CiscoWorks Small Network Management Solution 1.5 ユーザ ガイド
ファイルのインポート形式
ファイルのインポート形式
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ファイルのインポート形式

CSV ファイル

DIF ファイル

ファイルのインポート形式

ネットワーク インベントリにデバイスをインポートする方法には、次の 2 つがあります。

「CSV ファイル」

「DIF ファイル」

Cisco では、使いやすさの点から CSV 形式を強く推奨しています。この付録には、各形式のサンプル ファイルが記載してあります。


) 各ファイル形式の情報は、この付録に示されている順序で入力する必要があります。


CSV ファイル

CSV ファイルを作成して、デバイスをインポートすることができます。 Admin > Essentials > Inventory > Import from File の順に選択して、作成した CSV ファイルをインポートします。

CSV 形式には、次のデバイス情報を記述します。

デバイスのフルネームまたは IP アドレス(必須)

読み取り専用コミュニティ ストリング(必須)

読み取り/書き込みコミュニティ ストリング(オプション)

シリアル番号(オプション)

ユーザ フィールド 1(オプション)

ユーザ フィールド 2(オプション)

ユーザ フィールド 3(オプション)

ユーザ フィールド 4(オプション)

Telnet パスワード、イネーブル パスワード、イネーブル シークレット、TACACS ユーザ、TACACS パスワード、TACACS イネーブル ユーザ、TACACS イネーブル パスワード、ローカル ユーザ、ローカル パスワード、RCP ユーザ、および RCP パスワード(オプション)

次に、CSV 形式のサンプル ファイルを示します。

; The following header line is mandatory - only the value of the
; source attribute can be modified (e.g. source = My Excel spreadsheet).
cisco Systems NM data import, source = Hand edit; Version = 2.0; Type = Csv
;
; Here are the columns of the table.
;
;Col# = 1; Name = Device name (include domain unless your stie has
; unqualified device names registered in the name services
; - or -
; IP address in dotted decimal notation
;Col# = 2: Name = RO community string
;Col# = 3: Name = RW community string
;Col# = 4: Name = Serial Number
;Col# = 5: Name = User Field 1
;Col# = 6: Name = User Field 2
;Col# = 7: Name = User Field 3
;Col# = 8: Name = User Field 4
;Col# = 9; Name = Telnet password
;Col# = 10; Name = Enable password
;Col# = 11; Name = Enable secret
;Col# = 12; Name = Tacacs user
;Col# = 13; Name = Tacacs password
;Col# = 14; Name = Tacacs enable user
;Col# = 15; Name = Tacacs enable password
;Col# = 16; Name = Local user
;Col# = 17; Name = Local password
;Col# = 18; Name = Rcp user
;Col# = 19; Name = Rcp password; Comment = not used, leave blank
;
; Here are the rows of data.
;
bigrouter.yourcompany.com,public,private,,
dev-2501.yourcompany.com,"Not so, "" public as, thought",private,sn2501,
dev-2502.yourcompany.com,public,"private",sn2502,
dev-2503.yourcompany.com,public,private,sn2503,""
dev-2504.yourco.com,public,private,sn2504,us1,us2,us3,us4,tPass,ePass,eSecret,tUsr,tPass,teUsr,tePass,LUsr,LPass,rUsr,rPass
dev-2505.yourco.com,public,private,sn2505,usr1,,,usr4,,,esecret,,tUsr,tPass,,,LUsr,lPass
dev-2507.yourcompany.com,public,private,sn2507,
dev-2509.yourcompany.com,public,private,sn2509,
dev-2510.yourcompany.com,public,private,sn2510,
dev-2511.yourcompany.com,public,private,sn2511,
dev-2512.yourcompany.com,public,private,sn2512,
dev-2513.yourcompany.com,public,private,sn2513,
dev-2514.yourcompany.com,public,private,sn2514,
dev-2515.yourcompany.com,public,private,sn2515,
dev-2516.yourcompany.com,public,private,sn2516,
dev-4000.yourcompany.com,public,private,,Big Boys
dev-4500.yourcompany.com,public,private,,Big Boys
dev-7000.yourcompany.com,public,private,,Big Boys
dev-7010.yourcompany.com,public,private,,Big Boys
dev-2517.yourcompany.com,public,private,,,nm 25xx
dev-2518.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-2520.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-2521.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-2522.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-2523.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-2524.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-2525.yourcompany.com,public,private,,,mylabel2
dev-4700.yourcompany.com,public,private,,yourlabel1,,yourlabel3,yourlabel4
dev-7206.yourcompany.com,public,private,,
dev-7505.yourcompany.com,public,private,,,,,yourlabel4
dev-7507.yourcompany.com,public,private,,
dev-7513.yourcompany.com,public,private,,
dev-1200.yourcompany.com,public,private,,
dev-2900.yourcompany.com,public,private,,
dev-3000.yourcompany.com,public,private,,
dev-5000.yourcompany.com,public,private,,
111.222.33.44,public,public,,
 

DIF ファイル

DIF ファイルを作成して、デバイスをインポートすることもできます。 Admin > Essentials > Inventory > Import from File の順に選択して、作成した DIF ファイルをインポートします。

現在のところ、DIF は Essentials オンライン ヘルプに記述されている BNF 拡張表記を使用して、ISO Latin-1 文字セットで符号化されます。DIF には、各デバイスに関する次の特性を指定します。

汎用形式

汎用アトリビュート

ヘッダー

テーブル領域

汎用テーブル アトリビュート

デバイス テーブル

グループ テーブル

ユーザ注釈テーブル

シリアル番号テーブル

TACACS テーブル

次に、上記の特性が取り込まれている DIF 形式のサンプル ファイルを示します。このサンプル ファイルは、CiscoWorks からインポートされたものです。

最初に、DIF が定義されます。

cisco Systems NM data import, source=CW; Version = 1.0;
 

デバイス テーブルが定義されます。

Table name = Device basic inventory; Version = 1.0; Column count = 7; Separator = |;
 

デバイス テーブルの各カラムが定義されます。

Col# = 1; Name = Row#;
Col# = 2; Name = Device name;
Col# = 3; Name = Domain;
Col# = 4; Name = RO community string;
Col# = 5; Name = RW community string;
Col# = 6; Name = Telnet password;
Col# = 7; Name = Enable password;
 

デバイス テーブルのデータ行が定義されます。

000001|111.22.333.4||||fooey|more
000002|landfall|cisco.com|public|private||
000003|yet_another_router||read|write|main|charlie
000004|Pinpointed_router|organized.org|read|write|viper|eric
999999
 

運用管理ドメイン テーブルが定義されます。

Table name = Device grouping; Version = 1.0;
Column count = 4; Separator = $
 

ドメイン テーブルの各カラムが定義されます。

Col# = 1; Name = Row#
Col# = 2; Name = Group
Col# = 3; Name = Device name
Col# = 4; Name = Domain
 

ドメイン テーブルのデータ行が定義されます。

000001$CW_World$111.22.333.4$
000002$CW_World$yet_another_router$
000003$CW_World$landfall$cisco.com$
000004$CW_Smaller than world$yet_another_router$
999999
 

ユーザ注釈テーブルが定義されます。

Table name = Device annotations; Version = 1.0; Column count = 7; Separator = $
 

注釈テーブルの各カラムが定義されます。

Col# = 1; Name = Row#
Col# = 2; Name = Device name
Col# = 3; Name = Domain
Col# = 4; Name = Annotation 1
Col# = 5; Name = Annotation 2
Col# = 6; Name = Annotation 3
Col# = 7; Name = Annotation 4
 

注釈テーブルのデータ行が定義されます(1 番目の注釈には、場所が入ります。2 番目の注釈には、連絡先の担当者の名前が入ります)。

000001$111.22.333.4$$San Jose: Bldg F$Joe Smith
000002$yet_another_router$$San Jose: Bldg A$Jill Jones
000003$landfall$cisco.com$San Jose: Bldg F$Joe Smith
000004$yet_another_router$Santa Clara: Bldg 1$George Black
999999
 

シリアル番号テーブルが定義されます。

Table name = Device serial numbers; Version = 1.0; Column count = 4;
Separator = $
Col# = 1; Name = Row#
Col# = 2; Name = Device name
Col# = 3; Name = Domain
Col# = 4; Name = Serial number
 

RCP データが指定されます。

000001$111.22.333.4$$jsmith$1dasf8
000002$yet_another_router$$jjones$1ruf7dhgd
000003$landfall$cisco.com$jsmith$1dasf8
000004$yet_another_router$gblack$7fghs4
999999
 

TACACS テーブルが定義されます。

Table name = Device Tacacs access data; Version = 1.0; Column count = 7;
Separator = $
Col# = 1; Name = Row#
Col# = 2; Name = Device name
Col# = 3; Name = Domain
Col# = 4; Name = Tacacs user
Col# = 5; Name = Tacacs password
Col# = 6; Name = Tacacs Enable User;
Col# = 7; Name = Tacacs Enable Password;
 

TACACS データが指定されます。

000001$111.22.333.4$$jsmith$3dfg6$stillJsmith$butNot3dfg6
000002$yet_another_router$$jjones$adf6789
000003$landfall$cisco.com$jsmith$3dfg6
000004$yet_another_router$gblack$jh3df7
999999