Cisco Active Network Abstraction Network Service Activation 1.0 カスタマイズ ガイド
Cisco ANA Network Service Activation ワークフロー
Cisco ANA Network Service Activation ワークフロー
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Cisco ANA Network Service Activation ワークフロー

E-LAN ワークフロー

[Create E-LAN VPLS Hub] ワークフロー

[Create E-LAN VPLS Neighbor] ワークフロー

[Create E-LAN H-VPLS Hub Neighbor] ワークフロー

[Create E-LAN H-VPLS Spoke] ワークフロー

E-Line ワークフロー

[Create E-Line Point-to-Point Service]

[Create E-Line Local Connect Service] ワークフロー

Access ワークフロー

Layer 3 VPN ワークフロー

[Create a Layer 3 VPN]

MToP ワークフロー

[Create a TDM Pseudowire Service]

[Create an ATM Pseudowire Service]

[Create Clocking Synchronization]

Residential HSI ワークフロー

[Create HSI Point to Multipoint]

Policy ワークフロー

[Create Layer 2 ACL] ワークフロー

[Create QoS Policy] ワークフロー

[Create MAC Secure Addresses]

[Create a Multipoint EFP] ワークフロー

Cisco ANA Network Service Activation ワークフロー

この章では、Cisco ANA NSA で提供される Carrier Ethernet と Mobile Transport over Packet(MToP)ワークフローについて詳しく説明します。トピックは次のとおりです。

「E-LAN ワークフロー」

「E-Line ワークフロー」

「Access ワークフロー」

「Layer 3 VPN ワークフロー」

「MToP ワークフロー」

「Residential HSI ワークフロー」

「Policy ワークフロー」

「[Create a Multipoint EFP] ワークフロー」


) この項のアトリビュート テーブルは外部アトリビュートを示します。内部アトリビュート(「_」で始まるアトリビュート)と必須アトリビュート(「AA」で始まるアトリビュート)は示されません。Cisco ANA NSA の詳細については、「Cisco ANA NSA ワークフロー アトリビュート」を参照してください。


E-LAN ワークフロー

E-LAN ワークフローは E-LAN アクティベーションを完了します。 表 5-1 に、E-LAN ワークフローの一覧を示します。

 

表 5-1 E-LAN ワークフロー

ワークフロー
ワークフロー ファイル名
説明

[Create an E-LAN VPLS hub]

NSA_ELAN_HUB.template

E-LAN VPLS ハブを作成します。

[Create a Multipoint EFP]

NSA_EFP.template

E-LAN マルチポイント EFP を作成します。

[Create an E-LAN VPLS Neighbor]

NSA_ELAN_VPLS_Neighbor.template.

E-LAN VPLS ネイバーを作成します。

[Create an E-LAN H-VPLS Hub Neighbor]

NSA_ELAN_HVPLS_HUB_NBR7600.
template

E-LAN H-VPLS ハブ ネイバーを作成します。

[Create an E-LAN H-VPLS Spoke]

NSA_ELAN_H-VPLS_Spoke7600.template

E-LAN H-VPLS スポークを作成します。

次の項は、各 E-LAN ワークフローで使用されるサービス アクティベーション スクリプトと入力値を定義します。

「[Create E-LAN VPLS Hub] ワークフロー」

「[Create E-LAN VPLS Neighbor] ワークフロー」

「[Create E-LAN H-VPLS Hub Neighbor] ワークフロー」

「[Create E-LAN H-VPLS Spoke] ワークフロー」

[Create E-LAN VPLS Hub] ワークフロー

説明 :E-LAN VPLS ハブを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズおよび Cisco 9000 ASR シリーズ。

ワークフロー ファイル: NSA_ELAN_HUB.template。

サブワークフロー:

ELAN_Feature.template

NSA_ELAN_HUB_Remove.template

スクリプト

configure_elan_xr

configure_elan

外部アトリビュート 表 5-2 を参照。

 

表 5-2 [Create an E-LAN VPLS Hub] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

HUB_COUNT

Integer

0

NBR_COUNT

Integer

-1

NBR_COUNT_STR

String

-1

aclName_list

String

activateBD_list

String

agingTime_list

String

attachQoSPolicy_list

String

bridgeDomain_list

String

bridgeGroup_list

String

customerId_list

String

deviceIp_list

String

deviceName_list

String

direction_list

String

efpId_list

String

enableIgmpSnoop_list

String

enableSplitHorizon_list

String

innerVlanTag_list

String

inputPolicyMapName_list

String

inputSharedPolicyMapName_list

String

maxSecureAddr_list

String

needSecure_list

String

outerVlanTag_list

String

outputPolicyMapName_list

String

outputSharedPolicyMapName_list

String

peerDeviceIp_list

String

0.0.0.0

platform_list

String

pushInnerVlanTag_list

String

pushOuterVlanTag_list

String

pwClassName_list

String

rewritePopAction_list

String

secureViolationMode_list

String

translateAction_list

String

translateInnerVlanTag_list

String

translateOuterVlanTag_list

String

uniId_list

String

vcId_list

String

vfiName_list

String

vlanId_list

String

vlanTagOperation_list

String

[Create E-LAN VPLS Neighbor] ワークフロー

説明 :E-LAN VPLS ネイバーを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズおよび Cisco ASR 9000 シリーズ。

ワークフロー ファイル: NSA_ELAN_VPLS_Neighbor.template。

サブワークフロー:NSA_ELAN_VPLS_Neighbor.template。

スクリプト

add_neighbor_to_elan_vfi_xr_se

remove_neighbor_from_elan_vfi_xr_se

add_mac_acl_to_service_instance

add_mac_security_to_service_instance

add_policy_map_to_service_instance

add_policy_map_to_interface_xr

add_policy_map_to_encapsulated_interface_xr

外部アトリビュート 表 5-3 を参照。

 

表 5-3 [Create E-LAN VPLS Neighbor] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

bridgeDomainName

String

bridgeGroupName

String

coWFId

String

none

customerId

String

deviceName

String

operation

String

add

peerDeviceIp_list

String

platform

String

purge

String

none

pwClassName

String

serviceActivationId

String

none

vcId

String

vfiName

String

[Create E-LAN H-VPLS Hub Neighbor] ワークフロー

説明 : E-LAN H-VPLS ハブ ネイバーを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズ ルータ。

ワークフロー ファイル: NSA_ELAN_HVPLS_HUB_NBR7600.template。

サブワークフロー :なし。

スクリプト

add_neighbour_with_no_split_horizon

remove_neighbor

外部アトリビュート 表 5-4 を参照。

 

表 5-4 [Create E-LAN H-VPLS Hub Neighbor] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

NBR_COUNT

Integer

0

customerId_list

String

deviceName_list

String

hub_vcId_list

String

nbr_vcId_list

String

peerIpAddress_list

String

[Create E-LAN H-VPLS Spoke] ワークフロー

説明 : E-LAN H-VPLS スポークを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズ ルータおよび Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ。

ワークフロー ファイル: NSA_ELAN_H-VPLS_Spoke7600.template。

サブワークフロー :ELAN_Feature.template。

スクリプト

configure_hvpls_spoke

remove_hvpls_spoke

外部アトリビュート 表 5-5 を参照。

 

表 5-5 [Create E-LAN H-VPLS Spoke] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

ActivationInfo

String

Spoke_COUNT

Integer

0

VC_ID_list

String

aclName_list

String

activateInterface_list

String

agingTime_list

String

attachQoSPolicy_list

String

coWFId

String

-1

deviceName_list

String

direction_list

String

efpId_list

String

enableIgmpSnoop_list

String

enableSplitHorizon_list

String

innerVlanTag_list

String

inputPolicyMapName_list

String

maxSecureAddr_list

String

needSecure_list

String

operation

String

add

outerVlanTag_list

String

outputPolicyMapName_list

String

peerIpAddress_list

String

platform_list

String

purge

String

none

pushInnerVlanTag_list

String

pushOuterVlanTag_list

String

rewritePopAction_list

String

secureViolationMode_list

String

serviceActivationId

String

none

translateVlanTag_list

String

uniId_list

String

vlanId_list

String

xconnectLocation_list

String

E-Line ワークフロー

E-Line ワークフローは、E-Line サービスをプロビジョニングします。 表 5-6 に、E-Line ワークフローとワークフロー ファイル名の一覧を示します。

 

表 5-6 E-Line ワークフロー

ワークフロー
ワークフロー ファイル名
説明

[Create E-Line Point-to-Point Service]

NSA_Eline.template

2 つの集約デバイス インターフェイス(User-Network Interface [UNI])間に疑似ケーブルを作成します。

[Create E-Line Local Connect Service]

NSA_Eline_LocalConnect7600.template

2 つの E-Line サービス UNI エンドポイントが同じ集約デバイスに存在する特別なケースを扱います。

次の項は、E-Line ワークフローに関係します。

「[Create E-Line Point-to-Point Service]」

「[Create E-Line Local Connect Service] ワークフロー」

[Create E-Line Point-to-Point Service]

説明 :Cisco 7600 シリーズ ルータ インターフェイスと Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ インターフェイスの 2 つの集約デバイス間に疑似ケーブルを作成します。

デバイス :Cisco ASR 9000 シリーズ、Cisco 7600 シリーズ。

ワークフロー ファイル: NSA_Eline.template。

サブワークフロー:NSA_ELINE_Feature.template。

スクリプト

configure_eline_xr

configure_eline

add_mac_acl_to_service_instance

add_policy_map_to_service_instance

add_policy_map_to_interface_xr

add_policy_map_to_encapsulated_interface_xr

remove_eline_xr

remove_eline

外部アトリビュート 表 5-7 を参照。

 

表 5-7 [Create E-Line Point-to-Point Service] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

AAAserviceActivationId

String

none

ActivationInfo

オブジェクト

詳細については、「ワークフロー出力」を参照

EFP_ID_a

Integer

0

EFP_ID_z

Integer

0

aclName_a

String

aclName_z

String

activateInterface_a

String

true

activateInterface_z

String

true

coWFId

String

-1

deviceName_a

String

deviceName_z

String

innerVlanTag_a

String

innerVlanTag_z

String

interfaceName_a

String

interfaceName_z

String

operation

String

add

outerVlanTag_a

String

outerVlanTag_z

String

peerDeviceIp_a

String

peerDeviceIp_z

String

platform_a

String

7600

platform_z

String

7600

purge

String

none

pushInnerVlanTag_a

String

pushInnerVlanTag_z

String

pushOuterVlanTag_a

String

pushOuterVlanTag_z

String

pwClassName_a

String

pwClassName_z

String

rewritePopAction_a

String

rewritePopAction_z

String

rewriteTranslateAction_a

String

rewriteTranslateAction_z

String

serviceActivationId

String

none

translateInnerVlanTag_a

String

translateInnerVlanTag_z

String

translateOuterVlanTag_a

String

translateOuterVlanTag_z

String

tunnelId_a

String

-9999

tunnelId_z

String

-9999

vlanTagOperation_a

String

none

vlanTagOperation_z

String

none

xconnectGroupName_a

String

xconnectGroupName_z

String

xconnectName_a

String

xconnectName_z

String

[Create E-Line Local Connect Service] ワークフロー

説明 :同じ Cisco 7600 集約ルータに存在する E-Line サービスの 2 つの UNI エンドポイント間でローカル接続を完了します。

ワークフロー ファイル: NSA_Eline_LocalConnect7600.template。

サブワークフロー :NSA_ELINE_Feature.template。

デバイス :Cisco 7600 シリーズ。

スクリプト

add_mac_acl_to_service_instance

add_policy_map_to_service_instance

configure_local_connect

remove_local_connect

外部アトリビュート 表 5-8 を参照。

 

表 5-8 [Create E-Line Local Connect Service] ワークフロー外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

AAAserviceActivationId

String

none

EFP_ID_a

String

EFP_ID_z

String

aclName_a

String

aclName_z

String

activateInterface

String

coWFId

String

-1

deviceName

String

innerVlanTag_a

String

innerVlanTag_z

String

interfaceName_a

String

interfaceName_z

String

operation

String

add

outerVlanTag_a

String

outerVlanTag_z

String

purge

String

none

pushInnerVlanTag_a

String

pushInnerVlanTag_z

String

pushOuterVlanTag_a

String

pushOuterVlanTag_z

String

rewritePopAction_a

String

rewritePopAction_z

String

serviceActivationId

String

none

serviceOrderId

String

translateVlanTag_a

String

translateVlanTag_z

String

vlanTagOperation_a

String

none

vlanTagOperation_z

String

none

Access ワークフロー

Cisco ANA NSA は [Create Access] ワークフローを提供します。

説明 :アクセス スイッチで UNI スイッチポートと NNI スイッチポートを作成します。

ワークフロー ファイル: NSA_Access.template。

デバイス :Cisco 3400、3400E、および 4500 シリーズ アクセス スイッチ。

サブワークフロー

NSA_ActivateAccess.template

NSA_DeactivateAccess.template

NSA_split_and_set.template

スクリプト

add_switchport_trunk_se

add_switchport_access_se

add_allowed_vlan_to_interface/remove_allowed_vlan_from_interface

add_selective_qinq_from_swtichport_trunk_se/remove_selective_qinq_from_switchport

remove_switch_port_se

外部アトリビュート 表 5-9 を参照。

 

表 5-9 [Activate Access] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

ACC_NNI_COUNT

Integer

0

ACC_NNI_interfaceNames_list

String

ACC_NNI_oids_list

String

ACC_NNI_vlanIds_list

String

ACC_Platform

String

ACC_UNI_COUNT

Integer

0

ACC_UNI_ceVlans_list

String

ACC_UNI_interfaceNames_list

String

ACC_UNI_mappingDefaults_list

String

ACC_UNI_oids_list

String

ACC_UNI_qinq_list

String

ACC_UNI_sVlans_list

String

ACC_UNI_vlanIds_list

String

coWFId

String

configSwitchPort_list

String

hasException

String

false

perge

String

serviceActivationId

String

Layer 3 VPN ワークフロー

Layer 3 VPN ワークフローは、レイヤ 3 VPN を作成します( 表 5-10 を参照)。

 

表 5-10 Layer 3 VPN ワークフロー

ワークフロー
ワークフロー ファイル名
説明

[Create a Layer 3 VPN]

NSA_L3VPN.template

レイヤ 3 VPN を作成します。

[Create a Multipoint EFP]

NSA_EFP.template

レイヤ 3 VPN に対してマルチポイント EFP を作成します。

次の項は、各レイヤ 3 VPN ワークフローで使用されるサービス アクティベーション スクリプトと入力値を定義します。

「[Create a Layer 3 VPN]」

「[Create a Multipoint EFP] ワークフロー」

[Create a Layer 3 VPN]

説明 :レイヤ 3 VPN サイトを作成し、次のアクティビティを実行します。

PE で VRF を作成します。

ルート ターゲットを VRF に追加します。

BGP を追加します。

VRF フォワーディングを VLAN インターフェイスおよびサブインターフェイスに追加します。

BGP ネイバーを追加します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズ。

ワークフロー ファイル: NSA_L3VPN.template。

サブワークフロー :なし。

スクリプト

configure_l3vpn_on_pe

add_route_target_to_vrf_se

remove_l3vpn_on_pe

外部アトリビュート 表 5-11 を参照。

 

表 5-11 [Create Create Layer 3 VPN Service] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

activateInterface_list

String

asNumber_list

String

asOccurences_list

String

configureBGP_list

String

configureExtraRT_list

String

deviceName2_list

String

deviceName_list

String

interfaceName_list

String

ipAddress_list

String

maxRoutesThreshhold_list

String

maxRoutes_list

String

peerDeviceIp_list

String

platform_list

String

redistributeConnected_list

String

redistributeStatic_list

String

remoteAS_list

String

routeDistinguisher_list

String

routeTarget2_list

String

routeTargetType2_list

String

routeTargetType_list

String

routeTarget_list

String

rt_COUNT

Integer

0

site_COUNT

Integer

0

subnetMask_list

String

vlanId_list

String

vrfLocation_list

String

vrfName2_list

String

vrfName_list

String

MToP ワークフロー

MToP ワークフローは MToP Asynchronous Transfer Mode(ATM; 非同期転送モード)、Time Division Multiplex(TDM; 時分割多重方式)、およびクロック同期プロビジョニングを完了します。 表 5-12 に、MToP ワークフローの一覧を示します。

 

表 5-12 MToP ワークフロー

ワークフロー
ワークフロー ファイル名
説明

[Create TDM Pseudowire Service]

NSA_MTOP_TDM.template

MToP TDM 疑似ケーブル サービスを作成します。

[Create ATM Pseudowire Service]

NSA_MToP_ATM.template

MToP ATM 疑似ケーブル サービスを作成します。

[Create Clock Synchronization]

NSA_MToP_Synchronization.template

MToP クロック同期を作成します。

次の項は、各 MToP ワークフローで使用されるサービス アクティベーション スクリプトと入力値を定義します。

「[Create a TDM Pseudowire Service]」

「[Create an ATM Pseudowire Service]」

「[Create Clocking Synchronization]」

[Create a TDM Pseudowire Service]

説明 :トラフィックとクロック(ACR)用に MToP TDM 疑似ケーブルを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズ ルータおよび Cisco MWR 2941 セル サイト ルータ。

ワークフロー ファイル: NSA_MToP_TDM.template。

サブワークフロー

NSA_MToP_TDM_Subflow.template

NSA_MToP_TDM_Clock.template

スクリプト

configure_tdm_over_mpls_pw

configure_tdm_over_mpls_pw_mwr

configure_adaptive_clocking

configure_adaptive_clocking_mwr

remove_adaptive_clocking

remove_adaptive_clocking_mwr

外部アトリビュート 表 5-13 を参照(ワークフローはデフォルトのアトリビュート値を提供しません)。

 

表 5-13 [Create TDM Pseudowire Service] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート

cemGroupId1_list

String

cemGroupId2_list

String

clockSpeed_list

String

clockTunnelId_list

String

clock_cem_groupId1

String

clock_cem_groupId2

String

clock_controller_name1

String

clock_controller_name2

String

clock_mode_master1

String

clock_mode_master2

String

clock_mode_recovered1

String

clock_mode_recovered2

String

clock_peer_ip1

String

clock_peer_ip2

String

clock_port1

String

clock_port2

String

clock_slot1

String

clock_slot2

String

clock_virtual_cem_interface1

String

clock_virtual_cem_interface2

String

configureMultiSegmentPseudowire_list

String

controllerInterfaceName1_list

String

controllerInterfaceName2_list

String

deviceIp1_list

String

deviceIp2_list

String

deviceIp3_list

String

deviceName1_list

String

deviceName2_list

String

deviceName3_list

String

mode_list

String

platform1_list

String

platform2_list

String

platform3_list

String

pseudowireClassNameNPESide_list

String

pseudowireClassNameUPESide_list

String

pwType_list

String

speed_list

String

timeSlot_list

String

tunnelId2_list

String

tunnelId_list

String

vfiName_list

String

xconnectGroupName_list

String

xconnectName_list

String

[Create an ATM Pseudowire Service]

説明 :MToP ATM 疑似ケーブル サービスを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズおよび Cisco MWR 2941。

ワークフロー ファイル: NSA_MToP_ATM.template。

サブワークフロー :NSA_MToP_ATM_SubWF.template。

スクリプト

configure_atm_ima_over_mpls_pw.bsh

configure_atm_ima_over_mpls_pw_mwr.bsh

configure_atm_over_mpls_pw.bsh

configure_atm_over_mpls_pw_mwr.bsh

remove_atm_ima_over_mpls_pw.bsh

remove_atm_ima_over_mpls_pw_mwr.bsh

remove_atm_over_mpls_pw.bsh

remove_atm_over_mpls_pw_mwr.bsh

外部アトリビュート 表 5-14 を参照(ワークフローはデフォルトのアトリビュート値を提供しません)。

 

表 5-14 [Create ATM Pseudowire Service] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

atmLogicalInterfaceName1_list

String

atmLogicalInterfaceName2_list

String

atmRegularInterfaceName1_list

String

atmRegularInterfaceName2_list

String

atmSubInterfaceNumber1_list

String

atmSubInterfaceNumber2_list

String

cellsPerPacket_list

String

configureController1_list

String

configureController2_list

String

configureMcptTimer1_list

String

configureMcptTimer2_list

String

configureMultiSegmentPseudowire_list

String

controllerInterfaceName1_list

String

controllerInterfaceName2_list

String

deviceIp1_list

String

deviceIp2_list

String

deviceIp3_list

String

deviceName1_list

String

deviceName2_list

String

deviceName3_list

String

encapsulationType1_list

String

encapsulationType2_list

String

imaGroupId1_list

String

imaGroupId2_list

String

imaVersion1_list

String

imaVersion2_list

String

localPwLabel1_list

String

localPwLabel2_list

String

mcptTimer11_list

String

mcptTimer12_list

String

mcptTimer21_list

String

mcptTimer22_list

String

mcptTimer31_list

String

mcptTimer32_list

String

mcptTimerId_list

String

peerDeviceIp1_list

String

peerDeviceIp2_list

String

platform1_list

String

platform2_list

String

platform3_list

String

pointToPoint_list

String

pseudowireClassNameNPESide_list

String

pseudowireClassNameUPESide_list

String

pvcId1_list

String

pvcId2_list

String

pvpId1_list

String

pvpId2_list

String

pwType1_list

String

pwType2_list

String

pwType_list

String

pw_COUNT

Integer

0

remotePwLabel1_list

String

remotePwLabel2_list

String

speed_list

String

staticLabel1_list

String

staticLabel2_list

String

tunnelId2_list

String

vcId_list

String

vfiName_list

String

xconnectGroupName_list

String

xconnectLocation_list

String

[Create Clocking Synchronization]

説明 :MToP クロック同期を作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズおよび Cisco MWR 2941。

ワークフロー ファイル: NSA_MToP_Synchronization.template。

サブワークフロー :なし。

スクリプト

configure_network_clock

configure_network_clock_mwr

configure_ptpv2_synchronization_mwr

remove_network_clock

remove_ptpv2_synchronization_mwr

外部アトリビュート 表 5-15 を参照(ワークフローはデフォルトのアトリビュート値を提供しません)。

 

表 5-15 [Create Clocking Synchronization] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

ATMInterfaceName_list

String

BITS_list

String

applique_list

String

clockInterfaceType_list

String

clockSourcePriority_list

String

clockSource_list

String

controllerInterfaceName_list

String

deviceName_list

String

framing_list

String

holdTimeout_list

String

linecode_list

String

mode_list

String

networkClockingMode_list

String

platform_list

String

priority_list

String

slot_list

String

sourceType_list

String

speed_list

String

synCount

Integer

0

synchronizationType_list

String

Residential HSI ワークフロー

Residential HSI ワークフローは、レジデンシャル H.323 Signaling Interface(HSI)ポイントツーマルチポイント サービスを作成します。 表 5-18 に、レジデンシャル HSI ワークフローの一覧を示します。

 

表 5-16 Residential HSI ワークフロー

ワークフロー
ワークフロー ファイル名
説明

[Create HSI Point to Multipoint]

NSA_L3VPN.template

レジデンシャル HSI サービスを作成します。

[Create a Multipoint EFP]

NSA_EFP.template

レジストリ HSI に対してマルチポイント EFP を作成します。

次の項は、各 E-LAN ワークフローで使用されるサービス アクティベーション スクリプトと入力値を定義します。

「[Create HSI Point to Multipoint]」

「[Create a Multipoint EFP] ワークフロー」

[Create HSI Point to Multipoint]

説明 :HSI ポイントツーマルチポイントを作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズおよび Cisco MWR 2941 セル サイト ルータ。

ワークフロー ファイル: NSA_HSI_P2MP.template。

サブワークフロー

ELAN_Feature.template

スクリプト

add_mac_acl_to_service_instance

add_policy_map_to_service_instance

add_mac_security_to_service_instance

configure_p2mp

configure_eline

remove_eline

remove_p2mp

外部アトリビュート 表 5-17 を参照

 

表 5-17 [Create HSI Point-to-Multipoint] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

aclName

String

activateBD

String

activateUni

String

agingTime

String

attachQoSPolicy

String

false

deviceIP_1

String

deviceIP_2

String

deviceName_1

String

deviceName_2

String

direction

String

efpId_1

String

efpId_2

String

enableIgmpSnoop

String

enableSplitHorizon

String

innerVlanTag_1

String

innerVlanTag_2

String

inputPolicyMapName

String

maxSecureAddr

String

needSecure

String

false

outerVlanTag_1

String

outerVlanTag_2

String

outputPolicyMapName

String

platform_1

String

7600

platform_2

String

7600

pushInnerVlanTag_1

String

pushInnerVlanTag_2

String

pushOuterVlanTag_1

String

pushOuterVlanTag_2

String

rewritePopAction_1

String

rewritePopAction_2

String

secureViolationMode

String

translateOuterVlanTag_1

String

translateOuterVlanTag_2

String

uniId_1

String

uniId_2

String

vcId

String

vlanId

String

vlanTagOperation_1

String

none

vlanTagOperation_2

String

none

Policy ワークフロー

Policy ワークフローは、サービス アクティベーションの前にデバイス プロビジョニングおよびセットアップを完了します。 表 5-18 に、ポリシー事前設定ワークフローとワークフロー ファイル名の一覧を示します。

 

表 5-18 Policy ワークフロー

ワークフロー
ワークフロー ファイル名
説明

[Create Layer 2 ACL]

NSA_CreateL2ACLtemplate

集約デバイスでレイヤ 2 ACL を作成します。これらは、サービス設定ウィザードにより参照できます。

[Create QoS Policy]

NSA_QoSCreation.template

CoS を提供するサービスをサポートするために集約デバイスで QoS ポリシーとクラス マップを作成します。これらは、サービス設定ウィザードにより参照できます。

[Create MAC Secure Addresses]

NSA_MacSecurityAddress.template

セキュア MAC が有効なデバイスの場合は、セキュアな MAC アドレスのセットを定義します。

次の項は、各事前設定ワークフローにより呼び出されるスクリプトと入力値に関係します。

「[Create Layer 2 ACL] ワークフロー」

「[Create QoS Policy] ワークフロー」

「[Create MAC Secure Addresses]」

[Create Layer 2 ACL] ワークフロー

説明 :UNI セットアップとサービス アクティベーションに使用するレイヤ 2 ACL を作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズ。

ワークフロー ファイル: NSA_L2ACLtemplate。

サブワークフロー:

NSA_CreateL2ACLtemplate

NSA_split_and_set.template

スクリプト

add_permit_deny_condition_to_mac_acl

create_mac_acl

remove_mac_acl

外部アトリビュート 表 5-19 を参照(ワークフローはデフォルトのアトリビュート値を提供しません)。

 

表 5-19 [Create Layer 2 ACL] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

ACL_name

String

AGG_oid

String

ace_count

Integer

0

coWFId

String

condition_list

String

dest_addr_list

String

dest_mask_list

String

dest_type_list

String

purge

String

serviceActivationId

String

src_addr_list

String

src_mask_list

String

src_type_list

String

type

String

[Create QoS Policy] ワークフロー

説明 :サービス アクティベーションに使用できる集約ノード用ポリシーとクラス マップを作成します。

デバイス :Cisco 9000 シリーズ ルータおよび Cisco 7600 ルータ。

ワークフロー ファイル: NSA_QoSCreation.template。

サブワークフロー:なし。

スクリプト

create_class_map_xr

create_policy_map_xr

create_parent_policy_map_xr

create_child_policy_map_xr

delete_policy_map_xr

delete_class_map_xr

create_ingress_parent_policy_map

create_class_map

create_child_policy_map

create_class_map

create_policy_map

create_parent_policy_map

create_egress_parent_policy_map

delete_parent_policy_map

delete_child_policy_map

delete_policy_map

delete_class_map

外部アトリビュート 表 5-20 を参照(ワークフローはデフォルトのアトリビュート値を提供しません)。

 

表 5-20 [Create QoS Policy] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

childPolicyName

String

classMapBW1

String

classMapBW2

String

classMapBW3

String

classMapCos1

String

classMapCos2

String

classMapCos3

String

classMapMatchType1

String

classMapMatchType2

String

classMapMatchType3

String

classMapName1

String

classMapName2

String

classMapName3

String

classMapPoliceRate1

String

classMapPoliceRate2

String

classMapPoliceRate3

String

classMapPriority1

String

classMapPriority2

String

classMapPriority3

String

configureClassMap2

String

configureClassMap3

String

deviceName_list

String

device_COUNT

Integer

0

parentBW

String

parentBWRemainingRatio

String

parentPolicyName

String

parentPolicyType

String

parentShapeAverage

String

platform_list

String

qosType

String

[Create MAC Secure Addresses]

説明 :セキュア MAC が有効なデバイスの場合、このワークフローはセキュアな MAC アドレスのセットをさらに定義します。

デバイス :Cisco 7600 ルータ。

ワークフロー ファイル: NSA_MacSecurityAddress.template。

サブワークフロー:split_and_set.template。

スクリプト

add_mac_security_to_service_instance

add_secure_mac_address_to_service_instance

remove_secure_mac_address_from_service_instance

外部アトリビュート 表 5-21 を参照

 

表 5-21 [Create MAC Secure Addresses] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート
デフォルト値

address_COUNT

Integer

0

agingTime

String

deviceName

String

efpId

Integer

0

mac_address_list

String

maxSecureAddr

String

perge

String

platform

String

serviceActivationId

String

uniId

String

violationMode

String

[Create a Multipoint EFP] ワークフロー

説明 :E-LAN、レイヤ 3 VPN、およびレジデンシャル HSI ワークフローに対してマルチポイント EFP を作成します。

デバイス :Cisco 7600 シリーズおよび Cisco ASR 9000 シリーズ。

ワークフロー ファイル: NSA_EFP.template。

サブワークフロー:ELAN_Feature.template。

外部アトリビュート: 表 5-22 を参照(ワークフローはデフォルトのアトリビュート値を提供しません)。

 

表 5-22 [Create Multipoint EFP] ワークフローの外部アトリビュート

アトリビュート

aclName_list

String

agingTime_list

String

attachQoSPolicy_list

String

bridgeDomain_list

String

bridgeGroup_list

String

deviceName_list

String

direction_list

String

efpId_list

String

enableIgmpSnoop_list

String

enableSplitHorizon_list

String

innerVlanTag_list

String

inputPolicyMapName_list

String

inputSharedPolicyMapName_list

String

maxSecureAddr_list

String

needSecure_list

String

outerVlanTag_list

String

outputPolicyMapName_list

String

outputSharedPolicyMapName_list

String

platform_list

String

pushInnerVlanTag_list

String

pushOuterVlanTag_list

String

rewritePopAction_list

String

secureViolationMode_list

String

translateAction_list

String

translateInnerVlanTag_list

String

translateOuterVlanTag_list

String

uniId_list

String

vlanId_list

String

vlanTagOperation_list

String