Cisco Prime Fulfillment 動作理論ガイド 6.1
索引
Index
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/11/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

A

AAL5 1-10

ATMoMPLS 1-10

ATM over MPLS(ATMoMPLS) 1-10

C

CBTS

クラスベース トンネル選択 3-8

CE

PE-CE インターフェイスのセキュリティ 2-13

Cell Relay

over MPLS 1-10

Conformant/Non-Conformant トンネル

管理 3-4

概要 3-3

定義 3-3

CSPF

接続保護バックアップ トンネル 3-8

E

ERS

MPLS-Based プロバイダー コアで使用するマルチポイント ERS(EVP-LAN) 1-19

イーサネットベースのプロバイダー コアで使用するマルチポイント ERS(EVP-LAN) 1-21

EWS

MPLS-Based プロバイダー コアで使用するマルチポイント EWS(EP-LAN) 1-19

イーサネットベースのプロバイダー コアで使用するマルチポイント EWS(EP-LAN) 1-21

F

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS) 1-11

FRoMPLS 1-11

I

ISC TEM

機能 3-2

L

L2VPN

サービス プロビジョニング 1-5

用語の表記法 1-1

L2VPN Ethernet over MPLS(ERS および EWS)(EPL および EVPL) 1-6

LDP 認証 2-14

M

Managed/Unmanaged プライマリ トンネル 3-2

MDE

機能 4-3

MEF

MEF 用語とネットワーク テクノロジーの対応付け 1-3

用語の表記法 1-1

MPLS VPN

概念 2-1

セキュリティ 2-8

O

OSPF 領域

ネットワークの例 3-6

複数 3-5

P

PBTS

ポリシーベース トンネル選択 3-9

PE

PE-CE インターフェイスのセキュリティ 2-13

T

TE 検出

TE 領域 ID 3-6

適したデバイス 3-5

TE トンネル

Managed トンネルと Unmanaged トンネルの同時使用 3-4

TE 領域 ID

TE 検出 3-6

V

VPLS

MPLS-Based VPLS 用のトポロジ 1-19

イーサネットベースの(L2)プロバイダー コア 1-21

イーサネットベースの VPLS 用のトポロジ 1-21

サービス プロビジョニング 1-18

VPN 2-1

VPN 間の接続 2-14

VPN 分離の実現 2-16

VPN ルーティング/転送テーブル 2-3

VRF

VRF インスタンス 2-5

実装 2-4

VRF オブジェクト

独立 VRF オブジェクトの管理 2-5

アドレス空間の分離 2-8

イーサネット リレー サービス(ERS または EVPL) 1-6

イーサネット ワイヤ サービス(EWS または EPL) 1-5

イントラネット 2-2

エクストラネット 2-2

管理

独立 VRF オブジェクト 2-5

概要

MDE 4-1

クラスベース トンネル選択(CBTS) 3-8

計画ツール 3-7

サービス プロビジョニング、L2VPN 1-5

実装、VRF 2-4

セキュリティ

CE-PE リンクの分離 2-13

IP アドレス解決によるセキュリティ 2-15

LDP 認証 2-14

MP-BGP セキュリティ機能 2-15

MPLS VPN 2-8

MPLS コア構造の隠蔽 2-9

MPLS コアのセキュリティ保護 2-12

PE-CE インターフェイス 2-13

VPN 分離の実現 2-16

攻撃に対する防御力 2-10

信頼できるデバイス 2-13

ラベル スプーフィング 2-12

ルーティング プロトコルのセキュリティ保護 2-11

接続保護(CSPF)バックアップ トンネル 3-8

前提となる知識 4-2

帯域幅プール 3-7

対象読者 ii-v

デバイス

TE 検出に適したデバイス 3-5

信頼できるデバイス 2-13

トポロジ

ATMoMPLS 1-10

FRoMPLS 1-11

L2VPN Ethernet over MPLS(ERS および EWS)(EPL および EVPL) 1-6

MPLS-Based VPLS 1-19

イーサネットベースの VPLS 1-21

ハブおよびスポーク 2-8

フル メッシュ 2-8

同時使用

Managed トンネルと Unmanaged トンネル 3-4

概要 3-4

認証

LDP 2-14

ルート 2-13

ハブおよびスポーク トポロジ 2-8

反応的な障害ライフサイクル 4-2

複数の OSPF 領域 3-5, 3-6

複数の同時実行ユーザ 3-4

フル メッシュ トポロジ 2-8

プロバイダー

MPLS-Based プロバイダー コアで使用するマルチポイント ERS(EVP-LAN) 1-19

MPLS-Based プロバイダー コアで使用するマルチポイント EWS(EP-LAN) 1-19

イーサネットベースのプロバイダー コアで使用するマルチポイント ERS(EVP-LAN) 1-21

イーサネットベースのプロバイダー コアで使用するマルチポイント EWS(EP-LAN) 1-21

プロビジョニング

通常の PE-CE リンク 4-3, A-1

ポイントツーポイント

イーサネット(EWS および ERS)(EPL および EVPL) 1-5

ポリシーベース トンネル選択(PBTS) 3-9

マルチポイント

MPLS-Based プロバイダー コアで使用する ERS(EVP-LAN) 1-19

MPLS-Based プロバイダー コアで使用する EWS(EP-LAN) 1-19

イーサネットベースのプロバイダー コアで使用する ERS(EVP-LAN) 1-21

イーサネットベースのプロバイダー コアで使用する EWS(EP-LAN) 1-21

メトロ イーサネット フォーラム(「MEF」を参照) 1-1

目的 ii-v

用語の表記法

L2VPN 1-1

MEF 1-1, 1-3

ラベル スプーフィング 2-12

リレー サービス、イーサネット 1-6

リンク

通常の PE-CE リンクのプロビジョニング 4-3, A-1

ルーティング

認証 2-13

分離 2-8, 2-9

ルーティング/転送テーブル 2-3

ルーティング プロトコル

セキュリティ保護 2-11

ルート識別子 2-5

ルート ターゲット 2-5

コミュニティ 2-6

ロッキング メカニズム 3-5