CiscoWorks Interface Configuration Manager インストレーション セットアップ ガイド Solaris 版 Software Release 1.0
CD-ROM のマウントとアンマウント
CD-ROM のマウントとアンマウント
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 328KB) | フィードバック

目次

CD-ROM のマウントとアンマウント

ローカル CD-ROM ドライブのマウント

リモート CD-ROM ドライブのマウント

CD-ROM ドライブのアンマウント

CD-ROM のマウントとアンマウント

この章では、Solaris システムに CiscoWorks Interface Configuration Manager(CiscoWorks ICM)CD-ROM をマウントする一般的な方法を説明します。詳細については、Sun のマニュアルを参照してください。

CiscoWorks Server システムにマウントした CD-ROM から、またはリモートの Solaris システムにマウントした CD-ROM から、CiscoWorks ICM をインストールすることができます。

この付録では、以下の項目について取り上げます。

ローカル CD-ROM ドライブのマウント

リモート CD-ROM ドライブのマウント

CD-ROM ドライブのアンマウント

ローカル CD-ROM ドライブのマウント

次の手順で、ローカル CD-ROM ドライブをマウントします。


ステップ 1 CiscoWorks ICM の CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。

ステップ 2 スーパーユーザになるため、 su と入力してコマンド プロンプトに root のパスワードを入力するか、root としてログインします。

コマンド プロンプトがシャープ記号( # )に変わります。

まだ /cdrom ディレクトリが存在しない場合は、次のコマンドを入力して /cdrom ディレクトリを作成します。

# mkdir /cdrom
 

ステップ 3 CD-ROM ドライブをマウントします。


vold プロセスが CD-ROM デバイスを管理し、マウントを実行します。CD-ROM が自動的に /cdrom/cdrom0 ディレクトリにマウントされる場合もあります。


File Manager を実行している場合は、別の File Manager ウィンドウに CD-ROM の内容が表示されます。

a. File Manager から setup.sh ファイルをダブルクリックします。

Run ボックスが表示されます。

b. OK をクリックしてインストールを続行します。

CD-ROM がマウントされなかったために /cdrom/cdrom0 ディレクトリが空の場合、または File Manager が CD-ROM の内容を表示するウィンドウを開かない場合は、vold デーモンが動作しているかどうかを確認するため、次のように入力します。

# ps -e | grep vold | grep -v grep
 

vold が動作している場合は、vold のプロセス ID 番号が表示されます。システムが何も表示しない場合は、次のように入力して vold デーモンを再起動します。

# /usr/sbin/vold &
 

vold デーモンが動作しているにもかかわらず CD-ROM をマウントできない場合は、vold デーモンをいったん停止してから再起動してください。

vold プロセスを停止するには、プロセス ID 番号が必要です。プロセス ID 番号がわからない場合は、次のように入力すれば取得できます。

# ps -ef | grep vold | grep -v grep
 

ステップ 4 vold プロセスを停止するには、次のように入力します。

# kill -15 process_ID_number
 
Restart the vold process by entering:
# /usr/sbin/vold &
 

vold デーモンの使用中に問題が発生した場合は、次のコマンドを入力して CD-ROM をマウントします。

# mount -F hsfs -r ro /dev/dsk/cxtyd0sz /cdrom/cdrom0
 

ここで、 x は CD-ROM ドライブのコントローラ番号、 y は CD-ROM ドライブの SCSI ID 番号、 z は CD-ROM が置かれているパーティションのスライスです。

これで、CD-ROM ドライブのマウントが完了しました。インストール方法については、 第 2 章「Solaris での CiscoWorks ICM のインストール」 を参照してください。


 

リモート CD-ROM ドライブのマウント

CiscoWorks ICM の CD-ROM をリモート マシンの CD-ROM ドライブに挿入し、リモート マシン上でステップ 1 ~ 12 を実行してください。


ステップ 1 スーパーユーザになるため、 su と入力してコマンド プロンプトに root のパスワードを入力するか、root としてログインします。

コマンド プロンプトがシャープ記号( # )に変わります。まだ /cdrom ディレクトリが存在しない場合は、次のように入力します。

# mkdir /cdrom
 

ステップ 2 CD-ROM ドライブをマウントします。


vold デーモン プロセスが CD-ROM デバイスを管理し、マウントを実行します。CD-ROM が自動的に /cdrom/cdrom0 ディレクトリにマウントされる場合もあります。


File Manager を実行している場合は、別の File Manager ウィンドウに CD-ROM の内容が表示されます。

a. File Manager から setup.sh ファイルをダブルクリックします。

Run ボックスが表示されます。

b. OK をクリックしてインストールを続行します。

CD-ROM がマウントされなかったために /cdrom/cdrom0 ディレクトリが空の場合、または File Manager が CD-ROM の内容を表示するウィンドウを開かなかった場合は、vold デーモンが動作しているかどうかを確認するため、次のように入力します。

# ps -e | grep vold | grep -v grep
 

vold が動作している場合は、/usr/sbin/vold が表示されます。システムが何も表示しない場合は、次のように入力して vold デーモンを再起動します。

# /usr/sbin/vold &
 

vold デーモンが動作しているにもかかわらず CD-ROM をマウントできない場合は、vold デーモンをいったん停止してから再起動してください。

vold プロセスを停止するには、プロセス ID 番号が必要です。プロセス ID 番号がわからない場合は、次のように入力すれば取得できます。

# ps -ef | grep vold | grep -v grep
 

ステップ 3 vold プロセスを停止するには、次のように入力します。

# kill -15 process_ID_number
 

ステップ 4 vold プロセスを再起動するには、次のように入力します。

# /usr/sbin/vold &
 

ステップ 5 vold デーモンの使用中に問題が発生した場合は、次のように入力して CD-ROM をマウントします。

# mount -F hsfs -r ro /dev/dsk/cxtyd0sz /cdrom/cdrom0
 

ここで、 x は CD-ROM ドライブのコントローラ番号、 y は CD-ROM ドライブの SCSI ID 番号、 z は CD-ROM が置かれているパーティションのスライスです。

ステップ 6 /etc/dfs/dfstab ファイルが存在しない場合は、テキスト エディタを使用して作成します。

ステップ 7 次の 1 行を /etc/dfs/dfstab ファイルに追加します。

share -F nfs -o ro /cdrom/cdrom0
 

ステップ 8 リモート マシンが NFS サーバとしてイネーブルになっているかどうかを確認するため、次のように入力します。

# ps -ef | grep nfs | grep -v grep
 

このコマンドの出力は、/usr/lib/nfs/nfsd デーモンと /usr/lib/nfs/mountd デーモンが動作しているかどうかを示します。これらのデーモンが動作していない場合は、マシンを NFS サーバとしてイネーブルにするため、次のように入力します。

# /etc/init.d/nfs.server start
 

マシンが NFS サーバとしてイネーブルになっている場合は、次のいずれかを入力します。

# share

または

 

# shareall

 

ステップ 9 CiscoWorks ICM をインストールするマシンまで移動します。

ステップ 10 スーパーユーザとしてログインするため、 su コマンドと root のパスワードを入力するか、root としてログインします。

ステップ 11 まだ /cdrom ディレクトリが存在していない場合は、次のように入力して /cdrom ディレクトリを作成します。

# mkdir -p /cdrom/cwicm10

 

ステップ 12 次のように入力して、CD-ROM ドライブをマウントします。

# /usr/sbin/mount -r remote_machine_name:/cdrom/cdrom0 /cdrom/cwicm10
 


 

これで、CD-ROM ドライブのマウントが完了しました。インストール方法については、 第 2 章「Solaris での CiscoWorks ICM のインストール」 を参照してください。

CD-ROM ドライブのアンマウント

CiscoWorks ICM のインストールを完了した後、CD-ROM ドライブをアンマウントし、CD-ROM を取り出してください。

ローカル CD-ROM ドライブをアンマウントするには、root として次のように入力します。

# cd
# umount /cdrom/cdrom0
# eject
 

リモート CD-ROM ドライブをアンマウントするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 root として、ローカル マシンで次のように入力します。

# umount /cdrom/cwicm10
 

ステップ 2 root として、リモート マシンで次のように入力します。

# umount /cdrom/cwicm10
# eject
 


 


) eject コマンドを使用する代わりに、File Manager から File > Eject を選択することもできます。