Cisco IP Solution Center L2VPN および Carrier Ethernet ユーザ ガイド 6.0
L2 および VPLS のレポートの生成
L2 および VPLS のレポートの生成
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2010/09/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

L2 および VPLS のレポートの生成

概要

L2 および VPLS のレポートへのアクセス

L2 および VPLS のレポート

L2 エンドツーエンド配線レポート

L2 PE サービス レポート

L2 VPN レポート

VPLS 接続回線レポート

VPLS PE サービス レポート

VPLS VPN レポート

L2 および VPLS のカスタム レポートの作成

L2 および VPLS のレポートの生成

この章では、L2 および VPLS のレポートの生成について説明します。次の事項について説明します。

「概要」

「L2 および VPLS のレポートへのアクセス」

「L2 および VPLS のレポート」

「L2 および VPLS のカスタム レポートの作成」

概要

ISC のレポート GUI は、L2 や VPLS を含むさまざまな ISC モジュールにわたって使用されます。レポート GUI の使用、レポートの実行、レポートからの出力の使用、およびカスタマイズ レポートの作成に関する一般的な説明については、『 Cisco IP Solution Center Infrastructure Reference, 6.0 』の「Monitoring」の章を参照してください。この章の残りの部分では、ISC で利用可能な L2 および VPLS のレポートについて説明します。

L2 および VPLS のレポートへのアクセス

L2 および VPLS のレポートにアクセスするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Monitoring] > [Reports] を選択して ISC GUI のレポート フレームワークにアクセスします。

[Reports] ウィンドウが表示されます(図 13-1を参照)。

図 13-1 [Reports] ウィンドウ

 

ステップ 2 [L2] フォルダをクリックして利用可能な L2 および VPLS のレポートを表示します。

ステップ 3 レポートのアイコンをクリックすると、当該レポートの関連ウィンドウが表示されます。


 

各レポートの詳細については、「L2 および VPLS のレポート」を参照してください。

L2 および VPLS のレポート

この項では、次の L2 および VPLS のレポートの詳細について説明します。

「L2 エンドツーエンド配線レポート」

「L2 PE サービス レポート」

「L2 VPN レポート」

「VPLS 接続回線レポート」

「VPLS PE サービス レポート」

「VPLS VPN レポート」


) L2 レポートのフォルダには、複数のサンプル レポートが用意されています。サンプル レポートのタイトルは、SAMPLE- で始まります。このレポートは情報提供だけを目的とします。テスト済みではなく、サポートもされません。ユーザは専用のカスタム レポートを作成するベースとしてこのレポートを使用できます。詳細については、「L2 および VPLS のカスタム レポートの作成」を参照してください。


各レポートで提供される情報は次のとおりです。

レポートの説明または目的。

レポート ウィンドウの図。

フィルタ値と説明のリスト。

出力値と説明のリスト。

L2 エンドツーエンド配線レポート

L2 エンドツーエンド配線とは、2 本の接続回線を含むポイントツーポイント接続を指します。L2 エンドツーエンド配線レポートは、L2 エンドツーエンド接続上で実行中のサービスを表示します。このレポートを使用すると、接続ごとのすべてのサービスと該当する接続回線の属性を表示できます。

L2 エンドツーエンド配線レポートのアイコンをクリックすると、このレポートのウィンドウが表示されます(図 13-2を参照)。

図 13-2 L2 エンドツーエンド配線レポート

 

フィルタ値:

[EndToEndWire ID]:エンドツーエンド 配線の識別番号。

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[VC ID]:仮想回線の識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[Service Type]:サービスのタイプ。次の値が有効です。

ATM

ATM_NO_CE

FRAME_RELAY

FRAME_RELAY_NO_CE

L2VPN_ERS

L2VPN_ERS_NO_CE

L2VPN_EWS

L2VPN_EWS_NO_CE

[SR State]:サービス リクエストの状態。次の値が有効です。

BROKEN

DEPLOYED

FAILED_AUDIT

FAILED_DEPLOY

FUNCTIONAL

INVALID

LOST

PENDING

REQUESTED

WAIT_DEPLOY

[AC1-ID]:第 1 接続回線(AC1)の識別番号。

[AC2-ID]:第 2 接続回線(AC2)の識別番号。

出力値:

[EndToEndWire ID]:エンドツーエンド 配線の識別番号。

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[VPN]:VPN の名前。

[VC ID]:仮想回線の識別番号。

[SR ID]:サービス リクエストの識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[Service Type]:サービスのタイプ。

[SR State]:サービス リクエストの状態。


) [SR State] 出力には、[CLOSED] 状態のサービス リクエストはリストされません。フィルタ値で判別される、これ以外の状態のサービス リクエストはリストされます。


[AC1-ID]:第 1 接続回線(AC1)の識別番号。

[AC1-UNI Device Interface]:第 1 接続回線(AC1)の UNI デバイス インターフェイス。

[AC1-NPC]:第 1 接続回線(AC1)の名前付き物理回線。

[AC2-VLAN ID/DLCI/VCD]:第 1 接続回線(AC1)の VLAN 識別番号、Data-link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)または Virtual Circuit Descriptor(VCD; 仮想回線記述子)。

[AC1-VPI]:第 1 接続回線(AC1)の仮想パス ID。

[AC1-VCI]:第 1 接続回線(AC1)の仮想チャネル ID。

[AC1-Interface Encap Type]:第 1 接続回線(AC1)で使用されるカプセル化のタイプ。

[AC1-AccessDomain]:第 1 接続回線(AC1)のアクセス ドメイン名。

[AC1-Customer Facing UNI]:第 1 接続回線(AC1)のカスタマー側の UNI ポート。

[AC1-Loopback IP Address]:第 1 接続回線(AC1)のループバック アドレス。

[AC1-STP Shutdown Threshold]:第 1 接続回線(AC1)のスパニング ツリー プロトコルのシャットダウンしきい値(パケット数/秒)。

[AC1-VTP Shutdown Threshold]:第 1 接続回線(AC1)の VLAN トランク プロトコルのシャットダウンしきい値(パケット数/秒)。

[AC1-CDP Shutdown Threshold]:第 1 接続回線(AC1)の Cisco Discovery Protocol のシャットダウンしきい値(パケット数/秒)。

[AC1-STP Drop Threshold]:第 1 接続回線(AC1)のスパニング ツリー プロトコルのドロップしきい値(パケット数/秒)。

[AC1-CDP Drop Threshold]:第 1 接続回線(AC1)の Cisco Discovery Protocol のドロップしきい値(パケット数/秒)。

[AC1-VTP Drop Threshold]:第 1 接続回線(AC1)の VLAN トランク プロトコルのドロップしきい値(パケット数/秒)。

[AC1-UNI Recovery Interval]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートの回復間隔(秒)。

[AC1-UNI Speed]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートの速度。

[AC1-UNI Shutdown]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートのシャットダウン ステータス。

[AC1-UNI PortSecurity]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートのセキュリティのステータス。

[AC1-UNI Duplex]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートのデュプレックス ステータス([none]、[full]、[half]、または [auto])。

[AC1-Maximum MAC Address]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートに許可される最大 MAC アドレス。

[AC1-UNI Aging]:第 1 接続回線(AC1)の UNI ポートのセキュリティ テーブルに MAC アドレスが存在できる秒単位の時間長。

[AC2-ID]:第 2 接続回線(AC2)の識別番号。

[AC2-UNI Device Interface]:第 2 接続回線(AC2)の UNI デバイス インターフェイス。

[AC2-NPC]:第 2 接続回線(AC2)の名前付き物理回線。

[AC2-VLAN ID/DLCI/VCD]:第 2 接続回線(AC2)の VLAN ID、DLCI または VCD。

[AC2-VPI]:第 1 接続回線(AC2)の仮想パス ID。

[AC2-VCI]:第 1 接続回線(AC2)の仮想チャネル ID。

[AC2-Interface Encap Type]:第 2 接続回線(AC2)で使用されるカプセル化のタイプ。

[AC2-AccessDomain]:第 2 接続回線(AC2)のアクセス ドメイン名。

[AC2-Customer Facing UNI]:第 2 接続回線(AC2)のカスタマー側の UNI ポート。

[AC2-Loopback IP Address]:第 2 接続回線(AC2)のループバック アドレス。

[AC2-STP Shutdown Threshold]:第 2 接続回線(AC2)のスパニング ツリー プロトコルのシャットダウンしきい値。

[AC2-VTP Shutdown Threshold]:第 2 接続回線(AC2)の VLAN トランク プロトコルのシャットダウンしきい値。

[AC2-CDP Shutdown Threshold]:第 2 接続回線(AC2)の Cisco Discovery Protocol のシャットダウンしきい値。

[AC2-STP Drop Threshold]:第 2 接続回線(AC2)のスパニング ツリー プロトコルのドロップしきい値。

[AC2-CDP Drop Threshold]:第 2 接続回線(AC2)の Cisco Discovery Protocol のドロップしきい値。

[AC2-VTP Drop Threshold]:第 2 接続回線(AC2)の VLAN トランク プロトコルのドロップしきい値。

[AC2-UNI Recovery Interval]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートの回復間隔。

[AC2-UNI Speed]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートの速度。

[AC2-UNI Shutdown]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートのシャットダウン ステータス。

[AC2-UNI PortSecurity]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートのセキュリティのステータス。

[AC2-UNI Duplex]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートのデュプレックス ステータス([none]、[full]、[half]、または [auto])。

[AC2-Maximum MAC Address]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートに許可される最大 MAC アドレス。

[AC2-UNI Aging]:第 2 接続回線(AC2)の UNI ポートのセキュリティ テーブルに MAC アドレスが存在できる秒単位の時間長。

L2 PE サービス レポート

L2 PE サービス レポートを使用すると、PE を選択したり、PE のロール(たとえば、[N-PE]、[U-PE]、または [PE-AGG])やその場所で実行中の L2 関連のサービスを表示したりできます。

L2 PE サービス レポートのアイコンをクリックすると、このレポートのウィンドウが表示されます(図 13-3を参照)。

図 13-3 L2 PE サービス レポート

 

フィルタ値:

[PE Role]:PE デバイスのロール([N-PE]、[U-PE]、または [PE-AGG])。

[PE Name]:PE デバイス名。

出力値:

[PE Role]:PE デバイスのロール([N-PE]、[U-PE]、または [PE-AGG])。

[PE Name]:PE デバイス名。

[SR ID]:サービス リクエストの識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[SR State]:サービス リクエストの状態。


) [SR State] 出力には、[CLOSED] 状態のサービス リクエストはリストされません。フィルタ値で判別される、これ以外の状態のサービス リクエストはリストされます。


[Service Type]:サービスのタイプ。

L2 VPN レポート

L2 VPN レポートを利用すると、VPN を遡って VLAN ID や VC ID を追跡できるため、カスタマーはすべてのリンクやすべての VPN サービスを繰り返したどる必要がなくなります。VLAN ID または VC ID を指定すると、該当するカスタマーおよび VPN の詳細がレポートに表示されます。

L2 VPN レポートのアイコンをクリックすると、このレポートのウィンドウが表示されます(図 13-4を参照)。

図 13-4 L2 VPN レポート

 

フィルタ値:

[VLAN ID]:VLAN の識別番号。

[VC ID]:仮想回線の識別番号。

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[Access Domain]:アクセス ドメイン名。

出力値:

[VLAN ID]:VLAN の識別番号。

[VC ID]:仮想回線の識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[VPN]:VPN の名前。

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[Service Type]:サービスのタイプ。

[Access Domain]:アクセス ドメイン名。

[Provider Name]:プロバイダー名。

VPLS 接続回線レポート

VPLS 接続回線レポートは、指定されたカスタマーの VPN の接続回線の詳細情報を表示します。

VPLS 接続回線レポートのアイコンをクリックすると、このレポートのウィンドウが表示されます(図 13-5を参照)。

図 13-5 VPLS 接続回線レポート

 

フィルタ値:

[SR ID]:サービス リクエストの識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[SR State]:サービス リクエストの状態。次の値が有効です。

BROKEN

DEPLOYED

FAILED_AUDIT

FAILED_DEPLOY

FUNCTIONAL

INVALID

LOST

PENDING

REQUESTED

WAIT_DEPLOY

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[VPN]:VPN の名前。

[Service Type]:サービスのタイプ。次の値が有効です。

VPLS_ERS

VPLS_ERS_NO_CE

VPLS_EWS

VPLS_EWS_NO_CE

[VLAN ID]:VLAN の識別番号。

[AccessDomain]:アクセス ドメイン名。

出力値:

[VPLS Link ID]:VPLS リンクの識別番号。

[SR ID]:サービス リクエストの識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[SR State]:サービス リクエストの状態。


) [SR State] 出力には、[CLOSED] 状態のサービス リクエストはリストされません。フィルタ値で判別される、これ以外の状態のサービス リクエストはリストされます。


[Customer Name]:カスタマーの名前。

[VPN]:VPN の名前。

[Service Type]:サービスのタイプ。

[VLAN ID]:VLAN の識別番号。

[Policy Name]:VPLS ポリシー名。

[VFI Interface]:仮想転送インターフェイス名。

[Customer Facing UNI]:カスタマー側の UNI ポート。

[AccessDomain]:アクセス ドメイン名。

[NPC]:名前付き物理回線。

[UNI Port]:UNI ポート。

[UNI Shutdown]:UNI ポートのシャットダウン ステータス。

[UNI Aging]:UNI ポートのセキュリティ テーブルに MAC アドレスが存在できる秒単位の時間長。

[UNI Speed]:UNI ポートの速度。

[UNI Duplex]:UNI ポートのデュプレックス ステータス([none]、[full]、[half]、または [auto])。

[Maximum MAC Address]:UNI ポートで許可される最大 MAC アドレス。

[CDP Shutdown Threshold]:UNI ポートの Cisco Discovery Protocol のシャットダウンしきい値(パケット数/秒)。

[STP Shutdown Threshold]:UNI ポートのスパニング ツリー プロトコルのシャットダウンしきい値(パケット数/秒)。

[VTP Shutdown Threshold]:UNI ポートの VLAN トランク プロトコルのシャットダウンしきい値(パケット数/秒)。

[CDP Drop Threshold]:UNI ポートの Cisco Discovery Protocol のドロップしきい値(パケット数/秒)。

[VTP Drop Threshold]:UNI ポートの VLAN トランク プロトコルのドロップしきい値(パケット数/秒)。

[STP Drop Threshold]:UNI ポートのスパニング ツリー プロトコルのドロップしきい値(パケット数/秒)。

[Recovery Interval]:UNI ポートの回復間隔(秒)。

VPLS PE サービス レポート

VPLS PE サービス レポートを使用すると、PE を選択したり、PE のロール(たとえば [N-PE]、[U-PE]、または [PE-AGG])やその場所で実行中の VPLS サービスを表示したりできます。

VPLS PE サービス レポートのアイコンをクリックすると、このレポートのウィンドウが表示されます(図 13-6を参照)。

図 13-6 VPLS PE サービス レポート

 

フィルタ値:

[PE Role]:PE デバイスのロール([N-PE]、[U-PE]、または [PE-AGG])。

[PE Name]:PE デバイス名。

出力値:

[PE Role]:PE デバイスのロール([N-PE]、[U-PE]、または [PE-AGG])。

[PE Name]:PE デバイス名。

[SR ID]:サービス リクエストの識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[Service Type]:サービスのタイプ。

[SR State]:サービス リクエストの状態。


) [SR State] 出力には、[CLOSED] 状態のサービス リクエストはリストされません。フィルタ値で判別される、これ以外の状態のサービス リクエストはリストされます。


VPLS VPN レポート

VPLS VPN レポートを利用すると、VPN を遡って VLAN ID や VFI 名を追跡できるため、カスタマーはすべてのリンクやすべての VPN サービスを繰り返したどる必要がなくなります。VLAN ID または VFI 名を指定すると、該当するカスタマーおよび VPN の詳細がレポートに表示されます。

VPLS VPN レポートのアイコンをクリックすると、このレポートのウィンドウが表示されます(図 13-7を参照)。

図 13-7 VPLS VPN レポート

 

フィルタ値:

[VLAN ID]:VLAN の識別番号。

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[VFI Name]:仮想転送インターフェイス名。

[Access Domain]:アクセス ドメイン名。

出力値:

[VLAN ID]:VLAN の識別番号。

[SR Job ID]:サービス リクエスト ジョブの識別番号。

[VPN]:VPN の名前。

[Customer Name]:カスタマーの名前。

[Service Type]:サービスのタイプ。

[VFI Name]:仮想転送インターフェイス名。

[Access Domain]:アクセス ドメイン名。

[Provider Name]:プロバイダー名。

L2 および VPLS のカスタム レポートの作成

[L2] フォルダの ISC GUI にリストされるレポートは、基本のコンフィギュレーション ファイルから派生します。このファイルは XML 形式で記述されます。次の場所にアクセスすると、このファイルを入手できます。

$ISC_HOME /resources/nbi/reports/ISC/l2_report.xml

カスタム レポートを作成するためにレポート コンフィギュレーション ファイルを変更する方法の詳細については、『 Cisco IP Solution Center Infrastructure Reference, 6.0 』の「Monitoring」の章を参照してください。