Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 カスタマイゼーション ユーザ ガイド
ワークフローの管理
ワークフローの管理
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/11/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ワークフローの管理

Manage の起動

Workflow Engine ブランチ

テンプレートおよびテンプレート プロパティのリストの参照

ワークフロー テンプレートの削除

ワークフローの出力の参照

ワークフローの強制終了

ワークフローの削除

EventVision を使用したワークフロー履歴の参照

ログアウト

ワークフローの管理

この章では、Cisco ANA Manage の起動について説明します。さらに、Cisco ANA ゲートウェイに導入されたすべてのワークフロー テンプレートと、実行可能なアクションのリストについて説明します。

この章では、次の情報について説明します。

「Cisco ANA Manage の起動」

「Workflow Engine ブランチ」

「テンプレートおよびテンプレート プロパティのリストの参照」

「ワークフロー テンプレートの削除」

「ワークフローの出力の参照」

「ワークフローの強制終了」

「ワークフローの削除」

「Cisco ANA EventVision を使用したワークフロー履歴の参照」

「ログアウト」

Cisco ANA Manage の起動

ここでは、Cisco ANA Manage の起動について説明します。Cisco ANA Manage は、セキュリティのため、パスワードで保護されています。開始する前に、ユーザ名、パスワード、および、Cisco ANA ゲートウェイ IP アドレスを確認します。

Cisco ANA Manage を起動するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 [Start] > [Programs] > [Cisco ANA] > [Cisco ANA Manage] を選択します。[Cisco ANA Manage Login] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 ユーザ名、パスワード、およびホスト(Cisco ANA ゲートウェイ IP アドレス)を入力します。


) 最終ログイン時に使用されたゲートウェイ IP アドレスが、[Host] フィールドに自動的に表示されます。


ステップ 3 [OK] をクリックします。[Cisco ANA Manage] ウィンドウが表示されます(図 16-1)。

図 16-1 [Cisco ANA Manage] ウィンドウ

 

ウィンドウが、次のように 2 つのペインに分割されます。

ツリー ペイン。

コンテキスト ペイン。


) Cisco ANA Manage アプリケーションの詳細については、『Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 Administrator Guide』を参照してください。



 

Workflow Engine ブランチ

Workflow Engine ブランチを使用してテンプレートおよびワークフローが管理され、次のサブブランチが含まれます。

テンプレート:ワークフロー テンプレートのリストが表示され、ワークフロー テンプレートのプロパティを参照できます。

ワークフロー:現在のステータスを参照し、変更することによって、実行時にスクリプトを管理できます。

Cisco ANA Manage の詳細については、『 Cisco Active Network Abstraction 3.6.7 User Guide 』を参照してください。

テンプレートおよびテンプレート プロパティのリストの参照

Cisco ANA Manage を使用すると、ワークフロー テンプレートおよびテンプレート プロパティ(アトリビュート)を参照できます。

テンプレートおよびテンプレート プロパティのリストを参照するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 テンプレートのサブブランチを選択します。テーブルに、ワークフロー テンプレートのリストが表示されます。

ステップ 2 テーブルで、必要なワークフロー テンプレートを選択します。

ステップ 3 テンプレートを右クリックし、[Properties] を選択します。選択されたワークフロー テンプレートのプロパティおよびアトリビュートとともに、[Workflow Template Properties] ダイアログボックスが表示されます(図 16-2)。

図 16-2 [Workflow Template Properties] ダイアログボックス

 

テンプレートの名前は、ヘッダーおよびダイアログボックスの上部に表示されます。次のプロパティが、[Workflow Template Properties] ダイアログボックスのテーブルに表示されます。

Name:Workflow Editor を使用して [Task Properties] ダイアログボックスで定義されているように、ワークフローに含まれたタスク用に定義されたアトリビュートの名前。

Value:Workflow Editor を使用して [Task Properties] ダイアログボックスで定義されているように、ワークフローに含まれたタスク用に定義された値。

ステップ 4 右上隅をクリックし、[Template Properties] ダイアログボックスを閉じます。


 

ワークフロー テンプレートの削除

ワークフロー テンプレートを削除するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 テンプレートのサブブランチを選択します。テーブルに、ワークフロー テンプレートのリストが表示されます。

ステップ 2 テーブル内で削除するワークフロー テンプレートを選択します。

ステップ 3 次のいずれかの方法でテンプレートを削除します。

ワークフロー テンプレートを右クリックし、[Delete] を選択します。

ツールバーの [Delete] をクリックします。

警告メッセージが表示されます。

ステップ 4 [Yes] をクリックします。選択されたワークフロー テンプレートが削除され、テーブルに表示されなくなります。


 

ワークフローの出力の参照

ワークフローの出力について、実行中か、完了したか、強制終了されたかを参照できます。

ワークフローの出力を参照するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 ワークフローのサブブランチを選択します。テーブルに、ワークフローのリストが表示されます。

ステップ 2 テーブルで、必要なワークフローを選択します。

ステップ 3 ワークフローを右クリックし、[Show Output] を選択します。[Output] ウィンドウが表示されます(図 16-3)。

図 16-3 [Output] ウィンドウ

 

[Output] ウィンドウに、ワークフローの出力および詳細が表示されます。

ステップ 4 [Close] をクリックします。[Output] ウィンドウが閉じられます。


 

ワークフローの強制終了

ユーザは、実行中のワークフローを強制終了できます。さらに、ワークフローのいずれかのタスクが強制終了された場合、ワークフローそのものが強制終了されます。

ワークフローが強制終了すると、ワークフローのロールバックが発生します。

ワークフローのロールバックにより、(Execute BQL タスクによって)すでに実行されているアクティベーション スクリプトがロールバックされます。

アクティベーション スクリプトのロールバックは、Command Builder で定義されているように、スクリプトのロールバック セクションの実行です。

スクリプトは、その実行の逆順でロールバックされます。


) ゲートウェイ コマンドでは、ロールバックはサポートされません。


ロールバックにより、該当する BQL タスクで、RollbackEnabled 値のタスク アトリビュートを偽に設定することによって、特定の BQL タスクをディセーブルにできます。これは、適切なロールバックがないスクリプトを実行している BQL タスク、または、ゲートウェイ コマンドを実行している BQL タスクに対して、効果的です。


) ワークフロー インスタンスは、実行時にのみ強制終了できます。プロセスが完了した場合には強制終了できません。


実行中のワークフローを強制終了するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 ワークフローのサブブランチを選択します。テーブルに、ワークフローのリストが表示されます。

ステップ 2 ワークフローを右クリックし、[Abort] を選択します。警告メッセージが表示されます。

ステップ 3 [Yes] をクリックします。ワークフローが停止され、ワークフロー サブブランチのテーブルで、ワークフローの状態が [Aborted] に変わります。


 

ワークフローの削除

ユーザは、[Cisco ANA Manage] ウィンドウのワークフロー サブブランチから、ワークフローを削除できます。データベースからワークフローが削除されます。

ワークフローを削除するには、次の操作を実行します。


ステップ 1 ワークフローのサブブランチを選択します。テーブルに、ワークフローのリストが表示されます。

ステップ 2 次のいずれかの方法でワークフローを削除します。

ワークフローを右クリックし、[Delete] を選択します。

ツールバーの [Delete] をクリックします。

警告メッセージが表示されます。

ステップ 3 [Yes] をクリックします。選択されたワークフローが削除され、テーブルに表示されなくなります。


 

Cisco ANA EventVision を使用したワークフロー履歴の参照

図 16-4 に示されているように、Cisco ANA EventVision を使用すると、ワークフローの完了時を含むワークフローの履歴、そのステータス、起動されたコマンドを参照できます。

図 16-4 Cisco ANA EventVision の [Provisioning] タブ

 

図 16-5 に示されているように、ユーザは、イベントのプロパティも参照できます。

図 16-5 イベントのプロパティ

 

[Provisioning Event Properties] ウィンドウの [Description] 領域に、すべてのスクリプト、スクリプトのロールバック(発生した場合)、ログ メッセージを含む、ワークフローの実行の詳細が表示されます。

ログアウト

Cisco ANA Manage での作業が終了してアプリケーションをログアウトすると、ユーザが行った変更が自動的に保存されます。

次のいずれかの方法で、Cisco ANA Manage をログアウトします。

[File] > [Exit] を選択します。

右上隅をクリックします。

Cisco ANA Manage が閉じられます。