Cisco Secure Access Control Server View ユーザ ガイド Release 4.0
My Workspace の使用
My Workspace の使用
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

My Workspace の使用

ダッシュボード

アラート

スケジューリング済みレポート

Reports Inbox

スケジューリング

お気に入りレポート

設定の概要

My Preferences

My Workspace の使用

この章では、Cisco Secure Access Control Server(ACS)View の My Workspace ドロワから実行可能なタスクについて説明します。

ACS View の My Workspace には、次の 6 つのコンポーネントがあります。

「ダッシュボード」

「アラート」

「スケジューリング済みレポート」

「お気に入りレポート」

「設定の概要」

「My Preferences」

ダッシュボード

ダッシュボードは、ユーザのお気に入りのクエリー、アラート、および生成レポートを ACS View が統合するときに使用する主要なページです。

ACS View を開くと、最初にダッシュボード ページが表示されます。

ダッシュボードでは、次の情報を確認できます。

お気に入りクエリー 5 件

Alert Inbox 内の最新アラート 5 件。

Reports Inbox 内の最新エントリ 5 件。

また、ダッシュボードから認証クエリーを実行することができます。

ACS View は、ダッシュボードの表示を 10 秒ごとにリフレッシュして、Inbox 内のアラートとレポートを最新の状態に更新します。

ダッシュボードでは、次の操作を実行できます。

Report Inbox の表示:Reports Inbox 内の最新エントリ 5 件を表示します。すべてのレポートを表示するには、ダッシュボードの Report Inbox リンクをクリックします。

レポートの表示:Reports Inbox の最新エントリ 5 件の中から任意のレポートを表示するには、Reports Inbox 領域で対象のレポートをクリックします。

Alerts Inbox の表示:Alerts Inbox 内の最新アラート 5 件を表示します。すべてのアラートを表示するには、ダッシュボードの Alerts Inbox リンクをクリックします。

アラートの表示:最新アラート 5 件の中から任意のアラートを表示するには、対象のアラートをクリックします。

お気に入りクエリーの表示:最新のお気に入りクエリー 5 件を表示します。すべてのお気に入りクエリーを表示するには、ダッシュボードの Favorite Reports リンクをクリックします。

お気に入りクエリーの実行:お気に入りクエリーを実行するには、Favorite Reports 領域で特定のクエリーをクリックします。

認証クエリーの実行:認証クエリーを実行するには、User Name(必須フィールド)、
MAC Address、および Time Range(Today、Yesterday、Last 7 days、または Last 30 days)の各フィールドで値を指定または選択し、 Run Now をクリックします。


) Authentication Query リンクをクリックすると、Authentication Query Report(Reports & Troubleshooting > My Reports)にリダイレクトされるので、そこで追加パラメータを指定して認証クエリーを実行できます。


アラート

ACS サーバからのデータにしきい値を設定することで、ACS サーバのトラフィックを監視できます。設定されたしきい値を超過すると、アラートによって通知されます。

定義する規則で、トリガーベースのアラートを設定できます。

トリガー条件が満たされると、Alert Engine がアラートを生成します。この通知は次の方法で受け取ります。

Alerts Inbox

ダッシュボード

電子メール

Alerts Inbox の詳細については、次の項を参照してください。

「Alert Inbox」

「しきい値」

スケジューリング済みレポート

特定の期間にスケジューリングされたレポートを表示できます。

ナビゲーション ペインの Scheduled Reports リンクには、次のコンポーネントがあります。

「Reports Inbox」

「スケジューリング」

Reports Inbox

Reports Inbox を使用して、生成されたレポートにアクセスします。

Reports Inbox では、すべてのレポートをソートできます。 My Workspace > Scheduled Reports > Inbox ページで、Report Name、Report Type、Schedule、Access Type、または Reported On のカラム ラベルから 1 つクリックします。レポートは、アルファベット順に昇順または降順で表示されます。

キーワードに基づいて特定のレポートを分離するには、Filter オプションを使用します。Reports Inbox のレポートをフィルタリングするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Filter フィールドに、 authentication などのキーワードを入力します。

ステップ 2 Go をクリックします。

名前に authentication という語を含むすべてのレポートが表示されます。


フィルタリングを解除してボックス内のすべてのレポートを表示するには、Clear Filter をクリックします。



 

Reports Inbox 内のレポートは、ローカル マシンで表示して保存できます。レポートをローカル マシンで開いて保存するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > Scheduled Reports > Inbox を選択します。

ステップ 2 Report Name カラムでレポート名をクリックします。

レポートのタイプに応じて、HTML、CSV、または PDF 形式でレポートが表示されます。

ステップ 3 レポートは表示または保存できます。表示または保存するには、次の手順を実行します。

Web ブラウザで開く HTML レポートの場合は、 File > Save をクリックします。Save Web Page ダイアログボックスが表示されます。ファイル名とレポートの保存先を指定します。 Save をクリックします。

CSV または PDF レポート:表示される File Download ダイアログボックスで、 Open をクリックしてレポートを表示するか、または Save をクリックしてローカル マシンにレポートを保存します。


 

Reports Inbox からレポートを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > Scheduled Reports > Inbox を選択します。

ステップ 2 削除するレポートに対応するチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 Delete をクリックします。


 

スケジューリング

レポートの生成動作は、頻度、日時、またはジョブの説明を指定してスケジューリングできます。レポートのスケジューリングは、Favorite Reports ページ、または Scheduled Reports > Schedule ページで実行できます。

スケジューリングできるのは、日次レポート、週次レポート、または月次レポートです。生成されたレポートは Report Inbox に表示されます。

レポートのスケジューリング時( Reports & Troubleshooting > My Reports )には、次の設定を選択できます。

Public または Private レポートの出力。Public を選択すると、生成されたレポートは他のユーザの Report Inbox にも表示されます。

レポート出力を、HTML、CSV、および PDF ファイルとしてエクスポート。表やグラフのレポートは HTML ファイルや PDF ファイルとして生成できますが、グラフのレポートを CSV 形式で生成することはできません。

レポートが生成されたときに電子メールで通知。また、このレポートを受け取る他のユーザの電子メール アドレスを入力することもできます。

Reports Inbox ナビゲーション ペインで、 Schedule をクリックします。すべてのスケジューリング済みレポートが、それぞれのステータス、作成時刻、および最後の実行時刻と一緒に表示されます。スケジュールの入力項目を編集したり、スケジューリング済みレポートを削除したりすることもできます。

システムには、お気に入りレポートに似たスケジューリング済みレポートが保存されます。それらのレポートは Reports Inbox にも表示されます。ただし、スケジューリング済みレポートの詳細をドリル ダウンすることはできません。

スケジューリング済みレポートは、HTML、CSV、または PDF ファイルとしてダッシュボードに表示できます。

お気に入りレポート

お気に入りレポートは、ACS View での作業で繰り返し使用するクエリーです。クエリーは、レポートの生成時に指定する必要があるパラメータ セットです。頻繁に実行するクエリーがある場合は、そのクエリーにブックマークを付けてお気に入りリストに追加し、以後、そのクエリーを再使用してレポートを実行できます。

お気に入りのリストにクエリーを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Reports & Troubleshooting > My Reports を選択し、表示されるレポートの中から選択します。


Reports & Troubleshooting > Troubleshooting では、トラブルシューティング レポートにブックマークを付けることもできます。


ステップ 2 Run をクリックします。

Query Parameters ページが表示されます。

ステップ 3 クエリー パラメータの詳細を入力します。

ステップ 4 Add to Favorite をクリックします。

クエリーは、ユーザのお気に入りリストに保存されます。


) ブックマークを付けたクエリーのリストは、My Workspace > Favorite Reports で表示できます。各クエリーの詳細を表示するには、対象のクエリーのチェックボックスをオンにして、Show Details をクリックします。



 

お気に入りクエリーのリストからレポートを実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > Favorite Reports を選択します。

Favorite Reports ページが表示されます。

ステップ 2 クエリーに対応するチェックボックスをオンにして、 Run Report をクリックします。

選択したクエリーに基づくレポートが表示されます。


 

お気に入りクエリーのリストからレポートをスケジューリングするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > Favorite Reports を選択します。

Favorite Reports ページが表示されます。

ステップ 2 クエリーに対応するチェックボックスをオンにして、 Schedule をクリックします。

Schedule Report ページが表示されます。

ステップ 3 次の値を入力します。

Report Type: 表示専用フィールド。 定義したクエリーに基づいてレポート タイプを指定します。

Report Name:レポートの名前を指定します。

E-mail:レポートについて通知する対象のユーザの電子メール アドレスを設定します。 Select をクリックし、電子メール アドレスを Available ペインから Selected ペインに移動します。

Output Format:HTML、PDF、または CSV の中から、レポートの出力形式を指定します。

Delivery Option:すべてのユーザに対してレポートが表示されるようにする( Public をクリック)か、または、参照用にユーザの Reports Inbox にだけ表示されるようにする( Private をクリック)かを指定します。

Frequency:ドロップダウン リストで、daily、weekly、または monthly の中からレポートの実行頻度を選択します。

Day:頻度として weekly を選択した場合は、レポートを実行する曜日を指定します。

Date:頻度として monthly を選択した場合は、レポートを実行する日付を指定します。

Time:レポートを実行する時刻を指定します。

ステップ 4 Save をクリックします。


 

お気に入りクエリーを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > Favorite Reports を選択します。

Favorite Reports ページが表示されます。

ステップ 2 クエリーに対応するチェックボックスをオンにして、 Delete をクリックします。

選択したクエリーが Favorite Reports ページに表示されなくなります。


 

ACS View のダッシュボードにお気に入りクエリーから任意のクエリー 5 件が追加されるように選択できます。

お気に入りクエリーがダッシュボードに含まれていない場合は アイコンがダッシュボード カラムに表示され、含まれている場合は アイコンが表示されます。

クエリーをダッシュボードに追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > Favorite Reports を選択します。

Favorite Reports ページが表示されます。

ステップ 2 クエリーに対応するチェックボックスをオンにして、(ドロップダウン矢印を使用して) Dashboard をクリックします。

Add オプションと Remove オプションが表示されます。

ステップ 3 Add を選択します。

ダッシュボードの Favorite Reports 領域にクエリーが表示されます。


 

ダッシュボードからお気に入りクエリーを削除するには、次の手順を実行します。

お気に入りクエリーがダッシュボードに含まれていない場合は アイコンがダッシュボード カラムに表示され、含まれている場合は アイコンが表示されます。


ステップ 1 My Workspace > Favorite Reports を選択します。

Favorite Reports ページが表示されます。

ステップ 2 クエリーに対応するチェックボックスをオンにして、(ドロップダウン矢印を使用して) Dashboard をクリックします。

Add オプションまたは Remove オプションが表示されます。

ステップ 3 Remove を選択します。

ダッシュボードの Favorite Reports 領域にそのクエリーが表示されなくなります。


 

設定の概要

ACS View Configuration Wizard を使用して、ACS View を使用するために必要なすべての初期設定を実行できます。Configuration Overview Wizard を表示できるのは、管理者ユーザだけです。

この初期設定では、次の作業を実行します。

ACS View ライセンスをインストールする。

データの収集源となる ACS サーバを追加する。

ACS サーバを管理するように ACS View を設定する。


) 定期的なバックアップ スケジュールを設定し、ACS View がさまざまな ACS サーバから収集するデータを保持することをお勧めします。バックアップを設定する前に必ず、ACS View によるバックアップ データのコピー先となるデータ リポジトリを作成してください。


My Preferences

My Preferences ページを使用して、ユーザのパスワード、電子メール アドレス、またはその両方を変更できます。

プロファイル設定を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 My Workspace > My Preferences を選択します。

ステップ 2 現在のパスワードを入力します。

ステップ 3 新しいパスワードを入力し、確認のために再入力します。

ステップ 4 必要に応じて電子メール アドレスを更新します。

ステップ 5 Save をクリックします。


) このページで、管理者が定義したパスワード ポリシーを表示できます。