Cisco IP Solution Center L2VPN および Carrier Ethernet ユーザ ガイド 6.0
ISC レイヤ 2 VPN の概念
ISC レイヤ 2 VPN の概念
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/01/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

ISC レイヤ 2 VPN の概念

レイヤ 2 用語の表記法

MEF 用語の表記法

MEF 用語のネットワーク テクノロジーへのマッピング

ISC 用語およびサポート対象のネットワーク タイプ

L2VPN サービスのプロビジョニング

ポイントツーポイント イーサネット(EWS および ERS)(EPL および EVPL)

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

VPLS サービスのプロビジョニング

MPLS ベースのプロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN)

MPLS ベースのプロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN)

MPLS ベースの VPLS のトポロジ

イーサネット ベース(L2)のプロバイダー コアの VPLS

イーサネット ベースのプロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN)

イーサネット ベースのプロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN)

イーサネット ベースの VPLS のトポロジ

ISC レイヤ 2 VPN の概念

この付録では、ISC レイヤ 2 VPN の概念の概要について説明します。この付録の構成は、次のとおりです。

「レイヤ 2 用語の表記法」

「L2VPN サービスのプロビジョニング」

「VPLS サービスのプロビジョニング」

レイヤ 2 用語の表記法

IP Solution Center(ISC)のレイヤ 2 サービス プロビジョニングは、Layer 2 Virtual Private Network(L2VPN; レイヤ 2 バーチャル プライベート ネットワーク)サービス、および Virtual Private LAN Service(VPLS)から構成されます。この項では、ISC で使用する用語、および業界全体でこれらのサービスに対して使用する用語を明確にすることを目的としています。

次の 3 組の用語を使用します。

最新の Metro Ethernet Forum(MEF)用語

以前の MEF 用語

ISC 用語(以前の MEF 用語に近い)

MEF 用語の表記法

一般に L2VPN サービスの場合、MEF は 2 つの汎用イーサネット サービス タイプの構築をサポートします。

Ethernet Line(E-Line)。ポイントツーポイントの Ethernet Virtual Circuit(EVC)を実現します。

Ethernet LAN(E-LAN)。マルチポイントツーマルチポイントの EVC を実現します。

各タイプで、2 つのイーサネット サービスが使用できます。これらのサービスは、次のように、User-to-Network Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)で使用されるサービス ID により識別されます。

ポート ベースです。All-to-One バインディングです。これらのサービスは、「プライベート」といいます。

VLAN ベースです。これらのサービスは多重化されます。EVC は、VLAN ID により識別されます。これらのサービスは、「バーチャル プライベート」といいます。

表 E-1 に、これらの関係の概要を示します。

 

表 E-1 イーサネット サービスの定義

サービス タイプ
ポート ベース
VLAN ベース

E-Line

Ethernet Private Line(EPL)

Ethernet Virtual Private Line(EVPL)

E-LAN

Ethernet Private LAN(EP-LAN)

Ethernet Virtual Private LAN(EVP-LAN)

E-Line サービスおよび E-LAN サービスに加え、レイヤ 2 では 2 つの追加サービス タイプを使用できます。

Frame Relay over MPLS(FRoMLS)

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

MEF はフレーム リレー フォーラムにマージされていますが、これらのサービス タイプは、最新の MEF マニュアルで説明されていません。

以前は、レイヤ 2 サービスの MEF によって別の用語が使用されていました。 表 E-3 に、より古い用語と最新の用語の対応を示します。

表 E-2 MEF イーサネット サービス用語のマッピング

現在の MEF 用語
以前の MEF 用語
L2VPN over MPLS Core

Ethernet Private Line(EPL)

Ethernet Wire Service(EWS)

Ethernet Virtual Private Line(EVPL)

Ethernet Relay Service(ERS)

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

VPLS over MPLS Core

Ethernet Private LAN(EP-LAN)

Ethernet Wire Service(EWS)または
Ethernet Multipoint Service(EMS)

Ethernet Virtual Private LAN(EVP-LAN)

Ethernet Relay Service(ERS)または
Ethernet Relay Multipoint Service(ERMS)

VPLS over Ethernet Core

Ethernet Private LAN(EP-LAN)

Ethernet Wire Service(EWS)

Ethernet Virtual Private LAN(EVP-LAN)

Ethernet Relay Service(ERS)

MEF 表記法、およびメトロ イーサネット標準に関する追加の有益な背景説明については、次の URL にある MEF Web サイトを参照してください。

http://metroethernetforum.org

特に、メトロ イーサネットの用語および定義の有用な説明については、MEF Web サイトの [Information Center] > [MEF Technical Specifications] セクションにあるマニュアル『 Metro Ethernet Services Definitions Phase 2 』を参照してください。

MEF 用語のネットワーク テクノロジーへのマッピング

MEF 用語は、サービスの見かけの特性、つまり、User-to-Network-Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)デバイスに対するカスタマーの視点からサービスがどのように見えるかだけを記述します。サービスの実装方法を記述しません。

これらのサービスの実装方法については、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/ce

特に、Cisco IP Next-Generation Network(NGN)キャリア イーサネット設計のサブジェクトについては、上記サイトにあるマニュアルを参照してください。IP NGN キャリア イーサネット設計は、各サービスの特定の要求を満たすために最適化された一貫性のあるサービス配信に対して、クラス最高の実装を可能にする Cisco IP NGN アーキテクチャの主な要素を表します。これは、ネットワーク アクセスから IP/MPLS コアまでのエンドツーエンドのサービス転送基盤です。この設計は、統合されたリンケージにサービスおよびアプリケーション レイヤ コンポーネントを提供して、集中型のインテリジェントで信頼性の高いスケーラブル ネットワーク モデルを実現することにより、現在および将来のネットワーク サービス要件を満たします。

IP NGN キャリア イーサネット設計(図 E-1 を参照)は、プラットフォームに依存しないアーキテクチャおよびイーサネット ベースのサービス モデルを、すべてのキャリア イーサネット プラットフォームにわたって実現します。これにより、サービス プロバイダーは、適切なネットワーキング テクノロジー(イーサネット、IP、MPLS、マルチキャスト、疑似回線、または階層型の Private Virtual LAN Service)のインテリジェンスを備えたサービス転送を最適化して、ビジネスおよび Quality of Experience 上のゴールを満たすことができます。


) 実際のネットワーク実装では、まさにこのスケーラブル アーキテクチャのサブセットだけに実装されます。


図 E-1 IP NGN キャリア イーサネット設計

 

ISC 用語およびサポート対象のネットワーク タイプ

この項では、レイヤ 2 サービスの ISC テクノロジー、およびサポート対象のネットワーク タイプについて説明します。ISC は、次のサービス タイプをプロビジョニングできます。

E-Line(EPL/EWS および EVPL/ERS)

E-LAN(EP-LAN および EVP-LAN/ERMS)

FRoMPLS

ATMoMPLS

ISC は、イーサネット スイッチ(MPLS なし)だけから構成されるネットワーク上でのイーサネット サービスのプロビジョニングもサポートし、これは、ISC 用語では、L2 コアを備えている VPLS と呼びます。


) E-Line サービスおよび E-LAN サービスの場合は、FlexUNI/EVC サービス ポリシー タイプを使用することを推奨します(FlexUNI/EVC ポリシーおよびサービス リクエストの作成方法については、このマニュアルの該当する章を参照してください)。L2VPN および VPLS サービス ポリシー タイプを使用して既存のサービスがプロビジョニングされている場合があります。これらは引き続きサポートされており、上記のサービス タイプで維持されていますが、新しいサービスでは、FlexUNI/EVC サービス ポリシー タイプを使用する必要があります。ATM サービスおよび FRoMPLS サービスでは、従来どおり L2VPN サービス ポリシーを使用します。


ISC GUI および、このユーザ ガイド全体では、これらのイーサネット サービスの表記が示されます。これらの表記は、初期の MEF 表記法と密接に整合しています。これは、ISC の今後のリリースで更新される予定です。MEF フォーラムによって使用される同等の用語の概要は、 表 E-3 に参照用として記載されています。

 

表 E-3 イーサネット サービス用語のマッピング

ISC 5.2 GUI および、このユーザ ガイドで使用される用語
現在の MEF の等価語
L2VPN over MPLS Core

Ethernet Wire Service(EWS)

Ethernet Private Line(EPL)

Ethernet Relay Service(ERS)

Ethernet Virtual Private Line(EVPL)

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

--

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

--

VPLS Over MPLS Core

Ethernet Wire Service(EWS)または
Ethernet Multipoint Service(EMS)

Ethernet Private LAN(EP-LAN)

Ethernet Relay Service(ERS)または
Ethernet Relay Multipoint Service(ERMS)

Ethernet Virtual Private LAN(EVP-LAN)

VPLS over Ethernet Core

Ethernet Wire Service(EWS)

Ethernet Private LAN(EP-LAN)

Ethernet Relay Service(ERS)

Ethernet Virtual Private LAN(EVP-LAN)

L2VPN サービスのプロビジョニング

この項では、MPLS コアでレイヤ 2 ポイントツーポイント接続を実現する L2VPN サービスの ISC プロビジョニングの概要について説明します。シスコの Any Transport over MPLS(AToM)は、このサービスをサポートできます。これらの実装により、次のようなサービス タイプをサポートします。

Ethernet Wire Service(EWS)このサービスの MEF 用語は EPL です。

Ethernet Relay Service(ERS)このサービスの MEF 用語は EVPL です。

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

これらのサービスのポリシーおよびサービス リクエストの作成方法は、このマニュアルの他の章で説明します。詳細については、次の項を参照してください。

「ポイントツーポイント イーサネット(EWS および ERS)(EPL および EVPL)」

「ATM over MPLS(ATMoMPLS)」

「Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)」

ポイントツーポイント イーサネット(EWS および ERS)(EPL および EVPL)

EWS サービスおよび ERS サービス(MEF 用語では、それぞれ、EPL および EVPL とも呼ぶ)は、シスコのメトロ イーサネット オファリングで配信されます。同じネットワーク アーキテクチャが、ERS(EPL)接続と EWS(EVPL)接続の両方を、さまざまなカスタマーに同時に提供します。さらに、このメトロ イーサネット インフラストラクチャは、IP ベースのバーチャル プライベート ネットワーキング、公衆インターネット通信、Voice over IP(VoIP)、または全アプリケーションの組み合わせなど、上位レベルのサービスにアクセスするために使用できます。

Ethernet Wire Service(EWS または EPL)

Ethernet Virtual Service(EVC)は、2 つの物理的な User-to-Network Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)を、その接続がカスタマーからバーチャル プライベート ラインに見えるように接続します。VLAN 透過性およびコントロール プロトコル トンネリングは、802.1Q-in-Q タグ スタッキング テクノロジーの実装によって実現されます。1 つの UNI 上で受信されるパケットは、別の対応する UNI に直接転送されます。

このサービスの MEF 用語は EPL です。

Ethernet Relay Service(ERS または EVPL)

Ethernet Virtual Circuit(EVC)はエンドポイントを論理的に接続するために使用されますが、単一の UNI ごとに複数の EVC が存在する場合があります。各 EVC は、802.1q VLAN タグ ID によって識別されます。ERS ネットワークはイーサネット フレームがスイッチド ネットワークを超えるかのように機能し、特定のコントロール トラフィックは EVC の両端間で実行されません。ERS は、CE-VLAN タグが Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)の役割を果たすフレーム リレーに類似しています。

このサービスの MEF 用語は EVPL です。

L2VPN Ethernet Over MPLS(ERS および EWS)(EPL および(EVPL)のトポロジ

Ethernet Over MPLS(EoMPLS)は、サービス プロバイダーがレイヤ 3 MPLS ネットワーク経由でカスタマー レイヤ 2 トラフィックをトンネリングできるトンネリング メカニズムです。EoMPLS がポイントツーポイントのソリューションだけであることを覚えておくことが重要です。

次の図では、EoMPLS の使用方法についての参考情報を示します。イーサネット サービスは、エンド カスタマーに 2 つの方法で分配されます。

単一 PE シナリオ:カスタマーは、図 E-2 の N-PE 上のイーサネット ポートに直接接続されます。

図 E-2 単一 PE シナリオ

 

分配 PE シナリオ:エンド カスタマーは、アクセス ドメイン経由で図 E-3 の N-PE に接続されます。つまり、CE と N-PE の中央にレイヤ 2 スイッチング環境があります。

図 E-3 分配 PE シナリオ

 

 

いずれの場合でも、VLAN が次のいずれかの方法で割り当てられます。

ISC によって、ユーザで定義済みの VLAN プールから自動的に割り当てられます。

ユーザによって、GUI または North Bound Interface(NBI)を通して手動で割り当てられます。

EoMPLS では、ISC はポイントツーポイント トンネルを作成して、リモート サイトに到達できるピア N-PE ルータに対して EoMPLS トンネルを対象とします。リモート N-PE は、ループバック アドレスによって識別されます。図 E-4 では、N-PE1 および N-PE2 のループバック アドレスは 10.1.1.1 および 10.2.2.2 です。図 E-4 では、サイト A が VLAN-100 に割り当てられ、サイト B が VLAN-200 に割り当てられています。VLAN ではローカル(つまり、N-PE によって区切られるイーサネット アクセス ドメイン内)だけが重要であるため、回線のいずれかの端に異なる VLAN ID を指定できます。

サイト A で動作している N-PE の場合、VLAN インターフェイス(レイヤ 3 インターフェイス)が作成されてカスタマーのすべての L2 トラフィックを終端し、このインターフェイスで EoMPLS トンネルが設定されます。


) このコンフィギュレーションは、Cisco 7600 オプティカル サービス ルータに基づきます。Cisco 7200 などの他のルータは、異なるコンフィギュレーションを持ちます。


EoMPLS トンネルを定義する VC ID は 200 です(図 E-4 を参照)。

図 E-4 Ethernet over MPLS コンフィギュレーション

 

VC ID が EoMPLS トンネルの両端で同じである必要があることに注意してください。各 N-PE には、EoMPLS トンネルに対する VLAN 間で行われるマッピングがあります(図 E-5 を参照)。

図 E-5 EoMPLS トンネル

 

全体の接続に対する、このマッピングは VLAN ID <-> VC ID <-> VLAN ID です。

この VLAN-VC ID マッピングにより、サービス プロバイダーは、アクセス ドメイン内の VLAN ID を再使用できます(図 E-6 を参照)。

図 E-6 VLAN-VC ID マッピング

 

各アクセス ドメインで割り当ておよび使用される VLAN ID は、同じである必要はありません。

ATM over MPLS(ATMoMPLS)

Cisco ATM over MPLS(ATMoMPLS)では、シスコは ATM Adaptation Layer 5(AAL5; ATM アダプテーション レイヤ 5)転送、および Cell Relay over MPLS をサポートします。

AAL5

AAL5 では、さまざまなカスタマーから MPLS バックボーンで AAL5 PDU を転送できます。ATM AAL5 は、既存のレイヤ 3 サービスに加え、レイヤ 2 サービスを提供することで、MPLS バックボーンのユーザビリティを拡張します。MPLS バックボーン ネットワークをイネーブルにすると、MPLS バックボーンの両端で Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータを設定することで、AAL5 PDU を受け入れます。

MPLS で AAL5 PDU を転送するには、入力 PE ルータから出力 PE ルータまで仮想回線を設定します。この仮想回線は、AAL5 PDU を 1 つの PE ルータから別のルータに転送します。各 AAL5 PDU は、単一パケットとして転送されます。

Cell Relay over MPLS

Cell Relay over MPLS では、さまざまなカスタマーから MPLS バックボーンで ATM セルを転送できます。ATM Cell Relay は、既存のレイヤ 3 サービスに加え、レイヤ 2 サービスを提供することで、MPLS バックボーンのユーザビリティを拡張します。MPLS バックボーン ネットワークをイネーブルにすると、MPLS バックボーンの両端で Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータを設定することで、ATM セルを受け入れできます。

MPLS で ATM セルを転送するには、入力 PE ルータから出力 PE ルータまで仮想回線を設定します。この仮想回線は、ATM セルを 1 つの PE ルータから別のルータに転送します。各 MPLS パケットには、1 つ以上の ATM セルを含めることができます。カプセル化のタイプは AAL0 です。

ATMoMPLS のトポロジ

単一 PE シナリオだけがサポートされます(図 E-7 を参照)。

図 E-7 MPLS での AAL5 およびセルリレーの設定

 

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

フレーム リレー用の Cisco AToM では、カスタマー フレーム リレー トラフィックを MPLS パケットにカプセル化して、カスタマーに要求される宛先に転送できます。Cisco AToM では、サービス プロバイダーは、通常のフレーム リレー プロビジョニングよりも少ない労力で新しいサイトをすばやく追加できます。

Frame Relay over MPLS では、サービス プロバイダーは、MPLS バックボーン全体にフレーム リレー フレームを転送できます。これにより、フレーム リレーの到達可能性が拡張されて、サービス プロバイダーが、通常のパケット バックボーン全体にわたるフレーム転送を集約できます。サービス プロバイダーは、既存のフレーム リレー環境をパケット バックボーンに統合することで、操作効率の向上、およびフレーム リレー実装を拡張するための高速パケット インターフェイスの実装が可能になります。

MPLS ネットワーク全体にわたるフレーム リレー フレームの転送には、次のようないくつかの利点があります。

フレーム リレー拡張サービス。

フレーム リレー実装を拡張するための、OC-192 などの高速バックボーンへの集約。

操作効率の向上:MPLS バックボーンは、さまざまな既存のネットワークおよびサービスを統合する単一のネットワークになります。

FRoMPLS のトポロジ

単一 PE シナリオだけがサポートされます(図 E-8 を参照)。

図 E-8 Frame Relay over MPLS

 

VPLS サービスのプロビジョニング

VPLS サービスはマルチポイントです。VPLS サービスは、MPLS または Ethernet コアでマルチポイント接続します。これらの実装により、次のようなサービス タイプをサポートします。

VPLS over MPLS core

Ethernet Wire Service(EWS)これは、EMS またはイーサネット マルチポイント サービスと呼ぶこともあります。このサービスの MEF 用語は EP-LAN です。

Ethernet Relay Service(ERS)これは、ERMS またはイーサネット リレー マルチポイント サービスと呼ぶこともあります。このサービスの MEF 用語は EVP-LAN です。

VPLS over Ethernet core

Ethernet Wire Service(EWS)このサービスの MEF 用語は EP-LAN です。

Ethernet Relay Service(ERS)このサービスの MEF 用語は EVP-LAN です。

これらのサービスのポリシーおよびサービス リクエストの作成方法は、このマニュアルの他の章で説明します。

VPLS は、EoMPLS ブリッジング技術を使用して複数のカスタマー デバイスを接続するマルチポイント レイヤ 2 VPN です。VPLS EoMPLS は MPLS ベースのプロバイダー コアです。つまり、PE ルータは、コアの指定された VPLS インスタンスのカスタマー イーサネット トラフィックを転送するために協調する必要があります。VPLS は基本的に、イーサネット スイッチをユーザの視点からエミュレートします。すべての接続は VPLS 内のピアであり、直接通信します。このアーキテクチャは、実際に分散スイッチのアーキテクチャです。複数のアタッチメント回線は、プロバイダー コアによって連結する必要があります。プロバイダー コアは、これらの複数のアタッチメント回線を連結する仮想ブリッジをシミュレーションする必要があります。これを実現するために、VPLS インスタンスに含まれるすべての PE ルータが、各ルータ間でエミュレート VC を形成します。

各 VPLS インスタンスの PE ルータ上で、Virtual Forwarding Instance(VFI; 仮想転送インスタンス)が作成されます。PE ルータは、特定の VPLS インスタンスの VFI を検出することで、パケット転送を決定します。VFI は、指定された VPLS インスタンスの仮想ブリッジのように機能します。この VFI には、指定された VPLS に所属する複数のアタッチメント回線を接続できます。PE ルータは、その VPLS インスタンス内にある他のすべての PE ルータにエミュレート VC を確立して、これらのエミュレート VC を VFI に接続します。パケット転送決定は、VFI で保持されるデータ構造に基づきます。VPLS ドメインのすべての PE ルータは、同じ VC-ID を使用してエミュレート VC を確立します。この VC-ID は、VPLS VPN のコンテキストで VPN-ID とも呼ばれます。

詳細については、次の項を参照してください。

「MPLS ベースのプロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN)」

「MPLS ベースのプロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN)」

「MPLS ベースの VPLS のトポロジ」

MPLS ベースのプロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN)

マルチポイント EWS(MEF 用語では EP-LAN とも呼ばれる)では、PE ルータは、タグ付き、タグなし、および Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)を含む、アタッチメント回線から受信したすべてのイーサネット パケットを次のいずれかに転送します。

L2 転送テーブル(VFI)内に宛先 MAC アドレスがある場合の、別のアタッチメント回線またはエミュレート VC。

宛先 MAC アドレスがマルチキャスト アドレスまたはブロードキャスト アドレスの場合、または L2 転送テーブルにない場合の、同じ VPLS インスタンスに所属する他のすべてのアタッチメント回線およびエミュレート VC。

MPLS ベースのプロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN)

マルチポイント ERS(MEF 用語では EVP-LAN とも呼ばれる)では、PE ルータは、BPDU を除くアタッチメント回線から受信される、特定の VLAN タグを持つイーサネット パケットをすべて、宛先 MAC アドレスが L2 転送テーブル(VFI)にない場合に、別のアタッチメント回線またはエミュレート VC に転送します。宛先 MAC アドレスがない場合、または宛先 MAC アドレスがブロードキャスト パケットまたはマルチキャスト パケットである場合、他のすべてのアタッチメント回線、および VPLS インスタンスに所属するエミュレート VC で、宛先 MAC アドレスが送信されます。発信イーサネット インターフェイスまたはエミュレート VC にパケットを転送する前に、VPLS ドメインを識別するために使用される逆多重化 VLAN タグが削除されます。逆多重化 VLAN タグは、ローカルでのみ有効であるためです。

MPLS ベースの VPLS のトポロジ

カスタマーの視点からは、VPLS のトポロジが見えません。すべての CE デバイスは、プロバイダー コアによってエミュレートされる論理的ブリッジに接続されます。そのため、CE デバイスには単一のエミュレート LAN が見えます(図 E-9 を参照)。

図 E-9 MPLS ベースの VPLS トポロジ

 

PE ルータは、エミュレート対象の Virtual Circuit(VC; 仮想回線)のフル メッシュを作成して、CE デバイスによって表示されるエミュレート LAN をシミュレートする必要があります。エミュレート VC のフル メッシュを形成すると、プロバイダー コア内の LAN をエミュレートするタスクが簡単になります。LAN の 1 つの特性は、単一のブロードキャスト ドメインを維持することです。つまり、いずれかのアタッチメント回線で、ブロードキャスト パケット、マルチキャスト パケット、または未知のユニキャスト パケットが受信された場合、そのパケットを、VPLS インスタンスに含まれる他のすべての CE デバイスに送信する必要があります。PE デバイスは、他のすべてのアタッチメント回線および、その PE で生成されるすべてのエミュレート回線で上記のパケットを送信することで、このような場合に対処します。エミュレート VC のフル メッシュでは、上記のパケットは、その VPLS インスタンス内の他の PE デバイスすべてに到達します(図 E-10 を参照)。

図 E-10 エミュレート VC のフル メッシュ

 

イーサネット ベース(L2)のプロバイダー コアの VPLS

イーサネット ベースのプロバイダー コアでは、カスタマー トラフィック転送はコア内で簡潔になります。イーサネット ベースのプロバイダー コアの VPLS は、802.1Q-in-Q タグ スタッキング テクノロジーを使用して複数のカスタマー デバイスを接続するマルチポイント レイヤ 2 VPN です。VPLS は基本的に、イーサネット スイッチをユーザの視点からエミュレートします。すべての接続は VPLS 内のピアであり、直接通信します。このアーキテクチャは、実際に分散スイッチのアーキテクチャです。

イーサネット ベースで提供されるコアの VPLS の詳細については、次の項を参照してください。

「イーサネット ベースのプロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN)」

「イーサネット ベースのプロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN)」

「イーサネット ベースの VPLS のトポロジ」

イーサネット ベースのプロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN)

マルチポイント EWS(MEF 用語では EP-LAN とも呼ばれる)は、ポイントツーポイントのイーサネット セグメントをエミュレートするサービスです。EWS サービスは、特定の User to Network Interface(UNI; ユーザネットワーク インターフェイス)で受信されるすべてのフレームをカプセル化して、これらのフレームを、フレームに含まれる内容に関係なく、単一の出力 UNI に転送します。このサービス操作は、タグなしフレームまたは VLAN タグ付きフレームで EWS を使用でき、すべての提供されるフレームに対してサービスが透過的であることを意味します。EWS サービスは、VLAN タグがカスタマー フレーム内に存在する可能性があることを認識していないため、「All-to-One」バンドリングの概念を使用します。

イーサネット ベースのプロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN)

マルチポイント ERS(MEF 用語では EVP-LAN とも呼ばれる)は、サイト間の仮想回線を識別するための VLAN インデックスを使用することで、既存のフレーム リレー ネットワークによる接続をモデル化します。しかし、ERS は、サービス プロバイダーの実装、およびサービス プロバイダーよって管理上制御される VLAN インデックスへのカスタマーの承認に応じて、はるかに高度な QoS 機能を提供します。さらに、ERS のサービス多重化機能は、単一のインターフェイスが多数の仮想インターフェイスをサポートできるため、企業の所有権を低コストで提供します。

イーサネット ベースの VPLS のトポロジ

イーサネット ベースの VPLS は、マルチポイント接続モデルを提供することによる EWS(EP-LAN)および ERS(EVP-LAN)のポイントツーポイントの L2VPN 定義と異なります。VPLS サービスは、インターフェイスまたは VLAN を特定のポイントツーポイント疑似回線にマッピングしませんが、代わりに仮想イーサネット スイッチの操作をモデル化します。VPLS はカスタマーの MAC アドレスを使用して、EWS(EP-LAN)のサービス プロバイダーのネットワーク内の適切な出力 UNI にフレームを転送します。

EWS(EP-LAN)サービスはイーサネット スイッチのサービス属性をエミュレートして、インターフェイスの関係、フラッディングの不明ブロードキャスト、およびマルチキャスト フレームに対する送信元 MAC を学習します。図 E-11 に、EWS(EP-LAN)VPLS トポロジを示します。

図 E-11 VPLS EWS トポロジ

 

Ethernet Relay Service(ERS または EVP-LAN)は、EWS の Any-to-Any 接続特性およびサービス多重化を実現します。この組み合わせにより、単一の UNI は、カスタマーのイントラネット接続、および外部ネットワーク、ISP、またはコンテンツ プロバイダーへの接続用の 1 つ以上の追加 EVC をサポートできます。図 E-12 に、ERS(EVP-LAN)VPLS マルチポイント トポロジを示します。

図 E-12 VPLS ERS(EVP-LAN)マルチポイント トポロジ