CiscoWorks LAN Management Solution 4.0 のインストールと移行
索引
Index
発行日;2012/04/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

C

CAM のデバッグ 8-17

CiscoWorks LMS 4.0

インストールとアップグレードの動作 1-2

製品の概要 1-1

プロセス 6-19

F

FIPS、イネーブル化/ディセーブル化 2-10

FIPS のイネーブル化 2-10

FIPS のディセーブル化 2-10

I

Integration Utility

サポート対象の NMS 1-15

L

LMS

AAA の手法 7-20

アンインストール 6-23

Solaris 6-23

Windows 6-24

アンインストール前の作業 6-23

再インストール 6-25

新規インストール 6-2

前提条件 2-1

同時ユーザ数 3-21

ライセンス情報 3-7

LMS 4.0 のアンインストール

Solaris の場合 6-23

開始前の作業 6-23

LMS 4.0 のライセンス

NFR ライセンス 3-15

製品の注文と PAK 3-6

評価版ライセンス 3-13

ライセンス ファイル 3-12

LMS サーバへのアクセス 6-20

LMS のアップグレード

Solaris でのリモート アップグレード 6-17

Windows でのリモート アップグレード 6-18

LMS へのログイン 6-22

N

NFR ライセンス 3-15

P

PAK 3-6

R

RSAC(Remote Syslog Analyzer Collector)

Common Syslog Collector、登録 C-5

アップグレード C-3

アンインストール C-6

インストール C-1

Remote Syslog Collector C-3

RSAC のアンインストール C-6

Syslog Analyzer Collector C-3

サーバの要件、確認 C-2

停止 C-6

プロパティ ファイル C-7

COLLECTOR_PORT C-10

COUNTRY_CODE C-8

DEBUG_CATEGORY_NAME C-9

DEBUG_FILES C-9

DEBUG_LEVEL C-9

DEBUG_MAX_BACKUPS C-9

DEBUG_MAX_FILE_SIZE C-9

FILTER_THREADS C-10

PARSER_FILE C-10

QUEUE_CAPACITY C-10

READ_INTERVAL_IN_SECS C-10

SUBSCRIPTION_DATA_FILES C-10

SYSLOG_FILES C-9

TIMEZONE C-8

TIMEZONE_FILE C-8

RSAC のアップグレード C-3

RSAC のアンインストール C-6

RSAC のインストール(「RSAC」を参照) C-1

RSAC の停止 C-6

S

SelfTest ツール 8-17

SNMP トラップの設定 7-19

Solaris のパッチ

クラスタのパッチ 2-12

必須と推奨 2-11

U

UCS サポート 2-8

UTU

アクセス B-5

アップグレード B-14

アンインストール B-14

インストール B-3

検索パターン B-13

設定 B-6

ダウンロード B-3

ユーザ、ホストまたは IP 電話の検索 B-6

要件 B-2

W

Windows での LMS 4.0 のアンインストール 6-24

アップグレード後の操作、CS 7-20

アプリケーションの基準数 3-18

移行のエラー、トラブルシューティング

Common Services 8-17

Device Performance Management 8-23

Fault Management 8-21

IPSLA Performance Management 8-22

Network Topology、Layer 2 Services および User Tracking 8-19

移行の範囲

CiscoView 7-11

Common Services 7-3

Device Performance Management 7-11

Fault Management 7-9

Inventory, Configuration および Image Management 7-6

IPSLA Performance Management 7-10

Network Topology, Layer 2 Services および User Tracking 7-5

Portal 7-12

インストール

再インストール

パスワードの規則 A-5

新規インストール

パスワードの規則 A-6

前提条件 2-1

注意

Solaris 3-4

Windows 3-5

全般 3-3

ユーザ入力

カスタム インストール A-2

標準インストール A-2

用語および意味 3-1

インストール、準備 3-1

インストールとアップグレード

アップグレードと移行 1-4

マスター/スレーブ サーバのセットアップ、アップグレード 1-3

インストールのトラブルシューティング

プロセス ステータス、表示と変更 8-1

メッセージ、説明 8-3

インストールの前に 3-3

インストールの用語

Cisco.com ユーザ ID とパスワード 3-2

アプリケーションのデータベース パスワード 3-1

管理パスワード 3-2

ゲスト パスワード 3-2

インストールの用語の概要

SMTP サーバ 3-2

自己署名証明書 3-2

システム アイデンティティ アカウント パスワード 3-2

基準数 3-18

ゲスト パスワードの規則 A-6

サポートされるデバイス 1-17

サポートされるネットワーク管理システム 1-15

システムとブラウザの要件

オペレーティング システム 2-3

クライアント システムの場合 2-9

サーバの要件

Solaris の場合 2-5

Windows の場合 2-6

仮想化システムの場合 2-8

ストレージ エリア ネットワーク 2-4

ディスク領域 2-2

新規インストール

Solaris 6-3

カスタム 6-7

通常 6-5

Windows 6-10

カスタム 6-13

通常 6-12

インストールの確認 6-18

サイレント モード 6-15

新機能

Auto SmartPort 1-11

Catalyst 3000 と 4000 の VRF-Lite サポート 1-14

EnergyWise 1-10

Smart Install 1-12

Unified Device Manager 1-9

Unified Grouping Services 1-9

Work Centers 1-7

アイデンティティ 1-11

イベント モニタ 1-13

検索バーと障害バー 1-8

サードパーティ製ソフトウェアとツールの変更 1-14

障害モニタ 1-12

ダッシュボード 1-7

テンプレート センター 1-8

トラブルシューティングのワークフロー 1-13

はじめに 1-6

メニュー 1-6

レポート センター 1-13

ローカル ロールベース アクセス コントロール 1-8

製品の注文

印刷された PAK 付き製品 DVD 3-6

評価版ソフトウェアのデジタル PAK 3-7

ベース メディア キットとデジタル PAK 3-7

ターミナル サーバのサポート

ターミナル サービスについて 2-9

ターミナル サービスのイネーブル化とディセーブル化

Windows 2003 の場合 2-10

Windows 2008 の場合 2-10

注意事項

インストール ディレクトリへのリンク、削除 6-7

デーモン マネージャ、開始と停止 8-2

注意事項、重要性 xviii

データ移行

選択バックアップ 7-2

通常バックアップ 7-2

データ移行の範囲 7-2

データの移行

Inventory、Configuration および Image Management 8-18

概要 1-14

範囲 7-2

データベース パスワードの規則 A-6

デバイス クレデンシャル、必須 2-17

デバイスの状態 1-9

デバイス パッケージのアップデート 1-18

同時ユーザ数 3-21

ハイ アベイラビリティ、セットアップ

Veritas コンポーネント 4-4

Windows の場合 4-5

概要 4-1

システム要件 4-5

パスワードの情報

アップグレードと再インストールの規則 A-5

管理パスワード A-6

ゲスト パスワードの規則 A-6

新規インストールの規則 A-6

データベース パスワード A-6

必須のデバイス クレデンシャル 2-17

評価モード 3-13

プロセッサ、サポートされる

Solaris 2-6

Windows 2-7

ポートの使用 2-13

メッセージ、インストール 8-3

ライセンス情報 3-7

ライセンス ファイル 3-12

ライセンス ファイル、インストール 3-16

ログ ファイル 7-14