Cisco IP Solution Center API プログラマ ガイド 6.0
通知サーバの実装
通知サーバの実装
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2009/12/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

通知サーバの実装

イベント通知の概要

サンプル servlet の実行

サンプル servlet のカスタマイズ

収集するイベント

通知サーバの実装

この付録では、サンプル servlet を変更して、独自のアプリケーション用にカスタマイズする方法を説明します。次の項から構成されます。

「イベント通知の概要」

「サンプル servlet の実行」

「サンプル servlet のカスタマイズ」

「収集するイベント」

イベント通知の概要

イベント通知によって、ISC API ユーザは ISC システムから対象のイベントを収集できます。対象イベントは、ISC によって管理されるオブジェクトへの変更によってトリガーされます。データベース オブジェクトが作成、変更、または削除されたとき、スケジュール設定されたタスクがその実行を開始または終了したとき、またはウォッチドッグ イベントが ISC サービスに対する実行ステータスの変化を示したときに、イベントが登録され、通知が送信されます。

通知サーバを管理する ISC プロパティは次のとおりです。

notification.clientEnabled:通知の転送のオンとオフを切り替えるために使用します。

notification.clientHost:イベント通知受信プログラムを実行しているマシン。

notification.clientPort:受信側マシンで開くリスナー ポート。このプロパティは、Tomcat web.xml ファイルで定義されています。

notification.clientMethod:受信側マシンと通信するためのメソッドまたはプログラム。

notification.clientRegFile:転送する対象イベントが格納されます。


) clientHost、clientMethod、および clientPort は、URL を構築するために使用されます。


図 B-1 に、ISC によって実装される通知メカニズムを示します。

図 B-1 イベント通知メカニズム

 

EventReceivingServlet は、ユーザ独自のアプリケーション用に、カスタマイズして使用できます。

ISC 内の通知 web.xml ファイル($ISC_HOME/resources/webserver/tomcat/webapps/notification/WEB-INF)は、次の 2 つの servlet を識別します。

notificationServlet

eventListener(EventReceivingServlet プログラム)

通知 servlet を実装するためのテンプレートとして、このファイルを使用します。

次の web.xml ファイルで、notificationServlet セクションと eventListener セクションは、太字で示します。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
 
<!DOCTYPE web-app
PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
"http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">
<web-app>
<servlet>
<servlet-name>notificationServlet</servlet-name>
<display-name>Notification Servlet</display-name>
<servlet-class>com.cisco.vpnsc.nbi.notification.NotificationServlet</servlet-class>
<init-param>
<param-name>log</param-name>
<param-value>2</param-value>
</init-param>
<load-on-startup>2</load-on-startup>
</servlet>
<servlet>
<servlet-name>eventListener</servlet-name>
<display-name>Event Listener</display-name>
<servlet-class>com.cisco.vpnsc.nbi.client.EventReceivingServlet</servlet-class>
<init-param>
<param-name>log</param-name>
<param-value>2</param-value>
</init-param>
<load-on-startup>2</load-on-startup>
</servlet>
 
<servlet-mapping>
<servlet-name>eventListener</servlet-name>
<url-pattern>/notification/servlet/eventListener</url-pattern>
</servlet-mapping>
</web-app>
 

ISC のインストール環境には、サンプル servlet が含まれています。これは、通知イベントの収集のデモを実行するために、アクティブ化することができます。servlet(eventListener)を受信しているイベント通知によって、プログラム com.cisco.vpnsc.nbi.client.EventReceivingServlet が呼び出されます。このプログラムは、ISC のインストール環境に含まれています($ISC_HOME/resources/nbi/client/EventReceivingServlet.java)。これは、イベントを受信し、ログ ファイルに出力する単純なコードの一部を示しています。


) サンプル クライアントの詳細については、付録 C「スクリプト」を参照してください。


サンプル servlet の実行

ISC には、サンプルのイベント通知クライアント servlet が含まれています。この servlet は、標準 ISC インストール環境でアクティブ化できます。

このサンプルは、ループバック シナリオを効果的に作成します。これによって、ISC イベントは、ISC サーバの HTTP ポートに返信される SOAP/XML メッセージを生成します。ポート(デフォルトは 8030)に到達したときに、Tomcat サーバによって、EventReceivingServlet クライアント コードがロードされ、実行されます。

それぞれ $ISC_HOME/tmp/httpd_out.0 と $ISC_HOME/notification.0 を調べることによって、発信イベント メッセージと着信通知メッセージを観察できます。イベント通知が成功した場合は、notification.0 ファイルの末尾に SOAP/XML イベント通知が表示されます。

サンプル servlet のデモを実行するには、次の手順に従います。


ステップ 1 cilentReg.txt ファイルにイベントを追加します。このファイルは、$ISC_HOME/resources/nbi/notification/clientReg.txt にあります。

ステップ 2 次の手順で、ISC サーバ上の servlet の動的ロードを有効にします。

A)$ISC_HOME/resources/webserver/tomcat/conf/web.xml を編集します。

B)呼び出し側の servlet マッピングに対するマッピングをアンコメントします。呼び出し元の servlet マッピングの XML テキストは次のとおりです。

<!-- The mapping for the invoker servlet -->

<servlet-mapping>

<servlet-name>invoker</servlet-name>

<url-pattern>/servlet/*</url-pattern>

</servlet-mapping>

この例では、com.cisco.vpnsc.repository.devices.CiscoRouter.> を追加して、CiscoRouter に関係するイベントを指定します。

ステップ 3 プロパティ notification.clientEnabled を true に変更します。このファイルは、$ISC_HOME/etc/vpnsc.properties にあります。

GUI で次の手順を実行します。

[Administration]->[Control Center] に移動します。

ホストを選択し、[Config] をクリックします。

通知サーバを見つけ、clientEnabled プロパティを選択します。true に設定し、[Set Property] をクリックします。

ステップ 4 ISC を再起動します。

ステップ 5 CiscoRouter デバイスを追加します。

GUI で次の手順を実行します。

[Service Inventory] > [Inventory and Connection Manager] > [Devices] に移動します。

[Create] をクリックし、[Cisco IOS Device] を選択します。

ホスト名を入力します。

[Save] をクリックします。

ステップ 6 $ISC_HOME/tmp に移動し、ファイル httpd_out.0 を探します。末尾の XML は、次の例のようになるはずです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:ns0="http://www.cisco.com/cim-cx/2.0" xmlns:ns1="urn:CIM">
<soapenv:Header>
<ns0:message />
</soapenv:Header>
<soapenv:Body>
<ns1:deliverEvent>
<returns xsi:type="ns1:CIMReturnList" soapenc:arrayType="ns1:CIMReturn[]">
<record>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">InstIndication</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList" soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">IndicationType</name>
<value xsi:type="xsd:string">create</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">IndicationTime</name>
<value xsi:type="xsd:string">2003-12-03 13:15:26</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">InstClassName</name>
<value xsi:type="xsd:string">CiscoRouter</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">InstName</name>
<value xsi:type="xsd:string">xyz</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">LocatorId</name>
<value xsi:type="xsd:string">40</value>
</item>
</properties>
</objectPath>
</record>
</returns>
</ns1:deliverEvent>
</soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>
 


 

サンプル servlet のカスタマイズ

次の手順を使用して、カスタム通知受信 servlet を実装します。


ステップ 1 $ISC_HOME/resources/webserver/tomcat/webapps/notification/WEB-INF にある web.xml ファイルを、実際に使用する Tomcat 構造にコピーします。

ステップ 2 通知 servlet xml セクションを削除します。このセクションは、ISC に固有なものです。

ステップ 3 eventListener プログラムを com.cisco.vpnsc.nbi.client.EventReceivingServlet から独自のプログラムに変更します。

ステップ 4 ファイル $ISC_HOME/resources/nbi/notification/clientReg.txt の内容を編集することにより、受信するイベントを指定します。このファイルのデフォルトの内容は次のとおりです。

com.cisco.vpnsc.repository.task.PersistentTask.>
com.cisco.vpnsc.repository.devices.PIX.>
 

これは、PIX デバイスまたは PersistentTask に関係するイベントが、EventListener servlet に転送されることを示しています。

たとえば、com.cisco.vpnsc.repository.devices.CiscoRouter.> を追加して、CiscoRouter に関係するイベントを指定します。

収集および転送できるイベントの詳細なリストについては、「収集するイベント」を参照してください。

ステップ 5 プロパティ notification.clientEnabled を true に変更します。このファイルは、$ISC_HOME/etc/vpnsc.properties にあります。

GUI で次の手順を実行します。

[Administration] > [Control Center] に移動します。

ホストを選択し、[Config] をクリックします。

通知サーバを見つけ、clientEnabled プロパティを選択します。true に設定し、[Set Property] をクリックします。

ステップ 6 ISC を再起動します。


 

収集するイベント

ISC 通知サーバに対して、次のイベントを収集できます。

「com.cisco.vpnsc.repository.task.Argument」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.Action」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.ActionDependency」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.ActionTarget」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.PersistentTask」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.RuntimeAction」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.RuntimeTask」

「com.cisco.vpnsc.repository.task.ScheduledTask」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.Device」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.CiscoDevice」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.CiscoRouter」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.PIX」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.TerminalServer」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.CatOs」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.NonCiscoDevice」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.IE2100」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.GenericDeviceInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.CiscoDeviceInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.NonCiscoDeviceInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.PIXDeviceInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.DeviceGroup」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.RepDev_DevGp_Mpng」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.CollectionZone」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.VPNSCHost」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.VPNSCHostProperties」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.VirtualCircuit」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.AtmVC」

「com.cisco.vpnsc.repository.device.FrameRelayVC」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.VlanVC」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.PEDevice」

「com.cisco.vpnsc.repository.devices.CPEDevice」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Customer」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Site」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.LogicalDevice」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Cpe」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.CustomerNetworkPrefix」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.VPN」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Interface」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Vc」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.PE」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Provider」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Region」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.VRF」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.GenericSR」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.AccessDomain」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.AttributeValue」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.ConfigletClob」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Configlet」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.Policy」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.SRAssociatedTemplate」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.RepCableIpAddress」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.RepSRReport」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.SRHistoryReport」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.StagedConfiglet」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.StagedSR」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.GenericSRToVpn」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.PhysicalLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.Ring」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.PhysicalLinkSeq」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.NamedPhysicalCircuit」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.MLSharePolicy」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.MlConnPolicy」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.LogicalLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.LogicalLinkSet」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.EndPoint」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.DevEndPoint」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.RepNotEditable」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.LinkTemplate」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.ReservedVlanPool」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.RingMembership」

「com.cisco.vpnsc.repository.mlshare.RingSeq」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsSR」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.CERC」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.CERCMembership」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.VRFRole」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsVpnLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsLogicalLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyAttributeMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicy」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyRoutingProtocol」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyOSPFRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyBGPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyEIGRPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyIGRPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.AC」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyISISRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyRIPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyStaticRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyNoneRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyRedistributedRoutingProtocol」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsPolicyCercMembership」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.RepStaticRoutes」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrs」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsAttrMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsRedistributedRoutingProtocol」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsRoutingProtocol」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsOSPFRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsBGPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsEIGRPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsIGRPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsISISRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsRIPRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsStaticRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkAttrsNoneRouting」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.RoutingProtocolAccessor」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkRoutingProtocolAccessor」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.RepCableIpAddr」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.RepOldTemplate」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.MplsUniEtth」

「com.cisco.vpnsc.repository.mpls.LinkMulticastIPAddr」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.L2VpnPolicyAttributeMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.L2VpnPolicy」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.L2VpnPolicyInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.EndToEndWireAttributeMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.ACAttributeMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.EndToEndWire」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.EndToEndWireAttrs」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.ACAttrs」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.L2VpnSR」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.L2VpnLogicalLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.UniInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.UniProtocolTunnel」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.UniMacAccessList」

「com.cisco.vpnsc.repository.l2vpn.UniSecureMacAddress」

「com.cisco.vpnsc.repository.protocol.Protocol」

「com.cisco.vpnsc.repository.protocol.ProtocolBundle」

「com.cisco.vpnsc.repository.protocol.RepPro_Bdl_Mpng」

「com.cisco.vpnsc.nbi.vpnsc.PLHelper」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.DataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.AgeDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RdAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RdAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RdAgeDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RtAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RtAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RtAgeDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.SooAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.SooAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.SooAgeDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RdNameSeed」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RtNameSeed」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.SooNameSeed」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.externallyManaged.PoolType」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.IPDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RdDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.RtDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.SooDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.VcIdDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.VlanDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.IPAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.IPAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.IPAgeDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.MCASTDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.MCASTAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.MCASTAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.MCASTAgeDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.VlanAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.VlanAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.VcIdAllocDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.resourcePool.vpnscManaged.VcIdAvailDataBlock」

「com.cisco.vpnsc.repository.collection.Data」

「com.cisco.vpnsc.repository.collection.DevOwner」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAAProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAADNSProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAAEchoProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAAHTTPProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAAJitterProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAATCPConnectProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAAUDPEchoProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAADHCPProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.sla.SAAFTPProbe」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.MacAddress」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsServiceAttributeMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsPolicyInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsUniProtocolTunnel」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsUniInterface」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsPolicy」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsLinkAttributeMap」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsServiceAttributes」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsSR」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.HubGroup」

「com.cisco.vpnsc.repository.vpls.VplsLogicalLink」

「com.cisco.vpnsc.repository.common.MultipointHub」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.Service」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.DfProcess」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.Step」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.StepArg」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.NotifyUserId」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.GlobalData」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.StepData」

「com.cisco.vpnsc.repository.deploymentflow.DFProfileEntry」

「com.cisco.vpnsc.repository.ual.UALog」

「com.cisco.vpnsc.repository.ual.UALPolicy」

「com.cisco.vpnsc.repository.ual.ObjectLogEntry」

「com.cisco.vpnsc.repository.license.SoftwareLicense」

「com.cisco.insmbu.templatemgr.repository.TemplateGroup」

「com.cisco.insmbu.templatemgr.repository.Template」

「com.cisco.insmbu.templatemgr.repository.DataFile」

「com.cisco.insmbu.templatemgr.repository.Keyword」

「com.cisco.insmbu.templatemgr.repository.TemplateAssociationOnRole」

「com.cisco.insmbu.templatemgr.repository.BusinessClassAssociation」

「com.cisco.vpnsc.repository.nbi.ServiceOrder」

「com.cisco.vpnsc.repository.nbi.SOSRAssociation」