示します。たとえば、ファイル名が file25 の場合は、- r file25 と入力します。このオプションを使用するときは、 -u および -p オプションを使用して、それぞれユーザ名とパスワードを指定する必要もあります。 -l オプションと同時に使用することはできません。

-s :解析されたテンプレートまたはバイナリ ファイルの内容を人間が判読可能な形式で表示します。

-t :PacketCable 符号化タイプを Secure または Basic に指定します(デフォルトは Secure)。

-u username :RDU に接続するときに使用するユーザ名を指定します。たとえば、ユーザ名が admin の場合、 -u admin と入力します。


) 設定ファイル ユーティリティでは、テンプレート ファイルに Option 19(TFTP サーバ タイムスタンプ)と Option 20(TFTP サーバのプロビジョニングされたモデム アドレス)は含まれません。ただし、BAC TFTP 混在では含まれます。また、options 6(CM MIC)および 7(CMTS MIC)はどちらも、符号化されたテンプレート ファイルに自動的に挿入されます。そのため、これらの Message Integrity Check(MIC; メッセージ完全性チェック)を指定する必要はありません。


BAC へのテンプレートの追加

設定ファイル ユーティリティを使用して、BAC テンプレートをテストするには、次の手順に従います。


ステップ 1 「テンプレート ファイル:概要」の説明に従い、テンプレートを作成します。テンプレートに他のテンプレートを含める場合は、参照されるテンプレートすべてが同一のディレクトリにあることを確認します。

ステップ 2 ローカル ファイル システムで設定ファイル ユーティリティを実行します。テンプレートの構文をチェックするか、または CRS と同じ方法で設定ファイル ユーティリティにテンプレートを処理させた後、出力を返すことができます。

テンプレートにマクロ変数が含まれる場合、指定された順番で次の操作を実行します。

a. コマンドラインの代入を使用してテストします。

b. RDU に追加したデバイスを使用してテストします。

ステップ 3 テンプレート(および、そのテンプレートにインクルードするテンプレート)を RDU に追加します。

ステップ 4 設定ファイル ユーティリティを実行して、ファイルを解析します。「外部テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト」を参照してください。

テンプレートにマクロ変数が含まれる場合、指定された順番で次の操作を実行します。

a. コマンドラインの代入を使用してテストします。

b. RDU に追加したデバイスを使用してテストします。

ステップ 5 テストが成功したら、そのテンプレートを使用するサービス クラスを設定します。


 

テンプレート ファイルへのバイナリ ファイルの変換

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、バイナリ設定メモリ ファイルをテンプレート ファイルに変換します。BAC の動的構成生成は、作成されるテンプレートに基づきます。既存のテスト済みバイナリ ファイルをテンプレート ファイルに自動的に変換すると、プロセスの速度が向上し、エラーが発生する可能性は低下します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -g -l binary_file -o template_file

-g :入力バイナリ ファイルからテンプレート ファイルを生成する必要があることを指定します。

-l binary_file :ローカル入力ファイル(パス名を含む)を指定します。すべての場合において、入力バイナリ ファイルの名前には .cm ファイル拡張子が割り当てられます(たとえば、 bronze.cm )。

-o template_file :出力テンプレート ファイル(パス名を含む)を指定します。すべての場合において、出力テンプレート ファイルの名前には .tmpl ファイル拡張子が割り当てられます(たとえば、 test.tmpl )。

バイナリ ファイルをテンプレート ファイルに変換するには、次の手順に従います。


ステップ 1 /opt/CSCObac/rdu/samples/docsis にディレクトリを変更します。

ステップ 2 使用するテンプレート ファイルを選択します。この例では、既存のバイナリ ファイル unprov.cm を使用します。

ステップ 3 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -g -l unprov.cm -o test.tmpl -docsis

-docsis :入力ファイルを DOCSIS 設定ファイルにすることを指定します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
 
################################################################
## Template File Generator
## Generated on Fri Oct 12 16:12:51 EST 2007
################################################################
 
################################################################
## Each generated option will be represented by the following:
## The first line will represent a description of the
## generated option
## The second line will represent the generated option
## The third line will represent the custom version
## of the generated option
################################################################
 
# (3) Network Access Control
Option 3 01
# Option 3 hex 01
 
# (4.1) Class ID
Option 4.1 1
# Option 4.1 hex 01
 
# (4.2) Maximum Downstream Rate
Option 4.2 128000
# Option 4.2 hex 0001F400
 
# (4.3) Maximum Upstream Rate
Option 4.3 64000
# Option 4.3 hex 0000FA00
 
# (4.4) Upstream Channel Priority
Option 4.4 1
# Option 4.4 hex 01
 
# (4.5) Guaranteed Minimum Upstream Channel Data Rate
Option 4.5 0
# Option 4.5 hex 00000000
 
# (4.6) Maximum Upstream Channel Transmit Burst
Option 4.6 1600
# Option 4.6 hex 0640
 
# (4.7) Class-of-Service Privacy Enable
Option 4.7 00
# Option 4.7 hex 00
 
# (11) SNMP MIB Object
Option 11 .iso.org.dod.internet.experimental.docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevNmAccessTable.docsDevNmAccessEntry.docsDevNmAccessStatus.1,INTEGER,createAndGo
# Option 11 hex 3082000F060A2B060103530102010701020104
 
...
 
# (18) Maximum Number of CPEs
Option 18 1
# Option 18 hex 01
 


 

ローカル テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、ローカル ファイル システムに格納されているテンプレート ファイルの処理をテストします。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -pkt -l file

-pkt :入力ファイルが PacketCable MTA ファイルであることを示します。

-l :入力ファイルがローカル ファイル システムにあることを指定します。

file :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

ローカル ファイル システムにあるテンプレート ファイルを解析するには、次の手順に従います。


ステップ 1 /opt/CSCObac/rdu/samples/packet_cable にディレクトリを変更します。

ステップ 2 使用するテンプレート ファイルを選択します。この例では、既存のテンプレート ファイル unprov_packet_cable.tmpl を使用します。これは PacketCable MTA テンプレートであるため、 -pkt オプションを使用します。

ステップ 3 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -pkt -l unprov_packet_cable.tmpl

unprov_packet_cable.tmpl :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
FE0101
254
Telephony Config File Start/End
1
3
0B153013060E 2B06010401A30B0202010101 0700020102
11
SNMP MIB Object
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cableLabs.clabProject.clabProjPacketCable.pktcMtaMib.pktcMtaMibObjects .pktcMtaDevBase. pktcMtaDevEnabled.0,INTEGER,false(2)
...
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of unprov_packet_cable.tmpl was successful.
The file unprov_packet_cable.tmpl was parsed successfully in 434 ms.
The parser initialization time was 92 ms.
The parser parse time was 342 ms.


 

外部テンプレート ファイルのテンプレート処理のテスト

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、外部テンプレート ファイルの処理をテストします。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -docsis -r file -u username -p password

-r :入力ファイルが RDU に追加したファイルであることを示します。

file :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

-u username :RDU に接続するときに使用するユーザ名を指定します。

-p password :RDU に接続するときに使用するパスワードを指定します。

-docsis :ファイルが DOCSIS テンプレートであることを示します。

RDU に追加したテンプレート ファイルを解析するには、次の手順に従います。


ステップ 1 使用するテンプレート ファイルを選択します。この例では、既存のテンプレート ファイル
unprov.tmpl を使用します。DOCSIS テンプレートを使用するため、 -docsis オプションを使用します。

ステップ 2 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -docsis -r unprov.tmpl -u admin -p changeme

unprov.tmpl :入力ファイルを示します。

admin :ユーザ名を示します。

changeme :パスワードを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。


) ここに表示されている結果は説明のためだけのものであり、簡潔にするために省略されています。


 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
030101
3
Network Access Control
On
3
041F
4
Class of Service
 
5
010101
4.1
Class ID
1
8
02040000FA00
4.2
Maximum Downstream Rate
128000 bits/sec
14
03040000FA00
4.3
Maximum Upstream Rate
64000 bits/sec
20
040101
4.4
Upstream Channel Priority
1
...
252
06108506547F
C9152B44DB95
5420843EF6FE
6
CM MIC Configuration Setting
8506547FC9152B44
DB955420843EF6FE
270
0710644B675B
70B7BD3E09AC
210F794A1E8F
7
CMTS MIC Configuration Setting
644B675B70B7BD3E
09AC210F794A1E8F
288
FF
255
End-of-Data Marker
 
289
00
0
PAD
 
290
00
0
PAD
 
291
00
0
PAD
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of unprov.tmpl was successful.
The file unprov.tmpl was parsed successfully in 375 ms.
The parser initialization time was 63 ms.
The parser parse time was 312 ms.


 

ローカル テンプレート ファイルのテンプレート処理のテストと共有秘密情報の追加

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、テンプレート ファイルの処理をテストし、指定する共有秘密情報を追加します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -e -docsis -l file -c secret

-e :符号化オプションを示します。

-docsis :入力ファイルが DOCSIS テンプレート ファイルであることを示します。

-l :入力ファイルがローカル ファイル システムにあることを指定します。

file :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

-c :DOCSIS テンプレート ファイルを解析するときの CMTS 共有秘密情報を指定します。

secret :新しい共有秘密情報を示します。デフォルトの共有秘密情報は cisco です。

ローカルに保存したテンプレート ファイルを解析し、ユーザ固有の共有秘密情報を設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 /opt/CSCObac/rdu/templates にディレクトリを変更します。

ステップ 2 解析するテンプレート ファイルを選択します。この例では、既存のテンプレート ファイル unprov.tmpl を使用します。これは DOCSIS テンプレートであるため、 -docsis オプションを使用します。

ステップ 3 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -e -docsis -l unprov.tmpl -c shared

unprov.tmpl :ローカル ファイル システムの入力ファイルを示します。

shared :新しい共有秘密情報を示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
030100
3
Network Access Control
Off
3
041F
4
Class of Service
 
5
010101
4.1
Class ID
1
8
02040001F400
4.2
Maximum Downstream Rate
128000 bits/sec
14
03040000FA00
4.3
Maximum Upstream Rate
64000 bits/sec
20
040101
4.4
Upstream Channel Priority
1
...
252
06108506547F C9152B44DB95 5420843EF6FE
6
CM MIC Configuration Setting
8506547FC9152B44 DB955420843EF6FE
270
0710644B675B 70B7BD3E09AC 210F794A1E8F
7
CMTS MIC Configuration Setting
644B675B70B7BD3E 09AC210F794A1E8F
 
288
FF
255
End-of-Data Marker
 
289
00
0
PAD
 
290
00
0
PAD
 
291
00
0
PAD
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of unprov.tmpl was successful.
The file unprov.tmpl was parsed successfully in 375 ms.
The parser initialization time was 63 ms.
The parser parse time was 312 ms.


 

コマンドラインでのマクロ変数の指定

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、マクロ変数を指定します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -e -l file -m "macros"

-e :符号化オプションを示します。

-l :入力ファイルがローカル ファイル システムにあることを指定します。

file :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

-m :テンプレートを解析するときに代入するマクロ変数を指定します。

"macros" :目的のマクロを示します。複数のマクロ変数が必要な場合は、各マクロの間に 2 つのカンマを挿入します。

コマンドラインでマクロ変数の値を指定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 /opt/CSCObac/rdu/templates にディレクトリを変更します。

ステップ 2 使用するテンプレート ファイルを選択します。

ステップ 3 テンプレートのマクロ変数を特定します。この例のマクロ変数は、macro1(option 3)と macro11(option 4.2)です。

ステップ 4 マクロ変数の値を特定します。macro1 の値を 1 に設定し、macro11 の値を 64000 に設定します。

ステップ 5 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -e -l macro.tmpl -m "macro1=1,,macro11=64000"

macro.tmpl :入力ファイルを示します。

macro1=1,,macro11=64000 :マクロ変数のキーと値のペアを示します。複数のマクロ変数が必要なため、キーと値のペアの間に 2 つのカンマを挿入して区切ります。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
030101
3
Network Access Control
On
3
041F
4
Class of Service
 
5
010101
4.1
Class ID
1
8
02040000FA00
4.2
Maximum Downstream Rate
64000 bits/sec
14
03040000FA00
4.3
Maximum Upstream Rate
64000 bits/sec
20
040101
4.4
Upstream Channel Priority
1
...
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of macro.tmpl was successful.
The file macro.tmpl was parsed successfully in 854 ms.
The parser initialization time was 76 ms.
The parser parse time was 778 ms.


 

マクロ変数のデバイスの指定

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、マクロ変数のデバイスを指定します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -e -r file -i MAC -u username -p password

-e :符号化オプションを示します。

-r :入力ファイルが RDU に追加したファイルであることを示します。

file :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

-i :マクロ変数を解析するときに使用するデバイスを指定します。

MAC :デバイスの MAC アドレスを示します。

-u username :RDU に接続するときに使用するユーザ名を指定します。

-p password :RDU に接続するときに使用するパスワードを指定します。

マクロ変数の代入に使用するデバイスを指定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 使用するテンプレート ファイルを選択します。この例では、既存のテンプレート ファイル macro.tmpl を使用します。

ステップ 2 テンプレートのマクロ変数を特定します。この例のマクロ変数は、macro1(option 3)と macro11(option 4.2)です。

ステップ 3 使用するデバイスを調べます。この例では、デバイスが RDU に存在し、マクロ変数がプロパティとして設定されているものとします。macro1 の値を 1 に設定し、macro11 の値を 64000 に設定します。

ステップ 4 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -e -r macro.tmpl -i "1,6,00:01:02:03:04:05" -u admin -p changeme

macro.tmpl :入力ファイルを示します。

1,6,00:01:02:03:04:05 :デバイスの MAC アドレスを示します。この MAC アドレスは、例として示す目的でのみ使用しています。

admin :デフォルトのユーザ名を示します。

changeme :デフォルトのパスワードを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
030101
3
Network Access Control
On
3
041F
4
Class of Service
 
5
010101
4.1
Class ID
1
8
02040000FA00
4.2
Maximum Downstream Rate
64000 bits/sec
14
03040000FA00
4.3
Maximum Upstream Rate
64000 bits/sec
20
040101
4.4
Upstream Channel Priority
1
...
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of macro.tmpl was successful.
The file macro.tmpl was parsed successfully in 159 ms.
The parser initialization time was 42 ms.
The parser parse time was 117 ms.


 

バイナリ ファイルへの出力の指定

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、解析するテンプレートの出力をバイナリ ファイルとして指定します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -l input_file -o output_file

-l :入力ファイルがローカル ファイル システムにあることを指定します。

input_file :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

-o :解析するテンプレート ファイルをバイナリ ファイルとして保存することを指定します。

output_file :解析するテンプレート ファイルのバイナリ コンテンツを格納するファイル名を示します。

テンプレートを解析してバイナリ ファイルに出力するように指定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 /opt/CSCObac/rdu/templates にディレクトリを変更します。

ステップ 2 使用するテンプレート ファイルを選択します。

ステップ 3 出力ファイルの名前を指定します。この例では unprov.cm を使用します。

ステップ 4 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -l unprov.tmpl -o unprov.cm

unprov.tmpl :バイナリ ファイルに解析結果を出力する、既存のテンプレート ファイルを示します。

unprov.cm :使用する出力ファイル名を示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of unprov.tmpl was successful.
The file unprov.tmpl was parsed successfully in 595 ms.
The parser initialization time was 262 ms.
The parser parse time was 333 ms.


 

ローカル バイナリ ファイルの表示

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、ローカル システムに格納されているバイナリ ファイルを表示します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -d -l file

-d :このコマンドでバイナリ入力ファイルを表示するためにデコードすることを指定します。

-l :入力ファイルがローカル ファイル システムにあることを示します。

file :表示する既存のバイナリ入力ファイルを示します。

ローカル ファイル システムにあるバイナリ ファイルを表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 /opt/CSCObac/rdu/samples/packet_cable にディレクトリを変更します。

ステップ 2 表示するバイナリ ファイルを選択します。

ステップ 3 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -d -l unprov_packet_cable.bin

unprov_packet_cable.bin :表示する既存のバイナリ入力ファイルを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
 
Warning: Expecting config file of type docsis, but input file is of type pktc1.0. Decoding as pktc1.0
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
FE0101
254
Telephony Config File Start/End
1
3
0B153013060E 2B06010401A30B02020101010700020102
11
SNMP MIB Object
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cableLabs.clabProject.clabProjPacketCable.pktcMtaMib.pktcMtaMibObjects.pktcMtaDevBase.pktcMtaDevEnabled.0,INTEGER,fals e(2)
...

) この例の警告は、デフォルトの入力ファイルが DOCSIS で、この例ではバイナリ
PacketCable ファイルを使用しているために表示されます。-pkt オプションを使用して、入力ファイルを PacketCable ファイルとして指定する場合、警告は表示されません。次に例を示します。
/opt/CSCObac/rdu/bin/# runCfgUtil.sh -d -pkt -l unprov_packet_cable.bin



 

外部バイナリ ファイルの表示

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、外部バイナリ ファイルを表示します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -d -r file -u username -p password

-d :このコマンドでバイナリ入力ファイルを表示するためにデコードすることを指定します。

-r :入力ファイルが RDU に追加したファイルであることを示します。

file :RDU にある既存のバイナリ ファイルを示します。

-u username :RDU に接続するときに使用するユーザ名を指定します。

-p password :RDU に接続するときに使用するパスワードを指定します。

RDU に追加したバイナリ ファイルを表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 表示するバイナリ ファイルを選択します。この例では、既存のバイナリ ファイル unprov.cm を使用し、RDU が localhost:49187 であることを前提にしています。

ステップ 2 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -d -r unprov.cm -u admin -p changeme

unprov.cm :RDU にある既存のバイナリ ファイルを示します。

admin :デフォルトのユーザ名を示します。

changeme :デフォルトのパスワードを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
030100
3
Network Access Control
Off
3
041F
4
Class of Service
 
5
010101
4.1
Class ID
1
8
02040001F400
4.2
Maximum Downstream Rate
128000 bits/sec
14
03040000FA00
4.3
Maximum Upstream Rate
64000 bits/sec
20
040101
4.4
Upstream Channel Priority
1
...
252
06108506547F
C9152B44DB95
5420843EF6FE
6
CM MIC Configuration Setting
8506547FC9152B44
DB955420843EF6FE
270
0710644B675B
70B7BD3E09AC
210F794A1E8F
7
CMTS MIC Configuration Setting
644B675B70B7BD3E
09AC210F794A1E8F
288
FF
255
End-of-Data Marker
 
289
00
0
PAD
 
290
00
0
PAD
 
291
00
0
PAD
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of unprov.tmpl was successful.
The file unprov.tmpl was parsed successfully in 375 ms.
The parser initialization time was 63 ms.
The parser parse time was 312 ms.


 

PacketCable Basic フローの有効化

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、PacketCable Basic フローの完全性ハッシュを生成し、BASIC フローの静的設定ファイルに挿入することをサポートします。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -t { basic | secure } -pkt -r filename -u username -p password

basic :PacketCable Basic フローの完全性ハッシュを計算し、MTA 静的設定ファイルに挿入します。

secure :PacketCable Basic フローの完全性ハッシュを MTA 静的設定ファイルに挿入しません。これはデフォルト設定です。

-r :入力ファイルが RDU に追加したファイルであることを示します。

filename :入力ファイルを示します。

-u username :RDU に接続するときに使用するユーザ名を指定します。

-p password :RDU に接続するときに使用するパスワードを指定します。

-pkt :入力ファイルが PacketCable MTA 設定ファイルであることを示します。

PacketCable Basic フローの完全性ハッシュを生成し、Basic フローの静的設定ファイルに挿入することをサポートするには、次の手順に従います。


ステップ 1 PacketCable Basic フローの完全性ハッシュを挿入する Basic フローの静的設定ファイルを選択します。この例では example_mta_config.tmpl を使用します。

ステップ 2 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -t basic -pkt -r example_mta_config.tmpl -u admin -p changeme

example_mta_config.tmpl :Basic フローの静的設定ファイルを示します。

admin :デフォルトのユーザ名を示します。

changeme :デフォルトのパスワードを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
FE0101
254
Telephony Config File Start/End
1
3
0B153013060E
2B06010401A3
0B0202010101
0700020101
11
SNMP MIB Object
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cableLabs.clabProject.clabProjPacketCable.pktcMtaMib.pktcMtaMibObjects.pktcMtaDevBase.pktcMtaDevEnabled.0,INTEGER,true(1)
26
0B2530230610
2B06010401A3
0B0202020102
01010109040F
434D532E4950
464F4E49582E
434F4D
11
SNMP MIB Object
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.cableLabs.clabProject.clabProjPacketCable.pktcSigMib.pktcSigMibObjects.pktcNcsEndPntConfigObjects.pktcNcsEndPntConfigTable.pktcNcsEndPntConfigEntry.pktcNcsEndPntConfigCallAgentId.9,STRING,CMS.IPFONIX.COM
...
371
FE01FF
254
Telephony Config File Start/End
255
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of example_mta_config.tmpl was successful.
The file example_mta_config.tmpl was parsed successfully in 100 ms.
The parser initialization time was 44 ms.
The parser parse time was 56 ms.

.tmpl 拡張子付きのファイルは、動的設定テンプレートであると見なされます。このテンプレートに対し、テンプレート処理中に Basic ハッシュの計算と挿入が透過的に発生します。その結果、同じテンプレートを Secure モードと Basic モードのプロビジョニングで使用できます。

ただし、ハッシュを挿入する前に、Secure 静的バイナリ設定ファイルを Basic 静的設定ファイルに変換する場合は、次の手順に従います。

a. 次のコマンドを使用して、Secure 静的ファイルをテンプレートに変換します。

# runCfgUtil -l input_static_filename -pkt -g -o output_template_filename

b. 次のコマンドを使用して、Secure 静的テンプレートを Basic 静的設定ファイルに変換します。

# runCfgUtil -t basic -l input_template_name -pkt -o output_Basic_static_filename

このコマンドは、Basic の完全性ハッシュを計算して、Basic 静的設定ファイルに挿入します。


 

マルチベンダーをサポートするための TLV 43 の生成

runCfgUtil.sh コマンドを使用して、マルチベンダーのサポートを提供するために TLV 43 を生成します。

 
シンタックスの説明

runCfgUtil.sh -docsis -r filename -u username -p password

-docsis :入力ファイルが DOCSIS テンプレート ファイルであることを示します。

filename :解析する入力テンプレート ファイルを示します。

-r :入力ファイルが RDU に追加したファイルであることを示します。

-u username :RDU に接続するときに使用するユーザ名を指定します。

-p password :RDU に接続するときに使用するパスワードを指定します。

RDU に追加したテンプレート ファイルを使用して TLV 43 を生成するには、次の手順に従います。


ステップ 1 使用するテンプレート ファイルを選択します。この例では、既存のテンプレート ファイル test.tmpl を使用します。DOCSIS テンプレートを使用するため、 -docsis オプションを使用します。

ステップ 2 次のコマンドを使用して、設定ファイル ユーティリティを実行します。

/opt/CSCObac/rdu/bin# runCfgUtil.sh -docsis -r test.tmpl -u admin -p changeme

test.tmpl :DOCSIS 設定ファイルを示します。

admin :デフォルトのユーザ名を示します。

changeme :デフォルトのパスワードを示します。

ユーティリティを実行すると、次のような結果が表示されます。

 

Broadband Access Center Configuration Utility
Version: 4.0, Revision: 1.26
Off
File Bytes
Option
Description
Value
0
2B14
43
DOCSIS Extension Field
 
2
0803FFFFFF
43.8
Vendor ID
FF-FF-FF
7
050D
43.5
L2VPN Encoding
 
9
010502345600
03
43.5.1
VPNID Subtype
0234560003
16
0204
43.5.2
NSI Encapsulation Subtype
 
18
02020019
43.5.2.2
IEEE 802.1Q Format Subtype
25
22
2B0B
43
DOCSIS Extension Field
 
24
080300000C
43.8
Vendor ID
00-00-0C (CISCO
SYSTEMS, INC.)
29
010418017A30
43.1
Static Downstream Frequency
402750000
35
2B1D
43
DOCSIS Extension Field
 
37
080300000C
43.8
Vendor ID
00-00-0C (CISCO
SYSTEMS, INC.)
42
0316626F6F74
5F6D6F6E6974
6F725F696D61
67652E62696E
43.3
Update Boot Monitor Image
boot_monitor_image.bin
66
061071E79068
3DE8B9950536
8936F4C5312F
6
CM MIC Configuration Setting
71E790683DE8B995
05368936F4C5312F
84
0710DB0EED14
B5B3428D2B15
0DA582B41A54
7
CMTS MIC Configuration Setting
DB0EED14B5B3428D
2B150DA582B41A54
102
FF
255
End-of-Data Marker
 
103
00
0
PAD
 
0 error(s), 0 warning(s) detected. Parsing of test.tmpl was successful.
The file test.tmpl was parsed successfully in 250 ms.
The parser initialization time was 109 ms.
The parser parse time was 141 ms.