CiscoWorks Small Network Management Solution 1.5 ユーザ ガイド
WhatsUp Gold を使用した EssentialsManagedDevices マップの作成
WhatsUp Gold を使用した EssentialsManagedDevices マップの作成
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

WhatsUp Gold を使用した EssentialsManagedDevices マップの作成

必須作業:前提条件

実行方法:手順

最終作業:検証

WhatsUp Gold を使用した EssentialsManagedDevices マップの作成

管理者として、WhatsUp Gold アプリケーションを使用してネットワーク内のデバイスを検出し、EssentialsManagedDevices マップ(「EssentialsManagedDevices マップ」を参照)を作成するシナリオについて説明します。

次の項を参照してください。

「必須作業:前提条件」

「実行方法:手順」

「最終作業:検証」

また、マップの再作成手順に関するオンライン ヘルプも参照してください。

必須作業:前提条件

このシナリオでは、次のアプリケーションを使用します。

WhatsUp Gold コンソール

CiscoWorks SNMS デスクトップの WhatsUp Gold

前提条件はありません。

実行方法:手順


ステップ 1 Start > Programs > WhatsUp > WhatsUp Gold を選択します。

WhatsUp Gold コンソールが表示されます。

ステップ 2 File > New Map Wizard を選択します。

Device Discovery Introduction ダイアログが表示されます。

ステップ 3 Discover and map network devices を選択し、Next をクリックします。

Device Discovery Methods ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 Discover your network with SNMP SmartScan を選択し、 Next をクリックします。

SNMP SmartScan ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 SNMP root device フィールドに、ルータの IP アドレスまたはデフォルト ゲートウェイの IP アドレスを入力します。

ステップ 6 SNMP コミュニティ ストリングを入力し、 Next を入力します。

TCP/IP Service Scan が表示されます。

ステップ 7 WhatsUp Gold のスキャンで検索するサービスを選択し、 Next を選択します。

WhatsUp Gold はネットワークをスキャンして情報を検索します。スキャンの完了後、マップに表示するデバイスを指定できます。

ステップ 8 Finish をクリックして検出を完了します。

ステップ 9 File > Save を選択します。デフォルトでは、マップは NMSROOT \WhatsUp に保存されます。ここで、 NMSROOT は CiscoWorks がインストールされたディレクトリです。

ステップ 10 Web ブラウザで CiscoWorks SNMS サーバの URL を入力します。

http :// server_name : 1741

ここで、 server_name は CiscoWorks SNMS がインストールされたシステムの名前、1741 はデフォルトの CiscoWorks SNMS Web サーバ ポートです。

CiscoWorks のメイン画面が表示され、Login Manager が示されます。

ステップ 11 CiscoWorks SNMS サーバにログインします。

User Name : admin

Password : password

ここで、 password は、インストール時に入力した admin パスワードです。

デフォルトで CiscoWorks デスクトップが表示され、WhatsUp Gold Top ビューが示されます。

ステップ 12 WhatsUp Gold タブをクリックします。

ステップ 13 WhatsUp Network Monitor の右側のテーブルで Export to Essentials リンクをクリックします。

Essentials にデータをエクスポートする前に、WhatsUp Gold マップをすべてロードする必要があります。

Export WhatsUp Gold Devices to Essentials ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 14 エクスポートする WhatsUp Gold マップを選択します。

ステップ 15 Finish をクリックします。

Add/Import Status Summary ダイアログボックスが表示されます。


 

最終作業:検証

Add/Import Status Summary には、managed(管理対象)、alias(エイリアス)、conflicting(競合)、suspended(中断)、not responding(応答なし)、または pending(保留)というデバイス ステータスが表示されます。すべてのデバイスが Essentials データベースに追加またはインポートされると、保留数は 0 になります。

次の手順に従って、プロセスが正常に行われたことを確認する必要があります。

CiscoWorks SNMS デスクトップで WhatsUp Gold をクリックします。

EssentialsManagedDevices マップが表示されます(WhatsUp Gold 画面が表示されるまで数秒かかる場合があります)。

このマップには、Essentials によって管理されるデバイスが含まれています。