Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 テクノロ ジー サポートおよび情報モデル リファレンス マニュ アル
TDM/DSx
TDM/DSx
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/10/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

TDM/DSx

テクノロジーの説明

TDM

DSx

T キャリアと E キャリア

シリアル リンク

Circuit Emulation over MPLS

クロッキング

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

DS0 バンドル インターフェイス

DS1 物理

DS3 物理

シリアル インターフェイス

CEM インターフェイス

CEM グループ

クロック サービス

クロック ソース

PTP サービス

PTP インターフェイス

ACR サービス

回復したクロック

ネットワーク トポロジ

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

サービス アラーム

TDM/DSx

この章では、Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)、Digital Signal Hierarchy(DSx; デジタル信号ハイアラーキ)、および関連する物理テクノロジーについて、Cisco ANA が提供するサポートのレベルを説明します。この章は次の項で構成されます。

「テクノロジーの説明」

「インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)」

「ベンダー固有のインベントリおよび IMO」

「ネットワーク トポロジ」

「サービス アラーム」

テクノロジーの説明

TDM

時分割多重(TDM)は、デジタル多重化の一種で、複数の信号またはビット ストリームが、外見上、1 本の通信チャネル内のサブチャネルとして転送されます。これらのストリームは、すべてが同時に転送されているように見えますが、実際にはチャネルを交代で使用しています。つまり、伝送時間ドメインが、循環する固定長のスロットに分割され、それぞれのスロットが 1 つのサブチャネルとして機能します。サブチャネル 1 のサンプル バイトまたはデータ ブロックは、タイムスロット 1 の間に転送され、サブチャネル 2 はタイムスロット 2 の間に転送されるというように続きます。1 つの TDM フレームは、サブチャネルごとに 1 つのタイムスロットで構成されます。循環の最後のサブチャネルの後、新しいフレームの転送が再開し、サブチャネル 1 の 2 番目のサンプル、バイト、またはデータ ブロックから順に転送されていきます。

DSx

デジタル信号ハイアラーキ(DSx)は、北米デジタル ハイアラーキの一部である、デジタル通信回線の速度と形式を指します。DSx は、T キャリア指定と関連があります。ただし、DS が多重化技術を指すのに対し、T 指定は基盤となる機器やシグナリングを指します。DS にはさまざまなレベルがありますが、次の DS が一般的です。

DS0/Fractional T1(64 Kbps):1 つの音声通話呼に相当

DS1/T1(1.544 Mbps):24 ユーザ チャネル

DS2/T2(6.312 Mbps):96 チャネル

DS3/T3(44.736 Mbps):672 チャネル

T キャリアと E キャリア

T キャリア通信は、北米、日本、および韓国で使用されている複数のデジタル多重通信キャリアの総称です。T キャリアの基本単位はフラクショナル T1 ですが、これはデジタル信号ハイアラーキの DS0 に相当し、一般に 1 本の音声回線に使用されます。

E キャリア システム(「E」は欧州を意味する「European」を表す)は、T キャリア システムと互換性はありません(両用のカードは存在します)。E キャリアは、北米、日本、韓国以外に広く普及しており、一般に、E1(2.048 Mbps)および E(334.368 Mbps)の各回線速度が使用されます。

シリアル リンク

シリアル リンクは、2400 bps のダイヤルイン モデムから、T3 専用回線まで多様な形式があります。しかし、2 つのホストを相互接続し、どちらの方向にも一時に 1 ビットのみを伝送するという 2 点は、すべての形式で共通です。ビット ストリームはバイトに、さらにはパケットに再構築されます。シリアル回線の速度は、ビット/秒(bps)で表されます。シリアル リンクは、同期(データとともに何らかのクロッキング信号が伝送されます)または非同期です。

Circuit Emulation over MPLS

Circuit Emulation over MPLS(CEM)では、TDM ビットストリーム接続(T1、E1、T3、E3)が、MPLS 擬似ワイヤ バックボーンとしてカプセル化されます。構造化 TDM と非構造化 TDM の両方のビットストリームがサポートされます。

クロッキング

TDM 1588 は、Precision Time Protocol(PTP)と呼ばれています。PTP 標準は、1 つ以上のノードがネットワーク経由で通信を行う分散システムに対し、適用可能なクロック同期プロトコルを規定しています。ノードは、リアルタイム クロックを含むものとしてモデル化され、このクロックはタイムスタンプの生成や、ノードによって管理されるイベントの順序付けなど、さまざまな目的で、ノード内のアプリケーションによって使用できます。PTP は、高度の正確さと精度で、参加ノードのクロックを同期するメカニズムを実現します。


) Cisco ANA において、これらのテクノロジーは、ATM や PoS などのデータ リンク層テクノロジーが併用される場合のみサポートされます。


インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

この項では、次の IMO について説明します。

DS0 バンドル インターフェイス(IDS0Bundle)

DS1 物理(IDS1Pdh)

DS3 物理(IDS3Pdh)

シリアル インターフェイス(IPhysicalLayer)

CEM カプセル化(ICEMEncap)

CEM グループ(ICEMGroup)

クロック サービス(IClockService)

クロック ソース(IClockSource)

PTP サービス(IPtpService)

PTP インターフェイス(IPtpInterface)

ACR サービス(IACRService)

回復したクロック(IRecoveredClock)

DS0 バンドル インターフェイス

データ リンク層の DS0 バンドル インターフェイス オブジェクトは、Containing Termination Points アトリビュートによって、DS1 物理 またはDS3 物理層オブジェクトに結合されます。このオブジェクトは、主に、Contained Connection Termination Points アトリビュートによって結合される ATM インターフェイスまたは フレーム リレー インターフェイスなどからアクセスされます。

 

表 22-1 DS0 バンドル インターフェイス(IDS0Bundle)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Bundled Time Slots

バンドルされたタイムスロット(DS1 チャネル)

Product

Configuration

Bundle Location

バンドル ロケーション/インデックス

Product

Configuration

IANA Type

サブレイヤの Internet Assigned Numbers Authority(IANA; インターネットアドレス管理機構)タイプ

N/A

N/A

Containing Termination Points

基盤となる終端地点(接続上または物理的)

Product

N/A

Contained Connection Termination Points

結合された接続の終端地点

Product

N/A

DS1 物理

物理層の DS1 物理およびDS3 物理オブジェクトは、それらの Containing Termination Points アトリビュートによって、 ポート コネクタ オブジェクトに結合されます。それらのオブジェクトは、主に、Contained Connection Termination Points アトリビュートによって結合された、データリンク層オブジェクト( ATM インターフェイス フレーム リレー インターフェイス、または DS0 バンドル インターフェイスなど)からアクセスされます。

 

表 22-2 DS1 物理(IDS1Pdh)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Framing Type

フレーミング タイプ( Null、OTHER、ESF、ANSI ESFf、D4、E1、E1 CRC、E1 MF、E1 CRC MF、UNFRAMED、E1 UNFRAMED、DS2 M12、E2、E1 Q50、E1 Q50 CRC、ANSI SF、E1 CAS CRC4、E1 CAS No CRC4、E1 No CAS CRC4、E1 No CAS No CRC4、E1 Unstructured、T1 Unstructured、CLEAR CHANNEL

Product

Configuration

Cell Mapping Type

セル マッピング タイプ( Null、PLCP、HEC、HCS、Direct、ADM

Product

Configuration

Loop Back Type

ループ バック タイプ( Null、Cell、Payload、Diag、Line、None、Other、Path、Metalic、Non Metalic、Serial、Parallel、Local、Internal、Network、Inward、Dual、Remote、Inbound Local、No Loop

Product

Configuration

Scrambling Mode

スクランブリング モード( Null、On、Off

Product

Configuration

Port Description

ポートの説明

Product

Configuration

International Bit

E3 インターナショナル ビットが設定されているかどうかの指定

Product

Configuration

Line Code

T1 または E1 回線の回線コード タイプ(ami、b8zs、hdb3)

Product

Configuration

Cable Length

セット ケーブルの長さ

Product

Configuration

Recovered Clocking ID

再生クロッキング ID

Product

Configuration

Clocking

クロッキング タイプ(stratum1 など)

Product

Configuration

Loopback

トランスポンダ ループバックの設定( none internal line

Product

Configuration

その他のアトリビュートはすべて、 物理層(IPhysicalLayer) と同じです。

DS3 物理

 

表 22-3 DS3 物理(IDS3Pdh)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Framing Type

フレーミング タイプ( Null、Other、M23、SYNTRAN、CBIT、Clear Channel、E3 Other、E3 Framed、Unframed、E3 Unframed、ITU-T G.804、ITU-T G.832、M13

Product

Configuration

Cell Mapping Type

セル マッピング タイプ( Null、PLCP、HEC、HCS、Direct、ADM

Product

Configuration

Loop Back Type

ループ バック タイプ( Null、Cell、Payload、Diag、Line、None、Other、Path、Metalic、Non Metalic、Serial、Parallel、Local、Internal、Network、Inward、Dual、Remote、Inbound Local、No Loop

Product

Configuration

Scrambling Mode

スクランブリング モード( Null、On、Off

Product

Configuration

Port Description

ポートの説明

Product

Configuration

International Bit

E3 インターナショナル ビットが設定されているかどうかの指定

Product

Configuration

Line Code

T1 または E1 回線の回線コード タイプ(ami、b8zs、hdb3)

Product

Configuration

Cable Length

セット ケーブルの長さ

Product

Configuration

Recovered Clocking ID

再生クロッキング ID

Product

Configuration

クロッキング

クロッキング タイプ(stratum1 など)

Product

Configuration

Loopback

トランスポンダ ループバックの設定( none internal line

Product

Configuration

その他のアトリビュートはすべて、 物理層(IPhysicalLayer) と同じです。

シリアル インターフェイス

物理層のシリアル インターフェイス オブジェクトは、Containing Termination Points アトリビュートによって、 ポート コネクタ オブジェクトに結合されます。それらのオブジェクトは、主に、その Contained Connection Termination Points アトリビュートによって結合されるデータリンク層の PPP カプセル化 インターフェイスなどからアクセスされます。

 

表 22-4 シリアル インターフェイス(IPhysicalLayer)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

すべてのアトリビュートは、 物理層(IPhysicalLayer) と同じです。

CEM インターフェイス

CEM インターフェイス オブジェクトは、CEM カプセル化された E1/T1 回線インターフェイスを表します。

 

表 22-5 CEM カプセル化(ICEMEncap)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

cemIfName

インターフェイス名( CEM8/0/0 Virtual-cem8/0/24 など)

IPCore

Configuration

CEM グループ

CEM グループ オブジェクトは、物理的または仮想の CEM インターフェイス上に設定された CEM グループを表します。

 

表 22-6 CEM グループ(ICEMGroup)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

ID

DS0 バンドル CEM グループ ID

IPCore

Configuration

IdlePattern

擬似ワイヤ(PW)回路上で欠落パケットが検出されたときに、T1 または E1 回線上に送信される 8 ビット、16 進数の数値

IPCore

Configuration

IdleCAS

CAS が使用されていて、CEM インターフェイスのアイドル状態が確認されたときに送信される 8 ビット、16 進数の信号

IPCore

Configuration

DeJitter

デジッタ バッファのサイズ(単位はミリ秒(ms)、範囲は 4 ~ 500 、デフォルト値は 4

IPCore

Configuration

PayloadSize

CEM インターフェイスのパケットのペイロードのサイズ(単位はバイト、範囲は 32 ~ 1312

IPCore

Configuration

RTP

RTP 圧縮の有効/無効の指定( enabled disabled )。

IPCore

Configuration

RTPHeader

RTP ヘッダー圧縮の有効/無効の指定( enabled disabled)

IPCore

Configuration

TimeSlots

CEM インターフェイスに割り当てられたタイムスロットの範囲(DS0 チャネル、SAToP 方式の場合は空)

IPCore

Configuration

Pseudowire

CEM インターフェイス上に設定された擬似ワイヤ名

IPCore

Configuration

AdminStatus

CEM インターフェイスの管理ステータス( Down Testing Unknown Up

IPCore

Configuration

OperStatus

CEM インターフェイスの動作ステータス( Dormant Down Not Present Testing Unknown Up

IPCore

Configuration

クロック サービス

クロック サービス オブジェクトは、PTP や ACR などの特定のタイミング スキームから独立に、汎用クロッキング設定およびネットワーク要素のクロッキング機能をモデル化します。

 

表 22-7 クロック サービス(IClockService)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

ActiveClockSource

ネットワーク要素で使用される現在アクティブなクロック ソース。

Any

Configuration

NcsMode

ネットワーク クロック選択モード( revert nonrevert unknown )。NCS は、マスター デバイスの障害時に使用されます。

Any

Configuration

HoldTimeout

ネットワーク クロック選択ホールド タイムアウト(単位は秒、範囲は 0 ~ 86400 、タイムアウトの設定なしの場合は -1 )。

Any

Configuration

UseStratum4

Stratum4 クロックの使用( true )/未使用( false )の指定。デフォルトは false (Stratum3 クロックを使用)。

Any

Configuration

Mode

ネットワーク要素のクロッキング モード( unknown slave master hybrid )。

Any

Configuration

NcsPriorityList

ネットワーク クロック選択プライオリティ リスト。

Any

Configuration

Pseudowire Clock Recovery

ACR サービス(IACRService) の 0 以上のインスタンスの配列。

Any

Configuration

PtpService

PTP サービス(IPtpService) の 0 以上のインスタンスの配列。

Any

Configuration

クロック ソース

クロック ソース オブジェクトは、クロック サービス オブジェクトのインスタンスで定義された、ネットワーク クロック ソースを表します。

 

表 22-8 クロック ソース(IClockSource)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Priority

定義されたクロック ソースのプライオリティ

Any

Configuration

Source

クロック ソース

Any

Configuration

Status

クロック ソースのステータスが有効( true )か、またはクロックが存在しないか機能しない状態( false )かの指定

Any

Configuration

Type

クロック ソース タイプ( BITS packet-timing sync E1/T1

Any

Configuration

PTP サービス

PTP サービス オブジェクトは、デバイス レベルでのネットワーク要素上の PTP(IEEE-1588)設定を表します。

 

表 22-9 PTP サービス(IPtpService)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Mode

PTP 動作モード( unknown ordinary boundary e2etransparent p2ptransparent )。シスコ MWR-2941 では、 ordinary のみサポートされます。

Any

Configuration

ClockId

PTP クロック ID。

Any

Configuration

Domain

PTP ドメイン ID(範囲は 0 ~ 127)。

Any

Configuration

Priority1

PTP クロック選択プライオリティ 1(範囲は 0 ~ 255 )。

Any

Configuration

Priority2

PTP クロック選択プライオリティ 2(範囲は 0 ~ 255 )。

Any

Configuration

PtpEnabled

PTP の有効( true )/無効( false )の指定。

Any

Configuration

PtpInterfaceList

PTP インターフェイス(IPtpInterface) の 1 つ以上のインスタンスの配列。

Any

Configuration

PTP インターフェイス

PTP インターフェイス オブジェクトは、インターフェイス レベルでのネットワーク要素上の PTP(IEEE-1588)設定を表します。

 

表 22-10 PTP インターフェイス(IPtpInterface)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Version

PTP バージョン(デフォルトは 2

Any

Configuration

AnnounceInterval

PTP インターフェイス アナウンス間隔(範囲は 0 ~ 4

Any

Configuration

AnnounceTimeout

PTP インターフェイス アナウンス タイムアウト(範囲は 2 ~ 10

Any

Configuration

DestinationAddress

クロック宛先 IP アドレス( null が可能、マスター モード時のみ設定)

Any

Configuration

SourceAddress

クロック ソース IP アドレス( null が可能、スレーブモード時のみ設定)

Any

Configuration

DelayReq

PTP インターフェイス遅延要求メッセージ間隔

Any

Configuration

MasterMode

マスター状態の PTP 通信モード( notset multicast unicast unicastnegotiation

Any

Configuration

SlaveMode

スレーブ状態の PTP 通信モード( notset multicast unicast unicastnegotiation

Any

Configuration

SyncInterval

PTP インターフェイスの同期間隔

Any

Configuration

SyncLimit

PTP インターフェイス最大オフセット(範囲は 1000 ~ 50000

Any

Configuration

InterfaceXid

関連付けられたインターフェイスの XID

Any

Configuration

ACR サービス

ACR サービス オブジェクトは、擬似ワイヤ クロックの回復を表します。

 

表 22-11 ACR サービス(IACRService)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

RecoveredClockSource

クロック回復が発生するインターフェイス(スロットまたはサブスロット)

Any

Configuration

RecoveredClockMode

回復したクロック モード

Any

Configuration

CemInterface

対応する CEM または仮想 CEM インターフェイス インスタンス ID

Any

Configuration

RecoveredClockList

回復したクロック(IRecoveredClock) の 1 つ以上のインスタンスの配列

Any

Configuration

回復したクロック

回復したクロック オブジェクトは、RNC やその他の N-PE/P/U-PE デバイスで生じたクロック情報を表します。

 

表 22-12 回復したクロック(IRecoveredClock)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

ClockId

クロック ID

Any

Configuration

RecoveredClockMode

回復したクロック モード

Any

Configuration

Port

ポート番号

Any

Configuration

Cem

CEM グループ

Any

Configuration

Status

プライオリティ

Any

Configuration

FrequencyOffset

周波数オフセットの値

Any

Configuration

ネットワーク トポロジ

Cisco ANA では現在、物理層トポロジのディスカバリをサポートしていません。このトポロジは、システム管理者が手動で(静的に)設定します。もっとも物理層は、ATM など、上位のデータ リンク層とともにその物理トポロジのディスカバリに使用されます。また同時に、シスコの機密保持スキームを使用して、これらのポートのトラフィック シグニチャが照合され、詳細に検証されます。これが正しく機能するためには、大量のトラフィックが必要です。

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

このテクノロジーには、ベンダー固有のインベントリや IMO は存在しません。

サービス アラーム

このテクノロジーでは、次のアラームがサポートされています。

Discard Input Packets/Normal Discard Input Packets

Dropped Output Packets/Normal Dropped Output Packets

Link Down/Link Up

Port Down/Port Up

Receive Utilization/Receive Utilization Normal

Transmit Utilization/Transmit Utilization Normal

アラームと関連付けの詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction User Guide, 3.6.7 』を参照してください。