CiscoWorks Small Network Management Solution 1.5 ユーザ ガイド
Essentials サーバでのメンテ ナンスの実施
Essentials サーバでのメンテナンスの実施
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Essentials サーバでのメンテナンスの実施

必須作業:前提条件

実行方法:手順

Change Audit ログからのレコードの削除

ソフトウェア ライブラリからのイメージの削除

Job Control Report からの古いデータの削除

インベントリへの管理対象外のデバイスの追加

アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルの削除

デバイスへのコンフィギュレーションのクイック ダウンロード

クイック ダウンロードで作成した古い ConfigArchive ジョブの削除

最終作業:検証

Change Audit ログ レコードの削除の確認

ライブラリからのソフトウェア イメージの削除の確認

Job Control Report からの古いデータの削除の確認

管理対象外のデバイスのインベントリへの追加の確認

アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルの削除の確認

アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルのクイック ダウンロードの確認

ConfigArchive ジョブの削除の確認

Essentials サーバでのメンテナンスの実施

ネットワーク管理者として、常に最新情報を保持し、不要になったりアップデートされていないレポートやデータをシステムから削除するシナリオについて説明します。

必須作業:前提条件

このシナリオでは、次のアプリケーションを使用します。

Change Audit

Software Management

Syslog Analysis

Inventory

Configuration Management

メンテナンス作業を行う前に、次のタスクが完了していることを確認してください。

Change Audit レコードを削除する前に、ネットワーク変更の履歴レポートを作成しておく( Essentials > Reports > Change Audit > All Changes の順に選択します)。

インベントリに追加する必要のあるデバイスを確認しておくため、予定外デバイス レポートを実行する( Essentials > Reports > Syslog Analysis > Unexpected Device Report の順に選択します)。

必須作業の詳細については、オンライン ヘルプを参照してください。

実行方法:手順

「Change Audit ログからのレコードの削除」

「ソフトウェア ライブラリからのイメージの削除」

「Job Control Report からの古いデータの削除」

「インベントリへの管理対象外のデバイスの追加」

「アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルの削除」

「デバイスへのコンフィギュレーションのクイック ダウンロード」

「クイック ダウンロードで作成した古い ConfigArchive ジョブの削除」

このシナリオの目的は、特定のアプリケーションを使って上記の作業を実施する方法について理解することです。これは、そのアプリケーションを使用してネットワークで類似の作業を実施する方法を理解する上で役立ちます。

Change Audit ログからのレコードの削除

監査基準とディスク容量に従って、変更レコードを削除します。


ステップ 1 Essentials > Reports > Change Audit > All Changes の順に選択して、レポートを保存します(まだ行っていない場合)。これが、履歴のバックアップになります。

ステップ 2 Admin > Essentials > Change Audit > Delete Change History の順に選択します。

Change Audit - Filter Options ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 必要なビューを選択します。

その特定のビューのためのデバイスが表示されます。

ステップ 4 デバイスを選択し、 Next をクリックして追加のフィルタを適用します。

Change Audit - Delete Change History ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 Change Audit データを削除するための条件を選択します。

Delete Change History ダイアログボックスには次のオプションが含まれています。

 

オプション
使用方法

Application

アプリケーション名を選択できます。変更レコードをログに記録する現在のアプリケーションは、Inventory Manager、Configuration Manager、および Software Management です。

アプリケーションのレコードがない場合、そのアプリケーション名はオプション リストに表示されません。デフォルトは All Applications です。

Category

カテゴリを選択できます。現在のカテゴリは、config、inventory、および swim です。

アプリケーション カテゴリのレコードがない場合、そのカテゴリ名はオプション リストに表示されません。デフォルトは All Categories です。

User

ドロップダウン リストからユーザを選択できます。

ユーザのレコードがない場合、そのユーザ名はオプション リストに表示されません。デフォルトは All Users です。

Mode

ドロップダウン リストから接続モードを選択できます。

接続モード オプションのレコードがない場合、そのオプションはオプション リストに表示されません。デフォルトは All Modes です。

Select Date Range

必要な日付の範囲を選択します。

ステップ 6 Next をクリックして、削除ジョブをスケジューリングします。

Change Audit - Schedule Jobs ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 ドロップダウン リストから Schedule Type を選択し、削除のスケジュールを指定します。

Schedule Type ドロップダウン リストには次のオプションが含まれています。

 

オプション
使用方法

Immediate

ジョブをすぐに実行します。

Once

選択した日付と時刻を使用してジョブを一度実行します。

Daily

Run Job フィールドの設定に従ってジョブを毎日実行します。

Weekly

Run Job フィールドの設定に従ってジョブを毎週実行します。

Monthly

Run Job フィールドの設定に従ってジョブを毎月実行します。

ステップ 8 Finish をクリックして、選択範囲を削除することを確認します。

Change Audit - Delete Change Records ダイアログボックスにその結果が表示されます。


) Change Audit レコードは、管理者が明示的に削除しない限り、システム内に累積していき、アーカイブ ディレクトリに多数の .dfr ファイルと .dfc ファイルが保持されます。これを避けるため、Change Audit レコードを削除する定期的なジョブを作成することをお勧めします。変更履歴を保持する場合は、CSV 形式で保存してからレコードを削除することができます。



 

ソフトウェア ライブラリからのイメージの削除


ステップ 1 Essentials > Software Management > Library > Browse Images の順に選択します。

Image Library Summary が開きます。


注意 Essentials サーバからソフトウェア イメージを削除すると、それらを復元することはできません。復元する場合は、Cisco.com からダウンロードするか、イメージが格納されているサーバからダウンロードする必要があります。

ステップ 2 削除するイメージに該当するチェックボックスをオンにして、 Delete をクリックします。

ダイアログボックスが表示されます。

イメージの削除を取り消すには、 Cancel をクリックします。

イメージを削除するには、 OK をクリックします。


 

Job Control Report からの古いデータの削除


ステップ 1 Job Control Report を表示するために、 Essentials > Software Management > Job Management > Browse Job の順に選択します。

ステップ 2 削除するジョブの ID をクリックします。

ステップ 3 Remove をクリックします。


 

インベントリへの管理対象外のデバイスの追加


ステップ 1 まだ実行していない場合は、予定外デバイス レポートを実行します( Essentials > Reports > Syslog Analysis > Unexpected Device Report の順に選択します)。

ステップ 2 このレポートをよく調べて、ネットワークには追加されているが、インベントリには追加されていないデバイスがないかどうか確かめます。

ステップ 3 Admin > Essentials > Inventory > Add Devices の順に選択します。

Add a Single Device ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 Add a Single Device ダイアログボックスでアクセス情報を入力して、 Next をクリックします。

Enter Login Authentication Information ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 Enter Login Authentication ダイアログボックスに情報を入力して確認します。

デバイスが TACACS(Terminal Access Controller Access Control System)を実行している場合は、TACACS ユーザ名と TACACS パスワードを入力します。

Software Management または Device Configuration を使用しているか、Cisco 2500 SFB(シングル フラッシュ バンク)デバイスを管理している場合は、読み取り/書き込みコミュニティ ストリングを入力する必要があります(また、Telnet パスワードも入力する必要があります)。この条件を満たしていない場合、アップグレードが成功しません。

ステップ 6 Next をクリックします。

Enter Enable Authentication Information ダイアログボックスが表示されます。

デバイスが TACACS を実行している場合は、TACACS イネーブル ユーザ名と TACACS イネーブル パスワードを入力します。

ステップ 7 Enter Login Authentication Information ダイアログボックスに情報を入力して確認します。

ステップ 8 Finish をクリックします。

Single Device Add ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 9 デバイスをほかにも追加するには、 Add Another をクリックし、ステップ 4 からステップ 7 を繰り返します。


 

アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルの削除


ステップ 1 Admin > Essentials > Configuration Management > General Setup の順に選択します。

Configuration Manager Admin ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 Archive Setup タブを選択します。

アーカイブからコンフィギュレーション ファイルを削除する時期を指定するには、次のいずれかを選択します。

Older than をクリックします。次に、数値を入力し、日、週、または月を選択します。

Maximum versions to keep をクリックして、保持するコンフィギュレーションの数を入力します。

ラベルの付いたコンフィギュレーション ファイルを保持する場合は、 Don't Purge Labelled Files をクリックします。

毎日何度もコンフィギュレーションを変更する場合は、バージョンの最大数による削除は行わないようにしてください。

たとえば、既知の優れたコンフィギュレーションがあり、それに 10 か所の変更を加えた場合は、アーカイブに 11 個のバージョンが格納されます。アーカイブに保持するバ―ジョンの数が 10 に限定されている場合は、既知の優れたコンフィギュレーションが一番古いバージョンとなるため、削除されます。

ステップ 3 Apply をクリックします。

アーカイブに変更が行われたことを通知するメッセージが表示されます。


 

デバイスへのコンフィギュレーションのクイック ダウンロード

Quick Configuration Download 機能を使用すると、必要なバージョンの実行コンフィギュレーションを Configuration Archive から選択されたデバイスへすばやくダウンロードするジョブを作成できます。

Essentials メンテナンス アクティビティの一環として、次のタスクをすばやく実行しなければならない場合があります。

Configuration Archive からデバイスへ、既知の「適切な」バージョンの実行コンフィギュレーションをダウンロードする。

または

クラッシュして再起動したデバイスで、Configuration Archive から、あるバージョンの実行コンフィギュレーションを復元する。

Quick Configuration Download には次のような特徴があります。

全カテゴリのデバイスの実行コンフィギュレーションだけに使用できます。

緊急ジョブ(すぐに実行されるジョブ)用です。したがって、この機能を使用するときは Job Approval をイネーブルにしないでください。

デバイスで実行コンフィギュレーションを復元するときに、マージ モードを使用します。

マルチライン バナー コマンドをサポートし、それらをダウンロードします。この機能は、コンフィギュレーション内の対話型コマンドもサポートしています。

TFTP、Telnet、および SSH 転送プロトコルを使用します。

次の表に、さまざまなカテゴリのデバイスで Quick Configuration Download に使用される転送プロトコルの詳細を示します。

 

デバイスのカテゴリ
Telnet
TFTP
SSH

Routers

Yes

Yes

Yes

Switches

Yes

Yes

Yes

FastSwitches

Yes

Yes

No

Quick Configuration Download ジョブでは、Transport Setup( Admin > Essentials > Configuration Management > General Setup )を指定したときと同じプロトコルの順序が使用されます。


) VLAN コンフィギュレーションに対して Quick Configuration Download を実行することはできません。VLAN コンフィギュレーションはコマンドラインを使用してダウンロードできます。
また、Quick Configuration Download ジョブをロールバックすることはできません。


Quick Configuration Download は、ネットワーク管理者特権で実行できます。

選択したバージョンのコンフィギュレーションのクイック ダウンロードを実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 次のいずれかを選択します。

Essentials > Configuration Management > Search Archive By Device

または

Essentials > Configuration Management > Search Archive By Pattern

ステップ 2 次のいずれかを実行します。

コンフィギュレーションを検索するデバイスを選択します。

または

テキスト パターンを入力します。

ステップ 3 次のいずれかを選択します。

最新のコンフィギュレーションだけを表示する場合は、 Latest

または

すべてのコンフィギュレーション バージョンを表示する場合は、 All

ステップ 4 Report Type オプションのいずれかを選択します。

ステップ 5 Finish をクリックします。

コンフィギュレーション レポートが表示されます。

ステップ 6 生成したレポートに基づいて、次のオプションのいずれかをクリックします。

レポート タイプ
操作

Configuration Summary Report

いずれかをクリックします。例:

Most Recent Archive

2nd Most Recent

3rd Most Recent

Device Configuration Viewer ウィンドウが表示されます。

Configuration Version Report

View をクリックします。Device Configuration Viewer ウィンドウが表示されます。

Configuration Quick View Report

Device Configuration Viewer ウィンドウが表示されます。デバイスをクリックし、必要なバージョンを選択します。

ステップ 7 Download this Config to Device をクリックします。

確認メッセージが表示されます。

ステップ 8 Yes をクリックします。

ジョブ ID を示すメッセージが表示されます。

ステップ 9 OK をクリックします。

Job Browser ウィンドウが表示されます。このウィンドウに、Quick Configuration Download ジョブのステータスが表示されます。

クイック ダウンロードが成功したかどうかを確認する方法については、
「アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルのクイック ダウンロードの確認」を参照してください。


 

クイック ダウンロードで作成した古い ConfigArchive ジョブの削除

Quick Download 機能を使用して作成した古い ConfigArchive ジョブを削除するには、次の手順のいずれかを実行します。

「手順 1」

「手順 2」

手順 1


ステップ 1 CiscoWorks デスクトップから Admin > Server Configuration > Job Management の順に選択します。

Job Manager ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 ConfigArchive ジョブを選択します。

ステップ 3 Remove Job ボタンをクリックします。

Confirm Job Removal ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 選択した ConfigArchive ジョブを削除する場合は Yes をクリックし、ジョブを保持する場合は No をクリックします。


 

手順 2

ConfigArchive Job Browser ウィンドウが表示されている場合はステップ 5 に進み、表示されていない場合はステップ 1 に進みます。


ステップ 1 CiscoWorks デスクトップから Admin > Server Configuration > Job Management の順に選択します。

Job Manager ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 ConfigArchive ジョブを選択します。

ステップ 3 Job details ボタンをクリックします。

ConfigArchive Job Details ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Jobs > Job Browser の順に選択します。

ConfigArchive Job Browser ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 ConfigArchive ジョブを選択します。

ステップ 6 Remove Job ボタンをクリックします。

Confirmation ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 選択した ConfigArchive ジョブを削除する場合は Yes をクリックし、ジョブを保持する場合は No をクリックします。


 

最終作業:検証

メンテナンス作業を実施した後で、次の作業が完了していることを確認してください。

「Change Audit ログ レコードの削除の確認」

「ライブラリからのソフトウェア イメージの削除の確認」

「Job Control Report からの古いデータの削除の確認」

「管理対象外のデバイスのインベントリへの追加の確認」

「アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルのクイック ダウンロードの確認」

「アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルの削除の確認」

Change Audit ログ レコードの削除の確認


ステップ 1 Essentials > Reports > Change Audit > Search Change Audit の順に選択します。

Change Audit - Filter Options ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 All Views と All Devices を選択して、 Next をクリックします。

Change Audit - Filter Options ダイアログボックスがもう 1 つ表示されます。

ステップ 3 Application フィールド、Category フィールド、User フィールド、および Mode フィールドから All を選択し、レコードが削除された日付を選択して、 Finish をクリックします。

Change Audit - Search レポートが表示されます。選択した日付のレコードは表示されません。


 

ライブラリからのソフトウェア イメージの削除の確認


ステップ 1 Essentials > Software Management > Library > Browse Images の順に選択します。

Image Summary Report が開きます。

ステップ 2 レポートをよく調べて、削除したソフトウェア イメージが存在しないことを確認します。


 

Job Control Report からの古いデータの削除の確認


ステップ 1 Essentials > Software Management > Job Management > Browse Jobs の順に選択して、Job Control Report を表示します。

ステップ 2 削除したジョブがレポートに表示されていないことを確認します。


 

管理対象外のデバイスのインベントリへの追加の確認


ステップ 1 Admin > Essentials > Inventory > List Devices の順に選択します。

List Devices ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 追加したデバイスがリストに表示されていることを確認します。


 

アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルの削除の確認

コンフィギュレーション ファイルはスケジュールに従ってアーカイブから削除されるため、ジョブを実行するたびに削除されたことを確認する必要はありません。

コンフィギュレーション ファイルがスケジュールどおりにアーカイブから削除されたことを確認するには、ディレクトリを表示します。
NMSROOT \ files\archive\config に移動します。

アーカイブからのコンフィギュレーション ファイルのクイック ダウンロードの確認


ステップ 1 CiscoWorks デスクトップから Admin > Server Configuration > Job Management の順に選択します。

Job Management ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 ConfigArchive ジョブのステータスを確認します。

Quick Config Download ジョブが成功すると、Change Audit レコードがログに記録され、コンフィギュレーション取得操作によって Configuration Archive が同期されます。


 

ConfigArchive ジョブの削除の確認


ステップ 1 CiscoWorks デスクトップから Admin > Server Configuration > Job Management の順に選択します。

Job Manager ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 削除した ConfigArchive ジョブが Job Manager ダイアログボックスに表示されないことを確認します。