Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 テクノロ ジー サポートおよび情報モデル リファレンス マニュ アル
フレーム リレー
フレーム リレー
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/10/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

フレーム リレー

テクノロジーの説明

フレーム リレー

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

フレーム リレー インターフェイス

フレーム リレー バーチャル コネクション

フレーム リレー トラフィック記述子

フレーム リレーの論理インターフェイス

フレーム リレー トランク バーチャル コネクション

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

ネットワーク トポロジ

サービス アラーム

フレーム リレー

この章では、フレーム リレーについて、Cisco ANA が提供するサポートのレベルを説明します。この章は次の項で構成されます。

「テクノロジーの説明」

「インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)」

「ベンダー固有のインベントリおよび IMO」

「ネットワーク トポロジ」

「サービス アラーム」

テクノロジーの説明

フレーム リレー

フレーム リレーは、可変長のパケットを統計多重によってスイッチングする高性能のデータ リンク(レイヤ 2) WAN プロトコルです。当初は ISDN インターフェイス経由での使用を想定して設計されましたが、今日では、その他の多様なネットワーク インターフェイスに使用されています。

フレーム リレー ネットワークの構成は、フレーム リレー スイッチが、ポイントツーポイントのフレーム リレー リンクまたはインターフェイスによって、相互接続されています。フレーム リレーは、基本的に接続指向のテクノロジーです。つまり、データ転送の前に、フレーム リレー ネットワークで VC をセットアップする必要があります。

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

この項では、次の IMO について説明します。

フレーム リレー インターフェイス(IFrameRelay/IFrTrunk)

フレーム リレーのバーチャル コネクション(IFrVc)

フレーム リレー トラフィック記述子(IFRTrafficDescriptor)

フレーム リレー論理インターフェイス(IFrameRelayLogicalPort/Trunk)

フレーム リレー トランク バーチャル コネクション(IFrTrunkVc)

フレーム リレー インターフェイス

データ リンク層のフレーム リレー インターフェイス オブジェクトは、VC Table アトリビュートによってそれが結合されている、複数のフレーム リレー バーチャル コネクションを集約します。これは、Containing Termination Points アトリビュートによって、物理層インターフェイスに結合されます。このオブジェクトは、主に、Contained Connection Termination Points アトリビュートによって結合されるデータ リンク層の VC マルチプレクサからアクセスされます。また、 バーチャル コネクション スイッチング エンティティからもアクセスされます。

 

表 12-1 フレーム リレー インターフェイス(IFrameRelay/IFrTrunk)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Address Format

フレーム リレーのアドレス 形式( Unknown、q921、q922March90、q922November90、q922

Any

Configuration

Maximum Supported VCs

サポートされる最大バーチャル コネクション数

Any

Configuration

Protocol Type

フレーム リレーのプロトコル タイプ( Unknown、Frame Relay、FR FUNI、Frame Forward

Any

Configuration

VC Table

フレーム リレー バーチャル コネクションの配列

Any

Configuration

Cross Connect Table

バーチャル クロス コネクションの配列

Any

Configuration

IANA Type

サブレイヤの Internet Assigned Numbers Authority(IANA; インターネットアドレス管理機構)タイプ

N/A

N/A

Containing Termination Points

基盤となる終端地点(接続上または物理的)

Any

N/A

Contained Connection Termination Points

結合された接続の終端地点

Any

N/A

フレーム リレー バーチャル コネクション

データリンク層のフレーム リレー バーチャル コネクション オブジェクトは、Containing Termination Points アトリビュートによって、データ リンク層のフレーム リレー インターフェイス オブジェクトに結合されます。このオブジェクトは主に、 バーチャル クロス コネクションとデータリンク層の VC カプセル化からアクセスされますが、そのいずれかのアトリビュートによってこれらに結合されることはありません。

 

表 12-2 フレーム リレーのバーチャル コネクション(IFrVc)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Data Link Connection Identifier

データリンク接続 ID(DLCI)

Any

Configuration

Traffic Descriptor

トラフィック記述子(フレーム リレー トラフィック記述子

Any

Configuration

Discarded and Received Input Data Counters

破棄または受信された入力オクテットおよびパケットのカウンタ

Any

Configuration

Dropped and Forwarded Output Data Counters

ドロップまたは転送した出力オクテットとパケットのカウンタ

Any

Configuration

Ingress Traffic Descriptor

入力トラフィック記述子(フレーム リレー トラフィック記述子

Any

Configuration

Egress Traffic Descriptor

出力トラフィック記述子(フレーム リレー トラフィック記述子

Any

Configuration

Administrative Status

管理ステータス( Unknown、Up、Down

Any

Status

Operational Status

動作ステータス( Unknown、Up、Down

Any

Status

IANA Type

サブレイヤの IANA タイプ

N/A

N/A

Containing Termination Points

基盤となる終端地点(接続上または物理的)

Any

N/A

Contained Connection Termination Points

結合された接続の終端地点

Any

N/A

フレーム リレー トラフィック記述子

フレーム リレー トラフィック記述子オブジェクトは、単一のフレーム リレー バーチャル コネクションのトラフィックを記述します。これは、 トラフィック記述子コンテナ オブジェクトによって集約されます( 「共通コンポーネント」 を参照)。

 

表 12-3 フレーム リレー トラフィック記述子(IFRTrafficDescriptor)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Committed Rate

認定バースト レート

Any

Configuration

Excess Burst Rate

超過バースト レート

Any

Configuration

Name

トラフィック記述子名

Any

Configuration

Index

トラフィック記述子インデックス

Any

Configuration

フレーム リレーの論理インターフェイス

データ リンク層のフレーム リレーの論理インターフェイス オブジェクトは、VC Table アトリビュートによってそれが結合されている、複数のフレーム リレー バーチャル コネクションを集約します。これは、Containing Termination Points アトリビュートによって、物理層インターフェイスに結合されます。このオブジェクトは、主に、その Contained Connection Termination Points アトリビュートによって結合される バーチャル コネクション スイッチング エンティティとデータリンク層の VC カプセル化からアクセスされます。

 

表 12-4 フレーム リレー論理インターフェイス(IFrameRelayLogicalPort/Trunk)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Administrative Status

管理ステータス( Null、Up、Down、Testing

Any

Status

Operational Status

動作ステータス (Null、Up、Down、Testing、Unknown、Dormant、Not Present

Any

Status

その他のアトリビュートはすべて、 フレーム リレー インターフェイス(IFrameRelay/IFrTrunk) と同じです。

フレーム リレー トランク バーチャル コネクション

データリンク層のフレーム リレー トランク バーチャル コネクション オブジェクトは、Containing Termination Points アトリビュートによって、フレーム リレー インターフェイス オブジェクトに結合されます。このオブジェクトは主に、 バーチャル クロス コネクションとデータリンク層の VC カプセル化からアクセスされますが、そのいずれかのアトリビュートによってこれらに結合されることはありません。

 

表 12-5 フレーム リレー トランク バーチャル コネクション(IFrTrunkVc)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

Destination Description

宛先パーティの説明

Any

Configuration

その他のアトリビュートはすべて、 フレーム リレーのバーチャル コネクション(IFrVc) と同じです。

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

このテクノロジーには、ベンダー固有のインベントリや IMO は存在しません。

ネットワーク トポロジ

Cisco ANA では現在、フレーム リレー データ リンク レイヤ トポロジのディスカバリをサポートしていません。このトポロジは、システム管理者が手動で(静的に)設定します。

サービス アラーム

このテクノロジーでは、次のアラームがサポートされています。

Cloud Problem

Discard Input Packets/Normal Discard Input Packets

Dropped Output Packets/Normal Dropped Output Packets

Link Down/Link Up

Port Down/Port Up

Receive Utilization/Receive Utilization Normal

Transmit Utilization/Transmit Utilization Normal

これらのアラームは、Cloud Problem を除き、基盤となる物理インターフェイスに関連します( 「共通コンポーネント」 を参照)。

アラームと関連付けの詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction User Guide, 3.6.7 』を参照してください