Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 テクノロ ジー サポートおよび情報モデル リファレンス マニュ アル
仮想ルーティングおよびフォワーディング
仮想ルーティングおよびフォワーディング
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/10/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

仮想ルーティングおよびフォワーディング

テクノロジーの説明

VPN

VRF

VRF-Lite(マルチ VRF)

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ

同値のルーティング エントリ

仮想ルーティング エントリ

マルチ プロトコル BGP エンティティ

同値の相互仮想ルーティング エントリ

相互仮想ルーティング エントリ

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

ネットワーク トポロジ

サービス アラーム

仮想ルーティングおよびフォワーディング

この章では、Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよびフォワーディング)について、Cisco ANA が提供するサポートのレベルを説明します。この章は次の項で構成されます。

「テクノロジーの説明」

「インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)」

「ネットワーク トポロジ」

「サービス アラーム」

テクノロジーの説明

VPN

BGP/MPLS VPN は、RFC 2547 とそれに関連するドラフトや標準に定義され、レイヤ 3 VPN を実現します。レイヤ 3 VPN では、各 Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)デバイスが、VPN ごとに 1 つあり、仮想ルータのセットのように動作します。ネットワーク プロバイダーは、各 PE ルータ インターフェイスの VPN メンバシップを設定します。ほとんどの場合、1 つのポートが複数のインターフェイス用に使用され、それぞれのインターフェイスが、別々の VPN に関連付けられています。ポートが認識できるネットワークは、それが属する VPN に限定され、環境外のデバイスとは通信できません。標準的な IP ルーティングは、Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)と PE デバイスの間のインターフェイスです。静的ルートは、CE と PE の両方に設定できます。さらに複雑なシナリオでは、CE および PE の間でルーティング プロトコル(RIP、OSPF、BGP など)が実行されます。

ネットワーク プロバイダーはまた、通信を行うすべての PE ルータ間に、適切な MPLS Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)を確立できます。PE デバイスは、取得した外部 IP アドレスを VPN ごとの識別情報によって個別に評価し、BGP の接続性に応じて、拡張形式の BGP を使用してそれらの IP アドレスを他のすべての PE ルータにブロードキャストします。PE デバイスはまた、宛先ルートに固有(または実装によっては、宛先ポートに固有)の MPLS ラベルを含めます。このプロセスにより、PE デバイスは、VPN と宛先ラベルの完全なマップを構築します。PE ルータは次に、この情報を使用して、バックボーン ネットワーク越しにパケットを、関連の VPN の中の正しい宛先にルーティングます。

VRF

Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよびフォワーディング)は、同じルータ上に同時に複数のインスタンスのルーティング テーブルを共存させるための IP テクノロジーです。ルーティング インスタンスが独立なので、同じ IP アドレス(IP アドレスの重複)を競合することなく使用できます。「VRF」という用語はまた、プロバイダー エッジ(PE)ルータで、VPN ごとに 1 つまたは複数のインスタンスに存在できるルーティング テーブル インスタンスも指します。

VRF-Lite(マルチ VRF)

VRF-Lite は、VRF に基づいたアプリケーションであり、VRF の概念をカスタマー構内のルータに拡張します。カスタマーごとに、複数の重複した、独立のルーティングおよびフォワーディング テーブルをサポートします。

通常の VRF によってサポートされるルーティング プロトコルはすべて、VRF-Lite CE の実装で使用可能です。CE は、カスタマー ネットワーク間でのトラフィック分割をサポートします。CE には MPLS の機能が装備されていないので、CE と PE 間でのラベル交換は行われません。

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

この項では、次の IMO について説明します。

仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ(IVrf)

同値のルーティング エントリ(IRoutingEntries)

仮想ルーティング エントリ(IVrfEntry)

マルチ プロトコル BGP エンティティ(IMpBgp)

同値の相互仮想ルーティング エントリ(ICrossVrf)

相互仮想ルーティング エントリ(ICrossVrfRoutingEntry)

仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ

仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ オブジェクトは、ルーティングおよびアドレス解決独立の、MPLS-BGP ベースの VPN ルータの転送コンポーネントを記述します。このオブジェクトは、Logical Sons アトリビュートによって、その間で IP パケットをルーティングする、すべてのネットワーク層の IP インターフェイス オブジェクトに結合されます。

 

表 4-1 仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ(IVrf)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Virtual Routing Table

同値のルーティング エントリの配列

IPCore

Configuration

Exported Route Targets

ルート ターゲット ID の配列

IPCore

Configuration

Imported Route Targets

ルート ターゲット ID の配列

IPCore

Configuration

AddressFamilies

アドレス ファミリのリスト(IPv4、IPv6、またはその両方)

IPCore

Configuration

Route Distinguisher

ルート識別子

IPCore

Configuration

ARP Entity

アドレス解決エンティティ( ARP エンティティ)( 「インターネット プロトコル」 を参照)

IPCore

Configuration

Name

VRF 名

IPCore

Configuration

Logical Sons

この仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティが、その間で IP パケットをルーティングするすべての IP インターフェイスの配列。

IPCore

N/A

同値のルーティング エントリ

同値のルーティング エントリおよび仮想ルーティング エントリ オブジェクトは、ルーティング テーブルのエントリを記述します。それぞれ、単一の IP サブネットワークの宛先を共有する 仮想ルーティング エントリ です。

 

表 4-2 同値のルーティング エントリ(IRoutingEntries)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Routing Entries

単一の宛先を共有する、 仮想ルーティング エントリ の配列

IPCore

Configuration

仮想ルーティング エントリ

 

表 4-3 仮想ルーティング エントリ(IVrfEntry)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Next Hop BGP Address

ネクストホップ BGP IP アドレス

IPCore

Configuration

Incoming and Outgoing Inner Label

発着信の内側 MPLS ラベル

IPCore

Configuration

Outer Label

外側 MPLS ラベル

IPCore

Configuration

Destination IP Subnet

最終宛先 IP サブネット

IPCore

Configuration

Next Hop IP Address

ネクスト ホップ IP アドレス

IPCore

Configuration

Type

ルート エントリ タイプ( Null、Other、Invalid、Direct、Indirect、Static

IPCore

Configuration

Routing Protocol Type

ルーティング プロトコル タイプ( Null、Other、"Local、Network Managed、ICMP、EGP、GGP、Hello、RIP、IS-IS、ES-IS、Cisco IGRP、BBN SPF IGP、OSPF、BGP、EIGRP

IPCore

Configuration

Outgoing Interface Name

発信 IP インターフェイス名

IPCore

Configuration

マルチ プロトコル BGP エンティティ

マルチ プロトコル BGP エンティティ オブジェクトは、MPLS-BGP ベースの VPN ルータについて、BGP コンポーネントを記述します。このオブジェクトは、Logical Sons アトリビュートによって、その間で IP パケットをルーティングする、すべての 仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ オブジェクトに結合されます。

 

表 4-4 マルチ プロトコル BGP エンティティ(IMpBgp)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

BGP Identifier

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ID

IPCore

Configuration

Local Autonomous System

ローカル ピアの自律システム

IPCore

Configuration

Cross Virtual Routing Table

同値の相互仮想ルーティング エントリの配列

IPCore

Configuration

BGP Neighbors

BGP ネイバー エントリの配列( 「ルーティング プロトコル」 を参照)

IPCore

Configuration

Logical Sons

その間でマルチ プロトコル BGP エンティティが IP パケットをルーティングする、すべての仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティ オブジェクトの配列

IPCore

N/A

同値の相互仮想ルーティング エントリ

同値の相互仮想ルーティング エントリ および 相互仮想ルーティング エントリ オブジェクトは、単一の仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティの宛先を共有する相互仮想ルーティング エントリ オブジェクトの配列として、第 1 次元の相互仮想ルーティング テーブルを記述します。

 

表 4-5 同値の相互仮想ルーティング エントリ(ICrossVrf)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Virtual Routing Entries

単一の宛先を共有する、相互仮想ルーティング エントリ オブジェクトの配列

IPCore

Configuration

Virtual Routing Entity Name

仮想ルーティング エンティティ(VRF)名

IPCore

Configuration

相互仮想ルーティング エントリ

 

表 4-6 相互仮想ルーティング エントリ(ICrossVrfRoutingEntry)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Outgoing Virtual Routing Entity Identifier

発信仮想ルーティング エンティティ オブジェクト ID(OID)

IPCore

Configuration

Incoming and Outgoing Virtual Routing Tags

発着信仮想ルーティング タグ

IPCore

Configuration

Destination IP Subnet

最終宛先 IP サブネット

IPCore

Configuration

Next Hop IP Address

ネクスト ホップ IP アドレス

IPCore

Configuration

Type

ルート エントリ タイプ( Null、Other、Invalid、Direct、Indirect、Static

IPCore

Configuration

Routing Protocol Type

ルーティング プロトコル タイプ( Null、Other、"Local、Network Managed、ICMP、EGP、GGP、Hello、RIP、IS-IS、ES-IS、Cisco IGRP、BBN SPF IGP、OSPF、BGP、EIGRP

IPCore

Configuration

Outgoing Interface Name

発信 IP インターフェイス名

IPCore

Configuration

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

このテクノロジーには、ベンダー固有のインベントリや IMO は存在しません。

ネットワーク トポロジ

シスコ ANA は、すべてのリモート側の VRF エンティティのエクスポートされたルート ターゲットで、ローカルの仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)エンティティのインポートされたルート ターゲットを検索することによって、MPLS-BGP ベースのバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)トポロジを検出します。

サービス アラーム

このテクノロジーでは、次のアラームがサポートされています。

Duplicate IP on VPN Found/Duplicate IP on VPN Fixed.このアラームは、デフォルトではディセーブルに設定されています。

アラームと関連付けの詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction User Guide, 3.6.7 』を参照してください。