CiscoWorks Small Network Management Solution 1.5 インストレーション セットアップ ガイド
前提条件
前提条件
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 839KB) | フィードバック

目次

前提条件

製品の概要

Server(CiscoWorks Common Services 2.2 に含まれる)

Resource Manager Essentials 3.5

6.0

8.0

サーバの要件

クライアントの要件

前提条件

この章では、CiscoWorks Small Network Management Solution 1.5(CiscoWorks SNMS)を Windows システムにインストールする前に考慮しなければならない要素について説明します。次の項目について取り上げます。

「製品の概要」

「サーバの要件」

「クライアントの要件」

製品の概要

CiscoWorks SNMS は、Cisco デバイスの数が 40 以下の中小企業に対応する Web ベースのネットワーク管理ソリューションです。

CiscoWorks SNMS は、Cisco デバイスを管理するために、モニタリングおよびコンフィギュレーションの強力なツール セットを用意しています。CiscoWorks SNMS では、次のネットワーク管理アプリケーションを使用できます。

「CiscoWorks Server(CiscoWorks Common Services 2.2 に含まれる)」

「Resource Manager Essentials 3.5」

「CiscoView 6.0」

「WhatsUp Gold 8.0」

CiscoWorks Server(CiscoWorks Common Services 2.2 に含まれる)

CiscoWorks Server は、CiscoWorks Common Services 2.2 に含まれています。 このアプリケーションを使用すると、ユーザ アカウントの管理、CiscoWorks データベースの管理、CiscoWorks サーバ プロセスの開始や終了などのネットワーク管理作業を実行できます。また、このマニュアルを通して、デバイスの接続性と到達可能性のテスト、および応答しないデバイスのトラブルシューティングも実行できます。

Resource Manager Essentials 3.5

Resource Manager Essentials は、すべてのユーザ マニュアルで RME または
Essentials と表記されています。

Essentials は、Cisco のスイッチ、アクセス サーバ、およびルータのネットワーク管理ソリューションを提供する強力な Web ベースのアプリケーション スイートです。Essentials のブラウザ インターフェイスを使用すると、ネットワークの稼働率を左右する重要な情報に簡単にアクセスできるので、時間のかかる管理作業を簡素化できます。

Essentials は、複数の Web ベースのクライアントをネットワーク上の 1 つのサーバに接続するクライアント サーバ アーキテクチャを基礎としています。

CiscoView 6.0

CiscoView は、背面パネルと前面パネルをグラフィカルに表示します。色分けされた動的なグラフィカル表示によって、デバイス ステータスのモニタリング、デバイス固有のコンポーネント診断、およびデバイス設定が簡素化されます。

CiscoView は、CiscoWorks デスクトップから起動できます。また、Device Center あるいは WhatsUp Gold からも起動できます。

WhatsUp Gold 8.0

WhatsUp Gold はサードパーティ(Ipswitch 社)製のネットワーク管理ソフトウェアです。WhatsUp Gold を使用すると、トポロジ マップを介してデバイスを監視できます。このソフトウェアによって、ネットワーク検出、マッピング、モニタリング、およびアラーム トラッキングが可能になります。

サーバの要件

表 1-1 に、CiscoWorks SNMS 1.5 のインストールに必要なシステムの最小要件を示します。

 

表 1-1 サーバのシステム要件

要件の種別
最小要件

システム ハードウェア

IBM PC 互換システム、500 MHz Intel Pentium プロセッサを搭載

カラー モニタ

CD-ROM ドライブ

メモリ(RAM)

512 MB

空きドライブ スペース1

2 GB

メモリ(RAM)量の 2 倍に相当するスペースのページ ファイル(たとえば、システムに 512 MB の RAM がある場合は、1024 MB のページ ファイルが必要)

セキュア オペレーションに必要な NTFS ファイル システム

最低 16 MB の Windows 一時ディレクトリ(%TEMP%)

システム ソフトウェア2

ODBC Driver Manager 3.5.10

Service Pack 3 適用の Windows 2000 Professional または Windows 2000 Server

CiscoWorks SNMS 1.5 は、米国英語版および日本語版の Windows オペレーティング システムのみをサポートします。他の言語のバージョンはサポートしていません。米国英語版の場合はデフォルトのロケールを米国英語に設定し、日本語版の場合は日本語に設定します。

1.FAT ファイル システムに CiscoWorks SNMS 1.5 をインストールしないでください。

2.プライマリ ドメイン コントローラまたはバックアップ ドメイン コントローラとして設定されているシステムには、CiscoWorks SNMS をインストールできません。
暗号化されたディレクトリに CiscoWorks SNMS をインストールしないでください。CiscoWorks SNMS はディレクトリの暗号化をサポートしていません。

Windows Advanced Server に警告メッセージが表示されても、ターミナル サービスがリモート管理モードでイネーブルになっている場合は、インストールが続行します。また、ターミナル サーバがアプリケーション モードでイネーブルになっている場合は、インストールが中断します。


注意 _JAVA_OPTIONS 環境変数によって非標準の Java オプションを使用しないでください。

クライアントの要件

表 1-2 に、クライアント システムの最小要件を示します。クライアント システムの設定については、「クライアント システムの設定」を参照してください。

 

表 1-2 クライアントのシステム要件

要件の種別
最小要件

システム ソフトウェアおよび
ハードウェア

クライアント システム:

IBM PC 互換機、300 MHz Pentium プロセッサを搭載(Service Pack 3 適用の Windows 2000 Professional または Windows 2000 Server、あるいは Service Pack 1 適用の Windows XP)

CiscoWorks SNMS 1.5 は、米国英語版および日本語版の Windows オペレーティング システムのみをサポートします。他の言語のバージョンはサポートしていません。米国英語版の場合はデフォルトのロケールを米国英語に設定し、日本語版の場合は日本語に設定します。

ビデオ カード付きカラー モニタ(24 色に設定)

メモリ(RAM)

256 MB

ブラウザ

Microsoft Internet Explorer 6.0(バージョン 6.0.2600.0000)、または Service Pack 1 適用の Microsoft Internet Explorer 6.0(バージョン 6.0.2800.1106)

Java Virtual Machine(JVM)バージョン 5.0.0.38023、および Java Plug-in バージョン 1.3.1

3.JVM のバージョンを確認するには、Internet Explorer ウィンドウから View > Java Console を選択してください。