Cisco IP Solution Center API プログラマ ガイド 6.0
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2009/12/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

このマニュアルの対象読者

このマニュアルの構成

関連資料

その他の情報

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

このマニュアルについて

『Cisco IP Solution Center API プログラマ ガイド』では、サード パーティの Operations Support System(OSS)製品で利用できる API について説明します。ISC API は、eXtensible Markup Language(XML)インターフェイスを使用して、ISC サーバでデータの挿入、取得、更新、および削除を実行するためのメカニズムを提供します。

ここでは、次の内容について説明します。

「このマニュアルの対象読者」

「このマニュアルの構成」

「関連資料」

「その他の情報」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

このマニュアルの対象読者

このガイドは、ISC API を使用してネットワーク サービスをプロビジョニングするアプリケーション開発者に、テクニカル リソースを提供することを目的としています。

読者は、インターネット ネットワークの設計、運用、および用語について深く理解し、Cisco Internetwork Operating System(IOS)ソフトウェアとそのコマンドについての知識があり、Cisco IP Solution Center(ISC)製品について基本的に理解している必要があります。

API を使用するサービス プロバイダーの開発者は、Java または同等の言語など、高水準プログラミング言語も理解している必要があります。また、次の知識があることも推奨されます。

Hypertext Transfer Protocol(HTTP/HTTPS)

ソケット プログラミング

XML および XML スキーマ

ISC GUI、およびそれを使用してネットワークにプロビジョニングする方法についての知識も必要です。ほとんどの場合、API の処理は GUI の処理と相関しています。詳細については、 付録 A「GUI と API のマッピング」 を参照してください。

このマニュアルの構成

このプログラマ ガイドは、次の章で構成されています。

次の章では、ISC API の基礎について説明します。

「ISC API の概要」では、API XML を使用するための基本的な概念について説明します。これには、API モデル、コンポーネント、および処理が含まれます。

「使用する前に」では、API にログインするために必要なステップ、インベントリ、サービス リクエスト、およびサービス ポリシーを作成するための基本手順について説明します。

「共通 API」では、すべての ISC サービスに共通な処理のための API について説明します。

「テンプレートの使用」では、ISC テンプレートと、このテンプレートを使用してコンフィギュレーションをダウンロードし、サービス リクエストでテンプレートを使用する方法について説明します。

「モニタリング API」では、API を使用して、サービスをモニタし、レポートを作成する方法について説明します。

次の章では、各サービスの概念について説明し、プロビジョニングの例を示します。これには、ISC API を使用してサービスをプロビジョニングするために必要なステップが含まれます。

「MPLS のプロビジョニング」

「L2VPN のプロビジョニング」

「VPLS のプロビジョニング」

「FlexUNI/EVC のプロビジョニング」

「トラフィック エンジニアリング管理のプロビジョニング」

その他の情報:

付録 A「GUI と API のマッピング」 では、GUI 操作を対応する API にマッピングします。

付録 B「通知サーバの実装」 では、ISC から通知イベントを受信するために servlet を実装する例を示し、通知のために収集できるすべてのイベントのリストを示します。

付録 C「スクリプト」 では、ISC ソフトウェア アプリケーションで利用できるスクリプトのリストを示します。

関連資料

Cisco IP Solution Center のマニュアルの全セットには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/netmgtsw/ps4748/tsd_products_support_series_home.html

または

http://www.cisco.com/go/isc


ヒント 2 行の URL をブラウザのアドレス フィールドにコピー アンド ペーストする場合は、改行を含まない URL 全体を得るために各行を別々にコピー アンド ペーストしてください。


ISC マニュアル セットは、次のマニュアルから構成されます。

一般的資料(読むことが推奨される順序)

『Cisco IP Solution Center Getting Started and Documentation Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/roadmap/docguide.html

『Release Notes for Cisco IP Solution Center, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/release/notes/relnotes.html

『Cisco IP Solution Center Installation Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/installation/guide/
installation.html

『Cisco IP Solution Center Infrastructure Reference, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/infrastructure/reference/
guide/infrastructure.html

『Cisco IP Solution Center System Error Messages, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/system/messages/
messages.html

『Cisco IP Solution Center Third Party and Open Source Copyrights, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/third_party/open_source/
ISC_Third_Party_and_Open_Source_Copyrights60.html

アプリケーションとテクノロジーに関する資料(アルファベット順)

『Cisco IP Solution Center L2VPN and Carrier Ethernet User Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/l2vpn/user/guide/
l2vpn60book.html

『Cisco IP Solution Center MPLS VPN User Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/mpls_vpn/user/guide/
mpls60book.html

『Cisco IP Solution Center Traffic Engineering Management User Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/traffic_management/user/
guide/tem.html

『Cisco IP Solution Center MPLS Diagnostics Expert Failure Scenarios Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/mpls_failure_scenarios/user/
guide/mdefs.html

『Cisco IP Solution Center MPLS Diagnostics Expert User Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/mpls_diagnostics/user/guide/
mdeuser.html

API の資料

『Cisco IP Solution Center API Programmer Guide, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/developer/guide/
api_gd.html

『Cisco IP Solution Center API Programmer Reference, 6.0』

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/developer/reference/
xmlapi.zip


) すべての資料は、時間が経過して更新される可能性があります。更新されたすべての資料は、本書に示された同じ URL で入手できます。


その他の情報

Tomcat Web サーバ:

http://jakarta.apache.org/tomcat/index.html

SOAP プラグイン:

http://xml.apache.org/soap/

XML および XML スキーマ

http://www.w3.org/XML

http://www.w3.org/TR/xmlschema-0/

CIM イベント モデルによるイベントと通知

http://www.dmtf.org/standards/documents/CIM/DSP0107.pdf

HTTP、DMTF を通じた CIM オブジェクト

http://www.dmtf.org/standards/documents/WBEM/DSP200.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。