Cisco IP Solution Center API プログラマ ガイド 6.0
L2VPN のプロビジョニング
L2VPN のプロビジョニング
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2009/12/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

L2VPN のプロビジョニング

L2VPN サービス定義

サポートされるサービス定義

ポリシー例

ATM ポリシー

ERS ポリシー

L2VPN サービス リクエスト

エンドツーエンド ワイヤ

サービス リクエストの例

ATM サービス リクエスト

ERS サービス リクエスト

プロビジョニングの例

プロセスのまとめ

前提条件

RBAC

プロビジョニング プロセス

サービス リクエストの監査

L2VPN のプロビジョニング

Cisco IP Solution Center(ISC)API を使用して L2VPN のプロビジョニングを行うには、特定のサブタイプの L2VPN サービス ポリシーと L2VPN サービス リクエストが必要です。

サービス ポリシー(サービス定義で定義)により、エンドツーエンド ワイヤと attachment circuits(AC; 接続回線)で共通のアトリビュートが指定されます。

サービス リクエストは、エンドツーエンド ワイヤ接続のデバイス インターフェイス(GUI ではリンク エンドポイントと呼ばれます)を定義し、個々のエンドツーエンド ワイヤ リンクと AC でのポリシー アトリビュートを上書きすることもできます。

サービス オーダーを使用して L2VPN サービス リクエストを展開する場合、サービス定義で指定するアトリビュートは、各エンドツーエンド ワイヤ リンクおよび AC のアトリビュートとともに、サービス リクエストにリストされているデバイスとインターフェイスに適用されます。

この章では、L2VPN サービスの概念と、ISP API を使用して L2VPN サービスのプロビジョニングを行うために必要な手順について説明します。プロビジョニングの例には、コンポーネントの作成からサービス展開の監査までのプロセス フローがあります。

ISC を使用した L2VPN プロビジョニングの詳細については、『 Cisco IP Solution Center L2VPN and Carrier Ethernet User Guide, 6.0 』を参照してください。

この章の内容は、次のとおりです。

「L2VPN サービス定義」

「L2VPN サービス リクエスト」

「プロビジョニングの例」

L2VPN サービス定義

L2VPN サービス定義は、ポリシー サブタイプ、CPE デバイスおよび PE デバイスのプロパティ、User Network Interface(UNI; ユーザネットワーク インターフェイス)を指定します。設定できるプロパティは、サービス定義で指定されたポリシー サブタイプに基づいています。

現在の L2VPN 命名規則は多数あるため、『 Cisco IP Solution Center L2VPN and Carrier Ethernet User Guide, 6.0 』の「ISC Layer 2 VPN Concepts」の付録をお読みになることを推奨します。

サポートされるサービス定義

ISC は次の L2VPN サービス定義サブタイプをサポートします。

EthernetEVCS(イーサネット仮想回線サービス)

EthernetEVCS_NO_CE

EthernetTLS(トランスペアレント LAN サービス)

EthernetTLS_NO_CE

ATM(非同期転送モード)

ATM_NO_CE

FRAME_RELAY

FRAME_RELAY_NO_CE


) サブタイプが NO_CE であるすべてのサービス定義では、CE デバイスを CPE であると宣言しないでください。また、CE デバイスのポリシー アトリビュートをサービス定義で設定しないでください。


サービス定義は、要件が類似している 1 つ以上のサービス リクエストで共有できます。L2VPN サービス定義には、エンドツーエンド ワイヤおよび接続回線について、次の情報が含まれています。

サービス定義サブタイプ(例:EthernetEVCS または ATM_NO_CE)

デバイス インターフェイス タイプ(例:GigabitEthernet)

VLAN ID

UNI ポート セキュリティ

プロトコル(例:CDP、VTP)


) 個々のサービス定義プロパティについて、追加のアトリビュート editable=true を設定できます。これにより、サービス リクエストの作成で、ネットワーク オペレータがこれらのアトリビュートを上書きできます。アトリビュートが editable=false に設定されていると、これらのアトリビュートはサービス リクエストで変更できません。


ポリシー例

次に L2VPN XML ポリシーの例を 2 つ示します。

「ATM ポリシー」

「ERS ポリシー」

ATM ポリシー

この例では、L2VPN ATM ポリシーが、IOS XR デバイス上に設定されている TransportMode、PWClass、ELine 名、および L2vpn グループ名の各アトリビュートにより NPE-CE セットアップに作成されています。

Cisco IP Solution Center API Programmer Reference, 6.0 』の XML ファイル CreateL2VPNServiceDefn_ATM_PortMode_PWClass.xml

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soapenv:Envelope
xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"
xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"
xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xmlns:ns0="http://www.cisco.com/cim-cx/2.0"
xmlns:ns1="urn:CIM">
<soapenv:Header>
<ns0:message id="87855" timestamp="2002-12-13T14:55:38.885Z"
sessiontoken="p36bttjwy1"/>
</soapenv:Header>
<soapenv:Body>
<ns1:createInstance>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceDefinition</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Name</name>
<value xsi:type="xsd:string">ATM-Policy-NBI-1</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">L2Vpn</value>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Organization</name>
<value xsi:type="xsd:string">MyCustomer1</value>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Customer</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
</item> -->
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Remarks</name>
<value xsi:type="xsd:string"> data remarks</value>
</item>
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceDefinitionDetails</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">SubType</name>
<value xsi:type="xsd:string">ATM</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">TransportMode</name>
<value xsi:type="xsd:string">PORT</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Shutdown</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">false</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_PWCLASS</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PW_CLASS_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ELINE_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ELine_Name</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">L2VPN_GROUP_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ISC</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Template_Enabled</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Intf_Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">ANY</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>-->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">AAL5MUX</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
</properties>
</objectPath>
</objectPath>
</ns1:createInstance>
</soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>
 

ERS ポリシー

この例では、L2VPN ポイントツーポイント Ethernet Relay Service(ERS)ポリシーが、NPE-UPE-CE セットアップに作成されています。ここでは NPE は IOS XR デバイスで、他は IOS デバイスです。

ここでは、PWClass、ELine 名、および L2vpn グループ名アトリビュートは IOS XR(NPE)上に設定されています。

さらに、Std UNI アトリビュートが IOS(UPE)上に設定されています。

Cisco IP Solution Center API Programmer Reference, 6.0 』の XML ファイル CreateL2VPNServiceDefn_EVCS_NBIEnhance_PWClass.xml

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soapenv:Envelope
xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"
xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"
xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xmlns:ns0="http://www.cisco.com/cim-cx/2.0"
xmlns:ns1="urn:CIM">
<soapenv:Header>
<ns0:message id="87855" timestamp="2002-12-13T14:55:38.885Z"
sessiontoken="p36bttjwy1"/>
</soapenv:Header>
<soapenv:Body>
<ns1:createInstance>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceDefinition</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Name</name>
<value xsi:type="xsd:string">NBI-ERS-Policy-1</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">L2Vpn</value>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Organization</name>
<value xsi:type="xsd:string">MyCustomer2</value>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Customer</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
</item> -->
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Remarks</name>
<value xsi:type="xsd:string"> data remarks</value>
</item>
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceDefinitionDetails</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">SubType</name>
<value xsi:type="xsd:string">EthernetEVCS</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Duplex</name>
<value xsi:type="xsd:string">Auto</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Shutdown</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Intf_Shutdown</name>
<value xsi:type="xsd:string">false</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Violation_Action</name>
<value xsi:type="xsd:string">PROTECT</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Aging</name>
<value xsi:type="xsd:string">1000</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Intf_Format</name>
<value xsi:type="xsd:string" />
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Intf_Desc</name>
<value xsi:type="xsd:string" />
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">STD_UNI_PORT</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNI_KEEP_ALIVE</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Port_Security</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Unicast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Broadcast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">50</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Multicast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">99</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_SVI</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Autopick_Vlan_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Speed</name>
<value xsi:type="xsd:string">1000</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Use_Native_Vlan</name>
<value xsi:type="xsd:string">false</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Mac_Address</name>
<value xsi:type="xsd:string">100</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Template_Enabled</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Intf_Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">GigabitEthernet</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">DOT1Q</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_PWCLASS</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PW_CLASS_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ELINE_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ELine_Name</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">L2VPN_GROUP_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ISC</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
</properties>
</objectPath>
</objectPath>
</ns1:createInstance>
</soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>
 

L2VPN サービス リクエスト

L2VPN サービス リクエストは、サービス定義を指定し、エンドツーエンド ワイヤ接続と接続回線詳細のデバイス インターフェイスを割り当てます。

エンドツーエンド ワイヤ

エンドツーエンド ワイヤは、サービス プロバイダー クラウド経由のエンドポイントから別のエンドポイントへのリンクです。大半は、これらのリンクは CE から CE になっています。接続回線は、CE から PE へのリンクです。CE が存在しない場合、接続回線のリンクは PE-CLE から PE-CLE となります。

図 7-1 に示す EthernetEVCS ネットワークの例では、「エンドツーエンド ワイヤ 1」が ence132 から ence61 まで示されています。接続回線は、ence132 から enswosr1 と ence61 から enswosr2 の 2 つです。

 

図 7-1 エンドツーエンド ワイヤ ネットワークの例

 

作成可能なエンドツーエンド ワイヤと接続回線の数は、ポリシー サブタイプに基づいたものになります。

次のポリシー サブタイプでは、EndToEndWire ごとに 1 つまたは 2 つの AttachmentCircuits を作成できます。

EthernetEVCS

EthernetEVCS_NO_CE

EthernetTLS

EthernetTLS_NO_CE

次のポリシー サブタイプでは、EndToEndWire ごとに 2 つの AttachmentCircuits を作成できます。

FRAME_RELAY

FRAME_RELAY_NO_CE

ATM

ATM_NO_CE

サービス リクエストの例

L2VPN サービス リクエストの XML の例は次のとおりです。

「ATM サービス リクエスト」

「ERS サービス リクエスト」

ATM サービス リクエスト

この例では、L2VPN ATM サービス リクエストが、IOS XR デバイス上に設定されている TransportMode、PWClass、ELine 名、および L2vpn グループ名の各アトリビュートにより NPE-CE セットアップに作成されています。

Cisco IP Solution Center API Programmer Reference, 6.0 』の XML ファイル CreateL2VPNServiceOrder_ATM_PortMode_PWClass.xml

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soapenv:Envelope
xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"
xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"
xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xmlns:ns0="http://www.cisco.com/cim-cx/2.0"
xmlns:ns1="urn:CIM">
<soapenv:Header>
<!-- WaitTimeout has a default set in system properties.-->
<ns0:message id="87855" timestamp="2002-12-13T14:55:38.885Z"
Wait="true" WaitTimeout="90" sessiontoken="p36bttjwy1"/>
</soapenv:Header>
<soapenv:Body>
<ns1:performBatchOperation>
<actions xsi:type="ns1:CIMActionList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMAction[]">
<action>
<actionName xsi:type="xsd:string">createInstance</actionName>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceOrder</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ServiceName</name>
<value xsi:type="xsd:string">ServiceOrder257</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CarrierId</name>
<value xsi:type="xsd:string">322</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">DesiredDueDate</name>
<value xsi:type="xsd:dateTime">2002-12-13T14:55:38.885Z</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">NumberOfRequests</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
</item>
</properties>
</objectPath>
</action>
<action>
<actionName xsi:type="xsd:string">createInstance</actionName>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceRequest</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">RequestName</name>
<value xsi:type="xsd:string">MYSR-1</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">L2Vpn</value>
</item>
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceRequestDetails</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ServiceDefinition</name>
<value xsi:type="xsd:string">ATM-Policy-NBI-1</value>
<qualifier xsi:type="xsd:string">
<name xsi:type="xsd:string">ServiceDefinitionType</name>
<value xsi:type="xsd:string">L2Vpn</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">VPN</name>
<value xsi:type="xsd:string">l2-vpn1</value>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">topology</name>
<value xsi:type="xsd:string">FULLMESH</value>
</item> -->
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">EndToEndWire</className>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">AttachmentCircuit</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">NPC</name>
<value xsi:type="xsd:string">18</value>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE</name>
<value xsi:type="xsd:string">cl-test-l2-12404-1</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Cpe</name>
<value xsi:type="xsd:string">7200_2</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">NPC</name>
<value xsi:type="xsd:string">18</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNIDeviceInterface</name>
<value xsi:type="xsd:string">ATM0/1/0/3</value>
</item> -->
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ACAttrs</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_VCD</name>
<value xsi:type="xsd:string">3000</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_VPI</name>
<value xsi:type="xsd:string">100</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_VCI</name>
<value xsi:type="xsd:string">300</value>
</item>
<!-- PE info -->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">TransportMode</name>
<value xsi:type="xsd:string">PORT</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">AAL5</value>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Shutdown</name>
<value xsi:type="xsd:string">false</value>
</item>-->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_PWCLASS</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PW_CLASS_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ELINE_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ELine_Name</value>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">L2VPN_GROUP_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ISC</value>
</item>
</properties>
</objectPath>
</objectPath>
<!-- AC2-->
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">AttachmentCircuit</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">NPC</name>
<value xsi:type="xsd:string">19</value>
</item>
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE</name>
<value xsi:type="xsd:string">cl-test-l2-12404-2</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Cpe</name>
<value xsi:type="xsd:string">3640_6</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNIDeviceInterface</name>
<value xsi:type="xsd:string">ATM0/2/0/3</value>
</item> -->
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ACAttrs</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_VCD</name>
<value xsi:type="xsd:string">3000</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_VPI</name>
<value xsi:type="xsd:string">100</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_VCI</name>
<value xsi:type="xsd:string">300</value>
</item>
<!-- PE info -->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">TransportMode</name>
<value xsi:type="xsd:string">PORT</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">AAL5</value>
</item>
<!--<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Shutdown</name>
<value xsi:type="xsd:string">false</value>
</item>-->
</properties>
</objectPath>
</objectPath>
</objectPath>
</objectPath>
</objectPath>
</action>
</actions>
</ns1:performBatchOperation>
</soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>
 

ERS サービス リクエスト

この例では、L2VPN ポイントツーポイント Ethernet Relay Service(ERS)サービス リクエストが、NPE-UPE-CE セットアップに作成されています。ここでは NPE は IOS XR デバイスで、他は IOS デバイスです。

ここでは、PWClass、ELine 名、および L2vpn グループ名アトリビュートは IOS XR(NPE)上に設定されています。

さらに、Std UNI アトリビュートが IOS(UPE)上に設定されています。

Cisco IP Solution Center API Programmer Reference, 6.0 』の XML ファイル CreateL2VPNServiceOrder_EVCS_NBIEnhance_PWClass.xml

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soapenv:Envelope
xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"
xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"
xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xmlns:ns0="http://www.cisco.com/cim-cx/2.0"
xmlns:ns1="urn:CIM">
<soapenv:Header>
<!-- WaitTimeout has a default set in system properties.-->
<ns0:message id="87855" timestamp="2002-12-13T14:55:38.885Z"
Wait="true" WaitTimeout="180" sessiontoken="p36bttjwy1"/>
</soapenv:Header>
<soapenv:Body>
<ns1:performBatchOperation>
<actions xsi:type="ns1:CIMActionList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMAction[]">
<action>
<actionName xsi:type="xsd:string">createInstance</actionName>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceOrder</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ServiceName</name>
<value xsi:type="xsd:string">ServiceOrder257</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CarrierId</name>
<value xsi:type="xsd:string">322</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">DesiredDueDate</name>
<value xsi:type="xsd:dateTime">2002-12-13T14:55:38.885Z</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">NumberOfRequests</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
</item>
</properties>
</objectPath>
</action>
<action>
<actionName xsi:type="xsd:string">createInstance</actionName>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceRequest</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">RequestName</name>
<value xsi:type="xsd:string">new_sr</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">L2Vpn</value>
</item>
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceRequestDetails</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ServiceDefinition</name>
<!-- Policy Edit -->
<value xsi:type="xsd:string">NBI-ERS-Policy-1</value>
 
<qualifier xsi:type="xsd:string">
<name xsi:type="xsd:string">ServiceDefinitionType</name>
<value xsi:type="xsd:string">L2Vpn</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">VPN</name>
<value xsi:type="xsd:string">l2-vpn1</value>
</item>
<!--
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">topology</name>
<value xsi:type="xsd:string">Full Mesh</value>
</item>
-->
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">EndToEndWire</className>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<!--AC1 Edit for IP Address & PW class usage -->
<className xsi:type="xsd:string">AttachmentCircuit</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty"> /* NPE-UPE-CE setup... NPE is an IOS-XR device */
<name xsi:type="xsd:string">NPC</name>
<value xsi:type="xsd:string">4</value>
</item>
<!--<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNIDeviceInterface</name>
<value xsi:type="xsd:string">FastEthernet1/0/17</value>
</item>-->
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ACAttrs</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Intf_Name</name>
<value xsi:type="xsd:string">FastEthernet3/0</value>
</item> -->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">DOT1Q</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Ip_Address</name>
<value xsi:type="xsd:string">50.50.50.1/24</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">STD_UNI_PORT</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNI_KEEP_ALIVE</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Port_Security</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Unicast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">2</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Broadcast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">2</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Multicast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">2</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_SVI</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Autopick_Vlan_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_PWCLASS</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PW_CLASS_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">1</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">ELINE_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">ELine_Name_AC1</value>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">L2VPN_GROUP_NAME</name>
<value xsi:type="xsd:string">VPNSC</value>
</item>
</properties>
</objectPath>
</objectPath>
<!-- AC2 -->
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">AttachmentCircuit</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<!-- <item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE</name>
<value xsi:type="xsd:string">cl-test-l2-7600-2</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Cpe</name>
<value xsi:type="xsd:string">cl-test-l2-2821-4</value>
</item> -->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty"> /* NPE-UPE-CE setup... NPE is an IOS-XR device */
<name xsi:type="xsd:string">NPC</name>
<value xsi:type="xsd:string">13</value>
</item>
<!--<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNIDeviceInterface</name>
<value xsi:type="xsd:string">FastEthernet1/0/15</value>
</item>-->
</properties>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ACAttrs</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<!--<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Intf_Name</name>
<value xsi:type="xsd:string">GigabitEthernet0/1</value>
</item> -->
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">DOT1Q</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Ip_Address</name>
<value xsi:type="xsd:string">50.50.50.2/24</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">STD_UNI_PORT</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">UNI_KEEP_ALIVE</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Port_Security</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Unicast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">85</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Broadcast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">90</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Uni_Multicast_Traffic</name>
<value xsi:type="xsd:string">99</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_SVI</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
 
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Autopick_Vlan_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<!--
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">USE_PWCLASS</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PW_CLASS_ID</name>
<value xsi:type="xsd:string">36</value>
</item>
-->
</properties>
</objectPath>
</objectPath>
</objectPath>
</objectPath>
</objectPath>
</action>
</actions>
</ns1:performBatchOperation>
</soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>
 

プロビジョニングの例

ここでは、L2VPN をプロビジョニングするために API を使用するために必要な手順と、各手順の操作、クラス、および必須パラメータについて説明します。

プロセスのまとめ

この L2VPN プロビジョニングの例では、次の手順を示します。

1. デバイス グループを作成します(任意)。

2. デバイスを作成します。

3. デバイス コンフィギュレーションを収集します。

4. プロバイダーを作成します。

5. リージョンを作成します。

6. デバイスを PE として宣言します。

7. アクセス ドメインを作成します。

8. カスタマーを作成します。

9. サイトを作成します。

10. デバイスを CPE として宣言します(No_CE サービス サブタイプでは不要)。

11. 名前付き物理回路を作成します。

12. VLAN ID プールを作成します。

13. VC ID プールを作成します。

14. VPN を作成します。

15. PseudowireClass を作成します(任意)。

16. L2VPN サービス定義(ポリシー)を作成します。

17. L2VPN サービス リクエストを作成します。


) 分りやすくするために、このプロビジョニング プロセスでは、個別の XML 要求として各ステップを示します。これらのステップの多くは、performBatchOperations を使用して組み合わせることができます。


ここに示すプロビジョニングの例は、図 7-2 に一部を示すネットワーク ダイアグラムに基づいています。

図 7-2 L2VPN プロビジョニング ネットワークの例

 

前提条件

セキュリティ上の理由から、ISC は、L2VPN サービス リクエストをプロビジョニングする前に、Ethernet Relay Service(ERS)または Ethernet Wire Service(EWS)に含まれるすべてのスイッチ上に Virtual Terminal Protocol(VTP; 仮想端末プロトコル)を透過モードで設定する必要があります。

VTP モードを設定するには、次の Cisco IOS コマンドを入力します。

configure terminal
vtp mode transparent
 

VTP が透過モードに変化したことを確認するには、次の Cisco IOS コマンドを入力します。

Show vtp status
 

RBAC

ISC では、ユーザのログインとログオフのために、Cisco Role-Based Access Control(RBAC; ロール ベース アクセス コントロール)製品が使用されます。これらのユーザのロールと権限は、GUI を使用して設定します。

API セッションを確立すると、ログイン時にセッション トークンが与えられます。セッション トークンは、API XML 要求ごとに、API ユーザにこの操作を実行する権限があるかどうか確認するために RBAC プロセッサに対して検証されます。ユーザに権限がないと、API はエラーを戻します。

ユーザ ロールと権限のセットアップについては、『 Cisco IP Solution Center Infrastructure Reference, 6.0 』を参照してください。

プロビジョニング プロセス

ここでは、XML の例を使用したサンプル プロビジョニング プロセスについて説明します。ISC API 用の XML コンポーネントの例は、次の URL から入手できます。 http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/ip_solution_center/6.0/developer/reference/xmlapi.zip


ステップ 1 デバイス グループを作成します(任意)。

 

表 7-1 デバイス グループの作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

DeviceGroup

Name

この例では、1 つのデバイス グループがカスタマー向けに、さらに別の 1 つのデバイス グループがプロバイダー向けに作成されています。

CreateDeviceGroup_ProvDev.xml

CreateDeviceGroup_CustDev.xml

XML の例:

CreateDeviceGroup.xml


ヒント デバイス グループを作成する場合は、空のデバイス グループを作成してからデバイスを作成してください。各デバイスを作成するたびに、デバイス作成の XML 要求でのキー プロパティとして関連付けられたデバイス グループを追加します。


次の例では、デバイス グループ(CustDev)が、デバイス CiscoRouter の作成でのキー プロパティとして追加されます。

<ns1:createInstance>
<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">CiscoRouter</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList" soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">DeviceGroup</name>
<value xsi:type="xsd:string">CustDev</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CfgUpDnldMech</name>
<value xsi:type="xsd:string">DEFAULT</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">TransportMechanism</name>
<value xsi:type="xsd:string">DEFAULT</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">Password</name>
<value xsi:type="xsd:string">vpnsc</value>
</item>
 

ステップ 2 デバイスを作成します。

ISC によって管理されるすべてのネットワーク要素は、システムでデバイスとして定義する必要があります。要素とは、ISC が情報を収集できるデバイスです。多くの場合、デバイスは Cisco IOS ルータと Catalyst スイッチです。

 

表 7-2 デバイスの作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

CiscoRouter

CatOS

次のいずれか 1 つまたは複数:

ManagementIPAddress

HostName

DomainName

この例では、図 7-2 に示すように、CPE から PE へのリンクで、デバイスごとに XML 要求が作成されます。

CreateDevice_enpe20.xml

CreateDevice_enpe21.xml

CreateDevice_ence142.xml

CreateDevice_ence211.xml

XML の例:

CreateCiscoRouter.xml

CreateCat.xml

 

ステップ 3 デバイス コンフィギュレーションを収集します。

デバイス コンフィギュレーションの収集は、1 つのタスクです。このタスクでは、デバイスから ISC データベースに現在のコンフィギュレーションをアップロードします。収集タスクはサービス リクエストから実行され、サービス リクエストはサービス オーダーからスケジュールされます。

 

表 7-3 デバイス コンフィギュレーションの収集

操作
className
必須パラメータ

createInstance

ServiceOrder

ServiceName

NumberofRequests

ServiceRequest

 

ServiceRequest

RequestName

Type=Task

ServiceRequestDetails

 

ServiceRequestDetails

SubType=COLLECTION

Device(または DeviceGroup)

(注) 1 つ以上のデバイスまたはデバイス グループを選択する必要があります。

RetrieveVersion=true

RetrieveDeviceInterfaces=true

この例では、デバイス収集が 2 つのタスクに分かれています。1 つのタスクはカスタマー デバイス グループで、デバイス上のコンフィギュレーション収集を実行します。もう 1 つのタスクはプロバイダー デバイス グループに対するものです(デバイス グループはステップ 1 で作成済みです)。

CreateTaskServiceOrderCollection1.xml

CreateTaskServiceOrderCollection2.xml


) デバイス グループ上の収集を実行するには、ServiceRequestDetails に DeviceGroup キーワードを指定します(例:DeviceGroup=Group_CustDev、DeviceGroup=Group_ProvDev)。


XML の例:

CreateTaskServiceOrderCollection.xml

 

ステップ 4 プロバイダーを作成します。

プロバイダーは、1 つの BGP Autonomous System(AS; 自律システム)番号を持つ ISP の管理ドメインです。プロバイダーによって所有されるネットワークは、バックボーン ネットワークと呼ばれます。ISP に 2 つの AS 番号がある場合、その番号は 2 つのプロバイダー管理ドメインとして定義する必要があります。

 

表 7-4 プロバイダーの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

Provider

Name

AsNumber

XML の例:

CreateProvider.xml

 

ステップ 5 リージョンを作成します。

各プロバイダーには、複数のリージョンを含むことができます。この例では、リージョンごとに 1 つの XML 要求が作成されます。

CreateRegion1.xml

CreateRegion2.xml

 

表 7-5 リージョンの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

Region

Name

Provider

XML の例:

CreateRegion.xml

 

ステップ 6 デバイスを PE として宣言します。

PE ロール(PE-POP または PE-CLE)をデバイスに割り当てる XML 要求は、次の操作にも使用されます。

PE デバイスをリージョン/プロバイダーに割り当てる。

PE インターフェイス情報を指定する。

 

表 7-6 PE の作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

PE

Provider

Region

Role=

PE_CLE

PE_POP

Device

Interface

この例では、PE として宣言する各デバイスに対して XML 要求が作成されます。図 7-2 によると、enpe21=PE1 および enpe20=PE2 となります。

CreatePE1.xml

CreatePE2.xml

XML の例:

CreatePE.xml

 

ステップ 7 アクセス ドメインを作成します。

ISC が自動的に VLAN プールからのリンクに VLAN を割り当てる、イーサネット ベースのサービス用アクセス ドメインを作成します。すべての PE-POP デバイスを選択してこのドメインに関連付け、プロセスの後で、VLAN プールがアクセス ドメイン用に作成されると、PE-POP が自動的に VLAN ID に割り当てられます。

 

表 7-7 アクセス ドメインの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

AccessDomain

Name

Provider

PE(ロールが PE_POP であること)

XML の例:

CreateAccessDomain.xml

 

ステップ 8 カスタマーを作成します。

カスタマーは VPN サービスの要求者です。カスタマーごとに複数のカスタマー サイトがあってもかまいません。各サイトが属するのは 1 つのカスタマーのみで、多数の CPE を含むことができます。

 

表 7-8 カスタマーの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

Organization

Name

XML の例:

CreateOrganization.xml

 

ステップ 9 サイトを作成します。

サイトを作成し、カスタマー(Organizations)をサイトに割り当てます。この例では、サイトごとに 1 つの XML 要求が作成されます。

CreateSite1.xml

CreateSite2.xml

 

表 7-9 サイトの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

Site

Name

Organization

XML の例:

CreateSite.xml

 

ステップ 10 デバイスを CPE として宣言します。

CPE をサイトに割り当てる XML 要求は、次を指定するためにも使用されます。

管理タイプ。

CE インターフェイス情報。CE が存在しない場合は、UNI(PE-CLE または PE-POP)インターフェイス情報を指定します。

 

表 7-10 CPE デバイスの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

Cpe

Site

Device

ManagementType

この例では、CPE として指定するデバイスごとに XML 要求が作成されます。ネットワーク ダイアグラムによると、ence142=Cpe1 および ence211=Cpe2 となります。

CreateCpe1.xml

CreateCpe2.xml

XML の例:

CreateCpe.xml

 

ステップ 11 名前付き物理回路を作成します。

CPE から PE-POP へのエンドツーエンド ワイヤに各物理リンク用の NPC を作成します。中間デバイスがある場合、これらのリンクは PhysicalLink を使用して NPC に追加される必要もあります。

NPC を作成する場合、最初の物理リンクの発信元デバイスは CPE であるか、非管理 CPE の場合は U-PE である必要があります。

PE-POP または N-PE は、最後の物理リンクの送信先デバイスである必要があります。中間デバイスは、最初はリンクの送信先デバイスとして、2 番目は次のリンクの発信元デバイスとして 2 回出現します。

 

表 7-11 NPC の作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

NamedPhysicalCircut

PhysicalLink

 

PhysicalLink

SrcDevice

DestDevice

SrcIfName

DestIfName

XML の例:

CreateNamedPhysicalCircuit.xml

CreateNamedPhysicalCircuitRing.xml:PE-CLE 上にリング トポロジ コンフィギュレーションがある場合、この例を使用します。

CreateNamedPhysicalCircuitRingExisting.xml:すでに作成済みの NPC リングを参照する際にこの例を使用します。

ステップ 12 VLAN ID プールを作成します。

VLAN ID プールを作成して範囲を指定し、アクセス ドメインに関連付けて、VLAN プールのパラメータを手動で入力します。ISC が VLAN にエンドツーエンド ワイヤ リンクを自動的に割り当てるには、サービス定義で AutoPickVlanId キーワードを指定します(ステップ 15 を参照)。

 

表 7-12 VLAN プールの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

VlanIdPool

Start

Size

AssocClassType

AssocClassId

XML の例:

CreateVlanIdPool.xml

 

ステップ 13 VC ID プールを作成します。

VC ID プールはグローバルなものであり、Provider または Organization と関連付けられません。

 

表 7-13 VC ID プールの作成

操作
className
必須キーワード

createInstance

VcIdPool

Start

Size

XML の例:

CreateVcIdPool.xml

 

ステップ 14 VPN を作成します。

L2VPN ネットワーク内の VPN は、L2VPN リンクをグループ化するために使用される名前にすぎません。

 

表 7-14 VPN の作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

VPN

Name

XML の例:

CreateVPN.xml

 

ステップ 15 PseudowireClass を作成します(任意)。

必須アトリビュートを指定して Pseudowire クラスを設定します。これにより、ISC が Pseudowire クラスと IOS XR デバイス上の優先パスが設定できるようになります。

 

表 7-15 Pseudowire クラスの作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

PseudowireClass

Name

Description(任意)

Encapsulation

TransportMode

TunnelId(任意)

DisableFallback(任意)

XML の例:

CreatePWclass.xml

 

ステップ 16 L2VPN サービス定義(ポリシー)を作成します。

サービス定義は、L2VPN サービス リクエストの定義に必要なパラメータのテンプレートです。ポリシー テンプレートを定義すると、一連の共通アトリビュートを共有するすべての L2VPN サービス リクエストによって使用できます。

サービス定義内の特定のプロパティは、追加のアトリビュート editable=true を設定できます。これにより、サービス リクエストの作成者が特定のポリシー アトリビュート上の値を変更できます。プロパティが editable=false に設定されていると、サービス リクエストの作成者はポリシー アトリビュートを変更できません。次の例を参照してください。

<objectPath xsi:type="ns1:CIMObjectPath">
<className xsi:type="xsd:string">ServiceDefinitionDetails</className>
<properties xsi:type="ns1:CIMPropertyList"
soapenc:arrayType="ns1:CIMProperty[]">
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">SubType</name>
<value xsi:type="xsd:string">ATM</value>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">PE_Encap</name>
<value xsi:type="xsd:string">AAL0</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
<item xsi:type="ns1:CIMProperty">
<name xsi:type="xsd:string">CE_Intf_Type</name>
<value xsi:type="xsd:string">Switch</value>
<qualifier xsi:type="ns1:CIMQualifier">
<name xsi:type="xsd:string">editable</name>
<value xsi:type="xsd:string">true</value>
</qualifier>
</item>
 

この例では、サービス定義が SubType=ATM で、Cpe、PE、および UNI のポリシー アトリビュート値が ServiceDefinitionDetails で作成されています。

CreateL2VPNServiceDefn_ATM.xml

 

表 7-16 サービス ポリシーの作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

ServiceDefinition

Name

Type=L2Vpn

ServiceDefinitionDetails

 

ServiceDefinitionDetails

SubType=

EthernetEVCS

EthernetEVCS_NO_CE

EthernetTLS

EthernetTLS_NO_CE

FRAME_RELAY

FRAME_RELAY_NO_CE

ATM

ATM_NO_CE

Provider または Organization

(注) Provider または Organization を指定しなかった場合、サービス ポリシーはグローバルとなります。


) AutoPickVlanId キーワードを ServiceDefinitionDetails に設定した場合は、必ずアクセス ドメインを PE-CLE(スイッチ)の接続先である PE に接続し、VLAN プールをアクセス ドメインに割り当ててください。


XML の例:

CreateL2VPNServiceDefn_EVCS.xml

CreateL2VPNServiceDefn_EthernetEVCS_NO_CE.xml

CreateL2VPNServiceDefn_EthernetTLS.xml

CreateL2VPNServiceDefn_EthernetTLS_NO_CE.xml

CreateL2VPNServiceDefn_ATM.xml

CreateL2VPNServiceDefn_ATM_NO_CE.xml

CreateL2VPNServiceDefn_FRAME_RELAY.xml

CreateL2VPNServiceDefn_FRAME_RELAY_NO_CE.xml

 

ステップ 17 L2VPN サービス リクエストを作成します。

L2VPN サービス リクエストは、ポイントツーポイント トポロジでさまざまなサイトに接続する 1 つ以上のエンドツーエンド ワイヤから構成されます。サービス リクエストを作成するには、使用するサービス定義、CPE(または UNI)および PE デバイス上の特定のインターフェイス、ルーティング プロトコル情報、および IP アドレス指定情報などの複数のパラメータを入力します。

この例では、L2VPN サービス リクエストが CE が存在している ATM ネットワーク用に作成されます。サービス リクエストはサービス オーダーから展開されます。ServiceRequestDetails により、エンドツーエンド ワイヤおよび接続回線用のアトリビュートが指定されます。


) サービス リクエスト名は、NBI API ごとに固有のものにする必要があります。


 

表 7-17 サービス リクエストの作成

操作
className
必須パラメータ

createInstance

ServiceOrder

ServiceName

NumberOfRequests

ServiceRequest

 

ServiceRequest

RequestName

Type=L2Vpn

ServiceRequestDetails

 

ServiceRequestDetails

ServiceDefinition

ServiceDefinitionType=L2Vpn

EntoEndWire

VPN

 

EndtoEndWire

AttachmentCircuit

 

AttachmentCircuit

ACAttrs

LinkTemplate(任意)

(注) 「サービス リクエストでのテンプレート」を参照してください。


ヒント サービス リクエストに対して返される LocatorId 値を記録してください。サービス リクエストの設定監査を実行するには、ロケータ ID が必要です。


XML の例:

CreateL2VPNServiceOrder_EVCS.xml

CreateL2VPNServiceOrder_EVCS_NO_CE.xml

CreateL2VPNServiceOrder_EthernetTLS.xml

CreateL2VPNServiceOrder_EthernetTLS_NO_CE.xml

CreateL2VPNServiceOrder_ATM.xml

CreateL2VPNServiceOrder_ATM_NO_CE.xml

CreateL2VPNServiceOrder_FRAME_RELAY.xml

CreateL2VPNServiceOrder_FRAME_RELAY_NO_CE.xml


 

サービス リクエストの監査

コンフィギュレーション監査は、サービス リクエストを展開するたびに、自動的に実行されます。このコンフィギュレーション監査中に、ISC によって、すべての Cisco IOS コマンドが存在し、その構文が正しいことが検証されます。監査では、対象デバイスでサービス リクエストによって設定されたコマンドを検査することにより、展開中にエラーが生じなかったことも検証します。デバイス コンフィギュレーションがサービス リクエストの定義と一致していない場合、監査は警告フラグを付け、サービス リクエストを Failed Audit 状態または Lost 状態に設定します。

コンフィギュレーション監査を実行しない場合は、Audit パラメータの値を変更します。Audit パラメータでは、次の値がサポートされています。

Audit:これがデフォルトです。このフラグを変更しない限り、正常に展開されたサービス リクエストは、自動的に監査されます。

NoAudit:サービス リクエストが展開されたときに、コンフィギュレーション監査を実行しません。

ForceAudit:サービス リクエストの展開が成功しなかった場合でも、コンフィギュレーション監査を実行します。

Audit パラメータは、作成、修正、解放サービス リクエスト、または展開タスクで使用できます。詳細については、「サービス解放」を参照してください。個別のタスクとしてコンフィギュレーション監査を実行する方法については、「コンフィギュレーション監査」を参照してください。