Cisco Configuration Professional 1.0 ルーティングおよびセキュリティ ユーザーズ ガイド
索引
Symbols
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

Symbols

$ETH-LAN$  3-1

$ETH-WAN$  5-4

Numerics

3DES  12-10

A

ADSL

動作モード  5-20, 6-36

ADSL over ISDN

デフォルトの動作モード  5-20

動作モード  6-40

ADSL の動作モード

adls2  6-37

adsl2+  6-37

ansi-dmt  6-36

itu-dmt  6-36

スプリッタレス  6-37

AES 暗号化  12-10

AH 認証  12-13

ansi-dmt  6-36

ATM

サブインターフェイス  2-3

AutoSecure  25-30

B

BOOTP、無効化  25-10

C

CBAC、有効化  25-26

CBAC インスペクション ルール  10-1, 10-13

CDP、無効化  25-11

CEF、有効化  25-14

CHAP  5-11

Cisco IOS 侵入防止システム(IPS)、「IPS」を参照

COMP-LZS  12-13

D

DSS デジタル署名  41-25

DES  12-10

D-H グループ  12-10

DHCP  5-16, 6-31

Diffie-Hellman グループ  12-10

DLCI  5-11, 6-49

DMVPN  16-1

事前共有キー  16-3

スポーク  16-2

ハブ  16-2

ハブ アンド スポーク ネットワーク  16-11

プライマリ ハブ  16-3

フル メッシュ ネットワーク  16-11

ルーティング情報  16-8

DMZ サービス  9-8

アドレス範囲  9-8

DMZ ネットワーク  9-6

サービス  9-7

特定のトラフィックの許可  9-21

E

Easy VPN  13-5

IPSec グループ キー  13-13

IPSec グループ名  13-13

Network Extension Plus  13-12, 13-30

SSH ログオン ID  13-15

Unity クライアント  13-25, 13-29, 13-32

Xauth ログオン  13-15

インターフェイス  13-9

既存の接続の編集  13-46

クライアント モード  13-11

グループ キー  13-27

グループ名  13-27, 13-35

サポートされるインターフェイスの数  13-9, 13-40

事前共有キー  13-13, 13-35

デジタル証明書  13-13, 13-34

トンネルの自動制御  13-10, 13-40

トンネルの手動制御  13-10, 13-41

トンネルのトラフィックベース制御  13-10, 13-41

ネットワーク拡張モード  13-12

バックアップの設定  13-46

EIGRP ルート  26-9

enable secret  25-17, 25-35

ESP 認証と暗号化  12-12

F

Finger サービス、無効化  25-7

G

G.SHDSL

回線速度、デフォルト  5-20

設備の種類  6-45

設備の種類、デフォルト値  5-20

動作モード  6-45

動作モード、デフォルト値  5-20

Gratuitous ARP 要求、無効化  25-14

GRE over IPSec トンネル  12-17

GRE トンネル  12-17

事前共有キー  12-19

スプリット トンネリング  12-24

H

HDLC  5-19

HTTP サービス

アクセス クラスの設定  25-27

I

ICMP ホスト アンリーチャブル メッセージ、無効化  25-23, 25-24

ICMP マスク応答メッセージ、無効化  25-24

ICMP リダイレクト メッセージ、無効化  25-21

IETF カプセル化  5-12, 6-50

IKE  41-25

D-H グループ  12-10

アクティビティの表示  42-15

共有キー  41-25

事前共有キー  19-7

状態  42-20

説明  19-1

認証  41-25

認証アルゴリズム  12-10

ポリシー  12-5, 12-8, 19-2

IP ident サービス、無効化  25-10

IP 圧縮  12-13

IP アドレス

HDLC またはフレーム リレーを使用したシリアル  5-10

PPP を使用したシリアル  5-9

PPPoE を使用した ATM またはイーサネット  5-16

PPPoE を使用しないイーサネット  5-4

RFC 1483 ルーティングを使用した ATM  5-17

アンナンバード  5-16, 6-31

ダイナミック  5-16, 6-31

ネクスト ホップ  5-7

ネゴシエート  5-17, 6-31

IP ソース ルーティング、無効化  25-12

IP ダイレクト ブロードキャスト、無効化  25-22

IPS

IPS の作成  28-2

SDF  28-68

IPS に用意  28-64

ルータのメモリ内  28-65

ロード  28-57

SDF の場所  28-19, 28-21

VFR  28-14, 28-17

インターフェイスの選択  28-15

概要  28-1

グローバル設定  28-17

シグニチャ

TrendMicro OPACL  28-45

新たな脅威に関する情報  28-64

一致したときのアクション  28-59

インポート  28-60

概要  28-42, 28-49

シグニチャ ツリー  28-43, 28-50, 28-61

追加  28-44

定義  28-63

表示  28-45, 28-52

無効化  28-45, 28-52

有効化  28-45

シグニチャのリロード(再コンパイル)  28-19

シスログ(syslog)サーバ  28-20, 28-28

セキュリティ ダッシュボード  28-67

高脅威  28-67

シグニチャの展開  28-69

設定と管理のボタン  28-11

トラフィックの方向  28-14

ビルトイン シグニチャ  28-20

フィルタ(ACL)

アウトバウンド  28-16

インバウンド  28-16

詳細  28-15

選択  28-16

無効化(指定されたインターフェイス上)  28-13

無効化(すべてのインターフェイス上)  28-13

ルール  28-2

ルール ウィザード  28-2

IPSec  12-15

アクティビティの表示  42-15

グループ キー  13-13, 13-27

グループ名  13-27, 13-35

説明  18-1

統計情報  42-15

トンネル ステータス  42-15

ポリシー タイプ  18-2

ルール  18-11

[IPSec ルール] ウィンドウ  33-5

J

Java アプレット、ブロッキング  10-19

L

LMI  5-11, 6-49

M

MD5  12-10

mGRE  16-4

MOP サービス、無効化  25-23

N

[NAC ルール] ウィンドウ  33-5

NAT  27-1

DMZ サービス設定に適用  9-8

DNS タイムアウト  27-15

ICMP タイムアウト  27-15

PPTP タイムアウト  27-15

TCP フロー タイムアウト  27-15

UDP フロー タイムアウト  27-15

VPN 接続  12-35

VPN との設定  12-45

アドレス プール  27-10, 27-18

ウィザード  27-2

エントリの最大数  27-15

サポートされていないインターフェイスでの設定  2-10, 9-23

指定されたインターフェイス  27-10

スタティック アドレス変換ルール  27-20

スタティック アドレス変換ルール、外部から内部へ  27-24

ダイナミック NAT タイムアウト  27-15

ダイナミック アドレス変換ルール、内部から外部へ  27-27

ファイアウォールの通過の許可  9-23

変換ルール  27-10

変換先インターフェイス、ダイナミック ルール  27-29, 27-32

変換先インターフェイス、スタティック ルール  27-22, 27-26

変換タイムアウト  27-10, 27-15

変換方向、スタティック ルール  27-21

変換元インターフェイス、ダイナミック ルール  27-29, 27-32

変換元インターフェイス、スタティック ルール  27-21, 27-25

リダイレクト ポート  27-24, 27-27

ルート マップ  27-16, 27-31

[NAT ルール] ウィンドウ  33-5

NBAR

アクティビティの表示  42-27

Netflow

アクティビティの表示  42-27

NetFlow、有効化  25-20

NHRP

待機時間  16-6

認証文字列  16-6

ネットワーク ID  16-6

O

OSPF ルート  26-7

P

PAD サービス、無効化  25-8

PAP  5-11

Password Authentication Protocol、「PAP」を参照

PAT

NAT アドレス プールで使用  27-19

WAN ウィザードによる設定  5-6

Ping

VPN ピアへの送信  12-33

PPP  5-19

PPP over Ethernet、「PPPoE」を参照

PPPoE  5-18, 6-39, 6-43, 7-6

イーサネット WAN ウィザード  5-5

PVC  5-19

Q

QoS

アクティビティの表示  42-27

[QoS ルール] ウィンドウ  33-5

R

RFC 1483 ルーティング  5-18

AAL5 MUX  6-35, 6-39, 6-43, 7-6

AAL5 SNAP  6-35, 6-39, 6-43, 7-6

RIP ルート  26-6

RSA

暗号化  41-25

デジタル署名  41-25

S

scheduler allocate  25-19

SDEE

サブスクリプション  28-20, 28-28

メッセージ  28-22

IDS エラー  28-25

IDS ステータス  28-24

SDF  28-68

IPS に用意  28-64

場所  28-19, 28-21

ルータのメモリ内  28-65

ロード  28-57

[SDM デフォルト ルール] ウィンドウ  33-5

SDP

起動  37-2

トラブルシューティング  37-4

Secure Device Provisioning、「SDP」を参照  37-2

SHA_1  12-10

show コマンド  45-2

SNMP、無効化  25-18

SSH  13-15

有効化  25-28

syslog

IPS 内  28-20, 28-28

設定  25-36

表示  42-35

T

TCP Synwait 時間  25-16

TCP キープアライブ メッセージ、有効化  25-13

TCP スモール サーバ、無効化  25-8

Telnet のユーザ アカウント、設定  25-34

Telnet ユーザ アカウント  25-19

U

UDP スモール サーバ、無効化  25-9

V

VCI  5-19

VPI  5-19

VPN  12-2, 12-27

AH 認証  12-13

ESP 認証  12-12

IP 圧縮  12-13

IPSec ルール  12-15, 18-11

NAT パススルーの設定  12-45

アクティビティの表示  12-41, 42-15

既存のトンネルの編集  12-40

サポートされていないインターフェイスでの設定  12-44

事前共有キー  12-7

トランスフォーム セット  12-11, 18-7

トランスポート モード  12-13

トンネル モード  12-13

トンネルの削除  12-32

バックアップ ピアの設定  12-42

ピア  18-7

ピア ルータでの設定  12-39

複数のサイトまたはトンネル  12-36

複数のデバイス  12-43

保護されるトラフィック  12-8, 12-14, 18-10

ミラー ポリシー  12-34

ミラー設定  12-39

リモート IPSec ピア  12-6

VPN コンセントレータ

ファイアウォール経由のトラフィックの許可  9-25

vty 回線

アクセス クラスの設定  25-27

W

WAAS NM

外部 IP アドレス  8-9

内部 IP アドレス  8-9

WAE-C  8-1

WAE-E  8-1

WAN インターフェイス

サポート外  2-7

WAN 接続

削除  6-75

WCCP  8-2

WCCP の設定  8-10

WCCP リダイレクト  8-10, 8-11

WCCP リダイレクトの除外対象  8-11

Web Cache Communication Protocol  8-2

Wide Area Engine Core  8-1

Wide Area Engine Edge  8-1

X

Xauth ログオン  13-15

アクセス ルール

NAT 変換ルール内  27-29, 27-32

ファイアウォール ポリシーの変更  10-8

[アクセス ルール] ウィンドウ  33-5

アドレス プール  27-10, 27-18

アプリケーション トラフィック

アクティビティの表示  42-27

暗号化

3DES  12-10

AES  12-10

DES  12-10

暗号マップ  12-32

IPSec ルール  18-11

シーケンス番号  18-6

セキュリティ アソシエーション ライフタイム  18-6

ダイナミック  18-2

トランスフォーム セット  18-7

ピア  18-7

保護されるトラフィック  18-10

インスペクション ルール

SDM 警告  10-20

インターネット キー交換  41-25

インターフェイス

アクティビティの表示  42-8

関連付けの編集  6-12

サポート外  2-3

使用可能な設定(タイプ別)  41-5

統計情報  42-8

永続ルート  26-5

主な用語と略語の定義  1

回避アクション  28-21

[外部定義のルール]ウィンドウ  33-5

拡張ルール  33-7

番号の範囲  33-9

カプセル化

HDLC  5-19

IETF  5-12, 6-50

PPP  5-19

PPPoE  5-18, 6-39, 6-43, 7-6

RFC 1483 ルーティング  5-18, 6-39, 6-43, 7-6

フレーム リレー  5-19

監視モード  42-1

VPN ステータス  42-15

インターフェイス ステータス  42-8

概要  42-3

トラフィック ステータス  42-27

ファイアウォール ステータス  42-12

ロギング  42-35

完全転送秘密  18-6

共有キー  41-25

クライアント モード  13-11

クロック設定  5-12, 6-50, 6-55

サブインターフェイス、シリアルおよび ATM インターフェイス  2-3

サポートされていないインターフェイス  2-3

NAT の設定  2-10, 9-23

VPN の設定  12-44

WAN として設定  2-7

ファイアウォールの設定  9-19

[サポートされていないルール]ウィンドウ  33-5

シーケンス番号、有効化  25-13

シグニチャ、「IPS」を参照

事前共有キー  12-7, 12-19, 16-3, 19-7

シリアル インターフェイス

クロック設定  5-12

サブインターフェイス  2-3

侵入防止システム(IPS)

スケジューラ間隔  25-18

スタティック アドレス変換ルール  27-20

スタティック ルート

WAN ウィザードによる設定  5-7

設定  2-4

デフォルト  26-4

スタティック変換ルール

リダイレクト ポート  27-24, 27-27

スプリット トンネリング  12-24

セキュリティ アソシエーション ライフタイム  18-6

セキュリティ ダッシュボード  28-67

高脅威  28-67

シグニチャの展開  28-69

セキュリティ監査ウィザード

Enable Secret とバナー  25-35

Telnet のユーザ アカウントの設定  25-34

インターフェイスの選択  25-5

開始  25-1

レポート カード  25-6

ロギング  25-36

設定、SDM  44-1

ダイナミック IP アドレス  5-16, 6-31

ダイナミック マルチポイント VPN  16-1

ダイナミック ルーティング プロトコル

設定  2-10

タイム スタンプ、有効化  25-13

ダイヤラ インターフェイス、PPPoE 選択時に追加  5-5

[ツール]メニュー  46-1

ディスタンス メトリック  26-5

テキスト バナー、設定  25-16, 25-35

デフォルト ルール、SDM  45-3

デフォルトのスタティック ルート  26-4

トラフィック

アクティビティの表示  42-27

トラフィック フロー  10-3, 10-6

アイコン  10-6

トランスフォーム セット  12-11, 18-7

トランスフォーム セット、複数  12-43

認証

AH  12-13

ESP  12-12

MD5  12-10

SHA_1  12-10

デジタル署名  41-25

ネクスト ホップ IP アドレス  5-7

パスワード

暗号化の有効化  25-12

最小長の設定  25-15

パッシブ インターフェイス  26-6, 26-8, 26-9

バナー、設定  25-16, 25-35

ハブ アンド スポーク ネットワーク  16-11

[表示] メニュー  45-1

標準ルール  33-6

番号の範囲  33-9

ファイアウォール  9-1

ACL  10-2

CBAC の有効化  25-26

http アプリケーション エントリの追加  10-18

NAT パススルーの設定  9-23

RPC エントリの追加  10-16

SDM 警告  10-21

VPN コンセントレータへのトラフィックの許可  9-25

アクティビティの表示  9-17, 42-12

アプリケーション エントリの追加  10-15

サポートされていないインターフェイスでの設定  9-19

特定のトラフィックの許可  9-21, 9-22

特定のホストまたはネットワークからのトラフィックの許可  9-22

トラフィック フロー、「トラフィック フロー」を参照

トラフィックフロー表示コントロール  10-3

フラグメント エントリの追加  10-17

ポリシー  10-2

[ファイアウォール ルール] ウィンドウ  33-5

[ファイル] メニュー  43-1

負荷分散  28-21, 28-29

プライマリ ハブ  16-3

フラッシュのスクイーズ操作、実行不可

erase flash コマンド  43-9

フル メッシュ ネットワーク  16-11

フレーム リレー  5-19

DLCI  6-49

IETF カプセル化  6-50

LMI タイプ  6-49

クロック設定  6-50

プレビュー コマンド オプション  44-1

プロキシ ARP、無効化  25-21

プロトコル トラフィック

アクティビティの表示  42-27

変換ルール  27-10

変換タイムアウト  27-10

[編集] メニュー  44-1

マルチポイント ジェネリック ルーティング カプセル化  16-4

ミラー設定、VPN  12-39

ユーザ アカウント、Telnet  25-19

ユニキャスト RPF、有効化  25-25

用語集の定義  1

用語、定義  1

リダイレクト ポート  27-24, 27-27

ルータへの設定の配信  43-2

ルーティング

EIGRP ルート  26-9

OSPF ルート  26-7

RIP ルート  26-6

永続ルート  26-5

ディスタンス メトリック  26-5

パッシブ インターフェイス  26-6, 26-8, 26-9

ルーティング プロトコル、ダイナミック  2-10

ルート マップ  12-35, 27-16, 27-31

ルール  12-15

NAT、VPN 接続  12-35

拡張ルール  33-7

標準ルール  33-6

ルール エントリ

ガイドライン  33-10

レポート カードの画面  25-6

ロギング

イベントの表示  42-35

シーケンス番号とタイム スタンプの有効化  25-13

設定  25-36

有効化  25-17

ワンステップのロックダウン  25-3