CiscoWorks Small Network Management Solution 1.5 ユーザ ガイド
索引
B
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

B

backup.pl コマンド、説明  E-1

Base64- Encoded X.509 証明書形式、定義  B-8

C

CasServer プロセス、説明  C-48

CCO(Cisco Connection Online)

アップグレードの解析、実行  14-3

ソフトウェア イメージの取得  14-4

CCO によるアップグレード解析、実行  14-3

Change Audit アプリケーション  10-8

ChangeAudit プロセスの説明  C-48

概要  9-5

機能フロー  10-8

図  10-9

タスク(表)  10-11

ワークフロー(図)  10-10

使用法のシナリオ

Configuration Management での  19-1

Software Management での  14-1

複数のアプリケーションでの  15-1

追跡の FAQ

コンフィギュレーション変更  C-2

変更の担当者  C-2

トラブルシューティング  C-2

Cisco.com

~への Essentials 接続  9-10

CiscoView

概要  1-3

起動、WhatsUp Gold からの  6-7

CiscoWorks Server

(「CiscoWorks Server のセットアップ」も参照)  4-1

(「CiscoWorks Server のトラブルシューティング」も参照)  A-1

アプリケーション、インストールおよびバージョンの確認  A-3

概要  1-2

およびアプリケーション  3-2

サーバでのオプションのイネーブル化  3-2

自己診断テストの実行  A-2

タイム ゾーンの設定について  3-2

~でのタスクの実行  3-3

プロセス、チェック

障害  A-2

ステータス  A-3

管理  5-1

基本的な管理ツールの使用  5-2

ジョブとリソースの管理  5-12

データ管理タスクの実行  5-5

バックエンド プロセスの管理  5-11

ログ ファイルの管理  5-2

構造上のコンポーネント  9-9

詳細について  3-3

セットアップ(「CiscoWorks Server のセットアップ」参照)  4-1

~で情報を収集  A-2

トラブルシューティング(「CiscoWorks Server のトラブルシューティング」参照)  A-1

~の IP アドレス、変更(FAQ)  C-39

~のデフォルト ポート  2-2

~のホスト名変更(FAQ)  C-40

CiscoWorks Server のセットアップ  4-1

パスワードの再設定  4-6

ユーザ アカウント  4-2

ユーザ アカウントのセキュリティ タスクの実行  4-3

admin ユーザ名を検討  4-3

~の表  4-3

忘れたパスワード  4-3

ユーザ アカウントのセキュリティ レベルについて  4-2

アプルーバ  4-3

システム管理者の特権  4-2

ネットワーク オペレータ  4-3

ネットワーク管理者  4-3

ヘルプ デスク  4-3

ユーザ アカウントのセットアップ  4-2

CiscoWorks Server のトラブルシューティング  A-1

FAQ

CiscoWorks Server の IP アドレス、変更  C-39

CiscoWorks Server ホスト名、変更  C-40

Essentials データベース、再初期化  C-38

Essentials で日時の変更が反映されない  C-43

Essentials にデバイスを追加できない  C-43

Java プラグインのイネーブルまたはディセーブル  C-42

データベース、単一アプリケーションの、バックアップ  C-42

特定のアプリケーションでサポートされるデバイス  C-42

バックアップ、ディレクトリ構造  C-37

CiscoWorks SNMS Taskbar Icon の使用  6-9

CiscoWorks TrustStore または KeyStore、定義  B-9

CiscoWorks アプリケーションの起動、トラブルシューティング  A-10

CiscoWorks から提供される事前定義されたログイン ID  4-2

CiscoWorks デーモン マネージャのシャットダウンに関する注意  5-2

CiscoWorks デスクトップの使用  2-4

Applications ペイン  2-5

TOC ペイン  2-5

CMLogger プロセス、説明  C-48

ConfigArchive プロセス、説明  C-48

ConfigChangeDetector プロセス、説明  C-48

ConfigPurge プロセス、説明  C-48

ConfigUpdate プロセス、説明  C-48

Configuration Management  10-12

Change Audit で使用  19-1

Config Editor オプション  10-33

機能フロー(図)  10-34

タスク(表)  10-37

~の利点  10-33

(「Configuration Management のトラブルシューティング」も参照)  C-3

NetConfig オプション  10-22

機能フロー(図)  10-23

使用法のシナリオ  18-1

タスク(表)  10-26

~の利点  10-22

Network Show コマンド オプション  10-28

11 台以上のデバイスのコマンド セット  C-4

コマンド セットごとの数  C-4

コマンドのエラー メッセージ  C-5

コマンド、~の包括性  C-5

コマンドの機能フロー(図)  10-30

タスク(表)  10-32

~の利点  10-28

概要  9-4

機能フロー  10-15

Configuration Archive  10-17

NetConfig、Config Editor、および Network Show コマンド  10-18

アーカイブ特有のタスク(表)  10-19

図  10-16

ワークフロー(図)  10-16

使用法のシナリオ

Change Audit での  19-1

Configuration Management のみ  17-1

複数のほかのアプリケーションと  15-1

トラブルシューティング

(「Configuration Management のトラブルシューティング」参照)  C-3

~の利点  10-12

Configuration Management のトラブルシューティング  C-3

FAQ

NMS からインポートされたデバイス、コンフィギュレーションを比較  C-3

サポートされるデバイスの検索  C-3

Network Show コマンドに関する FAQ

11 台以上のデバイスのコマンド セット  C-4

コマンドを含む  C-5

セットごとのコマンドの数  C-4

~のエラー メッセージ  C-5

cwconfig コマンド、説明  E-1

cwinvcreport コマンド、説明  E-2

CWSNMS でのユーザ特権  2-4

CWSNMS の概要  1-1

CiscoView  1-3

CiscoWorks Server  1-2

Essentials  1-2

WhatsUp Gold  1-3

CWSNMS、はじめに  2-1

CiscoWorks デスクトップ

起動  2-2

使用  2-4

Web クライアントについて  2-2

Web サーバのポート番号の変更  2-6

オンライン ヘルプの使用  2-6

ユーザ特権  2-4

ログイン  2-3

CWSNMS へのログイン  2-3

D

dbpasswd.pl コマンド、説明  E-2, E-3

Device Center

概要  21-1

起動  21-2

使用  21-3

Device Selector  21-3

Device Summary ペイン  21-3

Function Available ペイン  21-4

Device Navigator アプリケーション  10-39

Device Views アプリケーション  10-2

概要  9-5

図  10-4

タスク(表)  10-5

デバイス認証の設定  10-6

ビューのタイプ  10-2

dig コマンド、説明  E-3

DIServer プロセス、説明  C-48

dmgtd コマンド、説明  E-4

E

EDS(Event Distribution Service)、管理  5-13

Event Distribution Service タスク(表)  5-13

ESS(Event Service Software)

管理  5-16

~のポートを変更  A-16

Essentials

(「Essentials アプリケーション」も参照)  10-1

(「Essentials コマンド リファレンス」も参照)  E-1

(「Essentials サーバ」も参照)  15-1

(「Essentials プロセス」も参照)  C-48

(「EssentialsManagedDevices マップ」も参照)  7-1

概要  1-2, 9-1

アプリケーション  9-3

機能  9-3, 9-11

機能の追加  9-15

コンポーネント  9-9

差分デバイス サポートの追加  9-15

サポート対象のデバイス  9-15

システム コンフィギュレーション  9-13

スタートアップ ガイド  9-11

タイム ゾーンの実装  9-16

タスクのワークフロー  9-12

~の管理タスク  9-12

ユーザ タスク  9-12

機能  9-11

コンポーネント  9-9

Cisco.com  9-10

CiscoWorks Server  9-9

データベースと機能  9-9

サポート対象のデバイス  9-15

スタートアップ ガイド  9-11

プロセス(「Essentials プロセス」参照)  C-48

Essentials アプリケーション  10-1

24-Hour Report、概要  9-8

Change Audit  10-8

概要  9-5

機能フロー  10-8

Configuration Management  10-12

Config Editor オプション  10-33

Configuration Archive  10-17

NetConfig オプション  10-22

Network Show コマンド オプション  10-28

概要  9-4

機能フロー  10-15

~の利点  10-12

Device Views  10-2

アプリケーションとデバイス認証(表)  10-6

概要  9-5

図  10-4

タスク(表)  10-5

デバイス認証の設定  10-6

ビューのタイプ  10-2

Inventory  10-39

概要  9-6

機能フロー  10-40

~の利点  10-39

Job Approval  10-48

概要  9-6

タスク(表)  10-50

プロセス  10-48

ワークフロー(図)  10-49

Software Management  10-51

概要  9-7

機能フロー  10-52

機能フロー(図)  10-52

タスク(表)  10-55

~の利点  10-51

ワークフロー(図)  10-53

Syslog Analysis  10-58

概要  9-7

機能フロー  10-58

ワークフロー  10-59

ワークフロー、~と Change Audit のワークフロー  10-60

System Configuration  10-7

概要  9-8

タスク(表)  10-7

~の表  9-4

Essentials コマンド リファレンス  E-1

backup.pl  E-1

cwconfig  E-1

cwinvcreport  E-2

dbpasswd.pl  E-2

dbRestoreOrig.pl  E-3

dig  E-3

dmgtd  E-4

import_rme.pl  E-4

pdexec  E-5

pdmsg  E-5

pdreg  E-6

pdrun.pl  E-6

pdshow  E-5

pdterm  E-5

ProxyAdminInterface.pl  E-6

RemoveJrmJobs.pl  E-6

RemoveRmeJobs.pl  E-7

restorebackup.pl  E-7

RmeJobCreateService.pl  E-7

RmeJobEnableService.pl  E-7

SampleEmailScript.pl  E-8

uninstall.sh  E-8

Essentials サーバ

イメージの削除、注意  15-6

メンテナンス  15-1

ConfigArchive ファイル、古いファイルを削除  15-12

イメージ、ソフトウェア ライブラリから削除  15-5

管理対象外のデバイス、インベントリに追加  15-6

コンフィギュレーション ファイル、アーカイブから削除  15-8

手順  15-3

デバイスへのコンフィギュレーションのクイック ダウンロード  15-9

古いデータ、Job Control Report から削除  15-6

メンテナンスの前提条件  15-2

レコード、Change Audit ログから削除  15-3

メンテナンスの検証  15-14

Job Control Report から削除された古いデータ  15-15

アーカイブから削除されたコンフィギュレーション ファイル  15-16

インベントリに追加された管理対象外のデバイス  15-15

クイック ダウンロード  15-16

削除された Change Audit ログ レコード  15-14

削除された古い ConfigArchive ジョブ  15-16

ライブラリから削除されたソフトウェア イメージ  15-15

Essentials スタートアップ ガイド  9-11

Essentials でのタイム ゾーンの実装、概要  9-16

Essentials のトラブルシューティング  C-1

Change Audit  C-2

プロセスの説明  C-48

プロセスの説明表

CasServer  C-48

ChangeAudit  C-48

ConfigArchive  C-48

ConfigChangeDetector  C-48

ConfigPurge  C-48

ConfigUpdate  C-48

DIServer  C-48

EssentialsDbEngine  C-49

EssentialsDbMonitor  C-49

IcServer  C-49

InvChangeDetector  C-49

InvChangeProbe  C-49

Proxy  C-49

Scheduler  C-49

SyslogAnalyzer  C-49

Essentials プロセス  C-48

CasServer  C-48

ChangeAudit  C-48

CMLogger  C-48

ConfigArchive  C-48

ConfigChangeDetector  C-48

ConfigPurge  C-48

ConfigUpdate  C-48

DIServer  C-48

EssentialsDbEngine  C-49

EssentialsDbMonitor  C-49

IcServer  C-49

InvChangeDetector  C-49

InvChangeProbe  C-49

Proxy  C-49

Scheduler  C-49

SyslogAnalyzer  C-49

EssentialsManagedDevices マップの作成

Essentials を使用  11-1

検証  11-3

前提条件  11-2

手順  11-2

WhatsUp Gold を使用  7-1

検証  7-4

前提条件  7-2

手順  7-2

I

IcServer プロセス、説明  C-49

import_rme.pl コマンド、説明  E-4

InvChangeDetector プロセス、説明  C-49

InvChangeProbe プロセス、説明  C-49

Inventory アプリケーション  10-39

概要  9-6

管理対象外のデバイス、~に追加  15-6

機能フロー  10-40

図  10-41

タスク(表)  10-43

ワークフロー(図)  10-42

使用法のシナリオ  15-1

~でサポートされるデバイスの決定、~の FAQ  C-8

トラブルシューティング  C-8, C-11

~の FAQ  C-8

Device Serial Number フィールドが空白  C-10

Inventory Poller  C-9

最新の変更  C-9

サポートされるデバイス  C-8

スケジュールされた収集、最後に実行された時間  C-9

スケジュールされた収集、実施する頻度  C-9

データ収集の方法  C-8

デバイスのシリアル番号、確認および修正  C-10

~の利点  10-39

J

Java プラグイン

イネーブルまたはディセーブル  C-42

インストール  4-5

トラブルシューティング

コントロール パネルでイネーブル後にイネーブルにならない  A-9

使用するバージョン  A-9

Job Approval アプリケーション  10-48

概要  9-6

タスク(表)  10-50

プロセス  10-48

ワークフロー(図)  10-49

jrm、確認  A-15

N

NAT(Network Address Translation)サポート  13-1

外部のデバイスの管理  13-4

~について  13-2

NetConfig(Configuration Management オプション)  10-22

機能フロー(図)  10-23

使用法のシナリオ、単独で使用  18-1

ジョブの定義  18-6

タスク(表)  10-26

テンプレートの作成  18-4

~の利点  10-22

Network Show コマンド(Configuration Management オプション)  10-28

FAQ

コマンド、エラー メッセージ  C-5

コマンド、包括性  C-5

機能フロー(図)  10-30

タスク(表)  10-32

~の FAQ

11 台以上のデバイスのコマンド セット  C-4

コマンド、セットごとの数  C-4

O

osagent のポート変更  A-15

OSPF NOMEMORY エラー、修正  20-1

P

pdexec コマンド、説明  E-5

pdmsg コマンド、説明  E-5

pdreg コマンド、説明  E-6

pdrun.pl コマンド、説明  E-6

pdshow コマンド、説明  E-5

pdterm コマンド、説明  E-5

PKCS#8、定義  B-7

Proxy プロセス、説明  C-49

R

removeJrmJobs.pl コマンド、説明  E-6

removeRmeJobs.pl コマンド、説明  E-7

restorebackup.pl コマンド、説明  E-7

RmeJobCreateService.pl コマンド、説明  E-7

RmeJobEnableService.pl コマンド、説明  E-7

S

SampleEmailScript.pl コマンド、説明  E-8

Scheduler プロセス、説明  C-49

Software Management アプリケーション  10-51

Change Audit と使用  14-1

FAQ

2900XL/3500XL デバイス、SWIM と使用するための特別なイメージ  C-19

bootldrimages、Cisco IOS デバイスがサポートする  C-18

DNS に依存する RCP  C-17

Image Recommendation、速度を上げる方法  C-19

RME のレジストリ ファイルのロール  C-20

Software Management イメージのダウンロード  C-15

tftpboot ディレクトリに残されたイメージ ファイル  C-17

アップグレート ジョブごとのデバイス数  C-18

暗号イメージ  C-16

イメージ ディレクトリ、作成時  C-18

イメージ送信する RCP プロトコル  C-16

イメージ配布に必要な一時領域  C-17

拒否されたジョブ  C-19

ジョブの配布での自動バックアップ  C-14

ジョブ編集の制約事項  C-20

ダウンロードおよびブラウザのタイムアウト  C-15

デフォルトの SNMP タイムアウト  C-18

バグ レポートのフィルタリング  C-16

プロキシ環境の処理  C-14

ベースライン、決定  C-14

ユーザ認証環境でのプロキシ サポート  C-14

概要  9-7

機能フロー  10-52

図  10-52

タスク(表)  10-55

ワークフロー(図)  10-53

使用法のシナリオ

Change Augit と  14-1

複数のほかのアプリケーションと  15-1

トラブルシューティング  C-13

~の利点  10-51

ワークフロー(図)  10-53

Syslog Analysis アプリケーション  10-58

Syslog カスタム レポート  20-1

概要  9-7

機能フロー  10-58

Windows の  10-59

シナリオ  12-1

使用法のシナリオ  12-1

~のみ  20-1

複数のほかのアプリケーションと  15-1

タスク(表)  10-62

トラブルシューティング  C-29

表  C-31

~の FAQ  C-29

Syslog ウィンドウが表示されてロックアップする  C-29

Syslog メッセージの場所  C-30

デバイスの Syslog メッセージを受信しない  C-29

レポート

カスタム、作成  20-1

ワークフロー  10-59

Change Audit ワークフロー、比較  10-60

図  10-59

Syslog Analysis カスタム レポート

作成  20-1

~の作成の検証  20-3

表示  12-3

Syslog Analysis の使用、シナリオ  12-1

syslog カスタム レポート(Syslog Analysis)

シナリオ  20-1

検証  20-3

手順  20-2

SyslogAnalyzer プロセス、説明  C-49

System Configuration アプリケーション  10-7

概要  9-8

タスク(表)  10-7

T

Telnet パスワード、変更(シナリオ)  17-2

U

uninstall.sh コマンド、説明  E-8

W

Web クライアントと CWSNMS  2-2

Web サーバのポート番号、変更  2-6

WhatsUp Gold

admin パスワードの変更  6-8

admin ロール  6-2

CiscoView の起動  6-7

Device Center の起動  6-6

Essentials データベースとデバイスを同期  6-3

Essentials へのエクスポート  6-4

EssentialsManagedDevices マップの作成および更新  6-2

Guest ユーザ ロール  6-2

Recreating Map オプション  6-3

概要  1-3, 6-1

ゲスト パスワード、変更  6-8

WhatsUp Gold および CiscoView

NMIDB を使用した統合  8-1

アクセス

制御、およびセキュリティ  B-5

セキュリティ レベル

アプルーバ  4-3

システム管理者の特権  4-2

~について  4-2

ネットワーク オペレータ  4-3

ネットワーク管理者  4-3

ヘルプ デスク  4-3

アプルーバのアクセス、セキュリティ レベル  4-3

暗号イメージの FAQ  C-16

イベント フィルタの管理

削除  5-15

追加  5-15

変更  5-16

イベント フィルタの削除  5-15

イベント フィルタの編集  5-16

インストール

アプリケーション  A-3

オンライン ヘルプ、使用  2-6

確認

CiscoWorks Server ステータス  A-2

Essentials サーバのメンテナンス  15-14

Job Control Report から削除された古いデータ  15-15

アーカイブから削除されたコンフィギュレーション ファイル  15-16

インベントリに追加される管理対象外のデバイス  15-15

クイック ダウンロード  15-16

削除された Change Audit ログ レコード  15-14

削除された古い ConfigArchive ジョブ  15-16

ライブラリから削除されたソフトウェア イメージ  15-15

Syslog Analysis カスタム レポートの作成  20-3

アプリケーションのインストールおよびバージョン  A-3

デバイス

アップグレード  14-11

監視  12-3

シリアル番号  C-10

パスワード ポリシー ジョブのステータス  16-6

複数のデバイス コンフィギュレーション ジョブ  18-9

管理

CiscoWorks Server 管理のタスク

基本的な管理ツールの使用  5-2

ジョブとリソースの管理  5-12

データ管理タスクの実行  5-5

バックエンド プロセスの管理  5-11

ログ ファイルの管理  5-2

CiscoWorks Server の管理、タスク  5-1

システム管理者情報

基本的な管理タスク(表)  5-2

セキュリティ レベルについて  4-2

~で予約されているユーザ名  4-3

ネットワーク管理者のアクセス、セキュリティ レベル  4-3

技術サポート

(「Essentials のトラブルシューティング」も参照)  C-1

(「トラブルシューティング」も参照)  A-1

警告の重要性  xx

公開キー、定義  B-7

このマニュアルで使用される表記法  xx

コマンド

11 台以上のデバイスに対する Network Show コマンドのコマンド セット  C-4

コマンド リファレンス(「Essentials コマンド リファレンス」参照)  E-1

ユーザおよびアドホック テンプレートに入力された、~に関する注意  10-24

コンフィギュレーション

CiscoWorks Server  4-1

パスワードの再設定  4-6

ユーザ アカウントのセットアップ  4-2

複数のデバイス  18-1

検証  18-9

前提条件  18-2

手順  18-4

サーバ

CiscoWorks(「CiscoWorks Server」参照)  C-37

Essentials(「Essentials サーバ」を参照)  15-1

サーバ セキュリティ、理解  B-3

管理者が課す  B-6

サーバが課す  B-3

アクセス コントロール  B-5

ファイル、ファイル所有権、許可  B-3

ほかのシステム  B-5

ランタイム  B-4

リモート接続  B-5

接続

条件および定義  B-7

セキュリティ証明書  B-6

システム管理者

アクセス、セキュリティ レベル  4-3

アクセス権限  4-2

~に予約されているユーザ名  4-3

ネットワーク管理者のアクセス、セキュリティ レベル  4-3

パスワードの再設定  4-6

システム管理者用に予約されているユーザ名  4-3

証明書

~の条件および定義  B-7

Base64-Encoded X.509 証明書形式  B-8

CiscoWorks TrustStore または KeyStore  B-9

PKCS#8  B-7

公開キー、秘密キー  B-7

理解  B-6

ジョブとリソースの管理  5-12

スケジューリング

スケジュールされた収集

最後に実行された  C-9

実施する頻度  C-9

ソフトウェア イメージ アップグレード ジョブのシナリオ  14-6

スケジュールされた収集(Inventory)

最後に実行した時刻  C-9

実施する頻度  C-9

製品に表示されないアプリケーション、トラブルシューティング  A-9

セキュリティ

アクセス制御、および  B-5

(「サーバ セキュリティ」も参照)  B-3

証明書、~の条件および定義  B-7

Base64- Encoded X.509 証明書形式  B-8

CiscoWorks TrustStore または KeyStore  B-9

PKCS#8  B-7

公開キー、秘密キー  B-7

証明書、理解  B-6

タスクの実行  4-3

admin ユーザ名を検討  4-3

~の表  4-3

忘れたパスワード  4-3

理解  B-1

一般的な  B-2

サーバ  B-3

レベルについて  4-2

セキュリティ証明書の条件および定義  B-7

Base64-Encoded X.5.09 証明書形式  B-8

CuscoWorks TrustStore または KeyStore  B-9

PKCS#8  B-7

公開キー、秘密キー  B-7

接続性

接続ツールの作業(表)  A-4

タスク

アプリケーションおよびバージョンのインストールの確認  A-3

サーバ ステータスの確認  A-2

サーバ情報の収集  A-2

自己診断テストの実行  A-2

プロセス ステータスの確認  A-3

プロセス障害の確認  A-2

テスト  A-4

接続セキュリティ、理解

条件および定義  B-7

Base64- Encoded X.509 証明書形式  B-8

CiscoWorks TrustStore または KeyStore  B-9

PKCS#8  B-7

公開キー、秘密キー  B-7

セキュリティ証明書  B-6

ソフトウェア イメージ

2900XL/350XL デバイスとの使用  C-19

bootldrimages、Cisco IOS デバイス サポートの  C-18

CCO から入手  14-4

Software Management イメージのダウンロード  C-15

アップグレードのスケジューリング  14-6

暗号イメージ、~の FAQ  C-16

イメージ ディレクトリ、作成時  C-18

削除に関する注意  15-6

ソフトウェア ライブラリからの削除  15-5

配布に必要な一時領域  C-17

対象読者、このマニュアルの  xix

タイム ゾーンの設定について  3-2

注意

関連

Essentials サーバからソフトウェア イメージを削除  15-6

説明  xx

~に関する

ファイル バックアップ手順  5-2

ユーザ アカウントのセットアップ  4-2

ユーザ コンフィギュレーション変数、大文字と小文字を区別  C-38

ユーザおよびアドホック テンプレートに入力されたコマンド  10-24

追加

Essentials での差分デバイス サポート  9-15

Essentials でのソフトウェアの拡張  9-15

イベント フィルタ  5-15

管理対象外のデバイスをインベントリへ  15-6

データ管理タスクの実行  5-5

データベース

「cmf」を含む  A-11

Essentials のコンポーネントおよび機能  9-9

アクセスできない、トラブルシューティング  A-11

再初期化  C-38

~のデバイスと同期  6-3

バックアップ

1 つのアプリケーションを  C-42

~のディレクトリ構造  C-37

データベース パスの中の cmf、説明  A-11

デーモン マネージャのシャットダウンに関する注意  5-2

デスクトップ(「CiscoWorks デスクトップ」参照)  2-4

デバイス

11 台以上のデバイスに対する Network Show コマンド セット(FAQ)  C-4

Device Serial Number フィールドが空白、トラブルシューティング  C-10

NAT 外部の、管理  13-4

NMS からインポート、コンフィギュレーションの比較  C-3

syslog メッセージ、受信できない  C-29

アップグレード  14-1

検証  14-11

前提条件  14-2

手順  14-3

監視  12-1

検証  12-3

前提条件  12-2

手順  12-2

管理対象外、インベントリへ追加  15-6

コンフィギュレーションのトラブルシューティング  10-24

サポート対象

Configuration Management によって、決定  C-3

Essentials でサポートされる統合を追加  9-15

Inventory、判断の FAQ  C-8

アプリケーション、判断の FAQ  C-42

シリアル番号、確認  C-10

ディセーブル、トラブルシューティング  10-24

複数のデバイスの設定  18-1

検証  18-9

前提条件  18-2

手順  18-4

デバイス コンフィギュレーションの変更

検証  8-4

確認  19-4

前提条件  8-2, 19-2

手順  8-2, 19-2

テンプレートの使用  17-1

検証  17-8

前提条件  17-2, 18-2

手順  17-4

確認  19-1

デバイスのアップグレード  14-1

検証  14-11

前提条件  14-2

手順  14-3

CCO アップグレード 解析の実行  14-3

アップグレードの追跡  14-10

ソフトウェア イメージ、~からの取得  14-4

ソフトウェア イメージのアップグレード、スケジューリング  14-6

デバイスの監視  12-1

検証  12-3

前提条件  12-2

手順  12-2

syslog メッセージ、最新の~の表示  12-2

カスタム レポートの表示  12-3

テンプレート

デバイス コンフィギュレーションの変更、使用  17-1

検証  17-8

前提条件  17-2

手順  17-4

複数のデバイスの設定、作成  18-4

ドキュメント

オンラインで得られる  xxv

この製品に関する  xxiii

トラブルシューティング

CiscoWorks Server の問題  A-1

FAQ  C-37

サーバ ステータスの確認  A-2

サーバ ツールの作業(表)  A-2

デバイス接続性のテスト  A-4

CiscoWorks アプリケーションの起動  A-10

Configuration Management

FAQ  C-3

トラブルシューティング  C-5

ESS ポートを変更  A-16

(「Essentials のトラブルシューティング」も参照)  C-1

FAQ リスト  A-6

Inventory

FAQ  C-8

トラブルシューティング  C-11

Java プラグイン

コントロール パネルでイネーブル後にイネーブルにされない  A-9

使用するバージョン  A-9

jrm のステータスを確認  A-15

osagent ポートの変更  A-15

Software Management  C-13

FAQ、アクセス  C-13

トラブルシューティング  C-23

Syslog Analysis  C-31

誤って設定されたデバイス  10-24

製品に表示されないアプリケーション  A-9

ディセーブルなデバイス  10-24

データベース

「cmf」を含むパス  A-11

アクセスできない  A-11

トラブルシューティングのヒント(表)  A-21

バックアップ データのディレクトリ構造  A-10

CMF バックアップ ディレクトリの例  A-10

バックアップ ディレクトリ構造(表)  5-5

ブラウザの問題

Java からの例外メッセージ  A-8

ブラウザが応答しない  A-8

ネットワーク

イベントの管理

EDS(Event Distribution Service)  5-13

ESS(Event Service Software)  5-16

フィルタの作成  5-14

オペレータのアクセス、セキュリティ レベル  4-3

管理者(「システム管理者」参照)  4-3

ネットワーク アドレス変換(NAT)サポート  13-1

外部のデバイスの管理  13-4

~について  13-2

~の概要

CiscoWorks Server  3-1

Essentials  9-1

パスワード

再設定  4-6

パスワード ポリシー  16-1

ジョブのステータスの確認  16-6

ジョブの定義  16-3

前提条件  16-2

パスワード ポリシーのイネーブル化  16-2

バックアップ ディレクトリ

~の構造  A-10

CMF バックアップ ディレクトリの例(表)  A-10

バックアップ ディレクトリ構造(表)  5-5

例  C-41

バックアップ ディレクトリ構造  C-37

バックエンド プロセスの管理  5-11

秘密キー、定義  B-7

ファイル

ファイル バックアップ手順に関する注意  5-2

ファイル所有権、および許可  B-3

ログ ファイルの管理  5-2

ファイルのインポート形式  D-1

CSV ファイル  D-2

DIF ファイル  D-4

フィルタ(「イベント フィルタの管理」参照)  5-14

ブラウザ機能、トラブルシューティング

Java セキュリティからの例外メッセージ、トラブルシューティング  A-8

タイムアウトおよびダウンロード  C-15

ブラウザの反応が停止する  A-8

プロセス管理タスク(表)  5-11

ベースライン コンフィギュレーション  F-2

コマンドの実行  F-8

制限事項  F-11

パラメータ  F-6

引数  F-3

ベースライン コンフィギュレーション比較レポート  F-9

ベースライン テンプレート  F-5

ヘルプ

(「CiscoWorks Server のトラブルシューティング」も参照)  A-1

(「Essentials のトラブルシューティング」も参照)  C-1

オンライン マニュアル  xxv

ヘルプ デスクのアクセス、セキュリティ レベル  4-3

ポート

ESS ポートの変更、トラブルシューティング  A-15

osagent ポートの変更、トラブルシューティング  A-15

Web サーバのポート番号、変更  2-6

デフォルトの CiscoWorks Server ポート  2-2

問題の診断(「トラブルシューティング」参照)  A-1

ユーザ アカウントのセットアップ

セキュリティ

タスクの実行  4-3

レベルについて  4-2

~に関する注意  4-2

ランタイム セキュリティ、理解  B-4

リモート接続性、セキュリティおよび  B-5

レポート

Syslog Analysis のカスタム レポート

作成  20-1

作成の検証  20-3

作成の前提条件  20-2

表示  12-3

ログ ファイルの管理  5-2

ログイン

ID、事前定義された  4-2