Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 テクノロ ジー サポートおよび情報モデル リファレンス マニュ アル
ローカル スイッチング
ローカル スイッチング
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/10/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ローカル スイッチング

テクノロジーの説明

ローカル スイッチング

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

ローカル スイッチング エンティティ

ローカル スイッチング エントリ

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

ネットワーク トポロジ

サービス アラーム

ローカル スイッチング

この章では、ローカル スイッチングについて、Cisco ANA が提供するサポートのレベルを説明します。この章は次の項で構成されます。

「テクノロジーの説明」

「インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)」

「ベンダー固有のインベントリおよび IMO」

「ネットワーク トポロジ」

「サービス アラーム」

テクノロジーの説明

ローカル スイッチング

ローカル スイッチングを使用すると、同じデバイスの 2 つのアタッチメント回路の間で、レイヤ 2 データを切り替えられます。ローカル スイッチングは、複数のモードおよびテクノロジーで動作します。

ローカル スイッチング(「ヘアピン コネクション」とも呼ばれます)では、片方のアタッチメント回路のフレームが、同じルータのもう 1 つのアタッチメント回路にスイッチされます。アタッチメント インターフェイスは、同じライン カードにある場合も、2 枚の異なるカード上にある場合もあります。このような種類のスイッチングでは、アドレス情報はまったく使用されません。これは 2 つのインターフェイス間の単なる「チューブ」に過ぎないからです。


) Cisco ANA version 3.6 SP4 以降では、IOS-XR が動作する CRS-1 デバイス上で、イーサネットおよび VLAN モードでのみ、ローカル スイッチングをサポートします。


インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

この項では、次の IMO について説明します。

ローカル スイッチング エンティティ

ローカル スイッチング エントリ

ローカル スイッチング エンティティ

ローカル スイッチング エンティティは、ローカル スイッチング エントリ オブジェクトのコンテナです。

 

表 18-1 ローカル スイッチング エンティティのインターフェイス(ILocalSwitchingEntity)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Local Switching Table

ILocalSwitchingEntry オブジェクトのセット

IPCore

Configuration

ローカル スイッチング エントリ

ローカル スイッチング エントリは、ローカル スイッチングされる単一の相互接続エントリを記述します。

 

表 18-2 ローカル スイッチング エントリのインターフェイス(ILocalSwitchingEntry)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Local Switching Entry Key

相互接続グループのエントリ キー

Product

Configuration

Local Switching Entry Status

相互接続のステータス

Product

Configuration

Segment 1

最初の相互接続エンドポイントの OID

Product

Configuration

Segment 1 Port Name

最初の相互接続エンドポイント名

Product

Configuration

Segment 1 Status

最初の相互接続エンドポイントのステータス

Product

Configuration

Segment 2

2 番目の相互接続エンドポイントの OID

Product

Configuration

Segment 2 Port Name

2 番目の相互接続エンドポイント名

Product

Configuration

Segment 2 Status

2 番目の相互接続エンドポイントのステータス

Product

Configuration

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

このテクノロジーには、ベンダー固有のインベントリや IMO は存在しません。現在、IOS-XR が動作する Cisco CRS-1 デバイスのみがサポートされます。

ネットワーク トポロジ

ローカル スイッチングについて、特に検出されるネットワーク トポロジは存在しません。ローカル スイッチングは、適切な相互接続コンテナを介して、Cisco ANA 論理インベントリから表示できます。このモデリングによって、フロー機能が相互接続に従って動作できるようになり、関連付けとパストレーシングが可能になります。

サービス アラーム

このテクノロジーでは、次のアラームがサポートされています。

Local Switching Entry down

Local Switching Entry unresolved

Local Switching Entry up

「Local Switching Entry down」と「Local Switching Entry unresolved」アラームは、「Local Switching Entry up」アラームによってクリアされます。

アラームと関連付けの詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction User Guide, 3.6.7 』を参照してください。