Cisco VPN Solutions Center: MPLS Solution プロビジョニング ガイド
索引
Numerics
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Numerics

1 つの VPN に統合された多重 VPN  1-13

802.1Q プロトコル  5-25

A

ACL

MPLS セキュリティでの役割  1-10

PE-CE リンクでの  1-12

address-family コマンド  B-2

All VPN Service Requests レポート  6-22

allocate new route distinguisher オプション  6-12, 8-19

allowAS-in オプション  5-38

AS 番号  4-34

AS パスでの出現回数  5-38

ATM

ATM インターフェイスへの VRF リンク  B-7

回線 ID 情報、指定  5-27

AuthNoPriv

認証プロトコル  4-25

パスワード  4-25

ユーザ名  4-24

AuthPriv

認証プロトコル  4-27

パスワード  4-26

プライバシー パスワード  4-27

プライバシー プロトコル  4-65

プロトコル  4-27

ユーザ  4-26

Auto-pick route target values  5-4

B

BGP

CE のネットワークの AS 番号  5-38

allowAS-in オプション  5-38

AS 番号  4-32, 4-34

BGP  1-2, 5-38

BGP へのプロトコルの再配布  5-39

neighbor activate コマンド  B-7

Neighbor AS-override オプション  5-38

RD および RT  1-19, 4-39

VPN アドレス情報の表示  B-10

VPN 内の各 PE で一意の RD を割り当てる  6-12, 8-19

コミュニティ アトリビュート  1-14

セキュリティ機能  1-14

抑制処理  1-10

ルートターゲット コミュニティ  1-20

Broken サービス、トラブルシューティング  15-12, 15-13

C

CE

CE のアドレス空間内のスタティック ルート  5-34

ATM 回線 ID  5-27

AuthPriv 認証プロトコル  4-64

AuthPriv プライバシー パスワード  4-64

CE コンフィギュレーション ファイルのインポート  4-71

customer packet drop レポート  7-44

IP アドレス  5-44

LMI 形式、修正  2-28

OSPF エリア番号  5-40

OSPF プロセス ID  5-40

Regular SA Agent ステータス  4-51

round trip delay レポート  7-44

SA Agent ステータス  4-51

Shadow SA Agent ステータス  4-51

SLA 集約のセットアップ  7-5

SLA プローブの発信元 CE  7-9, 7-15, 7-28

VPNSC コンフィグレットへのテンプレート コンフィギュレーション ファイルのアペンドまたはプリペンド  5-51

VPNSC へのインポート  4-42

インターフェイス番号  12-16

エクストラ ループバック アドレス  5-43, 5-45

~および MCE  8-5

管理インターフェイス、設定  4-53

管理ステータス  4-51

管理対象 CE の考慮事項  8-3

管理対象外 CE  8-2

ケーブル CE、作成  9-7

シャドウ CE  7-14

説明  1-2

多重 VPN (エクストラネット)  6-13, 8-20

デフォルト値、インポート  4-70

デフォルト値、インポートのための指定  4-66

テンプレート、~に統合  5-50

トンネル宛先アドレス  5-29

~の BGP AS 番号  5-38

ハブとして構成  A-2

必須アトリビュート、指定  4-45

プロトコル カプセル化  12-16

~へのデフォルト ルート  5-33

ルーティング コンテキスト テーブル  1-13

CE へのデフォルト ルート  5-33

CERC

Auto-pick route target values  5-4

RT 値、入力  5-4

VPN の選択  13-10

VPNSC での削除  5-5

新しい CERC の作成  5-3

概要  1-20, 5-3

フル メッシュ  1-21

Cisco IE2100

CNS クライアントをイネーブルにするテンプレート  10-62

rvrd デーモン  2-20

VPNSC 用の設定  2-20

Cisco uBR7200 ルータ、およびケーブル サービス  9-3

clear ip route vrf コマンド  B-3

CMTS  9-4

CNS

CNS クライアントをイネーブルにするテンプレート  10-62

col.jnl ジャーナル ファイル  14-18

Collection リポジトリ  14-18

CoS  3

SLA の ToS パラメータ  7-11

プロファイル  4-37

CoS プロファイル

in-contract帯域幅、~への有効な入力  4-38

PE-CE リンクへの割り当て  12-19

crypto key generate rsa コマンド  2-3

csm.properties ファイル

allocate new route distinguisher オプション、GUI で使用できるようにする  6-12

LMI 形式、修正  2-28

RD 値、上書き  6-17

TFTP、Telnet の代わりに使用するための編集  2-7

TFTP サーバの IP アドレス、指定  2-7

VRF 名、上書き  6-17

サービス要求のクローズ、イネーブルにする  6-32

ジャーナル ファイルをサブディレクトリにコピーした場合に指定する  14-19

~の場所  2-7

論理インターフェイスのイネーブル  5-28

D

Data Over Cable Service Interface Specifications。DOCSIS を参照

Database Backup ユーティリティ  14-9

Database Restore ユーティリティ  14-12

dbBackup コマンド  14-9

dbRestore コマンド  14-12

debug ip bgp コマンド  B-20

DES  4-27

Device Inventory リポジトリ

IP アドレス、~に移動する  7-6

DHCP プローブ

~に適さない ToS  7-11

~へのアクセスが増える  7-11

Differentiated Service Code Point (DSCP)  7-10, 7-24

dir.jnl ジャーナル ファイル  14-18

DLCI  5-26

DNS  4-18

DNS 解決が可能なホスト名を推奨  4-18

DNS デバイスへのアクセス  4-18

DOCSIS  9-4

DSCP

ToS category、VPNSC の設定  7-10, 7-24

クラスおよびドロップ率のコーディング  7-27

DSL スイッチ  13-1

DSLAM テンプレートの例  10-60

構成の概要  13-3

展開に関する考慮事項  13-1

~用のテンプレート  13-17

E

EBGP  5-38

ESS。Event Subscription Service を参照

Ethernet over MPLS テンプレート  10-34

構成の例  10-37

削除可能なテンプレート  10-39, 10-61

テンプレートの内容  10-36

テンプレート例  10-61

変数  10-35

Event Gateway Server  1-29

Event Subscription Service  1-29

Exec Command コンソール  4-82

ファイルの入力にコマンドを使用する  4-83

exit-address-family コマンド  B-4

F

Failed Deploy サービス、トラブルシューティング  15-10

Functional サービス、トラブルシューティング  15-12

G

Gateway of Last Resort  5-36

GRE

~と論理トンネル インターフェイス  5-28

トンネル インターフェイス カプセル化方式  5-25

I

if-else 文  10-46

IGBP  5-38

IGP ルート ラベル  12-6

Import Manager

CE、インポート  4-42

CE コンフィギュレーション ファイルのインポート  4-71

CE の SNMPv3 アトリビュート  4-61

CE の管理インターフェイス  4-53

CE の管理ステータス  4-51

CE のパスワード  4-57

CE の必須アトリビュート  4-45

PE パスワード  4-19

RD 値と RT 値、カスタマイズ  4-39

カスタマー、作成  4-47

サービス クラス プロファイル  4-37

サイト、作成  4-49

プロバイダー アトリビュート  4-28

プロバイダー管理ドメイン  4-32

リージョン、定義  4-34

Import Manager ダイアログボックス  4-7, 4-44

import map コマンド  B-4

in-contract 帯域幅

有効な入力  4-38

inetd.conf ファイル  2-8

Invalid サービス、トラブルシューティング  15-9

IOS コマンド

VPN コンソールから実行  4-82

ip route vrf コマンド  B-5

ip vrf forwarding コマンド  B-6, B-7

ip vrf コマンド  B-6

IP アドレス

CE  5-44

Device Inventory リポジトリに移動  7-6

IP 逆マスク、取得  10-51

IP マスク、取得  10-50

IpAddrMaskPair 文字列から取得  10-50

IPv4 アドレス変数のタイプ  10-11

PE  5-44

TFTP サーバ、指定  2-7

VPN での  1-2

VPN-IPv4 アドレス  1-7

エクストラ CE ループバックによる IP 番号指定  5-43

近隣ルータ間での交換  B-7

ケーブル ヘルパ アドレス  5-31

自動割り当てされた  5-44

セカンダリ IP アドレス範囲  9-5

セカンダリ アドレス  5-32, 9-27

~とネットワーク セキュリティ  1-15

番号指定  5-43

番号未指定  5-42

プライマリ IP アドレス範囲  9-5

メンテナンス ヘルパー アドレス  9-16

IP アドレス プール

PE-CE リンク上の~  5-42

~と自動割り当てアドレス  5-44

~とリージョン  4-35, 4-36

IP 優先順位

CoS へのマッピング  4-38

IS-IS  5-38, 5-40, 5-42

ISL (Inter-Switch Link)  5-25

ISP  9-5

セカンダリ IP アドレス範囲  9-5

J

just-in-time (jit) 監査 オプション  6-20

L

LDP 認証  1-13

LMI 形式、修正  2-28

login shell ファイル  2-2, 4-3

login コマンド  2-3

M

Management CE。MCE を参照

Management PE。MPE を参照

MCE  8-5

MPE への接続  8-16

アクセス リスト  8-11

サービス要求の選択  8-17

~へのルートのテスト  15-11

ルータの選択  8-15

MD5  4-25, 4-63

MPE  8-5, 8-12

MCE への接続  8-16

サービス要求の選択  8-17

~とシャドウ CE  8-5

MPLS PE Default Values Editor  4-15, 4-66

MPLS VPN

1 つの VPN に統合された多重 VPN  1-13

CE へのデフォルト ルート  5-33

VRF 転送テーブル  1-13

アドレス空間の分離  1-7

イントラネット  1-6

エクストラネット  1-6

~間の接続  1-13

サービス要求、定義  6-7

主要なテクノロジー  1-6

定義  5-2

~での CERC  1-20

特性  1-5

~とサービス要求  6-6

プロビジョニングの段階  6-6

ルーティング プロトコル  5-32

ルーティングの分離  1-7

ルートターゲット コミュニティ  1-20

MPLS VPN Solution

DSL スイッチのプロビジョニング  13-3

VPN、定義  5-2

概要  1-1

管理 VPN、インプリメント  8-12

起動  3-2

シャットダウン  3-9

セキュリティ要件  1-7

データ クエリー ツール  7-45

ネットワーク管理サブネット  8-4

利点  1-4

MPLS VPN のセキュリティ要件  1-7

MPLS VPNs  1-5

アウトオブバンド VPN  8-6

インバンド接続  8-5

エクストラネット 多重 VPN 技術  8-5

管理 VPN  8-5

実装技術  8-5

転送方式、デフォルト  4-16, 4-67

ネットワーク、デフォルト  4-17, 4-68

MSO  9-2

ドメイン  9-4

プライマリ IP アドレス範囲  9-5

Multiple Service Operator。MSO を参照

N

neighbor activate コマンド  B-7

Neighbor AS-Override オプション  5-38

neighbor next-hop-self コマンド  12-3

NetFlow Collector

NetFlow アカウンティングのイネーブル化  9-19

Netscape ブラウザ

デフォルトの管理ユーザ名およびパスワード  6-39

network packet drop レポート  7-44

network round trip delay レポート  7-44

NLRI  1-6, 4-39

O

Orbix

起動  3-2

停止  3-9

OSPF

CE の~エリア番号  5-40

CE のプロセス ID  5-40

PE の~エリア番号  5-40

PE のプロセス ID  5-40

PE への RIP ルートの再配布  5-40

コンフィギュレーション ファイル例  A-16

番号未指定プロビジョニングを使用したコンフィギュレーション ファイル  A-18

OSPF エリア番号  5-40

P

PAD。プロバイダー管理ドメインを参照

PE

ATM 回線 ID  5-27

AuthNoPriv 認証プロトコル  4-25

AuthNoPriv パスワード  4-25, 4-26

AuthNoPriv プロトコル  4-27

AuthNoPriv ユーザ名  4-24, 4-26

AuthPriv 認証プロトコル  4-27

AuthPriv プライバシー パスワード  4-27

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ  9-3

Import Manager におけるプロバイダー アトリビュート  4-28

IP アドレス  5-44

network packet drop レポート  7-44

network round trip delay レポート  7-44

OSPF エリア番号  5-40

OSPF プロセス ID  5-40

PAD、デフォルト  4-29

VPN の 各 PE での一意の RD  6-12, 8-19

VPNSC コンフィグレットへのテンプレート コンフィギュレーション ファイルのアペンドまたはプリペンド  5-49

VPNSC へのインポート  4-5

インターフェイス、指定  12-16

インターフェイス、シャットダウン オプション  5-23

インポート ルート マップ  5-46, 12-18

エクスポート マップ  5-46

コンフィギュレーション ファイルのインポート  4-5, 4-42

説明  1-4

デフォルト 管理インターフェイス、設定  4-18

デフォルト値、インポート  4-30

デフォルト値、インポートの指定  4-15

テンプレート、~との統合  5-48, 13-7

~と MPE  8-5, 8-12

~とシャドウ CE  7-14

トンネル発信元アドレス  5-28

必須アトリビュート、指定  4-8

PE-CE リンク

ATM 回線 ID 情報、指定  5-27

IP 番号未指定方式のスタティック ルート  5-42

PE から CE への EBGP ルーティング、~のコンフィギュレーション ファイル例  A-23

アクセス リスト ガイドライン  8-10

インターフェイスとカプセル化  12-16

サービスの削除  6-28

スタティック ルート プロビジョニング  5-34

セキュリティでの考慮事項  1-12

~とダイナミック ルーティング  8-11

~のルーティング プロトコル  5-32

Pending サービス, トラブルシューティング  15-11

PIX firewall

テンプレート例  10-56

POS インターフェイス  5-25

Profile Editor  5-10

値の入力  5-11

インターフェイス タイプ  5-22

編集可能なアトリビュート  5-12

R

RBE  13-9

RD

rd コマンド  B-8

VPN の各 PE での一意の RD  6-12, 8-19

形式  B-8

説明  1-19

デフォルトの RD 値の上書き  6-17

~の値のカスタマイズ  4-39

ハブアンドスポーク環境  1-21

ルーティングの分離での役割  1-7

Recover Tool ユーティリティ  14-10

Redistribute Connected  5-37, 5-41

redistribute connected subnets コマンド  12-4

redistribute connected コマンド  12-6

Regular SA Agent ステータス  4-51

rep.list ファイル、修正  14-3

Requested サービス、トラブルシューティング  15-8

RFC-1483 routed

プロビジョニング  13-4

RIP

CE へのデフォルト ルート  5-36

Give Only Default Routes to CE  5-36

PE への OSPF ルートの再配布  5-36

スタティック ルートの再配布  5-36

接続ルートの再配布  5-36

ルート プロビジョニング  5-36

round trip delay レポート  7-44

Routed Bridged Encapsulation。RBE を参照

RT  B-9

CERC 定義での RT 値の入力  5-4

route-target コマンド  B-9

説明  1-19

~と NLRI  4-39

~の値のカスタマイズ  4-39

rtr レスポンダ、イネーブルにする  2-6, 7-5

rvrd デーモン  2-20

S

SA Agent

Regular SA Agent ステータス  4-51

SA エージェント

Regular SA Agent ステータス  4-51

Shadow SA Agent ステータス  4-51

SLA 定義レポート  7-44, 7-50

SLA 統計情報  7-47

SLA のデータの収集  7-28

XML ベースのレポート  7-48

概要  7-47

ジッタ プローブ用のエッジ デバイスでイネーブルにする  2-6

トラップ、~の種類  7-47

~のデータ問い合せツール  7-48

プローブに対する発信元 CE、選択  7-9, 7-15, 7-28

SHA  4-25, 4-63

Shadow SA Agent ステータス  4-51

show  B-19

show ip bgp vpnv4 コマンド  B-10

show ip cef vrf コマンド  B-13

show ip protocols vrf コマンド  B-15

show ip route vrf コマンド  B-16

show ip vrf コマンド  B-17

show tag-switching forwarding vrf コマンド  B-19

Shutdown PE Interface  5-23

SLA  7-47

customer packet drop レポート  7-44

customer round trip delay レポート  7-44

Falling Threshold パラメータ  7-11

HTTP レポート  7-44

IP アドレスの移動  7-6

keep history パラメータ  7-11

network packet drop レポート  7-44

network round trip delay レポート  7-44

Numbered Buckets パラメータ  7-11

PE 上の VRF-aware SLA の設定  7-14

PE、~上の設定  7-14

SLA 定義レポート  7-44

SLA ライフ パラメータ  7-10

SNMP セキュリティ レベル、設定  7-13, 7-19, 7-26, 7-29

ToS パラメータ および値の範囲  7-11

VPN の外部のルータ  7-20

削除  7-36

作成  7-7

サマリー レポート  7-44

しきい値 トラップ  7-47

しきい値 パラメータ  7-10

ジッタ レポート  7-44

シャドウ CE  7-14

周波数 パラメータ  7-10

接続切れトラップ  7-47

タイムアウト トラップ  7-47

タイムアウト パラメータ  7-10

定義、~のデータ問い合せツール  7-50

トラップ、イネーブル化  7-38

トラップ、ディセーブル化  7-41

トラップ パラメータをイネーブルにする  7-11

~に対する SA エージェント データの収集  7-28

プロトコル、選択  7-12

レポートを表示  7-44

SLA の customer packet drop レポート  7-44

SLA の HTTP レポート  7-44

SLA のサマリー レポート  7-44

SLA のしきい値トラップ  7-47

SLA のジッタ レポート  7-44

SLA の接続切れトラップ  7-47

SLA のタイムアウト トラップ  7-47

Smart Collector  7-30

SNMP

rtr レスポンダ、イネーブル化  2-6, 7-5

SLA セキュリティ レベル、設定  7-13, 7-19, 7-26, 7-29

~およびコンフィギュレーション ファイル収集  7-30

セキュリティ モード  2-5

セキュリティ レベル  2-5

バージョン 3 コンフィギュレーション  2-4

ルータ上で SNMP コミュニティ ストリングを設定する  2-4

SNMPv3

オブジェクト特性  2-5

デフォルト アトリビュート、設定  4-23

SNMPv3 のセキュリティ モデル  2-5

SNMPv3 のセキュリティ レベル  2-5

Solutions  9-26

SSH

~の暗号キーを生成する  2-3

ルータでの設定  2-3

T

Task Scheduler の異常  15-8

Task リポジトリ  14-18

task.jnl ジャーナル ファイル  14-18

Telnet Gateway Server

SSH、ルータでの設定  2-3

TFTP、Telnet の代わりに使用  2-7

リモート ネットワーク、設定  2-10

Telnet Gateway サーバ

TFTP サーバの IP アドレス、指定  2-19

転送方式、指定  4-16, 4-67

複数 TGS サーバを TFTP ホストとして、セットアップする  2-7

複数 TGS ホストを TFTP サーバとして設定する  2-8

Template Manager

テンプレートで生成された文をコンフィギュレーション ファイルから削除  13-16

TFTP

inetd.conf ファイル  2-8

IP TFTP サーバのアドレス、指定  2-7

Telnet の代わりに使用  2-7

起動にダウンローディング ファイルを使用する  4-77

特定のルータの転送方式として指定する  4-16, 4-67

ローカル ホストを TFTP サーバとして設定する  2-8

TGS。Telnet Gateway サーバを参照

ToS

DSCP カテゴリ  7-10, 7-24

値のパラメータと範囲  7-11

適用されない DHCP  7-11

適用されない DNS  7-11

優先順位 カテゴリ  7-10, 7-24

tunnel インターフェイス

GRE カプセル化方式  5-25

V

Version コンソール  4-75

コンフィギュレーションのバージョンを表示する  4-76

vi.jnl ジャーナル ファイル  14-18

VPN

Auto-pick route target values  5-4

アドレス情報の表示  B-10

エクストラネット  6-13, 8-20

スポーク  6-10

製品における定義  5-2

多重 VPN のメンバー  6-13, 8-20

ハブアンドスポーク トポロジ  6-10

フルメッシュ トポロジ  6-10

ルート ラベル  12-6

VPN Inventory リポジトリ  14-18

VPN Inventory リポジトリ ユーティリティ  14-14

VPN Solutions Center

Exec Command コンソール  4-82

TFTP サーバの IP アドレス、指定  2-7

Version コンソール  4-75

概要  3-1

サポートされているインターフェイス タイプ  5-24

デバイス アクセス アルゴリズム  6-6

ファイル ディスクリプタ制限  2-2, 4-3

ライセンス キー、インストール  3-6

リモート TGS ホストへの接続性  2-11

ロード バランス  6-12, 8-19

VPN Solutions Center と Cisco IE2100 の使用  2-20

VPN コンソール

Download コンソール  4-74

Exec Command コンソール  4-82

IOS コマンドの実行  4-82

Version コンソール  4-75

起動  3-3

コンフィギュレーション ファイルを修正する  4-74

VPN サービスの廃棄  6-28

VPN ライセンス キー  3-6

VPN ルート ラベル  12-6

VPN ルート転送テーブル。VRF を参照

VpnInvImport コマンド  14-14

VPN-IPv4 アドレス  1-7, 12-12

VRF  1-5

show ip vrf コマンド  B-17

VRF 転送テーブル  1-13

VRF 名の上書き  6-17

インターフェイスまたはサブインターフェイスに関連付ける CLI コマンド  B-7

インポート ルート マップ、~の名前の定義  5-46, 12-18

エクスポート マップ、~の名前の定義  5-46

~からルートを削除  B-3

実装に関する考慮事項  1-18

スタティック ルート、確立  B-5

スポーク接続を示す名前  A-5

セキュリティ エントリ  8-10

設定コマンド  1-19, B-1

多重 VPN のメンバ  A-12

定義済み VRF 集合の表示  B-17

~とルーティングの分離  1-7

~とルートターゲット コミュニティ  1-20

~におけるルート最大数、設定  5-47

~に関連付けられたサブインターフェイス  9-5

~のインポート ルート マップの設定  B-5

~の要素  1-17

~のルート ターゲット コミュニティ  B-9

パケットの再ルーティング  B-6

ハブ VRF  6-10

~へのルート マップのインポート  B-6

命名規則  1-17

ラベル フォワーディング エントリ、表示  B-19

VRF へのルート最大数  5-47

W

WAN インターフェイス

ループバック、既存のループバック番号を使用する~  5-43

Watch Dog

起動  3-3

グラフィカル ユーザ インターフェイス  3-3

ログ ファイル  3-3

wdclient start コマンド  15-8

wdgui コマンド  3-3

Web ブラウザ

デフォルトの管理ユーザ名またはパスワード  6-39

リポジトリ管理ツール  14-6

X

xhost コマンド  3-2

XML

& 文字の置換  14-15

XML ファイルからリポジトリへの情報の移動  14-14

XML ファイルからリポジトリをインポートする  14-14

アウトオブバンド技術  8-6, 8-8

アクセス リスト エントリ、名前付き  8-13, A-29

アドレス空間の分離  1-7

アプリケーション ライセンス キー  3-6

暗号ブロック連鎖  4-65

一次元変数、例  10-46

インストール

ライセンス キー  3-6

インターネット サービス プロバイダー。ISP を参照

インターフェイス

ATM 回線 ID 情報、指定  5-27

CE インターフェイス番号  12-16

IP 番号指定  5-43

Shutdown PE Interface  5-23

VPNSC でサポートされているインターフェイス タイプ  5-24

XML ベースのレポート  7-57

インターフェイス タイプに対するカプセル化  5-24

インターフェイス情報をリポジトリへ移動  7-31

ケーブル インターフェイス、指定  9-26

ケーブル メンテナンス サブインターフェイス、プロビジョニング  9-10

サブインターフェイス番号、VPNSC による選択の仕組み  9-5, 9-26

サポートされているインターフェイス タイプ  5-22

トンネル  5-25, 5-28

~に対するデータ クエリー ツール  7-57

ループバック、既存の番号を使用する  5-43

論理トンネル  5-28

インターフェイス情報をリポジトリに移動  7-31

イントラネット  1-6

インバンド接続  8-5

インポート マネージャー

PE デフォルト値  4-15

PE の SNMPv3 アトリビュート  4-23

PE の設定をインポートする  4-30

デバイス インポート ファイルを開く  4-11

デバイス インポートをファイルに保存する  4-10

インポート ルート マップ

~の名前の定義  5-46, 12-18

エクストラネット  1-6

エクストラネット 多重 VPN 技術  8-5, 8-7

設定  6-13, 8-20

多重 VPN の CE  6-13, 8-20

~内で一意の IP アドレス  4-35

~を使用した VPN  6-13, 8-20

エクストラネット マルチ VPN 技術

インプリメント  8-7

エクストラネット多重 VPN 技法

コンフィギュレーション ファイル例  A-12

エクスポート マップ

~の名前の定義  5-46

エクスポート ルート マップ

~と管理 VPN  6-11, 8-19

エッジ デバイス ルータ

SNMP、セットアップ  2-4

VPN コンソールからコマンドを実行する  4-82

アクセス アルゴリズム  6-6

コンフィギュレーション ファイルの前バージョン  4-75

~の管理インターフェイス  4-18

各インターフェイス タイプに対するカプセル化  5-24

カスタマー

Import Manager での新しいカスタマーの作成  4-47

round trip delay レポート  7-44

サイト名形式  4-49, 4-50

仮想端末パスワード、PE と CE が持つ必要のある~  4-19

監査

just-in-time (jit) 監査  6-20

コンフィギュレーション テスト  15-11

サービス要求監査の生成  6-19

ルーティング テスト  15-11

監査レポート

表示  6-22

管理 VPN  8-5

カスタマーの作成  8-13

ケーブル ネットワーク  9-4

ケーブル メンテナンス サブインターフェイス  9-13, 9-24

結合  6-11, 8-19

コンフィギュレーション ファイル例  A-9

生成されたエクスポート ルート マップ  6-11, 8-19

~とエクスポート ルート マップ  5-46

~と管理ルート マップ  8-6

トポロジ  8-6, 8-12

必要な接続ルートの再配布  5-34

プロビジョニング  8-13

管理インターフェイス

CE インターフェイスに割り当てる~  4-53

インターフェイスに割り当てる  4-18

各デバイスに割り当てる  4-18

管理対象 CE

考慮事項  8-3

管理対象外 CE  8-2

管理ルート マップ  8-6

キーワード、テンプレートの  10-44

期限満了タスク、削除  6-37

既存のサービスの修正  6-26

クラスフル ネットワーク アドレス、取得  10-51

クローズしたサービス要求の削除  6-31

ケーブル サービス

Cisco uBR7200 ルータ  9-3

CMTS  9-4

DOCSIS  9-4

MSO  9-2, 9-4

概要  9-2

ケーブル CE、作成  9-7

ケーブル ネットワークの管理 VPN  9-4

ケーブル ヘルパ アドレス  5-31

ケーブル メンテナンス インターフェイス、イネーブル化  5-30

ケーブル リンク、プロビジョニング  9-21

コンフィギュレーション ファイル例  A-28

スタティック ルートの再分散  9-14, 9-25

セカンダリ IP アドレス範囲  9-5

セカンダリ アドレス  5-32, 9-27

接続ルートの再配布を推奨  9-14, 9-25

~と Profile Editor  5-30

プライマリ IP アドレス範囲  9-5

ホスト ヘルパ アドレス  5-31, 9-16

メンテナンス サブインターフェイス、プロビジョニング  9-10

メンテナンス ヘルパー アドレス  9-16

モデム ヘルパ アドレス  5-31, 9-16

ルーティング プロトコル指定無し、~のプロビジョニング  9-14, 9-25

ケーブル ヘルパ アドレス  5-31

攻撃、種類  1-9

コメント文字、変更  10-50

コンフィギュレーション テスト  15-11

コンフィギュレーション ファイル

CE をハブとして構成、~のサンプル ファイル  A-2

CE を複数の VPN のメンバとして構成、~のサンプル ファイル  A-12

config-change トラップ  7-32

Download コンソールおよび Version コンソールを使用して修正する  4-74

Download コンソールにインポートする  4-80

IE2100 デバイス用の CNS コマンド  2-27

IP 番号未指定、~のサンプル ファイル  A-25

OSPF、~のサンプル ファイル  A-16

PE から CE への EBGP ルーティング、~のサンプル ファイル  A-23

Smart Collector  7-30

インポート  4-4

~およびSNMP  7-30

管理 VPN、~のサンプル ファイル  A-9

起動用ファイルのダウンロードに使用する TFTP  4-77

ケーブル ネットワーク、~のサンプル ファイル  A-28

コンフィグレット内のエラー説明、表示  10-52

コンフィグレットの生成を中止する  10-52

収集した構成でパスワードをマスキングする  7-3

スタティック ルーティング、~のサンプル ファイル  A-21

セキュリティ要件  1-13

テンプレート コンフィグレット、VPNSC コンフィグレットにおける配置  5-51

名前付きアクセス リスト エントリ、~のサンプル ファイル  A-29

~のバージョンを表示  4-76

ハブアンドスポーク トポロジ、~のサンプル ファイル  A-5

番号未指定プロビジョニングを使用した OSPF  A-18

変更済み構成、収集  7-30

変更済みのファイルのみを収集  7-30

編集  4-72

前のバージョンを取得  4-75

ルータから収集  7-2

コンフィギュレーション ファイルのインポート  4-4

コンフィグレット

コンフィグレット レポートの表示  6-24

コンフィグレット内のエラー定義、表示  10-52

コンフィグレットの生成を中止する  10-52

コンフェデレーション  12-9

サービス クラス プロファイル  4-37

サービス クラス プロファイル。CoS プロファイルを参照

サービス レベル契約。SLA を参照

サービス拒絶攻撃  1-9

サービスの削除  6-28

サービスの種類。ToS を参照してください

サービス要求

展開を遅らせる  6-14, 8-22

リポジトリへの格納  6-14, 8-22

サービス要求

All VPN Service Requests レポート  6-22

just-in-time (jit) 監査  6-20

Profile Editor  5-10

RD 値、上書き  6-17

VRF 名、上書  6-17

アクセス リスト エントリ、名前付き  8-13

エクストラネットの設定  6-13, 8-20

カスタマイズされた展開  6-34

監査  6-19

クローズしたサービスの削除  6-31

コンフィグレット レポート  6-24

サービスの削除  6-28

修正  6-26

詳細レポート  6-23

定義  6-7

手作業でのクローズ  6-32

展開  6-15

展開のスケジューリング  6-16

展開のステータス  6-23

テンプレートを使用して統合する  5-47

~について  6-6

~の状態  6-2, 15-2

廃棄  6-28

ハブアンドスポーク トポロジ  6-11, 8-19

サービス要求の展開  6-15

サービス要求の展開のスケジューリング  6-16

サービス要求プロファイル  5-7

Profile Editor  5-10

移動  5-20

カテゴリ、新しい~の作成  5-16

カテゴリ、名前変更  5-17

削除  5-20

作成  5-10

ファイル名規則  5-7

プロファイルのオープン  5-13, 5-21

プロファイルの編集  5-13, 5-21

編集  5-19

サイト

Import Manager での作成  4-49

サイト名形式  4-49

サブインターフェイス番号、VPNSC による選択の仕組み  9-5, 9-26

サブストリング、取得  10-50

サブテンプレート  10-48

~の変数を作成  10-12

時間帯

サポートされている  2-29

ジッタ プローブ、~用に SA エージェントをイネーブルにする  2-6

ジャーナル ファイル

サマリー  14-18

手動で起動および停止する  14-18

タイムスタンプ  14-19

リポジトリの回復に使用する  14-10

シャドウ CE  7-14

~と管理 PE  8-5

使用可能値、変数に指定  10-8

自律システム、中継  12-1

自律システム中継

AS 間のルーティング  12-3

IGP ルート ラベル  12-6

neighbor next-hop-self コマンド  12-3

redistribute connected subnets コマンド  12-4

redistribute connected コマンド  12-6

VPN ルート ラベル  12-6

概要  12-1

コンフェデレーション  12-9

利点  12-2

侵入攻撃  1-9

スーパー テンプレート  10-48

スタティック ルート プロビジョニング  5-34

CE へのデフォルト ルートの作成  5-34

ip route vrf コマンド  B-5

IP 番号未指定リンクに対する作成  5-42

VPN 内のリモート ネットワークへのルート  5-35

コンフィギュレーション ファイル例  A-21

接続ルートの再配布  5-34

CE のアドレス空間内のスタティック ルート  5-34

スポーク  6-10

VRF  6-10

整数型変数  10-9

製品のシャットダウン  3-9

セカンダリ IP アドレス範囲  9-5

セカンダリ アドレス  5-32, 9-27

セキュア シェル。SSHを参照  2-2

セキュリティでの考慮事項

MPLS コア構造の隠蔽  1-8

PE-CE リンク  1-12

VPN 間の接続性  1-13

アドレス空間とルーティングの分離  1-7

サービス拒絶攻撃  1-9

侵入攻撃  1-9

ラベル スプーフィング  1-11

選択したタスクのアクション ログ  6-41

ターゲット

IOS ホスト名に対応する名前  4-4

定義  4-4

~のパスワード  4-20, 4-24

ダウンロード コンソール  4-74

ダウンロード用にファイルをインポート  4-80

複数デバイスへのダウンロード コマンド  4-78

タスク

Task Chooser  6-36

Task Chooser のリスト  6-36

Task Manager  6-35

期限満了タスク、削除  6-37

削除  6-36

サマリーの状態  6-41

新規タスク  6-36

デバッグ メッセージ  6-40

~のアクション ログ  6-41

~の状態  6-41

タスク ログ

Action Report  15-8

Web ページ  15-9

アクセス  6-39, 15-6

削除  6-43

サマリーの状態  6-41

デバッグ メッセージ  6-40

トラブルシューティング  15-8

~のアクション ログ  6-41

標準出力およびエラー レポート  6-42

ブラウザ  15-7

タスク ログに関する Action Report  15-8

タスク ログのエラー レポート  6-43

端末サーバ

Telnet セッション、適切な番号を設定  2-29

ディレクトリ リポジトリ  14-18

データ クエリー ツール  7-45

データセット タイプ レポート  7-57

デバイス アクセス アルゴリズム  6-6

デバイス インポート ファイルを開く  4-11

デバイス インポートをファイルに保存する  4-10

デバイス レポート  7-53

デバイスに必要なアトリビュート、指定  4-8

デフォルト ルート  5-36

デフォルト値、インポートする  4-30

転送方式

MPLS のデフォルト  4-16, 4-67

転送方式、指定  4-16, 4-67

テンプレート

DSLAM テンプレートの例  10-60

EoMPLS のテンプレート  10-34

if-else 文  10-46

IPsec LAN-to-LAN リポジトリ変数  10-31

IPsec remote-access リポジトリ変数  10-33

MPLS リポジトリ変数  10-30

repeat 文  10-46

VPNSC コンフィグレットへのテンプレート コンフィギュレーション ファイルのアペンドまたはプリペンド  5-51

一次元変数、例  10-46

可能な値、変数を指定  10-8

キーワード  10-44

固定  10-44

コピー  10-24

コンフィギュレーション ファイル、作成  10-22

サービス要求と統合する  5-47

削除  10-25

サブテンプレート  10-48

サブテンプレート 変数の種類  10-12

式  10-45

スーパー テンプレート  10-48

追加オペレータ  10-45

データ ファイル、コピー  10-21

データ ファイル、削除  10-21

テンプレート コンフィギュレーション ファイルのダウンロード  10-26

テンプレートの例  10-53

トークン  10-44

取消テンプレート  13-16

配列オペレータ  10-45

複合オペレータ  10-45

文  10-46

変数、アトリビュートの割り当て  10-7

変数、~のサマリー  10-30, 10-31

リピート カウンタ変数  10-46

リレーショナル オペレータ  10-45

論理オペレータ  10-45

テンプレート マネージャー

IP アドレス、取得  10-50

IP マスク、取得  10-50

IP リバース マスク、取得  10-51

新しいテンプレート、作成  10-5

新しいフォルダ、作成  10-4

キーワード、入力  10-5

クラスフル ネットワーク アドレス、取得  10-51

言語の指示  10-52

コメント文字、変更  10-50

コンフィグレット内のエラーの説明、表示  10-52

コンフィグレットの生成を中止する  10-52

サブストリング、取得  10-50

サブテンプレート  10-48

スーパー テンプレート  10-48

データ ファイル  10-1

テンプレート ファイル  10-1

テンプレート ホーム  10-3

テンプレートのコピー  10-24

テンプレートの削除  10-25

テンプレートの作成  10-3

テンプレートの例  10-53

ネットワーク アドレス、取得  10-51

~のコンフィギュレーション ファイル  10-1

ビルトイン機能呼び出し  10-50

変数、割り当て  10-7

テンプレートの repeat 文  10-46

テンプレートのコンフィギュレーション ファイルをダウンロードする  10-26

テンプレートのデータ ファイル  10-1

削除  10-21

コピー  10-21

テンプレートの配列演算子  10-45

テンプレートの付加演算子  10-45

テンプレートの複合オペレータ  10-45

テンプレートのリピート カウンタ変数  10-46

テンプレートのリレーショナル オペレータ  10-45

テンプレートの論理オペレータ  10-45

特定のデータのフィルタリング データ レポート  7-54

トポロジ

エクストラネット  6-13, 8-20

多重 VPN の CE で VPN を構築  6-13, 8-20

フルメッシュ  6-10

トラップ

config-change トラップ  7-32

SLA データのイネーブル化  7-38

SLA トラップ、イネーブルまたはディセーブルにする  7-11

インターフェイス情報をリポジトリに移動  7-31

ディセーブルにする  7-41

トラブルシューティング

Broken サービス  15-12

debug ip bgp コマンド  B-20

Failed Deploy サービス  15-10

Functional サービス  15-12

Invalid サービス  15-9

Pending サービス  15-11

Requested サービス  15-8

Task Scheduler 誤動作  15-8

VPN ルーティング情報  15-12

コンフィギュレーション テスト  15-11

タスク ログ  15-8

ファイル ディスクリプタ制限、~を使用して問題を修正する  2-2, 4-3

ルーティング テスト  15-11

取消テンプレート  13-16

トンネル インターフェイス  5-28

トンネル宛先アドレス  5-29

トンネル発信元アドレス  5-28

名前付きアクセス リスト エントリ  8-13

名前付きアクセス リスト エントリ、~のサンプル ファイル  A-29

ネットワーク

network packet drop レポート  7-44

network round trip delay レポート  7-44

クラスフル ネットワーク アドレス、取得  10-51

コンフィギュレーション ファイルの修正  4-74

定義  4-3

デフォルト ネットワーク、指定  4-17, 4-68

ネットワーク アドレス、取得  10-51

レポート  7-56

ネットワーク オペレータの作業  4-2

ネットワーク レイヤ到着可能性情報  4-39

ネットワーク レイヤ到着可能性情報。NLRI を参照

ネットワーク管理サブネット  8-4

アウトオブバンド技術  8-8

アクセス規則のタイプ  8-10

エクストラネット 多重 VPN  8-7

管理 VPN 技術  8-6, 8-12

セキュリティ  8-10

抑制  8-10

ネットワーク管理者の作業  4-2

パスワード

21.x から 2.x へ移行  14-5

AuthNoPriv パスワード  4-25

AuthPriv パスワード  4-26

AuthPriv プライバシー パスワード  4-27

VPN コンソール パスワードの最大長  3-5

VPNSC ソフトウェアでの変更  3-5

VPNSC ソフトウェアのデフォルト  3-4

コンソール パスワード  4-21, 4-59

収集した構成でパスワードをマスキング  7-3

端末サーバがルータにアクセスする場合  4-21, 4-59

複数ターゲットの  4-20, 4-24

ルータの  4-21, 4-59

ログイン(仮想端末)パスワード要求  4-19

ハブ  6-10

ハブアンドスポーク トポロジ  1-21, 6-11, 8-19

定義  1-20

~のコンフィギュレーション ファイル例  A-5

パフォーマンスのモニタリング

データ クエリー ツール  7-45

番号未指定 IP アドレス  5-42

標準出力およびエラー レポート  6-42

ファイアウォール

テンプレート例  10-53

ファイル記述子制限、問題を~で修正する  2-2, 4-3

不動小数点型変数  10-10

プライマリ IP アドレス範囲  9-5

ブラウザ

デフォルト管理ユーザ名およびパスワード  6-39

フル メッシュ トポロジ  1-21, 6-10

定義  1-20

フレーム リレー

LMI 形式、修正  2-28

フレームリレー

DLCI  5-26

ietf カプセル化方式  5-25

プロバイダー管理ドメイン  4-32

AS 番号  4-34

Import Manager での作成  4-32

VPN、定義  5-2

サービス クラス プロファイル  4-37

デフォルト、指定  4-29

~の IP アドレス プール  4-35

必要な情報  4-32

リージョン、デフォルト  4-30

プロビジョニング

PPP over ATM テンプレート  13-11

PPP over Ethernet テンプレート  13-14

Provisioning Driver  15-6

RBE テンプレート  13-9

RFC-1483 routed  13-4

ケーブル メンテナンス サブインターフェイス  9-10

ケーブル リンク  9-21

主要機能  15-6

ルータ モデル  15-6

ベース ライセンス キー  3-7

変数

IPsec リポジトリ変数  10-31

IPv4 アドレス  10-11

MPLS リポジトリ変数  10-30

次元アトリビュート  10-8

使用可能な変数、指定  10-8

整数型変数  10-9

タイプ、指定  10-7

テンプレート  10-12

テンプレート内の  10-7

必須またはオプション  10-8

浮動小数点  10-10

割り当てたデフォルト値  10-8

変数に割り当てられたデフォルトの値  10-8

ポイントツーポイント アドレス プール  5-42

ボーダー ゲートウェイ プロトコル。BGP を参照

ホスト ヘルパ アドレス  5-31, 9-16

マルチ VRF CE

CE を多重 VRF CE として定義  11-4

概要  11-1

テンプレート例  10-61, 11-8

利点  11-2

メッセージ ダイジェスト  4-25, 4-63

メンテナンス ヘルパー アドレス  9-16

モデム ヘルパ アドレス  5-31, 9-16

ユーザ名

21.x から 2.x への移行  14-5

VPNSC ソフトウェアのデフォルト  3-4

抑制処理  1-10

ライセンス

VPN ライセンス キー  3-6

アップグレード  3-8

アプリケーション ライセンス キー  3-6

作成されたエッジ デバイスの確認番号  3-5

サマリー  3-5

ベース ライセンス キー  3-7

ライセンス キー、インストール  3-6

ライセンスのアップグレード  3-8

ラベル スプーフィング  1-11

ラベル フォワーディング エントリ、VRF についての表示  B-19

リージョン  4-32

Import Manager での定義  4-34

IP アドレス プール  4-36

デフォルト  4-30

~の IP アドレス プール  4-35

リスト、テンプレート変数の指定  10-8

リポジトリ

Collection リポジトリ  14-18

Database Backup ユーティリティ、使用  14-9

Database Resotore ユーティリティ、使用  14-12

Directory リポジトリ  14-18

Import/Export ユーティリティ  14-14

rep.list ファイル、変更  14-3

Task リポジトリ  14-18

v2.0 から v2.1 への変換  14-4

v2.0 へ変換  14-2

VPN Inventory リポジトリ  14-18

インターフェイス情報を~に移動  7-31

管理ツール  14-6

クローズしたサービス要求の削除  6-31

サービス要求の格納  8-22, 6-14

ジャーナル ファイルから再作成する  14-10

バックアップ  14-6

ファイルからインポートする  14-14

復元  14-11

フラット ファイルへのエクスポート  14-16

リポジトリのパックアップ  14-6

リポジトリの復元  14-11

ルータ

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ  9-3

Cisco uBR7200 ルータ、およびケーブル サービス  9-3

Redistribute Connected  5-37, 5-41

SA エージェント、ジッタ プローブに対してイネーブルにする  2-6

SSH、設定  2-3

VPN コンソールからコマンドを実行する  4-82

VRF 転送テーブル  1-13

アクセス アルゴリズム  6-6

コンフィギュレーション ファイルの前バージョン  4-75

再配布  5-37

名前とターゲット名の一致  4-4

パスワード  4-21, 4-59

必要なログイン(仮想端末)パスワード  4-19

ルーティング コンテキスト テーブル  1-13

ルーティング コンテキスト テーブル  1-13

ルーティング テスト  15-11

ルーティング プロトコル

PE-CE リンクのための定義  5-32

Redistribute Connected  5-37, 5-41

インターフェイス タイプに対するカプセル化  5-24

再配布  5-37

保護  1-9

ルーティング情報の再配布  5-37

ルーティングの分離  1-7

ルート ターゲット。RT を参照

ルート ターゲット コミュニティ

エクスポートおよびインポート コミュニティ  B-18

ルート マップ

VRF へのインポート  B-6

インポート  5-46, 12-18

エクスポート  5-46

ルート区分。RD を参照

ルートターゲット コミュニティ  1-20, B-9

ループバック

CE のエクストラ ループバック アドレス  5-43

SR ID の除外  5-43

インターフェイス番号、既存の~の使用  5-43

~と IP 番号未指定アドレッシング方式  5-43

レポート

All VPN Service Requests  6-22

customer round trip delay レポート  7-44

network round trip delay レポート  7-44

service request configlets  6-25

service request details  6-24

SLA サマリ  7-44

SLA 定義レポート  7-44

SLA の customer packet drop レポート  7-44

SLA の HTTP レポート  7-44

SLA のジッタ レポート  7-44

エラー レポート、タスク ログ  6-43

データセット タイプ  7-57

デバイス レポート  7-53

特定のデータのフィルタリング レポート  7-54

ネットワーク パケット ドロップ率  7-44

ネットワーク レポート  7-56

標準エラー(Stderr)  6-42

標準出力(Stdout)  6-42

ロード バランス  6-12, 8-19

ログイン パスワード、PE と CE が持つ必要のある~  4-19

論理インターフェイス

csm.properties ファイルの設定  5-28

論理トンネル インターフェイス  5-28