Cisco CNS NetFlow Collection Engine ユーザ ガイド Release 5.0.2
ロギング
ロギング
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ロギング

設定

ロギング

CNS NetFlow Collection Engine Release 5.0 は、Apache Foundation の Log4J を使用して、ロギング機能を実行します。一般的に、すべてのログは必要なロギングのレベルと量を提供するように調整できます。

設定

すべてのロギング設定は、 NFC_DIR/config ディレクトリ内に格納されているファイルによってもたらされます。 表D-1 に、CNS NetFlow Collection Engine Release 5.0 の各コンポーネントに対するログ コンフィギュレーション ファイルを示します。

 

表D-1 ログ設定のコンポーネント

コンポーネント
ログ コンフィギュレーション ファイル

NFC

NFC_DIR/config/nfc-log4j.properties

CNS/XML インターフェイス

NFC_DIR/config/nfcxml-log4j.properties

Process Watcher

NFC_DIR/config/nfcpw-log4j.properties

BGP ピア

NFC_DIR/config/nfcbgp-log4j.properties

Report Generator

NFC_DIR/config/nfcre-log4j.properties

Web ベース UI

NFC_DIR/config/nfcweb-log4j.properties

これらのコンフィギュレーション ファイルに格納されている 2 つの設定値は、 log filename
logging level
です。 log filename をカスタマイズするには、該当するコンフィギュレーション ファイルの log4j.appender...File=<デフォルトのファイル名> の行を変更します。

たとえば、CNS NetFlow Collection Engine ログ ファイルへのパスを変更するには、次の内容を

log4j.appender.nfcLog.File=${NFC_DIR}/logs/nfc${NFC_PROG}.log
 

次のように変更します。

log4j.appender.nfcLog.File=/tmp/nfc.log
 

logging level をカスタマイズするには、該当するコンフィギュレーション ファイルの log4j.logger...=INFO, ... の行を変更します。有効なレベルは、 FATAL ERROR WARN 、および INFO です。

たとえば、CNS NetFlow Collection Engine のロギング レベルを INFO から ERROR に変更するには、次の内容を

log4j.logger.com.cisco.nfc.collector=INFO, nfcLog
 

次のように変更します。

log4j.logger.com.cisco.nfc.collector=ERROR, nfcLog
 

これらのコンフィギュレーション ファイルの作用の詳細については、 http://jakarta.apache.org/log4j を参照してください。