Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 テクノロ ジー サポートおよび情報モデル リファレンス マニュ アル
マルチプロトコル ラベル スイッチング トラ フィック エンジニアリング
マルチプロトコル ラベル スイッチング トラフィック エンジニアリング
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/10/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

マルチプロトコル ラベル スイッチング トラフィック エンジニアリング

テクノロジーの説明

MPLS TE

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

MPLS TE トンネル インターフェイス

MPLS TE プロパティ

MPLS TE 割り当てエントリ

MPLS TE トンネル セグメント

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

ネットワーク トポロジ

サービス アラーム

マルチプロトコル ラベル スイッチング トラフィック エンジニアリング

この章では、Multiprotocol Label Switching Traffic Engineering (MPLS TE; マルチプロトコル ラベル スイッチング トラフィック エンジニアリング)について、Cisco ANA が提供するサポートのレベルを説明します。この章は次の項で構成されます。

「テクノロジーの説明」

「インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)」

「ベンダー固有のインベントリおよび IMO」

「ネットワーク トポロジ」

「サービス アラーム」

テクノロジーの説明

MPLS TE

MPLS TE ソフトウェアを使用すると、MPLS バックボーンで、レイヤ 2 ATM およびフレーム リレー ネットワークが持つトラフィック エンジニアリングの能力を再現し、その上で機能を拡張することができます。MPLS TE は、リソース使用の効率化と障害回復において非常に高度なレベルを求められるサービス プロバイダーのバックボーン ネットワークで広く採用されています。

MPLS TE では、ネットワーク オペレータが 制約ベースのルーティング を使用して、トラフィックをルーティングすることができます。このタイプのルーティングでは、トラフィック フローのパスとして、トラフィック フローのリソース要件(または制約)に適合する最短のパスが使用されます。このような制約には、帯域幅の要件、メディアの要件、他のフローとのプライオリティ関係などがあります。バックボーンのトポロジ変更を伴うリンク障害やノード障害が発生した場合、MPLS TE は、新しい一連の制約に適応して正常に回復します。

MPLS TE は、レイヤ 2 とレイヤ 3 テクノロジーの MPLS 統合の上に構築されています。従来のレイヤ 2 の機能をレイヤ 3 で利用できるので、MPLS ではトラフィック エンジニアリングが可能です。プロバイダーは、それまでレイヤ 2 ネットワークにレイヤ 3 ネットワークを重ねる必要があった機能を、1 層ネットワークで実現できます。

MPLS TE トンネル パスは、必要なリソースと利用可能なリソースの適合の度合いに基づいて、トンネル ヘッドを計算します(制約ベースのルーティング)。IGP が、トラフィックをこれらのトンネルに自動的にルーティングします。通常、MPLS トラフィック エンジニアリング バックボーンを通過するパケットは、入口と出口をつなぐ単一のトンネルを通過します。

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

この項では、次の IMO について説明します。

MPLS TE トンネル インターフェイス(IMplsTETunnel)

MPLS TE プロパティ(IMplsTEProperties)

MPLS TE 割り当てエントリ(IMplsTEPropertiesAllocationEntry)

MPLS TE トンネル セグメント(IMplsTESegment)

MPLS TE トンネル インターフェイス

ネットワーク/データリンク層の MPLS TE トンネル インターフェイス オブジェクトは、Containing Termination Points アトリビュートによって、データリンク層のインターフェイス オブジェクトに結合されます。このオブジェクトは、主に、Contained Connection Termination Points アトリビュートによって結合されるネットワーク層の IP インターフェイス オブジェクトからアクセスされます。また、 ラベル スイッチング エンティティからもアクセスされます。

 

表 8-1 MPLS TE トンネル インターフェイス(IMplsTETunnel)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Destination Address

宛先 IP アドレス

IPCore

Configuration

Outgoing Interface and Label

発信インターフェイスおよびラベル

IPCore

Configuration

LSP Identification

Label Switching Path(LSP; ラベル スイッチング パス)ID

IPCore

Configuration

Requested Bandwidth

要求された帯域幅

IPCore

Configuration

Measured Average, Burst and Peak Bandwidth

測定された平均、バースト、およびピークの帯域幅

IPCore

Configuration

Setup and Hold Priority

トンネルのセットアップおよび保持優先順位

IPCore

Configuration

Affinity Bits and Mask

要求されたトラフィック エンジニアリング アフィニティ ビットおよびトンネルのリンクのマスク アトリビュート

IPCore

Configuration

Automatic Route Announcement Status

自動ルート通知のステータス( Enable、Disable

IPCore

Configuration

Optimization Lock Down Status

ラベル スイッチング パス最適化ロック ダウンのステータス( Enable、Disable

IPCore

Configuration

Path Option

ラベル スイッチング パス オプション( Explicit、Dynamic

IPCore

Configuration

Name

インターフェイス名

IPCore

Configuration

Description

インターフェイスの説明

IPCore

Configuration

Administrative Status

管理ステータス( Unknown、Up、Down

IPCore

Status

Operational Status

動作ステータス( Unknown、Up、Down

IPCore

Status

IANA Type

サブレイヤの Internet Assigned Numbers Authority(IANA; インターネットアドレス管理機構)タイプ

N/A

N/A

Containing Termination Points

基盤となる終端地点( MPLS インターフェイス

IPCore

N/A

Contained Connection Termination Points

結合された接続の終端地点( IP インターフェイスまたは MPLS インターフェイス

IPCore

N/A

MPLS TE プロパティ

MPLS TE プロパティ オブジェクトとそのMPLS TE 割り当てエントリ オブジェクトは、 MPLS インターフェイス オブジェクトの Traffic Engineering Properties アトリビュートによってそれらが結合されている、 MPLS インターフェイス オブジェクトのトラフィック エンジニアリング プロパティを記述します。

 

表 8-2 MPLS TE プロパティ(IMplsTEProperties)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Administrative Weight

管理上の重み

IPCore

Configuration

Attributes Identifier

アトリビュート リスト ID

IPCore

Configuration

Signalling Protocol

シグナリング プロトコル( None、RSVP、CR-LDP、Other

IPCore

Configuration

Available, Physical and Reserveable Bandwidth

使用可能で物理的な予約可能帯域幅

IPCore

Configuration

Reserved Bandwidth

MPLS TE 割り当てエントリのインスタンスの配列

IPCore

Configuration

MPLS TE 割り当てエントリ

 

表 8-3 MPLS TE 割り当てエントリ(IMplsTEPropertiesAllocationEntry)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Priority Level

割り当てプライオリティ レベル( 0 ~ 7

IPCore

Configuration

Allocated and Cumulative Bandwidth

このプライオリティ レベルまでに割り当てられた累積帯域幅

IPCore

Configuration

MPLS TE トンネル セグメント

MPLS TE トンネル セグメント オブジェクトは、MPLS TE トンネルの単一セグメントのプロパティを記述します。Cisco ANA では、このオブジェクトによって ユーザが MPLS TE トンネル ネットワークを可視化することができ、VNE ロジックの実装に役立ちます。トンネル セグメントは、スイッチング エントリの MPLS TE トンネルセグメントの表に集約されています。

 

表 8-4 MPLS TE トンネル セグメント(IMplsTESegment)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Source and Destination Addresses

トンネルの発信元および宛先 IP アドレス

IPCore

Configuration

Incoming Interface and Label

着信インターフェイスおよびラベル(最初のセグメントでない場合)

IPCore

Configuration

Outgoing Interface and Label

発信インターフェイスおよびラベル(最後のセグメントでない場合)

IPCore

Configuration

Segment Type

セグメント タイプ( Head、Intermediate、Tail

IPCore

Configuration

Measured Average, Burst and Peak Bandwidth

測定された平均、バースト、およびピークの帯域幅

IPCore

Configuration

Path Identification

Label Switching Path(LSP; ラベル スイッチング パス)ID

IPCore

Configuration

Name

セグメント名

IPCore

Configuration

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

このテクノロジーには、ベンダー固有のインベントリや IMO は存在しません。

ネットワーク トポロジ

Cisco ANA は、MPLS TE ネットワーク層トポロジのディスカバリをサポートしていません。

サービス アラーム

このテクノロジーでは、次のアラームがサポートされています。

MPLS TE Tunnel Down/MPLS TE Tunnel Up

MPLS TE Tunnel Flapping/MPLS TE Tunnel Up or Down

これらのアラームは、デフォルトでディセーブルです。

アラームと関連付けの詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction User Guide, 3.6.7 』を参照してください。