Cisco IP Solution Center L2VPN および Carrier Ethernet ユーザ ガイド 6.0
索引
Index
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/01/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

Index

数字

1 対 1 VLAN 変換 C-3

2 対 1 VLAN 変換 C-4

3750

VLAN 変換 C-6

7600

VLAN 変換 C-6

A

AAL5 E-9

ATMoMPLS E-9

ATM over MPLS(ATMoMPLS) E-9

ATM インターフェイス属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-7

ATM サービス リクエスト

CE を使用した作成 8-3

CE を使用しない作成 8-12

ATM ポリシー

CE を使用した定義 7-33

CE を使用しない定義 7-36

ATM リンク属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内のダイレクト接続リンクの設定 6-19

C

CE

CE を使用した ATM ポリシーの定義 7-33

CE を使用した EWS(EPL)L2VPN サービス リクエストの作成 8-8

CE を使用した MPLS/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-13

CE を使用した MPLS/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-3

CE を使用した VPLS サービス リクエストの作成 10-2

CE を使用したイーサネット/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-35

CE を使用したイーサネット/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-25

CE を使用したイーサネット ERS(EVPL)ポリシーの定義 7-3

CE を使用したイーサネット EWS(EPL)ポリシーの定義 7-15

CE を使用したフレーム リレー ポリシーの定義 7-29

E

ERS

MPLS ベース プロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN) E-12

イーサネット ベース プロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN) E-14

ERS(EVPL)サービス リクエスト

CE を使用した作成 8-3

CE を使用しない作成 8-12

EWS

MPLS ベース プロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN) E-12

イーサネット ベース プロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN) E-14

EWS(EPL)サービス リクエスト

CE を使用した作成 8-8

CE を使用しない作成 8-16

F

FlexUNI/EVC

FlexUNI/EVC でのデバイス ロール 3-5

FlexUNI/EVC のトポロジの概要 3-5

IOS XR プラットフォーム サポート 3-4

IOS プラットフォーム サポート 3-3

ISC 6.0 での FlexUNI/EVC のプラットフォーム サポート 3-3

ISC でのサポートの概要 3-1

機能 3-2

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト

ATM リンク属性の設定 6-19

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の N-PE へのリンクの設定 6-8

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内のダイレクト接続リンクの設定 6-8

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内のローカル コア接続 6-6

L2 アクセス ノードとのリンクの設定 6-23

概要 6-1

管理 6-1

疑似回線コア接続 6-3

サービス リクエストの詳細の設定 6-3

作成 6-2

テンプレートおよびデータ ファイルの使用 6-24

変更 6-24

保存 6-25

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシー

ATM インターフェイス属性の設定 5-7

FlexUNI 属性の設定 5-8

VLAN 一致基準属性の設定 5-10

VLAN 再書き込み条件属性の設定 5-10

インターフェイス属性の設定 5-12

概要 5-1

サービス オプションの設定 5-4

サービス属性の設定 5-8

作成 5-1

定義 5-2

テンプレート関連付けの有効化 5-19

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーのテンプレート関連付けの有効化 5-19

FlexUNI/EVC イーサネット サービス リクエスト

L2 アクセス ノードとのリンクの設定 4-22

N-PE へのリンクの設定 4-10

VPLS コア接続 4-5

概要 4-1

管理 4-1

疑似回線コア接続 4-3

サービス リクエストの詳細の設定 4-2

作成 4-2

ダイレクト接続リンクの設定 4-10

テンプレートおよびデータ ファイルの使用 4-23

変更 4-23

保存 4-24

ローカル コア接続 4-8

FlexUNI/EVC イーサネット ポリシー

FlexUNI 属性の設定 3-12

VLAN 一致基準属性の設定 3-15

VLAN 再書き込み条件属性の設定 3-15

インターフェイス属性の設定 3-17

サービス オプションの設定 3-8

サービス属性の設定 3-12

定義 3-6

テンプレートの関連付け 3-24

FlexUNI/EVC の IOS プラットフォーム サポート 3-3

FlexUNI/EVC のプラットフォーム サポート 3-3

FlexUNI 属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-8

FlexUNI/EVC イーサネット ポリシーでの設定 3-12

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS) E-10

FRoMPLS E-10

I

IOS XR

FlexUNI/EVC のプラットフォーム サポート 3-4

IOS XR デバイスの疑似回線クラスの作成および変更 2-11

サポートのためのデバイスの設定 2-3

IOS XR デバイス

IOS XR デバイスの L2VPN グループ名の定義 2-15

ISC サービス

設定 2-1

ISC のインストールおよびネットワークの設定 1-1

L

L2VPN

ISC 用語およびサポート対象のネットワークの種類 E-4

概念 E-1

サービス プロビジョニング E-5

用語の表記法 E-1

L2VPN Ethernet over MPLS(ERS および EWS)(EPL および EVPL) E-6

L2VPN サービス リクエスト

CE を使用した ERS(EVPL)、ATM、またはフレーム リレー L2VPN サービス リクエストの作成 8-3

CE を使用した EWS(EPL)L2VPN サービス リクエストの作成 8-8

CE を使用しない ERS(EVPL)、ATM、またはフレーム リレー L2VPN サービス リクエストの作成 8-12

CE を使用しない EWS(EPL)L2VPN サービス リクエストの作成 8-16

概要 8-1

管理 8-1

作成 8-2

変更 8-21

保存 8-26

L2VPN ポリシー

CE を使用したイーサネット ERS(EVPL)ポリシーの定義 7-3

CE を使用したイーサネット EWS(EPL)ポリシーの定義 7-15

CE を使用しないイーサネット ERS(EVPL)ポリシーの定義 7-9

CE を使用しないイーサネット EWS(EPL)ポリシーの定義 7-22

作成 7-1

定義 7-1

M

MEF

MEF の用語とネットワーク技術のマッピング E-3

用語の表記法 E-1

N

Named Physical Circuits(「NPC」を参照) 2-8

negate テンプレート、テンプレート コンフィギュレーション中止のための使用 B-14

NPC

NPC GUI エディタによる NPC の作成 2-9

作成 2-8

自動ディスカバリでの NPC リンクの作成 2-10

設定 1-3

リングのみの NPC の作成 2-10

N-PE

2 台の N-PE 上のアクセス リングの終端 D-1, D-3

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の N-PE へのリンクの設定 6-8

FlexUNI/EVC サービス リクエストでの N-PE 冗長性の使用 D-4

N-PE のループバック アドレスの設定 1-3

ループバック アドレスの設定 2-2

ロールの割り当て 2-1

P

PE-AGGS

テンプレートの選択的決定 B-10

U

U-PE

テンプレートの選択的決定 B-10

ロールの割り当て 2-1

V

VC ID プール、作成 2-7

VLAN 一致基準属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-10

FlexUNI/EVC ポリシーでの設定 3-15

VLAN 再書き込み条件属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-10

FlexUNI/EVC ポリシーでの設定 3-15

VLAN プール、作成 2-5

VLAN 変換

1 対 1 VLAN 変換 C-3

2 対 1 VLAN 変換 C-4

3750 での VLAN 変換 C-6

7600 での VLAN 変換 C-6

VLAN 変換なし C-3

VLAN 変換をサポートしないハードウェアに起因するサービス リクエストの失敗 C-7

VLAN 変換を使用したサービス リクエストの作成 C-3

VLAN 変換を使用したポリシーの作成 C-2

概要 C-1

サービス リクエストの削除 C-6

サービス リクエストの変更 C-5

設定 C-1

プラットフォーム固有の使用上の注意事項 C-6

VPLS

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内の VPLS コア接続 4-5

MPLS ベース VPLS のトポロジ E-12

イーサネット ベース(L2)プロバイダー コアの VPLS E-14

イーサネット ベース VPLS のトポロジ E-14

サービス プロビジョニング E-11

VPLS サービス リクエスト

CE を使用した VPLS サービス リクエストの作成 10-2

CE を使用しない VPLS サービス リクエストの作成 10-6

概要 10-1

管理 10-1

作成 10-2

ブリッジ ドメイン ID 属性の使用 10-13

変更 10-10

保存 10-14

VPLS ポリシー

CE を使用した MPLS/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-13

CE を使用した MPLS/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-3

CE を使用したイーサネット/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-35, 9-41

CE を使用したイーサネット/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-25

CE を使用しない MPLS/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-19

CE を使用しない MPLS/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-8

CE を使用しないイーサネット/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-30

作成 9-1

定義 9-1

VPN

設定 1-4

定義 2-4

VTP 透過モード、スイッチの設定 2-2

アクセス ドメイン、作成 2-4

アクセス リング

2 台の N-PE 上での終端 2-10

2 台の N-PE 上のアクセス リングの終端 D-1

2 台の N-PE 上のアクセス リングの終端、概要 D-1

2 台の N-PE を使用した NPC アクセス リングの設定 D-3

FlexUNI/EVC サービス リクエストでの N-PE 冗長性の使用 D-4

アクセス、レポート 13-1

イーサネット ERS(EVPL)ポリシー

CE を使用した定義 7-3

CE を使用しない定義 7-9

イーサネット EWS(EPL)ポリシー

CE を使用した定義 7-15

CE を使用しない定義 7-22

イーサネット リレー サービス(ERS または EVPL) E-6

イーサネット ワイヤ サービス(EWS または EPL) E-6

インターフェイス属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-12

FlexUNI/EVC ポリシーでの設定 3-17

概要

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエストの概要 6-1

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーの概要 5-1

ISC での FlexUNI/EVC サポートの概要 3-1

確認、サービス リクエストの 11-3

カスタマー

設定 1-2

定義 2-4

監査

サービス リクエスト 11-1, 11-12

管理

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト 6-1

FlexUNI/EVC イーサネット サービス リクエスト 4-1

L2VPN サービス リクエスト 8-1

VPLS サービス リクエスト 10-1

関連資料 iii-xiv

疑似回線クラス

疑似回線クラスがサポートされていない場合の転送モードの設定 2-14

作成 2-11

疑似回線クラス オブジェクト

変更 2-13

疑似回線コア接続

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の疑似回線コア接続 6-3

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内 4-3

コンフィグレット

(「コンフィグレットの例」も参照) A-1

サービス リクエスト内のリンクの表示 11-9

コンフィグレットの例

ATM over MPLS(VC モード) A-25

ATM over MPLS(VP モード) A-26

ATM(ポート モード、疑似回線クラス、E-Line、L2VPN グループ名、IOS XR デバイス) A-27

ERS(EVPL)(1 対 1 VLAN 変換) A-7

ERS(EVPL)(2 対 1 VLAN 変換) A-8

ERS(EVPL)、EWS(EPL)、ATM、またはフレーム リレー(L2VPN の追加テンプレート変数、IOS および IOS XR デバイス) A-16

ERS(EVPL)(L2VPN の NBI 拡張、IOS デバイス) A-11

ERS(EVPL)および EWS(EPL)(E-Line 上のローカル接続) A-15

ERS(EVPL)(ポイントツーポイント) A-4

ERS(EVPL)(ポイントツーポイント、UNI ポート セキュリティ) A-5

ERS(EVPL)または EWS(EPL)(IOS XR デバイス) A-12

ERS(疑似回線クラス、E-Line、L2VPN グループ名、IOS XR デバイス) A-9

EWS(EPL)(L2VPN の NBI 拡張、IOS デバイス) A-24

EWS(EPL)(疑似回線クラス、E-Line、L2VPN グループ名、IOS XR デバイス) A-23

EWS(EPL)(ハイブリッド) A-20

EWS(EPL)(ポイントツーポイント) A-17

EWS(EPL)(ポイントツーポイント、UNI ポート セキュリティ、BPDU トンネリング) A-18

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、疑似回線コア接続、エンドツーエンド回線) A-56

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、疑似回線コア接続、エンドツーエンド回線、ブリッジ ドメイン使用) A-59, A-60

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、疑似回線コア接続、エンドツーエンド回線、ブリッジ ドメインなし) A-61

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、疑似回線コア接続、ポイントツーポイント回線) A-50

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、疑似回線コア接続、マルチポイント回線) A-51, A-57

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、ローカル コア接続、ポイントツーポイント回線) A-52, A-55, A-58

FlexUNI/EVC(ATM-Ethernet インターワーキング、ローカル コア接続、マルチポイント回線) A-53, A-54

FlexUNI/EVC(AutoPick サービス インスタンス名) A-45

FlexUNI/EVC(AutoPick サービス インスタンス名なし、サービス インスタンス名なし) A-46

FlexUNI/EVC(VPLS コア接続、UNI ポート セキュリティ) A-37

FlexUNI/EVC(VPLS コア接続、UNI ポート セキュリティなし) A-39

FlexUNI/EVC(疑似回線コア接続、UNI、および疑似回線トンネリング) A-36

FlexUNI/EVC(疑似回線コア接続、UNI ポート セキュリティ) A-33

FlexUNI/EVC(疑似回線コア接続、UNI、ポート セキュリティなし、ブリッジ ドメイン使用) A-35

FlexUNI/EVC(疑似回線コア接続、ブリッジ ドメイン、SVI 上の疑似回線) A-43

FlexUNI/EVC(疑似回線コア接続、ブリッジ ドメインなし、SVI 上の疑似回線なし) A-44

FlexUNI/EVC(ユーザ指定のサービス インスタンス名、VPLS コア接続) A-49

FlexUNI/EVC(ユーザ指定のサービス インスタンス名、疑似回線コア接続) A-47

FlexUNI/EVC(ユーザ指定のサービス インスタンス名、ローカル コア接続) A-48

FlexUNI/EVC(ローカル コア接続、UNI ポート セキュリティ) A-40

FlexUNI/EVC(ローカル コア接続、UNI、ポート セキュリティなし、ブリッジ ドメイン) A-42

Frame Relay over MPLS A-28

VPLS(マルチポイント、EMS/EP-LAN)、BPDU トンネリング) A-31

VPLS(マルチポイント、ERMS/EVP-LAN) A-30

概要 A-3

フレーム リレー(DLCI モード) A-29

サービス オプション

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-4

FlexUNI/EVC イーサネット ポリシーでの設定 3-8

サービス属性

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーでの設定 5-8

FlexUNI/EVC ポリシーでの設定 3-12

サービス プロバイダー、定義 2-4

サービス プロビジョニング、L2VPN の E-5

サービス リクエスト

L2VPN サービス リクエストの概要 1-4

VLAN 変換を使用した作成 C-3

VPLS サービス リクエストの概要 1-4

確認 11-3

監査 11-1, 11-12

コンフィグレット、表示 11-9

サービス リクエストでのテンプレートの使用 B-11, B-15

サービス リクエストの詳細、表示 11-7

サービス リクエストの状態 11-4

サービス リクエスト ワークフローでのデータ ファイルの作成 B-17

サービス リクエスト ワークフローでのテンプレートおよびデータ ファイルの選択 B-16

追加テンプレートによるサービス リクエストの中止 B-19

データ ファイルの作成 B-13

テンプレートおよびデータ ファイルのポリシーへの関連付け B-11

導入 11-1, 11-2

導入前の変更点 11-1

モニタリング 11-1, 11-10

履歴、表示 11-9

リンク、表示 11-8

サービス リクエスト(種類別のサービス リクエストも参照) 1-4

サービス リクエストの詳細

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエストの設定 6-3

FlexUNI/EVC イーサネット サービス リクエスト内の設定 4-2

サービス リクエストの導入 11-1

サイト

定義 2-4

作成

CE を使用した VPLS サービス リクエストの作成 10-2

CE を使用しない VPLS サービス リクエストの作成 10-6

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet インターワーキング ポリシー 5-1

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト 6-2

FlexUNI/EVC イーサネット サービス リクエスト 4-2

FlexUNI/EVC イーサネット ポリシー 3-1

IOS XR デバイスの疑似回線クラス 2-11

L2VPN サービス リクエスト 8-2

L2VPN ポリシー 7-1

L2 および VPLS レポート 13-1

NPC 2-8

NPC GUI エディタによる NPC の作成 2-9

VC ID プール 2-7

VLAN プール 2-5

VPLS サービス リクエスト 10-2

VPLS ポリシー 9-1

アクセス ドメイン 2-4

カスタム L2 および VPLS レポート 13-12

疑似回線クラス 2-11

自動ディスカバリ プロセスでの NPC リンクの作成 2-10

ターゲット デバイス 2-1

リングのみの NPC 2-10

サブテンプレート

サービス プロビジョニング時のサブテンプレートの関連付け B-12

自動ディスカバリ

自動ディスカバリでの NPC リンクの作成 2-10

自動ディスカバリ、L2 サービスの 12-1

状態

サービス リクエスト 11-4

資料、入手 iii-xvi

スイッチ

VTP 透過モードでの設定 2-2

設定

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の ATM リンク属性の設定 6-19

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の L2 アクセス ノードとのリンクの設定 6-23

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の N-PE へのリンクの設定 6-8

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内のダイレクト接続リンクの設定 6-8

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエストの詳細 6-3

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーの ATM インターフェイス属性 5-7

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーの FlexUNI 属性 5-8

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーの VLAN 一致基準属性 5-10

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーの VLAN 再書き込み条件属性 5-10

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーのインターフェイス属性 5-12

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーのサービス オプション 5-4

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシーのサービス属性 5-8

FlexUNI/EVC イーサネット サービス リクエストのサービス リクエストの詳細 4-2

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内の L2 アクセス ノードとのリンク 4-22

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内の N-PE へのリンク 4-10

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内のダイレクト接続リンク 4-10

FlexUNI/EVC ポリシーの VLAN 一致基準属性 3-15

FlexUNI/EVC ポリシーの VLAN 再書き込み条件属性 3-15

FlexUNI/EVC ポリシーのインターフェイス属性 3-17

FlexUNI/EVC ポリシーのサービス オプション 3-8

FlexUNI/EVC ポリシーのサービス属性 3-12

IOS XR サポート用のデバイス 2-3

ISC サービス 2-1

ISC リソース 1-3

ISC をサポートするためのデバイスの設定 2-2

NPC 1-3

N-PE デバイスのループバック アドレス 2-2

N-PE ループバック アドレス 1-3

VLAN 変換 C-1

VPN 1-4

カスタマー 1-2

疑似回線クラスがサポートされていない場合の転送モードの設定 2-14

基本的な ISC サービス 1-2

スイッチ、VTP 透過モードの 2-2

ターゲット デバイス 2-1

デバイス 1-2

ネットワーク 1-1

プロバイダー 1-2

ポリシーの FlexUNI 属性 3-12

レイヤ 2 サービスをサポートするためのネットワークの設定 1-2

セル リレー

over MPLS E-9

対象読者 iii-xiii

ダイレクト接続リンク

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内のダイレクト接続リンクの設定 6-8

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内の設定 4-10

定義

CE を使用した ATM ポリシーの定義 7-33

CE を使用した MPLS/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-13

CE を使用した MPLS/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-3

CE を使用したイーサネット/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-35, 9-41

CE を使用したイーサネット/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-25

CE を使用したイーサネット ERS(EVPL)ポリシーの定義 7-3

CE を使用したイーサネット EWS(EPL)ポリシーの定義 7-15

CE を使用したフレーム リレー ポリシーの定義 7-29

CE を使用しない ATM ポリシーの定義 7-36

CE を使用しない MPLS/EMS(EP-LAN)ポリシーの定義 9-19

CE を使用しない MPLS/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-8

CE を使用しないイーサネット/ERMS(EVP-LAN)ポリシーの定義 9-30

CE を使用しないイーサネット ERS(EVPL)ポリシーの定義 7-9

CE を使用しないイーサネット EWS(EPL)ポリシーの定義 7-22

CE を使用しないフレーム リレー ポリシーの定義 7-31

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet ポリシー 5-2

FlexUNI/EVC イーサネット ポリシー 3-6

IOS XR デバイスの L2VPN グループ名

グループ名

IOS XR デバイスのグループ名の定義 2-15

L2VPN ポリシー 7-1

VPLS ポリシー 9-1

VPN 2-4

カスタマー 2-4

サービス プロバイダー 2-4

サイト 2-4

リージョン 2-4

データ ファイル

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエストでの使用 6-24

FlexUNI/EVC サービス リクエストでの使用 4-23

サービス リクエストでの作成 B-13

テンプレートおよびデータ ファイルの使用 B-1

(「テンプレートおよびデータ ファイル」も参照) B-1

デバイス

FlexUNI/EVC でのデバイス ロール 3-5

IOS XR サポート用の設定 2-3

IOS XR デバイスの疑似回線クラスの作成および変更 2-11

N-PE デバイスのループバック アドレスの設定 2-2

設定 1-2

ターゲット デバイスの設定 2-1

デバイスの設定 2-2

転送モード、疑似回線クラスがサポートされていない場合の転送モードの設定 2-14

テンプレート 5-19

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエストでの使用 6-24

FlexUNI/EVC サービス リクエストでの使用 4-23

FlexUNI/EVC ポリシーでのテンプレート関連付けの有効化 3-24

テンプレートおよびデータ ファイルの使用 B-1

(「テンプレートおよびデータ ファイル」も参照) B-1

テンプレートおよびデータ ファイル

ISC ポリシーでのサポートの概要 B-5

ISC ポリシーでの使用 B-5

[Service Requests] ウィンドウからの表示 B-19

U-PE および PE-AGG デバイスのテンプレートの選択的決定 B-10

概要 B-1

サービス プロビジョニング時のサブテンプレートの関連付け B-12

サービス リクエスト作成時のデータ ファイルの作成 B-13

サービス リクエストでの使用 B-11, B-15

サービス リクエスト ワークフローでのデータ ファイルの作成 B-17

サービス リクエスト ワークフローでのテンプレートおよびデータ ファイルの選択 B-16

追加テンプレートによるサービス リクエストの中止 B-19

テンプレートおよびデータ ファイル

サービス リクエストへの関連付け B-11

テンプレート管理機能の概要 B-2

テンプレート コンフィギュレーション中止のための negate テンプレートの使用 B-14

ポリシーへの関連付け B-5

ワークフロー B-4

導入

サービス リクエスト 11-1, 11-2

トポロジ

ATMoMPLS のトポロジ E-9

FlexUNI/EVC のトポロジの概要 3-5

FRoMPLS のトポロジ E-10

L2VPN Ethernet over MPLS(ERS および EWS)(EPL および EVPL)のトポロジ E-6

MPLS ベース VPLS のトポロジ E-12

イーサネット ベース VPLS のトポロジ E-14

はじめに

概要 1-1

タスク 1-1

表記法

用語の表記法 1-5

表示

[Service Requests] ウィンドウからのテンプレートの表示 B-19

サービス リクエスト内のコンフィグレットの表示 11-9

サービス リクエスト内のサービス リクエストの詳細 11-7

サービス リクエスト内のリンク 11-8

サービス リクエストの詳細 11-7

プール

VC ID プールの作成 2-7

プール(プールの種類別のエントリを参照) 2-5

ブリッジ ドメイン

VPLS サービス リクエストでのブリッジ ドメイン ID 属性の使用 10-13

ブリッジ ドメイン ID 属性

VPLS サービス リクエストでの使用 10-13

フレーム リレー サービス リクエスト

CE を使用した作成 8-3

CE を使用しない作成 8-12

フレーム リレー ポリシー

CE を使用した定義 7-29

CE を使用しない定義 7-31

プロバイダー

MPLS ベース プロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN) E-12

MPLS ベース プロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN) E-12

イーサネット ベース プロバイダー コアのマルチポイント ERS(EVP-LAN) E-14

イーサネット ベース プロバイダー コアのマルチポイント EWS(EP-LAN) E-14

設定 1-2

変更

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト 6-24

FlexUNI/EVC サービス リクエスト 4-23

IOS XR デバイスの疑似回線クラス 2-11

L2VPN サービス リクエスト 8-21

VPLS サービス リクエスト 10-10

疑似回線クラス オブジェクト 2-13

ポイントツーポイント

イーサネット(EWS および ERS)(EPL および EVPL) E-5

保存

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト 6-25

FlexUNI/EVC サービス リクエスト 4-24

L2VPN サービス リクエスト 8-26

VPLS サービス リクエスト 10-14

ポリシー

FlexUNI/EVC イーサネット ポリシーの作成 3-1

L2VPN ポリシーの概要 1-4

VLAN 変換を使用した作成 C-2

VPLS ポリシーの概要 1-4

テンプレートおよびデータ ファイルの使用 B-5

テンプレートおよびデータ ファイルのポリシーへの関連付け B-5

ポリシーでのテンプレート サポートの概要 B-5

ポリシー(種類別のポリシーも参照) 1-4

マニュアルの構成 iii-xiii

マルチポイント

MPLS ベース プロバイダー コアの ERS(EVP-LAN) E-12

MPLS ベース プロバイダー コアの EWS(EP-LAN) E-12

イーサネット ベース プロバイダー コアの ERS(EVP-LAN) E-14

イーサネット ベース プロバイダー コアの EWS(EP-LAN) E-14

メトロ イーサネット フォーラム(「MEF」を参照) E-1

目的 iii-xiii

モニタリング

サービス リクエスト 11-1, 11-10

用語の表記法 1-5

ISC 用語およびサポート対象のネットワークの種類 E-4

L2VPN E-1

MEF E-1, E-3

リージョン、定義 2-4

リソース

ISC リソースの設定 1-3

リレー サービス、イーサネット E-6

履歴、サービス リクエスト内の履歴の表示 11-9

リンク

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内の L2 アクセス ノードとのリンクの設定 4-22

サービス リクエスト内のリンクの表示 11-8

自動ディスカバリでの NPC リンクの作成 2-10

リング

2 台の N-PE 上でのアクセス リングの終端 2-10

リングのみの NPC の作成 2-10

ループバック アドレス

N-PE デバイスのループバック アドレスの設定 2-2

N-PE のループバック アドレスの設定 1-3

レポート

L2 PE サービス レポート 13-6

L2 VPN レポート 13-7

L2 エンドツーエンド配線レポート 13-3

L2 および VPLS レポートの生成 13-1

VPLS PE サービス レポート 13-10

VPLS VPN レポート 13-11

VPLS 接続回線レポート 13-8

アクセス 13-1

概要 13-1

カスタム L2 および VPLS レポートの作成 13-12

ローカル コア接続

FlexUNI/EVC ATM-Ethernet サービス リクエスト内の疑似回線コア接続 6-6

FlexUNI/EVC サービス リクエスト内 4-8

ロール

FlexUNI/EVC でのデバイス ロール 3-5

割り当て、ロール(N-PE または U-PE)の 2-1