Cisco Configuration Professional 1.0 ルーティングおよびセキュリティ ユーザーズ ガイド
表示メニューのコマンド
表示メニューのコマンド
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

表示メニューのコマンド

ホーム

設定

監視

実行コンフィギュレーション

show コマンド

デフォルト ルール

更新

表示メニューのコマンド

次のオプションは、Cisco Configuration Professional(Cisco CP)の[表示]メニューから使用できます。

ホーム

ルータのハードウェアとソフトウェア、LAN、WAN、ファイアウォール、および VPN の設定についての情報を提供する Cisco CP ホーム ページを表示します。

設定

Cisco CP タスク バーを表示します。ここから、指示に従って、または手動で、インターフェイスと接続、ファイアウォールと ACL、VPN ルーティング、その他のタスクを設定できます。

監視

ルータおよびネットワークの統計を表示できる[Cisco CP Monitor](SDM 監視)ウィンドウを表示します。

実行コンフィギュレーション

ルータの実行コンフィギュレーションを表示します。

show コマンド

[show コマンド]ダイアログ ボックスを表示します。ここでは、Cisco IOS の show コマンドをルータに発行し、その出力の表示と PC への保存ができます。
出力ファイルは、デフォルト ファイル名である show_ <コマンド>
router_ip_address ]で保存されます。

[show コマンド]ダイアログ ボックスには、 show コマンドで得られる次の出力を表示できます。

[show flash]― ルータのフラッシュ メモリの内容を表示します。

[show startup-config]― ルータのスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを表示します。

[show access-lists]― ルータに現在設定されているすべてのアクセス コントロール リスト(ACL)コマンドを表示します。

[show diag]― ルータにインストールされているハードウェアについての情報を表示します。

[show interfaces]― 各インターフェイスの設定とそのインターフェイスを介して転送されたパケットについての情報を表示します。

[show protocols]― 各インターフェイスに設定されているネットワーク プロトコルについての情報を表示します。

[show version]― ルータで稼働している Cisco IOS ソフトウェアのバージョンについての情報を表示します。

[show tech-support]― 他のすべての show コマンドからの出力を表示します。

[show environment]― ルータ電源についての情報を表示します。ルータでこのコマンドをサポートしていない場合は、[show コマンド]ドロップダウン リストにこのコマンドが表示されません。

Cisco CP デフォルト ルール

[Cisco CP デフォルト ルール]画面には、Cisco CP によって設定されているすべてのデフォルト ルールのリストが表示されます。この画面の左側には、アクセス ルール、ファイアウォール、VPN - IKE ポリシー、および VPN - トランスフォーム セットのオプションを表示するツリーがあります。これらのオプションのデフォルト ルールを表示するには、ツリー内のオプションをクリックします。オプションのデフォルト ルールが右側に表示されます。ルールの詳細については、この後のオプションの説明を参照してください。

アクセス ルール

アクセス コントロール リスト( ACL)のすべてのデフォルト ルールと、各ルールの簡単な説明を表示します。

ファイアウォール

Cisco CP のアプリケーション セキュリティのデフォルト ポリシーを表示します。表示するセキュリティ ポリシーは、ウィンドウの右上隅のリストで選択します。

SDM_HIGH ― このポリシーを選択すると、インスタント メッセージングおよびポイントツーポイント アプリケーションは使用できません。HTTP および電子メール トラフィックが監視され、そのトラフィックが使用するプロトコルに適合しないトラフィックは破棄されます。ファイアウォール内で開始されたセッションの、その他の TCP および UPD トラフィックは戻されます。

SDM_MEDIUM ― このポリシーを選択すると、インスタント メッセージングとポイントツーポイントのアプリケーション、および HTTP と電子メールのトラフィックが監視されます。ファイアウォール内で開始されたセッションの、その他の TCP および UPD トラフィックは戻されます。

SDM_LOW ― このポリシーでは、アプリケーションのトラフィックは監視されません。ファイアウォール内で開始されたセッションの、その他の TCP および UPD トラフィックは戻されます。

VPN - IKE ポリシー

デフォルトのインターネット キー交換( IKE)ポリシーを表示します。

VPN - トランスフォーム セット

デフォルトの IP セキュリティ( IPSec)トランスフォーム セットを表示します。

更新

設定情報をルータからリロードします。配信されていないコマンドがある場合、Cisco CP はメッセージ ウィンドウを表示して、更新しないと未配信のコマンドが失われることを通知します。コマンドを配信する場合は、このウィンドウで[いいえ]をクリックし、Cisco CP ツールバーの[配信]をクリックします。