Cisco Prime Fulfillment ユーザ ガイド 6.1
MPLS VPN の開始
MPLS VPN の開始
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2011/11/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

目次

MPLS VPN の開始

始める前に

サービス アクティベーション

MPLS ポリシーとサービス要求の操作

MPLS VPN の開始

この章では、Cisco Prime Fulfillment 6.1、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)、Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)の使用を開始するために必要なタスクについて説明します。


) この章の情報は、MPLS VPN の使用を開始するために必要な重要なタスクの一部の概要を示します。基本的な Prime Fulfillment サービスの設定の詳細については、「Cisco Prime Fulfillment サービスの設定」および「サービスの設定」の部を参照してください。


始める前に

MPLS VPN をプロビジョニングに使用する前に、次のステップを実行します。


ステップ 1 Prime Fulfillment をインストールします。『 Cisco Prime Fulfillment Installation Guide 6.1 』を参照してください。

ステップ 2 ライセンスを購入します。

ステップ 3 ネットワークを評価します。

たとえば、ネットワークは MPLS、MP-BGP 対応、サポートされるプラットフォーム上の PE ルータであることなどの特定の基準を満たす必要があります。Prime Fulfillment は特定のネットワーク内のデバイスではなく、PE-CE だけをプロビジョニングします。

ステップ 4 Prime Fulfillment を読み込みます。


 

Prime Fulfillment サービス アクティベーション

MPLS サービスをアクティブにするには、事前設定情報を「認識」するように Prime Fulfillment を設定する必要があります。事前設定情報には、Prime Fulfillment が今後管理するデバイス、プロバイダー、カスタマーなどとそのロールが含まれます。Prime Fulfillment サービス アクティベーションを実行するための主要ステップには、次の設定も含まれます。

デバイス

プロバイダー情報(プロバイダー、リージョン、および PE)

カスタマー情報(カスタマー、サイト、および CPE)

リソース プール:

IP アドレス

Route Target(RT; ルート ターゲット)

Route Distinguisher(RD; ルート識別子)

Site of Origin(SoO)

Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)

Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)Routing Community(CERC; CE ルーティング コミュニティ)

Named Physical Circuit(NPC; 名前付き物理回線)


) これらのステップの詳細は、「Cisco Prime Fulfillment サービスの設定」で説明します。


MPLS ポリシーとサービス要求の操作

Prime Fulfillment でプロバイダー、カスタマー、デバイス、およびリソースを設定したら、MPLS ポリシーの作成、サービス要求のプロビジョニング、およびサービスの展開をする準備は完了です。サービス要求が展開されたら、サービス要求のモニタ、監査、およびレポートを実行できます。このマニュアルでは、これらすべてのタスクについて説明します。これらのタスクを実行するには、次のステップを実行します。


ステップ 1 必要に応じて、MPLS の概念の概要情報を確認します。

ステップ 2 MPLS ポリシーを設定します。

基本的な情報および重要な概念については、「MPLS VPN サービス ポリシー」およびこのマニュアルの後続の章を参照してください。

ステップ 3 MPLS サービス要求をプロビジョニングします。

プロビジョニングするサービス要求のタイプに応じて、該当する章を参照してください。

「独立 VRF の管理」

「MPLS VPN サービス要求」

「標準 PE-CE リンクのプロビジョニング」

「マルチ VRFCE PE-CE リンクのプロビジョニング」

「管理 VPN のプロビジョニング」

「ケーブル サービスのプロビジョニング」

「Carrier Supporting Carrier のプロビジョニング」

「複数のデバイスのプロビジョニング」

「複数の自律システムのスパニング」

ステップ 4 MPLS サービス要求を展開します。

「MPLS VPN サービス要求」を参照してください。

ステップ 5 展開したサービスのステータスを確認します。

次の中から 1 つ以上の方法を使用できます。

サービス要求をモニタします。「サービス要求のモニタリング」の項を参照してください。

サービス要求を監査します。「サービス要求の展開、モニタリング、および監査」の項を参照してください。

MPLS レポートを実行します。「MPLS レポートの生成」を参照してください。

ステップ 6 MPLS サービスのトラブルシューティングを行います。

「MPLS VPN のトラブルシューティング」を参照してください。


 

特定のトピックの詳細については、このマニュアルの次の各項を参照してください。

IPv6 および 6VPE サポートの詳細については、「MPLS VPN での IPv6 および 6VPE サポート」を参照してください。

Prime Fulfillment が MPLS サービスに対して生成するサンプル コンフィグレットについては、「サンプル コンフィグレット」を参照してください。

Prime Fulfillment ポリシーおよびサービス要求でのテンプレートおよびデータ ファイルの使用の詳細については、次を参照してください。 「ポリシーおよびサービス要求でのテンプレートおよびデータ ファイルの使用」