Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 カスタマイゼーション ユーザ ガイド
外部アプリケーションの起動
外部アプリケーションの起動
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/11/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

外部アプリケーションの起動

外部アプリケーションの起動ポイントについて

外部アプリケーションの起動ポイントの追加

外部アプリケーションの起動

外部アプリケーションの起動ポイントの削除

外部アプリケーションを起動する BQL スクリプトの例

外部アプリケーションの起動

この章では、外部起動アプリケーションおよび起動ポイントの追加に関連する手順について説明します。ここでは、次の情報について説明します。

「外部アプリケーションの起動ポイントについて」

「外部アプリケーションの起動ポイントの追加」

「外部アプリケーションの起動ポイントの削除」

「外部アプリケーションを起動する BQL スクリプトの例」

外部アプリケーションの起動ポイントについて

Cisco ANA では、Cisco ANA NetworkVision GUI から外部アプリケーションを起動できます。ユーザは、Cisco ANA で管理されるネットワーク要素に、必要な起動ポイントを追加できます。

外部アプリケーションの起動中に使用されるスクリプト ファイルまたはバッチ ファイルは、Cisco ANA クライアント マシンにあるか、または、クライアントからアクセスできる必要があります。呼び出しの一部として、任意のスクリプト言語を使用できます。外部起動の一部としてアプリケーションを起動する場合、アプリケーションは Cisco ANA クライアント マシンにある必要があります。

起動ポイントを追加するには、コンフィギュレータまたはそれ以上の権限を持っている必要があります。外部アプリケーションの起動ポイントを追加すると、Cisco ANA ゲートウェイで site.xml ファイルがアップデートされます。同じ Cisco ANA ゲートウェイを使用して Cisco ANA クライアントを起動するすべてのユーザは、外部アプリケーションを起動できます。

外部アプリケーションの起動ポイントの追加

外部起動ポイントの追加には、次の手順が含まれます。

1. 「IMO コンテキストおよびプロパティの指定」

2. 「BQL スクリプトの作成」

3. 「BQL スクリプトの実行」

IMO コンテキストおよびプロパティの指定

IMO コンテキストおよびプロパティを追加するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 ツリー ペインから、ネットワーク要素を選択します。

ステップ 2 F2 キーを押します。別のウィンドウに、All Properties ビューアが開きます。

ステップ 3 IMO タイプをメモします。マップ ペインが表示されている場合、IPortConnector、IManagedElementpane など、IHierarchyNode の一部ではなく、ContainedIMO の一部の IMO タイプをメモします。

例 1:次のように、ツリー ペインで IManagedElement を指定します。

com.sheer.imo.IManagedElement
{[ManagedElement(Key=ana7609-1)]}
 

例 2:次のように、ツリー ペインで IPortConnector を指定します。

com.sheer.imo.IPortConnector
{[ManagedElement(Key=ana7609-1)][PhysicalRoot][Chassis][Slot(SlotNum=5)][Module][Port(PortNumber=GigabitEthernet5/1 - Missing Pluggable Port)]}
 

例 3:次のように、マップ ペインで IManagedElement を指定します。

{[HierarchyNode(Id=1001)][ContainedImo]}
key=Imo, value=com.sheer.imo.IManagedElement
{[ManagedElement(Key=ana7609-1)]}
 

ステップ 4 IManagedElement では IP、IPortConnector では PortAlias など、プロパティのキー名をメモします。

例 1:IManagedElement

key=DeviceName, value=ana7609-1
key=IP, value=172.20.68.72
 

例 2:IPortConnector

key=Location, value=5.GigabitEthernet5/1 - Missing Pluggable Port
key=PortAlias, value=GigabitEthernet5/1 - Missing Pluggable Port
 


 

BQL スクリプトの作成

Broadband Query Language(BQL)を理解する目的で、また、この項を理解する前提条件として、『 Cisco Active Network Abstraction Integration Developer Guide 』をお読みください。


) ユーザは、Cisco ANA NetworkVision GUI で作成した、すべての外部起動アプリケーション ポイントのリストを取得できます。コンフィギュレータは、すべての IMO コンテキストをメモする必要があります。このコンテキストでは、タスクをアップデートまたは削除するために、起動ポイントが定義されています。


表 22-1 に、BQL set コマンドを記述して外部アプリケーションを起動する場合に準拠する必要がある形式およびシンタックスについて説明します。

 

表 22-1 形式およびシンタックス

プロパティ
タイプ
説明
management.IExternalLaunch

ID

OID

{[ExternalLaunch(ContextImoType=com.sheer.imo.IManagedElement)(Name=example1)]}

外部起動アプリケーションが起動される IMO タイプを定義します。

ElementType

ストリング

例:IOU、Cisco

要素タイプによるフィルタ処理。

Vendor

ストリング

例:Cisco

ベンダー タイプによるフィルタ処理。

ExternalBatchToExecute

ストリング

例:

次のバッチ ファイルを指定します。

<ExternalBatchToExecute type="String"> C: ¥ runthis.bat </ExternalBatchToExecute>
 

次の URL を指定します。

<ExternalBatchToExecute type="String"> http:\\www.cisco.com </ExternalBatchToExecute>
 

次の環境変数を渡します。

<ExternalBatchToExecute type="String"> %java_home%\bin\javadoc </ExternalBatchToExecute>

実行可能手順またはバッチ ファイルの詳細を定義し、外部アプリケーションを起動します。スクリプトまたはバッチ ファイルの使用時の注意点は、次のとおりです。

スクリプトの使用中には、パラメータをアレイとして指定する必要があります。

URL では、パラメータを渡すことはできません。パラメータを渡す場合は、バッチ ファイルを使用する必要があります。

バッチ ファイルの一部として、さらにコマンドを含めることはできません。

バッチ ファイルの起動中には、1 つの環境変数を含めることができます。

MenuCaption

ストリング

例:

<MenuCaption type="String">ping</MenuCaption>

アプリケーションの起動時に、メニューとして表示されるストリングです。

MenuPath

ストリング

例:

<MenuPath type="String">external launch demo</MenuPath>

アプリケーションの起動時に、メニュー パスとして表示されるストリングです。"/" で区切って、サブメニューを使用できます。

Parameters

IMObjects_
Array

<Parameters type="IMObjects_Array">

すべての外部起動パラメータは、アレイの中で渡す必要があります。「management.IExternalLaunchParameter」を参照してください。

management.IExternalLaunchParameter

ID

OID

{[ExternalLaunchParameter(Index=1)]}

インデックスの値は、コマンドが起動される必要がある順序を定義します。

IMOType

ストリング

例 1:

<IMOType type="String">com.sheer.imo.IPortConnector</IMOType>
<PropertyName type="String">PortAlias</PropertyName>
 

例 2:

<IMOType type="String"></IMOType>
<PropertyName type="String">any_const_parameter</PropertyName>

IMO コンテキスト タイプを定義します。このフィールドは、空のままにすることもできます。

パラメータは、メニューを設定した IMO およびその親だけからではなく、IManagedElement までの IMO ツリーの上位部からも渡せます。メニューで選択した IMO によっては、親または親よりも高レベルの IMO である場合があります。

PropertyName

ストリング

IMO コンテキスト タイプ内で、IMO キー名を定義します。この値は、アプリケーションの起動中にスクリプトによって使用されます。

定数値も使用できます。

BQL スクリプトの実行

BQL スクリプトの実行方法については、『 Cisco Active Network Abstraction Integration Developer Guide 』を参照してください。

外部アプリケーションの起動

外部アプリケーションを起動するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 Cisco ANA NetworkVision にログインします。

ステップ 2 外部アプリケーションの起動ポイントを追加した IMO コンテキストをナビゲートします。

ステップ 3 外部アプリケーションを右クリックし、起動します(図 22-1)。

図 22-1 外部アプリケーションの起動ポイント

 


 

外部アプリケーションの起動ポイントの削除

BQL [Delete] コマンドを使用すると、外部アプリケーションの起動ポイントを削除できます。


) BQL を理解する目的で、また、この項を理解する前提条件として、『Cisco Active Network Abstraction Integration Developer Guide』をお読みください。


起動ポイントを削除するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 次に示されているように、[Delete] コマンドで BQL スクリプトを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<command name="Delete">
<param name="oid">
<value>
<management.IExternalLaunch>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunch(ContextImoType=com.sheer.imo.IPortConnector)(Name=example4)]}</ID> </management.IExternalLaunch>
</value>
</param>
</command>
 

ステップ 2 BQL スクリプトを実行します。

ステップ 3 Cisco ANA NetworkVision を起動し、起動ポイントが削除されたことを確認します。


 

外部アプリケーションを起動する BQL スクリプトの例

次の項では、BQL を使用した外部アプリケーションを起動する BQL スクリプトの例を示します。

「バッチ ファイルを使用したアプリケーションの起動」

「URL を使用したアプリケーションの起動」

「環境変数を使用したアプリケーションの起動」

「複数の IMO コンテキストを使用したアプリケーションの起動」

「バッチ ファイルの例」


<param name = "replace"> は、常に true に設定されています。この値により、起動されるスクリプトに基づいて、古い値が新しい値に置き換えられます。


バッチ ファイルを使用したアプリケーションの起動

<command name="Set">
<param name="imo">
<value>
<management.IExternalLaunch>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunch(ContextImoType=com.sheer.imo.IManagedElement)(Name=example1)]}</ID>
<ElementType type="String">Cisco</ElementType>
<Vendor type="String">Cisco</Vendor>
<ExternalBatchToExecute type="String">C:\runthis.bat</ExternalBatchToExecute>
<MenuCaption type="String">ping</MenuCaption>
<MenuPath type="String">external launch/file example</MenuPath>
<Parameters type="IMObjects_Array">
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=1)]}</ID>
<IMOType type="String">com.sheer.imo.IManagedElement</IMOType>
<PropertyName type="String">IP</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
</Parameters>
</management.IExternalLaunch>
</value>
</param>
<param name="replace">
<value>true</value>
</param>
</command>
.

URL を使用したアプリケーションの起動

<command name="Set">
<param name="imo">
<value>
<management.IExternalLaunch>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunch(ContextImoType=com.sheer.imo.IPortConnector)(Name=example2)]}</ID>
<ElementType type="String">Cisco</ElementType>
<Vendor type="String">Cisco</Vendor>
<ExternalBatchToExecute type="String">http:\\www.cisco.com</ExternalBatchToExecute>
<MenuCaption type="String">URL example</MenuCaption>
<MenuPath type="String">External Launch</MenuPath>
<Parameters type="IMObjects_Array">
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=1)]}</ID>
<IMOType type="String">com.sheer.imo.IManagedElement</IMOType>
<PropertyName type="String">IP</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
</Parameters>
</management.IExternalLaunch>
</value>
</param>
<param name="replace">
<value>true</value>
</param>
</command>
.

環境変数を使用したアプリケーションの起動

<command name="Set">
<param name="imo">
<value>
<management.IExternalLaunch>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunch(ContextImoType=com.sheer.imo.IManagedElement)(Name=example3)]}</ID>
<ElementType type="String">Cisco</ElementType>
<Vendor type="String">Cisco</Vendor>
<ExternalBatchToExecute type="String">%EMS_A%runthis.bat</ExternalBatchToExecute>
<MenuCaption type="String">environment variable</MenuCaption>
<MenuPath type="String">External Launch</MenuPath>
<Parameters type="IMObjects_Array">
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=1)]}</ID>
<IMOType type="String"></IMOType>
<PropertyName type="String">www.cisco.com</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=2)]}</ID>
<IMOType type="String">com.sheer.imo.IManagedElement</IMOType>
<PropertyName type="String">IP</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
</Parameters>
</management.IExternalLaunch>
</value>
</param>
<param name="replace">
<value>true</value>
</param>
</command>
.

複数の IMO コンテキストを使用したアプリケーションの起動

<command name="Set">
<param name="imo">
<value>
<management.IExternalLaunch>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunch(ContextImoType=com.sheer.imo.IPortConnector)(Name=example4)]}</ID>
<ElementType type="String">IOU</ElementType>
<Vendor type="String">Cisco</Vendor>
<ExternalBatchToExecute type="String">c:runthis.bat</ExternalBatchToExecute>
<MenuCaption type="String">ping</MenuCaption>
<MenuPath type="String">External Launch</MenuPath>
<Parameters type="IMObjects_Array">
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=1)]}</ID>
<IMOType type="String">com.sheer.imo.IManagedElement</IMOType>
<PropertyName type="String">IP</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=2)]}</ID>
<IMOType type="String">com.sheer.imo.IPortConnector</IMOType>
<PropertyName type="String">PortAlias</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
<management.IExternalLaunchParameter>
<ID type="Oid">{[ExternalLaunchParameter(Index=3)]}</ID>
<IMOType type="String"></IMOType>
<PropertyName type="String">any_const_parameter</PropertyName>
</management.IExternalLaunchParameter>
</Parameters>
</management.IExternalLaunch>
</value>
</param>
<param name="replace">
<value>true</value>
</param>
</command>
.

バッチ ファイルの例

次は、外部アプリケーションの起動に使用できるバッチ ファイルの例です。

例 1:ネットワーク要素に PING を送信する場合

ping %1 &

 

例 2:URL を起動する場合

explorer http://%1 &
exit