Cisco Active Network Abstraction Network Service Activation 1.0 カスタマイズ ガイド
Cisco ANA Network Service Activation カ スタマイズの概念
Cisco ANA Network Service Activation カスタマイズの概念
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Cisco ANA Network Service Activation カスタマイズの概念

カスタマイズの要素

アクティベーション ウィザード ファイル

アクティベーション ワークフロー

アクティベーション スクリプト

サービス アクティベーション フロー

設計原則

カスタマイズ ツール

カスタマイズ フロー

カスタマイズされたファイルのバックアップおよび復元

関連資料

Cisco ANA Network Service Activation カスタマイズの概念

次のトピックでは、Cisco Active Network Abstraction Network Service Activation 1.0(Cisco ANA NSA)カスタマイズの概念とプロセスに関する概要を説明します。

「Cisco ANA NSA カスタマイズの要素」

「サービス アクティベーション フロー」

「Cisco ANA NSA 設計原則」

「Cisco ANA NSA カスタマイズ フロー」

「カスタマイズされたファイルのバックアップおよび復元」

「関連資料」

Cisco ANA NSA カスタマイズの要素

Cisco ANA NSA カスタマイズは、次の 3 つのファイル タイプに対して実行されます。

ウィザード:アクティベーション アトリビュートを含み、Cisco ANA NetworkVision から起動されたアクティベーション ウィザードの表示と動作を制御する XML ファイル。

ワークフロー:アクティベーション ウィザードで識別されたネットワーク デバイスでアクティベーション フローを制御する、Cisco ANA Workflow Editor で作成された XML ファイル。

スクリプト:アクティベーション ワークフローの指示によって、アクティベーション ウィザードで識別されたデバイスにおいてサービス アクティベーションを完了するための Telnet および Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)シーケンスを含む BeanShell ファイル。

これらのファイルのカスタマイズには、異なるアプローチとツールが必要です。ウィザードをカスタマイズするには、ウィザードをゲートウェイからローカル ドライブにダウンロードし、XML またはテキスト エディタで編集し、ゲートウェイにアップロードします。個々のウィザード ファイルをダウンロードするには、[Cisco ANA NetworkVision Activation] メニューにある Cisco ANA NSA Service Modification Utility を使用します。アトリビュートの表示名の変更やアトリビュートの削除などの単純な変更は数分で実行できます。より複雑なカスタマイズにはさらに長い時間と綿密な計画が必要です。

ワークフローをカスタマイズするには、Cisco ANA Workflow Editor を開き、Workflow Editor のダウンロード機能を使用してファイルをダウンロードします。すべてのアクティベーション ワークフロー カスタマイズを実行するには Workflow Editor を使用します。完了したら、Workflow Editor のアップロード機能を使用してワークフローをアップロードします。ワークフローをカスタマイズするには、Workflow Editor とプログラミング ロジックの使用経験があり、ワークフロー アクティベーション目標について十分に理解している必要があります。

スクリプトをカスタマイズするには、BeanShell およびスクリプトの知識とデバイス レベルでの CLI シーケンスの知識が必要です。スクリプトのカスタマイズには、Cisco ANA Command Builder を使用します。Command Builder については、『 Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization User Guide 』を参照してください。ただし、これらの領域の知識と経験がない場合は、スクリプトをカスタマイズすることはお勧めできません。

アクティベーション ウィザード ファイル

サービス アクティベーション ウィザードには、次のファイルとファイル タイプが含まれます。

Service.xml:オペレータが Cisco ANA NetworkVision の [Activations] メニュー項目を起動した後に表示される [Activation] ウィンドウ サービス アクティベーション ツリーを定義します。このファイルはツリーのシーケンスと表示名を定義します。また、ツリー項目は、適切なページと、オペレータが Activation ツリーから項目を選択したときに呼び出されるアクティベーション ファイルにリンクされます。有効になる Service.xml ファイルは常に 1 つだけです。

ページ ファイル:Cisco ANA NetworkVision GUI のウィザード ページの表示と動作を定義します。

アクティベーション ファイル:ページ ファイルにより収集されたアトリビュート値を含みます。アクティベーション ファイルは、オペレータが入力したアトリビュートをアクティベーション ワークフローに提供します。

マクロ ファイル:Device アトリビュートに値を入力するためのデバイス リストの取得やデバイス インターフェイスのリストの取得などの指定された短いアクションを実行するためにページ ファイルが呼び出すサブルーチンを含みます。

ページとアクティベーション ファイルはペアで機能します。一方がウィザードの内容と動作を制御し、もう一方が収集されたウィザード入力内容をワークフロー入力内容に対してマップします。


) 配布された Cisco ANA NSA パッケージで提供されるページおよびアクティベーション ファイルのファイル名には、ファイルの追跡を容易にするために「Pages」と「Activation」という単語が含まれます。この慣習は必須ではありませんが、お勧めします。


アクティベーション ワークフロー

サービス アクティベーション ワークフローは、ウィザードにより収集されたアトリビュート値を取得し、アクティベーションおよびデバイス プロビジョニング シーケンスを実行します。ワークフローは、階層形式または他の論理シーケンスのタスクから構成されます。ワークフローは、ロールバック シナリオを含むアクティベーション コマンドの論理フローを実行します。ワークフローの作成者は、シーケンス、ブランチ、失敗手順、Cisco ANA コマンドへのアクセス、および情報モデルを含むタスク間の関係を定義します。アクティベーション ワークフローをカスタマイズするには、Cisco ANA Workflow Editor を使用します(『 Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization User Guide 』を参照)。

アクティベーション スクリプト

サービス アクティベーション スクリプトには、ワークフロー タスクの後にデバイスで、アクティベーション ウィザードでオペレータが提供するアトリビュート入力値を使用してサービスをアクティブにしたり、要素を作成したりするために Telnet コマンドを含む CLI シーケンスが含まれます。スクリプトは変更できますが、カスタマイズには BeanShell または Cisco ANA マクロ言語の知識が必要です。Cisco ANA マクロ言語については、『 Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization Guide 』を参照してください。BeanShell は小型で無料の、組み込み可能な Java ソース インタープリタであり、オブジェクト スクリプト言語の特徴を備えています。BeanShell は Java で記述されています。BeanShell は標準的な Java 構文を動的に実行し、Perl や JavaScript などで使用されるようなルーズ タイプ、コマンド、メソッド クロージャなどの一般的なスクリプト機能で拡張します(BeanShell スクリプト言語の使用について最も詳細なリソースは http://www.beanshell.org/ で入手できます)。

スクリプトのカスタマイズは可能ですが、Cisco ANA NSA サービス アクティベーション スクリプトで提供されるサービス アクティベーション スクリプトは Cisco ANA NSA 1.0 ウィザードおよびワークフローに対して設計およびテストされていることに注意してください。

Cisco ANA NSA アクティベーション スクリプトは $ANAHOME/Main/scripts/configuration/cisco/ce に存在します。Cisco ANA NSA では、130 個を超えるスクリプトが提供されています。スクリプトは、スクリプトが実行する主要なアクションに基づいてグループに分けられます。

アクティブ

追加

設定

作成

変更

削除

Cisco ANA NSA アクティベーション ワークフローは、ワークフロー プロセスの異なる時点で特定の機能を実行するために 4 ~ 6 個のスクリプトを呼び出します。

サービス アクティベーション フロー

Cisco ANA NSA ウィザード、ワークフロー、およびスクリプトは、デバイス プロビジョニングおよびサービス アクティベーションを行うために連携して動作します。 表 1-1 に、一般的なフローを示します。

 

表 1-1 Cisco ANA NSA プロセス

処理
関連するファイル
ファイル タイプ

[NetworkVision Activation] メニューから、オペレータは [Activation] を選択します。

Service.xml

ウィザード

オペレータは Activation ツリーを展開し、サービス アクティベーションを選択します。

オペレータによって選択されたアクティベーションのページおよびアクティベーション ファイルがアクティベーション ウィザードを表示します。

Service.xml >>>

[ アクティベーション名 ]Pages.xml

[ アクティベーション名 ]Activation.xml

ウィザード

オペレータはサービス アクティベーション データを入力します。

[ アクティベーション名 ]Pages.xml

ウィザード

オペレータはウィザードを完了します。

[ アクティベーション名 ]Pages.xml

[ アクティベーション名 ]Activation.xml

ウィザード

すべてのアトリビュートを完了したら、オペレータは [Finish] をクリックします。

[ アクティベーション名 ]Activation.xml

[ アクティベーション名 ] ワークフロー

ウィザード

ワークフロー

アクティベーション ワークフローはそのタスクを完了します。特定の機能を実行するアクティベーション スクリプトが呼び出されます。

[ アクティベーション名 ] ワークフロー

[機能] スクリプト

ワークフロー

スクリプト

ワークフローはデバイスから成功または失敗の入力値を受け取ります。その入力値に基づいて、ワークフローは完了またはロールバック タスクを実行します。

[ アクティベーション名 ] ワークフロー

[機能] スクリプト

ワークフロー

スクリプト

ワークフロー出力は、Cisco ANA NSA Service Activation List に送信されます。オペレータは、結果とワークフロー出力(図 1-1)を参照できます。

[ アクティベーション名 ] ワークフロー

ワークフロー

アクティベーション プロセスの完了時に、オペレータは [Service Activation List] ウィンドウで結果を参照します。結果に応じて、オペレータは再び開始したり、新しいアクティベーションを開始したりできます。

図 1-1 [Service Activation List] ウィンドウ

 

[Service Activation List] ウィンドウに表示されるアクティベーションの数は、Cisco ANA レジストリ cvm.xml で key="service-activation-list" および entry="retrieval-block-size" のように設定されます。現在のデフォルト値は 1500 です。この設定値を変更するには、ANAHOME/Main に存在する runRegTool コマンドを使用します。


注意 Cisco ANA レジストリを変更する前に、『Cisco Active Network Abstraction Administrator Guide 3.7』の「Working with the Registry」を参照してください。

表示できるアクティベーションの最大数は 15000 です。表示されるアクティベーションの数とパフォーマンスの間にはトレード オフの関係が存在することに注意してください。表示されるアクティベーションの数が多くなると、[Service Activation List] ウィンドウに値を入力する時間が長くなります。

Service Activation List のアクティベーション表示を変更するには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Main ディレクトリに変更します。

% cd Main
 

ステップ 2 runRegTools コマンドを使用して、新しいアクティベーション表示を設定します。

% ./runRegTool.sh -gs 127.0.0.1 set 0.0.0.0 cvm/service-activation-list/retrieval-block-size "new-number"
 

たとえば、次のようになります。

./runRegTool.sh -gs 127.0.0.1 set 0.0.0.0 cvm/service-activation-list/retrieval-block-size 10000
 

ステップ 3 Cisco ANA NetworkVision を再起動します。


 

サービス アクティベーション結果の参照の詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction Network Service Activation 1.0 User Guide 』を参照してください。

Cisco ANA NSA 設計原則

Cisco ANA NSA ウィザード、ワークフロー、およびスクリプトは、Cisco ANA NSA のカスタマイズ時に考慮すべき設計原則に従って開発されています。カスタマイズでこれらの原則に従わないと、アクティベーションが非効率または不完全になることがあります。

Cisco ANA NSA スクリプトは、次の 2 つの主要な原則に従います。

エラー処理:スクリプトは、エラーを予測し、すべてのスクリプト レベルで適切な復元シーケンスを提供する必要があります。

アトミック設計:スクリプトの開発またはカスタマイズはできるだけアトミックである必要があります。つまり、スクリプト シーケンスが失敗した場合は、操作全体が失敗する必要があります。すべてのデバイスは、スクリプト操作の開始前の状態に復元される必要があります。

同様の設計原則が Cisco ANA NSA ワークフローに適用されます。

例外処理:ワークフローは例外の発生を予測し、適切に処理する必要があります。

ロールバック(ベスト エフォート):例外が発生した場合、ワークフローは、ワークフロー全体が完了する前に、完了したすべての操作をロールバックする必要があります。たとえば、ワークフローが複数のデバイスでアクティベーションを完了し、最後のデバイスで例外が発生した場合は、デバイスの整合性を確保するために、完了したすべてのデバイス アクティベーションをロールバックする必要があります。

サービスの削除(ベスト エフォート):組み込みロールバック機能が拡張され、オペレータは Cisco ANA NSA Service Activation List を使用してアクティベーションを削除(非アクティブ)できます。

マルチプラットフォームおよびインタープラットフォーム機能:すべてのワークフローは複数のプラットフォームで動作するよう設計する必要があります。

Cisco ANA NSA カスタマイズ ツール

Cisco ANA NSA をカスタマイズするには、次のツールが必要です。

ウィザード:Byte Order Mark(BOM; バイト オーダー マーク)を UTF-8 XML に追加しない任意のテキストまたは XML エディタを使用できます。Cisco ANA NSA は BOM がある XML を認識しません。Cisco ANA NSA で使用された XML エディタには、NotePad++、XMLPad、XMLSpy R などがあります。

ワークフロー:Cisco ANA Workflow Editor を使用する必要があります。詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization User Guide 』を参照してください。

スクリプト:Cisco ANA Command Builder を使用できます。詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization User Guide 』を参照してください。

Cisco ANA NSA カスタマイズ フロー

次の手順は、新しい Cisco ANA NSA サービス アクティベーションの作成時に従う必要がある一般的なフローを示します。

1. スクリプトを作成します。「Cisco ANA Network Service Activation スクリプトのカスタマイズ」を参照してください。

2. ワークフローを作成します。「Cisco ANA Network Service Activation ワークフローのカスタマイズ」を参照してください。

3. Service Activation Wizard を作成します。「Cisco ANA Network Service Activation ウィザードのカスタマイズ」を参照してください。

ページ ファイルを作成します。

アクティベーション ファイルを作成します。

新しいサービスを Service.xml ファイルに追加します。

カスタマイズされたファイルのバックアップおよび復元

Cisco ANA バックアップおよび復元機能は、$ANAHOME/Main/to_backup ディレクトリに保管されたデータと Cisco ANA レジストリ データをバックアップします。Cisco ANA Release 3.7 では、Cisco ANA のバックアップから Oracle データベースが削除されました。データベースは、Oracle データベース バックアップ手順に従ってバックアップする必要があります。

新しい Cisco ANA バージョンのインストール前の一般的な Cisco ANA NSA のバックアップおよび復元プロセスは次のとおりです。

1. ユーザ データをバックアップします。『 Cisco Active Network Abstraction Administrator Guide 3.7 』の「Backing Up and Restoring the Registry」を参照してください。

2. Cisco ANA をアンインストールします。『 Cisco Active Network Abstraction Installation Guide 3.7 』を参照してください。

3. Cisco ANA をインストールします。『 Cisco Active Network Abstraction Installation Guide 3.7 』を参照してください。

4. Cisco ANA NSA をインストールします。『 Cisco Active Network Abstraction Network Service Activation 1.0 Installation Guide 』を参照してください。

5. ユーザ データを復元します。『 Cisco Active Network Abstraction Administrator Guide 3.7 』の「Backing Up and Restoring the Registry」を参照してください。

Cisco ANA NSA ウィザード、ワークフロー、およびスクリプトをカスタマイズする場合は、カスタマイズされたファイルが適切にバックアップされるよう次のことに注意してください。

カスタマイズされたウィザード:Service Modification Utility(「ウィザード ファイルのダウンロードおよびアップロード」を参照)を使用して Cisco ANA NSA ウィザードをカスタマイズする場合、カスタマイズされたウィザードは $ANAHOME/Main/to_backup/MetadataDirectory/Custom にアップロードされます。これらのファイルは、次回の Cisco ANA レジストリのバックアップ時に自動的にバックアップされます。

カスタマイズされたスクリプト:Cisco ANA NSA スクリプトをカスタマイズする場合は、次回の Cisco ANA レジストリのバックアップ時にバックアップされるようスクリプトを手動で $ANAHOME/Main/to_backup に配置する必要があります。

カスタマイズされたワークフロー:Cisco ANA NSA ワークフローを含むすべての Cisco ANA ワークフローは Cisco ANA Oracle データベースに保持されます。カスタマイズされた Cisco ANA NSA ワークフローをバックアップおよび復元する場合は、現場で確立された、Oracle データベースのバックアップおよび復元手順に従う必要があります。詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction Administrator Guide 3.7 』の「Workflow Administration Tasks」を参照してください。


) カスタマイズされたワークフローの名前を常に変更します。ワークフローの名前を変更しないと、Oracle ユーティリティによる次回のデータベース復元でワークフローが上書きされることがあります。


関連資料

Cisco ANA NSA ウィザード、ワークフロー、またはスクリプトのカスタマイズには、計画と準備が必要です。初めてカスタマイズを行う場合は、一般的な方法として次の手順が参考になります。

1. サービス アクティベーション要件を調べます。特に、関連するサービスのタイプ、アトリビュート、デバイスなどについて調べます。デバイス レベルで行うプロビジョニングに関する詳細な知識が必要です。

2. 提供された Cisco ANA NSA スクリプト、ワークフロー、およびウィザードを調べます。

3. 次の質問に答える詳細なカスタマイズ仕様を作成します。

a. カスタマイズをウィザード カスタマイズだけで処理できますか。アトリビュートの表示名の変更は、ワークフロー カスタマイズなしで実行できるウィザード カスタマイズの 1 つです。例については、「Cisco ANA Network Service Activation のカスタマイズ例」を参照してください。オプションのアトリビュートが特定のサービス アクティベーションに入力されていない場合は、これらのアトリビュートを削除できます。また、Activation ツリーをカスタマイズすることもできます。たとえば、オペレータが使用しないアクティベーションを削除できます。

b. 既存のワークフローを使用してカスタマイズを処理できますか。処理できる場合は、ワークフローと、行う必要がある特定のカスタマイズを指定します。

c. 提供されたワークフローを使用できない場合は、提供されたスクリプトがカスタマイズ要件を満たしていますか。満たしている場合は、新しいワークフローの計画を始めることができます。満たしていない場合は、シスコのコンサルティング サービスまでお問い合わせください。

表 1-2 に、カスタマイズの詳細を提供するリソースのリストを示します。

 

表 1-2 Cisco ANA NSA カスタマイズ リソース

トピック
リファレンス
説明

スクリプト

付録 A「Cisco ANA Network Service Activation スクリプト」

Cisco ANA NSA に含まれるすべてのスクリプトのマスター リスト。

スクリプト

ワークフロー

「Cisco ANA Network Service Activation ワークフロー」

各ワークフローにより呼び出されるスクリプトをリストします。

スクリプト

「Cisco ANA Network Service Activation スクリプトのカスタマイズ」

Cisco ANA スクリプトとスクリプトのカスタマイズに関する一般情報です。

スクリプト

Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization User Guide』の「BeanShell Commands」

Cisco ANA での BeanShell コマンド使用の概要です。

ワークフロー

「Cisco ANA Network Service Activation ワークフローのカスタマイズ」

Cisco ANA NSA ワークフローのカスタマイズについて説明します。

ワークフロー

Cisco Active Network Abstraction 3.7 Customization User Guide 』の「Using the Workflow Editor to Create Task Workflows」

Cisco ANA Workflow Editor の使用に関する一般情報を提供します。

ウィザード

「Cisco ANA Network Service Activation ウィザードのカスタマイズ」

Cisco ANA NSA ウィザードのカスタマイズについて説明します。

「Cisco ANA Network Service Activation のカスタマイズ例」

ステップごとの Cisco ANA NSA のカスタマイズ例を提供します。