Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 カスタマイゼーション ユーザ ガイド
Command Builder 概要
Command Builder 概要
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/02/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Command Builder 概要

Command Builder 概要

この章では、コマンド スクリプトの管理方法について説明します。コマンド スクリプトを使用すると、SNMP または Telnet のコマンド ラインでプログラマブル シーケンスを実行できます。これらのコマンドには、Cisco ANA 情報モデル(組み込み)からのデータ プロパティと、実行時に入力されたユーザ定義入力パラメータを含めることができます。

Command Builder は、新しいスクリプトおよびアクティベーション コマンドを作成できるようにする目的で、設計されています。

これは、次のように、Command Builder が標準 Cisco ANA システム プラットフォームに組み込まれるためです。

ネットワークに対する定期的な Cisco ANA アクセス インターフェイスが活用されます。

コマンドは、既存のオブジェクト グループ(IMO)、タイプ、またはインスタンスに関連付けることができます。このアソシエートされている項目は、コマンドが開発およびテストされている 作業オブジェクト です。

これにより、コマンドがアソシエートされているネットワーク オブジェクトのライブ情報にアクセスできます。

Command Builder を使用すると、次の 2 つの異なる言語でコマンドを作成できます。

Cisco ANA マクロ言語:GUI ウィザードが使用されます。Cisco ANA マクロ言語スクリプトの詳細については、 第 6 章「Cisco ANA マクロ言語」 を参照してください。

Bean Shell スクリプト言語。

一度定義されると、コマンドは、次のいずれかの方法で実行されます。

対話式:自動生成 GUI フォームを経由(Cisco ANA NetworkVision 標準メニュー)。

フロースルー式:Cisco ANA API を使用して、外部設定アプリケーションと統合されます。

コマンドは、完了するとパブリッシュでき、これによって、より広い範囲の管理対象要素およびネットワーク要素で使用できます。複数のネットワーク要素にコマンドをパブリッシュする場合、いくつかのネットワーク要素で GUI から一度にコマンドを実行できます。すべてのネットワーク要素からのコマンド結果は、コマンド出力に表示されます。


) レジストリの変更は必ずシスコのサポートの下で行う必要があります。詳細については、シスコの代理店にお問い合せください。