クラウドおよびシステム管理 : Cisco Prime LAN Management ソリューション

Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 のオープン データベース スキーマのサポート

Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 のオープン データベース スキーマのサポート
発行日;2013/03/19 | 英語版ドキュメント(2012/02/29 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 のオープン データベース スキーマのサポート

内容

データベースへのアクセスのイネーブル化

データベース ビューへのアクセス

ローカル サーバからデータベースへのアクセス

Jconnect JDBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

iAnyWhere JDBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

ODBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

リモート サーバからデータベースへのアクセス

Windows システムのデータベース ビューにアクセスするための前提条件

Solaris と Soft Appliance システムのデータベース ビューにアクセスするための前提条件

リモート サーバからデータベースにアクセスするコード例

dbviews を使用した、Microsoft Office Excel へのデータのインポート

データベースのパスワードの変更

Solaris と Soft Appliance でのパスワードの変更

Windows でのパスワードの変更

データベース パスワードの変更に使用できる形式

公開されたデータベース ビューおよびテーブル

公開されたデータベース ビューのスキーマ

Network_Devices ビューの詳細

Job_Details ビューの詳細

End_Hosts ビューの詳細

UT_History ビューの詳細

VTPDomainPorts ビューの詳細

Device_Inventory ビューの詳細

Module_Inventory ビューの詳細

Port_Inventory ビューの詳細

Processor_Inventory ビューの詳細

Memory_Inventory ビューの詳細

Device_Credential_Status ビューの詳細

Device_Inventory_Collection_Status ビューの詳細

Device_Config_Archive_Status ビューの詳細

Change_Audit_History ビューの詳細

Syslog_Today または Syslog_Lastday ビューの詳細

Device_EnergyWise ビューの詳細

Port_EnergyWise ビューの詳細

EnergyWise_Domain ビューの詳細

Fault_Event_History ビューの詳細

Fault_Event_Details ビューの詳細

IPSLA データベース スキーマ

IPSLA データベースへの接続

IPSLA データベース テーブルのスキーマ

Source テーブル

Target テーブル

IPMDevice テーブル

Operation テーブル

IPEchoOper テーブル

UDPEchoOper テーブル

PathEchoOper テーブル

jitter_oper テーブル

ICMPJitterOper テーブル

RTPOper テーブル

ethernet_oper テーブル

http_oper テーブル

dns_oper テーブル

ftp_oper テーブル

dhcp_oper テーブル

DLSwOper テーブル

PostDialDelayOper テーブル

tcpconnect_oper テーブル

React テーブル

Collector テーブル

User Stopped Collector テーブル

VrfList テーブル

outage_details テーブル

completed_outages テーブル

Collector _Schedule テーブル

Latency_Minute_Stats テーブル

Availability_Latency_Hourly_Stats テーブル

Availability_Latency_Daily_Stats テーブル

Availability_Latency_Weekly_Stats テーブル

Availability_Latency_Monthly_Stats テーブル

Jitter_Minute_Stats テーブル

Jitter_Hourly_Stats テーブル

Jitter_Daily_Stats テーブル

Jitter_Weekly_Stats テーブル

Jitter_Monthly_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Minute_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Hourly_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Daily_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Weekly_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Monthly_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Minute_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Hourly_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Daily_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Weekly_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Monthly_Stats テーブル

Http_Minute_Stats テーブル

Http_Hourly_Stats テーブル

Http_Daily_Stats テーブル

Http_Weekly_Stats テーブル

Http_Monthly_Stats テーブル

PATHECHO_Hourly_Stats テーブル

PATHECHO_Daily_Stats テーブル

PATHECHO_Weekly_Stats テーブル

PATHECHO_Monthly_Stats テーブル

RTP_Minute_Stats テーブル

RTP_Hourly_Stats テーブル

RTP_Daily_Stats テーブル

RTP_Weekly _Stats テーブル

RTP_Monthly_Stats テーブル

video_oper テーブル

Video_Minute_Stats テーブル

Video_Hourly_Stats テーブル

Video_Daily_Stats テーブル

Video_Weekly_Stats テーブル

Video_Monthly_Stats テーブル

通告

OpenSSL/Open SSL Project

License Issues

Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 のオープン データベース スキーマのサポート

 

内容

このマニュアルでは、Cisco Prime LAN Management Solution(LMS 4.2)のオープン データベース スキーマのサポートについて説明します。このマニュアルの構成は、次のとおりです。

データベースへのアクセスのイネーブル化

データベース ビューへのアクセス

データベースのパスワードの変更

公開されたデータベース ビューおよびテーブル

公開されたデータベース ビューのスキーマ

IPSLA データベース スキーマ

データベースへのアクセスのイネーブル化

アプリケーションのデータベースにアクセスできるようにするには、コマンドラインで dbaccess.pl ユーティリティを実行する必要があります。

次を実行する必要があります。

NMSROOT /bin/perl NMSROOT /bin/dbaccess.pl { install | clean } [ debug ]: Solaris または Soft Appliance システム

NMSROOT ¥bin¥perl NMSROOT ¥bin¥dbaccess.pl { install | clean } [ debug ]: Windows システム

それぞれの説明は次のとおりです。

NMSROOT :デフォルトの LMS のインストール ディレクトリ

install :既存のビューを消去し、新しいビューを作成して、データベースへのアクセスを提供するコマンド ライン パラメータ

clean :既存のビューを消去するコマンド ライン パラメータ

debug :画面にデバッグおよび警告メッセージを出力します

通常のユーザとしてデータベース ビューにアクセスするためのデフォルトのユーザ名は lmsdatafeed です。

セキュアなユーザとしてデータベース ビューにアクセスするためのデフォルトのユーザ名は lmssecuredatafeed です。

CLI ユーティリティでは、通常のデータベース ビュー ユーザおよびセキュアなデータベース ビュー ユーザのパスワードを入力するように求められます。

通常のデータベース ビュー ユーザは、EnergyWise_Domain ビューを除くすべてのビューにアクセスできます。

EnergyWise_Domain ビューにアクセスできるのは、セキュアなデータベース ビュー ユーザとしてデータベースに接続する場合だけです。

パスワードは 5 ~ 30 文字の長さにすることができます。

ユーティリティを debug オプションで実行すると、少数の警告メッセージが表示されます。ビュー定義がデータベースに存在しないと、それらのメッセージが表示されます。

たとえば、ユーティリティが Common Services データベースへのアクセスを有効にすると、次の警告メッセージが表示されることがあります。

WARN: User ID 'lmsdatafeed' does not exist (DBD: execute failed).
WARN: User ID 'lmssecuredatafeed' does not exist (DBD: execute failed).
WARN: Table 'Network_Devices' not found (DBD: execute failed).
WARN: Table 'Job_Details' not found (DBD: execute failed).

この警告メッセージは無視できます。

IPSLA データベースへの接続の詳細については、 IPSLA データベースへの接続を参照してください。

デフォルトのユーザ名を使用して、次のデータベースにアクセスすることもできます。

データベース名とデフォルトのユーザ名を次の表に示します。

データベース名
ユーザ名

cmf

cmfDBA

ipm

DBA

rmeng

DBA

dfmInv

itemInvUser

dfmEpm

itemEpmUser

dfmFh

itemFhUser

upm

dba

ani

cwsiSA

データベースに接続するためのパスワードは、LMS 4.2 のインストール時に入力したか、ランダムに生成されたパスワードです。

データベース ビューへのアクセス

JDBC や ODBC などのデータベース アクセス方式を使用して、作成したビューにアクセスできます。

データベース ビューにアクセスするには、 select * from View_Name を使用します

作成したビューには次のいずれかからアクセスできます。

ローカル LMS サーバ。

または

リモート サーバ(LMS のインストールの有無を問わない)。

ここでは、次の内容について説明します。

ローカル サーバからデータベースへのアクセス

リモート サーバからデータベースへのアクセス

Jconnect JDBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

次に、Jconnect JDBC アクセス方式を使用してデータベースに接続するコード例を示します。

import java.util.Date;
import java.sql.*;
public class JdbcAccess {
private static Connection conn;
private static Statement stmt;
private static ResultSet rs;
/**
* @param args
*/
public static void main(String[] args) throws SQLException, ClassNotFoundException {
Class.forName("com.sybase.jdbc2.jdbc.SybDriver");
 
// The following information such as port, and service names are to be
// changed based on the application database that you want to connect.
// For example, conn = DriverManager.getConnection("jdbc:sybase:Tds:localhost:
// <ServerPort>?SERVICENAME=<DBName>","<View username>","<View password>");
conn = DriverManager.getConnection("jdbc:sybase:Tds:localhost:43441?
SERVICENAME=cmfDb","lmsdatafeed | lmssecuredatafeed","dbpasswd");
System.out.println("[" + new Date() + "] INFO: Connection successful...");
 
//Create Statement now
stmt = conn.createStatement();
String query = "SELECT Device_Id, Device_Display_Name, Management_IPAddress FROM Network_Devices";
rs = stmt.executeQuery(query);
while (rs.next()) {
System.out.println("Device_Id: " + rs.getString("Device_Id"));
System.out.println("Device_Display_Name: " + rs.getString("Device_Display_Name"));
System.out.println("Management_IPAddress" + rs.getString("Management_IPAddress"));
System.out.println("-----------------------------------------------------------");
}
}
}

) このコード例は Jconnect JDBC ドライバを使用します。データベースに接続する前に、CLASSPATH に Jconnect の Jar ファイル(NMSROOT/lib/classpath/jconn2.jar)を含める必要があります。


次の抜粋コードでは、接続先のアプリケーション データベースに基づいてポート、サービス名、dsn 名などの情報を変更する必要があります。

conn = DriverManager.getConnection("jdbc:sybase:Tds:localhost:43441?SERVICENAME=cmfDb",
"lmsdatafeed | lmssecuredatafeed","dbpasswd");

それぞれの説明は次のとおりです。

localhost :ローカル LMS サーバ。

43441 :データベースに接続するポート番号。この例では、Common Services データベースへの接続に使用するポート番号を示します。使用する他のポート番号の詳細については、 アプリケーション データベース名とポート番号の詳細を参照してください。

cmfDb :データベース サービスの名前。この例では、Common Services データベースです。使用する他のポート番号の詳細については、 アプリケーション データベース名とポート番号の詳細を参照してください。

lmsdatafeed :通常のデータベース ビューのユーザとして接続するデフォルトのユーザ名。

lmssecuredatafeed :セキュアなデータベース ビューのユーザとして接続するデフォルトのユーザ名。

dbpasswd :データベース ビューのパスワード。データベースへの接続に使用しているビュー ユーザ名に対応するパスワードを入力します。

アプリケーション データベース名とポート番号の詳細

アプリケーション データベース名を次の表に示します。

アプリケーション
データベース名
データベースに接続するポート番号

Common Services

cmfDb

43441

Network Topology、Layer 2 Services および User Tracking

aniDb

43443

Inventory、Configuration および Image Management

rmengdb

43455

Fault Management(Fault History)

dfmFhDb

43445

表に記載されているポート番号は異なることがあります。それぞれのデータベースの odbc.tmpl ファイルから適切なポート番号を取得できます。

iAnyWhere JDBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

次に、iAnyWhere JDBC アクセス方式を使用してデータベースに接続するコード例を示します。

import java.util.Date;
import java.sql.*;
public class JdbcAccess {
private static Connection conn;
private static Statement stmt;
private static ResultSet rs;
/**
* @param args
*/
public static void main(String[] args) throws SQLException, ClassNotFoundException {
Class.forName("ianywhere.ml.jdbcodbc.IDriver");
 
// DSN names should be changed based on the application database that you want
// to connect.
 
conn = DriverManager.getConnection("jdbc:odbc:dsn=cmf","lmsdatafeed | lmssecuredatafeed","dbpasswd");
System.out.println("[" + new Date() + "] INFO: Connection successfull...");
 
//Create Statement now
stmt = conn.createStatement();
String query = "SELECT Device_Id, Device_Display_Name, Management_IPAddress FROM Network_Devices";
rs = stmt.executeQuery(query);
while (rs.next()) {
System.out.println("Device_Id: " + rs.getString("Device_Id"));
System.out.println("Device_Display_Name: " + rs.getString("Device_Display_Name"));
System.out.println("Management_IPAddress" + rs.getString("Management_IPAddress"));
System.out.println("-----------------------------------------------------------");
}
}
}

) このコード例は iAnywhere ドライバを使用します。データベースに接続する前に、CLASSPATH に jodbc.jar ファイル(NMSROOT/lib/classpath/jodbc.jar)を含める必要があります。


次の抜粋コードでは、接続先のアプリケーション データベースに基づいて dsn 名を変更する必要があります。

conn = DriverManager.getConnection("jdbc:odbc:dsn=cmf","lmsdatafeed | lmssecuredatafeed","dbpasswd");

それぞれの説明は次のとおりです。

dsn= cmf :データ ソースの名前。この例では、データ ソース名は cmf です。データベースに接続する dsn 名の詳細については、 アプリケーションのデータ ソース名を参照してください。

lmsdatafeed :通常のデータベース ビューのユーザとして接続するデフォルトのユーザ名。

lmssecuredatafeed :セキュアなデータベース ビューのユーザとして接続するデフォルトのユーザ名。

dbpasswd :データベース ビューのパスワード。データベースへの接続に使用しているビュー ユーザ名に対応するパスワードを入力します。

アプリケーションのデータ ソース名

次の表に、データベース ビューが公開されている LMS アプリケーションのデータ ソース名をリストします。

アプリケーション
データ ソース名(dsn)

Common Services

cmfDb

Network Topology、Layer 2 Services および User Tracking

aniDb

Inventory、Configuration および Image Management

rmengdb

Fault Management(Fault History)

dfmFhDb

ODBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

次に、ODBC アクセス方式を使用してデータベースに接続するコード例を示します。

use DBI;
my ($dbh, $cur, $sqlstr);
my $connString = "dsn=cmf;uid=lmsdatafeed | lmssecuredatafeed";
$dbh = DBI->connect('DBI:ASAny:', $connString, 'dbpasswd', {PrintError => 1});
if ($dbh) {
my $sqlstr = "SELECT Device_Id, Device_Display_Name, Management_IPAddress FROM Network_Devices";
my $cur = $dbh->prepare($sqlstr);
$cur->execute if ($cur);
while (my $rs = $cur->fetchrow_arrayref) {
my ($devId, $dispName, $ip,) = @$rs;
print "Device_Id: $devId\n";
print "Device_Display_Name: $dispName\n";
print "Management_IPAddress: $ip\n";
print "--------------------------------------------\n";
}
$cur->finish;
$dbh->disconnect();
}

LMS サーバでこの perl コードを実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 perl ファイル(たとえば、sample.pl)を作成し、LMS サーバに保存します。

ステップ 2 データベースに接続するために、上記の perl コード例を使用して perl ファイルをアップデートします。

ステップ 3 perl ファイルの変更を保存します。

ステップ 4 次のコマンドを使用して perl スクリプトを実行します。

NMSROOT /bin/perl Perl_file_name (Solaris または Soft Appliance システム)

NMSROOT ¥bin¥perl Perl_file_name (Windows システム)

それぞれの説明は次のとおりです。

NMSROOT:LMS のインストール ディレクトリ。

Perl_file_name:データベースに接続するコードの perl スクリプトの絶対ファイル名。

たとえば、Windows システムで C:¥ に perl ファイル sample.pl を保存し、LMS のインストール ディレクトリが D:¥CSCOpx の下にある場合は、perl スクリプトを実行するには、次を入力する必要があります。

D:¥CSCOpx¥bin¥perl C:¥sample.pl


 

次の抜粋コードでは、接続先のアプリケーション データベースに基づいて dsn 名を変更する必要があります。

my $connString = "dsn=cmf;uid=lmsdatafeed | lmssecuredatafeed";
$dbh = DBI->connect('DBI:ASAny:', $connString, 'dbpasswd', {PrintError => 1});
 

それぞれの説明は次のとおりです。

dsn= cmf :データ ソースの名前。この例では、データ ソース名は cmf です。データベースに接続する dsn 名の詳細については、 アプリケーションのデータ ソース名を参照してください。

lmsdatafeed :通常のデータベース ビューのユーザとして接続するデフォルトのユーザ名。

lmssecuredatafeed :セキュアなデータベース ビューのユーザとして接続するデフォルトのユーザ名。

dbpasswd :データベース ビューのパスワード。データベースへの接続に使用しているビュー ユーザ名に対応するパスワードを入力します。

リモート サーバからデータベースへのアクセス

ここでは、リモート サーバから LMS サーバのデータベースにアクセスする方法について説明します。内容は、次のとおりです。

Windows システムのデータベース ビューにアクセスするための前提条件

Solaris と Soft Appliance システムのデータベース ビューにアクセスするための前提条件

リモート サーバからデータベースにアクセスするコード例

Windows システムのデータベース ビューにアクセスするための前提条件

リモートの Windows サーバから LMS サーバのデータベース ビューにアクセスする前に、次を実行する必要があります。

リモートの Windows サーバに LMS ファイルをコピーします。

リモートの Windows サーバで DSN を作成します。

この項では次の内容について説明します。

リモートの Windows サーバへの LMS ファイルのコピー

Windows システムの DSN の作成

リモートの Windows サーバへの LMS ファイルのコピー

リモートの Windows サーバからデータベース ビューにアクセスする前に、リモート サーバ上のディレクトリに次の LMS ファイルをコピーする必要があります。

NMSROOT ¥lib¥classpath¥jconn2.jar

NMSROOT ¥lib¥classpath¥jodbc.jar

NMSROOT ¥objects¥db¥win32¥dbodbc10.dll

NMSROOT ¥objects¥db¥win32¥dblgen10.dll

NMSROOT ¥objects¥db¥win32¥dbcon10.dll

LMS のデータベースへのアクセスにリモート サーバで perl を使用する場合は、DBI および DBD::ASAny などの必要な Sybase 関連の perl モジュールをインストールしたことを確認します。

URL http://www.cpan.org で perl モジュール DBI および DBD::ASAny を検索し、リモート サーバにダウンロードできます。

Windows システムの DSN の作成

Windows システムで DSN を作成し、ODBC を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 リモートの Windows サーバでレジストリ エディタを起動します。

ステップ 2 左のレジストリ ツリーの My Computer¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥ODBC¥ODBCINST.INI に移動します。

ステップ 3 [Edit] > [New] > [Key] をクリックし、新しいレジストリ キーを作成します。

ステップ 4 新しく作成されたレジストリ キーの名前を Cisco Prime Embedded Database と変更します。

ステップ 5 [Edit] > [New] > [Expandable String value] をクリックし、Cisco Prime Embedded Database キーの拡張可能な文字列値を作成します。

ステップ 6 作成した拡張可能な文字列値の名前を Driver 、値のデータを Location_Name ¥dbodbc10.dll と入力します。

Location_Name は LMS ファイルを格納したフォルダの名前を示します。

たとえば、C:¥dbaccess に LMS ファイルを保存した場合は、値のデータは C:¥dbaccess¥dbodbc10.dll です。

ステップ 7 [Edit] > [New] > [Expandable String value] をクリックし、LMS の組み込みデータベース キーの別の拡張可能な文字列値を作成します。

ステップ 8 作成した拡張可能な文字列値の名前を Setup 、値のデータを Location_Name ¥dbodbc10.dll と入力します。

Location_Name は LMS ファイルを格納したフォルダの名前を示します。

たとえば、C:¥dbaccess に LMS ファイルを保存した場合、値のデータは C:¥dbaccess¥dbodbc10.dll です。

ステップ 9 左のレジストリ ツリーの My Computer¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥ODBC¥ODBCINST.INI¥ODBC Drivers に移動します。

ステップ 10 [Edit] > [New] > [String value] をクリックし、ODBC ドライバ キーの文字列値を作成します。

ステップ 11 値の名前を Cisco Prime Embedded Database 、値のデータを Installed と入力します。

ステップ 12 レジストリ エディタを終了するには、[File] > [Exit] をクリックします。

ステップ 13 Windows システムの [Start] > [Settings] > [Control Panel] > [Administrative Tools] > [Data Sources (ODBC)] をクリックします。

[ODBC Data Source Administrator] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 14 [System DSN] タブをクリックします。

ステップ 15 [Add...] ボタンをクリックします。

[Create Data Source] ダイアログボックスに、データ ソースを設定するドライバのリストが表示されます。

ステップ 16 [Cisco Prime Embedded Database] を選択し、[Finish] をクリックします。

[ODBC Configuration for SQL Anywhere 10] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 17 [Data source name] フィールドに接続するデータ ソースの名前を入力します。

たとえば、Common Services データベースに接続する場合は、データ ソース名を cmf と入力します。データベースに接続する dsn 名の詳細については、 アプリケーションのデータ ソース名を参照してください。

ステップ 18 [Description] フィールドにデータ ソースの簡単な説明を入力します。

ステップ 19 [ODBC Configuration for SQL Anywhere 10] ダイアログボックスの [Login] タブをクリックします。

ステップ 20 [User ID] フィールドにデータベース ビューに接続するためのユーザ名を入力します。

デフォルトの通常のデータベース ビュー ユーザ名は lmsdatafeed です。デフォルトのセキュア データベース ビュー ユーザ名は lmssecuredatafeed です。

ステップ 21 [Password] フィールドにデータベース ビューに接続するためのパスワードを入力します。

ステップ 22 [ODBC Configuration for SQL Anywhere 10] ダイアログボックスの [Database] タブをクリックします。

ステップ 23 [Server Name] フィールドで、アプリケーション データベース エンジンの名前を入力します。

入力するアプリケーション エンジンの名前の詳細については、 アプリケーション データベース エンジンの名前の細部を参照してください。

ステップ 24 接続が削除された後にデータベースを停止する必要がある場合は、[Stop database after last disconnect] チェックボックスをオンにします。

ステップ 25 [Network] タブをクリックします。

ステップ 26 [TCP/IP] フィールドに HOST= Host_name ; DOBROADCAST=NO;ServerPort = App_DB_Port と入力します。

それぞれの説明は次のとおりです。

Host_name:接続するリモート LMS サーバのホスト名または IP アドレスを示します。

App_DB_Port:アプリケーション データベースへの接続に使用するポート番号です。 使用できるその他のポート番号の詳細については、 アプリケーション データベース名とポート番号の詳細を参照してください。

たとえば、IP アドレスが 10.77.213.130 の LMS サーバの Common Services アプリケーションに接続するには、[TCP/IP] フィールドに次のように入力する必要があります。

HOST=10.77.213.130;DOBROADCAST=NO;ServerPort=43441

ステップ 27 [Create DataSource] ダイアログボックスに戻るには、[OK] をクリックします。

ステップ 28 [OK] をクリックして変更を適用します。


 

アプリケーション データベース エンジンの名前の細部

次の表に、データベース ビューが公開されている LMS アプリケーションのデータ エンジンの名前を示します。

アプリケーション
データベース エンジンの名前

Common Services

cmfDb

Network Topology、Layer 2 Services および User Tracking

aniDb

Inventory、Configuration および Image Management

rmengdb

Fault Management(Fault History)

dfmFhDb

Solaris と Soft Appliance システムのデータベース ビューにアクセスするための前提条件

リモートの Windows サーバから LMS サーバのデータベース ビューにアクセスする前に、次を実行する必要があります。

リモートの Solaris と Soft Appliance サーバに LMS ファイルをコピーします。

リモートの Solaris と Soft Appliance サーバの DSN を作成します。

この項では次の内容について説明します。

リモートの Solaris と Soft Appliance サーバへの LMS ファイルのコピー

Solaris と Soft Appliance システムの DSN の作成

リモートの Solaris と Soft Appliance サーバへの LMS ファイルのコピー

リモートの Solaris と Soft Appliance サーバからデータベース ビューにアクセスする前に、リモート サーバ上のディレクトリに次の LMS ファイルをコピーする必要があります。

NMSROOT /lib/classpath/jconn2.jar

NMSROOT /lib/classpath/jodbc.jar

NMSROOT /objects/db/lib32/libdbodbc10.so.1

NMSROOT /objects/db/lib32/libdblib10.so.1

LMS のデータベースへのアクセスにリモート サーバで perl を使用する場合は、DBI および DBD::ASAny などの必要な Sybase 関連の perl モジュールをインストールしたことを確認します。

URL http://www.cpan.org で perl モジュール DBI および DBD::ASAny を検索し、リモート サーバにダウンロードできます。

Solaris と Soft Appliance システムの DSN の作成

Solaris と Soft Appliance システム上で DSN を作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ディレクトリ /opt にコンフィギュレーション ファイル .odbc.ini を作成します。

ステップ 2 .odbc.ini コンフィギュレーション ファイルに次の内容を追加します。

[ Application Name ]

EngineName= Name_of _the _Application_Engine

PWD= Password

CommLinks=tcpip{HOST= LMS_Server_Name ;DOBROADCAST=NO;ServerPort= Application_Port_Number }

Driver= NMSRoot /objects/db/lib32/libdbodbc10.so.1

UID= Default_Database_View_User_Name

Description=Cisco Prime Embedded Database

それぞれの説明は次のとおりです。

LMS_Server_Name :デフォルトの LMS のインストール ディレクトリ。

Application Name:接続するアプリケーション データベースの名前。

Name_of _the _Application_Engine :アプリケーション エンジンの名前。 入力するアプリケーション エンジンの名前の詳細については、 アプリケーション データベース エンジンの名前の細部を参照してください。

Password :データベースへの接続に使用するパスワード。

LMS_Server_Name :接続するリモート LMS サーバのホスト名または IP アドレス。

Application_Port_Number :アプリケーション データベースへの接続に使用するポート番号。 使用する他のポート番号の詳細については、 アプリケーション データベース名とポート番号の詳細を参照してください。

Database_View_User_Name :データベース ビューのユーザ名。 通常のデータベース ビューのユーザとして接続するには、 デフォルトのユーザ名は lmsdatafeed です。 セキュアなデータベース ビューのユーザとして接続するには、 デフォルトのユーザ名は lmssecuredatafeed です。

たとえば、IP アドレスが 10.77.213.130 である LMS サーバの Common Services アプリケーション用の DSN を追加するには、/opt/.odbc.ini のコンフィギュレーション ファイルに次の行を追加する必要があります。

[cmf]

EngineName=cmfEng

PWD=cisco

CommLinks=tcpip{HOST=10.77.213.130;DOBROADCAST=NO;ServerPort=43441}

Driver=/opt/CSCOpx/objects/db/lib32/libdbodbc10.so.1

UID=lmsdatafeed

Description=Cisco Prime Embedded Database

/opt/.odbc.ini ファイル内の他の LMS アプリケーションの複数の DSN を追加できます。

ステップ 3 次のコマンドを実行して、/opt/.odbc.ini ファイルを指すように環境変数 ODBCINI を設定します。

setenv ODBCINI /opt/.odbc.ini


 

リモート サーバからデータベースにアクセスするコード例

LMS サーバからリモート サーバに必要なファイルをコピーし、DSN を作成した後、リモート サーバから LMS のデータベースにアクセスできます。

LMS のデータベースにアクセスするコード例については、次の項を参照してください。

Jconnect JDBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

iAnyWhere JDBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

ODBC アクセス方式を使用したデータベースへのアクセス

dbviews を使用した、Microsoft Office Excel へのデータのインポート

データを DbViews を使用して、Microsoft Office Excel にインポートするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Microsoft Excel で新しいワーク シートを開きます。

ステップ 2 [Data] > [Import External Data] > [New Database Query] を選択します。

ステップ 3 必須 DSN の名前を選択します

ステップ 4 [Table Options] から [Views] を選択します。

ステップ 5 [OK] をクリックします。

ステップ 6 テーブルのリストからテーブルを選択し、必要なカラムを選択します。

ステップ 7 [Next] をクリックします。

ステップ 8 クエリーに必要に応じて含める行を指定するためにデータをフィルタリングします。

ステップ 9 [Next] をクリックします。

ステップ 10 データを必要に応じてソートする方法を指定します。

ステップ 11 [Next] をクリックします。

ステップ 12 [Return to Microsoft Office Excel] を選択します。

ステップ 13 [Finish] をクリックします。

ステップ 14 データをインポートするための Excel のワーク シートの適切な範囲を選択します。

ステップ 15 [OK] をクリックします。


 

リモート サーバから Microsoft Excel へデータをインポートするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ローカル ディレクトリのディレクトリに次の LMS ファイルをコピーします。

NMSROOT /objects/db/charsets

NMSROOT /objects/db/java

NMSROOT /objects/db/java/objects/db/scripts

NMSROOT /objects/db/win32

ステップ 2 Microsoft Office Excel へデータをエクスポートするための新しい DSN を作成します。 Windows システムの DSN の作成を参照してください。

ステップ 3 [ODBC Configuration for SQL Anywhere 10] ダイアログボックスの [Login] タブをクリックします。

ステップ 4 [User ID] フィールドにデータベース ビューに接続するためのユーザ名を入力します。

デフォルトの通常のデータベース ビュー ユーザ名は lmsdatafeed です。 デフォルトのセキュア データベース ビュー ユーザ名は lmssecuredatafeed です。

ステップ 5 [Password] フィールドにデータベース ビューに接続するためのパスワードを入力します。

ステップ 6 [ODBC Configuration for SQL Anywhere 10] ダイアログボックスの [Database] タブをクリックします。

ステップ 7 前の項の 手順 3 に戻り、手順 9 まで進みます。


 

データベースのパスワードの変更

LMS のインストール中、データベース パスワードを入力するように求められます。パスワードを入力しないと、LMS によりパスワードがランダムに生成されます。

ただし、システムのセキュリティを確保するためにパスワードを定期的に変更することを推奨します。

データベース パスワードを変更するには、dbpasswd.pl ユーティリティを使用する必要があります。


注意 LMS をシャット ダウンして、パスワードを変更し、次に LMS を再起動して変更を有効にする必要があります。重要なタスクを実行していないことを確認します。実行していると、データが失われる可能性があります。

この項では、次の項目について説明します。

Solaris と Soft Appliance でのパスワードの変更

Windows でのパスワードの変更

データベース パスワードの変更に使用できる形式

Solaris と Soft Appliance でのパスワードの変更

Solaris と Soft Appliance のパスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 スーパーユーザとしてログインし、root パスワードを入力します。

ステップ 2 次のコマンドを入力して、すべてのプロセスを停止します。

/etc/init.d/dmgtd stop
 

ステップ 3 次のコマンドを入力して、インストール先ディレクトリに移動します。

cd NMSROOT /bin

NMSROOT は、デフォルトの LMS インストール ディレクトリです。

ステップ 4 データベース パスワードの変更に使用できる別の形式をリストするには、次のコマンドを入力します。

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、新しいパスワードを入力し、パスワードを再入力して確認します。

パスワードには最大 30 文字まで使用できます。

ステップ 6 次のコマンドを入力して、すべてのプロセスを開始します。

/etc/init.d/dmgtd start
 


 

Windows でのパスワードの変更

Windows のパスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 コマンド ラインで、適切な権限があることを確認します。

ステップ 2 次のコマンドを入力して、すべてのプロセスを停止します。

net stop crmdmgtd
 

ステップ 3 次のコマンドを入力して、インストール先ディレクトリに移動します。

cd NMSROOT ¥bin

NMSROOT は、デフォルトの LMS インストール ディレクトリです。

ステップ 4 データベース パスワードの変更に使用できる別の形式をリストするには、次のコマンドを入力します。

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、新しいパスワードを入力し、パスワードを再入力して確認します。

パスワードには最大 30 文字まで使用できます。

ステップ 6 次のコマンドを入力して、すべてのプロセスを開始します。

net start crmdmgtd
 


 

データベース パスワードの変更に使用できる形式

Windows および Solaris と Soft Appliance プラットフォームのデータベース パスワードを変更するために使用可能なさまざまな形式およびコマンドを次の表に示します。

形式
コマンド

形式 1 では使用可能なデータ ソースの名前とデータベースを検出し、それぞれのパスワードを入力し、確認するプロンプトが表示されます。

また、パスワードを暗号化することができます。

Solaris および Soft Appliance の場合:

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl all

Windows の場合:

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl all

形式 2 では、サーバで使用可能なすべてのデータベースおよびデータ ソース名(DSN)をリストすることができます。

Solaris および Soft Appliance の場合:

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl listdsn

Windows の場合:

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl listdsn

形式 3 では、データベース パスワードを変更することができます。

Solaris および Soft Appliance の場合:

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl dsn= odbc_datasource

Windows の場合:

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl dsn= odbc_datasource

形式 4 では、特定の DSN のデータベース パスワードを変更することができます。

また、npwd オプションを使用してコマンド ラインに新しいパスワードを入力することができます。

Solaris および Soft Appliance の場合:

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl dsn= dsn-name npwd= new-password

Windows の場合:

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl dsn= dsn-name npwd= new-password

形式 5 では、既存のデータベース パスワードを暗号化することができます。

Solaris および Soft Appliance の場合:

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl dsn= dsn-name encyption=yes

Windows の場合:

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl dsn= dsn-name encyption=yes

形式 6 では、特定の DSN のデータベース パスワードを変更することができます。

形式 6.0 では、次のことを実行することもできます。

npwd オプションを使用してコマンド ラインに新しいパスワードを入力できます。

暗号化オプションを使用してパスワードを暗号化できます。

Solaris および Soft Appliance の場合:

NMSROOT /bin/perl dbpasswd.pl dsn= dsn-name npwd= new-password encryption=yes

Windows の場合:

NMSROOT ¥bin¥perl dbpasswd.pl dsn= dsn-name npwd= new-password encryption=yes

公開されたデータベース ビューおよびテーブル

表 1 に、LMS アプリケーションで公開されているデータベース ビューまたはテーブルを示します。

表 1 公開されたデータベース ビューおよびテーブル

LMS アプリケーション
ビューまたはテーブルの名前

Common Services(CS)ビュー

Network_Devices

Job_Details

Network Topology、Layer 2 Services、および User Tracking ビュー

End_Hosts

UT_History

VTPDomainPorts

Fault Management ビュー

Fault_Alert_History

Fault_Event_History

Fault_Event_Details

Inventory、Configuration、および Image Management ビュー

Device_Inventory

Module_Inventory

Port_Inventory

Processor_Inventory

Memory_Inventory

Device_Credential_Status

Device_Inventory_Collection_Status

Device_Config_Archive_Status

Change_Audit_History

Syslog_Today

Syslog_Lastday

Device_EnergyWise

Port_EnergyWise

EnergyWise_Domain

IPSLA Performance Management(テーブル)

Source(Source テーブル)

Target(Target テーブル)

IPMDevice(IPM Device テーブル)

Operation(Operation テーブル)

IPEchoOper(IPEcho Sub-Operation テーブル)

UDPEchoOper(UDP Echo Sub-Operation テーブル)

PathEchoOper(PathEcho Sub-Operation テーブル)

jitter_oper(Jitter Sub-Operation テーブル)

ICMPJitterOper(ICMP Jitter Sub-Operation テーブル)

RTPOper(RTP Sub-Operation テーブル)

ethernet_oper(Ethernet Sub-Operation テーブル)

http_oper(HTTP Operation テーブル)

dns_oper(DNS Operation テーブル)

ftp_oper(FTP Operation テーブル)

dhcp_oper(DHCP Operation テーブル)

DLSwOper(DLSw Operation テーブル)

PostDialDelayOper(Post Dial Delay Operation テーブル)

tcpconnect_oper(TcpConnect Operation テーブル)

ReactTable(React テーブル)

Collector(Collector テーブル)

VrfList(VRF List テーブル)

outage_details(Outage Details テーブル)

completed_outages(Completed Outage テーブル)

Collector_Schedule(Collector Schedule テーブル)

Latency_Minute_Stats(Latency Minute Statistics テーブル)

Availability_Latency_Hourly_Stats(Availability Latency Hourly Statistics テーブル)

Availability_Latency_Daily_Stats(Availability Latency Daily Statistics テーブル)

Availability_Latency_Weekly_Stats(Availability Latency Weekly Statistics テーブル)

Availability_Latency_Monthly_Stats(Availability Latency Monthly Statistics テーブル)

Jitter_Minute_Stats(Jitter Minute Statistics テーブル)

Jitter_Hourly_Stats(Jitter Hourly Statistics テーブル)

Jitter_Daily_Stats(Jitter Daily Statistics テーブル)

Jitter_Weekly_Stats(Jitter Weekly Statistics テーブル)

IPSLA Performance Management(テーブル)

(続き)

Jitter_Monthly_Stats(Jitter Monthly Statistics テーブル)

ICMP_Jitter_Minute_Stats(ICMP Jitter Minute Statistics テーブル)

ICMP_Jitter_Hourly_Stats(ICMP Jitter Hourly Statistics テーブル)

ICMP_Jitter_Daily_Stats(ICMP Jitter Daily Statistics テーブル)

ICMP_Jitter_Weekly_Stats(ICMP Jitter Weekly Statistics テーブル)

ICMP_Jitter_Monthly_Stats(ICMP Jitter Monthly Statistics テーブル)

Ethernet_Jitter_Minute_Stats(Ethernet Jitter Minute Statistics テーブル)

Ethernet_Jitter_Hourly_Stats(Ethernet Jitter Hourly Statistics テーブル)

Ethernet_Jitter_Daily_Stats(Ethernet Jitter Daily Statistics テーブル)

Ethernet_Jitter_Weekly_Stats(Ethernet Jitter Weekly Statistics テーブル)

Ethernet_Jitter_Monthly_Stats(Ethernet Jitter Monthly Statistics テーブル)

Http_Minute_Stats(HTTP Minute Statistics テーブル)

Http_Hourly_Stats(HTTP Hourly Statistics テーブル)

Http_Daily_Stats(HTTP Daily Statistics テーブル)

Http_Weekly_Stats(HTTP Weekly Statistics テーブル)

Http_Monthly_Stats(HTTP Monthly Statistics テーブル)

PATHECHO_Hourly_Stats(Pathecho Hourly Statistics テーブル)

PATHECHO_Daily_Stats(Pathecho Daily Statistics テーブル)

PATHECHO_Weekly_Stats(Pathecho Weekly Statistics テーブル)

PATHECHO_Monthly_Stats(Pathecho Monthly Statistics テーブル)

RTP_Minute_Stats(RTP Minute Statistics テーブル)

RTP_Hourly_Stats(RTP Hourly Statistics テーブル)

RTP_Daily_Stats(RTP Daily Statistics テーブル)

RTP_Weekly_Stats(RTP Weekly Statistics テーブル)

RTP_Monthly_Stats(RTP Monthly Statistics テーブル)

video_oper (Video Operations テーブル)

Video_Minute_Stats (Video Minute Statistics テーブル)

IPSLA Performance Management(テーブル)

(続き)

Video_Hourly_Stats (Video Hourly Statistics テーブル)

Video_Daily_Stats (Video Daily Statistics テーブル)

Video_Weekly_Stats (Video Weekly Statistics テーブル)

Video_Monthly_Stats (Video Monthly Statistics テーブル)

公開されたデータベース ビューのスキーマ

ここでは、公開されたテーブル、各テーブルのフィールド、フィールドのタイプ、各フィールドの簡単な説明を示します。


) 公開されたデータベースのビューのカラム名は大文字と小文字が区別されます。


公開されたデータベース ビューのスキーマには次のビューの詳細が含まれます。

Network_Devices ビューの詳細

Job_Details ビューの詳細

End_Hosts ビューの詳細

UT_History ビューの詳細

VTPDomainPorts ビューの詳細

Device_Inventory ビューの詳細

Module_Inventory ビューの詳細

Port_Inventory ビューの詳細

Processor_Inventory ビューの詳細

Memory_Inventory ビューの詳細

Device_Credential_Status ビューの詳細

Device_Inventory_Collection_Status ビューの詳細

Device_Config_Archive_Status ビューの詳細

Change_Audit_History ビューの詳細

Syslog_Today または Syslog_Lastday ビューの詳細

Device_EnergyWise ビューの詳細

Port_EnergyWise ビューの詳細

EnergyWise_Domain ビューの詳細

Fault_Event_History ビューの詳細

Fault_Event_Details ビューの詳細

Network_Devices ビューの詳細

Network_Devices ビューは、 表 2 に示すように、ネットワーク デバイスの情報を表示します。

表 2 Network_Devices スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

PRIMARY

DCR デバイス ID。デバイスの一意の識別子

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Management_Ip_Address

varchar(128)

NULL

デバイスの管理 IP アドレス

Host_Name

varchar(128)

NULL

デバイスのホスト名

Domain_Name

varchar(128)

NULL

デバイスのドメイン名

sysObjectID

varchar(128)

NULL

デバイスの SysObjectId

Device_Category

varchar(512)

NULL

デバイス カテゴリ

Device_Series

varchar(512)

NULL

デバイス シリーズ名

Device_Model

varchar(512)

NULL

デバイス モデル名

UDF0-15

varchar(128)

NULL

最大 16 のユーザ定義フィールドが許可されます。

最初のフィールド名は UDF$FieldNumber です。

たとえば、UDF0 です。

Job_Details ビューの詳細

Job_Details ビューは、 表 3 に示すように、ジョブの詳細情報を表示します。

表 3 Job_Details スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Job_Id

integer

PRIMARY

Job_Id および Job_Instance_Id のカラムはプライマリ キーを形成します。

ジョブ ID

Job_Instance_Id

integer

PRIMARY

Job_Id および Job_Instance_Id のカラムはプライマリ キーを形成します。

ジョブ インスタンス ID

Job_Type

varchar(256)

NOT NULL

ジョブのタイプ

Job_Description

varchar(1024)

NULL

ユーザまたはアプリケーションによって入力されたジョブの説明

Job_Sch_Type

integer

NOT NULL

ジョブの頻度。

次のオプションがあります。

すぐに実行

1 回実行

カレンダー ベースで実行(定期的)

開始時刻ベースで実行

終了時刻ベースで実行

整数値は次のとおりです。

0:実行されていない

1:即時

2:1 回実行

257:毎月特定日

258:毎週特定日

259:毎 N 日

260:毎年 N 月の最終曜日(日曜日、月曜日など)

261:毎年 N 月の同じ曜日(日曜日、月曜日など)

262:毎年 N 月の最終日

263:曜日(日曜日、月曜日、..土曜日)

513:N 秒ごと(開始時刻ベース)

514:N 分ごと(開始時刻ベース)

515:N 時間ごと(開始時刻ベース)

769:N 秒ごと(終了時刻ベース)

770:N 分ごと(終了時刻ベース)

771:N 時間ごと(終了時刻ベース)

Job_Run_State

integer

NOT NULL

ジョブの最後の実行の現在の状態および結果について説明します。

整数値は次のとおりです。

0:スケジュール済み(実行されていない)、開始失敗、一時停止、拒否

1:実行中

2:成功

3:成功(情報を表示)

4:失敗

5:クラッシュ

6:開始時に失敗

7:キャンセル

8:キャンセル(インスタンスの場合)

9:キャンセル中(ジョブをキャンセル中)

Job_Sch_State

integer

NOT NULL

ジョブの実行がスケジュールできるかどうかを決定します。これはイネーブルかどうか、承認が必要か、またはすでに承認されているかに基づきます。

整数値は次のとおりです。

0:待機

1:承認が必要

2:イネーブル

4:承認済み

8:拒否

Job_Start_Time

timestamp

NULL

Job Start Time

Job_End_Time

timestamp

NULL

ジョブの終了時刻

Job_Owner

varchar(32)

NULL

ジョブの所有者

Job_Approver

varchar(32)

NULL

ジョブを承認したユーザ。

値は、承認者がいない場合は空白です。

Job_Progress

varchar(1024)

NULL

ジョブ経過表示ストリング。

End_Hosts ビューの詳細

End_Hosts ビューは、 表 4 に示すように、エンド ホストの詳細を表示します。

表 4 End_Hosts スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

HostName

varchar(64)

NULL

エンド ホストの名前

UserName

varchar(64)

NULL

ログイン ユーザ名

IPAddress

varchar(15)

NULL

エンド ホストの IP アドレス

SubnetMask

varchar(15)

NULL

エンド ホストが接続されているデバイスのサブネット マスク

MACAddress

varchar(17)

NULL

エンド ホストの MAC アドレス

DeviceName

varchar(64)

NULL

エンド ホストが接続されたデバイス名(ホスト名)

Device

varchar(15)

NULL

エンド ホストが接続されるデバイス IP アドレス

LastSeen

varchar(32)

NULL

エンド ホストが最後に確認された時刻

Port

varchar(32)

NULL

エンド ホストが接続されているポートの名前

VLAN

varchar(32)

NULL

VLAN 名。

例:VLAN100

Subnet

varchar(15)

NULL

エンド ホストが接続されているデバイスのサブネット

Notes

varchar(255)

NULL

ユーザが入力した注記

PrefixLength

integer

NULL

サブネット プレフィクス長

PortDuplex

varchar(32)

NULL

エンド ホストが接続されているポートのモード

VTPDomain

varchar(32)

NULL

エンド ホストが接続されているデバイスの VTP ドメイン名

VlanId

integer

NULL

VLAN ID

例:100

PortName

varchar(255)

NULL

ユーザが入力したポートの説明

IPv6Address

varchar(150)

NULL

IPV6 アドレス(設定されている場合)

dot1xEnabled

varchar(15)

NULL

dot1x のイネーブル ステータス。

値は True または False です。

associatedRouters

varchar(250)

NULL

サブネット内のルータのカンマ区切りリスト

UT_History ビューの詳細

UT_History ビューは、 表 5 に示すように、ユーザ トラッキング履歴の詳細を表示します。

表 5 UT_History スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

UserName

varchar(30)

NULL

ログイン ユーザ名

MACAddress

bigint

NULL

エンド ホストの MAC アドレス

iLogin

varchar(32)

NULL

ユーザがログインした日時

iLogout

varchar(32)

NULL

ユーザがログアウトした日時

VTPDomainPorts ビューの詳細

VTPDomainPorts ビューは、 表 6 に示すように、エンド ホストの詳細を表示します。

表 6 VTPDomainPorts スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

isLink

char

NOT NULL

True:リンク ポートとして設定されている

False:リンク ポートとして設定されていない

PortDescription

varchar(255)

NULL

ポートの説明。CDP 名またはインターフェイスのエイリアス名です。

PortName

varchar(254)

NULL

ポート名

Device Name

varchar(64)

NULL

ポートが属するデバイスの名前

Device IPAddress

varchar(40)

NULL

デバイスの管理 IP アドレス

PortStatus

char

NOT NULL

Up:ポートは動作上アップ状態および管理上アップ状態

Down:ポートは動作上または管理上ダウン状態

isTrunk

char

NOT NULL

True:トランク ポートとして設定されている

False:トランク ポートとして設定されていない

Vlan

varchar(128)

NULL

ポートに関連付けられた VLAN 名。

Assosiation Type

char

NOT NULL

サブネット内のルータのカンマ区切りリスト。

アソシエーションのタイプは次のとおりです。

Secondary

Auxiliary

Native

Unknown

Port Mode

char

NOT NULL

ポート モードは次のとおりです。

Non-PVLAN

PVLAN Host

PVLAN Trunk

Promiscuous

Unknown

Domain

varchar(64)

NULL

管理ドメイン名。

dbId

integer

Primary

DCR デバイス ID。デバイスの一意の識別子。

Device_Inventory ビューの詳細

このビューは、 表 7 に示すように、デバイス インベントリ情報を表示します。

表 7 Device_Inventory スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

NOT NULL

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Device_Description

varchar(255)

NULL

デバイスの説明

Device_Location

varchar(255)

NULL

システムの場所

Device_Contact

varchar(255)

NULL

システムの連絡先

Device_SW_Version

varchar(64)

NULL

Device Software Version

User_Defined_Serial_Number

varchar(255)

NULL

ユーザ定義のシリアル番号

Module_Inventory ビューの詳細

このビューは、 表 8 に示すように、モジュールのインベントリ情報を表示します。

表 8 Module_Inventory スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

NOT NULL

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Module_Name

varchar(255)

NULL

モジュール

Vendor_Type

varchar(255)

NULL

モジュール ベンダー タイプ

SW_Version

varchar(255)

NULL

モジュールのソフトウェア バージョン

FW_Version

varchar(255)

NULL

モジュールのファームウェア バージョン

Slot_Number

integer

NULL

このモジュールのスロット番号

Oper_Status

smallint

NULL

Operation Status

Admin_Status

smallint

NULL

管理ステータス

Port_Inventory ビューの詳細

このビューは、 表 9 に示すように、Configuration、Inventory、および Software Management からの物理ポートのインベントリ情報を表示します。

表 9 Port_Inventory スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

NOT NULL

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Port_Name

varchar(255)

NULL

ifName からのポートの名前

Port_Desc

varchar(1024)

NULL

ifDescr からのポートの説明

Port_Type

smallint

NULL

ポート タイプ。

IANAifType MIB からの列挙

Port_Admin_Status

smallint

NULL

ポートの管理ステータス

Port_Oper_Status

smallint

NULL

ポートの動作ステータス

Port_Speed

float

NULL

ポート速度(ビット/秒)

Port_Duplex_Mode

varchar(15)

NULL

ポートのデュプレックス モード

Is_Link_Port

smallint

NULL

0:リンク ポートとして設定されている

1:リンク ポートとして設定されていない

Is_Access_Port

smallint

NULL

0:アクセス ポートとして設定されている

1:アクセス ポートとして設定されていない

Is_Trunk_Port

smallint

NULL

0:トランク ポートとして設定されている

1:トランク ポートとして設定されていない

Is_Port_Channel

smallint

NULL

EtherChannel が設定されている場合は 0、設定されていない場合は 1

Vlan_Name

varchar(36)

NULL

VLAN 名。

例:VLAN100

VlanId

integer

NULL

VLAN ID。

例:100d

VTPDomain

varchar(64)

NULL

設定された VTP ドメイン

Neighbour_Type

varchar(36)

NULL

ネイバーのタイプ。

例:デバイス、エンド ホスト、電話機

Processor_Inventory ビューの詳細

このビューは、 表 10 に示すように、プロセッサのインベントリ情報を表示します。

表 10 Processor_Inventory スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

Integer

NOT NULL

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Processor_model_name

varchar(255)

NULL

プロセッサ モデル名(可能な場合)

Processor_module_description

varchar(255)

NULL

モジュールの説明

Processor_vendor_type

varchar(255)

NULL

プロセッサのベンダーの装置タイプ

Processor_manufacturer

varchar(255)

NULL

製造業者(可能な場合)

serialnumber

varchar(255)

NULL

シリアル番号(可能な場合)

Memory_Inventory ビューの詳細

Memory_Inventory ビューは、 表 11 に示すように、プロセッサ メモリ情報を表示します。

表 11 Memory_Inventory スキーマの細部

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

Integer

NOT NULL

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Processor_Memory

numeric(29,9)

NULL

プロセッサ メモリ。

これは、メガバイト(MB)です。

Device_Credential_Status ビューの詳細

Device_Credential_Status ビューは、 表 12 に示すように、エンド ホストの詳細を表示します。

これはデバイス クレデンシャル チェック情報を保存するために使用されます。この情報は、CDA のレポートが実行された場合だけ使用できます。

表 12 Device_Credential_Status スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

PRIMARY

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Credential_Type

smallint

NOT NULL

クレデンシャルのタイプ。

タイプは次のとおりです。

SNMP 読み取り/書き込みコミュニティ

SNMP 読み取り専用

SNMPv3

Telnet

Telnet イネーブル モード

SSH

SSH イネーブル モード

Credential_Type_Description

varchar(64)

NOT NULL

Credential_Type カラムの説明に記載されているクレデンシャルの説明。

Credential_Status

smallint

NOT NULL

クレデンシャル チェックのステータス。

整数値は次のとおりです。

1:OK

12:RO なしで RW をテストすることはできません

11:OK(プライマリは失敗、セカンダリは成功)

10:OK(プライマリが成功)

9:実装されていない

8:失敗(誤ったクレデンシャルのため)

7:サポートされていない

6:テストする値がない

5:試行していない

4:まだデータなし

3:不正(接続障害が原因でクレデンシャルをテストすることができません)

2:設定された認証なし

Cred_Status_Description

varchar(64)

NOT NULL

クレデンシャル チェックのステータスの説明。

Cred_Status_Reason

varchar(1024)

NULL

成功または失敗の理由。

Status_Update_Time

varchar(60)

NULL

クレデンシャルが確認され、更新された時間(ミリ秒単位)。

Device_Inventory_Collection_Status ビューの詳細

Device_Inventory_Collection_Status ビューは、 表 13 に示すように、インベントリ収集ステータスの詳細を表示します。

表 13 Device_Inventory_Collection_Status スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

PRIMARY

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Inventory_Collection_Status

integer

NULL

インベントリ収集ステータス

1:成功

2:失敗

Failure_Reason

varchar(255)

NULL

インベントリの接続障害の理由。

値は、接続が失敗していない場合は空白です。

Inventory_Updated_At

timestamp

NULL

インベントリが最後に更新された時刻

Device_Config_Archive_Status ビューの詳細

Device_Config_Archive_Status ビューは、 表 14 に示すように、設定アーカイブ ステータスの詳細を表示します。

表 14 Device_Config_Archive_Status スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

NOT NULL

Device_Id、Config_ Type、および Config_File_Type のカラムはプライマリ キーを形成します。

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Config_Type

integer

NOT NULL

Device_Id、Config_ Type、および Config_File_Type のカラムはプライマリ キーを形成します。

整数値は次のとおりです。

1:プライマリ

2:VLAN

3:セカンダリ

Config_File_Type

integer

NOT NULL

Device_Id、Config_ Type、および Config_File_Type のカラムはプライマリ キーを形成します。

整数値は次のとおりです。

1:起動

2:実行中

Archive_Status

integer

NULL

設定アーカイブのステータス。

整数値は次のとおりです。

1:成功

2:失敗

3:部分的に成功

Archive_Updated_At

timestamp

NULL

設定が最後に更新された時刻

Change_Audit_History ビューの詳細

Change_Audit_History ビューは、 表 15 に示すように、Change Audit 履歴の詳細を表示します。

表 15 Change_Audit_History スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Id

integer

NOT NULL

DCR デバイス ID

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Created_At

timestamp

NULL

アプリケーションがネットワークの変更を伝達、または Change Audit モジュールが変更レコードを受信した日時。

User_Name

varchar(64)

NULL

設定変更を加えたり、設定変更があることを検出したユーザ

App_Name

varchar(64)

NULL

設定変更を検出したアプリケーション。

Archive Mgmt、ConfigEditor、CwConfig、ICServer、NetConfig、Software Management はアプリケーション名の可能な値です。

Host_Name

varchar(64)

NULL

ユーザがデバイスにアクセスしたマシンのホスト名または LMS サーバのホスト名。

ホスト名は、アドレスが名前解決されない場合は、IP アドレスを含むことができます。

ICServer アプリケーションはホスト名を入力して、Config Archive アプリケーションはサーバの IP アドレスを入力します。

Conn_Mode

varchar(255)

NULL

変更が行われた接続モード。

SNMP、TFTP、TELNET、CONSOLE は接続モードの可能な値です。

Description

varchar(1024)

NULL

どのプロセスが設定を変更したかを示す Change Audit 説明。

Category

varchar(64)

NULL

変更のタイプ。

このカラムの値は次のとおりです。

CONFIG_CHANGE

INVENTORY_CHANGE

SOFTWARE_CHANGE

Syslog_Today または Syslog_Lastday ビューの詳細

Syslog_Today または Syslog_Lastday ビューは、 表 16 に示すように、Syslog の詳細を表示します。

これらのビューは、本日および前日の Syslog の詳細を反映するために毎日作成されます。

表 16 Syslog スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名

Syslog_Message_Id

bigint

PRIMARY

プライマリ キー

Syslog_Device_Id

bigint

NULL

DCR デバイス ID

Syslog_Device_Name

varchar(255)

NOT NULL

Syslog が送信されたインターフェイスの IP アドレス。

Syslog_TimeStamp

timestamp

NULL

メッセージがロギングされた日付と時刻。このタイムスタンプはデバイスによって提供されます。

Syslog Analyzer は、デバイスが提供しない場合にタイムスタンプを提供します。

Syslog_Facility

char(48)

NULL

ファシリティはハードウェア デバイス、プロトコル、またはシステム ソフトウェアのモジュールです。

たとえば、SYS です。

ファシリティ コードの定義済みリストについては、Cisco IOS 参照マニュアルでシステム エラー メッセージの項を参照してください。

Syslog_SubFacility

char(48)

NULL

Syslog メッセージを生成したデバイスのファシリティ。

ほとんどの場合、これは空白になります。

たとえば、SYS-5-CONFIG I です。

Syslog_Severity

char(1)

NULL

メッセージの重大度レベル。

レベルは情報(6)から緊急(0)までです。

Syslog_Mnemonic

char(48)

NULL

エラー メッセージを一意に識別するコード。

古い Catalyst メッセージにはニーモニックは表示されません。

IOS メッセージのニーモニックの例は、CONFIG I です。

Syslog_Description

varchar(512)

NULL

Syslog メッセージの説明

Syslog_Category

char(1)

NULL

Syslog カテゴリ

Device_EnergyWise ビューの詳細

Device_EnergyWise ビューの詳細には、 表 17 に示すように、デバイスの EnergyWise の詳細を表示します。

表 17 Device_EnergyWise スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_ID

integer

PRIMARY

DCR デバイス ID。デバイスの一意の識別子。

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名。

DomainName

varchar(255)

NULL

EnergyWise 対応デバイスとエンド ポイントで構成される EnergyWise ドメインの名前。

Keyword

varchar(255)

NULL

特定のデバイスまたはデバイス グループの識別に役立つワード。

Role

varchar(255)

NULL

EnergyWise ドメインのデバイスの役割または機能。

Importance

smallint

NULL

エンド ポイントの EnergyWise の重要度の値。

この値は、電力消費量に基づいてドメインのエンド ポイントを識別します。たとえば、卓上電話はビジネスに不可欠な緊急電話よりも重要度が低くなります。

値は 1~100 の範囲内です。

EnergyWiseState

smallint

NULL

デバイスの EnergyWise ステータス。

0:ソフトウェア非対応

1:ディセーブル

2:イネーブル

MinSupportedOS

varchar(50)

NULL

デバイスの最低限サポートされるソフトウェア。

Port_EnergyWise ビューの詳細

Port_EnergyWise ビューの詳細は、 表 18 に示すように、ポートの EnergyWise の詳細を表示します。

表 18 Port_EnergyWise スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_ID

integer

PRIMARY

DCR デバイス ID。デバイスの一意の識別子。

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名。

Portname

varchar(255)

NULL

エンド ポイントが接続されているポート。

Keyword

varchar(255)

NULL

特定のデバイスまたはデバイス グループの識別に役立つワード。

Role

varchar(255)

NULL

EnergyWise ドメインのデバイスの役割または機能。

Importance

smallint

NULL

エンド ポイントの EnergyWise の重要度の値。

この値は、電力消費量に基づいてドメインのエンド ポイントを識別します。たとえば、卓上電話はビジネスに不可欠な緊急電話よりも重要度が低くなります。

値は 1~100 の範囲内です。

EnergyWise_Domain ビューの詳細

EnergyWise_Domain ビューの詳細は、 表 19 に示すように、EnergyWise ドメインの詳細を表示します。


) EnergyWise_Domain ビューにアクセスできるのは、セキュアなデータベース ビュー ユーザとしてデータベースに接続する場合だけです。


表 19 EnergyWise_Domain スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_ID

integer

PRIMARY

DCR デバイス ID。デバイスの一意の識別子。

Device_Display_Name

varchar(128)

NOT NULL

デバイスの表示名。

Device_IPAddress

varchar(128)

NULL

デバイスの管理 IP アドレス。

Hostname

varchar(128)

NULL

デバイスのホスト名。

Domain

varchar(255)

NULL

EnergyWise 対応デバイスとエンド ポイントで構成される EnergyWise ドメインの名前。

Domain_Secret

varchar(255)

NULL

ドメイン内のデバイス間の通信をイネーブルにするために EnergyWise プロトコルによって使用されるシークレット。

Management_Secret

varchar(255)

NULL

ドメインのデバイスからデータを収集するために LMS サーバによって使用されるシークレット。

Endpoint_Secret

varchar(255)

NULL

ドメインのエンドポイント デバイスとの通信に EnergyWise プロトコルによって使用されるシークレット。

NTP_Secret

varchar(255)

NULL

ドメインのデバイス間の通信をイネーブルにするために EnergyWise プロトコルによって使用されるシークレット。

Port

bigint

NULL

エンド ポイントが接続されているポート。

Fault_Event_History ビューの詳細

Fault_Event_History ビューは、 表 20 に示すように、障害のイベント履歴の詳細を表示します。

イベント リストはアラートのイベントのリストが含まれます。

表 20 Fault_Event_History スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Device_Name

varchar(255)

NULL

デバイス名または IP アドレス。

Event_Id

bigint

NOT NULL

イベント識別番号。

Alert_Id

bigint

NOT NULL

アラート識別番号

Event_Name

varchar(255)

NULL

イベント名。

LMS で処理されるイベントの監視については、オンライン ヘルプを参照してください。

Event_Status

varchar(16)

NULL

前回のポーリングに基づくイベント ステータス。

次のステータスがあります。

Active:イベントはライブ状態です。

Cleared:イベントはライブ状態ではありません。

一時停止デバイスのイベントが Cleared に移動されますが、アラートはアクティブのままになります。

Suspended:デバイスは一時停止されています。

Resumed:デバイスは再開されています。

Deleted:デバイスは削除されています。

Component_Name

varchar(255)

NULL

イベントが発生したデバイス要素。

Event_Update_Time

bigint

NULL

イベントが発生した時刻。

時間は、1970 年 1 月 1 日から経過した秒数です。

Fault_Event_Details ビューの詳細

Fault_Event_History ビューは、 表 21 に示すように、障害のイベント詳細を表示します。

イベントの詳細には、イベントのプロパティおよび詳細が含まれます。各イベントには、いくつかのプロパティを含むことができ、プロパティの数は、イベント タイプによって異なります。各プロパティは 1 行で表されます。

たとえば、イベントに 5 個のプロパティがある場合、そのイベントに対しては 5 行あります。

表 21 Fault_Event_History スキーマの詳細

カラム名
カラムのタイプ
制約
カラムの説明

Event_Id

bigint

NOT NULL

イベント識別番号

Event_Property_Name

varchar(32)

NULL

プロパティの名前

Event_Property_Value

varchar(255)

NULL

プロパティ値

IPSLA データベース スキーマ

IPM データベース スキーマは、テーブル、各テーブルのフィールド、およびフィールドとテーブル間の関係を定義します。

IPM データベース スキーマの詳細はアプリケーションをインストールし、起動すると更新されます。スキーマの詳細を参照するために dbaccess.pl ユーティリティを実行する必要はありません。

ここでは、次の内容について説明します。

IPSLA データベースへの接続

IPSLA データベース テーブルのスキーマ

IPSLA データベースへの接続

IPSLA データベースに接続するには、次の情報を入力しなければならない場合があります。

ユーザ名:DBA

データベース パスワード:LMS のインストール中に提供したデータベースのパスワードを入力する必要があります。

データベース パスワードを変更するには、 データベースのパスワードの変更を参照してください。

データベース名:ipm

データベースのソース名:ipm

データベース エンジン名:ipmEng

IPSLA データベース テーブルのスキーマ

この章では、次のテーブルについて説明します。

Source テーブル

Target テーブル

IPMDevice テーブル

Operation テーブル

IPEchoOper テーブル

UDPEchoOper テーブル

PathEchoOper テーブル

jitter_oper テーブル

ICMPJitterOper テーブル

RTPOper テーブル

ethernet_oper テーブル

http_oper テーブル

dns_oper テーブル

ftp_oper テーブル

dhcp_oper テーブル

DLSwOper テーブル

PostDialDelayOper テーブル

tcpconnect_oper テーブル

React テーブル

Collector テーブル

User Stopped Collector テーブル

VrfList テーブル

outage_details テーブル

completed_outages テーブル

Collector _Schedule テーブル

Latency_Minute_Stats テーブル

Availability_Latency_Hourly_Stats テーブル

Availability_Latency_Daily_Stats テーブル

Availability_Latency_Weekly_Stats テーブル

Availability_Latency_Monthly_Stats テーブル

Jitter_Minute_Stats テーブル

Jitter_Hourly_Stats テーブル

Jitter_Daily_Stats テーブル

Jitter_Weekly_Stats テーブル

Jitter_Monthly_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Minute_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Hourly_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Daily_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Weekly_Stats テーブル

ICMP_Jitter_Monthly_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Minute_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Hourly_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Daily_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Weekly_Stats テーブル

Ethernet_Jitter_Monthly_Stats テーブル

Http_Minute_Stats テーブル

Http_Hourly_Stats テーブル

Http_Daily_Stats テーブル

Http_Weekly_Stats テーブル

Http_Monthly_Stats テーブル

PATHECHO_Hourly_Stats テーブル

PATHECHO_Daily_Stats テーブル

PATHECHO_Weekly_Stats テーブル

PATHECHO_Monthly_Stats テーブル

RTP_Minute_Stats テーブル

RTP_Hourly_Stats テーブル

RTP_Daily_Stats テーブル

RTP_Weekly _Stats テーブル

RTP_Monthly_Stats テーブル

video_oper テーブル

Video_Minute_Stats テーブル

Video_Hourly_Stats テーブル

Video_Daily_Stats テーブル

Video_Weekly_Stats テーブル

Video_Monthly_Stats テーブル

Source テーブル

Source テーブルを 表 22 に示します。

 

表 22 Source テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

DeviceID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

IOSVersion

Varchar(64)

NULL

IOS バージョン

MaxColl

Integer

NULL

予測されるシステム。

ルータの最大エントリ数。

LastTimeSet

Timestamp

NULL

set オペレーションがこの MIB オブジェクトのいずれかで発生した最後の時刻。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonApplTimeOfLastSet

DisplayName

Varchar(255)

NULL

デバイスの表示名

IPSLAVersion

Varchar(16)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonApplVersion

MIB タイプ:DisplayString

アプリケーション バージョン文字列をモニタリングするラウンド トリップ時間

CollCount

Integer

NULL

ルータの設定可能なオペレーションの予測数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonApplProbeCapacity

LastRebootTime

timestamp

NOT NULL

送信元デバイスの最後のリブート時間


) Source テーブル(テーブル名「Source」)には送信元ルータに関する必要なすべての情報が含まれます。一意のデバイス ID が各送信元ルータに割り当てられます。このデバイス ID はテーブルのプライマリ キーとして機能します。


Target テーブル

Target テーブルを 表 23 に示します。

 

表 23 Target テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

DeviceID

Bigint

IDENTITY、プライマリ キー

一意の識別子

DisplayName

Varchar(255)

NULL

デバイスの表示名

DeviceType

Integer

NULL

宛先のタイプ

0:IP の宛先

1:応答側対応

2:アドホック デバイス

 

Target テーブル(テーブル名 Target)には、宛先に関するすべての情報が含まれます。この宛先は SAA のルータ、IPSLA 応答側対応デバイス、またはアドホック デバイスです。一意のデバイス ID がテーブルの各宛先に割り当てられます。このデバイス ID はテーブルのプライマリ キーとして機能します。

IPMDevice テーブル

IPM Device テーブルを 表 24 に示します。

 

表 24 IPMDevice テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

DeviceID

Bigint

IDENTITY、プライマリ キー

一意の識別子

DCRID

Varchar(255)

NULL

DCR テーブルからのデバイス ID

snmptimeout

Bigint

NULL

デバイスへのアクセスを再試行する前に、デバイスが応答するまでシステムが待機する時間。

SNMP タイムアウト値はミリ秒単位で表示されます。

デフォルトの値は 2、最小値は 0 です。最大値はありません。

snmpretry

Bigint

NULL

SNMP オプションを使用してシステムがデバイスへのアクセスを再試行する回数。

デフォルト値は、3 です。最小値は 0 です。最大値は 6 です。

Operation テーブル

Operation テーブルの詳細を 表 25 に示します。

表 25 Operation テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CreationFlag

Integer

NOT NULL

フラグ 0:システム定義オペレーション

フラグ 1:ユーザ定義オペレーション

Operation Name

Varchar(127)

NOT NULL

一意のオペレーション名

Owner

Varchar(64)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonCtrlAdminOwner

MIB タイプ:

OwnerString

オペレーションの所有者

Descr

Varchar(255)

NULL

説明

RTTType

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonCtrlAdminRttType

MIB タイプ:

RttMonRttType

デフォルト値:

{echo}

実行される RTT オペレーションのタイプを指定します。

1:echo

2:pathEcho

5:udpEcho

6:tcpConnect

7:http

8:dns

9:jitter

10:dlsw

11:dhcp

12:ftp

14:RTP

16:icmpjitter

18:VoipCallSetupPostDialDelay

19:VoipGKRegDelay

1019:Ethernetping

1020:Ethernetjitter

1119:EthernetPingAutoIPSLA

1120:EthernetPingAutoIPSLA

Frequency

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonCtrlAdminFrequency

MIB タイプ:

Integer32(0..604800)

頻度の値は秒単位で表示されます。

デフォルト値:

{ 60 }

RTT 要求が開始される間隔

timeout

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonCtrlAdminTimeout

MIB タイプ:

Integer32(0..604800000)

デフォルト値:

{ 5000 }

RTT の応答を待機する期間

adminThreshold

Integer

NOT NULL

しきい値の範囲(ミリ秒単位)

verifydata

smallint

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonCtrlAdminVerifyData

デフォルト値:false

Operation テーブル(テーブル名「Operation」)には、周波数、RTT のタイプ、しきい値のタイプなどのオペレーションの全般的なパラメータが含まれています。

特定のタイプのオペレーションに関連付けられたパラメータの場合、特定のタイプのオペレーションの詳細な Sub-Operation テーブルを確認します。

一意のオペレーション ID もテーブルの各オペレーションに割り当てられます。このオペレーション ID はテーブルのプライマリ キーとして機能します。

IPEchoOper テーブル

IPEchoOper テーブルの詳細を 表 26 に示します。

 

表 26 IPEchoOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

DataReqSize

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminPktDataRequestSize

MIB タイプ:

Integer32(0..16384)

デフォルト値:

{1}

要求のデータに含めるオクテットの数。

TypeOfService

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

UDPEchoOper テーブル

UDPEchoOper テーブルを 表 27 に示します。

 

表 27 UDPEchoOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

TypeOfService

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

ReqPayload

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminPktDataRequestSize

MIB タイプ:

Integer32(0..16384)

デフォルト値:

{1}

要求のデータに含めるオクテットの数。

TargetPort

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTargetPort

MIB タイプ:

Integer32(0..65536)

デフォルト値:

{0}

宛先のポート番号。

PathEchoOper テーブル

PathEchoOper テーブルを 表 28 に示します。

 

 

表 28 PathEchoOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

TypeOfService

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

DataReqSize

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminPktDataRequestSize

MIB タイプ:

Integer32(0..16384)

デフォルト値:

{1}

要求のデータに含めるオクテットの数

MaximumPaths

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatisticsAdminNumPaths

MIB タイプ:

Integer32(1..128)

デフォルト値:

{ 5 }

保存する統計情報のルートのバケットの最大数

MaximumHops

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatisticsAdminNumHops

MIB タイプ:

Integer32(1..30)

デフォルト値:

{16}

保存する統計情報のホップのバケットの最大数

LSREnable

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop1

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop2

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop3

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop4

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop5

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop6

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop7

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

LSRHop8

Varchar(127)

NOT NULL

予約済み

jitter_oper テーブル

jitter_oper テーブルを 表 29 に示します。

 

表 29 jitter_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

sampleinterval

Bigint

NOT NULL

未使用

TypeofService

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

reqPayload

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminCodecPayload

MIB タイプ:

Integer32

trgtPort

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTargetPort

MIB タイプ:

Integer32(0..65536)

デフォルト値:

{0}

宛先のポート番号。

numpacket

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminNumPackets

MIB タイプ:

Integer32

デフォルト値:

{10}

送信する必要があるパケットの数

pktInterval

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminInterval

MIB タイプ:

Integer32(0..60000)

デフォルト値:

{20}

パケット間遅延。これはミリ秒単位になります。

respStatusOfTarget

Integer

NULL

宛先の統計情報

codecType

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminCodecType

MIB タイプ:Integer32

icpifAdvFactor

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminICPIF
AdvFactor

MIB タイプ:Integer32

isCodecSupport

Varchar(6)

NULL

コーデック サポート

precisionlevel

tinyint

NOT NULL

精度レベル

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminPrecision

MIB タイプ 32

デフォルト値:

millisecond(1)

計算が必要な統計情報の精度

milliseconds(1)。統計情報の精度はミリ秒以内です。

microseconds(2)。統計情報の精度はマイクロ秒以内です

ICMPJitterOper テーブル

ICMPJitterOper テーブルを 表 30 に示します。

 

表 30 ICMPJitterOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

unique

オペレーション(ID)への参照

TypeOfService

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

ReqPayload

Integer

NOT NULL

未使用

NumOfPackets

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminNumPackets

MIB タイプ:

Integer32

デフォルト値:

{10}

送信する必要があるパケットの数

PktInterval

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminInterval

MIB タイプ:Integer32

RTPOper テーブル

RTP Sub Operation テーブルを 表 31 に示します。

 

表 31 RTPOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

unique

オペレーション(ID)への参照

SourceIP

Varchar(127)

NULL

発信元 IP

SourceVoicePort

Varchar(127)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminSourceVoicePort

MIB タイプ:Octets

CodecType

smallint

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminCodecType

MIB タイプ:Integer32

CallDuration

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminCallDuration

MIB タイプ:Integer32

AdvantageFactor

Integer

NULL

0~20 のアドバンテージ係数範囲

ethernet_oper テーブル

Ethernet Sub Operation テーブルを 表 32 に示します。

 

表 32 ethernet_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

unique

オペレーション(ID)への参照

vlanID

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ethernetPing:rttMonEchoAdminTargetVLAN

ethernetJitter:rttMonEchoAdminTargetVLAN

ethernetPingAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlVLAN

ethernetJitterAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlVLAN

domainName

Varchar(255)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ethernetPing:rttMonEchoAdminTargetDomainName

ethernetJitter:rttMonEchoAdminTargetDomainName

ethernetPingAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlDomainName

ethernetJitterAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlDomainName

mepIDs

Varchar(8192)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTargetMPID

exMepIDs

Varchar(8192)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEthernetGrpCtrlMPIDExLst

classOfService

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ethernetPing:rttMonEchoAdminEthernet
COS

ethernetJitter:rttMonEchoAdminEthernet
COS

ethernetPingAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlCOS

ethernetJitterAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlCOS

packetReqSize

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ethernetPing、ethernetJitter:rttMonEchoAdminPktData
RequestSize

ethernetPingAutoIPSLA、ethernetJitterAutoIPSLA:ipslaEthernetGrpCtrlReq
DataSize

numOfFrames

Integer

NULL

1~60000 のフレームの数を指定します。

frameInterval

Integer

NULL

1~60000 の間隔を指定します。

schedulePeriod

Integer

NULL

Scheduling Period

http_oper テーブル

HTTP Operation テーブルを 表 33 に示します。

 

表 33 http_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

Port

Integer

NULL

宛先のポート番号

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTargetPort

MIB タイプ:Integer32

デフォルト値:80

URLRelativePath

Varchar(127)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminURL

MIB タイプ:

DisplayString

デフォルト値:

{""}

HTTP プローブが通信する URL を表すストリング。

CachedPagesFlag

Smallint

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminCache

MIB タイプ:

TruthValue

デフォルト値:

{true}

False の場合、HTTP 要求は、キャッシュされたページをダウンロードすることはありません。したがって、要求は元のサーバに転送される必要があります。

ProxyServer

Varchar(255)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonTargetAddress

EnableProxy

Smallint

NULL

プロキシ サーバをイネーブルにするチェックボックス。

デフォルト値は、2 です。

TypeOfService

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット。

DnsNameServer

Varchar(127)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminNameServer

MIB タイプ:Octets

EnableDns

Smallint

NOT NULL

dnsname サーバをイネーブルにするチェックボックス。

デフォルト値は、2 です。

dns_oper テーブル

DNS Operation テーブルを 表 34 に示します。

 

表 34 dns_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

targetaddr

Varchar(127)

NULL

未使用

nameserver

Varchar(127)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminNameServer

MIB タイプ:

RttMonTargetAddress

デフォルト値:

{""}

ネームサーバの IP アドレス

namesvraddr

Varchar(127)

NULL

ネームサーバの IP アドレス

ftp_oper テーブル

FTP Operation テーブルを 表 35 に示します。

 

表 35 ftp_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

TypeOfService

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

FTPMode

Integer

NULL

rttMonAdminMode

アクティブまたはパッシブ FTP モードに設定

UserName

Varchar(127)

NULL

FTP サーバにアクセスできる、FTP のユーザ名。

Password

Varchar(127)

NULL

暗号化形式の FTP のパスワード。

FTP サーバにアクセスできるパスワード。

FileLocation

Varchar(127)

NULL

FTP ファイルの場所

dhcp_oper テーブル

DHCP Operation テーブルを 表 36 に示します。

 

表 36 dhcp_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

targetaddr

Varchar(127)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTargetAddress

MIB タイプ:

RttMonTargetAddress

デフォルト値:

{""}

宛先のアドレス

targetipaddr

Varchar(127)

NULL

DHCP サーバの IP アドレス

 

DLSwOper テーブル

DLSw Operation テーブルを 表 37 に示します。

 

表 37 DLSwOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

ReqPayload

Varchar(127)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminCodecPayload

MIB タイプ:

Integer32

ResponsePayload

Varchar(127)

NULL

未使用

PostDialDelayOper テーブル

Post Dial Delay Operation テーブルを 表 38 に示します。

 

表 38 PostDialDelayOper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

phoneNumber

Varchar(127)

NULL

電話番号

DetectPoint

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminDetectPoint

デフォルト値:1: voipDTAlertRinging (name)

tcpconnect_oper テーブル

TcpConnect Operation テーブルを 表 39 に示します。

 

表 39 tcpconnect_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

NOT NULL

オペレーション(ID)への参照

TargetPort

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTargetPort

MIB タイプ:

Integer32(0..65536)

デフォルト値:

{0}

宛先のポート番号。

ControlEnable

Smallint

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminControlEnable

MIB タイプ:

TruthValue

デフォルト値:

{true}

イネーブルの場合、RTR のアプリケーションは、宛先ルータの応答側に制御メッセージを送信します。

この結果、送信元ルータが送信するデータ要求パケットに応答します。

TypeOfService

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonEchoAdminTOS

MIB タイプ:

Integer32(0..255)

デフォルト値:

{0}

IP ヘッダーのタイプ オブ サービスのオクテット

React テーブル

React テーブルを 表 40 に示します。

 

表 40 React テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

Bigint

一意の識別子、

プライマリ キー

オペレーション(ID)への参照。

reactvar

Integer

NOT NULL

React 変数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactVar

reactID

Integer

NOT NULL

React ID

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactVar

RisingThresh

Integer

NULL

上昇しきい値

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactThreshold
Rising

FallingThresh

Integer

NULL

下限しきい値

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactThreshold
Falling

この新しい MIB がサポートされていない場合、次の MIB が使用されます。

rttMonReactAdmin
ThresholdFalling

XthreshCount

Integer

NULL

X しきい値のカウント

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactThresholdCountX

この新しい MIB がサポートされていない場合、次の MIB が使用されます。

rttMonReactAdmin
ThresholdCount

YthreshCount

Integer

NULL

Y しきい値のカウント

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactThreshold
CountY

この新しい MIB がサポートされていない場合、次の MIB が使用されます。

rttMonReactAdmin
ThresholdCount2

ThreshType

Integer

NULL

しきい値の種類

次の MIB オブジェクトを参照:

:rttMonReactThreshold
Type

新しい MIB が使用されていない場合、次の MIB が使用されます。

:rttMonReactAdmin
ThresholdType

ActionType

Integer

NULL

アクション タイプ

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonReactActionType

新しい MIB がサポートされていない場合、次の MIB が使用されます。

:rttMonReactAdmin
ActionType

 

Collector テーブル

Collector テーブルを 表 41 に示します。

 

表 41 Collector テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

ID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

コレクタの一意の識別子

Name

Varchar(255)

NULL

コレクタ名

descr

Varchar(255)

NULL

説明

SourceID

Varchar(50)

NULL

送信元。

送信元(ID)への参照

SourceIntAddr

Varchar(50)

NULL

送信元インターフェイスのアドレス

TargetID

Varchar(50)

NULL

宛先。

宛先(ID)への参照

OperationID

Varchar(50)

NULL

オペレーション。

オペレーション(ID)への参照

ScheduleID

bigint

NULL

コレクタの ScheduleID。

コレクタのスケジュール(ID)への参照。

Owner

Varchar(255)

NULL

所有者

Status

Integer

NULL

コレクタの現在の統計情報

1=Running

2=Completed

3=Dormant

4=Suspended

5=Cancelled

6=Config failed

7=Scheduled

8=Delete pending

10=Config pending

11=Update pending

12=Resume pending

13=Suspend pending

14=Cancel pending

15=Reconfig pending

16=Source not responding

17=Complete pending

18=Dormant pending

19=End point missing

PreviousStatus

Integer

NULL

コレクタの前の統計情報

StatusInfo

Varchar(255)

NULL

コレクタの統計情報

AdminIndex

Integer

NULL

SAA エージェントのこのコレクタに割り当てられたエントリ番号

Tag

Varchar(255)

NULL

デバイスに送信するコレクタの名前(15 文字に制限されている)

OpType

Integer

NULL

このコレクタのオペレーション タイプ。

この情報は、Operation テーブルの [Type] カラムで複製されます。

CollectorType

Integer

NULL

コレクタのタイプ:

2:モニタ対象

1:統計 履歴統計データはデータベースに収集され保存されます。

PollInterval

bigint

NULL

ポーリング間隔

OpName

Varchar(255)

NULL

オペレーション名

SourceAddress

Varchar(50)

NULL

CMF テーブルの DCR_device_detail からの送信元デバイスの IP アドレスまたはホスト名。

TargetAddress

Varchar(50)

NULL

CMF テーブルの DCR_device_detail からの宛先デバイスの IP アドレスまたはホスト名。

AutoIPSLA
Parent

bigint

NOT NULL

関連する親コレクタ ID

IsToBe
Reconfigured

smallint

NOT NULL

コレクタを設定するかどうかを示すフラグ。

VrfName

varchar(255)

NOT NULL

コレクタの Vrf 名

LastModified

timestamp

NOT NULL

コレクタが最後に変更された時刻

 

User Stopped Collector テーブル

User Stopped Collector テーブルを 表 42 に示します。

表 42 User Stopped Collector テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

deviceid

bigint

NULL

送信元。

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

コレクタの一意の識別子

VrfList テーブル

VRF List テーブルを 表 43 に示します。

 

表 43 VrfList テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

deviceid

bigint

複合プライマリ キー。

NOT NULL

送信元デバイス ID

vrfName

Varchar(255)

複合プライマリ キー。

NOT NULL

送信元デバイスの VRF 名

outage_details テーブル

Outage Details テーブルを 表 44 に示します。

表 44 outage_details テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

outage_id

integer

NOT NULL

停止 ID

start_date

biginit

NOT NULL

停止の開始日

start_time

timestamp

NOT NULL

停止が開始されるようにスケジュールされている時刻

end_date

biginit

NOT NULL

停止の終了日

end_time

timestamp

NOT NULL

停止が終了されるようにスケジュールされている時刻

rec_type

varchar(32)

NOT NULL

1 回、毎週、毎月などの繰り返しのタイプ

rec_on

smallinit

NOT NULL

停止が再発生する曜日。

たとえば、停止を週のすべての日に再度実行する場合は、1 週間のすべての日を選択します。

outage_name

varchar (255)

NOT NULL

停止の名前

description

varchar (255)

NOT NULL

停止の詳細

flag

bit

completed_outages テーブル

Completed Outages テーブルを 表 45 に示します。

 

表 45 completed_outages テーブル

カラム
タイプ
制約
説明

Outage Id

Integer

NOT NULL

停止 ID

Collector Id

biginit

NOT NULL

停止のコレクタ ID

Start Date Time

timestamp

NOT NULL

停止期間の開始日付および時刻

EndDate Time

timestamp

NOT NULL

停止期間の終了日付および時刻

Collector _Schedule テーブル

Collector Schedule テーブルを 表 46 に示します。

 

表 46 Collector_Schedule テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

ID

bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

コレクタの一意の識別子

コレクタ(ID)への参照。

scheduleType

Integer

NULL

スケジュールのタイプ

startDate

bigint

NULL

コレクタの開始日。

保存されている BIGINT 値は 1970 年 1 月 1 日の 00:00:00 GM 以降のミリ秒です。

startTime

Timestamp

NULL

コレクタの開始時刻

endDate

bigint

NULL

終了日

保存されている BIGINT 値は 1970 年 1 月 1 日の 00:00:00 GM 以降のミリ秒です。

endTime

Timestamp

NULL

終了時間

daysOfWeek

Integer

NULL

ポーリング用の曜日

suspendedTimestamp

bigint

NULL

一時停止された期間

保存されている BIGINT 値は 1970 年 1 月 1 日の 00:00:00 GM 以降のミリ秒です。

resumeTimestamp

bigint

NULL

再開期間

保存されている BIGINT 値は 1970 年 1 月 1 日の 00:00:00 GM 以降のミリ秒です。

Latency_Minute_Stats テーブル

Latency Minute Statistics テーブルを 表 47 に示します。

 

表 47 Latency_Minute_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

RowID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

StartTime

Timestamp

NOT NULL

最新の RTT オペレーションの開始時刻

Latency_RTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRttOperTim

最新の RTT オペレーション時のエージェント システム時間の値。

Availability_Latency_Hourly_Stats テーブル

Availability Latency Hourly Statistics テーブルを 表 48 に示します。

 

表 48 Availability_Latency_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

RowID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

StartTime

Timestamp

NOT NULL

この時間ごとのバケットの開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureCompletion-

TimeMin

MIB タイプ:

Gauge32

RTT の最小値

MaxRTT

Integer

NOT NULL

RTT の最大値。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureCompletion

TimeMax

MIB タイプ:

Gauge32

RTT の最大値

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureSum
CompletionTime

MIB タイプ:

Gauge32

RTT の累積

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureSum
CompletionTime2Low、rttMonStatsCaptureSum
CompletionTime2HighionT
ime2High

RTT の平方の累積

NumCompletions

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCapture
CompletionsMIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

完了した RTT の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureOver
しきい値

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

OverThresholds の数

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectNum
Disconnects

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectTimeout

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectBusies

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

ビジーの数

NumNoConnections

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectNo
Connections

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

接続の数

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectDrops

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

ドロップされた RTT の数

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatscollectSequence
Errors

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectVerify
Errors

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

確認エラーの数

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

StandardDeviation

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

Availability_Latency_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 49 を参照してください。

 

表 49 Availability_Latency_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

Start Time

date

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

Timestamp

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Bigint

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

NumNoConnections

Integer

NOT NULL

接続なしの数。

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

確認エラーの数

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

StandardDeviation

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

Availability_Latency_Weekly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 50 を参照してください。

 

 

表 50 Availability_Latency_Weekly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

週の開始時刻。

MinRTT

Timestamp

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Bigint

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOver

Thresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数。

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数。

NumNo

Connections

Integer

NOT NULL

接続なしの数。

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

VerifyErrors の数

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

標準偏差

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

Availability_Latency_Monthly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、週ごとのテーブルから得た平均値です。 表 51 を参照してください。

表 51 Availability_Latency_Monthly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

月の開始時刻。

MinRTT

Timestamp

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Bigint

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOver

Thresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数。

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数。

NumNo

Connections

Integer

NOT NULL

接続なしの数。

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

標準偏差

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

Jitter_Minute_Stats テーブル

表 52 では、Jitter Minute Statistics テーブルについて説明します。

 

 

表 52 Jitter_Minute_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Bigint

NOT NULL

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Bigint

NOT NULL

開始時刻。

保存されている BIGINT 値は 1970 年 1 月 1 日の 00:00:00 GM 以降のミリ秒です。

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperRTTMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperRTTMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

NumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperNumOfRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperRTTSum

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT2

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperRTTSum2

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMin

Of PositivesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMax
OfPositivesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperNumOf
PositivesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperSumOf
PositivesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2posisd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperSum2
PositivesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMinOf
NegativesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMaxOf
NegativesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperNumOf
NegativesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperSumOf
NegativesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2negasd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperSum2
NegativesSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMinOf
PositivesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMaxOf
PositivesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperNumOf
PositivesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperSumOf
PositivesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2posids

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperSum2
PositivesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMinOf
NegativesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperMaxOf
NegativesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperNumOf
NegativesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rrttMonLatestJitterOperSumOf
NegativesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2negads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperSum2
NegativesDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numpacketlosssd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperPacket
LossSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numpacketlossds

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperPacket
LossDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numpacketseqerr

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperPacketOut
OfSequence

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numpacketmia

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperPacketMIA

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numpacketlate

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperPacketLate
Arrival

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の平均

AvgPosSD

Numeric(30)

NULL

送信元から宛先へ(SD)の正の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NULL

負の DS の標準偏差

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

mos

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

icpif

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestJitterOperICPIF

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rrttMonLatestJitterOperOWSumSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperOWSum2SD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperOWMinSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperOWMaxSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperOWSumDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperOWSum2DS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Jitter_Hourly_Stats テーブル

表 53 では、Jitter Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

表 53 Jitter_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Bigint

NOT NULL

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

この時間ごとのバケットの開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsRTTMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsRTTMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

NumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsNumOfRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsRTTSum

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT2

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsRTTSum2Low

および次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsRTTSum2High

RTT の平方の累積

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMinOfPositivesSD

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての正のジッタ値の最小絶対値。

maxofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMaxOfPositivesSD

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットに対するすべての正のジッタ値の最大絶対値。

numofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsNumOfPositivesSD

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットからのすべての正のジッタ値の合計。

sumofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSumOfPositivesSD

MIB タイプ:

Counter32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての正のジッタ値の合計。

sum2posisd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2PositivesS

D2Low

および次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2PositivesS

D2High

宛先から送信元に送信されるパケットからのすべての正のジッタ値の RTT の平方の合計。

minofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMinOfNegativesSD

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の最小絶対値。

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMaxOfNegativesSD

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の最大絶対値。

numofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsNumOfNegativesSD

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットからのすべての負のジッタ値の数の合計。

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSumOfNegativesSD

MIB タイプ:

Counter32

送信元から宛先に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の合計。

sum2negasd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2Negatives

SD2Low

および次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2Negatives

SD2High

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の RTT の平方の合計。

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMinOfPositivesDS

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての正のジッタ値の最小絶対値。

maxofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMaxOfPositivesDS

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットに対するすべての正のジッタ値の最大絶対値。

numofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsNumOfPositivesDS

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットからのすべての正のジッタ値の数の合計。

sumofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSumOfPositivesDS

MIB タイプ:

Counter32

宛先から送信元に送信されるパケットからのすべての正のジッタ値の合計。

sum2posids

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2Positives

DS2Low

および次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2Positives

DS2High

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての正のジッタ値の RTT の平方の合計。

minofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMinOfNegativesDS

MIB タイプ:

Gauge32

送信元から宛先に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の最小絶対値。

maxofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsMaxOfNegativesDS

MIB タイプ:

Gauge32

送信元から宛先に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の最大絶対値。

numofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsNumOfNegativesDS

MIB タイプ:

Gauge32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の合計。

sumofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSumOfNegativesDS

MIB タイプ:

Counter32

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の合計。

sum2negads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2Negatives

DS2Low

および次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsSum2Negatives

DS2High

宛先から送信元に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の RTT の平方の合計。

numcomplete

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsCompletions

MIB タイプ:

Counter32

完了した RTT の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsOverThresholds

MIB タイプ:

Counter32

OverThresholds の数

numpacketlossds

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsPacketLossSD

MIB タイプ:

Counter32

宛先から送信元に送信された場合に失われるパケットの数。

numpacketlossds

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsPacketLossDS

MIB タイプ:

Counter32

宛先から送信元に送信された場合に失われるパケットの数。

numpacketseqerr

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsPacketOutOf-

Sequence

MIB タイプ:

Counter32

順序が乱れて着信したパケットの数。

numpacketmia

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsPacketMIA

MIB タイプ:

Counter32

方向を判別できない失われたパケットの数。

numpacketlate

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsPacketLateArrival

MIB タイプ:

Counter32

タイムアウト後に着信したパケットの数。

NumJitterStatsErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsError

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numerror

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsError

MIB タイプ:

Counter32

内部エラーが原因でジッタ動作を開始できなかった回数。

numbusy

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonJitterStatsBusies

MIB タイプ:

Counter32

前のジッタ動作が完了していなかったことが原因でジッタ動作を開始できなかった回数。

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

minmos

Integer

NOT NULL

MOS の最小値

maxmos

Integer

NOT NULL

MOS の最大値

minicpif

Integer

NOT NULL

icpif の最小値

maxicpif

Integer

NOT NULL

icpif の最大値

Jitter_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 54 を参照してください。

 

 

表 54 Jitter_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の最小値の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の最大値の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

正しく測定された RTT の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の累積

SumRTT2

Double

NOT NULL

RTT の平方の累積

minofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numpacketlosssd

Integer

NOT NULL

パケット損失 SD の数

numpacketlossds

Integer

NOT NULL

パケット損失 DS の数

numpacketseqerr

Integer

NOT NULL

エラー パケットの数

numpacketmia

Integer

NOT NULL

パケット MIA の数

numpacketlate

Integer

NOT NULL

遅延パケットの数

NumJitterStatsErrors

Integer

NOT NULL

JitterStatsErrors の数

numerror

Integer

NOT NULL

Numerror

numbusy

Integer

NOT NULL

Numbusy

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

平均 RTT

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

PacketErrorPercent

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

OverThresholdPercent

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

TotalPackets

minmos

Integer

NOT NULL

最小の MOS

maxmos

Integer

NOT NULL

最大の MOS

minicpif

Integer

NOT NULL

最小の ICPIF

maxicpif

Integer

NOT NULL

最大の ICPIF

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumSDHigh

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinSDNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMaxSDNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumDSHigh

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMaxDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Jitter_Weekly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 55 を参照してください。

 

表 55 Jitter_Weekly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

週の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の最小値の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の最大値の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

正しく測定された RTT の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の累積

SumRTT2

Double

NOT NULL

RTT の平方の累積

minofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numpacketlosssd

Integer

NOT NULL

パケット損失 SD の数

numpacketlossds

Integer

NOT NULL

パケット損失 DS の数

numpacketseqerr

Integer

NOT NULL

エラー パケットの数

numpacketmia

Integer

NOT NULL

パケット MIA の数

numpacketlate

Integer

NOT NULL

遅延パケットの数

NumJitterStatsErrors

Integer

NOT NULL

JitterStatsErrors の数

numerror

Integer

NOT NULL

Numerror

numbusy

Integer

NOT NULL

Numbusy

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

平均 RTT

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

PacketErrorPercent

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

OverThresholdPercent

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

minmos

Integer

NOT NULL

MOS の最小値

maxmos

Integer

NOT NULL

MOS の最大値

minicpif

Integer

NOT NULL

ICPIF の最小値

maxicpif

Integer

NOT NULL

ICPIF の最大値

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumSDHigh

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinSDNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMaxSDNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumDSHigh

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMaxDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Jitter_Monthly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、週ごとのテーブルから得た平均値です。 表 56 を参照してください。

表 56 Jitter_Monthly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

月の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の最小値の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の最大値の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

正しく測定された RTT の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

コレクタのポーリング間隔の遅延。

SumRTT2

Double

NOT NULL

RTT の平方の累積

minofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numpacketlosssd

Integer

NOT NULL

パケット損失 SD の数

numpacketlossds

Integer

NOT NULL

パケット損失 DS の数

numpacketseqerr

Integer

NOT NULL

エラー パケットの数

numpacketmia

Integer

NOT NULL

パケット MIA の数

numpacketlate

Integer

NOT NULL

遅延パケットの数

NumJitterStatsErrors

Integer

NOT NULL

JitterStatsErrors の数

numerror

Integer

NOT NULL

Numerror

numbusy

Integer

NOT NULL

Numbusy

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

平均 RTT

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

PacketErrorPercent

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

OverThresholdPercent

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

minmos

Integer

NOT NULL

最小の MOS

maxmos

Integer

NOT NULL

最大の MOS

minicpif

Integer

NOT NULL

最小の ICPIF

maxicpif

Integer

NOT NULL

最大の ICPIF

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumSDHigh

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinSDNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMaxSDNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWSumDSHigh

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMinDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonJitterStatsOWMaxDSNew

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

ICMP_Jitter_Minute_Stats テーブル

表 57 では、ICMP Jitter Minute Statistics テーブルについて説明します。

 

表 57 ICMP_Jitter_Minute_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterRTTMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterRTTMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

NumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterNumRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterRTTSum

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT2

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterRTTSum2

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMinPosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMaxPosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterNumPosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSumPosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2posisd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSum2PosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofnegasd

NOT NULL

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMinNegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofnegasd

NOT NULL

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMaxNegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofnegasd

NOT NULL

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterNumNegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofnegasd

NOT NULL

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSumNegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2negasd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSum2NegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMinPosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMaxPosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterNumPosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSumPosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2posids

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSum2PosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

minofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMinNegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMaxNegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterNumNegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSumNegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2negads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterSum2NegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numPktLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterPktLoss

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktOutSeqBoth

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJPktOutSeqBoth

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktOutSeqSDes

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJPktOutSeqSD

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktOutSeqDSes

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJPktOutSeqDS

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktSkippeds

Integer

NOT NULL

未使用

numPktLateAs

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterPktLateA

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

minSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMinSucPktL

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestIcmpJitterMaxSucPktL

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の平均

AvgPosSD

Numeric(30,6)

NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30,6)

NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30,6)

NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30,6)

NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30,6)

NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30,6)

NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30,6)

NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30,6)

NULL

負の DS の標準偏差

StdDevRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の標準偏差

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestJitterOperNumOfOW

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWSumSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWSum2SD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWAvgSD

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWMinSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWMaxSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWSumDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWSum2DS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWAvgDS

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWMinDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestIcmpJitterOWMaxDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

ICMP_Jitter_Hourly_Stats テーブル

表 58 では、ICMP Jitter Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

 

表 58 ICMP_Jitter_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

時間ごとのバケットの開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsRTTMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsRTTMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

NumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsNumRTTs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsRTTSums

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT2

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJStatsRTTSum2Lows、rttMonIcmpJStatsRTTSum2Highs。

正常に完了した RTT 動作の実行時間(ミリ秒)の平方の累積の上位または下位の 32 ビット。

minofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsMinPosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMaxPosSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitter
StatsNumPosSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitter
StatsSumPosSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2posisd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

Sum2PosSDLows、rttMonIcmpJStatsSum2PosSDHighs。

送信元から宛先に送信されるパケットのすべての正のジッタ値の RTT の平方の合計

(下位および上位の 32 ビット)。

minofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMinNegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMaxNegSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsNumNegSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsSumNegSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2negasd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJStatsSum2NegSDLows、rttMonIcmpJStatsSum2NegSDHighs。

送信元から宛先に送信されるパケットのすべての負のジッタ値の RTT の平方の合計

(下位および上位の 32 ビット)。

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMinPosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMaxPosDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsNumPosDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsSumPosDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2posids

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

minofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMinNegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

maxofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsMaxNegDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsNumNegDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sumofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsSumNegDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

sum2negads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsSumNegDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

numcomplete

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsCompletions

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numoverthresh

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJStatsOverThresholds

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsPktLosses

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktOutSeqBoth

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJStatsPktOutSeqBoth

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktOutSeqSDes

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJStatsPktOutSeqSDs

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktOutSeqDSes

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJStatsPktOutSeqDSes

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktSkippeds

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsPktSkippeds

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numPktLateAs

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsPktLateAs

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

minSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterMinSucPktLoss

MIB のタイプ:Gauge(32)

maxSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterMaxSucPktLoss

MIB のタイプ:Gauge(32)

numerror

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsErrors

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

numbusy

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonIcmpJitterStatsBusies

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

平均 RTT

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsNumOWs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2SDHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2DSHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

ICMP_Jitter_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 59 を参照してください。

表 59 ICMP_Jitter_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の合計の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumRTT2

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

minofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

すべての正の SD の平方の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

すべての負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

すべての正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

すべての負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了 RTT の合計の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numPktLoss

Integer

NOT NULL

パケット損失の数

numPktOutSeqBoth

Integer

NOT NULL

DS と SD の両方で順序が乱れたパケットの数

numPktOutSeqSDes

Integer

NOT NULL

SD で順序が乱れたパケットの数

numPktOutSeqDSes

Integer

NOT NULL

DS で順序が乱れたパケットの数

numPktSkippeds

Integer

NOT NULL

スキップされたパケットの数

numPktLateAs

Integer

NOT NULL

遅延パケットの数

minSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

正常なパケット損失の最小値

maxSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

正常なパケット損失の最大値

numerror

Integer

NOT NULL

エラーの数

numbusy

Integer

NOT NULL

ビジーの数

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

すべての試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThreshold
Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NOT NULL

パケットの合計

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsNumOWs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2SDHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2DSHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

ICMP_Jitter_Weekly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 60 を参照してください。

表 60 ICMP_Jitter_Weekly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

BIGINT

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

週の開始時刻。

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の合計の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumRTT2

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

minofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

すべての正の SD の平方の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

すべての負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

すべての正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

すべての負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了 RTT の合計の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numPktLoss

Integer

NOT NULL

パケット損失の数

numPktOutSeqBoth

Integer

NOT NULL

DS と SD の両方で順序が乱れたパケットの数

numPktOutSeqSDes

Integer

NOT NULL

SD で順序が乱れたパケットの数

numPktOutSeqDSes

Integer

NOT NULL

DS で順序が乱れたパケットの数

numPktSkippeds

Integer

NOT NULL

スキップされたパケットの数

numPktLateAs

Integer

NOT NULL

遅延パケットの数

minSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

正常なパケット損失の最小値

maxSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

正常なパケット損失の最大値

numerror

Integer

NOT NULL

エラーの数

numbusy

Integer

NOT NULL

ビジーの数

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

すべての試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

PacketErrorPercent

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

OverThresholdPercent

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

StdDevRTT

TotalPackets

Integer

NULL

TotalPackets

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsNumOWs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2SDHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2DSHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

ICMP_Jitter_Monthly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、週ごとのテーブルから得た平均値です。 表 61 を参照してください。

 

表 61 ICMP_Jitter_Monthly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

BIGINT

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

date

NOT NULL

月の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の合計の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumRTT2

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

minofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

すべての正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

すべての正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

すべての負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

すべての負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

すべての正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

すべての正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

すべての負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

すべての負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了 RTT の合計の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numPktLoss

Integer

NOT NULL

パケット損失の数

numPktOutSeqBoth

Integer

NOT NULL

DS と SD の両方で順序が乱れたパケットの数

numPktOutSeqSDes

Integer

NOT NULL

SD で順序が乱れたパケットの数

numPktOutSeqDSes

Integer

NOT NULL

DS で順序が乱れたパケットの数

numPktSkippeds

Integer

NOT NULL

スキップされたパケットの数

numPktLateAs

Integer

NOT NULL

遅延パケットの数

minSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

正常なパケット損失の最小値

maxSuccPktLoss

Integer

NOT NULL

正常なパケット損失の最大値

numerror

Integer

NOT NULL

エラーの数

numbusy

Integer

NOT NULL

ビジーの数

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

すべての試行の数

AvgPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30)

NULL

PacketErrorPercent

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

OverThresholdPercent

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

StdDevRTT

TotalPackets

Integer

NULL

TotalPackets

NumOfOW

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsNumOWs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumSDs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWSD

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2SDHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWSumDSes

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Sum2OWDS

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJStatsOWSum2DSHighs

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

StddevOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向遅延 DS の標準偏差

AvgOWDS

numeric(30,6)

NULL

1 方向の正の DS の平均

MinOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMinDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonIcmpJitterStatsOWMaxDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Ethernet_Jitter_Minute_Stats テーブル

表 62 では、Ethernet_Jitter_Minute_Stats テーブルについて説明します。

 

 

表 62 Ethernet Jitter Minute Statistics テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Bigint

IDENTITY、プライマリ キー

ID

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestRTTMin

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestRTTMax

NumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestNumRTT

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestRTTSum

SumRTT2

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestRTTSum2

minofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMinPosSD

maxofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMaxPosSD

numofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestNumPosSD

sumofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSumPosSD

sum2posisd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSum2PosSD

minofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMinNegSD

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMaxNegSD

numofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestNumNegSD

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSumNegSD

sum2negasd

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSum2NegSD

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMinPosDS

maxofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMaxPosDS

numofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestNumPosDS

sumofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSumPosDS

sum2posids

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSum2PosDS

minofnegads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMinNegDS

maxofnegads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMaxNegDS

numofnegads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestNumNegDS

sumofnegads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSumNegDS

sum2negads

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestSum2NegDS

numframeLossSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestFrmLossSD

numframeLossDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestFrmLossDS

minSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMinSucFrmL

maxSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestMaxSucFrmL

IAJitterOut

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestIAJOut

IAJitterIn

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestIAJIn

numframeoutOfSeq

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestFrmOutSeq

numframeSkips

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestFrmSkipped

numframeUnpro

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJLatestFrmUnProcessed

numframelate

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestFrmLateA

numframemia

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJitterLatestFrmMIA

AvgRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の平均

AvgPosSD

Numeric(30,6)

NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30,6)

NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30,6)

NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30,6)

NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30,6)

NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30,6)

NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30,6)

NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30,6)

NULL

負の DS の標準偏差

StdDevRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の標準偏差

Ethernet_Jitter_Hourly_Stats テーブル

表 63 では、Ethernet Jitter Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

 

表 63 Ethernet_Jitter_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

RowID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

ID

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

時間ごとのバケットの開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredRTTMin

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredRTTMax

NumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredNumRTTs

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredRTTSums

SumRTT2

Double

NOT NULL

RTT の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredRTTSum2Ls、ipslaEtherJAggMeasuredRTTSum2Hs。

minofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMinPosSD

maxofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMaxPosSD

numofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredNumPosSDs

sumofposisd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSumPosSDs

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSum2PSDLs、ipslaEtherJAggMeasuredSum2PSDHs

minofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMinNegSD

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMaxNegSD

numofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredNumNegSDs

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSumNegSDs

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSum2NSDLs、ipslaEtherJAggMeasuredSum2NSDHs

minofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMinPosDS

maxofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMaxPosDS

numofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredNumPosDSes

sumofposids

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSumPosDSes

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSum2PDSLs、ipslaEtherJAggMeasuredSum2PDSHs

minofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMinNegDS

maxofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredMaxNegDS

numofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredNumNegDSes

sumofnegads

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSumNegDSes

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredSum2NDSLs、ipslaEtherJAggMeasuredSum2NDSLs

numcomplete

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasured

Cmpletions

numoverthresh

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredOvThrshlds

numframeLossSD

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredFrmLossSDs

numframeLossDS

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredFrmLssDSes

minSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMinSucFrmLoss

maxSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

pslaEtherJAggMaxSucFrmLoss

IAJitterOut

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredIAJOut

IAJitterIn

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredIAJIn

numerror

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasured
Errors

numbusy

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasured

Busies

numframeoutOfSeq

Double

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredrm
OutSeqs

numframeSkips

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredFrmSkippds

numframeUnpro

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredFrmUnPrcds

numframelate

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredFrmLateAs

numframemia

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

ipslaEtherJAggMeasuredFrmMIAes

AvgRtt

Numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30,6)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30,6)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThresholdPercent

Numeric(30,6)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

Ethernet_Jitter_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 64 を参照してください。

 

表 64 Ethernet_Jitter_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

日の開始時刻

rttmin

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

rttmax

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

numrtt

Integer

NOT NULL

RTT の数

sumrtt

Integer

NOT NULL

RTT の合計

sumrtt2

Double

NOT NULL

RTT の平方の合計

minofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numframeLossSD

Integer

NOT NULL

フレーム損失 SD の数

numframeLossDS

Integer

NOT NULL

フレーム損失 DS の数

minSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

正常なフレーム損失の最小値

maxSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

正常なフレーム損失の最大値

IAJitterOut

Integer

NULL

IA ジッタ アウト

IAJitterIn

Integer

NULL

IA ジッタ イン

numerror

Integer

NOT NULL

エラーの数

numbusy

Integer

NOT NULL

ビジーの数

numframeoutOfSeq

Double

NOT NULL

順序が乱れたフレームの数

numframeSkips

Integer

NOT NULL

フレームのスキップの数

numframeUnpro

Integer

NOT NULL

未処理のフレームの数

numframelate

Integer

NOT NULL

遅延フレームの数

numframemia

Integer

NOT NULL

フレーム MIA の数

AvgRtt

Numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30,6)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30,6)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThresholdPercent

Numeric(30,6)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

Ethernet_Jitter_Weekly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 65 を参照してください。

 

表 65 Ethernet_Jitter_Weekly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の合計

SumRTT2

Double

NOT NULL

RTT の平方の合計

minofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numframeLossSD

Integer

NOT NULL

フレーム損失 SD の数

numframeLossDS

Integer

NOT NULL

フレーム損失 DS の数

minSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

正常なフレーム損失の最小値

maxSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

正常なフレーム損失の最大値

IAJitterOut

Integer

NULL

IA ジッタ アウト

IAJitterIn

Integer

NULL

IA ジッタ イン

numerror

Integer

NOT NULL

エラーの数

numbusy

Integer

NOT NULL

ビジーの数

numframeoutOfSeq

Double

NOT NULL

順序が乱れたフレームの数

numframeSkips

Integer

NOT NULL

フレームのスキップの数

numframeUnpro

Integer

NOT NULL

未処理のフレームの数

numframelate

Integer

NOT NULL

遅延フレームの数

numframemia

Integer

NOT NULL

フレーム MIA の数

AvgRtt

Numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30,6)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30,6)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThresholdPercent

Numeric(30,6)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

Ethernet_Jitter_Monthly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、週ごとのテーブルから得た平均値です。 表 66 を参照してください。

 

 

表 66 Ethernet_Jitter_Monthly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

月の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

NumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の数

SumRTT

Integer

NOT NULL

RTT の合計

SumRTT2

Double

NOT NULL

RTT の平方の合計

minofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の最大値

numofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

Integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

Double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

minofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の最大値

numofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

Integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

Double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

minofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最小値

maxofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の最大値

numofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の数

sumofposids

Integer

NOT NULL

正の DS の合計

sum2posids

Double

NOT NULL

正の DS の平方の合計

minofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最小値

maxofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の最大値

numofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の数

sumofnegads

Integer

NOT NULL

負の DS の合計

sum2negads

Double

NOT NULL

負の DS の平方の合計

numcomplete

Integer

NOT NULL

完了の数

numoverthresh

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数

numframeLossSD

Integer

NOT NULL

フレーム損失 SD の数

numframeLossDS

Integer

NOT NULL

フレーム損失 DS の数

minSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

正常なフレーム損失の最小値

maxSuccframeLoss

Integer

NOT NULL

正常なフレーム損失の最大値

IAJitterOut

Integer

NULL

IA ジッタ アウト

IAJitterIn

Integer

NULL

IA ジッタ イン

numerror

Integer

NOT NULL

エラーの数

numbusy

Integer

NOT NULL

ビジーの数

numframeoutOfSeq

Double

NOT NULL

順序が乱れたフレームの数

numframeSkips

Integer

NOT NULL

フレームのスキップの数

numframeUnpro

Integer

NOT NULL

未処理のフレームの数

numframelate

Integer

NOT NULL

遅延フレームの数

numframemia

Integer

NOT NULL

フレーム MIA の数

AvgRtt

Numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

Error_Percent

Numeric(30,6)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の平均

StdDevPosSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

AvgNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の平均

StdDevNegSD

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

AvgPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の平均

StdDevPosDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

正の DS の標準偏差

AvgNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の平均

StdDevNegDS

Numeric(30,6)

NOT NULL

負の DS の標準偏差

PacketErrorPercent

Numeric(30,6)

NULL

パケット エラーのパーセンテージ

OverThreshold
Percent

Numeric(30,6)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

StdDevRTT

Numeric(30,6)

NULL

RTT の標準偏差

TotalPackets

Integer

NULL

パケットの合計

Http_Minute_Stats テーブル

表 67 では、HTTP Minute Statistics テーブルについて説明します。

 

 

表 67 Http_Minute_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Numeric(10)

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

開始時刻

RTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestHTTP
OperRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

DNSRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestHTTPOper
DNSRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

TCPConnectRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestHTTPOper
CPConnectRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

TransactionRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestHTTPOper
TransactionRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MessageBodyOctets

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestHTTPOper
MessageBodyOctets

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

Http_Hourly_Stats テーブル

表 68 では、HTTP Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

表 68 Http_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Numeric(10)

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

時間ごとのバケットの開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStats
RTTMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsRTT
Max

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

SumRTT

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsRTTSum

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

SumOfSquaredRTT

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsRTT
Sum2Low、rttMonHTTPStatsRTT
Sum2High

DNSRTTSum

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsDNSRTTSum

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

TCPConnectRTTSum

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsTCPConnectRTTSum

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

TransactionRTTSum

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStats
TransactionRTTSum

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

MessageBodyOctetsSum

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStats
MessageBodyOctets
Sum

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

DNSServerTimeouts

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsDNS
ServerTimeout

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

TCPConnectTimeouts

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsTCP
ConnectTimeout

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

TransactionTimeouts

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStats
TransactionTimeout

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

DNSQueryErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsDNS
QueryError

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

HttpErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsHTTPError

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

InternalErrors

Integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsError

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsBusies

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStats
Completions

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsOver
しきい値

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

AvgDNSRTT

Numeric(30)

NOT NULL

DNS RTT の平均

AvgTCPConnectRTT

Numeric(30)

NOT NULL

TCP 接続 RTT の平均

AvgTransactionRTT

Numeric(30)

NOT NULL

トランザクション RTT の平均

AvgMessageBodyOctets

Numeric(30)

NOT NULL

messagebodyoctets の平均

Http_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 69 を参照してください。

 

表 69 Http_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

IDENTITY、プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

Start Time

date

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumOfSquaredRTT

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

DNSRTTSum

Integer

NOT NULL

DNSRTT の合計

TCPConnectRTTSum

Integer

NOT NULL

TCPConnectRTT の合計

TransactionRTTSum

Integer

NOT NULL

TransactionRTT の合計

MessageBodyOctetsSum

Integer

NOT NULL

MessageBodyOctets の合計

DNSServerTimeouts

Integer

NOT NULL

DNSServer タイムアウト

TCPConnectTimeouts

Integer

NOT NULL

TCPConnect タイムアウト

TransactionTimeouts

Integer

NOT NULL

トランザクション タイムアウト

DNSQueryErrors

Integer

NOT NULL

DNSQuery エラー

HttpErrors

Integer

NOT NULL

Http エラー

InternalErrors

Integer

NOT NULL

内部エラー

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

AvgDNSRTT

Numeric(30)

NOT NULL

DNS RTT の平均

AvgTCPConnectRTT

Numeric(30)

NOT NULL

TCP 接続 RTT の平均

AvgTransactionRTT

Numeric(30)

NOT NULL

トランザクション RTT の平均

AvgMessageBodyOctets

Numeric(30)

NOT NULL

messagebodyoctets の平均

Http_Weekly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 70 を参照してください。

 

表 70 Http_Weekly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

Start Time

date

NOT NULL

週の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumOfSquaredRTT

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

DNSRTTSum

Integer

NOT NULL

DNSRTT の合計

TCPConnectRTTSum

Integer

NOT NULL

TCPConnectRTT の合計

TransactionRTTSum

Integer

NOT NULL

TransactionRTT の合計

MessageBodyOctetsSum

Integer

NOT NULL

MessageBodyOctets の合計

DNSServerTimeouts

Integer

NOT NULL

DNSServer タイムアウト

TCPConnectTimeouts

Integer

NOT NULL

TCPConnect タイムアウト

TransactionTimeouts

Integer

NOT NULL

トランザクション タイムアウト

DNSQueryErrors

Integer

NOT NULL

DNSQuery エラー

HttpErrors

Integer

NOT NULL

Http エラー

InternalErrors

Integer

NOT NULL

内部エラー

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StdDevRTT

Integer

NULL

RTT の標準偏差

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

OverThresholdPercent

Numeric(30)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Integer

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

AvgDNSRTT

Integer

NOT NULL

DNS RTT の平均

AvgTCPConnectRTT

Integer

NOT NULL

TCP 接続 RTT の平均

AvgTransactionRTT

Integer

NOT NULL

トランザクション RTT の平均

AvgMessageBodyOctets

Integer

NOT NULL

messagebodyoctets の平均

Http_Monthly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、週ごとのテーブルから得た平均値です。 表 71 を参照してください。

 

 

表 71 Http_Monthly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

Start Time

date

NOT NULL

月の開始時刻

RTTMin

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

RTTMax

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

RTTSum

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumOfSquaredRTT

Double

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

DNSRTTSum

Integer

NOT NULL

DNSRTT の合計

TCPConnectRTTSum

Integer

NOT NULL

TCPConnectRTT の合計

TransactionRTT

Sum

Integer

NOT NULL

TransactionRTT の合計

MessageBodyOctetsSum

Integer

NOT NULL

MessageBodyOctets の合計

DNSServerTimeouts

Integer

NOT NULL

DNSServer タイムアウト

TCPConnectTimeouts

Integer

NOT NULL

TCPConnect タイムアウト

TransactionTimeouts

Integer

NOT NULL

トランザクション タイムアウト

DNSQueryErrors

Integer

NOT NULL

DNSQuery エラー

HttpErrors

Integer

NOT NULL

Http エラー

InternalErrors

Integer

NOT NULL

内部エラー

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数。

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

AvgRtt

Numeric(30)

NOT NULL

RTT の平均

StdDevRTT

Numeric(30)

NULL

RTT の標準偏差

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

OverThreshold
Percent

Numeric(30)

NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

AvgDNSRTT

Numeric(30)

NOT NULL

DNS RTT の平均

AvgTCPConnectRTT

Numeric(30)

NOT NULL

TCP 接続 RTT の平均

AvgTransactionRTT

Numeric(30)

NOT NULL

トランザクション RTT の平均

AvgMessageBodyOctets

Numeric(30)

NOT NULL

messagebodyoctets の平均

PATHECHO_Hourly_Stats テーブル

表 72 では、Pathecho Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

 

表 72 PATHECHO_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

RowID

Bigint

IDENTITY、

プライマリ キー

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

PathID

Integer

NULL

パス ID。

次への参照

pathinfo(パス ID)

HopID

Integer

NULL

ホップ ID

HopAddress

Varchar(255)

NULL

ホップ アドレス

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectAddress

StartTime

Timestamp

NOT NULL

時間ごとのバケットの開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

RTT の最小値

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureCompletionTimeMin

MaxRTT

Integer

NOT NULL

RTT の最大値

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureCompletionTimeMax

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureSum
CompletionTime

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureSum
CompletionTime2Low、rttMonStatsCaptureSum
CompletionTime2High

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCapture
Completions

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonHTTPStatsOver
しきい値

MIB のタイプ:Counter(32 ビット)

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectNum
Disconnects

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectTimeout

MIB タイプ:

Integer32(0 ~ 2147483647)

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonStatsCollectBusies

NumNoConnections

Integer

NOT NULL

接続なしの数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectNoConnections

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectDrops

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectSequence
Errors

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

確認エラーの数

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectVerify
Errors

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

標準偏差

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_ Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

PATHECHO_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 73 を参照してください。

 

 

表 73 PATHECHO_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

PathID

Integer

NOT NULL

パス ID。

Pathinfo(パス ID)を参照

HopID

Integer

NOT NULL

ホップ ID

HopAddress

Varchar(255)

NOT NULL

ホップ アドレス

StartTime

date

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数。

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数。

NumNoConnections

Integer

NOT NULL

接続なしの数。

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

確認エラーの数

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

標準偏差

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

PATHECHO_Weekly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 74 を参照してください。

 

表 74 PATHECHO_Weekly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)を参照

PathID

Integer

NOT NULL

パス ID。

pathinfo(pathID)を参照

HopID

Integer

NOT NULL

ホップ ID

HopAddress

Varchar(255)

NOT NULL

ホップ アドレス

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCollectAddress

StartTime

date

NOT NULL

週の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数。

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

NumNoConnections

Integer

NOT NULL

接続なしの数。

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

確認エラーの数。

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

標準偏差

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

PATHECHO_Monthly_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、週ごとのテーブルから得た平均値です。 表 75 を参照してください。

 

表 75 PATHECHO_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)を参照

PathID

Integer

NOT NULL

パス ID。

pathinfo(パス ID)を参照

HopID

Integer

NOT NULL

ホップ ID

HopAddress

Varchar(255)

NOT NULL

ホップ アドレス

StartTime

date

NOT NULL

月の開始時刻

MinRTT

Integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

Integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

SumRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の合計

SumSqrdRTT

Integer

NOT NULL

すべての RTT の平方の合計

NumCompletions

Integer

NOT NULL

完了の数

NumOverThresholds

Integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

NumDisconnects

Integer

NOT NULL

切断の数

NumTimeouts

Integer

NOT NULL

タイムアウトの回数

NumBusies

Integer

NOT NULL

ビジーの数

NumNoConnections

Integer

NOT NULL

接続なしの数。

NumDrops

Integer

NOT NULL

ドロップの数。

NumSeqErrors

Integer

NOT NULL

シーケンス エラーの数

NumVerifyErrors

Integer

NOT NULL

確認エラーの数。

NumTries

Integer

NOT NULL

試行の数

AvgRTT

Numeric(30)

NOT NULL

すべての RTT の平均

StandardDeviation

Numeric(30)

NOT NULL

標準偏差

OverThres_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

しきい値の超過のパーセンテージ

Error_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

エラーのパーセンテージ

Availability_Percent

Numeric(30)

NOT NULL

アベイラビリティのパーセンテージ

RTP_Minute_Stats テーブル

表 76 では、RTP Minute Statisics テーブルについて説明します。

 

 

表 76 RTP_Minute_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

Bigint

NOT NULL

一意の識別子

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)を参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

開始時刻

RTT

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperRTT

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterDS

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperIAJitterDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterSD

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketLossSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossDS

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketLossDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossSD

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketLossSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorDS

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperRFactorDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorSD

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperRFactorSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQDS

Numeric(30)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperMOSCQDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQSD

Numeric(30)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperMOSCQSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

frameLossDS

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperFrameLossDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSLQDS

Numeric(30)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperMOSLQDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MIA

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketsMIA

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsDS

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperTotalPaksDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsSD

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperTotalPaksSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

outOfSequenceDS

Integer

NULL

DS の順序の乱れ

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketOOSDS

earlyPacketsDS

Integer

NULL

DS の早期パケット

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketEarlyDS

latePacketsDS

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonLatestRtpOperPacketLateDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestRtpOperAvgOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestRtpOperMinOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestRtpOperMaxOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWDS

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestRtpOperAvgOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestRtpOperMinOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonLatestRtpOperMaxOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RTP_Hourly_Stats テーブル

表 77 では、RTP Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

 

表 77 RTP_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowID

bigint

NOT NULL

一意の識別子

CollectorID

bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)を参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

時間ごとのバケットの開始時刻。

MinRTT

Integer

NULL

RTT の最小値。

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonStatsCaptureCompletionTimeMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxRTT

Integer

NULL

RTT の最大値。

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsRTTMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgRTT

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsRTTAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterDSMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsIAJitterDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterDSMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsIAJitterDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsIAJitterDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterSDMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsIAJitterSDMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterSDMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsIAJitterSDMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

IAJitterSDAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsIAJitterSDAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossDSMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLossDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossDSMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLossDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLossDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossSDMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLossSDMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossSDMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLossSDMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

packetLossSDAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLossSDAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorDSMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsRFactorDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorDSMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsRFactorDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsRFactorDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorSDMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsRFactorSDMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorSDMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsRFactorSDMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RFactorSDAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsRFactorSDAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQDSMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSCQDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQDSMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSCQDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSCQDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQSDMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSCQSDMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQSDMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSCQSDMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSCQSDAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSCQSDAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

frameLossDSMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsFrameLossDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

frameLossDSMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsFrameLossDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

frameLossDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsFrameLossDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSLQDSMin

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSLQDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSLQDSMax

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSLQDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MOSLQDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsMOSLQDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

miaAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketsMIAAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsDSMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsTotalPacketsDSMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsDSMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsTotalPacketsDSMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsTotalPacketsDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsSDMin

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsTotalPacketsSDMin

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsSDMax

Integer

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsTotalPacketsSDMax

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

totalPacketsSDAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsTotalPacketsSDAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

outOfSequenceDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketOOSDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

earlyPacketsDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketEarlyDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

latePacketsDSAvg

Numeric(30,6)

NULL

次の MIB オブジェクトを参照:

rttMonRtpStatsPacketLateDSAvg

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWDS

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RTP_Daily_Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、1 時間ごとのテーブルから得た平均値です。 表 78 を参照してください。

 

 

表 78 RTP_Daily_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)を参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

日の開始時刻

MinRTT

integer

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

integer

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

AvgRTT

numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

IAJitterDSMin

integer

NOT NULL

IAJitterDS の最小値

IAJitterDSMax

integer

NOT NULL

IAJitterDS の最大値

IAJitterDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

IAJitterDS の平均

IAJitterSDMin

integer

NOT NULL

IAJitterSD の最小値

IAJitterSDMax

integer

NOT NULL

IAJitterSD の最大値

IAJitterSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

IAJitterSD の平均

packetLossDSMin

integer

NOT NULL

packetLossDS の最小値

packetLossDSMax

integer

NOT NULL

packetLossDS の最大値

packetLossDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

packetLossDS の平均

packetLossSDMin

integer

NOT NULL

packetLossSD の最小値

packetLossSDMax

integer

NOT NULL

packetLossSD の最大値

packetLossSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

packetLossSD の平均

RFactorDSMin

integer

NOT NULL

RFactorDS の最小値

RFactorDSMax

integer

NOT NULL

RfactorDS の最大値

RFactorDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

RfactorDS の平均

RFactorSDMin

integer

NOT NULL

RFactorSD の最小値

RFactorSDMax

integer

NOT NULL

RfactorSD の最大値

RFactorSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

RfactorSD の平均

MOSCQDSMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の最小値

MOSCQDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の最大値

MOSCQDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の平均

MOSCQSDMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の最小値

MOSCQSDMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の最大値

MOSCQSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の平均

frameLossDSMin

integer

NOT NULL

frameLossDS の最小値

frameLossDSMax

integer

NOT NULL

frameLossDS の最大値

frameLossDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

frameLossDS の平均

MOSLQDSMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の最小値

MOSLQDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の最大値

MOSLQDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の平均

miaAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MIA の平均

totalPacketsDSMin

integer

NOT NULL

totalPacketsDS の最小値

totalPacketsDSMax

integer

NOT NULL

totalPacketsDS の最大値

totalPacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsDS の平均

totalPacketsSDMin

integer

NOT NULL

totalPacketsSD の最小値

totalPacketsSDMax

integer

NOT NULL

totalPacketsSD の最大値

totalPacketsSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsSD の平均

outOfSequenceDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

outOfSequenceDS の平均

earlyPacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

earlyPacketsDS の平均

latePacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

latePacketsDS の平均

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWDS

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RTP_Weekly _Stats テーブル

コレクタ ID と開始時刻以外のすべてのカラムの値は、日次のテーブルから得た平均値です。 表 79 を参照してください。

 

 

表 79 RTP_Weekly _Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)への参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

週の開始時刻

MinRTT

double

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

double

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

AvgRTT

numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

IAJitterDSMin

double

NOT NULL

IAJitterDS の最小値

IAJitterDSMax

double

NOT NULL

IAJitterDS の最大値

IAJitterDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

IAJitterDS の平均

IAJitterSDMin

double

NOT NULL

IAJitterSD の最小値

IAJitterSDMax

double

NOT NULL

IAJitterSD の最大値

IAJitterSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

IAJitterSD の平均

packetLossDSMin

double

NOT NULL

packetLossDS の最小値

packetLossDSMax

double

NOT NULL

packetLossDS の最大値

packetLossDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

packetLossDS の平均

packetLossSDMin

double

NOT NULL

packetLossSD の最小値

packetLossSDMax

double

NOT NULL

packetLossSD の最大値

packetLossSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

packetLossSD の平均

RFactorDSMin

double

NOT NULL

RFactorDS の最小値

RFactorDSMax

double

NOT NULL

RfactorDS の最大値

RFactorDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

RfactorDS の平均

RFactorSDMin

double

NOT NULL

RFactorSD の最小値

RFactorSDMax

double

NOT NULL

RfactorSD の最大値

RFactorSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

RfactorSD の平均

MOSCQDSMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の最小値

MOSCQDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の最大値

MOSCQDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の平均

MOSCQSDMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の最小値

MOSCQSDMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の最大値

MOSCQSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の平均

frameLossDSMin

double

NOT NULL

frameLossDS の最小値

frameLossDSMax

double

NOT NULL

frameLossDS の最大値

frameLossDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

frameLossDS の平均

MOSLQDSMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の最小値

MOSLQDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の最大値

MOSLQDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の平均

miaAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MIA の平均

totalPacketsDSMin

double

NOT NULL

totalPacketsDS の最小値

totalPacketsDSMax

double

NOT NULL

totalPacketsDS の最大値

totalPacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsDS の平均

totalPacketsSDMin

double

NOT NULL

totalPacketsSD の最小値

totalPacketsSDMax

double

NOT NULL

totalPacketsSD の最大値

totalPacketsSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsSD の平均

outOfSequenceDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

outOfSequenceDS の平均

earlyPacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

earlyPacketsDS の平均

latePacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

latePacketsDS の平均

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWDS

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

RTP_Monthly_Stats テーブル

表 80 では、RTP Monthly Statistics テーブルについて説明します。

表 80 RTP_Monthly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

CollectorID

Bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

コレクタ(ID)を参照

starttime

Timestamp

NOT NULL

月の開始時刻

MinRTT

double

NOT NULL

すべての MinRTT の平均。

MaxRTT

double

NOT NULL

すべての MaxRTT の平均

AvgRTT

numeric(30,6)

NOT NULL

RTT の平均

IAJitterDSMin

double

NOT NULL

IAJitterDS の最小値

IAJitterDSMax

double

NOT NULL

IAJitterDS の最大値

IAJitterDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

IAJitterDS の平均

IAJitterSDMin

double

NOT NULL

IAJitterSD の最小値

IAJitterSDMax

double

NOT NULL

IAJitterSD の最大値

IAJitterSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

IAJitterSD の平均

packetLossDSMin

double

NOT NULL

packetLossDS の最小値

packetLossDSMax

double

NOT NULL

packetLossDS の最大値

packetLossDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

packetLossDS の平均

packetLossSDMin

double

NOT NULL

packetLossSD の最小値

packetLossSDMax

double

NOT NULL

packetLossSD の最大値

packetLossSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

packetLossSD の平均

RFactorDSMin

double

NOT NULL

RFactorDS の最小値

RFactorDSMax

double

NOT NULL

RfactorDS の最大値

RFactorDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

RfactorDS の平均

RFactorSDMin

double

NOT NULL

RFactorSD の最小値

RFactorSDMax

double

NOT NULL

RfactorSD の最大値

RFactorSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

RfactorSD の平均

MOSCQDSMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の最小値

MOSCQDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の最大値

MOSCQDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQDS の平均

MOSCQSDMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の最小値

MOSCQSDMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の最大値

MOSCQSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSCQSD の平均

frameLossDSMin

double

NOT NULL

frameLossDS の最小値

frameLossDSMax

double

NOT NULL

frameLossDS の最大値

frameLossDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

frameLossDS の平均

MOSLQDSMin

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の最小値

MOSLQDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の最大値

MOSLQDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MOSLQDS の平均

miaAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

MIA の平均

totalPacketsDSMin

double

NOT NULL

totalPacketsDS の最小値

totalPacketsDSMax

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsDS の最大値

totalPacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsDS の平均

totalPacketsSDMin

double

NOT NULL

totalPacketsSD の最小値

totalPacketsSDMax

double

NOT NULL

totalPacketsSD の最大値

totalPacketsSDAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

totalPacketsSD の平均

outOfSequenceDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

outOfSequenceDS の平均

earlyPacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

earlyPacketsDS の平均

latePacketsDSAvg

numeric(30,6)

NOT NULL

latePacketsDS の平均

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWSD

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWSD

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

AvgOWDS

numeric(30,6)

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperAvgOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MinOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMinOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

MaxOWDS

integer

NOT NULL

次の MIB オブジェクトを参照:rttMonRtpStatsOperMaxOWDS

MIB のタイプ:Gauge(32 ビット)

video_oper テーブル

表 81 では、Video Operation テーブルについて説明します。

 

表 81 video_oper テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

OperationID

bigint

PRIMARY

オペレーション(ID)への参照

srcPort

integer

NOT NULL

送信元のポート番号

tgtPort

integer

NOT NULL

宛先のポート番号

callDuration

integer

NOT NULL

1~600 秒の範囲の通話時間。デフォルトは 20 秒です。

profileName

varchar(255)

NOT NULL

ビデオ トラフィックのタイプを表すビデオ プロファイルの名前。

このプロファイルは、IPTV、IPVSC、および Telepresence です。

Video_Minute_Stats テーブル

表 82 では、Video Minute Statistics テーブルについて説明します。

 

表 82 Video_Minute_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

rowid

bigint

NOT NULL

一意の識別子

starttime

timestamp

NOT NULL

コレクタの開始時刻

minofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の最大値

AvgPosSD

numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の平均

numofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

StdDevPosSD

numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

minofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の最大値

AvgNegSD

numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の平均

numofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

StdDevNegSD

numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

NumOfOWSD

integer

NOT NULL

1 方向の SD の数

SumOWSD

double

NOT NULL

1 方向の SD の合計

Sum2OWSD

double

NOT NULL

1 方向の SD の平方の合計

StddevOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

1 方向の SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

integer

NOT NULL

1 方向の SD の最小値

MaxOWSD

integer

NOT NULL

1 方向の SD の最大値

numpacketlossSD

integer

NOT NULL

パケット損失 SD の数

PktOutSeq

integer

NOT NULL

順序が乱れたパケットの数

PktLateArrival

integer

NOT NULL

遅れて着信したパケットの数

UnSyncRTs

integer

NOT NULL

非同期のラウンド トリップの数

AvgJitterSD

integer

NOT NULL

ジッタ SD の平均

IAJOut

integer

NOT NULL

Inter-Arrival ジッタ アウト

IPDVAvgSDJ

integer

NOT NULL

送信元から宛先への IPDV 平均ジッタ

VideoSense

integer

NOT NULL

完了ステータスに対するアプリケーション固有のセンス コード。

NTPState

integer

NOT NULL

sync(1) の値は送信者と応答側が NTP で同期していることを意味します

ErrorSenseDescr

varchar

NOT NULL

最新のビデオ操作の完了ステータスに対するセンスの説明。

CollectorID

bigint

NOT NULL

(インスタンスを実行している)コレクタ ID。

Video_Hourly_Stats テーブル

表 83 では、Video Hourly Statistics テーブルについて説明します。

 

表 83 Video_Hourly_Stats テーブル

カラム名
タイプ
制約
説明

starttime

timestamp

NOT NULL

コレクタの開始時刻

numvideoCompletions

integer

NOT NULL

ビデオ完了の数

numOverThresholds

integer

NOT NULL

しきい値の超過の数。

minofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の最小値

maxofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の最大値

AvgPosSD

numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の平均

numofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の数

sumofposisd

integer

NOT NULL

正の SD の合計

sum2posisd

double

NOT NULL

正の SD の平方の合計

StdDevPosSD

numeric(30,6)

NOT NULL

正の SD の標準偏差

minofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の最小値

maxofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の最大値

AvgNegSD

numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の平均

numofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の数

sumofnegasd

integer

NOT NULL

負の SD の合計

sum2negasd

double

NOT NULL

負の SD の平方の合計

StdDevNegSD

numeric(30,6)

NOT NULL

負の SD の標準偏差

NumOfOW

integer

NOT NULL

1 方向の SD の数

SumOWSD

double

NOT NULL

1 方向の SD の合計

Sum2OWSD

double

NOT NULL

1 方向の SD の平方の合計

StddevOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

1 方向の SD の標準偏差

AvgOWSD

numeric(30,6)

NOT NULL

1 方向の正の SD の平均

MinOWSD

integer

NOT NULL

1 方向の SD の最小値

MaxOWSD

integer

NOT NULL

1 方向の SD の最大値

numpacketlossSD

integer

NOT NULL

パケット損失 SD の数

PktOutSeq

integer

NOT NULL

順序が乱れたパケットの数

PktLateArrival

integer

NOT NULL

遅れて着信したパケットの数

PktSkipped

integer

NOT NULL

スキップされたパケットの数

Errors

integer

NOT NULL

エラーの数

Busies

integer

NOT NULL

ビジーの数

UnSyncRTs

integer

NOT NULL

非同期のラウンド トリップの数

AvgJitterSD

integer

NOT NULL

ジッタ SD の平均

IAJOut

integer

NOT NULL

Inter-Arrival ジッタ アウト

IAJIn

integer

NOT NULL

Inter-Arrival ジッタ イン

numTries

integer

NOT NULL

試行の数

Error_perc

numeric(30,6)

NOT NULL