Cisco Prime Fulfillment ユーザ ガイド 6.1
サービス要求の展開、モニタリング、および 監査
サービス要求の展開、モニタリング、および監査
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/11/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

目次

サービス要求の展開、モニタリング、および監査

展開前の変更点

サービス要求の展開、モニタリング、および監査

L2VPN、VPLS、または FlexUNI ポリシーをネットワーク デバイスに適用するには、サービス要求を展開する必要があります。サービス要求を展開する際、Prime Fulfillment はリポジトリ(Prime Fulfillment データベース)のデバイス情報と現在のデバイス設定を比較して、コンフィグレットを生成します。さらに、サービス要求では、各種モニタリングおよび監査タスクを実行できます。すべてのタイプの Prime Fulfillment サービス要求に適用されるこれらの共通タスクについては、「サービス要求の管理」で説明しています。これらのタスクの詳細については、こちらを参照してください。

本章では、FlexUNI/EVC、L2VPN、および VPLS サービスのサービス要求タスクを管理する場合に関連する特定の問題について説明します。次の事項について説明します。

「展開前の変更点」

展開前の変更点

FlexUNI/EVC、L2VPN、または VPLS サービス要求を展開する前に、Dynamic Component Properties Library(DCPL)パラメータ actionTakenOnUNIVlanList を変更できます。この変更は、[trunk allowed vlan] のリストが User Network Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)上に存在しない場合に必要になります。

この変更を行うには、次のステップを実行します。


ステップ 1 [Administration] > [Control Center] > [Hosts] を選択します。

ステップ 2 変更するホストを選択します。

ステップ 3 [Config] をクリックします。

[Host Configuration] ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 [DCPL properties] パネルで、[Provisioning] > [Service] > [shared] > [actionTakenOnUNIVlanList] を選択します。

属性の詳細が表示されます。

ステップ 5 [New Value] ドロップダウン リストで、次のいずれかを選択します。

[prune]:Prime Fulfillment は最小 VLAN リストを作成します。これはデフォルトです。

[abort]:Prime Fulfillment は、「 trunk allowed vlan list is absent on ERS UNI 」というエラー メッセージを表示し、L2VPN または VPLS のサービス要求プロビジョニングを停止します。

[nochange]:Prime Fulfillment はすべての VLAN を許可します。

ステップ 6 [Set Property] をクリックします。