Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 テクノロ ジー サポートおよび情報モデル リファレンス マニュ アル
IP 向け高密度波長分割多重光伝送
IP 向け高密度波長分割多重光伝送
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/10/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

IP 向け高密度波長分割多重光伝送

テクノロジーの説明

IPoDWDM

インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

DWDM インターフェイス

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

ネットワーク トポロジ

サービス アラーム

IP 向け高密度波長分割多重光伝送

この章では、Internet Protocol Over Dense Wave Division Multiplexing(IPoDWDM; IP 向け高密度波長分割多重光伝送)について、Cisco ANA が提供するサポートのレベルを説明します。この章は次の項で構成されます。

「テクノロジーの説明」

「インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)」

「ベンダー固有のインベントリおよび IMO」

「ネットワーク トポロジ」

「サービス アラーム」

テクノロジーの説明

IPoDWDM

IPoDWDM は、DWDM のトランスポンダ機能をルータ インターフェイス上で組み合わせて、レイヤ 1(光ファイバ)とレイヤ 3(IP)テクノロジーを統合するネットワーク アーキテクチャのアプローチです。ルータは、短距離通信用のグレーの波長だけでなく、G.709 デジタル ラッパーと Enhanced Forward Error Correction(EFEC)機能を使用して、調整可能な ITU グリッド互換のカラー波長を発することができます。これには複数の利点があります。たとえば、複数のトランスポンダ シェルフや、クロス コネクト シェルフ、および関連の短距離通信用インターフェイスが不要になるので、資本支出や運用コストが削減できます。光電子集積コンポーネントの合計数が 50% 削減されるため、さらにコスト削減、可用性の向上、ネットワーク上へのサービスのプロビジョニングに要する時間の短縮、および MTBF の向上を図ることができます。また、終端サイトで必要なパッチ ケーブルの数が半減するので、電力消費を削減し、機器の物理的な設置面積を縮小できます。


) Cisco ANA version 3.6.6 以降では、IOS-XR が動作する CRS-1 デバイスでのみ、IPoDWDM をサポートします。


インベントリおよび情報モデル オブジェクト(IMO)

この項では、次の IMO について説明します。

DWDM インターフェイス

DWDM インターフェイス

DWDM インターフェイス オブジェクトは、DWDM コントローラの物理終端地点を表します。このオブジェクトは、それを包含する モジュールによってアクセスされます。

 

表 20-1 DWDM インターフェイス(IDWDM)

アトリビュート名
アトリビュートの説明
スキーム
ポーリング間隔

LaserStatus

レーザーのステータス( on off )。

IPCore

Configuration

TxPower

伝送パワー レベル。単位は 0.1 dBm、値の範囲は -190 ~ +10 です。これは、-19 dBm ~ +1 dBm に相当します。

IPCore

Configuration

RxPower

受信パワー レベル。単位は 0.1 dBm、値の範囲は -200 ~ 0 です。これは、-20 dBm ~ 0 dBm に相当します。

IPCore

Configuration

Loopback

トランスポンダ ループバックの設定( none internal line )。

IPCore

Configuration

ControllerStatus

コントローラ ステータスのステータス( up down )。

IPCore

Configuration

WavelengthBand

波長帯域の指定( C-band L-band )。

IPCore

Configuration

MsaItuChannel

Multi Source Agreement (MSA; マルチ ソース アグリーメント)ITU チャネル番号。ITU チャネル番号は、1 ~ 83(C バンドの場合)または 106 ~ 185(L バンドの場合)です。

IPCore

Configuration

Frequency

チャネルの周波数(単位:THz)。

IPCore

Configuration

Wavelength

チャネル番号に対応する波長(単位:nm)。

IPCore

Configuration

G709Status

CLI を使用して取得された G709 ステータスの raw 文字列出力。

IPCore

Configuration

DetectedAlarms

コントローラによって検出されたアラーム( None LOS LOF LOM IAE OTU-AIS OTU-BDI OTU_SD_BER ODU-AIS ODU-BDI 、など)。

IPCore

Configuration

AssertedAlarms

ユーザのレポートによることが指定されているアラーム( None LOS LOF LOM IAE OTU-AIS OTU-BDI OTU_SD_BER ODU-AIS ODU-BDI 、など)。

IPCore

Configuration

ベンダー固有のインベントリおよび IMO

このテクノロジーには、ベンダー固有のインベントリや IMO は存在しません。現在、IOS-XR が動作する Cisco CRS-1 デバイスのみがサポートされます。

ネットワーク トポロジ

IPoDWDM について、特に検出されるネットワーク トポロジは存在しません。シャーシ内の DWDM コントローラの物理インベントリ アトリビュートを検出するには、CLI が使用されます。ANA は、他の物理ポートと同様、それらをモデル化します。

サービス アラーム

このテクノロジーに関連する障害やアラームはありません。

アラームと関連付けの詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction User Guide, 3.6.7 』を参照してください。