Cisco Prime Fulfillment ユーザ ガイド 6.1
サンプル コンフィグレット
サンプル コンフィグレット
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/11/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

目次

サンプル コンフィグレット

概要

Primary Tunnel Configlet(IOS)

Bandwidth Protection Backup Tunnel Configlet(IOS)

Connectivity Protection Backup Tunnel Configlet(IOS)

TE Traffic Admission Configlet Using CBTS(IOS)

TE Traffic Admission Configlet(IOS)

Primary Tunnel Configlet(IOS XR)

Bandwidth Protection Backup Tunnel Configlet(IOS XR)

Connectivity Protection Backup Tunnel Configlet(IOS XR)

TE Traffic Admission Configlet Using PBTS(IOS XR)

TE Traffic Admission Configlet(IOS XR)

サンプル コンフィグレット

この付録では、Cisco Prime Fulfillment でのトラフィック エンジニアリング サービス プロビジョニング用サンプル コンフィグレットを示します。この章の内容は、次のとおりです。

「概要」

「Primary Tunnel Configlet(IOS)」

「Bandwidth Protection Backup Tunnel Configlet(IOS)」

「Connectivity Protection Backup Tunnel Configlet(IOS)」

「TE Traffic Admission Configlet Using CBTS(IOS)」

「TE Traffic Admission Configlet(IOS)」

「Primary Tunnel Configlet(IOS XR)」

「Bandwidth Protection Backup Tunnel Configlet(IOS XR)」

「Connectivity Protection Backup Tunnel Configlet(IOS XR)」

「TE Traffic Admission Configlet Using PBTS(IOS XR)」

「TE Traffic Admission Configlet(IOS XR)」

概要

この付録のコンフィグレットでは、特定のサービスおよび機能のために Prime Fulfillment によって生成された CLI を示します。各コンフィグレット例では、次の情報を提供します。

サービス

機能

デバイス設定(ネットワーク ロール、ハードウェア プラットフォーム、デバイスの関係、およびその他の関連情報)

設定内の各デバイス用のサンプル コンフィグレット

コメント

この付録のすべてのサンプルでは、MPLS-TE コアの存在を想定しています。


) Prime Fulfillment によって生成されるコンフィグレットは、プロビジョニングする必要のある要素と現在デバイス上に存在する要素の差分にすぎません。つまり、関連する CLI がすでにデバイス上に存在する場合、その CLI は関連コンフィグレットには示されません。


Primary Tunnel Configlet(IOS)

設定

サービス:MPLS-TE プライマリ トンネル

機能:プライマリ トンネルを導入するための MPLS TE コンフィグレット(IOS)

デバイス設定:IOS 12.0(32)S を稼動する CISCO12410

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! Explicit path:

ip explicit-path name isctmp2-isctmp8-1 enable

next-address 10.2.2.145

next-address 10.2.2.174

!

! Primary tunnel:

interface Tunnel1000

description CISCO ISC-P24

ip unnumbered Loopback0

no ip directed-broadcast

tag-switching ip

tunnel destination 192.168.118.183

tunnel mode mpls traffic-eng

tunnel mpls traffic-eng priority 0 0

tunnel mpls traffic-eng bandwidth 10

tunnel mpls traffic-eng affinity 0x0

mask 0x0

tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name isctmp2-isctmp8-1

tunnel mpls traffic-eng path-option 2 dynamic

tunnel mpls traffic-eng record-route

!

Create an explicit path with the specified next addresses, which indicate the strict path that the tunnel traverses.

This explicit path is used by the primary tunnel detailed above.

Create a TE primary tunnel

with the following attributes:

- tag switching: This command is generated because the policy has the 'mpls ip' flag enabled. This allows the TE tunnels to be used for MPLS VPN traffic.

- Destination 192.168.118.183

- TE encapsulation

- Setup and hold priorities both 0

- Bandwidth global pool 10 kbps

- Tunnel affinity 0x0

- Explicit first path option

- Dynamic second path option

Bandwidth Protection Backup Tunnel Configlet(IOS)

設定

サービス:Fast Re-Route(FRR)対応の MPLS-TE

機能:リンクまたはノードで障害が発生した場合に、プライマリ トンネル トラフィックをこのトンネルで保護

デバイス設定:IOS 12.0(32)S を稼動する CISCO12410

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント
! Explicit path:
ip explicit-path name isctmp5-isctmp4-1 enable
next-address 10.2.2.145
next-address 10.2.2.174
!
! Backup tunnel:
interface Tunnel1001
description CISCO ISC-B30
ip unnumbered Loopback0
tunnel destination 192.168.118.213
tunnel mode mpls traffic-eng
tunnel mpls traffic-eng backup-bw
sub-pool 30000
tunnel mpls traffic-eng priority 0 0
tunnel mpls traffic-eng affinity 0x0
mask 0x0
tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name isctmp5-isctmp4-1
tunnel mpls traffic-eng record-route
!
interface POS0/1
mpls traffic-eng backup-path tunnel 1001
!
Create an explicit path with the specified next addresses, which indicate the strict path that the tunnel traverses.
This explicit path is used by the backup tunnel detailed above.
Create a TE backup tunnel with the following attributes:
- Destination 192.168.118.213
- TE encapsulation
- Protect subpool bandwidth of 30000 kbps
- Setup and hold priorities both 0
- Tunnel affinity 0x0
- Explicit first path option
Backup tunnel 1001 protects interface POS0/1

Connectivity Protection Backup Tunnel Configlet(IOS)

設定

サービス:Fast Re-Route(FRR)対応の MPLS-TE

機能:接続保護バックアップ トンネルおよび関連する除外アドレス パスを導入するための MPLS TE コンフィグレット(IOS)

デバイス設定:IOS 12.0(32)S を稼動する CISCO12410

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! Explicit path:

ip explicit-path name L47-excl enable

exclude-address 192.168.1.18

!

!

! Backup tunnel:

interface Tunnel1000

description CISCO ISC-B1

ip unnumbered Loopback0

tunnel mode mpls traffic-eng

tunnel destination 10.52.96.38

tunnel mpls traffic-eng priority 0 0

no tunnel mpls traffic-eng bandwidth

tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name L47-excl

tunnel mpls traffic-eng affinity 0x0 mask 0x0

tunnel mpls traffic-eng backup-bw sub-pool unlimited

tunnel mpls traffic-eng record-route

!

interface ATM4/0.1 point-to-point

mpls traffic-eng backup-path Tunnel1000

Create an explicit path with an exclude address, which indicates the IP address the path should avoid. This explicit path is used by the backup tunnel detailed above.

Create a TE backup tunnel with the following attributes:

- Destination 10.52.96.38

- TE encapsulation

- Setup and hold priorities both 0

- Backup tunnel does not reserve any bandwidth

- Explicit first path option

- Tunnel affinity 0x0

- Unlimited backup bandwidth for protecting sub pool

Set up backup path on ATM interface.

TE Traffic Admission Configlet Using CBTS(IOS)

設定

サービス:TE トラフィック アドミッション

機能:Class-Based Tunnel Selection(CBTS; クラスベース トンネル選択)を使用してトラフィックをアドミッションするための MPLS TE コンフィグレット(IOS)

デバイス設定:IOS 12.0(32)S を稼動する CISCO12410

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! TE Traffic Admission using CBTS:

interface Tunnel1000

tunnel mpls traffic-eng exp 1 2 3

!

! Static route:

ip route 192.168.118.189 255.255.255.255 Tunnel1000

Class-based tunnel selection where traffic with EXP bit 1, 2, or 3 are selected

Create a static route, which admits all traffic destined for 192.168.118.189 into the above-configured Tunnel 1000.

上記は、次に、「Primary Tunnel Configlet(IOS)」などのすでに存在しているプライマリ トンネルに導入されます。

TE Traffic Admission Configlet(IOS)

設定

サービス:TE トラフィック アドミッション

機能:TE トラフィック アドミッション用 MPLS TE コンフィグレット(IOS)

デバイス設定:IOS 12.2(33)SRA を稼動する OSR-7609

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! TE Traffic Admission:

interface Tunnel1000

tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

tunnel mpls traffic-eng autoroute metric relative 0

Autoroute announce with relative metric, 0 (default)

上記は、次に、「Primary Tunnel Configlet(IOS)」などのすでに存在しているプライマリ トンネルに導入されます。

Primary Tunnel Configlet(IOS XR)

設定

サービス:MPLS-TE プライマリ トンネル

機能:プライマリ トンネルを導入するための MPLS TE コンフィグレット(IOS XR)

デバイス設定:IOS XR 3.7.0 を稼動する CISCO12406

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! Explicit path:

explicit-path name isctmp12-isctmp7-1

index 1 next-address ipv4 unicast

10.163.25.109

index 2 next-address ipv4 unicast

10.163.25.106

!

! Primary tunnel:

interface tunnel-te133

description CISCO ISC-P2

ipv4 unnumbered Loopback0

priority 0 0

signalled-bandwidth 13

destination 192.168.118.214

fast-reroute

path-option 1 explicit name

isctmp12-isctmp7-1

path-option 2 dynamic

record-route

!

mpls ldp

interface tunnel-te 133

!

Create an explicit path with the specified next addresses, which indicate the strict path that the tunnel traverses. This explicit path is used by the primary tunnel detailed above.
Create a TE primary tunnel with the following attributes:
- Destination 192.168.118.214
- TE encapsulation
- Setup priority 0
- Hold priority 0
- Reserve 13 kbps from global pool
- Tunnel affinity 0x0
- Explicit first path option
- Dynamic second path option
- Enable FRR for the tunnel
Enable ldp (Label Distribution Protocol) on the tunnel interface. This command is generated because the policy has the 'mpls ip' flag enabled. This allows the TE tunnels to be used for MPLS VPN traffic

Bandwidth Protection Backup Tunnel Configlet(IOS XR)

設定

サービス:Fast Re-Route(FRR)対応の MPLS-TE

機能:バックアップ トンネルを導入するための MPLS TE コンフィグレット(IOS XR)

デバイス設定:IOS XR 3.7.0 を稼動する CISCO12406

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! Explicit path:

explicit-path name isctmp8-isctmp9-1

index 1 next-address ipv4 unicast

10.163.25.109

index 2 next-address ipv4 unicast

10.163.25.106

!

! Backup tunnel:

interface tunnel-te1009

description CISCO ISC-B1411

ipv4 unnumbered Loopback0

priority 0 0

backup-bw 9600000

destination 10.163.24.131

path-option 1 explicit name isctmp8-isctmp9-1

record-route

affinity 0 mask 0

!

mpls traffic-eng

interface POS0/1/0/1

backup-path tunnel-te 1009

Create an explicit path with the specified next addresses, which indicate the strict path that the tunnel traverses. This explicit path is used by the backup tunnel detailed above.

Create a TE backup tunnel with the following attributes:

- Destination 10.163.24.131

- TE encapsulation

- Protect any pool bw of 9600000 kbps

- Setup and hold priority of 0

- Tunnel affinity 0x0

- Explicit first path option

Connectivity Protection Backup Tunnel Configlet(IOS XR)

設定

サービス:Fast Re-Route(FRR)対応の MPLS-TE

機能:接続保護バックアップ トンネルおよび関連する除外アドレス パスを導入するための MPLS TE コンフィグレット(IOS XR)

デバイス設定:IOS XR 3.7.0 を稼動する CISCO12406

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! Explicit path:

explicit-path name L96-excl

index 1 exclude-address ipv4 unicast 192.168.1.42

!

!

! Backup tunnel:

interface tunnel-te1000

description CISCO ISC-B2

ipv4 unnumbered Loopback0

destination 10.52.96.37

priority 0 0

no signalled-bandwidth 0

path-option 1 explicit name L96-excl

affinity 0 mask 0

backup-bw sub-pool unlimited

record-route

!

mpls traffic-eng

interface POS0/1/0/2

backup-path tunnel-te 1000

!

Create an explicit path with an exclude address, which indicates the IP address the path should avoid. This explicit path is used by the backup tunnel detailed above.

Create a TE backup tunnel with the following attributes:

- Destination 10.52.96.37

- TE encapsulation

- Setup priority 0

- Hold priority 0

- Explicit first path option

- Tunnel affinity 0x0

- An unlimited sub pool acts as backup bandwidth

Tunnel 1000 protects interface POS0/1/0/2

TE Traffic Admission Configlet Using PBTS(IOS XR)

設定

サービス:TE トラフィック アドミッション

機能:Policy-Based Tunnel Selection(PBTS; ポリシー ベースのトンネル選択)を使用してトラフィックをアドミッションするための MPLS TE コンフィグレット(IOS XR)

デバイス設定:IOS XR 3.7.0 を稼動する CISCO12406

コンフィグレット

 

IOS デバイスの設定
コメント

! TE Traffic Admission using PBTS:

interface tunnel-te133

autoroute announce

autoroute metric absolute 100

policy-class 2

!

Autoroute announce with absolute metric 100

上記は、次に、「Primary Tunnel Configlet(IOS XR)」などのすでに存在しているプライマリ トンネルに導入されます。

TE Traffic Admission Configlet(IOS XR)

設定

サービス:TE トラフィック アドミッション

機能:TE トラフィック アドミッション用 MPLS TE コンフィグレット(IOS XR)

デバイス設定:IOS XR 3.7.0 を稼動する CISCO12406

コンフィグレット

 

IOS XR デバイス設定
コメント

! TE Traffic Admission Using Static Route:

router static

address-family ipv4 unicast

1.2.3.4/32 tunnel-te 1000 123

!

!

Configuration of TE Traffic Admission on tunnel 1000 with static route

上記は、次に、「Primary Tunnel Configlet(IOS XR)」などのすでに存在しているプライマリ トンネルに導入されます。