Cisco Secure Access Control System 5.2 ユーザ ガイド
ACS を使用した一般的なシナリオ
ACS を使用した一般的なシナリオ
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2011/09/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

ACS を使用した一般的なシナリオ

デバイス管理の概要

セッション管理

コマンド認可

TACACS+ のカスタム サービスおよびアトリビュート

パスワードベースのネットワーク アクセス

パスワードベースのネットワーク アクセスの概要

パスワードベースのネットワーク アクセスの設定フロー

証明書ベースのネットワーク アクセス

証明書ベースのネットワーク アクセスの概要

ACS で証明書を使用する方法

EAP-TLS の場合の証明書ベースのネットワーク アクセス

証明書によるブラウザからの ACS Web インターフェイスの認可

LDAP セキュア認証接続の確認

エージェントレス ネットワーク アクセス

エージェントレス ネットワーク アクセスの概要

ホスト ルックアップ

コール チェックを使用する認証

Service-Type Call Check の処理

PAP/EAP-MD5 認証

エージェントレス ネットワーク アクセスのフロー

内部 ID ストアへのホストの追加

ホスト ルックアップ用の LDAP 外部 ID ストアの設定

ホスト ルックアップ ネットワーク アクセス要求用の ID グループの設定

ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成

ホスト ルックアップ要求用の ID ポリシーの設定

ホスト ルックアップ要求用の認可ポリシーの設定

VPN リモート ネットワーク アクセス

サポートされる認証プロトコル

サポートされる ID ストア

サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ

サポートされる VPN クライアント

VPN リモート アクセス サービスの設定

ACS および Cisco TrustSec

TrustSec 用デバイスの追加

セキュリティ グループの作成

SGACL の作成

NDAC ポリシーの設定

TrustSec 用の EAP-FAST の設定

TrustSec 用のアクセス サービスの作成

エンドポイント アドミッション コントロール ポリシーの作成

出力ポリシーの作成

デフォルト ポリシーの作成

RADIUS プロキシ要求

サポートされるプロトコル

サポートされる RADIUS アトリビュート

RADIUS プロキシ サービスの設定

ACS を使用した一般的なシナリオ

ネットワーク コントロールとは、ネットワークへのアクセスを制御するプロセスのことです。従来は、ネットワークに対するユーザの認証には、ユーザ名とパスワードが使用されていました。近年の急速な技術の進歩により、ユーザ名とパスワードによる従来のネットワーク アクセス管理方式では不十分となっています。

ユーザによるネットワークへのアクセス方法およびユーザのアクセス対象は、大きく変化しています。したがって、ネットワークへのアクセスを制御するには、複雑でダイナミックなポリシーを定義する必要があります。

たとえば、これまでは、ユーザは自分が所属するグループに基づいてネットワークへのアクセスを許可され、特定のアクションの実行を認可されていました。現在では、ユーザが所属するグループに加えて、次のような他の要素も考慮する必要があります。

アクセスが勤務時間内か勤務時間外か

リモート アクセスかどうか

サービスおよびリソースへのアクセスがフル アクセスか制限付きアクセスか

ユーザ以外に、各種のデバイスもネットワークへの接続を試みます。

ユーザやデバイスがネットワーク アクセス サーバ(無線アクセス ポイント、802.1x スイッチ、VPN サーバなど)を介してネットワークに接続する場合は、ACS によってその要求が認証および認可され、接続が確立されます。

認証とは、ネットワークへの接続を試みるユーザまたはデバイスの ID を確認するプロセスのことです。ACS は、クレデンシャルという形式でユーザまたはデバイスの ID 証明を受け取ります。認証には、次のような 2 つの異なる方式があります。

パスワードベースの認証:より単純なユーザ認証方式です。ユーザが入力するのは、ユーザ名とパスワードです。サーバが内部または外部のデータベースでユーザ名とパスワードをチェックし、それらが登録されていれる場合、そのユーザはアクセスを許可されます。アクセスのレベル(認可)は作成済みの規則と条件によって定義されます。

証明書ベースの認証:ACS は、Extensible Authentication Protocol-Transport Level Security(EAP-TLS)を使用した、証明書ベースの認証をサポートします。EAP-TLS では、クライアントによるサーバ認証およびサーバによるクライアント認証に証明書を使用します。

証明書ベースの認証方式は、パスワードベースの認証方式と比べて強力なセキュリティを備えているため、この方式を推奨します。

認可では、ユーザまたはデバイスに許可するアクセスのレベルを決定します。ACS 5.x の規則ベースのポリシー モデルを使用すると、規則の中に複雑な条件を定義できます。ACS は規則(ポリシー)のセットを使用してアクセス要求を評価し、判断を返します。

個別のポリシーからなる順序をアクセス サービスにまとめ、これを使用してアクセス要求を処理します。複数のアクセス サービスを作成して、異なる種類のアクセス要求を処理できます。たとえば、デバイス管理アクセスやネットワーク アクセスなどです。

Cisco Secure Access Control System(ACS)を使用すると、ネットワークのサービスおよびリソース(IP 電話やプリンタなどのデバイスも含む)へのアクセスを一元的に管理できます。ACS 5.2 はポリシーベースのアクセス コントロール システムであり、複雑なポリシー条件を作成できるだけでなく、政府によるさまざまな規制に準拠することもできます。

ネットワークに ACS を展開する場合は、ネットワークへのアクセスを決定する適切な認証方式を選択する必要があります。

この章では、一般的ないくつかのシナリオについてのガイドラインを示します。この章は、次の内容で構成されています。

「デバイス管理の概要」

「パスワードベースのネットワーク アクセス」

「証明書ベースのネットワーク アクセス」

「エージェントレス ネットワーク アクセス」

「VPN リモート ネットワーク アクセス」

「ACS および Cisco TrustSec」

「RADIUS プロキシ要求」

デバイス管理の概要

デバイス管理を使用すると、ネットワーク デバイスに対して実行される管理操作を ACS で制御および監査できます。デバイス管理には次の方法を使用します。

セッション管理:ネットワーク デバイスへのセッション認可要求により、ACS 応答が発生します。この応答には、ネットワーク デバイスにより解釈されるトークンが含まれています。ネットワーク デバイスにより、セッション期間中に実行できるコマンドが制限されます。「セッション管理」を参照してください。

コマンド認可:管理者がネットワーク デバイスに対して操作コマンドを発行すると、その管理者がコマンドの発行を認可されているかどうかを判定する問い合せが ACS に行われます。「コマンド認可」を参照してください。

デバイス管理の結果は、シェル プロファイルまたはコマンド セットにすることができます。

シェル プロファイルでは、セッション認可要求への応答で返されるアトリビュートを選択できます。最も一般的に使用されるアトリビュートは特権レベルです。シェル プロファイルには、シェル アクセス セッションに使用する共通アトリビュートと、その他のタイプのセッションに使用するユーザ定義アトリビュートがあります。

ACS 5.2 では、カスタム TACACS+ 認可サービスおよびアトリビュートを作成できます。次のことを定義できます。

上記アトリビュートの任意の A-V ペア

任意または必須のアトリビュート

同じ名前を持つ複数の A-V ペア(マルチパート アトリビュート)

また、ACS では、タスク固有の事前定義済みシェル アトリビュートがサポートされています。TACACS+ シェル プロファイルを使用すると、シェル認可応答で返されるカスタム アトリビュートを指定できます。「TACACS+ のカスタム サービスおよびアトリビュート」を参照してください。

コマンド セットでは、許可または拒否されるコマンドのセットおよびコマンド引数を定義します。認可を要求するコマンドを受信すると、認可結果に含まれている使用可能なコマンド セット内のコマンドと比較されます。

コマンドがコマンド セットに一致すると、そのコマンドに対応する許可または拒否の設定が取得されます。一致した規則の中で複数の結果が該当する場合は、その結果が統合され、コマンドに対する単一の許可または拒否の結果が返されます。その条件は次のとおりです。

コマンド セット内に明示的な deny-always 設定が存在する場合、コマンドは拒否される。

コマンド セット内に明示的な deny-always 設定が存在せず、すべてのコマンド セットが許可の結果を返す場合、コマンドは許可される。

上記 2 つの条件のどちらにも当てはまらない場合、コマンドは拒否される。

許可および拒否の設定は、デバイス管理規則テーブルで設定します。デバイス管理規則テーブル内では、一致する条件または一致しない条件としてポリシー要素を設定します。この規則テーブルにより、マッチング プロセスを通じて特定の要求条件がデバイス管理結果にマップされます。規則テーブルで処理された結果は、要求の種類に応じてシェル プロファイルまたはコマンド セットとなります。

セッション管理要求にはシェル プロファイル結果が含まれています。この中には、セッションのプロビジョニングで使用されるアトリビュートの値が入っています。コマンド認可要求にはコマンド認可結果が含まれています。この中には、コマンドおよび引数の確認に使用されるコマンド セットのリストが入っています。

このモデルを使用すると、特定のデバイスを管理できるように管理者レベルを設定できます。たとえば、あるユーザに Network Device Administrator のロールを割り当てるとデバイス管理機能にフル アクセスできますが、Read Only Admin の場合は管理機能を実行できません。

セッション管理

次の手順では、管理者がネットワーク デバイスとのセッション(通信する機能)を確立するためのフローについて説明します。

1. 管理者がネットワーク デバイスにアクセスします。

2. ネットワーク デバイスから、RADIUS または TACACS+ のアクセス要求が ACS に送信されます。

3. ACS が ID ストア(外部 LDAP、Active Directory、RSA、RADIUS ID サーバ、または内部 ACS ID ストア)を使用して、管理者のクレデンシャルを確認します。

4. RADIUS 応答または TACACS+ 応答(accept または reject)がネットワーク デバイスに送信されます。accept 応答には管理者の最大特権レベルも含まれており、セッション期間中の管理者のアクセス レベルはこの値によって決定されます。

セッション管理ポリシー(デバイス管理規則テーブル)を設定して通信を許可するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 TACACS+ プロトコルのグローバル設定およびユーザ認証オプションを設定します。「TACACS+ の設定」を参照してください。

ステップ 2 ネットワーク リソースを設定します。「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」を参照してください。

ステップ 3 ユーザおよび ID ストアを設定します。「内部 ID ストアの管理」または「外部 ID ストアの管理」を参照してください。

ステップ 4 必要に応じてシェル プロファイルを設定します。「デバイス管理用のシェル プロファイルの作成、複製、および編集」を参照してください。

ステップ 5 アクセス サービス ポリシーを設定します。「アクセス サービス ポリシーの作成」を参照してください。

ステップ 6 サービス セレクション ポリシーを設定します。「サービス セレクション ポリシーの作成」を参照してください。

ステップ 7 認可ポリシー(規則テーブル)を設定します。「ネットワーク アクセスのセッション認可ポリシーの設定」を参照してください。


 

コマンド認可

ここでは、管理者がネットワーク デバイスにコマンドを発行するためのフローについて説明します。


) このデバイス管理コマンド フローが対応しているのは、TACACS+ プロトコルだけです。


1. 管理者がネットワーク デバイスにコマンドを発行します。

2. ネットワーク デバイスから、アクセス要求が ACS に送信されます。

3. ACS が任意で ID ストア(外部 Lightweight Directory Access Protocol [LDAP]、Active Directory、RADIUS ID サーバ、または内部 ACS ID ストア)を使用して、ポリシー処理に含まれるユーザ アトリビュートを取得します。

4. 応答には、管理者がコマンドの発行を認可されているかどうかが示されています。

コマンド認可ポリシー(デバイス管理規則テーブル)を設定して、管理者がネットワーク デバイスにコマンドを発行できるようにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 TACACS+ プロトコルのグローバル設定およびユーザ認証オプションを設定します。「TACACS+ の設定」を参照してください。

ステップ 2 ネットワーク リソースを設定します。「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」を参照してください。

ステップ 3 ユーザおよび ID ストアを設定します。「内部 ID ストアの管理」または「外部 ID ストアの管理」を参照してください。

ステップ 4 必要に応じてコマンド セットを設定します。「管理デバイス用のコマンド セットの作成、複製、および編集」を参照してください。

ステップ 5 アクセス サービス ポリシーを設定します。「アクセス サービス ポリシーの作成」を参照してください。

ステップ 6 サービス セレクション ポリシーを設定します。「サービス セレクション ポリシーの作成」を参照してください。

ステップ 7 認可ポリシー(規則テーブル)を設定します。「デバイス管理のシェル/コマンド認可ポリシーの設定」を参照してください。


 

関連トピック

「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」

「システム管理者およびアカウントの設定」

「ユーザおよび ID ストアの管理」

「外部 ID ストアの管理」

「ポリシー条件の管理」

「アクセス ポリシーの管理」

TACACS+ のカスタム サービスおよびアトリビュート

ここでは、TACACS+ のカスタム アトリビュートおよびサービスを定義する設定フローについて説明します。


ステップ 1 要求に応じて TACACS+ サービスに移行するためのカスタム TACACS+ 条件を作成します。次の内容を実行します。

a. [Policy Elements] > [Session Conditions] > [Custom] に移動し、[Create] をクリックします。

a. カスタム TACACS+ 条件を作成します。「カスタム セッション条件の作成、複製、および編集」を参照してください。

ステップ 2 TACACS+ シェル プロファイルを結果として使用し、デバイス管理用のアクセス サービスを作成します。「デバイス管理のシェル/コマンド認可ポリシーの設定」を参照してください。

ステップ 3 カスタム TACACS+ アトリビュートを作成します。「デバイス管理用のシェル プロファイルの作成、複製、および編集」を参照してください。


 

パスワードベースのネットワーク アクセス

ここでは、次の内容について説明します。

「パスワードベースのネットワーク アクセスの概要」

「パスワードベースのネットワーク アクセスの設定フロー」

パスワードベースのプロトコルの詳細については、 付録 B「ACS 5.2 での認証」 を参照してください。

パスワードベースのネットワーク アクセスの概要

単純で暗号化されていないユーザ名とパスワードの使用は確実な認証メカニズムではありませんが、インターネット アクセスのように認可レベルまたは特権レベルが低い場合は十分です。

暗号化を使用すると、ネットワーク上でパスワードが不正に取得されるリスクが小さくなります。RADIUS などのクライアント/サーバ アクセス制御プロトコルでは、パスワードを暗号化することにより、ネットワーク内でパスワードが不正に取得される事態を防止します。ただし、RADIUS は AAA クライアントと ACS 間でだけ動作します。認証プロセスにおけるこの時点の前の段階で、認可されていないユーザが暗号化されていないパスワードを入手する可能性があります。たとえば、次のような場合です。

電話回線を介してダイヤルアップ接続を行うエンドユーザ クライアントとの間の通信

ネットワークアクセス サーバで終端する ISDN 回線

エンドユーザ クライアントとホスティング デバイスの間の Telnet セッションを介して行われる通信

ACS はさまざまな認証方式をサポートしており、ACS のサポートする各種 ID ストアに対する認証を行います。認証プロトコルと ID ストアの互換性の詳細については、「認証プロトコルと ID ストアの互換性」を参照してください。

パスワードの処理は、使用するセキュリティ制御プロトコル(RADIUS など)のバージョンと種類、および AAA クライアントとエンドユーザ クライアントの設定に基づいて、上記のパスワード認証プロトコルを使用して行うことができます。

ACS では、異なるセキュリティ レベルを同時に使用して、さまざまな要件に対応できます。基本的なセキュリティ レベルは、Password Authentication Protocol(PAP; パスワード認証プロトコル)によって確保されます。PAP で得られるセキュリティ レベルはごく基本的なレベルですが、クライアントにとってはシンプルで有用なプロトコルです。エンドユーザ クライアントから AAA クライアントに通信するときに MSCHAPv2 を使用すると、パスワードが暗号化されるため、暗号化しない場合よりも高いセキュリティ レベルを確保できます。


) パスワードベースのアクセス(または証明書ベースのアクセス)では、ACS の設定に応じてユーザの認証だけでなく認可も行われます。さらに、NAS によってアカウンティング要求が送信される場合は、ユーザのアカウンティングも行われます。


ACS では、次に示すパスワードベースの認証方式がサポートされています。

プレーンな RADIUS パスワード認証方式

RADIUS-PAP

RADIUS-CHAP

RADIUS-MSCHAPv1

RADIUS-MSCHAPv2

RADIUS EAP ベースのパスワード認証方式

PEAP-MSCHAPv2

PEAP-GTC

EAP-FAST-MSCHAPv2

EAP-FAST-GTC

EAP-MD5

LEAP

認証方式は、次の要素に基づいて選択する必要があります。

ネットワーク アクセス サーバ:無線アクセス ポイント、802.1X 認証スイッチ、VPN サーバなど

クライアント コンピュータおよびソフトウェア:EAP サプリカント、VPN クライアントなど

ユーザの認証に使用する ID ストア:内部または外部(AD、LDAP、RSA トークン サーバ、または RADIUS ID サーバ)

関連トピック

「ACS 5.2 での認証」

「パスワードベースのネットワーク アクセスの設定フロー」

「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」

「アクセス ポリシーの管理」

パスワードベースのネットワーク アクセスの設定フロー

ここでは、パスワードベースのネットワーク アクセスに関してエンドツーエンドのフローについて説明し、実行が必要なタスクを示します。タスクを設定する方法に関する情報は、該当するタスクの章にあります。

パスワードベースのネットワーク アクセスを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ネットワーク デバイスおよび AAA クライアントを設定します。

a. 「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」で、[Authentication Setting] を [RADIUS] に設定します。

a. 共有秘密を入力します。

詳細については、「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」を参照してください。

ステップ 2 ユーザおよび ID ストアを設定します。詳細については、「ユーザおよび ID ストアの管理」を参照してください。

ステップ 3 ポリシー条件および認可プロファイルを定義します。詳細については、「ポリシー要素の管理」を参照してください。

ステップ 4 アクセス サービスを定義します。詳細については、「アクセス サービスの作成、複製、および編集」を参照してください。

a. [Access Service Type] を [Network Access] に設定します。

b. [Allowed Protocols] ページで ACS 対応プロトコルのいずれかを選択し、 表 4-1 の処理カラムの手順を実行します。

ステップ 5 アクセス サービスをサービス セレクション ポリシーに追加します。詳細については、「サービス セレクション規則の作成、複製、および編集」を参照してください。

ステップ 6 作成したサービスに戻り、[Authorization Policy] ページで認可規則を定義します。詳細については、「アクセス サービス ポリシーの設定」を参照してください。


 

 

表 4-1 ネットワーク アクセス認証プロトコル

プロトコル
処理

Process Host Lookup(MAB)

[Allowed Protocols] ページで [Process Host Lookup] を選択します。

RADIUS PAP

[Allowed Protocols] ページで [Allow PAP/ASCII] を選択します。

RADIUS CHAP

[Allowed Protocols] ページで [Allow CHAP] を選択します。

RADIUS MSCHAPv1

[Allowed Protocols] ページで [Allow MS-CHAPv1] を選択します。

RADIUS MSCHAPv2

[Allowed Protocols] ページで [Allow MS-CHAPv2] を選択します。

EAP-MD5

[Allowed Protocols] ページで [Allow EAP-MD5] を選択します。

LEAP

[Allowed Protocols] ページで [Allow LEAP] を選択します。

PEAP

[Allowed Protocols] ページで [PEAP] を選択します。PEAP 内部方式の場合は、[EAP-MSCHAPv2] [EAP-GTC]、またはその両方を選択してください。

EAP-FAST

1. [Allowed Protocols] ページで [Allow EAP-FAST] を選択し、EAP-FAST 設定をイネーブルにします。

2. EAP-FAST 内部方式の場合は、[EAP-MSCHAPv2] [EAP-GTC]、またはその両方を選択してください。

3. [Allow Anonymous In-Band PAC Provisioning] [Allow Authenticated In-Band PAC Provisioning]、またはその両方を選択します。

Windows マシンで Microsoft AD に対する認証を行う場合、およびパスワード変更機能の場合は、次の手順を実行します。

1. [Use PACS] オプション ボタンをクリックします。PAC の詳細については、「PAC について」を参照してください。

2. [Allow Authenticated In-Band PAC Provisioning] をオンにします。

3. [Allow Machine Authentication] をオンにします。

4. [Machine PAC Time to Live] を入力します。

RADIUS、EAP 以外の認証方式(RADIUS/PAP、RADIUS/CHAP、RADIUS/MS-CHAPv1、RADIUS/MSCHAPv2)、および単純な EAP 方式(EAP-MD5 と LEAP)の場合は、 表 4-1 に定義されている [Allowed Protocols] ページのプロトコルだけを設定する必要があります。

一部の複雑な EAP プロトコルでは、次に示す追加設定が必要です。

EAP-TLS の場合は、次の設定も行う必要があります。

EAP-TLS 設定([System Administration] > [Configuration] > [EAP-TLS Settings])。

ローカル サーバ証明書([System Administration] > [Configuration] > [Local Server Certificates] > [Local Certificates])。

CA 証明書([Users and Identity Stores] > [Certificate Authorities])。

PEAP の場合は、次の設定も行う必要があります。

[Allowed Protocols] ページの内部方式。さらに、パスワード変更が許可されるかどうかを指定します。

PEAP 設定([System Administration] > [Configuration] > [PEAP Settings])。

ローカル サーバ証明書([System Administration] > [Configuration] > [Local Server Certificates] > [Local Certificates])。

EAP-FAST の場合は、次の設定も行う必要があります。

[Allowed Protocols] ページの内部方式。さらに、パスワード変更が許可されるかどうかを指定します。

PAC を使用するかどうか。さらに、PAC を使用する場合は In-Band PAC Provisioning を許可する方法を指定します。

EAP-FAST 設定([System Administration] > [Configuration] > [EAP-FAST] > [Settings])。

ローカル サーバ証明書([System Administration] > [Configuration] > [Local Server Certificates] > [Local Certificates]、Authenticated PAC Provisioning がイネーブルの場合にかぎります)。

関連トピック

「ACS 5.2 での認証」

「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」

「アクセス ポリシーの管理」

「アクセス サービスの作成、複製、および編集」

「PAC について」

証明書ベースのネットワーク アクセス

ここでは、次の内容について説明します。

「証明書ベースのネットワーク アクセスの概要」

「ACS で証明書を使用する方法」

「EAP-TLS の場合の証明書ベースのネットワーク アクセス」

証明書ベースのプロトコルの詳細については、 付録 B「ACS 5.2 での認証」 を参照してください。

証明書ベースのネットワーク アクセスの概要

EAP-TLS を使用するには、ACS のコンピュータ証明書をインストールする必要があります。インストールされるコンピュータ証明書は、アクセス クライアントが信頼するルート CA まで証明書チェーンをたどることができる CA によって発行される必要があります。

さらに、ACS でアクセス クライアントのユーザ証明書またはコンピュータ証明書を確認するには、そのアクセス クライアントにユーザ証明書またはコンピュータ証明書を発行したルート CA の証明書をインストールしておく必要があります。

ACS では、EAP-TLS プロトコルを使用する証明書ベースのネットワーク アクセスがサポートされています。このプロトコルでは、クライアントによるサーバ認証およびサーバによるクライアント認証に証明書を使用します。

PEAP、または EAP-FAST の authenticated-provisioning モードなどの他のプロトコルでもクライアントによるサーバ認証に証明書を利用しますが、これらは証明書ベースのネットワーク アクセスとは見なされません。これは、サーバがクライアント認証に証明書を使用しないためです。

ACS 公開キー インフラストラクチャ(PKI)の証明書ベース認証は、X509 証明書 ID に基づいています。証明書によって自分自身を識別するエンティティでは、証明書に格納された公開キーに対応する秘密キーを保持します。

証明書は自己署名することも、別の CA に署名してもらうこともできます。証明書の階層を作成すると、その CA に対する各エンティティの信頼関係を構築できます。信頼できるルート CA とは、他のすべての CA の証明書に署名し、結果として階層内の各証明書に署名するエンティティのことです。

ACS は、自分自身の証明書を使用して ACS 自身を識別します。Certificate Trust List(CTL; 証明書信頼リスト)をサポートしており、接続証明書を認可します。また、チェーン証明書のすべてが提示された場合は、アイデンティティ証明書を認可する複雑な階層もサポートします。

証明書で使用する、複数の RSA キー サイズ(512、1024、2048、または 4096 ビット)をサポートしています。その他のキーサイズを使用することもできます。ACS 5.2 では RSA がサポートされています。Digital Signature Algorithm(DSA; デジタル署名アルゴリズム)はサポートされていませんが、証明書ベース認証に DSA 暗号スイートを使用できる例もあります。

ネットワーク アクセス認証に使用するすべての証明書は、X.509 証明書の要件を満たし、SSL/TLS を使用する接続で動作する必要があります。この最小要件を満たしたうえで、クライアントおよびサーバの証明書には追加の要件があります。

ACS では次の 2 種類の証明書を設定できます。

信頼証明書:CA 証明書とも呼ばれます。CTL 信頼階層を形成し、リモート証明書の確認に使用します。

ローカル証明書:ローカル サーバ証明書とも呼ばれます。クライアントは、ローカル証明書をさまざまなプロトコルとともに使用し、ACS サーバを認証します。この証明書は秘密キーと関連付けて保持され、秘密キーは証明書を所持していることの証明に利用されます。


) 証明書ベースのアクセス(またはパスワードベースのアクセス)では、ACS の設定に応じてユーザの認証だけでなく認可も行われます。さらに、NAS によってアカウンティング要求が送信される場合は、ユーザのアカウンティングも行われます。


関連トピック

「CA 証明書の設定」

「ローカル サーバ証明書の設定」

「ACS で証明書を使用する方法」

EAP-TLS の場合の証明書ベースのネットワーク アクセス

TLS 関連の EAP プロトコルの場合は、ローカル証明書ストアからサーバ証明書をセットアップし、クライアントを認証する信頼証明書リストを設定する必要があります。信頼証明書は、ローカル証明書ストアにある任意の証明書から選択できます。

EAP-TLS を使用するには、信頼証明書を取得してインストールする必要があります。タスクを実行する方法に関する情報は、該当するタスクの章にあります。

始める前に

次を設定してサーバをセットアップします。

EAP-TLS。

ローカル証明書。「ローカル サーバ証明書の設定」を参照してください。

EAP-TLS 用に証明書ベースのネットワーク アクセスを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 信頼証明書リストを設定します。詳細については、「CA 証明書の設定」を参照してください。

ステップ 2 LDAP 外部 ID ストアを設定します。LDAP に格納された証明書に対して証明書を確認するときに、この設定が必要となる場合があります。詳細については、「外部 LDAP ID ストアの作成」を参照してください。

ステップ 3 証明書認証プロファイルをセットアップします。詳細については、「証明書認証プロファイルの設定」を参照してください。

ステップ 4 ポリシー要素を設定します。詳細については、「ポリシー条件の管理」を参照してください。

カスタム条件を作成すると、証明書のアトリビュートをポリシー条件として使用できます。詳細については、「カスタム セッション条件の作成、複製、および編集」を参照してください。

ステップ 5 アクセス サービスを作成します。詳細については、「アクセス サービスの設定」を参照してください。

ステップ 6 [Allowed Protocols] ページで [EAP-TLS] を選択します。

ステップ 7 アクセス サービスの ID ポリシーおよび認可ポリシーを設定します。詳細については、「アクセス サービス ポリシーの設定」を参照してください。


) ID ポリシーの規則を作成した結果、証明書認証プロファイルまたは ID 順序が作成される場合があります。詳細については、「ID ポリシーの表示」を参照してください。


ステップ 8 認可ポリシーを設定します。 「ネットワーク アクセスのセッション認可ポリシーの設定」 を参照してください。

ステップ 9 サービス セレクション ポリシーを設定します。 「サービス セレクション ポリシーの設定」 を参照してください。


 

関連トピック

「ローカル サーバ証明書の設定」

「CA 証明書の設定」

「ACS 5.2 での認証」

「EAP-TLS の概要」

証明書によるブラウザからの ACS Web インターフェイスの認可

ブラウザを使用して ACS に接続する場合は、HTTPS 証明書ベースの認証を使用します。ブラウザから ACS Web インターフェイスを認可するときは、ACS のローカル サーバ証明書が使用されます。ACS ではブラウザ認証がサポートされていません(相互認証はサポートされていません)。

ACS にはデフォルトのローカル サーバ証明書がインストールされているため、ブラウザから ACS に接続できます。デフォルト証明書は自己署名証明書であり、インストール時にこの証明書は変更できません。

関連トピック

「ACS で証明書を使用する方法」

「ローカル サーバ証明書の設定」

LDAP セキュア認証接続の確認

LDAP 外部 ID ストア用にセキュアな外部認証接続を定義するには、CA 証明書を使用して接続を確認します。

証明書を使用して LDAP セキュア認証接続を確認するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 LDAP 外部 ID ストアを設定します。「外部 LDAP ID ストアの作成」を参照してください。

ステップ 2 [LDAP Server Connection] ページで [Use Secure Authentication] をオンにします。

ステップ 3 ドロップダウン メニューから [Root CA] を選択して ACS 用の LDAP 設定を続行します。


 

関連トピック

「ACS で証明書を使用する方法」

「ローカル サーバ証明書の設定」

「外部 ID ストアの管理」

エージェントレス ネットワーク アクセス

ここでは、次の内容について説明します。

「エージェントレス ネットワーク アクセスの概要」

「ホスト ルックアップ」

「エージェントレス ネットワーク アクセスのフロー」

ネットワーク アクセスに使用するプロトコルの詳細については、「ACS 5.2 での認証」を参照してください。

エージェントレス ネットワーク アクセスの概要

エージェントレス ネットワーク アクセスとは、ホスト デバイスに適切なエージェント ソフトウェアがない場合に、ポートベースの認証および認可を実行するメカニズムのことです。

たとえば、802.1x サプリカントのないホスト デバイスやサプリカントがディセーブルにされているホスト デバイスなどです。

ホスト デバイス、およびそのデバイスが接続するスイッチでは、802.1x をイネーブルにする必要があります。802.1x サプリカントのないホストまたはデバイスが、802.1x がイネーブルなポートに接続しようとすると、デフォルト セキュリティ ポリシーの対象となります。

デフォルト セキュリティ ポリシーによって、802.1x 認証が成功してからネットワークへのアクセスを許可する必要があることが通知されます。したがって、デフォルトでは 802.1x 非対応のデバイスは 802.1x で保護されたネットワークにアクセスできません。

802.1x をサポートするデバイスの数は増加していますが、ネットワーク接続が必要なデバイスには、802.1x をサポートしない、またはサポートできないデバイスが常に存在します。このようなデバイスの例としては、ネットワーク プリンタ、バッジ リーダー、およびレガシー サーバなどを挙げることができます。これらのデバイスについては、何らかのプロビジョニングを行う必要があります。

非 802.1x デバイスに対応するために、シスコでは 2 つの機能を提供しています。たとえば、MAC Authentication Bypass(ホスト ルックアップ)および Web 認証を使用したゲスト VLAN アクセスです。

ACS 5.2 では、802.1x サプリカントが存在しない場合にホスト ルックアップ フォールバック メカニズムがサポートされます。ホスト ルックアップが設定されている場合、ポートで 802.1x がタイムアウトしたあとにホスト ルックアップに成功すると、ポートはオープン ステートに移行できます。

関連トピック

「ホスト ルックアップ」

「エージェントレス ネットワーク アクセスのフロー」

ホスト ルックアップ

ACS は、クレデンシャル(パスワードや証明書など)に従って ID を認証できない場合の検証方法として、ホスト ルックアップを使用します。ID の検証には、ID ストアのルックアップを行う必要があります。

ホスト ルックアップを使用する例としては、ネットワーク デバイスが MAC Authentication Bypass(MAB)を要求するように設定されている場合があります。これは、ポートで 802.1x がタイムアウトしたあと、または認証バイパスを実行するようにポートが明示的に設定されている場合に発生します。MAB を適用すると、ホストはネットワーク アクセス デバイスに接続します。

デバイスは適切なソフトウェア エージェントがホストに存在しないことを検出すると、MAC アドレスによってホストを識別する必要があると判断します。 service-type=10 およびホストの MAC アドレスを含む RADIUS 要求を Calling-Station-Id アトリビュートで ACS に送信します(一部のデバイスで、PAP 認証または EAP-MD5 認証を送信して MAB 要求を実行するように設定されている場合があります。このとき、ユーザ名、ユーザ パスワード、および CallingStationID アトリビュートにホストの MAC アドレスが含まれますが、 service-type=10 アトリビュートは含まれません)。

ホスト ルックアップのほとんどの使用例は MAC アドレスの取得ですが、デバイスが個別のパラメータ検証を要求する場合や、MAC アドレスの代わりにこの値が Calling-Station-Id アトリビュートに含まれる場合など、その他のシナリオも考えられます。たとえば、レイヤ 3 での使用例では IP アドレスとなります。

表 4-2 に、ホスト ルックアップの使用例に必要な RADIUS パラメータを示します。

 

表 4-2 ホスト ルックアップの使用例に対する RADIUS アトリビュート

アトリビュート
使用例
PAP
802.1x
EAP-MD5

RADIUS::ServiceType

--

コール チェック(PAP または EAP-MD5 を使用)

--

RADIUS::UserName

MAC アドレス

任意の値(通常は MAC アドレス)

MAC アドレス

RADIUS::UserPassword

MAC アドレス

任意の値(通常は MAC アドレス)

MAC アドレス

RADIUS::CallingStationID

MAC アドレス

MAC アドレス

MAC アドレス

ACS では、次の ID ストアのホスト ルックアップがサポートされています。

内部ホスト

外部 LDAP

内部ユーザ

Active Directory

Active Directory には LDAP API 経由でアクセスできます。

内部ユーザ ID ストアに関連ホストがすでにリストされていて、内部ホスト ID ストアにデータを移動しない場合は、ホスト ルックアップに内部ユーザ ID ストアを使用できます。

ACS が使用するのは MAC 形式(XX-XX-XX-XX-XX-XX)であり、その他の形式に変換することはできません。User-Name アトリビュート(xx:xx:xx:xx:xx:xx など)を使用して内部ユーザ ID ストアを検索するには、[Process Host Lookup] オプションをオフにしておく必要があります。ACS では要求を PAP 要求として処理します。

ホスト ルックアップ設定によって、PAP または EAP-MD5 上での MAC アドレス認証が検出されない場合、認証および認可は通常の PAP または EAP-MD5 のユーザ認証と同様に実行されます。ID ストアには、これらの認証プロトコルをサポートする任意のストアを使用できます。ACS は、RADIUS User-Name アトリビュートで示した MAC アドレス形式を使用します。

関連トピック

「ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成」

「内部 ID ストア ホストの一括操作の表示および実行」

「ユーザおよび ID ストアの管理」

「コール チェックを使用する認証」

コール チェックを使用する認証

Call Check アトリビュートを含むネットワーク アクセス要求をホスト ルックアップ(RADIUS::ServiceType = 10)として識別する場合、ACS は認証ポリシーに従って、設定された ID ストアで Calling-Station-ID アトリビュート(MAC アドレスなど)の値をルックアップし、ホストを認証(確認)および認可します。

ACS は RADIUS メッセージを受信すると、基本的な分析と確認を実行し、Call Check アトリビュート(RADIUS ServiceType(6))の値が 10 に等しいかどうかを確認します。RADIUS ServiceType が 10 に等しい場合は、システム ディクショナリ アトリビュート UseCase をホスト ルックアップの値に設定します。

ACS のパケット処理フローでは、Call Check service-type によるホスト ルックアップの検出はサービス セレクション ポリシーの前に実行されます。サービス セレクション ポリシーでは条件 UseCase equals Host Lookup を使用できます。

RADIUS 要求の処理では、まず RADIUS User-Name アトリビュートが System UserName アトリビュートにコピーされます。RADIUS Service-Type が 10 の場合は、RADIUS Calling-Station-ID アトリビュートが System User-Name アトリビュートにコピーされ、RADIUS User-Name アトリビュートの値が上書きされます。

ACS では、次の 4 つの MAC アドレス形式がサポートされています。

ハイフンで区切られた 6 グループの 2 桁 16 進数字:01-23-45-67-89-AB

コロンで区切られた 6 グループの 2 桁 16 進数字:01:23:45:67:89:AB

ドットで区切られた 3 グループの 4 桁 16 進数字:0123.4567.89AB

区切り文字なしの連続する 12 桁の 16 進数字:0123456789AB

Calling-Station-ID アトリビュートが、サポートされている上記 4 つの MAC アドレス形式のいずれかである場合は、ACS によって XX-XX-XX-XX-XX-XX の形式で User-Name アトリビュートにコピーされます。MAC アドレスが上記 4 つ以外の形式である場合は、ストリングがそのままコピーされます。

Service-Type Call Check の処理

CallingStationID アトリビュート値を System UserName アトリビュート値にコピーしない場合があります。[Process Host Lookup] オプションがオンの場合、ACS は RADIUS User-Name アトリビュートからコピーされた System UserName アトリビュートを使用します。

[Process Host Lookup] オプションがオフの場合は、[HostLookup] フィールドは無視され、元の System UserName アトリビュートの値を使用して認証および認可が行われます。要求の処理は、メッセージ プロトコルに従って続行されます。たとえば、PAP の RADIUS User-Name や User-Password のアトリビュートなどに従います。[Process Host Lookup] オプションの設定については、「ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成」を参照してください。

PAP/EAP-MD5 認証

MAC アドレス認証に PAP または EAP-MD5 を使用するようにデバイスを設定してある場合は、ネットワーク アクセス サービス内で要求をホスト ルックアップ要求として検出するように、ACS を設定できます。デバイスは、User-Name、User-Password、および Calling-Station-ID の各アトリビュートにホストの MAC アドレスを含む要求を送信します。

ホスト ルックアップを検出するように ACS を設定しない場合、アクセス要求は通常の PAP または EAP-MD5 認証要求として処理されます。

[Process HostLookup] フィールドをオンにし、PAP または EAP-MD5 を選択すると、ACS::UseCase アトリビュートに HostLookup 値が設定されます。User-Password アトリビュートは、検出アルゴリズムで無視されます。

ACS は、要求が Call Check アトリビュートを使用している場合と同様に認証プロセスを継続し、その要求をホスト ルックアップ(Service-Type=10)要求として処理します。RADIUS ディクショナリ アトリビュート ACS::UseCase は HostLookup の値に設定されます。

PAP および EAP-MD5 MAC 認証の [Detect Host Lookup] オプションは、サービス セレクション ポリシーのあとに実行されます。サービス セレクション規則が ACS::UseCase = Host Lookup に一致するように設定されている場合、要求はホスト ルックアップ カテゴリに分類されます。

PAP 認証または EAP-MD5 認証を MAC 認証フローとして検出するように ACS が設定されていない場合、ACS では [Detect Host Lookup] オプションが考慮されません。これらの要求は通常のユーザ認証要求と同様に処理され、選択されている ID ストア内でユーザ名とパスワードが検索されます。

関連トピック

「ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成」

「アクセス ポリシーの管理」

「内部 ID ストア ホストの一括操作の表示および実行」

「ユーザおよび ID ストアの管理」

エージェントレス ネットワーク アクセスのフロー

ここでは、エンドツーエンドのエージェントレス ネットワーク アクセス フローについて説明し、実行が必要なタスクを示します。タスクを設定する方法に関する情報は、該当するタスクの章にあります。

ACS でエージェントレス ネットワーク アクセスを設定するには、リストされた順序で次の手順を実行します。


ステップ 1 ネットワーク デバイスおよび AAA クライアントを設定します。

これは、ACS でネットワーク デバイスおよび AAA クライアントを設定する一般的なタスクです。エージェントレス ネットワーク アクセスに固有のタスクではありません。[Network Resources] > [Network Devices and AAA Clients] を選択し、[Create] をクリックします。「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」を参照してください。

ステップ 2 内部ホストの ID ストアを設定します。

内部 ID ストアを設定します。「内部 ID ストアへのホストの追加」を参照してください。

または

外部 ID ストアを設定します。「ホスト ルックアップ用の LDAP 外部 ID ストアの設定」を参照してください。

詳細については、「ユーザおよび ID ストアの管理」を参照してください。

ステップ 3 ID グループを設定します。「ホスト ルックアップ ネットワーク アクセス要求用の ID グループの設定」を参照してください。

詳細については、「ユーザおよび ID ストアの管理」を参照してください。

ステップ 4 ホスト ルックアップ要求用のポリシー要素および認可プロファイルを定義します。

詳細については、「ポリシー要素の管理」を参照してください。

ステップ 5 ホスト ルックアップ用のアクセス サーバを定義することによって、空のサービスを作成します。詳細については、「ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成」を参照してください。

ステップ 6 作成したサービスに戻ります。

a. ID ポリシーを定義します。詳細については、「ホスト ルックアップ要求用の ID ポリシーの設定」を参照してください。

ACS には、複数の ID ストアでホスト MAC アドレスを検索するオプションがあります。

たとえば、MAC アドレスは、内部ホスト ID ストア、設定済みの LDAP ID ストアのいずれか、または内部ユーザ ID ストア内に格納されている可能性があります。

MAC アドレス ルックアップは設定済みの ID ストアのいずれかで行い、MAC アトリビュートは ID 順序で設定した別の ID ストアから取り出すことができます。

ID ストアで MAC アドレスが検出されなかった場合でも、ホスト ルックアップ要求の処理を続行するように、ACS を設定できます。管理者は、MAC アドレスが検出されたかどうかに関係なく、イベントに基づいて認可ポリシーを定義できます。

ACS::UseCase アトリビュートは認証ポリシーの選択に使用できますが、ホスト ルックアップのサポートには必須ではありません。

b. 作成したサービスに戻ります。

c. 認可ポリシーを定義します。詳細については、「ホスト ルックアップ要求用の認可ポリシーの設定」を参照してください。

ステップ 7 サービス セレクションを定義します。

ステップ 8 アクセス サービスをサービス セレクション ポリシーに追加します。詳細については、「サービス セレクション規則の作成、複製、および編集」を参照してください。


 

関連トピック

「ユーザおよび ID ストアの管理」

「アクセス ポリシーの管理」

内部 ID ストアへのホストの追加

ホスト ルックアップ用の内部 ID ストアを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Users and Identity Store] > [Internal Identity Stores] > [Hosts] を選択し、[Create] をクリックします。

詳細については、「内部 ID ストア ホストの一括操作の表示および実行」を参照してください。

ステップ 2 [Users and Identity Stores] > [Internal Identity Store] > [Hosts] > [Create] ページの説明に従って、フィールドに入力します。

ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

前の手順:

「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」

次の手順:

「ホスト ルックアップ ネットワーク アクセス要求用の ID グループの設定」

ホスト ルックアップ用の LDAP 外部 ID ストアの設定

ホスト ルックアップ用に LDAP 外部 ID ストアを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Users and Identity Stores] > [External Identity Stores] > [LDAP] を選択し、[Create] をクリックします。詳細については、「外部 LDAP ID ストアの作成」を参照してください。

ステップ 2 LDAP データベース作成の手順を実行します。

[LDAP: Directory Organization] ページで MAC アドレス形式を選択します。

MAC アドレスは、選択した形式で LDAP 外部 ID ストアに保存されます。

ステップ 3 [Finish] をクリックします。


 

前の手順:

「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」

次の手順:

「ホスト ルックアップ ネットワーク アクセス要求用の ID グループの設定」

関連トピック

「外部 LDAP ID ストアの作成」

「外部 LDAP ID ストアの削除」

ホスト ルックアップ ネットワーク アクセス要求用の ID グループの設定

ホスト ルックアップ ネットワーク アクセス要求用に ID グループを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Users and Identity Store] > [Identity Groups] を選択し、[Create] をクリックします。

詳細については、「ID アトリビュートの管理」を参照してください。

ステップ 2 必要に応じてフィールドに入力します。

ID グループには、プリンタや電話機など、任意のエージェントレス デバイスを指定できます。

ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

前の手順:

「内部 ID ストアへのホストの追加」

「ホスト ルックアップ用の LDAP 外部 ID ストアの設定」

次の手順:

「ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成」

関連トピック

「ID アトリビュートの管理」

ホスト ルックアップ用のアクセス サービスの作成

アクセス サービスを作成してから、エージェントレス ホストの処理をイネーブルにします。

ホスト ルックアップ用にアクセス サービスを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [Access Service] を選択し、[Create] をクリックします。詳細については、「アクセス サービスの設定」を参照してください。

ステップ 2 [Access Service Properties - General] ページの説明に従って、フィールドに入力します。

a. [Service Structure] セクションで [User Selected Policy Structure] を選択します。

b. [Access Service Type] を [Network Access] に設定し、ポリシー構造を定義します。

c. [Network Access] を選択し、[Identity] および [Authorization] をオンにします。

グループ マッピングおよび [External Policy] オプションは任意です。

d. [Process Host Lookup] を選択する必要があります。

ACS で PAP 認証または EAP-MD5 認証を検出して MAC アドレスを取得し(「PAP/EAP-MD5 認証」を参照)、ホスト ルックアップ要求(MAB 要求など)と同様に処理する場合は、次の手順を実行します。

e. [Allowed Protocols] ページで、ACS がサポートしている MAB 用のプロトコルのいずれか(EAP-MD5 または PAP)を選択します。

f. ホスト ルックアップとして [Detect PAP/EAP-MD5] を選択します。


 

関連トピック

「アクセス ポリシーの管理」

「ACS 5.2 での認証」

「コール チェックを使用する認証」

「Service-Type Call Check の処理」

ホスト ルックアップ要求用の ID ポリシーの設定

ホスト ルックアップ要求用に ID ポリシーを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [Access Services] > [<access_servicename> Identity] を選択します。

詳細については、「ID ポリシーの表示」を参照してください。

ステップ 2 [Customize] を選択し、認可ポリシー条件をカスタマイズします。

条件のリストが表示されます。このリストには、ID アトリビュート、システム条件、およびカスタム条件が含まれています。詳細については、「ポリシーのカスタマイズ」を参照してください。

ステップ 3 [Available] カスタマイズ条件から [Use Case] を選択し、[Selected] 条件に移動します。

ステップ 4 [Identity Policy] ページで [Create] をクリックします。

a. 規則の [Name] を入力します。

b. [Conditions] 領域で [Use Case] をオンにし、値が一致する必要があるかどうかを確認します。

c. [Host Lookup] を選択し、[OK] をクリックします。

このアトリビュート選択によって、アクセス要求の処理中に、ACS によって IP アドレスではなくホストが検索されます。

d. 使用する [Identity Source] として、ホスト ルックアップをサポートする ID ストアのいずれかを選択します。

e. [OK] をクリックします。

ステップ 5 [Save Changes] をクリックします。


 

関連トピック

「アクセス ポリシーの管理」

ホスト ルックアップ要求用の認可ポリシーの設定

ホスト ルックアップ要求用に認可ポリシーを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [Access Services] > [<access_servicename> Authorization] を選択します。

詳細については、「ネットワーク アクセスのセッション認可ポリシーの設定」を参照してください。

ステップ 2 [Customize] を選択し、認可ポリシー条件をカスタマイズします。

条件のリストが表示されます。このリストには、ID アトリビュート、システム条件、およびカスタム条件が含まれています。

詳細については、「ポリシーのカスタマイズ」を参照してください。

ステップ 3 [Available] カスタマイズ条件から [Use Case] を選択し、[Selected] 条件に移動します。

ステップ 4 カスタマイズ結果から [Authorization Profiles] を選択し、[Selected] 条件に移動して [OK] をクリックします。

ステップ 5 [Authorization Policy] ページで [Create] をクリックします。

a. 規則の [Name] を入力します。

b. [Conditions] 領域で [Use Case] をオンにし、値が一致する必要があるかどうかを確認します。

c. [Host Lookup] を選択し、[OK] をクリックします。

このアトリビュート選択によって、アクセス要求の処理中に、ACS によって IP アドレスではなくホストが検索されます。

d. 認可プロファイルから [Authorization Profile] を選択し、[Selected] 結果カラムに移動します。

e. [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Save Changes] をクリックします。


 

関連トピック

「アクセス ポリシーの管理」

VPN リモート ネットワーク アクセス

リモート アクセス バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)を使用すると、パブリックなインターネットからプライベートな企業ネットワークに安全に接続できます。自宅またはその他の場所から、自社のネットワークにアクセスすることも可能です。この VPN は、自社の境界ネットワーク(DMZ)に接続されます。VPN ゲートウェイでは同時 VPN 接続を管理できます。

関連トピック

「サポートされる認証プロトコル」

「サポートされる ID ストア」

「サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ」

「サポートされる VPN クライアント」

「VPN リモート アクセス サービスの設定」

サポートされる認証プロトコル

ACS 5.2 では、VPN トンネル内の内部認証用に次のプロトコルがサポートされています。

RADIUS/PAP

RADIUS/CHAP

RADIUS/MS-CHAPv1

RADIUS/MS-CHAPv2

MS-CHAPv1 プロトコルまたは MS-CHAPv2 プロトコルを使用すると、作成されるトンネルを暗号化するための MPPE キーを ACS で生成できます。

関連トピック

「VPN リモート ネットワーク アクセス」

「サポートされる ID ストア」

「サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ」

「サポートされる VPN クライアント」

「VPN リモート アクセス サービスの設定」

サポートされる ID ストア

ACS は、次の ID ストアに対する VPN 認証を実行できます。

ACS 内部 ID ストア:RADIUS/PAP、RADIUS/CHAP、RADIUS/MS-CHAP-v1、および RADIUS/MS-CHAP-v2

Active Directory:RADIUS/PAP、RADIUS/MS-CHAP-v1、および RADIUS/MS-CHAP-v2

LDAP:RADIUS/PAP

RSA SecurID サーバ:RADIUS/PAP

RADIUS トークン サーバ:RADIUS/PAP(ダイナミック OTP)

関連トピック

「VPN リモート ネットワーク アクセス」

「サポートされる認証プロトコル」

「サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ」

「サポートされる VPN クライアント」

「VPN リモート アクセス サービスの設定」

サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ

ACS 5.2 では、次の VPN ネットワーク アクセス サーバがサポートされています。

Cisco ASA 5500 シリーズ

Cisco VPN 3000 シリーズ

関連トピック

「VPN リモート ネットワーク アクセス」

「サポートされる認証プロトコル」

「サポートされる ID ストア」

「サポートされる VPN クライアント」

「VPN リモート アクセス サービスの設定」

サポートされる VPN クライアント

ACS 5.2 では、次の VPN クライアントがサポートされています。

Cisco VPN Client 5.0 シリーズ

Cisco Clientless SSL VPN(WEBVPN)

Cisco AnyConnect VPN クライアント 2.3 シリーズ

MS VPN クライアント

関連トピック

「VPN リモート ネットワーク アクセス」

「サポートされる認証プロトコル」

「サポートされる ID ストア」

「サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ」

「VPN リモート アクセス サービスの設定」

VPN リモート アクセス サービスの設定

VPN リモート アクセス サービスを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 デフォルト ネットワーク アクセス サービスの [Allowed Protocols] ページで、VPN プロトコルを設定します。詳細については、「アクセス サービスの許可されたプロトコルの設定」を参照してください。

ステップ 2 ディクショナリ タイプ、および Tunneling-Protocols アトリビュートのタイプと値を選択して、VPN の認可プロファイルを作成します。詳細については、「認可プロファイルでの RADIUS アトリビュートの指定」を参照してください。

ステップ 3 [Submit] をクリックし、VPN 認可プロファイルを作成します。


 

関連トピック

「VPN リモート ネットワーク アクセス」

「サポートされる認証プロトコル」

「サポートされる ID ストア」

「サポートされる VPN ネットワーク アクセス サーバ」

「サポートされる VPN クライアント」

「VPN リモート アクセス サービスの設定」

ACS および Cisco TrustSec


) TrustSec 機能をイネーブルにするには、ACS に追加機能のライセンスが必要です。


Cisco TrustSec(以降は TrustSec と表記)は、シスコ製品のための新しいセキュリティ アーキテクチャです。TrustSec を使用すると、ネットワーク トラフィックの機密保持、メッセージ認証、整合性、およびアンチリプレイ保護を提供する、信頼性の高いネットワーク ファブリックを作成できます。

TrustSec では、すべてのネットワーク デバイスに ID が設定され、それらのデバイスがネットワーク内で動作を開始する前に認証および認可が行われます。この対策により、セキュアなネットワーク内に不適切なネットワーク デバイスが接続されることを予防できます。

これまで、ACS はユーザおよびホストだけを認証し、ネットワークへのアクセスを許可していました。TrustSec を使用すると、ルータやスイッチなどのデバイスも、名前とパスワードを使用して ACS で認証されます。Network Interface Card(NIC; ネットワーク インターフェイス カード)が取り付けられているすべてのデバイスは、デバイス自身を認証するか、または信頼ネットワークには接続しないようにする必要があります。

IP アドレスではなく名前によってデバイスを識別できるため、セキュリティが向上し、デバイス管理が簡素化されます。


Cisco IOS 12.2(33) SXI が稼動する Cisco Catalyst 6500 および DataCenter 3.0(Nexus 7000)NX-OS 4.0.3 デバイスで TrustSec がサポートされています。Cisco Catalyst 6500 では Security Group Tag(SGT)がサポートされていますが、このリリースでは Security Group Access Control List(SGACL)はサポートされていません。


TrustSec 用に ACS を設定するには、次の手順を実行します。

1. ユーザの追加

これは、ACS でユーザを追加する一般的なタスクです。TrustSec に固有のタスクではありません。[Users and Identity Stores] > [Internal Identity Store] > [Users] を選択し、[Create] をクリックします。詳細については、「内部ユーザの作成」を参照してください。

2. TrustSec 用デバイスの追加

3. セキュリティ グループの作成

4. SGACL の作成

5. NDAC ポリシーの設定

6. TrustSec 用の EAP-FAST の設定

7. TrustSec 用のアクセス サービスの作成

8. エンドポイント アドミッション コントロール ポリシーの作成

9. 出力ポリシーの作成

10. デフォルト ポリシーの作成

TrustSec 用デバイスの追加

RADIUS プロトコルには、AAA クライアントとサーバ間の共有秘密情報が必要です。ACS では、RADIUS 要求が既知の AAA クライアントから送信された場合にだけ、この要求が処理されます。共有秘密情報を使用して ACS の AAA クライアントを設定する必要があります。

TrustSec デバイスも同じ共有秘密情報を使用して設定する必要があります。TrustSec では、セキュア ネットワークに加入した新しいデバイスに対して、すべてのデバイスが AAA クライアントとして動作できる必要があります。

すべての TrustSec デバイスは、EAP Flexible Authentication via Secured Tunnel(EAP-FAST)プロトコルの一部として、Protected Access Credential(PAC)を保持しています。PAC は、AAA クライアントの識別に使用されます。RADIUS 共有秘密情報は、この PAC から取得できます。

ネットワーク デバイスを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Network Resources] > [Network Devices and AAA Client] を選択し、[Create] をクリックします。詳細については、「ネットワーク デバイスおよび AAA クライアント」を参照してください。

ステップ 2 [Network Devices and AAA Clients] ページのフィールドに入力します。

シード TrustSec デバイスとしてデバイスを追加するには、[RADIUS] および [TrustSec] をオンにします。TrustSec クライアントとしてデバイスを追加するには、[TrustSec] だけをオンにします。

RADIUS クライアントとしてデバイスを追加する場合は、[IP Address] および [RADIUS/Shared Secret] を入力します。

TrustSec デバイスとしてデバイスを追加する場合は、[TrustSec] セクションのフィールドに入力します。

[Advanced Settings] をオンにして、TrustSec デバイス設定の高度な設定を表示し、デフォルト設定を修正できます。

場所またはデバイス タイプは、NDAC ポリシー規則を設定するための条件として使用できます。

ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

セキュリティ グループの作成

TrustSec では、セキュリティ グループを使用すると、パケット入力時にタグ付けをして、あとで出力時にフィルタリングを実行できます。セキュリティ グループを使用した結果、セキュリティ グループ タグが付加されます。これは、ネットワーク デバイスに送信される 4 バイトのストリング ID です。

Web インターフェイスでは 10 進数および 16 進数で表示されます。SGT の値は一意です。セキュリティ グループを編集するときに、名前は変更できますが SGT ID は変更できません。

セキュリティ グループ名 Unknown および Any は予約されています。この予約名は、出力ポリシー マトリクスで使用します。出力ポリシーが変更されると、生成 ID が変更されます。

デバイスで考慮されるのは SGT の値だけです。セキュリティ グループの名前および説明は管理上の便宜のためのものであり、デバイスには伝達されません。したがって、セキュリティ グループの名前と説明を変更しても、SGT の生成 ID には影響ありません。

セキュリティ グループを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Policy Elements] > [Authorizations and Permissions] > [Network Access] > [Security Groups] を選択し、[Create] をクリックします。

ステップ 2 「セキュリティ グループ アクセス コントロール リストの設定」の説明に従って、フィールドに入力します。


ヒント セキュリティ グループを編集すると、セキュリティ グループ タグおよび生成 ID が表示されます。


ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

SGACL の作成

Security Group Access Control List(SGACL)は、標準的な IP ベースの ACL によく似ており、TCP、User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)、およびポートまでのトランスポート プロトコル、FTP、または Secure Shell Protocol(SSH)の通信を許可または拒否するかどうかを指定できます。

セキュリティ グループ間の通信に適用する SGACL も作成できます。ACS で TrustSec ポリシー管理を適用するには、カスタマイズ可能な出力マトリクス ビューを使用して送信元および宛先のセキュリティ グループの共通部分、または個々の送信元および宛先のセキュリティ グループ ペアにこれらの SGACL を設定します。

SGACL を作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Policy Elements] > [Authorizations and Permissions] > [Named Permissions Objects] > [Security Group ACLs] を選択してから、[Create] をクリックします。

ステップ 2 「セキュリティ グループ アクセス コントロール リストの設定」の説明に従って、フィールドに入力します。

ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

NDAC ポリシーの設定

Network Device Admission Control(NDAC; ネットワーク デバイス アドミッション コントロール)ポリシーでは、デバイスに送信されるセキュリティ グループを定義します。NDAC ポリシーを設定する場合は、NDG など、あらかじめ定義されている条件を使用して規則を作成します。

NDAC ポリシーは単一のサービスで、1 つ以上の規則が定義された単一のポリシーが含まれます。認証、ピア認可、および環境の各要求に対する応答の設定には同じポリシーが使用されるため、同じデバイスに適用した場合は、すべての要求タイプについて同じ SGT が返されます。


) NDAC ポリシーを、サービス セレクション ポリシーにサービスとして追加することはできません。ただし、NDAC ポリシーは TrustSec デバイスに自動的に適用されます。


デバイスに NDAC ポリシーを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [TrustSec Access Control] > [Network Device Access] > [Authorization Policy] を選択します。

ステップ 2 [Customize] をクリックし、NDAC ポリシー規則で使用する条件を選択します。

[Default Rule] は、一致する規則がない場合、または規則が定義されていない場合のデフォルト規則となります。[Default Rule] 結果のデフォルト セキュリティ グループ タグは [Unknown] です。

ステップ 3 [Create] をクリックし、新しい規則を作成します。

ステップ 4 [NDAC Policy Properties] ページのフィールドに入力します。

ステップ 5 [Save Changes] をクリックします。


 

TrustSec 用の EAP-FAST の設定

RADIUS 情報は PAC から取得されるため、EAP-FAST トンネル PAC の存続時間を定義する必要があります。アクティブな PAC の存続可能時間を更新することもできます。

トンネル PAC の EAP-FAST 設定を行うには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [TrustSec Access Control] > [Network Device Access] を選択します。

ステップ 2 [Network Device Access EAP-FAST Settings] ページのフィールドに入力します。

ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

TrustSec 用のアクセス サービスの作成

エンドポイント デバイスに対するエンドポイント アドミッション コントロール ポリシー用のアクセス サービスを作成し、サービス セレクション ポリシーにそのサービスを追加できます。


) NDAC ポリシーは、TrustSec デバイスに自動的に適用されるサービスです。TrustSec デバイス用のアクセス サービスを作成する必要はありません。


アクセス サービスを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [Access Service] を選択し、[Create] をクリックします。詳細については、「アクセス サービスの設定」を参照してください。

ステップ 2 必要に応じて、[Access Service Properties - General] ページのフィールドに入力します。

ステップ 3 [Service Structure] セクションで [User selected policy structure] を選択します。

ステップ 4 [Network Access] を選択し、[Identity] および [Authorization] をオンにします。

ステップ 5 [Next] をクリックします。

[Access Services Properties] ページが表示されます。

ステップ 6 [Authentication Protocols] 領域で、使用するアクセス サービスに関連するプロトコルのチェックボックスをオンにします。

ステップ 7 [Finish] をクリックします。


 

エンドポイント アドミッション コントロール ポリシーの作成

サービスを作成したあとに、エンドポイント アドミッション コントロール ポリシーを設定します。エンドポイント アドミッション コントロール ポリシーは、エンドポイントに対する SGT および認可プロファイルを返します。複数のポリシーを作成し、デフォルト規則ポリシーを設定できます。デフォルトは Deny Access および Unknown セキュリティ グループです。

アクセス サービスにセッション認可ポリシーを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [Access Services] > service > [Authorization] を選択します。

ステップ 2 認可ポリシーを設定します。「ネットワーク アクセスのセッション認可ポリシーの設定」を参照してください。

ステップ 3 [Network Access Authorization Rule Properties] ページのフィールドに入力します。

[Default Rule] は、一致する規則がない場合、または規則が定義されていない場合のデフォルト規則となります。デフォルト規則結果のデフォルトは [Deny Access] です。この設定ではネットワークへのアクセスが拒否されます。セキュリティ グループ タグは [Unknown] です。

セキュリティ グループは、TrustSec のセッション認可ポリシー作成時に変更できます。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 [Access Policies] > [Service Selection Policy] を選択し、エンドポイント ポリシーに追加するサービスを選択します。詳細については、「サービス セレクション ポリシーの設定」を参照してください。

ステップ 6 [Service Select Policy] ページのフィールドに入力します。

ステップ 7 [Save Changes] をクリックします。


 

出力ポリシーの作成

出力ポリシー(SGACL ポリシーとも呼ばれます)によって、送信元および宛先の SGT に基づいてネットワークの出力ポイントで適用される SGACL が決定されます。出力ポリシーはマトリクスで表現され、X 軸および Y 軸がそれぞれ宛先 SGT および送信元 SGT を表します。また、各セルにはこれら 2 つの SGT の共通部分に適用される SGACL のセットが入ります。

この SGT を伝送するエンドポイント(または TrustSec デバイス)がパケットを送信する場合は、任意のセキュリティ グループが送信元 SGT の役割を果たすことができます。パケットが、この SGT を伝送するエンドポイント(または TrustSec デバイス)を宛先とする場合は、任意のセキュリティ グループが宛先 SGT の役割を果たすことができます。したがって、出力マトリクスには既存のセキュリティ グループが両方の軸にすべてリストされ、SGT セットとその SGT セット自身のデカルト積(SGT x SGT)となります。

マトリクスの先頭行(最上部)にはカラム ヘッダーがあり、ここには宛先 SGT が表示されます。先頭列(左端)には行タイトルがあり、送信元 SG が表示されます。これらの軸の共通部分が原点セル(左上隅)で、軸のタイトル、つまり宛先および送信元が入ります。

他のすべてのセルは、定義済みの SGACL が含まれる内部マトリクス セルです。行および列は、SGT 名に従ってアルファベット順に並べられます。SGACL ごとに、200 個の ACE を保持できます。

最初のうち、マトリクスには未知の送信元 SG および未知の宛先 SG が入っています。 未知 というのは、事前に定義された SG のことであり、この値は変更できません。SG を追加すると、新しい行と新しい列がマトリクスに追加されます。新規に追加されるセルの内容は空です。

出力ポリシーを追加して出力マトリクスにデータを入力するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [TrustSec Access Control] > [Egress Policy] を選択します。

出力マトリクスが表示されます。セキュリティ グループは定義した順序で表示されます。

ステップ 2 セルをクリックして [Edit] をクリックします。

ステップ 3 必要に応じてフィールドに入力します。

ステップ 4 セルに適用する SGACL のセットを選択し、選択したセットを [Selected] カラムに移動します。

この ACL は、セルの座標に一致する送信元および宛先の SGT の出力ポイントで使用されます。SGACL は表示される順序で適用されます。

ステップ 5 [Up] および [Down] の矢印を使用し、順序を変更します。デバイスは、設定された順序でポリシーを適用します。選択したセキュリティ グループのパケットに SGACL が適用されます。

ステップ 6 [Submit] をクリックします。


 

デフォルト ポリシーの作成

出力マトリクスで送信元 SG および宛先 SG の出力ポリシーを設定したあとに、デフォルト出力ポリシーを設定することを推奨します。デフォルト ポリシーは、SGT が割り当てられていないデバイスに適用されます。デフォルト ポリシーは、ネットワーク デバイスによって、セルに定義されている特定のポリシーに追加されます。デフォルト ポリシーの初期設定は Permit All です。

デフォルト ポリシー という用語は、すべてのセキュリティ グループ ポリシーのすべてのセキュリティ グループと関連しています。TrustSec ネットワーク デバイスで、デフォルト ポリシーは特定セルのポリシーの最後に連結されます。

セルがブランクの場合は、デフォルト ポリシーだけが適用されます。セルにポリシーが含まれている場合、得られるポリシーはセル固有のポリシーのあとにデフォルト ポリシーを結合したものになります。

特定セルのポリシーとデフォルト ポリシーの結合方法は、デバイスで稼動しているアルゴリズムによって異なります。結果は、2 つのポリシーを連結した場合と同じになります。

最初にパケットが分析され、セルの SGACL によって定義された ACE に一致するかどうかが確認されます。一致しない場合、そのパケットでは不成立となり、デフォルト ポリシーの ACE と一致するかどうかが確認されます。

セル固有ポリシーとデフォルト ポリシーの結合は、ACS ではなく TrustSec ネットワーク デバイスによって行われます。ACS 側から見ると、セル固有ポリシーとデフォルト ポリシーは 2 組の異なる SGACL であり、2 つの別々なポリシー クエリーに対する応答でデバイスに送信されます。

デフォルト ポリシーを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Access Policies] > [TrustSec Access Control] > [Egress Policy] を選択し、[Default Policy] を選択します。

ステップ 2 [Default Policy for Egress Policy] ページに従ってフィールドに入力します。

ステップ 3 [Submit] をクリックします。


 

RADIUS プロキシ要求

ACS は、Network Access Server(NAS; ネットワーク アクセス サーバ)から認証およびアカウンティングの RADIUS 要求を受信し、この要求をリモート サーバに転送するプロキシ サーバとして機能できます。次に ACS は、リモート RADIUS サーバから転送された各要求の応答を受信し、その応答をクライアントに返送します。

ACS ではサービス セレクション ポリシーを使用して、ローカル処理が必要な着信認証要求およびアカウンティング要求と、リモート RADIUS サーバへの転送が必要な要求を区別します。

ACS は NAS からプロキシ要求を受信すると、リストにある最初のリモート RADIUS サーバにその要求を転送します。リモート RADIUS サーバから届いた最初の有効または無効な応答を処理し、次の処理を実行します。

応答が有効な場合(Access-Challenge、Access-Accept、Access-Reject、または Accounting-Response)、ACS は NAS に応答を返します。

指定された期間内に ACS が応答を受信しない場合は、指定した回数だけ再試行が行われたあと、リストにある次のリモート RADIUS サーバに要求が転送されます。

応答が無効な場合、ACS は要求をドロップし、NAS には応答を送信しません。

ユーザ名からプレフィックス、サフィックス、およびその両方を削除するように ACS を設定できます。たとえば、ユーザ名 acme¥smith@acme.com から、¥ および @ をそれぞれプレフィックスおよびサフィックスの区切り文字として指定すると、ユーザの名前 smith だけを抽出するように ACS を設定できます。

ACS では、ローカル アカウンティング、リモート アカウンティング、またはその両方を実行できます。両方を選択した場合、ACS はローカル アカウンティングを実行してからリモート アカウンティングに進みます。ローカル アカウンティングで何らかのエラーがあった場合、ACS はそのエラーを無視してリモート アカウンティングに進みます。

プロキシ処理の実行中、ACS は次の処理を行います。

1. NAS から次のパケットを受信し、リモート RADIUS サーバに転送します。

Access-Request

Accounting-Request パケット

2. リモート RADIUS サーバから次のパケットを受信し、NAS に返送します。

Access-Accept

Access-Reject

Access-Challenge

Accounting-Response

応答のない外部 RADIUS サーバをおよそ タイムアウト X リトライ回数 秒間待機してから、フェールオーバーによって次のサーバに移行します。

最初に応答のあるサーバに到達するまでに、リストには応答のないサーバがいくつか存在する可能性があります。この場合、応答のある外部 RADIUS サーバに転送される各要求は、 以前に応答のなかったサーバ数 X タイムアウト X リトライ回数 の間、遅延します。

この遅延は、EAP または RADIUS カンバセーションにおける 2 つのメッセージ間の外部 RADIUS サーバ タイムアウトよりも長くなる可能性があります。このような場合、外部 RADIUS サーバで要求がドロップされる場合があります。

関連トピック

「サポートされるプロトコル」

「サポートされる RADIUS アトリビュート」

「RADIUS プロキシ サービスの設定」

サポートされるプロトコル

ACS の RADIUS プロキシ機能では、次のプロトコルがサポートされています。

すべての RADIUS プロトコルの転送のサポート

すべての EAP プロトコル

関連トピック

「RADIUS プロキシ要求」

「サポートされる RADIUS アトリビュート」

「RADIUS プロキシ サービスの設定」

サポートされる RADIUS アトリビュート

サポートされている次の RADIUS アトリビュートは暗号化されます。

User-Password

CHAP-Password

Message-Authenticator

MPPE-Send-Key および MPPE-Recv-Key

Tunnel-Password

LEAP セッション キー Cisco AV-Pair

関連トピック

「RADIUS プロキシ要求」

「サポートされるプロトコル」

「RADIUS プロキシ サービスの設定」

RADIUS プロキシ サービスの設定

RADIUS プロキシを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 リモート RADIUS サーバのセットを設定します。リモート RADIUS サーバを設定する方法の詳細については、「外部 RADIUS サーバの作成、複製、および編集」を参照してください。

ステップ 2 RADIUS プロキシ サービスを設定します。RADIUS プロキシ サービスを設定する方法の詳細については、「アクセス サービスの一般プロパティの設定」を参照してください。

[User Selected Service Type] オプションを選択し、[Access Service Properties - General] ページで [Access Service Policy Structure] として [RADIUS proxy] を選択する必要があります。

ステップ 3 許可されるプロトコルを設定したら、[Finish] をクリックして RADIUS プロキシ サービスの設定を完了します。


 

関連トピック

「RADIUS プロキシ要求」

「サポートされるプロトコル」

「サポートされる RADIUS アトリビュート」