Cisco Configuration Engine アドミニストレーショ ン ガイド 3.5
Data Manager
Data Manager
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2010/03/29 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Data Manager

データ バックアップのスケジュール作成

製品リストの更新

ディスク スペースの管理

Data Manager

データ管理タスクにアクセスするには、システムにログインします(「ログイン」を参照)。次に、[Home] ページから、[Tools] タブをクリックします。[Tools] ページが表示されます。

[Tools] ページで、[Data Manager] をクリックします。[Data Manager] ページが表示されます。Data Manager には次の機能が含まれます。

[Schedule Backup]

[Update Product List]

[Manage Disk Space]

データ バックアップのスケジュール作成


ステップ 1 [Data Manager Overview] ページから、[ScheduleBackup] をクリックします。

バックアップ情報ダイアログボックスが表示されます(図 9-1 を参照)。

図 9-1 バックアップ スケジュール パラメータ

 

ステップ 2 バックアップ データの保存先の場所を指定するには、FTP サーバ名を [FTP Server Name] フィールドに入力します。

表 9-1 に、これらのフィールドに使用できる値を示します。

 

表 9-1 バックアップ スケジュール パラメータとして有効な値

アトリビュート
説明
有効な値

FTP Server name

すべてのバックアップ ファイルを保存するサーバ名を入力します。

a ~ z
A ~ Z
0 ~ 9
-(ハイフン)
_(アンダースコア)
.(ピリオド)

Username

FTP サーバへのログイン ユーザ名を入力します。

a ~ z
A ~ Z
0 ~ 9
-(ハイフン)
_(アンダースコア)
.(ピリオド)

Password

FTP サーバのパスワードを入力します。

6 ~ 12 文字の出力可能な文字

Directory

すべてのバックアップ ファイルを保存するサブディレクトリを入力します。

絶対パス

Enable Log File Management

バックアップ後にファイルをホスト システムから削除するかどうかを指定します。

ドロップダウン リストから選択

Backup Schedule

日付と時刻のフィールドです。

必要に応じて入力

ステップ 3 FTP サーバにログインするためのユーザ名を指定するには、有効なユーザ名を [Username] フィールドに入力します。

ステップ 4 FTP サーバへのログインに使用するパスワードを指定するには、有効な値を [Password] フィールドに入力します。

ステップ 5 データ ファイルの保存先のサブディレクトリを指定するには、絶対パスを [Directory] フィールドに入力します。

ステップ 6 [Enable Log File Management] を実行するかどうかを選択します。

ステップ 7 バックアップ スケジュールを指定するには、[Backup Schedule] ペイン内のフィールドに入力します。


) ホスト システムの時間ベースは Coordinated Universal Time(UTC; 協定世界時)に設定する必要があります。


ステップ 8 バックアップ操作をキャンセルするには、[Cancel] をクリックします。

ステップ 9 バックアップ操作を開始するには、[Backup] をクリックします。


 

製品リストの更新

製品リストは、価格リストと EPROM に保存されている数値の識別番号で指定されているように、製品とネットワーク モジュールとをマッピングしたものです。新しい製品が追加されると、このリストは増大するため、新しい製品が追加されるごとに Cisco Configuration Engine でこのリストを更新する必要が生じます。このリストは、Cisco Web サイト( http://www.cisco.com )からダウンロードできます。


ステップ 1 [Data Manager] ページで、[Update Product List] をクリックします。

[Update Product List] ダイアログボックスが表示されます(図 9-2 を参照)。

図 9-2 [Update Product List]

 

ステップ 2 適切なダウンロード オプションを選択します。

表 9-2 に、これらのフィールドに使用できる値を示します。

 

表 9-2 [Update Product List] の有効な値

アトリビュート
説明
有効な値

Select Download Option

使用可能なダウンロード オプション

オプション ボタン

URL

ターゲット URL

RFC 1738 に従った有効な URL

Username

自分のユーザ名

a ~ z
A ~ Z
0 ~ 9
-(ハイフン)
_(アンダースコア)
.(ピリオド)

Password

自分のパスワード

6 ~ 12 文字の出力可能な文字

ステップ 3 ターゲット URL を入力します。

ステップ 4 ユーザ名およびパスワードを入力します。

ステップ 5 製品リストをダウンロードするには、[Download] をクリックします。


 

ディスク スペースの管理


ステップ 1 [Data Manager] ページで、[Manage Disk Space] をクリックします。

[Setup Disk Space Notification] ダイアログボックスが表示されます(図 9-3 を参照)。

図 9-3 ディスク スペース通知

 

ステップ 2 通知のパーセント値として、電子メール通知を起動する値を設定します。

表 9-3 に、これらのフィールドに使用できる値を示します。

 

表 9-3 [Setup Disk Space Notification] の有効な値

アトリビュート
説明
有効な値

Set notification percentage

電子メール通知を起動する、通知のパーセント値を設定します。

0 ~ 100

E-Mail Ids for notification:

通知を送信する電子メール アドレスを指定します。

a ~ z
A ~ Z
0 ~ 9
-(ハイフン)
_(アンダースコア)
.(ピリオド)

ステップ 3 通知電子メールの適切な電子メール アドレスを設定します。

ステップ 4 これらのエントリを保存するには、[Save] をクリックします。