Cisco WAN Modeling Tools ユーザ ガイド Release 15.3.00
索引
A
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

A

Ad フィールド  4-17, 4-20, 4-26

Alternative Route コマンド  5-5

AutoRoute  5-1

B

Back card type フィールド  4-17, 4-21

Back card フィールド  4-5, 4-25

bbdsgn  10-1

BPX、説明  1-3

Building Sites メッセージ ボックス  5-6

Bundle フィールド  4-4

C

Cabinet フィールド  4-4

Cd フィールド  4-20

CET  9-1

警告メッセージ  9-2

コマンド  9-5, 9-6

修正されるフィールド  9-1

使用  9-2

使用方法  9-2

トラブルシューティング  9-5

Cisco 3800  4-46

接続の追加  4-47

説明  1-3

ソフトウェア リリースの設定  4-46

デフォルトの変更  4-48

複数を同一サイトに設定  4-48

Cisco Network Designer Importer、CND  12-1

Cisco WAN Modeling Tools

関係  1-2

Class of service フィールド  4-17

CND、Cisco Network Designer Importer  12-1

Comment フィールド  4-18, 4-22, 4-28

Configuration Extraction Tool。「CET」を参照。

Configure メニュー

選択肢リスト  3-12

テーブル スキャン  3-14

パス、設定  3-4

ファイルの削除  3-4

ファイルの読み込み  3-4

保存  3-4

Connection utilization percentage フィールド  4-20

Cost per month フィールド  4-12

D

Data Frame Multiplexing フィールド  4-4, 4-20

dbf ファイル  11-1

Display メニュー  3-13

Distance フィールド  4-11

Distribute Groups フィールド  4-39

DOS ツール、TPI  11-2, 11-4

E

EIA フィールド  4-20

Encoding format フィールド  4-20

Excel

Microsoft Excel  11-1

マクロ  11-2, 11-4

F

Frame Relay Factor フィールド  4-4

FastPAD  4-49

接続の追加  4-49

デフォルト  4-51

複数を同一サイトに設定  4-51

Feeder back card フィールド  4-17, 4-21, 4-26

Feeder ID フィールド  4-17, 4-21, 4-25, 4-31

Feeder フィールド  4-12

Front card フィールド  4-5

G

Group Bursty Connections フィールド  4-39

H

High End Processor フィールド  4-4

I

IGX、説明  1-4

IGX フィールド  4-5

IMATM resiliency degree フィールド  4-12

IMATM トランク  5-5

Index フィールド  4-27

Installation cost フィールド  4-12

IPX/IGX フィーダ

BC フィールド  4-42

  4-42

K

Keep フィールド  4-10

L

LCON  4-39

Link redundancy フィールド  4-11

M

MGX 8220 シェルフ  1-3

MGX 8220 フィーダ

BC フィールド  4-42

NMT による作成  4-42

Type フィールド  4-42

多重フィーダ  4-43

ポートから多重ポートへ  4-43

MGX 8220

FdrBC フィールド  4-42

Microsoft Excel  11-1

Minimum Information Rate フィールド  4-24

MIR(MCR)フィールド  4-24

Modem % フィールド  4-4

N

Name フィールド  4-33

Network Modeling Tool。「NMT」を参照。

New Share with ID フィールド  4-40

NMT

help  3-12

起動  3-2

コマンドライン  7-1

サポートされるハードウェア  1-2, 1-3

スイッチ ソフトウェア バージョン  3-6

ディレクトリのリンク  2-4

ファイルの削除  3-4

無効な入力  3-12

メニュー (例)  3-3

メニューの説明  3-3

nmt2tar コマンド  11-2

nmt2tpi コマンド  10-3

O

Optimize LDI ports フィールド  4-39

Optimizing Topology メッセージ ボックス  5-6

P

Peak Information Rate フィールド  4-24

PIR(PCR)フィールド  4-24

PNNI  5-4

Power フィールド  4-4

Q

Quantity フィールド  4-16, 4-19, 4-23

Queue Dept フィールド  4-12

R

Receive rate フィールド  4-11

Redundancy フィールド  4-4, 4-11, 4-17, 4-20, 4-26

Redundant link card フィールド  4-5

Reserve フィールド  4-10

Restriction type フィールド  4-17, 4-20, 4-26

Routing Connections メッセージ ボックス  5-6

S

Save/Restore フィールド  4-4

Share Redundancy フィールド  4-40

Signalling type フィールド  4-17

Site フィールド  4-3, 4-9, 4-19, 4-23, 4-31, 4-33

SNMP connection index フィールド  4-27

Speed フィールド  4-31, 4-33

SpreadSheet Interface。「SSI」を参照

SSI

概要図  11-3

使用方法  11-1

StrataView Plus、インポート  9-1

svp2cet コマンド  9-2

T

tar2nmt コマンド  11-4

Third Party Interface。「TPI」を参照

Thresholds ダイアログボックス  6-9

TPI

概要図  10-2

TPI、使用方法  10-1

tpi2nmt コマンド  10-4

Trunk Card フィールド  4-10

Trunk utilization フィールド  4-17

Type フィールド  4-3, 4-16, 4-24, 4-33, 4-19

U

Use Hub ID フィールド  4-40

Used フィールド  4-4, 4-10

Utilization percent フィールド  4-25

V

Virtual Trunk Rate フィールド  4-11

Virtual Trunk Type フィールド  4-11

W

WANDL  10-1

アクセス フィーダ  4-46

エラー チェック、自動  3-14

エラー メッセージ  3-13

エラーと警告  3-13

オンライン ヘルプ  3-13

階層型ネットワーク

IPX/IGX フィーダ  4-42

MGX 8220 フィーダ  4-42

明示的なフィーダ  4-44

仮想トランク  5-5

環境変数

NMTHOME  2-5

キーボード コマンド  3-11

警告メッセージ  3-13

コマンドライン コマンド  7-1

最低コスト モデル  5-6

最低コスト ルーティング  5-2

情報メッセージ  3-13

スイッチ ソフトウェア バージョン  3-6

耐性型リンク  5-5

テーブル スキャン  3-14

ナビゲーション  3-11

パス、設定  3-4

ファイルの削除  3-4

ファイルの保存  3-4

ファイルの読み込み  3-4

ファンクション キー  3-11

フィーダ

IPX/IGX  4-42

ポート コンセントレータ  4-46, 4-52

設計  4-52

マップ ツール

使用  6-9

凡例  6-9

メニュー  6-7

明示的なフィーダ

BC フィールド  4-44

NMT による作成  4-44

Type フィールド  4-44

モデル パラメータ

設定情報  3-6

優先ルート  5-2

誘導ルート  5-2

リンク

CET からプロジェクト ディレクトリへ  9-5

アプリケーションをプロジェクトへ  2-4

ルーティング  5-4