Cisco Configuration Engine アドミニストレーショ ン ガイド 3.5
Service Manager
Service Manager
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2010/03/29 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Service Manager

サービス プロパティの編集

IMGW デバイスとホップ タイプの編集

Service Manager

サービス管理タスクにアクセスするには、システムにログインします(「ログイン」を参照)。次に、[Home] ページから、[Tools] タブをクリックします。[Tools] ページが表示されます。

[Tools] ページから、[Service Manager] をクリックします。[Service Manager] ページに次の項目が表示されます。

[Edit Service Properties]

[Edit IMGW Device and Hop Types]

サービス プロパティの編集


ステップ 1 [Service Manager Functional Overview] ページから、[Edit Service Properties] をクリックします。[Edit Service Properties] ページが表示されます(図 15-1 を参照)。

図 15-1 [Edit Service Properties]

 

ステップ 2 [Edit Service Properties] ページから、該当するオプション ボタンをクリックすることで、[Image Service] を選択します。

[Image Service] のサービス プロパティ ページが表示されます(図 15-2 を参照)。

図 15-2 イメージ サービス プロパティ

 

ステップ 3 [Image Types] を編集するには、移動ボタン(<<)をクリックし、イメージ タイプを [Removed Image Types] 列に移動します。

ステップ 4 [Boot Timeout] を編集するには、新しい値をテキスト ボックスに入力します。

ステップ 5 [Check Server Msg Timeout] を編集するには、新しい値をテキスト ボックスに入力します。

ステップ 6 [Check Server Msg Retry] を編集するには、新しい値をテキスト ボックスに入力します。

ステップ 7 このタスクをキャンセルするには、[Cancel] をクリックします。

ステップ 8 変更を実行するには、[OK] をクリックします。


 

IMGW デバイスとホップ タイプの編集


ステップ 1 [Service Manager Functional Overview] ページから、[Edit IMGW Device and Hop Types] をクリックします。

[IMGW Device and Hop Types] ページが表示されます(図 15-3 を参照)。

図 15-3 [IMGW Device and Hop Types]

 

ステップ 2 デバイス タイプまたはホップ タイプを削除するには、項目をクリックし、[Remove] をクリックします。

ステップ 3 新しいデバイス タイプまたはホップ タイプを追加するには、ダイアログボックスに項目を入力し、[Add to list] をクリックします。

ステップ 4 完了したら、変更を保存するために、[Edit] をクリックします。