Cisco CNS Network Registrar Release 6.1ユーザ ガイド
索引
Symbols
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Symbols

.com ドメイン  2-2

.edu ドメイン  2-2

.gov ドメイン  2-2

.mil ドメイン  2-2

/tmp ディレクトリ  7-3

@host-name-option、柔軟なネーム オプション  13-4

@no-host-name-option、柔軟なネーム オプション  13-4, 13-8

@use-macaddress、柔軟なネーム オプション  13-4, 13-8

A

A レコード  9-10, A-1, 23

rogue  10-11

A6 レコード  A-2

AAAA レコード  A-2

Activity サーバ ロギング  6-3

addrblock-admin ロール  4-3, 18-2, 23

Address レコード

「A レコード」を参照

address-block コマンド(CLI)

listsubnets  19-9

set

default-subnet-size  19-9

namespace  19-6

namespace-id  19-6

unset  19-8

address-block-policy コマンド(CLI)

delete  19-9

get  19-9

getOption  19-9

listOptions  19-9

listVendorOptions  19-9

setVendorOption  19-9

show  19-9

unset  19-9

unsetOption  19-9

unsetVendorOption  19-9

addrspace ライセンス  4-6

admin コマンド(CLI)

create  4-5

delete  4-5

enterPassword  4-5

list  4-5

listnames  4-5

set password  4-5

admin ロール  23

AFSDB レコード  A-2

agent_server_log ファイル  6-4

allocate-first-available、スコープ アトリビュート  11-7, 11-9

allocation-priority、スコープ アトリビュート  11-7, 11-9

allow-client-a-record-update、ポリシー アトリビュート  15-12, 15-13, 15-14, 15-15

allow-dual-zone-dns-update、ポリシー アトリビュート  15-14

all-subnets-local、DHCP オプション  B-5

all-subnets-local、ポリシー オプション  11-18

and、DHCP 式  13-22

arithmetic functions、DHCP 式  13-31

arp-cache-timeout、DHCP オプション  B-6

arp-cache-timeout、ポリシー オプション  11-18

as-blob、DHCP 式  13-22

ash、DHCP 式  13-23

as-sint、DHCP 式  13-22

as-string、DHCP 式  13-22

as-uint、DHCP 式  13-22

authenticate-until、クライアント アトリビュート  13-8, 13-11

authentication サブロール(ccm-admin)  4-2

authentication サブロール(regional-admin)  4-3

authorization サブロール(ccm-admin)  4-2

authorization サブロール(regional-admin)  4-3

B

BIND ファイル

インポート  8-8

形式  8-8

bit-and/or、DHCP 式  13-23

bit-not、DHCP 式  13-23

BOOLEAN オプションの検証  B-22

boot-file、DHCP オプション  B-11

BOOTP

packet-file-name オプション  14-2, 14-3

packet-server-name オプション  14-2, 14-3

packet-siaddr オプション  14-2, 14-3

siaddr リレー パケット フィールド  14-2

sname リレー パケット フィールド  14-2

イネーブル、ディセーブル  14-3

オプション  14-13, B-20

拡張  B-2

クライアントの移動または停止  11-15

スコープをイネーブルにする  11-14

スタティック  16-27

設定  14-2

要件  14-2

ダイナミック  16-27

PARTNER-DOWN 状態  16-19

イネーブル  14-3

スコープをイネーブルにする  11-15

ファイル リレー パケット フィールド  14-2

フェールオーバー  16-27

リレー  14-4, 16-4

ルータ  14-4

bootp、scope アトリビュート  11-15

BOOTP の設定  14-2

クライアントの移動または停止  14-3

boot-size、DHCP オプション  B-4

broadcast-address、DHCP オプション  B-5

broadcast-address、ポリシー オプション  11-18

bundle-id、ルータ アトリビュート  5-11

BYTES オプションの検証  B-22

C

cチェックポインティング、ゾーン

ファイルのダンプ  15-9

cablelabs-client-configuration、DHCP オプション  B-16

can-create、LDAP アトリビュート  13-49, 13-50

can-query、LDAP アトリビュート  13-38, 13-41, 13-50

can-update、LDAP アトリビュート  13-47, 13-48, 13-50

carlicense、LDAP アトリビュート  13-46

catalina_log. date .txt ファイル  6-4

C/C++

API  17-8

拡張  14-16, 17-1, 17-3, 17-8

CCM サーバ  1-2, 2-1

CCM データベース  24

バックアップ  7-2

ログ ファイル  6-4

ccm-admin ロール  4-2, 24

authentication サブロール  4-2

authorization サブロール  4-2

database サブロール  4-2

owner-region サブロール  4-2

server-management サブロール  4-2

Central Configuration Management(CCM)database

See CCM database

Central Configuration Management(CCM)サーバ  2-1

「CCM サーバ」を参照

central-cfg-admin ロール  4-3

dhcp-management サブロール  4-3

dns-management サブロール  4-3

ric-management サブロール  4-3

chaddr、DHCP フィールド  24

changeset データベース、DDNS

チェックポイント間隔  15-9

check-lease-acceptable 拡張ポイント、DHCP  14-16, 17-26

ciaddr、DHCP フィールド  19-3, 24

Cisco ルータ  14-4

CLI  2-1, 3-9

コマンド構文  3-9

client コマンド(CLI)

create  13-8

default create  13-8

delete  13-9

list  13-9

listnames  13-9

set  13-8

action=exclude  13-8

action=one-shot  13-10

authenticate-until  13-8, 13-11

client-lookup-id  13-17

default-namespace  19-6

domain-name  13-8

host-name=@no-host-name-option  13-8

limitation-id  13-17

limitation-key  13-17

over-limit-client-class-name  13-17

override-namespace  19-6

policy-name  13-8, 13-10

show  13-8

unset  13-8

client-cache-count、DHCP アトリビュート  13-12

client-cache-ttl、DHCP アトリビュート  13-12

client-class、DHCP アトリビュート  13-41

client-class コマンド(CLI)

create  13-3

delete  13-4

list  13-4

listnames  13-4

set  13-3

default-namespace  19-6

host-name  13-4

limitation-id  13-17

limitation-key  13-17

over-limit-client-class-name  13-17

override-namespace  19-6

selection-criteria(-excluded)  13-5

show  13-4

client-classes

QOS  2-19

イネーブル  2-20, 13-1

組み込みポリシー  13-6

クライアント エントリのスキップ  13-11

クライアントの移動  13-11

作成  13-3

スコープ選択タグ  13-2

設定  5-21, 13-1

定義  13-3

トラブルシューティング  13-38

表示  13-4

プロパティの設定  13-3

包含と除外  13-4

ホスト名  13-4

リスト  13-4

client-classes の設定

「client-classes」を参照

client-class-lookup-id、DHCP アトリビュート  13-13, 13-17

client-class-policy コマンド(CLI)

enable/disable

allow-dual-zone-dns-update  15-14

client-dns-name、リース アトリビュート  13-43

client-domain-name、リース アトリビュート  13-43

client-flags、リース アトリビュート  13-44

client-fqdn、DHCP オプション  15-12, B-16

client-host-name、リース アトリビュート  13-44

client-id、リース アトリビュート  13-44

Client-Identifier、DHCP オプション  B-11

client-lookup-id、クライアント アトリビュート  13-17

client-mac-addr、リース アトリビュート  13-44

client-policy コマンド(CLI)

enable/disable

allow-dual-zone-dns-update  15-14

CMTS

「ケーブル モデム終端システム」を 参照

CNAME レコード  A-3, 24

CNR_CCM_PORT システム変数  16-8

cnr.conf ファイル、CCM SCP ポートの設定  16-8

CNRDB データベース  24

損害からの回復  7-7, 7-9

バックアップ  7-2, 7-6

ファイル  7-7

ログ ファイル  7-7

cnrdb_checkpoint ユーティリティ  7-16

cnrdb_recover ユーティリティ  7-15

cnrdb_verify ユーティリティ  7-16

cnr_exim ユーティリティ  7-11

cnr_keygen ユーティリティ  15-6

cnr_tactool ユーティリティ  6-14

collect-addr-util-duration、DHCP アトリビュート  5-7, 18-13

collect-addr-util-interval、DHCP アトリビュート  5-7, 18-13

comment、DHCP 式  13-23

COMMUNICATIONS-INTERRUPTED、フェールオーバー  2-17

Complete、フェールオーバー同期  5-25, 16-9

concat、DHCP 式  13-23

config_mcd_log ファイル  6-4

cookie-servers、DHCP オプション  B-3

create-object-classes、LDAP アトリビュート  13-49

cron タスク(UNIX)  12-24

custom-option cコマンド(CLI)

delete  14-13

custom-option コマンド(CLI)

create  14-13

get  14-13

list  14-13

listnames  14-13

set  14-13

show  14-13

unset  14-13

D

Data over Cable Service Interface Specification

「DOCSIS」を参照

database サブロール(ccm-admin)  4-2

database サブロール(regional-admin)  4-3

dbcheck ユーティリティ(バックアップ)  7-4, 7-5, 7-17

Default Finger Server、DHCP オプション  B-9

Default Internet Relay Chat Server、DHCP オプション  B-9

Default World Wide Web Server、DHCP オプション  B-9

default-ip-ttl、DHCP オプション  B-4

default-ip-ttl、ポリシーオプション  11-18

default-tcp-ttl、DHCP オプション  B-6

default-tcp-ttl、ポリシーオプション  11-18

defttl、ゾーンのアトリビュート  10-8

delegating

subzones  24

dex 拡張  17-8

dex.h ファイル  17-8

DHCP

Basic オプション  B-20

defer lease extensions オプション  14-11

enable unicast  14-11

equal-priority-most-available  11-7, 11-10

Host IP オプション  B-20

ICMP エラーを無視  12-6

Interface オプション  B-20

LDAP モード  13-41

Lease Information オプション  B-21

leasequery、「leasequery」を参照

Microsoft DHCP Client オプション  B-21

NetWare Client オプション  B-21

Packet Fields オプション  B-20

PING パケット  14-11

priority-address-allocation  11-10

Servers オプション  B-21

SMS ネットワーク ディスカバリ レコード  14-15

WINS/NetBios オプション  B-22

イーサネット アドレス  11-2

オプション  11-21

RFC 2132  B-1

検証  B-13

オプション 82  13-13

概要  2-8

カスタム オプション  14-13

削除  14-13

編集  14-13

カスタム オプションの追加  14-13

管理  2-9

関連サーバの表示  6-9

切り替え  14-5

クライアント

IP アドレス  19-3, 24

MAC アドレス  2-20, 24

クライアント リース要求名  2-20

ご使用の IP アドレス  19-3, 32

クライアント サーバ モデル  2-8

コンフィギュレーションのガイドライン  1-6

サーバ

インターフェイスからアドレスを削除  11-2

インターフェイスを選択  11-2

設定  11-1, 12-1, 14-1

次の DHCP の IP アドレス  30

転送、切り替え  14-5

トラブルシューティング  14-18

ロギング  6-4, 15-22

最終トランザクション時間の粒度  14-11

柔軟なネーム オプション

@host-name-option  13-4

@no-host-name-option  13-4, 13-8

@use-macaddress  13-4, 13-8

スコープをディセーブルにする  11-15

設定

カスタム オプション  14-13

リース時間  11-2

バッファ、割り当て  14-10

フォワーディング  14-5

プロトコルの説明  2-8

ほかのサーバに対する要求を無視  12-12

ポリシー、「ポリシー」を参照

ユーザ例  2-8

要求、個数  14-10

要求の処理  2-19

ライブラリ パス  14-14

利点  2-8

リモート WAN 設定  11-2

ログ設定  14-18

DHCP オプションの検証  B-13

DHCP クライアントを別のサブネットに移動  13-11

DHCP コマンド(CLI)

設定

synthesize-reverse-zone  15-3

dhcp コマンド(CLI)

attachExtension  14-5

detachExtension  14-5

disable

vpn-communication  19-10

enable

client-class  13-2, 13-41

defer-lease-extensions  14-11

delete-orphaned-leases  11-12, 19-10

delete-orphaned-subnets  19-10

failover  16-5

failover-use-safe-period  16-23

get-subnet-mask-from-policy  11-21

hardware-unicast  14-11

ignore-icmp-errors  12-6

ignore-requests-for-other-servers  12-12

ip-history  12-16

return-client-fqdn-if-asked  15-13

save-lease-renewal-time  13-44

skip-client-lookup  13-11

update-dns-for-bootp  14-3

use-client-fqdn  15-13

use-client-fqdn-first  15-13

use-ldap-client-data  13-41

get  14-11

dbsn  7-10

getRelatedServers  6-10

limitationList  13-16

reload  13-41

set  14-11

activity-summary-interval  14-19

client-cache-count  13-12

client-cache-ttl  13-12

client-class-lookup-id  13-17

failover-backup-percentage  16-18

failover-backup-server  16-5

failover-dynamic-bootp-backup-percentage  16-27

failover-main-server  16-5

failover-maximum-client-lead-time  16-21

failover-poll-interval  16-23

failover-poll-timeout  16-23

failover-recover  16-16

failover-safe-period  16-23

last-transaction-time-granularity  14-11

ldap-mode  13-41

lease-period-factor  16-21

log-settings  6-3, 14-18, 15-11

log-settings=activity-summary  14-19

log-settings=client-class-processing  13-4

log-settings=client-criteria-processing  13-38, 14-18

log-settings=client-detail  13-38, 14-18

log-settings=default  14-18

log-settings=dns-update-detail  14-18

log-settings=dropped-waiting-packets  14-19

log-settings=failover-detail  14-18, 16-28

log-settings=incoming-packet-detail  14-18

log-settings=incoming-packets  14-18

log-settings=ldap-create-detail  14-18

log-settings=ldap-query-detail  13-38, 14-18

log-settings=ldap-update-detail  14-18

log-settings=leasequery  14-19

log-settings=minimal-config-info  14-19

log-settings=missing-options  14-18, 14-19

log-settings=no-dropped-bootp-packets  14-19

log-settings=no-dropped-dhcp-packets  14-19

log-settings=no-failover-activity  14-19, 16-28

log-settings=no-failover-conflict  16-28

log-settings=no-invalid-packets  14-19

log-settings=no-reduce-logging-when-busy  14-19

log-settings=no-timeouts  14-19

log-settings=outgoing-packet-detail  14-18

log-settings=unknown-criteria  14-18

max-dhcp-requests  14-10

max-dhcp-responses  14-10

max-ping-packets  14-11

max-waiting-packets  14-19

mcd-blobs-per-bulk-read  14-19

sms-lease-interval  14-15

sms-library-path  14-14

sms-network-discovery  14-15

sms-site-code  14-15

setPartnerDown  16-23

show  14-11

start  6-2

stop  6-2

unset  14-11

updateSms  14-14, 14-15, 16-24

DHCP サーバ インターフェイスの選択  11-2

DHCP サーバの切り替え  14-5

DHCP サーバの設定  2-8, 11-1, 12-1, 14-1

オプション  11-21

概要  11-2

切り替え  14-5

スコープ、「スコープ」を参照

フォワード  14-5

ポリシー、「ポリシー」を参照

dhcp、スコープ アトリビュート  11-15, 16-27

DHCP 転送、イネーブル化  14-5

DHCPACK パケット  25

dhcp-admin ロール  4-3, 25

dhcp-class-identifier、DHCP オプション  14-7, B-11

dhcp-client-identifier、DHCP オプション  B-11

DHCPDISCOVER パケット  13-13, 25

dhcp-interface コマンド(CLI)  11-2

DHCPLEASEQUERY パケット

「leasequery」を参照  12-26

dhcp-lease-time、DHCP オプション  11-21, B-9

dhcp-lease-time、ポリシー オプション  11-18

dhcp-management サブロール(central-cfg-admin)  4-3

dhcp-management サブロール(regional-addr-admin)  4-4

dhcp-max-message-size、DHCP オプション  B-10

dhcp-message、DHCP オプション  B-10

dhcp-message-type、DHCP オプション  B-10

DHCPNACK パケット  25

DHCPOFFER パケット  25

dhcp-option list コマンド(CLI)  11-22

dhcp-option-overload、DHCP オプション  B-9

dhcp-parameter-request-list、DHCP オプション  B-10

dhcp-rebinding-time、DHCP オプション  B-11

DHCPRENEW パケット  13-15, 25

dhcp-renewal-time、DHCP オプション  B-10

DHCPREQUEST パケット  11-2, B-10, 25

dhcp-requested-address、DHCP オプション  B-9

dhcp-server-identifier、DHCP オプション  B-10

dhcp-user-class-id、DHCP オプション  B-16

dn-attribute、LDAP アトリビュート  13-48

dn-create-format、LDAP アトリビュート  13-49

dn-format、LDAP アトリビュート  13-48

DNS

アドレス フォーマット  2-2

オプション

DNS キャッシュのフラッシュ  10-11

最大メモリ キャッシュ サイズ  10-11

ローカル ポートと外部ポート  10-12

逆引きネーム サーバ  2-7

キャッシュ専用サーバ、「キャッシュ専用サーバ」を参照

キャッシュのフラッシュ  10-11

クライアント/サーバ モデル  2-5

グルー レコード  8-15, 26

削除  8-16

無効  8-15

グルー レコードの事前取り込み  10-9

権限サーバ、「権限ネーム サーバ」を参照  23

コンフィギュレーションのガイドライン  1-6

サーバ

ixfr-enable アトリビュート  10-6

ixfr-expire-interval アトリビュート  10-6

log-settings アトリビュート  10-14

no-recurse アトリビュート  10-3, 10-5

notify アトリビュート  10-7

notify-set アトリビュート  10-7

round-robin アトリビュート  10-5

subnet-sorting アトリビュート  10-6

セカンダリ、「セカンダリ ネーム サーバ」を参照

トラブルシューティング  10-14

名  10-1

ロギング  6-4, 10-14, 15-21

再帰クエリー  10-5

最大

キャッシュ TTL プロパティ  10-10

メモリ キャッシュ サイズ  10-11

スレーブ サーバの作成  10-2

セカンダリ サーバ、「セカンダリ、ネーム サーバ」を参照  2-5

ダイナミック DNS アップデート  15-4

ドメイン、「ドメイン」を参照

ネーム サーバ  2-5

ネームからアドレス解決  2-6, A-1

否定キャッシュ時間  10-10, 28

不完全な委任  8-15

不完全な委任、レポート  10-10

不完全な委任のレポート  10-10

プライマリ サーバ、「プライマリ ネーム サーバ」を参照

プロトコルの説明  2-2

分散データベース  8-1

ポート  10-12

ホスト  8-7

ルート ネーム サーバの定義  10-3

例外処理  10-4

ログ設定  10-14

DNS キャッシュのフラッシュ  10-11

DNS コマンド(CLI)

設定

query-source-address  10-12

query-source-port  10-12

dns コマンド(CLI)

addException  10-4

addForwarder  10-2

addRootHint  10-4

disable

no-fetch-glue  10-9

no-recurse  10-3

subnet-sorting  10-6

enable

fake-ip-name-response  10-11

ixfr-enable  10-6

lame-deleg-notify  10-10, 10-13

no-recurse  10-5

notify  10-7

round-robin  10-6

save-negative-cache-entries  10-11

slave-mode  10-2

subnet-sorting  10-6

update-relax-zone-name  15-4

flushCache  10-11

get

no-recurse  10-3

round-robin  10-6

listExceptions  10-4

listForwarders  10-2

removeException  10-4

removeForwarder  10-2

set

activity-summary-interval  10-15

local-port-num  10-12

log-settings  6-3, 10-14

max-cache-ttl  10-10

max-negcache-ttl  10-10

mem-cache-size  10-11, 10-13

notify-min-interval  10-13

notify-send-stagger  10-13

notify-wait  10-13

remote-port-num  10-12

update-acl  15-6

show  10-1

DNS サーバ、管理  10-13

DNS サーバの設定  8-1

NOTIFY、「NOTIFY」を参照

一般的なプロパティ  10-1

逆引きゾーン  8-11

キャッシュのフラッシュ  10-11

キャッシング専用  10-3

グルー レコードの事前取り込み  10-9

再帰クエリー  10-5

最大キャッシュ TTL プロパティ  10-10

最大メモリ キャッシュ サイズ  10-11

サブネットのソート  10-6

差分ゾーン転送(IXFR)  10-6

詳細なオプション  10-8

セカンダリ、「セカンダリ ネーム サーバ」を参照

ゾーンデータのインポート  8-8

転送  10-2

否定キャッシュ時間  10-10, 28

フォワーダ  10-2

不完全な委任のレポート  10-10

ホスト  8-7

リソース レコード  9-6

ルート名  10-3

ループバック ゾーン、「ループバック、ゾーン」を参照  8-5

例外リストの指定  10-4

ローカル ポート番号と外部ポート番号  10-12

ローカルホスト  8-5

dns-management サブロール(central-cfg-admin)  4-3

DOCSIS  1-1, 25

TFTP および  2-22

domain-name、DHCP オプション  B-4

domain-name、クライアント アトリビュート  13-8

domain-name-servers、DHCP オプション  B-3

do-times、DHCP 式  13-24

dynamic-bootp、スコープ アトリビュート  11-15, 14-3, 16-27

dynamic-dns、スコープ アトリビュート  15-15

E

end、DHCP オプション  B-3

environmentdictionary、DHCP の式  13-24

equal(i)、DHCP 式  13-25

equal-priority-most-available、DHCP アトリビュート  11-7, 11-10

Ethernet Encapsulation、DHCP オプション  B-6

Event Viewer、Windows  6-4

Exact、フェールオーバー同期  5-25, 16-9

export コマンド(CLI)

addresses

namespace  19-7

leases  12-4, 12-5

-namespace  19-7

extensions

API  C-15

DEX attribute dictionary  C-17

DEX attribute methods  C-17

DEX environment methods  C-20

Tcl attribute dictionary  C-15

Tcl attribute methods  C-15

Tcl environment methods  C-16

decoded packet data items  C-2

dictionaries

entries  C-2

extensions-path、DHCP オプション  B-4

extension-trace-level、DHCP アトリビュート  17-19, C-16, C-17, C-20, C-21

F

failover-backup-allocation-boundary、スコープ アトリビュート  11-10, 11-11

failover-backup-percentage、DHCP アトリビュート  16-18

failover-backup-percentage、スコープ アトリビュート  16-18

failover-backup-server、DHCP アトリビュート  16-5

failover-backup-server、スコープ アトリビュート  16-7

failover-dynamic-bootp-backup-percentage、DHCP アトリビュート  16-27

failover-dynamic-bootp-backup-percentage、スコープ アトリビュート  16-19

failover-main-server、DHCP アトリビュート  16-5

failover-main-server、スコープ アトリビュート  16-7

failover-maximum-client-lead-time、DHCP アトリビュート  16-21

failover-poll-interval、DHCP アトリビュート  16-23

failover-poll-timeout、DHCP アトリビュート  16-23

failover-recover、DHCP アトリビュート  16-16

failover-safe-period、DHCP アトリビュート  16-23

failover-use-safe-period、DHCP アトリビュート  16-23

fake-ip-name-response、DNS アトリビュート  10-11, 10-12

file_tftp_1_log ファイル  6-4, 6-12

file_tftp_1_trace ファイル  6-4

finger-servers、DHCP オプション  B-9

font-servers、DHCP オプション  B-8

force-lock コマンド(CLI)  3-9

FQDN  2-3, 9-3, 26

DHCP 処理  2-19

オプション、DHCP  15-12

free-address-low-threshold イベント、SNMP  2-23

G

giaddr、DHCP フィールド  2-21, 19-3, 26

givenname アトリビュート、LDAP  13-40, 13-42

grace-period、ポリシーのアトリビュート  13-10

grep ツール(UNIX)  6-14

H

HINFO レコード  A-3, 26

Host Info レコード

「HINFO レコード」を参照

host-admin ロール  4-3, 26

host-name、client-class アトリビュート  13-4

host-name、DHCP オプション  B-3

HTTPS ログイン  3-2

I

ICMP

エコー、「PING」を参照

エラー、無視  12-5

ieee802.3-encapsulation、DHCP オプション  B-6

ieee802.3-encapsulation、ポリシー オプション  11-18

IETF  2-8, 11-17, 25

if、DHCP 式  13-25

ifconfig ツール(UNIX)  6-14

ignore-requests-for-other-servers、DHCP アトリビュート  12-12

import コマンド(CLI)

キー  15-7

リース  12-4, 19-7

impress-servers、DHCP オプション  B-3

in-addr.arpa ドメイン  2-7, 26

Infoサーバのロギング  6-3

inhibit-all-renews、ポリシー アトリビュート  12-12

inhibit-renews-at-reboot、ポリシー アトリビュート  12-12

init-entry 拡張ポイント  17-5

C/C++  17-10

Tcl  17-7

init-entry 拡張ポイント、DHCP  14-16

INIT-REBOOT パケット  2-17

INT32 オプションの検証  B-22

interface-mtu、DHCP オプション  B-5

interface-mtu、ポリシー オプション  11-18

Internet Operating System

「IOS」を参照

Internet Service Providers  1-1

IOS、VPN サポート  19-1

IP Address Lease Time、DHCP オプション  B-9

IP addresses

「アドレス、IP」を参照

IP ヘルパー アドレス  14-4

IP リースのシャッフル  12-11

IP 履歴

「リース履歴」を 参照

IPADDR オプションの検証  B-22

IPADDR_LIST オプションの検証  B-22

ipconfig ユーティリティ  11-17, 13-9

ip-forwarding、DHCP オプション  B-4

ip-helper  16-27

ルータへの追加  4-21

iphist ユーティリティ  12-18

ip-history、DHCP アトリビュート  5-7, 12-16

ip-history、DHCP サーバ アトリビュート  12-16, 12-21

ip-history-dir、DHCP サーバ アトリビュート  12-16, 12-21

ip-history-max-age、DHCP アトリビュート  5-7, 12-17

ip-string、DHCP 式  13-25

irc-servers、DHCP オプション  B-9

ISDN レコード  A-3

is-master、ルータ アトリビュート  5-11

ISP

「インターネット サービス プロバイダー」を 参照

is-string、DHCP 式  13-26

is-virtual(ルータ アトリビュート)  5-11

ixfr、リモート DNS サーバ アトリビュート  10-13

ixfr-enable、DNS アトリビュート  10-6

ixfr-expire-interval、DNS アトリビュート  10-6

J

jsui_log. date .txt ファイル  6-4

K

keybuild ユーティリティ(バックアップ)  7-4, 7-5, 7-17

L

lame-deleg-notify、DNS アトリビュート  10-10, 10-13

lame-deleg-notify、DNS サーバ アトリビュート  10-10

LAN セグメント  2-19, 30

LDAP  9-8, 13-39

carlicense アトリビュート  13-46

DHCP

クライアント クエリー  13-39

マッピング  13-39, 13-40

givenname アトリビュート  13-40, 13-42

lease-state

アップデート  13-44

アトリビュート  13-43

localityname アトリビュート  13-40

sn(surname)アトリビュート  13-40

uid アトリビュート  13-46

アップデート、イネーブル  13-47, 13-48

一般的なアトリビュート設定  13-50

イベント サービス、フェールオーバー同期の影響  16-9

エントリ作成  13-48, 13-49

クエリー、イネーブル  13-39

クエリータイムアウト期間  13-51

クエリーをイネーブルにする  13-40

組み込みポリシー  13-42

クライアント エントリの遮蔽  13-41

クライアント コンフィギュレーション  13-39

検索

スコープ  13-40

パス  13-40

フィルタ  13-40

検索のフィルタリング  13-47

サーバの優先  13-41

識別名(dn)  13-40

状態のアップデート  13-46

スキーマ チェックをディセーブルにする  13-39

スレッド待ち期間  13-50

接続数の設定  13-50

設定  13-39

ディレクトリ サポート  13-39

トラブルシューティング  13-50

パスワード  13-40

フェールオーバー構成  16-4

プロトコルの定義  13-39

ユーザ名  13-40

要求のタイムアウト期間  13-51

リースデータの格納

クライアント エントリで  13-45

単独で  13-45

LDAP イベント サービス、フェールオーバー同期の影響  5-26

LDAP クライアント エントリの遮蔽  13-41

ldap コマンド(CLI)

create  13-40, 13-46

delete  13-40

disable

can-create  13-50

can-query  13-50

can-update  13-50

enable

can-create  13-49, 13-50

can-query  13-38, 13-41, 13-50

can-update  13-47, 13-48, 13-50

limit-requests  13-50

getEntry  13-40

list  13-41

listnames  13-41

set

connections  13-50

create-object-classes  13-49

dn-attribute  13-48

dn-create-format  13-49

dn-format  13-48

max-requests  13-50

password  13-40, 13-47, 13-48, 13-50

port  13-50

preference  13-41, 13-50

query-timeout  13-51

search-filter  13-40, 13-42, 13-50

search-path  13-40, 13-50

search-scope  13-40

threadwaittime  13-50

timeout  13-50, 13-51

update-search-attribute  13-47

update-search-filter  13-47

update-search-path  13-47

update-search-scope  13-47

username  13-40, 13-47, 13-48, 13-50

setEntry  13-40

create-dictionary givenname  13-49

create-dictionary localityname  13-49

create-dictionary sn  13-49

query-dictionary  13-50

query-dictionary givenname  13-40

query-dictionary localityname  13-40

query-dictionary sn  13-40

update-dictionary carlicense  13-47, 13-48

update-dictionary uid  13-47, 13-48

show  13-41

unsetEntry  13-40

LDAP の設定  13-39

DHCP へのマップ  13-39

lease-state

アップデート  13-44

アトリビュート  13-43

エントリの作成  13-48

クエリーをイネーブルにする  13-40

状態のアップデート  13-46

リースデータの格納

クライアント エントリで  13-45

単独で  13-45

ldap-mode、DHCP アトリビュート  13-41

lease コマンド(CLI)

activate  12-7

deactivate  12-7, 12-8

delete-reservation  12-10

force-available  12-11, 12-13, 14-3

list  6-10, 12-2

send-reservation  12-9

set

address  13-43

client-dns-name  13-43

client-domain-name  13-43

client-flags  13-44

client-host-name  13-44

client-id  13-44

client-mac-addr  13-44

expiration  13-44

flags  13-44

lease-renewal-time  13-44

start-time-of-state  13-44

state  13-44

vendor-class-identifier  13-44

show  12-2

lease-history サブロール(regional-addr-admin)  4-4

lease-notification コマンド(CLI)  12-24

available  12-15, 12-24

config ファイルの指定  12-26

mail-host  12-24

recipients  12-24

scopes  12-24

lease-period-factor、DHCP アトリビュート  16-21

leasequery  12-26

予約と  12-27

ロギング  14-19

lease-renewal-time、リース アトリビュート  13-44

lease-state-change 拡張ポイント、DHCP  14-16, 17-27

length、DHCP 式  13-26

let、DHCP 式  13-26

limitation-count、DHCP アトリビュート  13-14

limitation-count、ポリシー アトリビュート  13-18

limitation-id、DHCP アトリビュート  13-13

limitation-id、クライアント アトリビュート  13-17

割り当て優先度と  11-8

limitation-id、クライアントクラス アトリビュート  13-17

limitation-key、client-class アトリビュート  13-17

limitation-key、クライアント アトリビュート  13-17

limit-requests、LDAP アトリビュート  13-50

Linux

CLI の場所  3-9

小/中規模システムについての推奨事項  1-3

大規模システムについての推奨事項  1-4

localhost  8-5, 10-14

localhost_access_log. date .txt ファイル  6-4

local-port-number、DNS アトリビュート  10-12

log-servers、DHCP オプション  B-3

log-settings、DHCP アトリビュート  13-38, 16-28

log-settings、DNS アトリビュート  10-14

log.xxx ファイル、CNRDB  7-7

lpr-servers、DHCP オプション  B-3

M

MAC アドレス、クライアント  2-20

Main Menu ページ

リージョナル クラスタ  3-8

ローカル クラスタ  3-7

mask-blob、DHCP 式  13-26

mask-int、DHCP 式  13-27

mask-supplier、DHCP オプション  B-5

mask-supplier、ポリシー オプション  11-18

max-cache-ttl、DNS アトリビュート  10-10

max-dgram-reassembly、DHCP オプション  B-4

max-dgram-reassembly、ポリシー オプション  11-18

Maximum DHCP Message Size、DHCP オプション  B-10

max-negcache-ttl、DNS アトリビュート  10-10

max-requests、LDAP アトリビュート  13-50

MB レコード  A-3

MCD データベース  28

回復

障害  7-4

バックアップ  7-5

管理ユーティリティ  13-42

整合性  7-4

バックアップ  7-2, 7-4

ファイル  6-4, 7-6

ロギング  6-4

mcdadmin ユーティリティ  7-13, 13-42

mcdshadow バックアップ ユーティリティ  7-3

サード パーティ プログラムと  7-3

MCLT

「最大クライアントリードタイム」を参照  16-20

mcns-security-server、DHCP オプション  B-16

mem-cache-size、DNS アトリビュート  10-11, 10-13

merit-dump、DHCP オプション  B-4

MG レコード  A-4

Microsoft Client、DHCP オプション  B-12

Microsoft DHCP スタック  11-2

MINFO レコード  A-4

minttl、SOA アトリビュート  8-5

mobile-ip-home-agents、DHCP オプション  B-16

MR レコード  A-4

MSO  1-1

Multiple Service Operators

「MSO」を参照

MX レコード  A-4, 28

N

Name Server レコード

「NS レコード」を参照

name_dhcp_1_log ファイル  6-4

name_dns_1_log ファイル  6-4

namespace コマンド(CLI)

create  19-4

set

vrf-name  19-4

name-to-address 解決  2-6, A-1

Naming Authority Pointer レコード

「NAPTR レコード」を参照

NAPTR レコード  9-8, A-5

nds-context、DHCP オプション  B-16

nds-servers、DHCP オプション  B-16

nds-tree、DHCP オプション  B-16

netbios-dd-servers、DHCP オプション  B-8

netbios-name-servers、DHCP オプション  B-8

netbios-node-type、DHCP オプション  B-8

netbios-scope、DHCP オプション  B-8

netwareip-domain、DHCP オプション  B-15

netwareip-information、DHCP オプション  B-15

Network Information Service

「nis エントリ」を参照

Network News Transport Protocol  B-8

Network Registrar

CLI  3-9

cnrdb_checkpoint ユーティリティ  7-16

cnrdb_recover ユーティリティ  7-15

cnrdb_verify ユーティリティ  7-16

cnr_exim ユーティリティ  7-11

dbcheck ツール  7-17

keybuild ユーティリティ  7-17

mcdadmin ユーティリティ  7-13

値の大文字小文字を区別する  24

ウィルススキャンからディレクトリを除外する  7-11

エラーロギング  6-3

概念とプロトコル  2-1

管理コンポーネント  2-1

関連した DHCP サーバを表示  6-9

サーバ エージェント、ロギング  6-4

サーバ管理タスク  4-1, 5-1, 6-1, 7-1

データベース

バックアップ  7-1

復元  7-5

配置  1-1

ユーザ インターフェイス  3-1

ユーザ、の種類  1-1

Network Registrar の配置  1-1

Network Time Protocol  B-7

nis+-domain、DHCP オプション  B-8

nis-domain、DHCP オプション  B-6

nis+-servers、DHCP オプション  B-8

nis-servers、DHCP オプション  B-7

nntp-servers、DHCP オプション  B-8

no-fetch-glue、DNS アトリビュート  10-9

no-fetch-glue、DNS サーバ アトリビュート  10-9

non-local-source-routing、DHCP オプション  B-4

non-local-source-routing、ポリシー オプション  11-18

no-recurse アトリビュート、DNS サーバ  10-3, 10-5

NORMAL 状態、フェールオーバー  2-16

not、DHCP 式  13-27

NOTIFY  28

イネーブル  10-7

トランザクションのログ  10-14

notify アトリビュート、DNS サーバ  10-7

notify-min-interval、DNS サーバ アトリビュート  10-13

notify-send-stagger、DNS サーバ アトリビュート  10-13

notify-set、DNS アトリビュート  10-7

notify-wait、DNS サーバアトリビュート  10-13

ns、SOA アトリビュート  8-5

NS レコード  A-5

NSAP レコード  A-6

nslookup ユーティリティ  10-15

トラブルシューティング DDNS  15-11

nsttl、ゾーン アトリビュート  10-8

ntp-servers、DHCP オプション  B-7

null、DHCP 式  13-27

O

Option Overload、DHCP オプション  B-9

option-datatype コマンド(CLI)

create  14-7

defineField  14-7

delete  14-8

enable read-only  14-7

list  14-8

listFields  14-8

listnames  14-8

show  14-8

undefineField  14-8

OUI、VPN 用  19-4, 28

overflow-client-class、DHCP アトリビュート  13-14

over-limit-client-class-name、client アトリビュート  13-17

over-limit-client-class-name、client-class アトリビュート  13-17

owner-region サブロール(ccm-admin)  4-2

owner-region サブロール(regional-admin)  4-3

P

packet-file-name、DHCP オプション  14-2, B-13

packet-file-name オプション、DHCP  14-3

packet-server-name、DHCP オプション  14-2, B-13

packet-server-name オプション、DHCP  14-3

packet-siaddr、DHCP オプション  14-2, B-13

packet-siaddr オプション、DHCP  14-3

pad、DHCP オプション  B-3

Parameter Request List、DHCP オプション  B-10

PARTNER-DOWN 状態、フェールオーバー  2-17

イネーブル  16-22

path-mtu-aging-timeout、DHCP オプション  B-5

path-mtu-aging-timeout、ポリシー オプション  11-18

path-mtu-plateau-tables, DHCP オプション  B-5

path-mtu-plateau-tables、ポリシー オプション  11-18

PAUSED 状態、フェールオーバー  2-18

PDU、SNMP  2-24

perform-mask-discovery、DHCP オプション  B-5

perform-mask-discovery、ポリシー オプション  11-18

pick-first-value、DHCP 式  13-27

ping ユーティリティ  12-5

ping-clients、スコープ アトリビュート  12-6

ping-timeout、スコープ アトリビュート  12-6

Pointer(Reverse Mapping)レコード

「PTR レコード」を参照

policy コマンド(CLI)

create  11-21, 14-3, 15-15

disable

allow-client-a-record-update  15-12, 15-13

enable

allow-client-a-record-update  15-12, 15-13, 15-14, 15-15

allow-dual-zone-dns-update  15-14

permanent-leases  11-21

getOption  11-22

dhcp-lease-time  11-21

listOptions  11-18, 11-21, 11-22

listVendorOptions  14-8

set  11-21, 14-3, 15-15

grace-period  13-10

limitation-count  13-18

setLeaseTime  11-21

setOption  11-21, 11-22, 14-3

subnet-mask  11-21

setVendorOption  14-8

unsetOption  11-22, 14-13

unsetVendorOption  14-8

policy、スコープ アトリビュート  15-15

policy-filters、DHCP オプション  B-4

policy-name、クライアント アトリビュート  13-8, 13-10

poll-lease-hist-interval、クラスタ アトリビュート  12-17

poll-lease-hist-offset、クラスタ アトリビュート  12-17

poll-lease-history アトリビュート  5-6

poll-lease-history-interval アトリビュート  5-6

poll-lease-history-offset アトリビュート  5-6

poll-lease-history-server-first アトリビュート  5-6

poll-lease-hist-retry、クラスタ アトリビュート  12-17

poll-replica-interval、クラスタ アトリビュート  5-4

poll-replica-offset、クラスタ アトリビュート  5-4

poll-subnet-util-interval アトリビュート  5-6

poll-subnet-util-interval、クラスタ アトリビュート  18-14

poll-subnet-util-offset アトリビュート  5-6

poll-subnet-util-offset、クラスタ アトリビュート  18-14

poll-subnet-util-retry アトリビュート  5-6

poll-subnet-util-retry、クラスタ アトリビュート  18-14

poll-subnet-util-server-first アトリビュート  5-6

pop3-servers、DHCP オプション  B-8

Post Office Protocol  B-8

post-class-lookup 拡張ポイント、DHCP  14-16, 17-23

post-client-lookup 拡張ポイント、DHCP  14-16, 17-25

post-packet-decode 拡張ポイント、DHCP  14-16, 17-22

post-send-packet 拡張ポイント、DHCP  14-17, 17-16

POTENTIAL-CONFLICT 状態、フェールオーバー  2-17

pre-client-lookup 拡張ポイント、DHCP  14-16, 17-23

pre-dns-add-forward 拡張ポイント、DHCP  14-17, 17-17, 17-31

pre-packet-encode 拡張ポイント、DHCP  14-17, 17-16, 17-28

primary-subnet、スコープ アトリビュート  11-14

priority-address-allocation、DHCP アトリビュート  11-10

progrn、DHCP 式  13-27

Protocol Data Unit、SNMP

「PDU」を参照

PTR レコード  A-6, 29

Q

Query source IP address、DNS サーバ アトリビュート  10-12

Query source UDP port、DNS サーバ アトリビュート  10-12

query-source-address、DNS サーバ アトリビュート  10-12

query-source-port、DNS サーバ アトリビュート  10-12

query-timeout、LDAP アトリビュート  13-51

R

RBE(routed bridge encapsulation)  30

Rebinding(T2)Time Value、DHCP オプション  B-11

RECOVER 状態、フェールオーバー  2-18

RECOVER-DONE 状態、フェールオーバー  2-18

regional-addr-admin ロール  4-4

dhcp-management サブロール  4-4

lease-history サブロール  4-4

ric-management サブロール  4-4

subnet-utilization サブロール  4-4

regional-admin ロール  4-3

authentication サブロール  4-3

authorization サブロール  4-3

database サブロール  4-3

owner-region サブロール  4-3

server-management サブロール  4-3

relay-agent-info、DHCP オプション  B-16

加入者制限  13-13

remote-dns コマンド(CLI)

create  10-13

remote-password、フェールオーバー アトリビュート  16-8

remote-port-number、DNS アトリビュート  10-12

remote-scp-port、フェールオーバー アトリビュート  16-8

remote-username、フェールオーバー アトリビュート  16-8

Renewal(T1)Time Value、DHCP オプション  B-10

report コマンド(CLI)  6-9, 12-15, 12-22

request dump、DHCP 式  13-29

request option、DHCP 式  13-28

request packetfield、DHCP 式  13-29

Requested IP Address、DHCP オプション  B-9

resource-location-servers、DHCP オプション  B-3

restrict-xfer、ゾーン アトリビュート  8-14

restrict-xfer-acl、ゾーン アトリビュート  8-14

RFC

1001、1002  B-8

1035  8-8, 15-18

1042  B-6

1122  B-2

1123  2-22

1179  B-3

1191  B-5

1256  B-5

1350  2-22

1497  B-2

1995  1-6, 10-6

1996  1-6, 10-7

2131  2-15, 14-2

2132  B-1

2136  8-18

2308  10-10

2316  25

2685  19-4

2782  9-7, 15-16, A-7

2915  A-5

2916  9-8

3046  13-13, 13-17

3263  9-8

3403  9-8

865  B-3

868  B-3

887  B-3

893  B-6

894  B-6

950  B-3

951  B-2

RIC サーバ

「Router Interface Configuration サーバ」を 参照

ric-management サブロール(central-cfg-admin)  4-3

ric-management サブロール(regional-addr-admin)  4-4

root-path、DHCP オプション  B-4

round-robin、DNS アトリビュート  10-5

Router Interface Configuration(RIC)サーバ  1-2, 5-8

router-discovery、DHCP オプション  B-14

router-discovery、ポリシー オプション  11-18

router-solicitation-address、DHCP オプション  B-5

router-solicitation-address、ポリシー オプション  11-18

RP レコード  A-6

RT レコード  A-6

S

save-lease-renewal-time、DHCP アトリビュート  13-44

save-negative-cache-entries、DNS アトリビュート  10-11

scope コマンド(CLI)

addRange  11-6, 15-15

addReservation  12-9

changeMask  11-12

change-subnet  11-12

clearUnavailable  12-11

create  11-5, 15-15, 16-6

delete  11-17, 16-26

disable  11-12

dhcp  11-16, 14-4, 16-27

ping-clients  12-12

enable  11-12

bootp  11-15

deactivated  11-16

dhcp  11-16

dynamic-bootp  11-15, 14-3, 16-27

dynamic-dns  15-15

ignore-declines  12-12

ping-clients  12-6

renew-only  11-16

get  11-12

list  11-12

listLeases  12-2

listnames  11-12

listRanges  12-8

listReservations  12-9

removeRange  12-8

removeReservation  12-10, 14-3

set  11-12

failover-backup-percentage  16-18

failover-backup-server  16-7

failover-main-server  16-7

failover=scope-disabled  16-17

failover=scope-enabled  16-7, 16-17

failover=use-server-settings  16-7, 16-17

namespace  19-7

namespace-id  11-6, 19-7

ping-timeout  12-6

policy  11-5, 15-15

primary-subnet  11-14

selection-tags  13-6

synthetic-name-stem  15-3

show  11-12

unset

primary-subnet  11-14

scope-enabled、フェールオーバー アトリビュート  16-6

scope-policy コマンド(CLI)  11-6

disable  11-13

enable  11-13

allow-dual-zone-dns-update  15-14

listVendorOptions  11-13

set  11-13

setVendorOptions  11-13

show  11-13

unset  11-13

unsetVendorOptions  11-13

SCP

「System Configuration Protocol」を 参照

search-filter、LDAP アトリビュート  13-40, 13-42, 13-50

search-path、LDAP アトリビュート  13-40, 13-50

search-scope、LDAP アトリビュート  13-40

selection-criteria(-excluded)、クライアントクラス アトリビュート  13-5

Server Identifier、DHCP オプション  B-10

server コマンド(CLI)

enable/disable start-on-reboot  6-3

getHealth  6-6

getStats  6-7

reload  6-3

serverLogs

show  6-5

start  6-2

stop  6-2

server-management サブロール(ccm-admin)  4-2

server-management サブロール(regional-admin)  4-3

Session Initiation Protocol(SIP)プロキシ  9-8

session コマンド(CLI)

assert  7-10

dhcp.dbsn  7-10

locked  7-10

set

current-namespace  11-5, 19-5

default-format  7-10

unset

current-namespace  19-5

setq、DHCP 式  13-29

SHUTDOWN 状態、フェールオーバー  2-18

siaddr、DHCP フィールド  14-2, 30

Simple Mail Transport Protocol

「SNMP」を参照

SIZE16 オプションの検証  B-23

SIZE32 オプションの検証  B-23

skip-client-lookup、DHCP アトリビュート  13-11

SMS

DHCP サーバとの統合  14-14

UNIX でのフェールオーバー  16-24

ネットワークの検出(dhcp コマンド)  14-15

SMS サービスのアップデート  14-14, 14-15

SMS と DHCP サーバとの統合  14-14

smtp-servers、DHCP オプション  B-8

sname、BOOTP  14-2, B-9

SNMP

free-address-low-threshold  2-23

PDU  2-24

v1 標準  2-24

通知  2-23

通知イベント  2-24

トラップ  2-23

PDU  2-24

サーバが応答しない  16-29

生成  13-39

ディスク容量不足  2-24, 7-4

フェールオーバーが一致しない  16-29

トラブルシューティング  2-25

SOA TTL、zone アトリビュート  10-8

SOA レコード  A-7, 30

expire アトリビュート  8-5

minttl アトリビュート  8-5

ns アトリビュート  8-5

person アトリビュート  8-5

refresh アトリビュート  8-5

retry アトリビュート  8-5

serial アトリビュート  8-5

soattl アトリビュート  8-5

TTL プロパティ  10-8

Windows 2000  15-17

セカンダリ

有効期限  10-9

リトライ時間  10-9

リフレッシュ時間  10-9

定義  8-6

soattl、SOA アトリビュート  8-5

Solaris

CLI の場所  3-9

syslog  6-4

ガイドライン  1-6

小/中規模システムについての推奨事項  1-3

大規模システムについての推奨事項  1-4

マウス ボタン  xxxi

SRV レコード  A-7

Windows 2000  15-16

表示をイネーブルにする  15-19

SSH 接続、ルータ  5-10

SSL セキュア ログイン  3-2

SSO ログイン  3-4

starts-with、DHCP 式  13-29

start-time-of-state、リース アトリビュート  13-44

STARTUP 状態、フェールオーバー  2-16

state、リース アトリビュート  13-44

static-routes、DHCP オプション  B-14

streettalk-directory-assistance-servers、DHCP オプション  B-9

streettalk-servers、DHCP オプション  B-9

STRING オプションの検証  B-22

subnet-mask、DHCP オプション  11-21, B-3

subnet-sorting アトリビュート、DNS サーバ  10-6

subnet-utilization サブロール(regional-addr-admin)  4-4

substring、DHCP 式  13-30

subzone-forward、ゾーン アトリビュート  10-4

surname(sn)アトリビュート、LDAP  13-40

swap-server、DHCP オプション  B-4

synthesize-reverse-zone、DHCP アトリビュート  15-3

synthetic-name-stem、スコープ アトリビュート  15-3

syslog(Solaris)  6-4

System Configuration Protocol(SCP)  1-2

System Management Server

「SMS」を参照

T

TAC ツール  6-14

tail コマンド(Solaris)  6-3

Tcl

API  17-6

拡張  14-16, 17-3, 17-6

TCP Default TTL、DHCP オプション  B-6

tcp-keepalive-garbage、DHCP オプション  B-6

tcp-keepalive-garbage、ポリシー オプション  11-18

tcp-keepalive-interval、DHCP オプション  B-6

tcp-keepalive-interval、ポリシー オプション  11-18

Text レコード

「TXT レコード」を参照

TFTP  2-22, B-11

トラブルシューティング  6-12

ファイル キャッシング  6-13

ロギングとトレーシング  6-4, 6-12

ログ レベル  6-12

ログ設定  6-13

tftp コマンド(CLI)

enable file-cache  6-13

set

file-cache-directory  6-13

file-cache-max-memory-size  6-13

home-directory  6-13

log-file-count  6-13

log-level  6-12

log-settings  6-3, 6-13

tftp-server、DHCP オプション  B-11

threadwaittime、LDAP アトリビュート  13-50

Time to Live プロパティ

TTL プロパティを参照

time-offset、DHCP オプション  B-3

time-servers、DHCP オプション  B-3

to-blob、DHCP 式  13-30

to-lower、DHCP 式  13-30

Tomcat サーバ  1-2

to-sint、DHCP 式  13-30

to-string、DHCP 式  13-31

to-uint、DHCP 式  13-30

trailer-encapsulation、DHCP オプション  B-6

trailer-encapsulation、ポリシー オプション  11-18

trap コマンド(CLI)  2-24, 13-39

addRecipient  2-24

enable

address-conflict  2-25

dhcp-failover-config-mismatch  2-25

free-address-low  2-25

other-server-not-responding  2-25

listRecipients  2-24

removeRecipient  2-24

set

free-address-high-threshold  2-25

free-address-low-threshold  2-23, 2-25

show  2-25

Trim/Compact age、サブネット使用状況  18-16

trim-lease-hist-age、CCM サーバ アトリビュート  12-21

trim-lease-hist-interval、CCM サーバ アトリビュート  12-21

trim-subnet-util-age、CCM サーバ アトリビュート  18-15

trim-subnet-util-interval、CCM サーバ アトリビュート  18-15

try、DHCP 式  13-31

TSIG キー  15-6

インポート  15-7

作成  15-8

秘密値の規則  15-7

秘密値の生成  15-6

フェールオーバー同期の影響  5-26, 16-9

TSIG キーの秘密値の生成  15-6

TTL プロパティ  A-1

最大

キャッシュ  10-10

メモリ キャッシュ サイズ  10-11

ゾーンの設定  10-8

デフォルト  10-8, 11-18

IP  B-4

TCP  B-6

応答  10-8

否定キャッシュ  10-10, 28

TXT レコード  A-7

U

uBR 10000 ルータ  5-9

uBR 7200 ルータ  4-21, 5-9

uid、LDAP アトリビュート  13-46

Ultra-SCSI ディスク  1-3

unavailable-timeout、ポリシー アトリビュート  12-13

Universal Resource Identifier(URI)  9-8

UNIX、トラブルシューティング ツール  6-14

Update、フェールオーバー同期  5-25, 16-8

update-dns-for-bootp、DHCP アトリビュート  14-3

update-relax-zone-name、DNS アトリビュート  15-4

update-search-attribute、LDAP アトリビュート  13-47

update-search-filter、LDAP アトリビュート  13-47

update-search-path、LDAP アトリビュート  13-47

update-search-scope、LDAP アトリビュート  13-47

upgrade-unavailable-timeout、DHCP アトリビュート  12-13

use-client-fqdn、DHCP アトリビュート  15-13

use-client-fqdn-first、DHCP アトリビュート  15-13

use-client-fqdn-if-asked、DHCP アトリビュート  15-13

use-ldap-client-data、DHCP アトリビュート  13-41

use-server-settings、フェールオーバー アトリビュート  16-6

utility プログラム

ipconfig  11-17, 13-9

ping  12-5

winipcfg  13-9

サード パーティ バックアップ  7-3

V

Vendor Class Identifier、DHCP オプション  14-7, B-11

vendor-class-identifier、リース アトリビュート  13-44

vendor-option コマンド(CLI)

create  14-7

defineSuboption  14-8

array フラグ  14-8

no-suboption-opcode フラグ  14-8

delete  14-9

enable read-only  14-9

list  14-9

listnames  14-9

show  14-9

undefineSuboption  14-8

Vendor-Specific Information、DHCP オプション  B-7

vmstat ツール(UNIX)  6-14

VPN  2-11

IOS サポート  19-1

識別子  5-12, 19-4

スコープ  19-5

設定  19-1

フェールオーバー同期の影響  16-9

編集  5-12

リージョナル  5-12

ローカル クラスタからの取得  5-13

ローカル クラスタへの適用  5-13

VRF  5-12, 19-2, 19-4

W

Warning サーバ ロギング  6-3

Web UI  2-1

アトリビュートの修正  3-5

アトリビュートの表示レベル  3-4, 3-5

ナビゲーション  3-4

配置のシナリオ  1-3

表示アトリビュート  3-5

ヘルプ

アトリビュート  3-5

トピック  3-6

変更のコミット  3-4

ログイン  3-2

Web UI のナビゲート  3-4

Well Known Services レコード

「WKS レコード」を参照

Windows

CLI 関連  3-9

Event Viewer  6-4

ipconfig ユーティリティ  13-9

小/中規模システムについての推奨事項  1-3

大規模システムについての推奨事項  1-4

ブート サーバ  14-9

マウス ボタン  xxxi

ロギング  6-3

Windows 2000

SRV レコード  15-16, A-7

環境  15-19

クライアント プロパティ  13-9

設定方法  15-18

ダイナミック DNS アップデート  15-12

Windows SMS

「SMS」を参照  14-14

winipcfg ユーティリティ  13-9

WKS レコード  A-8, 32

www-servers、DHCP オプション  B-9

X

X Window System Font Server、DHCP オプション  B-8

x-display-managers、DHCP オプション  B-8

Y

yiaddr、DHCP フィールド  19-3, 32

Z

zone コマンド(CLI)

addDynRR  9-5

addHost  9-10, 9-11

addRR

A  8-7

CNAME  9-10

MX  9-11

PTR  8-11

chkpt  15-9

cleanRR  9-7

create

primary  8-5

secondary  8-13

dumpchkpt  15-9

enable

notify  10-7

forceXfer  8-14

get

serial  8-6

listHosts  8-7, 9-10

listRR  8-8, 9-6

removeDynRR  9-5

removeHost  9-11

removeRR  8-17, 9-4

A  8-7, 9-11

set

checkpoint-interval  15-9

defttl  10-8

expire  10-9

log-settings  15-11

nameservers  8-7

notify-set  10-7

refresh  10-9

retry  10-9

update-acl  15-6, 15-17

show  8-7

subzone-forward=no-forward  10-4

zone-admin ロール  4-3, 32

アクション、client アトリビュート  13-8, 13-10

値の大文字小文字を区別する  24

圧縮間隔でのサブネット使用状況  18-16

アトリビュート

修正  3-5

表示  3-5

表示レベル  3-4, 3-5

ヘルプ ウィンドウ  3-5

アトリビュートの表示レベル  3-4, 3-5

アドレス

IP 形式  2-2, B-22

一時  13-10

使用方法、表示  6-9

スコープを削除した後でアドレスを再使用しない  11-17

スコープを削除した後でアドレスを再使用する  11-17

ダイナミック  18-1

アドレス インフラストラクチャ、作成  4-9

アドレス タイプ、作成  4-30

アドレス プール、オンデマンド

「サブネット アロケーション、DHCP」を参照

アドレス ブロック  2-12, 18-5

委任  4-30, 4-31, 18-7

管理者  23

ロール  18-2

関連ポリシー  19-8

組み込みポリシー  19-9

子  18-11

作成  4-30, 19-8

サブネットのリスト  19-9

追加  18-6

追加する時期  18-6

デフォルトのサブネット サイズ  19-9

表示  18-5

リースの孤立化  19-10

アドレス ブロックの委任  4-31

アドレス、リース アトリビュート  13-43

アドレス宛先、作成  4-30, 18-8

アドレス空間

委任  18-5, 18-6

管理  18-1

統合  18-3

ローカル クラスタからの取得  5-24

アドレス使用状況レポート  6-9, 12-14

アドレス制約、ゾーン  4-15

アドレス範囲

サブネット  18-12

スコープ  11-6

追加  4-10

アドレス割り当て

アトリビュート  11-9

スコープ内  11-10

優先度  11-7

ラウンドロビン  11-6

アンセキュア ログイン  3-2

安全期間、フェールオーバー  2-17, 16-22, 16-23

一覧表示

DCHP オプション  11-22

整合性ルール  18-19

ゾーン  4-12

ネットワーク  11-23

リージョナル ゾーン  5-30

リージョナル逆ゾーン  5-31

リージョナル順ゾーン  5-30

ルータ  5-9

ローカル クラスタ  5-2

委任

アドレス ブロック  4-30, 18-7

委任アドレス空間  18-5, 18-6

委任専用ゾーン  10-3

イネーブル

A レコード アップデート  15-15

BOOTP のスコープ  11-14

DHCP 転送  14-5

DHCP 用にユニキャスト  14-11

fqdn オプションの送信  15-14

IP フォワーディング  B-4

LDAP

アップデート  13-47, 13-48

エントリの作成  13-49

クエリー  13-39

クライアント データの使用  13-41

SNMP 通知の表示  2-24

SRV レコードの表示  15-19

アドレスの PING  14-11

永久リース  11-19

組み込みクライアント ポリシー  13-9

組み込みクライアントクラス ポリシー  13-6

クライアント エントリの参照  13-10

クライアントクラス  2-20, 13-1

クライアントクラス エントリのスキップ  13-11

再帰クエリー  10-3, 10-5

サブネットのソート  10-6

差分ゾーン転送(IXFR)  1-6, 10-6

スコープのアトリビュート  11-12

スコープのクライアント PING  12-6

スコープのダイナミック BOOTP  11-15

スレーブ モード  10-2

ゾーン転送  8-13

ダイナミック BOOTP  11-15, 14-3

ダイナミック DNS アップデート  8-18, 15-4

反復クエリー  10-5

非ローカル ソース ルーティング  B-4

不完全な委任

レポート  10-10

読み取り専用オプション データ タイプ  14-7

ラウンドロビン  10-5, 10-6

イネーブル化

サブネット使用状況の収集  5-6

リース履歴の収集  5-7

イベント ロギング  6-3

インターネット技術特別調査委員会  2-8, 25

インターネット制御メッセージ プロトコル

「ICMP」を参照  12-5

インターフェイス カード  11-2, 15-22

イントラネット ビルダ  10-4

インポート

TSIG キー  15-7

ゾーン  8-8

データ  8-8

ネームスペースによるリース  19-7

リース  12-4

リース時間  12-5

ウィルス スキャン、ディレクトリの除外  7-11

エクスポート

リース  12-4

エラー、DHCP 式  13-25

エンタープライズ ユーザ  1-1

穏やかな更新、フェールオーバー  16-20

オプション

カスタム DHCP  14-13

ポリシー応答  11-19

オンデマンド アドレス プール

「サブネット アロケーション、DHCP」を参照  19-1

解決例外  10-4

リスト  10-4

外部ポート  10-12

拡張

C/C++  17-1, 17-3, 17-8

check-lease-acceptable  17-26

dex  17-8

dex.h ファイル  17-8

init-entry  17-5

C/C++  17-10

Tcl  17-7

initial-environment-dictionary プロパティ  17-19

lease-state-change  17-27

post-class-lookup  17-23

post-client-lookup  17-25

post-packet-decode  17-22

post-send-packet  17-16

pre-client-lookup  17-23

pre-dns-add-forward  17-17, 17-31

pre-packet-encode  17-16, 17-28

Tcl  17-3, 17-6

thread-safe  17-9

アプローチの決定  17-3

応答ディクショナリ  17-4, C-10

環境ディクショナリ  17-4, 17-18

構成のエラー  17-5

作業の決定  17-2

定義  17-2

ディクショナリ  17-4, 17-18

認識  17-6

要求の処理  17-11

リクエスト ディクショナリ  17-4, C-6

ルーチン シグニチャ  17-4

拡張機能  14-16

フェールオーバー同期の影響  5-26, 16-10

拡張ポイント、DHCP  14-16

確認

ゾーン設定  8-8

ダイナミック DNS アップデート  15-8

格納

権限データ、キャッシュ専用サーバ  10-3

リース データ

単独で  13-45

リースデータ

クライアント エントリで  13-45

仮想パス識別子  13-35, 31

加入者、limitation-id による設定  13-17

加入者の制限、オプション 82 の使用  13-13

トラブルシューティング  13-16

画面表示  xxxi

環境ディクショナリ、拡張ポイント  17-18

initial-environment-dictionary プロパティ  17-19

監視

サーバ  6-5

フェールオーバー  16-28

完全修飾ドメイン名

「FQDN」を参照

管理

DNS サーバ  10-13

アドレス空間  18-1

スコープ テンプレート  11-3

ゾーン分散  8-18

ネットワーク  11-23

リース  12-14

管理者  4-2, 23

削除  4-5

作成  4-20

追加  4-4

パスワード  4-4

パスワードの変更  4-5

リージョナル クラスタ  4-19

リスト  4-5

ローカル クラスタ  4-7

キー、秘密値の生成  15-6

期限満了、SOA アトリビュート  8-5

期限満了、ゾーン アトリビュート  10-9

期限満了、リース アトリビュート  13-44

起動

サーバ  6-2

セカンダリサーバ  8-12

ゾーン転送時  32

データベースを初期化し直す場合  10-11

ホスト

リースなし  2-14

リースの再取得する場合  2-15

ルート サーバ実行時  10-3

ロギング時  6-3

基本ロール  4-2

ゾーン  2-7, 29

セカンダリ  8-13

設定  8-11

ドメイン  2-7

ネーム サーバ  2-7

レコードのマッピング  A-6

逆ゾーン

一覧表示  5-31

ツリー、表示  5-31

逆ゾーン名の合成  15-3

キャッシュ

アトリビュート  10-11

クライアント  13-12

フラッシュ  10-11

キャッシュ専用サーバ  2-7

追加  10-3

強制

ゾーン

チェックポイント  15-9

転送  8-14

リース アベイラビリティ  12-10, 12-15

クエリー

サブネット使用状況  18-14

リース履歴  12-17

組み込みポリシー

「ポリシー、組み込み」を参照

クライアント

IP アドレス  19-3, 24

Windows 2000  13-9

加入者、limitation-id による設定  13-17

組み込みポリシー  13-9

ご使用の IP アドレス  19-3, 32

認証の制限  13-11

ハードウェア アドレス  24

パラメータのキャッシュ  13-12

フェールオーバー同期の影響  5-26, 16-9

プロパティの表示  13-8

別のサブネットへの移動  13-11

編集  13-7

未知  13-10

リース要求名  2-20

リスト  13-9

ワンショット リース  13-10

クライアントクラス

フェールオーバー同期の影響  5-26, 16-9, 16-10

編集  5-22

リージョナル~の作成  5-21

ローカル クラスタからの取得  5-22

ローカル クラスタへの適用  5-22

クライアント認証の制限  13-11

クラスタ

poll-replica-interval  5-4

poll-replica-offset  5-4

poll-subnet-util-interval  18-14

poll-subnet-util-offset  18-14

poll-subnet-util-retry  18-14

リージョナル  1-2

ローカル  1-2

ロックの無効化  3-9

グルー レコード  8-15, 26

削除  8-16

事前取り込み  10-9

無効  8-15

グルー レコードの事前取り込み  10-9

グループ  4-2, 4-4

ゲートウェイ アドレス  2-21, 19-3, 26

ケーブル モデム終端システム(CMTS)  1-2

権限ネーム サーバ  2-4, 23

追加  8-6

アドレス ブロック  18-11

サブネット  18-11

更新専用、スコープ アトリビュート  11-16

固定的キャッシュ  10-3

サーバ

IP アドレス  30

イベント、ロギング  6-3

健全度、表示  6-5

障害、トラブルシューティング  6-11

制御  6-2

統計、表示  6-6

サーバ エージェント

停止、再起動  7-5, 7-17

ロギング  6-4

サーバ クラスタ、追加  5-2

サーバ コマンド(CLI)

serverLogs

set logsize  6-5

set nlogs  6-5

サーバのエラー ロギング  6-3

サーバの制御  6-2

サーバのリロード

RECOVER 中の回避  2-18

SNMP 通知  2-24

サービス クラス  2-19

再帰クエリー  29

イネーブル  10-3, 10-5

キャッシング専用サーバ  10-3

ディセーブル  10-5

最大キャッシュ TTL プロパティ、設定  10-10

最大クライアント リード タイム、フェールオーバー  2-17, 16-20

最大メモリ キャッシュ サイズ、設定  10-11

削除

address from DHCP サーバ インターフェイスからアドレスを  11-2

委任されたサブゾーン  8-16, 8-17

カスタム DHCP オプション  14-13

カスタム オプション  14-13

管理者  4-5

クライアント  13-9

グルー レコード  8-16

サブゾーン  8-17

システム デフォルト ポリシー  11-18

スコープ  11-17

アドレスを再使用しない場合  11-17

アドレスを再使用する場合  11-17

範囲  12-8

スコープ選択タグ  13-2

ゾーン レコード  9-7

データベース ファイル  7-9

フェールオーバー バック サーバ  16-26

フォワーダ  10-2

プライマリ サーバからセカンダリを  8-12

ホスト  8-7, 9-11

ポリシーからのサブネット マスク  11-21

リース、永久  12-3

リースの孤立化  11-12

リースの予約  12-10

リース予約  12-10

リソース レコード  9-4, 15-19

キャッシュ  9-6

ダイナミック  9-5, 15-19

作成

client-classes  13-3

TSIG キー  15-8

アドレス インフラストラクチャ  4-9

アドレス タイプ  4-30

アドレス ブロック  4-30, 19-8

アドレス宛先  4-30, 18-8

管理者

リージョナル クラスタ  4-20

ローカル クラスタ  4-7

組み込みポリシー  11-13

サブネット  4-22

サブネット使用状況レポート  18-13

式  13-19

スコープ  11-4

スレーブ サーバ  10-2

制約付きロール  4-14

ゾーン  4-10, 8-5

ゾーン テンプレート  8-3

テンプレートからゾーンを  8-8

パスワードを表示しない  4-5

フェールオーバー ペア  4-28

ホスト  4-13

ポリシー  4-16, 11-19

リージョナル VPN  5-12

リージョナル クライアントクラス  5-21

リージョナル スコープ テンプレート  4-26, 5-15

リージョナル ゾーン テンプレート  5-31

リージョナル ゾーン分散  5-28

リージョナル ポリシー  5-19

サブゾーン  30, 31

委任  8-15, 24, 31

削除  8-16, 8-17

追加  8-15

ネーム サーバ  8-15

不完全な委任  8-15

編集  8-17

命名  8-15

サブゾーン転送  10-5

サブゾーンの設定  8-15

委任  8-15

委任サブゾーン レコードの編集  8-17

委任の削除  8-16, 8-17

ネーム サーバ  8-15

アドレス  8-15

サブネット  2-12, 18-5

2 つの論理の結合  11-14

アドレス ブロック  19-8

アドレス ブロックのリスト  19-9

アドレス範囲  18-12

インクリメント  19-8

解放  18-11

クライアントがアクセス可能な  2-20

子  18-11

作成  4-22

初期  19-8

ソート、イネーブル化  10-6

追加  4-9

ネームスペースによる孤立化  19-10

表示  18-5

複数の論理  11-14

編集  18-10

ローカル  B-5

ローカル クラスタへの適用  18-9

割り当ての要求  19-8

サブネット使用状況

collect-addr-util-duration  18-13

collect-addr-util-interval  18-13

poll-subnet-util-interval  18-14

poll-subnet-util-offset  18-14

poll-subnet-util-retry  18-14

trim-subnet-util-age  18-15

trim-subnet-util-interval  18-15

クエリー  18-14

サーバのポーリング間隔  5-7

収集期間  5-7

収集のイネーブル化  5-6

データの収集  18-14

データのトリム  18-15

データの表示  18-16

データのポーリング  5-5

トリム、即時  18-16

Trim/Compact age  18-16

圧縮間隔  18-16

フェールオーバー サーバの優先度  5-6

ポーリング オフセット  5-6

ポーリング間隔  5-6

ポーリングのリトライ間隔  5-6

レポート  18-13

サブネットの解放  18-11

サブネット割り当て、DHCP  19-1

設定  19-8

サブロール  4-4

差分ゾーン転送  27

イネーブル化  1-6, 10-6

式  11-3, 13-17

作成  13-19

スコープ テンプレート  5-15

スコープ テンプレートのアドレス範囲  5-16

スコープ テンプレートの組み込みポリシー  5-16

スコープ テンプレートのスコープ名  5-15

デバッグ  13-37

識別名(dn)、LDAP  13-40

システム デフォルト ポリシーの再作成  11-18

事前取り込み、LDAP アトリビュート  13-41, 13-50

シャドウ バックアップ  7-1

MCDDB 復元に対して  7-5

サード パーティ バックアップ プログラム  7-3

時間の設定  7-2

マニュアル  7-3

収集

サブネット使用状況データ  18-14

リース履歴  12-16

取得

スコープ テンプレートをローカル クラスタへ  5-17

ローカル クラスタから VPN を  5-13

ローカル クラスタからアドレス空間を  5-24

ローカル クラスタからクライアントクラスを  5-22

ローカル クラスタからスコープ テンプレートを  5-16

ローカル クラスタからゾーン テンプレートを  5-31

ローカル クラスタからポリシーを  4-24, 5-19

順ゾーン

一覧表示  5-30

ツリー、表示  5-30

使用不可のリースのタイムアウト  12-13

所有者  8-2

シリアル、SOA アトリビュート  8-5

シングル サインオン  3-4, 5-2, 5-3

スカベンジ

Windows 2000 クライアント レコード  15-10, 15-22

ログの設定  15-11

スクリプト

「拡張」を参照

スコープ  2-10

allocate-first-available  11-9

allocation-first-available  11-7

allocation-priority  11-7, 11-9

BOOTP クライアントの移動または停止  11-15

BOOTP のイネーブル化  11-14

DHCP をディセーブルにする  11-15

failover-backup-allocation-boundary  11-10, 11-11

アトリビュート

bootp  11-15

dhcp  11-15

dynamic bootp  11-15

primary-subnet  11-14

イネーブル  11-12

取得  11-12

設定  11-12

ディセーブル  11-12

非アクティブ  11-16

表示  11-12

リスト  11-12

アドレス範囲  11-4

アドレス割り当て  11-6

クライアントへの PING  12-6

更新専用  11-16

削除  11-17

アドレスの再使用  11-17

アドレスを再使用しない  11-17

範囲  12-8

作成  11-4

サブネット マスク、削除  11-21

サブネットの変更  11-12

セカンダリ  11-14

選択タグ

定義  13-2

定義  11-3

提供前の PING  12-5

内部アドレスの割り当て  11-10

名前  11-4

名前の付いたポリシー  11-19

ネームスペース  19-5

ネットマスクの変更  11-12

ネットワーク アドレス  11-4

範囲

削除  12-8

追加  11-6

リスト  12-8

非アクティブ化  11-16

フェールオーバー バックアップのパーセンテージ  16-18

フェールオーバー同期の影響  5-26, 16-9

複数  11-6

プライマリ サブネット  11-14

編集  11-12

ポリシー、「ポリシー」を参照

ポリシーとの違い  2-10

リース、「リース」を 参照

リースクエリーと予約  12-27

リースの更新を抑制  12-11

リースの予約  12-8

リースを強制的に利用可能にする  12-10

リースを予約していない  12-10

スコープ コマンド(CLI)

設定

failover-dynamic-bootp-backup-percentage  16-19

スコープ テンプレート

アドレス範囲の式  5-16

管理  11-3

組み込みポリシーの式  4-27, 5-16

式  5-15

スコープ名の式  5-15

名前の式  4-27

範囲の式  4-27

フェールオーバー プロパティ  4-27

編集  5-17

リージョナル  5-15

リージョナル クラスタでの作成  4-26

ローカル クラスタからの取得  5-16

ローカル クラスタへの適用  5-17

スタティック

BOOTP  16-27

W2K 用の設定  15-18

アドレス  11-2

リソース レコード  9-4, 9-6

フィルタリング  9-7

ルート  B-5

スレーブ サーバ  10-2, 30

制限のリスト、DHCP  13-16

整合性ルール

一覧表示  18-19

追加  18-18

表示  18-18

制約付きロール  4-2, 29

セカンダリ

DNS サーバ、CNR_CCM_PORT  16-8

期限満了時  10-9

逆引きゾーン  8-13

追加  8-13

サブネット、DHCP  11-14, 30

スコープ  11-14

ゾーン  8-12

追加  8-12

ネーム サーバ、DNS  2-5, 30

DHCP サーバの分離  11-2

追加  8-12

定義  2-6

マスタ  30

リトライ時間  10-9

リフレッシュ時間  8-13, 10-9

セカンダリ ゾーンの設定

有効期限  10-9

リトライ時間  10-9

リフレッシュ時間  10-9

セカンダリ ネーム サーバ  8-12

責任者、SOA アトリビュート  8-5

セキュア ログイン  3-2

接続、LDAP アトリビュート  13-50

設定

DHCP オプション  11-21

DNS プロパティ  10-1

LDAP

DHCP モード  13-41

サーバの優先順位  13-41

LDAP 接続の数  13-50

Windows 2000 クライアント プロパティ  13-9

ガイドライン  1-6

カスタム DHCP オプション  14-13

クライアント キャッシュ パラメータ  13-12

クライアント プロパティ  13-7

クライアントクラス  13-2

スコープ選択  13-4

プロパティ  13-3

ホスト名  13-4

グルー レコードの事前取り込み  10-9

現在のネームスペース  11-5

更新時間  1-6

更新専用スコープ  11-16

最大キャッシュ TTL プロパティ  10-10

最大メモリ キャッシュ サイズ  10-11

シャドウ バックアップ時間  7-2

詳細 DNS オプション  10-8

スコープ アトリビュート  11-12

スコープ プライマリ サブネット  11-14

スコープのネームスペース  11-6

スコープのポリシー  11-5

セカンダリ ゾーン

期限満了時  10-9

リトライ時間  10-9

リフレッシュ時間  10-9

ゾーン

SOA TTL プロパティ  10-8

シリアル番号  8-6

プライマリ サーバ  8-6

ホストマスタ  8-6

否定キャッシュ時間  10-10, 28

ファイル、lease-notification  12-26

不完全な委任  10-10

ベンダ固有のサブオプションの値  14-8

ポート番号  10-12

ポリシー ベンダ オプション  11-13

設定解除

スコープ プライマリ サブネット  11-14

ポリシー ベンダ オプション  11-13

選択タグ、スコープ アトリビュート  13-6

相対ドメイン名  9-2, 9-3

ゾーン

nsttl アトリビュート  10-8

SOA TTL アトリビュート  10-8

subzone-forward アトリビュート  10-4

アドレス制約  4-15

一覧表示  4-12

委任専用  10-3

委任ポイント  2-4

イネーブル

ゾーン転送  8-13

ダイナミック DNS アップデート  8-18

インフラストラクチャ、作成  4-10

インポート  8-8

逆、「逆ゾーン」を 参照

キャッシュ専用サーバ  10-3

権限ネーム サーバ  8-6

削除

委任されたサブゾーン  8-16, 8-17

キャッシュしたリソース レコード  9-6

ダイナミック リソース レコード  9-5

ホスト  9-11

リソース レコード  9-4, 9-7

サブゾーンの委任  24, 31

所有者  8-2

シリアル番号  8-6

セカンダリ

有効期限  10-9

リトライ時間  10-9

リフレッシュ時間  10-9

設定  9-1, 10-1

TTL プロパティ  10-8

シリアル番号  8-6

プライマリ サーバ  8-6

ホストマスタ  8-6

チェックポイント ファイル、「チェックポイント、ゾーン」を参照

追加

セカンダリ ネーム サーバの  8-12

セカンダリ逆  8-13

ダイナミック リソース レコード  9-4

ホスト  9-10

リソース レコード  9-2

定義  2-4

デュアル ゾーン アップデート  15-14

転送、「ゾーン転送」を参照

テンプレート、~からの追加  8-8

ドメインとの違い  2-4

ドメインの指定  9-2

名前の作成  8-5

フィルタリング リソース レコード  9-7

編集

サブゾーン レコードの委任  8-17

ホスト テーブル  9-11

ホストの制約  4-14

リージョナル~の一覧表示  5-30

リソース レコード セット  9-6

リソース レコードの表示  9-6

ループバック、「ループバック、ゾーン」を参照

ゾーン コマンド(CLI)

removeCacheRR  9-6

ゾーン ツリー、表示  4-12

ゾーン テンプレート

作成  8-3

追加  5-31

編集  5-32

リージョナル クラスタからの取得  5-31

リージョナル~の作成  5-31

ローカル クラスタへの適用  5-32

ゾーン転送

イネーブル  8-13

強制  8-14

定義  2-6

ゾーン転送の設定  8-13

ゾーンの設定  9-1, 10-1

TTL プロパティ  10-8

権限ネーム サーバ  8-6

削除

キャッシュしたリソース レコード  9-6

削除後のレコード  9-7

ダイナミック リソース レコード  9-5

ホスト  9-11

リソース レコード  9-4

サブゾーンの委任  31

シリアル番号の設定  8-6

ダイナミック DNS アップデートをイネーブルにする  8-18

ダイナミック リソース レコード、追加  9-4

プライマリ サーバの設定  8-6

ホスト  9-11

ホストマスタの設定  8-6

リソース レコード  9-2

リソース レコードの表示  9-6

リソースレコードのフィルタリング  9-7

ゾーンのチェックポイント ファイルのダンプ  15-9

ゾーン分散

管理  8-18

編集  5-29

リージョナル クラスタ  5-28

リージョナル~の追加  5-28

ローカル クラスタとの同期  5-29

組織で一意な識別子

「OUI」を参照

大規模エンタープライズの配置  1-4

ダイナミック

BOOTP、「BOOTP、ダイナミック」を参照

DNS、「ダイナミック DNS アップデート」を参照  16-27

アドレス  18-1

リソース レコード、フィルタリング  9-7

ダイナミック DNS アップデート

TSIG セキュリティ  15-6

Windows 2000 クライアント  15-12

イネーブル  8-18, 15-4

オペレーション  2-14

スコープ  15-3

セキュリティ プロパティ  5-26, 16-9

設定  15-3

前提条件  15-3

大規模な配置  1-6, 15-2

チェックポイント、「チェックポイント機能、ゾーン」を参照

定義  15-1

トラブルシューティング  15-11

変更セット データベース  15-9

利点  2-13

レコードの確認  15-8

ログ設定  15-11

ダイナミック DNS アップデートの設定

「ダイナミック DNS アップデート」を参照

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル

「DHCP」を参照

タイムアウト、LDAP アトリビュート  13-50, 13-51

地域名(localityname)アトリビュート、LDAP  13-40

チェックポインティング、ゾーン

強制  15-9

ファイルのバックアップ  7-2, 7-6

中央クラスタ ライセンス  4-6

中央構成  5-1

タスク  5-1

チュートリアル

リージョナル クラスタ  4-18

ローカル クラスタ  4-7

追加

caching-only サーバ  10-3

ip-helper をルータへ  4-21

アドレス ブロック  18-6

アドレス範囲  4-10

カスタム DHCP オプション  14-13

管理者  4-4

サーバ クラスタをリージョナル クラスタへ  5-2

サブゾーン  8-15

サブネット  4-9

整合性ルール  18-18

ゾーン

セカンダリ ネーム サーバ  8-12

ホストへ  9-10

フォワーダ  10-2

プライマリ順ゾーン  8-5

ホスト  8-7

ポリシーのオプション  11-21

ライセンス  3-3

リージョナル ゾーン テンプレート  5-31

リージョナル ゾーン分散  5-28

リージョナル フェールオーバー ペア  5-24

リースの予約  12-8

リソース レコード  9-2

ダイナミック  9-4

リソース レコード セット  9-6

ルータ  4-20, 5-9

ルータ インターフェイス  4-20

ローカル クラスタをリージョナル クラスタへ  4-23, 5-2

追加する

ゾーン

セカンダリ逆  8-13

通知、リース  12-24

定義

client-classes  13-3

DHCP 詳細パラメータ  14-10

スコープ  11-3

スコープ選択タグ  13-2

フォワーディング サーバ  10-2

ルート ネーム サーバ  10-3

提供する前のホストの PING  12-5, 14-11

停止

off-site 名の検索  10-2

サーバ  6-2

ディセーブル化

IP フォワーディング  B-4

LDAP スキーマ チェック  13-39

組み込みポリシー

クライアント  13-9

クライアントクラス  13-6

クライアントクラス  13-1

再帰クエリー  10-5

サブネットのソート  10-6

スコープ アトリビュート  11-12

スコープ用の DHCP  11-15

提供前の PING  12-12

非ローカル ソース ルーティング  B-4

データベース

CCM  7-2

CNRDB  7-2, 24

DDNS 変更セット  15-9

LDAP  13-39

MCD  7-2, 28

インポート  7-11, 7-13

エクスポート  7-11, 7-13, 7-15, 7-16

始動時にロード  6-2

バインド  23

バックアップ  7-1

サード パーティ プログラム  7-3

方式  7-2

復元、復元  7-5

複製  5-4

ログ ファイル  6-4

データベース キー ファイルの再構築  7-5

データベースの復元  7-4, 7-5

適用

VPN をローカル クラスタへ  5-13

クライアントクラスをローカル クラスタへ  5-22

サブネット

ルータ  18-9

ローカル クラスタ  18-9

ゾーン テンプレートをローカル クラスタへ  5-32

ポリシーをローカル クラスタへ  4-25, 5-20

デジタル加入者線(DSL)  13-35, 25

デュアル ゾーン アップデート  15-14

デュアル ゾーン アップデートの許可  15-14

テンプレート

スコープ  11-3

一覧表示  11-3

ゾーン  8-3

同期

フェールオーバー ペア  4-28

リージョナル ゾーン分散  5-29

リージョナル フェールオーバー ペア  5-25

ローカル クラスタ  5-3

同期、フェールオーバー

Complete  5-25, 16-9

Exact  5-25, 16-9

Update  5-25, 16-8

オペレーション  5-26, 16-9

統合アドレス空間  18-3

ドキュメンテーション ロードマップ  xxxii

ドキュメントの表記法  xxxi

トップ ツール(UNIX)  6-14

ドメイン

ゾーンからの違い  2-4

登録  2-4

名、「ドメイン名」を参照  2-2

ドメイン ネーム

スペース  2-2

ドメイン名

ツリー構造  2-2

ドットで区切られる  2-3

トラップ、SNMP  2-23, 16-29

free-address-high  2-23

free-address-low  2-23

トラブルシューティング

DHCP サーバ  14-18

DNS サーバ  10-14

LDAP  13-50

SNMP  2-25

TFTP サーバ  6-12

管理作業  6-11, 7-11

クライアントクラス  13-38

サーバ  6-11, 7-11

サーバの障害  6-11

ダイナミック DNS アップデート  15-11

フェールオーバー  16-28

トリビアル ファイル転送プロトコル

「TFTP」を参照

トリム

サブネット使用状況レコード  18-15

即時のサブネット使用状況  18-16

リース履歴レコード  12-21

ネームサーバ

逆  2-7

権限、「権限ネーム サーバ」を参照

セカンダリ、「セカンダリ、ネームサーバ」を参照

タイプ  2-6

ドメイン  2-3, 2-5

プライマリ、「プライマリ ネーム サーバ」を参照

ネームサーバ、DHCP オプション  B-3

ネームスペース  19-1

VRF  19-2, 19-4

現行  19-6

現在の設定  11-5

孤立したリース  19-10

作成  19-3

識別子  19-3

スコープ  11-6, 19-5

~でリースをインポート  19-7

~にリースをインポート  19-7

フェールオーバー同期の影響  5-26

ネットワーク

一覧表示  11-23

管理  11-23

名前の編集  11-24

ネットワーク番号  2-4

バーチャル プライベート ネットワーク

「VPN」を参照

バーチャル プライベート ネットワークの設定

「VPN」を参照

バーチャル ルーティングとフォワーディング テーブル ID

「VRF」を参照

配置事例

大規模エンタープライズ  1-4

配置方法

大規模なエンタープライズ ネットワーク  15-2

中小規模の LAN  1-3

パスワード

LDAP  13-40

non-displaying  4-5

管理者  4-4

管理者の変更  4-5

パスワード、LDAP アトリビュート  13-40, 13-47, 13-48, 13-50

バックアップ

CNRDB データ  7-6

MCD データ  7-4

データベース  7-1

パフォーマンスのガイドライン  1-6

非アクティブ

スコープ  11-16

非アクティブ、スコープ アトリビュート  11-16

非アクティブ化

スコープ内のリース  12-6

否定キャッシュ時間  10-10, 28

非同期転送モード(ATM)  13-35, 23

表示

DHCP オプション  11-21

DNS サーバの一般プロパティ  10-1

LDAP ログ  13-49

アドレスの使用状況  6-9

関連 DHCP サーバ  6-9, 6-10

クライアント プロパティ  13-8

クライアントクラス  13-4

サーバ

イベント  6-5

統計情報  6-6

ログ  6-3

サーバ健全度  6-6

サーバ統計情報  6-6, 6-7

サーバの健全度  6-5

サブネット使用状況データ  18-16

スコープ アトリビュート  11-12

スコープにおけるリース  12-2

スコープのアトリビュート  11-12

スコープの組み込みポリシー  11-13

すべてのダイナミック レコード  15-19

整合性ルール  18-18

ゾーン ツリー  4-12

ゾーン リソース レコード  9-6

複製データ  5-4

リージョナル逆ゾーン ツリー  5-31

リージョナル順ゾーン ツリー  5-30

リース  6-10, 12-22

アクティビティ  6-10

プロパティ  6-10

ルータ インターフェイス  5-11

ローカル クラスタのツリー  5-2

フィルタリング

LDAP の検索  13-40, 13-47

ポリシー  B-4

リソース レコード  9-7

フェールオーバー、DHCP

BOOTP クライアント  16-27

BOOTP リレー  16-4

LDAP  16-4

PARTNER-DOWN 状態  16-22

新しいメイン サーバの追加  16-26

アドレス範囲の保証  16-4

安全期間  16-22

影響を受けるアトリビュート  16-10

緩やかな更新  16-20

オペレーション  2-15

オペレーション、停止  16-26

確認  16-13

監視  16-28

記憶域に障害があるサーバの交換  16-25

サーバ ペアの作成  16-8

サーバでのイネーブル化  16-5

サーバの追加  16-5

サーバベース  16-5

最大クライアント リード タイム  16-20

シナリオ  16-2

詳細アトリビュート  16-18

状態  2-16

状態の移行  16-14

スコープ アトリビュート  16-17

スコープベース  16-6

制約、Communications Interrupted  2-17

設定  16-1, 16-5

対称シナリオ  16-3

ダイナミック BOOTP バックアップのパーセンテージ  16-19

タイプ  2-15, 16-2

単純なシナリオ  16-2

チェックリスト  16-4

同期オペレーション  5-26, 16-9

同期機能  16-8

トラブルシューティング  16-28

ネットワーク ディスカバリ  16-24

ネットワーク障害  16-28

バック オフィスのシナリオ  16-2

バックアップ サーバ、削除  16-26

バックアップ サーバの削除  16-26

バックアップのパーセンテージ  2-18, 16-18

バックアップの割り当て境界  11-10

複数のインターフェイス  16-26

ペアの作成  4-28

ペアの同期  4-28

ポーリング アトリビュート  16-23

ポーリング優先度  5-6

要求/応答バッファの設定  16-23

リージョナル クラスタの同期  16-11

リージョナル クラスタのペアの同期  5-25

リージョナル ペア  5-24

リージョナル ペアの追加  5-24

リージョナル ペアの編集  5-27

リース期間の問題  16-20

リースのクエリー  16-28

利点  2-15

リモート パスワード  16-8

リモート ポート  16-8

リモート ユーザ名  16-8

レポート機能  16-8

ローカル サーバの同期  16-8

ロールの変更  16-24

ロギング  16-11, 16-28

フェールオーバー処理の停止  16-26

フェールオーバーの設定

「フェールオーバー、DHCP」を参照

フォワーディング サーバ  10-2

DHCP  14-5

編集  10-2

リスト  10-2

不完全な委任  8-15, 27

レポート  10-10

復元

CNRDB データ、損傷  7-7, 7-9

MCD データ  7-4

破損  7-4

バックアップ  7-5

データベース  7-1, 7-5

ネットワーク障害  2-17

複数インターフェイス、フェールオーバー  16-26

複製

ポリシー  4-24

ローカル クラスタ データ  5-4

複製データ、表示  5-4

複製データベース  5-4

プライマリ ネーム サーバ  2-5

SOA プロパティ  A-7

設定  8-5

ゾーンの設定  8-6

ダイナミック DNS アップデート  15-2

定義  2-6

プライマリ ネーム サーバの設定  8-5

フラグ、リース アトリビュート  13-44

プロビジョニング クライアント  13-13

分散、ゾーン  8-18

ヘルプ

アトリビュート  3-5

ページ  3-6

変更

管理者パスワード  4-5

スコープのサブネット  11-12

スコープのネットマスク  11-12

変更セット データベース、DDNS  15-9

変更のコミット  3-4

編集

VPN  5-12

委任されたサブゾーン レコード  8-17

カスタム DHCP オプション  14-13

クライアント  13-7

クライアントクラス  5-22

クライアントクラスのスコープ選択基準  13-4

サブネット  18-10

スコープ  11-12

スコープ テンプレート  5-17

ゾーン テンプレート  5-32

ゾーン分散  5-29

ネットワーク名  11-24

フォワーダ リスト  10-2

ホスト  8-7, 9-11

ポリシー  5-20

リージョナル フェールオーバー ペア  5-27

リソース レコード  9-2

ルータ  5-10

ルータ インターフェイス  4-21, 5-11

ローカル クラスタ  5-3

ベンダ固有の DHCP オプション  14-7

ポート、LDAP アトリビュート  13-50

ポーリング

オフセット  5-6

間隔  5-6

サブネット使用状況データ  5-5

フェールオーバー サーバの優先度  5-6

リース履歴データ  5-5

リトライ間隔  5-6

ホスト

BOOTP  14-2

PING  12-5

アドレス範囲のテスト  4-16

移動  13-11

削除  8-7, 9-11

作成  4-13

ゾーンの制約  4-14

ゾーンへの追加  8-7, 9-10

ダイナミック  8-18, 15-1

複数のインターフェイス  16-26

編集  9-11

ホスト アドレス範囲のテスト  4-16

ホストマスタ、ゾーンの設定  8-6

ホスト名から合成  15-3

ポリシー  29

reply オプション  11-19

subnet-masks、設定  11-21

system-default  11-18

アドレス ブロック  19-8

オプション  2-20

追加  11-21

リスト  11-18

ガイドライン  11-2

組み込み  11-19

LDAP  13-42

スコープ  11-6

スコープの作成  11-13

スコープの表示  11-13

編集  11-22

ベンダ オプション  11-13

クライアント、組み込み  13-9

クライアントクラス  13-8

組み込み  13-6

作成  4-16

スコープ  2-20, 11-4, 11-5

スコープとの違い  2-10

設定  11-18, 11-19

定義  2-10, 2-19, 11-2, 29

デフォルト  11-18

デュアル ゾーン アップデートを許可する  15-14

名前付き  11-19

フェールオーバー同期の影響  5-26, 16-9

複製  4-24

プロパティ  15-15

編集  5-20

リージョナル~の作成  5-19

ローカル クラスタからの取得  4-24, 5-19

ローカル クラスタへの適用  4-25, 5-20

ポリシーの設定

「ポリシー」を参照

または、DHCP 式  13-27

マルチスレッド サーバ  2-22

マルチネッティング  2-19, 28

無効

クラスタ ロック  3-9

ネームスペース  19-6

無視

DHCP の ICMP エラー  12-6

DHCPDECLINE メッセージ  12-12

ほかの DHCP サーバへの要求  12-12

メッセージ、DHCP オプション  B-10

ユーザ

イベントの警告  6-3

異なるサービス  2-19

~のタイプ  1-1

リース アベイラビリティ  2-14

ユーザ名

LDAP  13-40

ユーザ名、LDAP アトリビュート  13-40, 13-47, 13-48, 13-50

猶予期間、リース  11-20

ユニキャスト、イネーブル  14-11

予約、リース

「リース、予約」を参照

ライセンス  4-6

addrspace  4-6

central-cluster  4-6

追加  3-3

リージョナル クラスタ  4-18

ルータ  4-6

ラウンドロビン  30

イネーブル  10-5, 10-6

スコープ選択  2-19, 11-6

リージョナル クラスタ  1-2, 2-1

VPN  5-12

一覧表示

逆ゾーン  5-31

順ゾーン  5-30

ゾーン  5-30

管理  4-1

管理者  4-19

取得

アドレス空間  5-24

クライアントクラス  5-22

ゾーン テンプレート  5-31

ポリシー  5-19

スコープ テンプレート  5-15

ゾーン テンプレート  5-31

ゾーン分散  5-28

チュートリアル  4-18

追加

サーバ クラスタ  5-2

ゾーン分散  5-28

ローカル クラスタ  5-2

適用

クライアントクラス  5-22

サブネット

ルータ  18-9

ローカル クラスタ  18-9

スコープ テンプレート  5-17

ゾーン テンプレート  5-32

ポリシー  5-20

同期

ゾーン分散  5-29

フェールオーバー ペア  5-25

表示

逆ゾーン ツリー  5-31

順ゾーン ツリー  5-30

フェールオーバー ペア  5-24

ポリシー  5-19

ライセンス  4-18

ローカル クラスタの追加  4-23

リース  2-9

LDAP アトリビュート  13-46

LDAP での状態のアップデート  13-44

アクティビティ  6-10

アドレス使用状況レポート  12-14

アロケート前の PING  12-5

一時  13-10

インポート  12-4

永久  11-19, 12-3

エクスポート  12-4

解除  2-14

拡張の延期  14-11

管理  12-14

期限終了の状態  2-8

強制的な使用可能化  12-15

強制的に使用可能にする  12-10

更新  2-8

更新時間、状態として保存  13-44

更新の抑制  12-11

孤立化  11-12

再取得  2-15

再度アクティブにする  12-7

再利用  14-3

時間

インポート ファイルで  12-5

ガイドライン  12-3

時間、ガイドライン  11-2

取得  2-14

状態  12-2, 13-43

使用不可のタイムアウト  12-13

推奨更新時間  1-6

スコープ  2-9, 12-2

表示  12-2

リスト  12-2

スコープでのリスト  12-2

スコープで非アクティブにする  12-6

タイプ  2-9

通知、受信  12-24

定義  2-8

データベース  6-4

ネームスペースによる孤立化  19-10

範囲からアドレスを除外する  12-7

非アクティブにする  12-15, 14-3

表示  6-10, 12-22

ファイル  12-4

時間フォーマット  12-5

猶予期間  11-20

予約  12-8, 12-9

リースクエリーと  12-27

予約済みでない  12-10

利点  2-9

利用不可能

クリア  12-11

処理  12-12

利用法  12-22

履歴レポート  12-14

ワンショット  13-10

リース延長、見送り  14-11

リース延長の見送り  14-11

リース期間ファクタ、フェールオーバー  16-20

リース更新の禁止  12-11

リースの再アクティブ化  12-7

リースの予約の送信  12-9

リース範囲からのアドレスの除外  12-7

リース履歴  12-14

iphist ユーティリティ  12-18

ip-history サーバ アトリビュート  12-16

ip-history-max-age サーバ アトリビュート  12-17

poll-lease-hist-interval クラスタ アトリビュート  12-17

poll-lease-hist-offset クラスタ アトリビュート  12-17

poll-lease-hist-retry クラスタ アトリビュート  12-17

trim-lease-hist-age CCM サーバ アトリビュート  12-21

trim-lease-hist-interval CCM サーバ アトリビュート  12-21

イネーブル化  12-16, 12-21

記録  12-15, 12-16, 18-13

クエリー  12-17

収集  12-16

収集のイネーブル化  5-7

収集の最長期間  5-7

データのポーリング  5-5

データベース ディレクトリ  12-16, 12-21

トリム  12-21

フェールオーバー サーバの優先度  5-6

ポーリング オフセット  5-6

ポーリング間隔  5-6

ポーリングのリトライ間隔  5-6

レポートの実行  12-15

リース履歴レポートの実行  12-14

リスト

アドレス ブロック サブネット  19-9

オプション  11-22

解決例外  10-4

カスタム オプション  14-13

管理者  4-5

クライアント  13-9

クライアントクラス  13-4

スコープ アトリビュート  11-12

スコープにおけるリース  12-2

スコープの範囲  12-8

スコープのリース  12-2

フォワーダ  10-2

ポリシー  11-22

ポリシー ベンダ オプション  11-13

ポリシーオプション  11-18

予約  12-9

リソース レコード  8-8, 9-6

リソース レコード

A  9-10, A-1, 23

A6  A-2

AAAA  A-2

AFSDB  A-2

CNAME  A-3, 24

HINFO  A-3, 26

ISDN  A-3

MB  A-3

MG  A-4

MINFO  A-4

MR  A-4

MX  A-4, 28

NAPTR  A-5

NS  A-5

NSAP  A-6

PTR  A-6, 29

RP  A-6

RT  A-6

SOA  A-7, 30

SRV  A-7

TXT  A-7

WKS  A-8, 32

削除  9-4

キャッシュ  9-6

ダイナミック  9-5

設定  9-2

セット、追加  9-6

タイプ  A-1

追加  9-2

ダイナミック  9-4

フィルタリング  9-7

編集  9-2

サブゾーン情報  8-17

リスト  9-6

リソース レコードのクリア  9-7

リソース レコードの設定  9-2

リトライ、SOA アトリビュート  8-5

リトライ、ゾーン アトリビュート  10-9

リフレッシュ、SOA アトリビュート  8-5

リフレッシュ、ゾーン アトリビュート  10-9

ルータ

BOOTP リレー  14-4

Cisco  14-4

ip-helper  4-21

uBR7200  4-21

一覧表示  5-9

ゲートウェイ アドレス  1-6, 2-21, 19-3, 26

再同期  5-10

サブネット  11-21

セキュア通信モード  5-10

設定  5-8

代替ログイン方式  5-10

追加  4-20, 5-9

適用

サブネット  18-9

~のポリシー  2-10

バンドル  5-11

編集  5-10

ルータ、DHCP オプション  B-3

ルータ インターフェイス

設定  5-8

追加  4-20

表示  5-11

編集  4-21, 5-11

ルータ ライセンス  4-6

ルータの再同期  5-10

ルータのバンドル  5-11

ルート ネーム サーバ  2-3, 10-2, 29

スレーブ サーバ  30

追加  10-3

ループバック

アドレス  27

ゾーン  8-5, 27

例外

「解決例外」を参照

レポート

アドレス使用状況  6-9, 12-14

サブネット使用状況  18-13

リース履歴  12-14, 12-15

ローカル クラスタ  1-2, 2-1

一覧表示  5-2

管理  4-1

チュートリアル  4-7

ツリーのビュー  5-2

データの複製  5-4

~との同期  5-3

~への接続  5-3

編集  5-3

ローカル クラスタへの接続  5-3

ローカル ポート  10-12

ロール  4-2

アドレス ブロック管理者  18-2

基本  4-2

グループ  4-4

サブロール  4-4

制約付き  4-2, 29

作成  4-14

ロギング

CCM データベース  6-4

DHCP  14-18, 15-22

DHCP サーバ  6-4

DNS  10-14, 15-21

DNS サーバ  6-4

MCD データベース  6-4

NOTIFY、「NOTIFY」を参照

NT  6-3

TFTP サーバ  6-4

イベント  6-3

サーバ イベント  6-3

サーバ エージェント  6-4

始動  6-3

ダイナミック DNS アップデート  15-11

データベース  7-6, 7-7

ファールオーバ  16-28

ファイル  6-4

リースクエリー  14-19

ログ、DHCP 式  13-26

ログアウト  3-6

ログイン、Web UI  3-2

ロック ファイル  7-3

論理サブネットへの参加  11-14

割り当て優先度、スコープ  11-7

limitation-id 設定と  11-8

アルゴリズム  11-7

ワンショット アクション(client コマンド)  13-10