Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 によるモニタリングとトラブルシューティング
ポーリングされる MIB
ポーリングされる MIB
発行日;2012/06/22 | 英語版ドキュメント(2012/02/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ポーリングされる MIB

ポーリングされる MIB

LMS モニタリングおよびトラブルシューティングは、障害管理に関連する情報のために特定の MIB をポーリングします。ポーリングは、『 Administration of Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 User Guide』で説明されるポーリング間隔に基づいて実行されます。

MIB 情報を取得できるかどうかは、付随するいくつかの条件、つまり、デバイスが MIB をサポートしているかどうか、デバイスに適切に SNMP が実装されているかどうか、デバイスにアクセス可能かどうかなどによって異なります。

LMS は、次の MIB をポーリングします。

POWER-ETHERNET-MIB

ALTIGA-GENERAL-STATS-MIB

AIRESPACE-SWITCHING-MIB

CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB-V1SMI

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB

CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB

ONS15501-MIB

CHASSISMGREXT-MIB

AIRESPACE-WIRELESS-MIB

CISCO-VPDN-MGMT-MIB

CISCO-RTTMON-MIB

ALTIGA-HARDWARE-STATS-MIB

CISCO-CONENT-ENGINE-MIB

CISCO-ENVMON-MIB

CISCO-FC-FE-MIB

CISCO-FLASH-MIB

CISCO-FRAME-RELAY-MIB

CISCO-ISDN-MIB

CISCO-LS1010-MIB

CISCO-MEMORY-POOL-MIB

CISCO-METRO-PHY-MIB

CISCO-PAGP-MIB

CISCO-PROCESS-MIB

CISCO-RHINO-MIB

CISCO-STACK-MIB

CISCO-SYSTEM-EXT-MIB

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB

CISCO-VOICE-APPS-MIB

CISCO-VTP-MIB

CPQHLTH-MIB

CPQHOST-MIB

CPQNIC-MIB

CPQSIINFO-MIB

CPQSM2-MIB

ENTITY-FRU-CONTROL-MIB

ENTITY-MIB

ETHERLIKE-MIB

HOST-RESOURCES-MIB(RFC 1514)

IF-MIB(RFC 1493)

IF-MIB(RFC 1573)

MIB-II(RFC 1213)

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB

OLD-CISCO-CPU-MIB

OLD-CISCO-ENV-MIB

OLD-CISCO-INTERFACES-MIB

OLD-CISCO-MEMORY-MIB

OLD-CISCO-MEMORY-POOL-MIB

OLD-CISCO-SYSTEM-MIB

SYS-APPL-MIB

TOPSPIN_MIB

UMSASSETID-MIB

UMSEVENT-MIB

UMSEVENT-MIB

UMSLMSENSOR-MIB