Cisco Active Network Abstraction Network Service Activation 1.0 カスタマイズ ガイド
索引
Index
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

Index

B

BeanShell および Cisco ANA マクロ言語 4-2

C

Carrier Ethernet サービス アクティベーション 4-3

Cisco ANA Network Service Activation

カスタマイズの概念 1-1

ワークフロー 5-1

Cisco ANA NSA

カスタマイズ ツール 1-6

カスタマイズ フロー 1-6

カスタマイズ要素 1-1

設計原則 1-5

必須ワークフロー アトリビュート 3-7

ワークフロー アトリビュート 3-4

ワークフロー設計 3-2

ワークフローのカスタマイズの概要 3-1

D

DSP スクリプト XML ファイル 4-12

E

E-LAN

ハブ アトリビュート 3-6

ハブ ワークフロー

複数プラットフォーム サポートおよびエラー捕捉 3-4

ワークフロー 5-1

ELAN_HUBPages.xml

7600 グループ 2-19

Page1 アトリビュート 2-14

RewritePopAction アトリビュート 2-17

最初の Page1 アトリビュート 2-16

上位レベルの表示 2-11

展開表示 2-12

反復データ 2-18

ページ番号、表示名、および順序 2-13

E-LAN VPLS ハブ

2 番目のウィザード ページ 2-11

コレクション ページ 2-9

最初のウィザード ページ 2-10

E-LAN ハブ ワークフロー

アクティベーション デシジョン ポイント 3-3

概要 3-10

E-Line

CLI 4-8

フロー チャート 4-7

ワークフロー 5-7

L

L2ACL IMetaDataListingEntity 6-10, 6-11

L3VPNActivation.xml

上位レベルの表示 2-20

L3VPNActivation.xml ファイル

展開されたステップ 2-22

展開されたマップ ブロック 2-21

M

MToP ワークフロー 5-13

S

Service.xml

ファイル 2-1

メタデータ 2-7

Services.xml

アトリビュート 2-6

アクセス ワークフロー 5-10

アクティブおよび追加スクリプト A-1

アクティブ化

インターフェイス B-12

アクティベーション

E-Line サービスを設定するスクリプト B-1

ウィザード ファイル 1-2

ウィザード ページ例 2-3

スクリプト 1-3

スクリプト例 4-2

ファイル 2-3

メタデータ 2-19

メタデータ スキーマ C-8

ワークフロー 1-2

アップロード

ウィザード ファイル 2-22

カスタマイズ

Cisco ANA NSA ウィザード

Cisco ANA NSA

ウィザードのカスタマイズ 2-1

スクリプト 4-1

ワークフロー 3-1

カスタマイズ例 6-1

概要 6-1

関連資料 1-8

検証チェック 4-4

サービス

Activation ウィンドウ 2-2

Service Metadata Modification Utility ウィンドウ 2-23

アクティベーション スクリプト A-1

アクティベーション フロー 1-3

アクティベーション リスト 1-4

メタデータ ディレクトリ 2-24

サイト XML

ファイル 4-11

削除

インターフェイスからのサービス インスタンスの B-13

サービス インスタンスからの xConnect の B-14

スクリプト A-4

削除スクリプト A-3

作成

Activation ウィンドウの Create E-LAN VPLS Hub エントリ 2-8

ATM 疑似ケーブル サービス 5-15

E-LAN H-VPLS スポーク ワークフロー 5-5

E-LAN H-VPLS ハブ ネイバー ワークフロー 5-5

E-LAN VPLS ネイバー ワークフロー 5-4

E-LAN VPLS ハブ ワークフロー 5-2

E-Line ポイントツーポイント サービス 5-7

E-Line ローカル接続サービス ワークフロー 5-9

HSI ポイントツーマルチポイント 5-19

MAC セキュア アドレス 5-23

QoS ポリシー ワークフロー 5-22

TDM 疑似ケーブル サービス 5-13

クロック同期 5-17

スクリプト A-3

マルチポイント EFP ワークフロー 5-24

レイヤ 2 ACL ワークフロー 5-21

レイヤ 3 VPN 5-12

取得、ワークフローの

サーバからのテンプレート 6-2

プロパティ 6-3

新規

Access List Description アトリビュート 6-8, 6-12

アクティベーション ID 6-9

アクティベーション グループ 6-13

ページ名 6-9

スクリプト

E-Line の設定シナリオのファイル注釈 4-8

アクティブおよび追加 A-1

アクティベーション 1-3

カスタマイズ フロー 4-6

サービス アクティベーションの記述 4-5

削除 A-3

変更 A-3

設定

E-Line 4-7, B-1

E-Line サービス要素スクリプト 4-4

スクリプト A-2

ダウンロード

Create Layer 2 ACL ウィザードのメタデータ 6-5, 6-7, 6-11

ウィザード ファイル 2-22

追加

Activation メニューへの 2-15

アクティベーション リストに新規サービス グループを 6-12

アクティベーション リストに新規サービスを 6-8

インターフェイスへのサービス インスタンスの B-5

サービス インスタンスへの xConnect の B-9

新規アトリビュート 6-2

ワークフロー アトリビュート 6-4

始める前に 4-1

バックアップと復元、カスタマイズされたファイルの 1-7

ページ

XSD スキーマ C-1

ファイル 2-2

メタデータ 2-8

2-8

変更

ACLActivation.xml ファイル 6-6

ACLPages.xml ファイル 6-6

変更スクリプト A-3

ポリシー ワークフロー 5-20

マクロ ファイル 2-5

メタデータ

カスタマイズ 2-24

スキーマ C-1

ファイル概要 2-1

レイヤ 2 ACL

カスタマイズ前のウィザード 6-2

レイヤ 3 VPN ワークフロー 5-11

レジストリ

XML ファイル 4-10

レジデンシャル HSI ワークフロー 5-18

レポジトリ XML ファイル 4-11

ワークフロー

MToP 5-13

Residential HSI 5-18

作成の概要 3-8

ポリシー 5-20

レイヤ 3 VPN 5-11